消えてゆく小さなこと
消 え て ゆ く 小 さ な こ と


1st  index       new_


1903年09月30日(水)

三日間 誤魔化すことを考えていました
知らん顔して誤魔化していようか
私がしたのではないし
私の責任ではないし
私が悪いのではないから
自分の周りを管理していないあなたの問題だから
そのうち自分で気づけばいい
それとも証拠隠滅に手をかそうか

やっぱり嘘はつけなくて
さしさわりないことだけ告げた
その途端に記憶から消える
誤魔化さずに済んだことは忘れることが出来る
それにしても貴方には拍子抜け
ナンニモ見えてないのね
楽天ていいわね


1903年09月29日(火)

蔦の赤が好き
こんなに赤くなるのかと思うほどの真赤
落ちてくる蔦の小さな赤の濃いこと
何かが凝縮されているような色
秋の色というより
冬の赤に見える
暖炉の奥のほうの色
踊らない赤
沈み込んでゆくような赤に引き込まれる

ポインセチアの赤はただ踊っているだけに見える


1903年09月28日(月)

外を幼稚園の行列が通っていった
ものすごく元気
ものすごくにぎやか
小さいひとたちって
この時期 一番活動的なんだろうか
エネルギーを発散し続けてる
行事とかなくて疲れてなくて
遊びに熱中できるのか 空気が気持ちいいのか
大人はエネルギーを出し惜しみしてるかもしれない
出すほどに湧いてくるものかも知れぬのに


1903年09月27日(日)

いつも 
君の
思いがけぬ明るさに
本当に 
救われる

いつも
楽しそうに
笑って
いるね


1903年09月26日(土)

あの日電話の向こうで
笑いながら貴女は言った 
言ってなかったっけ? って

そうだよ 
言ってない
聞いてないよ

貴女の中で私は消えかけてる?

それっきりだね
ふと思い出しました


1903年09月25日(金)

言うのは一度きりです
私は真剣だから一度しか言いません
まどろこしいのは嫌いだから
ストレートの忠告です
あなたにどれだけ届くかどれだけ残るか
あとはあなたの問題です

いつの日か
それ見たことか 言わんこっちゃない と
言う時が来るとしても
その言葉も一度しか言いません
あとはあなたの問題です
すべてあなたの人生です


1903年09月24日(木)

旧いものを整理する時期です
大金持ちではないので 場所に限りがあります
無限の広さはひとの心の中に
大切なものはすべて心にしまうこと
それが一番だと思っています
時が自然にその重みを測ってくれるから
忘却されてゆくものへ未練を持ってはいけません
神が決めてゆくことですから


1903年09月23日(水)

おいしかった ごちそうさま と
小さくてもいいから声に出してみて
ひとりの時も呟いてみて
食事じゃなくても
本でも絵でも映画でも音楽でも
紅葉を見て帰る時も

満たしてくれたものへの感謝をこめて
おいしかった をつけてみて


1903年09月22日(火)

そのママのその小さなCyril君は
いまどんな大人になっているのでしょうね
彼女の愛した木製ベンチのしあわせ感
わたしも好きかもしれない

小さなひとたちだってセレモニーには
個性と言って自分を目立たせることより
場の雰囲気をこわさぬよう
シックであることは大切だと思う
そういうエレガンスが好き


1903年09月21日(月)

すべて済んでやっと時間が戻る
ここから出発なんて
出遅れてる
居直りで案外自由な気持ち
遠くから自分を眺める気持ち
選択に優先順位が重要と思い続けていたけれど
行き当たりばったりというのをひとつ加えてもいい
そんな気持ち


1903年09月20日(日)

時間はまだ早いのに
もう暗くなった道
前を女子高生が歩いてる
マフラーをまいて
革靴の音をコツコツさせて

冬だと思った


1903年09月19日(土)

野ばらちゃんは男の子
でも女の子の気持ちよくわかる
てんぐちゃんとかみなりちゃんはとてもなかよし
野ばらちゃんもきっとなかよしになれると思う
すてきな仲間になると思う


1903年09月18日(金)

さてずいぶん静かになったものです
終わりかな
何かが軌道に乗り始めると
ガタついていた振動は滑らかになって消えてゆく
切れ目の無いスムーズな世界に浸り始めて
異物となるものは不要だ
消え時とか 切れ時とか
そういうもの
わたしは準備できています
迷ってはいません


1903年09月17日(木)

ひとは感想を聞きたがるけれど
本当は自分に嬉しいことだけを聞きたくて
いやなことは聞きたくない
でも私は本当のコトをいうのが感想と思っている馬鹿なので
ヘタに喋って失敗ばかり 駄目ですね
けれど苦い言葉を喜んでくれるひとがいます
そんな時 気持ちがつながります
いっしょに支えてあげようと思う
がんばってね と思う
でもその逆の時は もう二度と本当の感想は伝えないでおこうと思う
必要ないというコト アナタには


