消えてゆく小さなこと
消 え て ゆ く 小 さ な こ と


1st  index       new_


1903年08月31日(月)

致し方なく何か一つが動き出すと
引きずられるように次々と滑り出して
何となく何とかなるものなんだね
ワインと明るい笑い声


1903年08月30日(日)

お天気に振り回されて 
落ち着きようがない
予定は大きくずれ込んで 
でも誰のせいでもなく
それぞれに黙々とやるしかない
こんな時 憮然としている人と
淡々とこなす人
その辺りを重苦しくしている人と
軽やかにしている人


1903年08月29日(土)

激しい雨でも
花を買いに行く
贈り物を用意して
ワインを開ける
そういう特別な日
あるでしょう?


1903年08月28日(金)

ふたつのこころ
健気な人には涙して肩を抱く
あなたがやるべきことをしないで
人頼みを画策するなら
そんな人には手伝わない
それが私の RESISTANCE
覚えておいて
わたしはいつも甘くて強情


1903年08月27日(木)

ひっそりと寒い夜です
窓から凍えるような気配が部屋に入ってくる
もう誰も本当に誰もいなくなってしまったと静かに分かる

無口だった人達も時が経てば待つのを止めて
もう皆眠っているのです もう目覚めない眠り
ひとり残されてゆく

暗い夜です きっと星も出ていない 
通る人もいない 外を見るのが怖い
窓を開ける勇気がいるなんて 
思ったことも無かったけれど
今日はもう開けない


1903年08月26日(水)

ほの甘く
GHOST はゆらめいて
ほのあたたかく
anges はまぼろし
私をつつむ

ガラスのむこうは
冷たい夜


1903年08月25日(火)

ブックマークを整理した
時の流れに気づかないでいた
あの頃の私はもういない
あの頃のあなたもいない
皆消えてしまったね

作業のあと心に残った
石のようなもの


1903年08月24日(月)

雨だから
通りの向こうの子猫たちは出てこない
塀の際を駈け抜けたり
草の中で転げたり
屋根の上をそっと歩いたり
小さな声で呼びあったりするのを
今日は見られない
白と茶の綺麗な猫たちです


1903年08月23日(日)

明けても雨
この時期の雨は一番寂しい
暗くて冷たくて頑なで真っ直ぐで
揺らぎも優しさもない
突き放すように痛かったりする

けれど木々は喜んでいて
固い中に膨らませている小さな芽は
ほのかにあたたかい


1903年08月22日(土)

ひとの話をきちんと奥まで聞かないで
上っ面だけの言葉をすぐさしいれて
話題にかもうとする人 嫌いです
つまらないです
言葉だけの同意も賞賛もいらないよ
じっくり聞いた上での苦言の方がよほど嬉しいよ
ひとと対するって そういうことでしょ


1903年08月21日(金)

冷たい雨が降りて
ジンジャーリリーの香りがもう庭にない
冬がはっきり近くなる
しずかに近くなる

ソナタの男優 好きじゃないので
世間のフィーバーをまったく理解できない
ごめんなさい ついてゆけなくて


1903年08月20日(木)

お元気ですか
お元気ですか
お元気なんですか
ただそれだけを
心の中で何度もつぶやく
お元気ならいいのです
ただどうしてるかなと思って


1903年08月19日(水)

優しい嘘は許すけれど
保身の為の嘘つきは大嫌いだ
体裁を整えるために欺かれるのは我慢できない

そんなにカッコつけたいの
中身はどうなってるの
心の骨はどうなってるの

私はいたって同情しやすいタチだけれど
不正直というものは ものすごく嫌いです
丸められておく というのをできないんです
ホントのことさえ話してくれれば何も問題ないのに
どうしてそんなに体面を繕うの

それをさも相手の心象を害さないための気配りの素早さ と
勘違いしていることがイヤだ

相手に誠実であろうとするほうが
ノロくたって よほどいい


1903年08月18日(火)

真面目で熱心できちんと仕事ができるとしても
植えてる草花の上に 
たとえ今は花が終わって葉っぱだけだとしても
どかどか土や石を平気でのせてゆくヒト
わたしには信じられない行為です
職人さんと呼べないよ
まわりをもっと見てよ
自分の仕事以外のことも大切に思ってよ
いくらでも保護できたのに


1903年08月17日(月)

