消えてゆく小さなこと
消 え て ゆ く 小 さ な こ と


1st  index       new_


1906年08月31日(金)

輝く日を夢見てきたひとは
華々しいことに期待してきたひとは
街角で出会った小さなことに
明るい涙をこぼすだろう
激しく降った霰が季節を替えて
今朝は思いのほかの明るさです
春のカーテンに取り替えようと思う


1906年08月30日(木)

断ち切るなら断ち切ればよいものを
捨てるなら捨ててしまえばよいものを
埋めるなら埋めてしまえばよいものを
どうして また いつまでも
それはなぜ 
未練なの 嫉妬なの
壊すなら壊せばよいものを


1906年08月29日(水)

自分は働こうとしないで
ひとが動くのを当てにしている
そんな人のためには動かないよ
私は勿体つけてのろのろしてるよ
あなたが動くまで動きません
かいがいしく動いていて
なお手が足りてない人のためになら
すすんで動きます
わたしはへそ曲がりです


1906年08月28日(火)

現実的に考えて 大きな犬は飼えない
飼うとすれば 強い願望が全てを克服するなら
でもきっと無理 に落ち着く
世の中 プリティー犬にあふれてるけれど
今私はハスキーに夢中です
キミは犬 わたしはヒト でもトモダチ
そういう対等な関係の暮らしをしてみたい
明るい木立のある場所に住みたい


1906年08月27日(月)

あたたかな土手を歩きたいなぁと思う
でも何の心配もいらない安全な安心な場所って
今この国にあるのだろうか
ただのんびり歩きたいのに
辺りに気を配りながら不安を持ちながら
土手を歩くって へん
熊の出る山じゃあるまいし
人でごった返す桜や紅葉の山じゃあるまいし
春の川べり 春の土手
春のうれしさをいっぱい感じる場所なのに
懐かしい原風景になってしまった


1906年08月26日(日)

甘ったれた人間になりたくないと思っています
世界中にただ耐えるだけの健気な子達がどれだけいることか
ひとを助けることなく自分の努力もなく
援助ばかりを求める大人にはなりたくない
ほんとうに救いを求めるなら信仰の道へ入ればいい
それはきっともっと厳しいと思います
神は真実を見ているから 
本気で信じぬ者は救われないから
あなたの気持ち 本気ですか 単に大騒ぎではないですか
痛みも苦しみも 騒ぐほど大きくなると知ってますか
靜かに耐える そこに自ら癒しが生まれると思っています


1906年08月25日(土)

新しいことをしたかった
新しい味をためしてみたかった
甘すぎるクッキーも ほろ苦いクッキーも
慣れた味に過ぎないから
すべて忘れて何か違うこと
どうすれば会えるだろう


1906年08月24日(金)

あなたが意地をはるひとだと 
よく知っている
だからそこに賭けている
向かう方向は一つしかない

でなければ
落ちてゆくだけ
落胆の対象として


1906年08月23日(木)

三月の声を聞いて届けられたメールはほんわりピンク
街の花屋には 桃の花の小枝に
菜の花や若い麦穂、青のアイリス、
パステルなカーネーションやガーベラが
添えられて束ねられている
庭の隅に春のクリスマスローズがたくさん咲き出した
雪柳の小さな芽を見つけたらもうすぐ花がこぼれそうだった
待ちに待った三月です
やっとわたしの旬になる


1906年08月22日(水)

120%くらいワークしたと思う
くたくたです
眠いだけ
でも後は自分のために時間使えるから
でもパワーが残ってないかも
でもやっと明るい庭で犬と遊べる
スコップ持って歩き回れる
ロウバイはまだ香っているから

今日はおわる
明日はあした


1906年08月21日(火)

あなたがいるから饒舌になる
ドキドキして ワクワクして


1906年08月20日(月)

狂人ではないのに
狂気を装うのはカンタンだよね
そういう人いっぱい居るよね
そうやって
自分を見失っていってるんだよね
メンドウなことから逃げてるだけなのに
その先に出口のない路地裏へ


1906年08月19日(日)

フツーにフツー
取り立てて変化なく逃げてゆく時間
自分のために何をしただろうか
したことは自分のためになっただろうか
費やした時間と労力は
自分のために変化してゆかねば意味がない
そういう費やし方をせねば意味がないのに

深く裂けたアイスブルーのクレバスに
跡形もなく落ち込んでしまったような時間
手元に戻るどころか 感触さえ忘れてしまった
周りには既に春の風が暴れ出している


1906年08月18日(土)

忙しさで知らぬ間に春になってた
草があちこち萌えていて
小さな虫が飛び回っていて
びっくりした
私の中で完全に2月は抜け落ちた

この嵐 春一番なんだろうか


1906年08月17日(金)

中途半端に伸びてる今
髪は爆髪
使いたい飾りに ちょっと長さが足らない


1906年08月16日(木)