1903年09月16日(水)

あたたかな灰色のろばと暮らす人々は
きっと時間がゆっくりで
ろばに優しく 実りは皆で大切に分け合うでしょう
戦など知らぬでしょう

ひとは速い馬を手に入れて
隣の村を知る
ひとと競い隣の村の実りと比べる
速さはひとに戦をさせる


1903年09月15日(火)

わたしの中であなたは真っ白キミは煙
光を集めると白になる 色は集めると黒になると誰かが言った
光を重ねてあなたはずっと白いまま
どんな色にもかわらない
キミは消えてしまってもう形がない
だから影もない心配しないでいい


1903年09月14日(月)

虚無感は 活力のない食べ物を好むからだ
ニクヲ カックラエ と教わって
ちょっと後ろめたくも朝からひとりで焼肉してみた
元気が出る薬と思ってクラッテミタ
でも結果は × 
美味しいとも楽しいとも違う
気分悪い
そんなの所詮人の好みなんだよ
美味しいお漬物でお茶漬け食べたい


1903年09月13日(日)

ぴょんと顔出す野うさぎのように
もう少しで体ごと葉陰から出るところ
でも話し声が聞こえたから

あなたたちのお喋りを聞くのは嫌い
もぐらたたきのもぐらのように
ぴゅんと引っ込んで葉陰で居眠る土うさぎ


1903年09月12日(土)

あのコは家ではどんな子なの
あのコは外ではどんな子なの
誰でも違う顔をもっていて
うまく操ることを学んで大人になる
そのことを知らなければ大人になれない


1903年09月11日(金)

喜び勇んで
でもすぐどきんと気づく
我にかえって愚かさに気づく
あなたがたを嫌いになっていたこと
錆びついた門が開いたとて古い館


1903年09月10日(木)

つかれてる
ぼーっとしている
そのとき気づかず出来なくて
すぐあとで こうすればよかったんだと気づく
なんか遅れてる
意識が離れてるカンカク
72時間くらい 寝ていたい


1903年09月09日(水)

貴女が求めていること分かりました
へぇーっ と言われたいの 周りから

だから私が言うまで取り留めない話題を山積する

でもね、私はなかなか言わない
私は ほぉーっ と言う気持ちの方が好きだから

単なる驚きより
敬意を込め心に深く納める言葉です


1903年09月08日(火)

気づかないひとと話をしても何とつまらない
見ないひとも 見えないひとも
見ようとしないひとも 考えないひとも

明るく開かれた目で
聡かに見える目で
静かに眺め しっかりみつめ
そして言葉をほしい

私を揺さぶってくれる言葉
私を落ち着かせてくれる言葉
未来に夢を描ける言葉を
あなたから


1903年09月07日(月)

降り続ける雨を空しく見ている
雨のせいだ みな雨が壊してゆく
雨でなければもっと違う流れになったかもしれない
虚ろに意識が遠のいてゆく

言ったところで仕方ない
結果が変わるわけではない
全て始めから決められた流れ
宇宙の始まりから終焉まで
なるようにしかならない
アキラメマショ たいしたコトではないのだから
そう思えるなら楽だ


1903年09月06日(日)

もの欲しそうに探るような目は嫌い
わたしのものはわたしのもの
わたしの努力で手に入れたもの
あなたも努力すればいい
お任せでくだらなく遊んで
何が面白いというのだろう
自分のしたいこと頑張る方が楽しい


1903年09月05日(土)

ずっと慌ただしくて忘れていた
時雨れる中を見に行けば
柊はまだたくさん残っていて
辺りにひんやりした香りをまいていた
よかった 間に合った

柊の終わってゆく時 
赤が気になり出す 
冬の赤 今年は何の赤だろう
これまであまり好きでなかったポインセチア
妙に気になっている


1903年09月04日(金)

ほんのり桜色の陶器
私の何かを変えたような気がする
忙しかった疲れが消えてゆく
毎日笑顔の色に会えることは
とても幸せなこととわかる
音なら なんだろう


1903年09月03日(木)

真新しい桜色
準備にとても疲れたけれど
ほっと嬉しくなる色
この国に住む人の心の色


1903年09月02日(水)

水がなければ生きてゆけない 
というよりも
水がなければ生活できない
水のありがたさを思い出して
生き返った心地で明日を迎える
私は水に生きるもの


1903年09月01日(火)

新しいボディーソープ
温泉の旅館の大きな湯殿の中のような
懐かしい匂いがした
湯気が白くて 話し声がこもって
遠いような近いような
そんなやわらかな匂い



天窓より___

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *


日付は通し番号として記しています