ずいぶん前から気になっていた
掃除のいい加減な人 
気にならないのかなぁ あれで

私の場所ではない
私がする理由はない
だからずっとずっと見ない振りしていた

でももう限界
黙ってひとりでピッカピカに掃除した

誰も気づかないだろうし
本人も気づかないでしょう

でも、やっとすっとした
もっと早くすればよかった
やっぱり気持ちいい


1903年08月16日(日)

考えてみればTAXI以外の黒の車に
乗ったことが無かった
家のも友達のも親類のも黒はない
今まで黒はヨソの車であって
とくに気に留めたことはなかった

今日ガレージに車検の代車がある
黒です 少しスポーツタイプ
家で見ると何だかドキドキした


1903年08月15日(土)

幼稚園の行列が 真っ赤な顔で通り過ぎる
今日は天気がよすぎたから
遠足は暑かったでしょうね
センセのほうが くたびれてるみたいでした
子どもたちはもう大人しくなって
ぞろぞろしてるだけでした
半そで体操服でした
どこへ行ったのでしょうね
団栗をいっぱいひろったり
きれいな落ち葉がカバンに入ってるのでしょうね
いいな


1903年08月14日(金)

それはあなたに届けた気持ち
でもそのことを 
そこにいる人に言いたかったからかも
権利のようにいつもいつも
あなたの場所を気ままに使うその人に


1903年08月13日(木)

声をかけた時に
かっこつけて言葉だけ遠慮する人きらいなので
私は一度しかいいません
後は知りません

遠慮したのに、そちらの好意でしてくれた 
というカンカクきらいなんです
それが日本人のオクユカシサなのかも知れないけれど
私はそんなに世話好きじゃないから
必要ないなら手伝わない

ありがとう 本当に助かる と 気持ちよく素直に感謝されたいし
私はそうしようといつも思っている
必要ないものを押し付けたりはしたくないと思っている


1903年08月12日(水)

こんなに気持ちのよい秋の日だったのに
何をしようか ではなくて
何をしなくてよいか ばかり考えていた
くだらない一日
沈んでしまった一日


1903年08月11日(火)

固定されるのが苦手なのだ
おそれかもしれない

繋いだ手も組んだ肩もまわした腕も
そっとはずしたのはきっとわたし
しっかり結んだ結び目を
ゆっくりほどいたのはきっとわたし

気づけばひとり淋しさの中に
少しの自由をもって


1903年08月10日(月)

あなたの声が聞こえない
ひとの声を聞き取れない
みなが何処にいるのかわからない
だから出掛けずここにいる
天窓から
風の背中をみつめている
屋根の猫をみつめている


1903年08月09日(日)

風に倒されたアメジストセージの茂みが
うねるように広がって
花穂を一斉に起てている
秋色深く燃える海になって


1903年08月08日(土)

柊が咲き始めてました
気づかなかった
指先にちくりと
いつも不意をつかれて
その強さを思い出す


1903年08月07日(金)

ジンジャーリリーが好き
何本もいらない
一本だけ切ってくる
ひとつずつ白く輝いて踊り出てくるように
開けば満ちてくる清しい香り
まばゆいものをみつめている幸せ
健やかな花だと思う
強さのある花だと思う
清々しさが好き


1903年08月06日(木)

つながらない
みつからない
ひらがなではないはず
どうしていますか


1903年08月05日(水)

あれこれ迷っているうちに
大切な何かを忘れてしまったような

もう一度はじめの気持ち
思い出して


1903年08月04日(火)

何かを始めようと心に思えば乾杯だ
ヤケ食いでも乾杯だ
マカとローズヒップ って
赤いお酒と思ったら瓶が赤いのでした

ロゼが好きです
中庸がすきです
すみれ色とかラベンダーとかピンクとか
中途半端です
酔ってます
強くないです
何事も


1903年08月03日(月)

秋の光がふってくる
少し薄くて角のあるような
金色のような赤いような

陽だまりを選んで寝そべる犬の
あかい毛があたたかい

鳥の声がするどくまっすぐに届く午後

ジンジャーリリーの白い香りに酔っている


1903年08月02日(日)

旅をするなら西を向いて出かけるでしょう
いつもいつも夕日を追いかけ進むでしょう
眩しい赤を瞼に受けて涙を思い出すでしょう
夕映えの空を広いと思う
夜を迎える広がりが好き
星が私に気づき始めるとき
私は小さな思い出をひろうでしょう


1903年08月01日(土)

6時間近く
時間を忘れていた
時間を気にせず過ごした
久しぶりのこと
没頭してすっきりした
頭が軽くなった気がする



天窓より___

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *


日付は通し番号として記しています