うつ病のお嬢さん
ガラスの少女でいたいから
あなたはそこから出られない
単純に大人になるのを拒んでいるだけ
どんなに理由をつけたって
命あるものの維持の仕組みを
本当にはわかっていないだけ
美しくも力強くもあるけれど
永らえようとする本能は貪欲
それを拒むなら命は閉じこもる
どんな生命も
自分の意思では生まれない
すべての命は事後承諾です
いやなら返していいのです
それもいやなら
自分の生命 守ってゆくしかないじゃない


1906年08月15日(水)

自分の一番すきなものに何を選ぶか
ひとかけらで何をどう伝えたいか
その気持ちが真摯であるから
それはそのひとそのものになる

あなたから
穏かなやわらかな落ち着いた気持ち
安らぎのひとときをもらった
そしてその底に流れ続けている
静かな強い意志をもらった

青い氷は深い洞門のようにしずかでした


1906年08月14日(火)

媚びることなく堂々と
落ち着いたまなざしに
人々は安らぎを覚える
こころ和らぐ

しずかに雨が降るように
しずかに雪が積むように
しずかに水の湧くように


1906年08月13日(月)

力をため込んで
それ以上の何かに期待せず
落ち着いてすべて出せることが実力

華やかな迫力は 場へのもてなし
自分の世界に陶酔するだけでは大きくならない
地味な自己満足だけでは広がらない


1906年08月12日(日)

この線の先に 
まだあなたは帰る時があるのでしょうか
同じ線に居るのに
会うこともない不思議です


1906年08月11日(土)

気性が激しかったから
甘えるのも優しくするのも
激しかったのだと思う

色褪せた激しさは
夢を忘れる


1906年08月10日(金)

キコエナイナラ イイ
キカナイナラ イイ
キクツモリナイナラ イイ
ソウヤッテ イキレバイイ
ワタシハ モウ ハナシカケナイカラ


1906年08月09日(木)

収穫は大きな窓の
あのゆったりした稜線と
真正面の月
それだけで充分だったと
あとになれば思えるだろう

今は徒労感が残るだけ
馬鹿馬鹿しさと軽蔑感

無意味なココロは
捨てたいのだけれどね

そのうちにうまく捨ててみせるよ


1906年08月08日(水)

あの頃ハリキリガールだったのは
ただ何かを埋めたかっただけかも知れません
あなたとの距離 周りとの段差 自分の中の洞
今そんなふうにも思うのです
健気だったかもしれない
一途だったかもしれない
今は張り切ったりしないから


1906年08月07日(火)

オキラクな人っているよね
ナンニモ感じてない人っているよね
マワリノコトわかってない人っているよね
ジコチュウを気づかない人っているよね

元の木阿弥の汚染環境
もう足を踏み入れないと決めた
私は頑固ものですから

ニンゲン美しく歳を重ねてゆきたいと思えよね
私は思うよ  以上


1906年08月06日(月)

END間近 
やっと終われる
もう手をつけない
あとはそちらの責任

消えたものは戻らないけれど
私の時間を取り戻す
倍にして手に入れる
私自身の修正をする
だから もうEND

どこかに車走らせる
黙ったまま飛ばして
遠くまで行けば
知らない場所へ行けば
何かが変わるかも


1906年08月05日(日)

美しい人になりたい
美しい生き方をしたい
自分で価値を感じてともに生きること
ひとのつける価値に追従しない生き方

ダイヤの首飾りも
花の首飾りも
貝殻の首飾りも


1906年08月04日(土)

そんなに急に予定を前倒ししないでほしい
こっちにだって都合がある
96時間がふいになるのだから
機嫌が悪くたって当たり前でしょ
ケリがつけば今度は私のためだけに
たっぷり時間を使うからね


1906年08月03日(金)

し残したことに時間をとられて
結局外へ出られなかった

精神に求めるものは
気高さ

気高い花は何だろう・・
考えて見たけれど
・・何だろうね

思いつかないうちは
だめだね


1906年08月02日(木)

明日暖かければ外に出て
何かのみどりがもう春の芽を出しているのを見て歩く
自分の時間を取り戻して
一番先に見に行きたいのはシラカバの小さな芽
昨日クリスマスローズが開き出しているのを見つけた
小さな菫もひとつ咲いていた
春はどんなときもちゃんと来る


1906年08月01日(水)

あの月は一夜かぎりだった
不思議だったね
忙しくてずっと星を忘れていた年
月はなんとどっかりと鎮座するのだろう
重々しくそこに在り 
そこへ歩いてゆけそうなほど
目の前に扉が開かれ導き入れられそうなほど
近かった
誰かが降り立ってきても不思議のないほどの
巨大なGATEに見えた



天窓より___

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *


日付は通し番号として記しています