消えてゆく小さなこと
消 え て ゆ く 小 さ な こ と


1st  index       new_


1923年01月17日(水)

この季節にふと思い出す
悪い印象はないけれど
女子とあまり話さない
少し離れてる背の高い子
顔と声と雰囲気は覚えている
名前に秋が入っていた
どんなオトナになったのかなぁ


1923年01月16日(火)

月が落ちて深夜
庭に出て見上げる星がきれい
冬の星は動きを感じない
堂々と落ち着いている
どっしり輝いている
星とダイレクトにつながっている気がする

部屋着のまま出て
夜気の冷たさに包まれるのが心地よい
朝まで見上げていたい

最近シリウスより
カペラを美しいと思う


1923年01月15日(月)

当面の目標の半分は越えた
ここから厳しいね
スローになる
反復が多くなるから

でもなんかうれしい
乗り越えられそう
メドがついて明るい
お天気頼み


1923年01月14日(日)

苦手でも嫌いでもなくなるというのは
もうどっちでもいいどうでもいいカンケイナイ
関心がない興味ナシ気にならない
フツーに空気
そんなことかもしれない

いちいち空気のこと考えないものね
誰でも空気は100%受け入れる
きれいなら喜ぶし毒気なら大慌て
そんなとこかなぁ


1923年01月13日(土)

庭に出てみた
雲なく空気はツンと冷たい
星がはっきり見えて
大円弧はカペラまで見えた
大きなカペラ
ベテルギウスの赤みも濃く
アルデバランもよく見えた
ずっと見ていたかったけれど
遅いし寒くなってきたので
中に入った


1923年01月12日(金)

やっぱり違う
色のイメージなら
その人はシルバー
その人はオレンジ
その人はレモン
でも違う
そう色づけているように見える
だから違う
濃紺小豆濃桃
そんな感じ
不思議なんだけど


1923年01月11日(木)

ふと気づく

口元の筋肉 ゆるんでる

かたまってない やわらか

にっこりしている気持ち

ふしぎだと思う


1923年01月10日(水)

尖ったものや
カドのあるものが
苦手だった
先を見ると頭が痛くなる

階段の新しい照明器具など
カクカクして大嫌いな形だった
見ないようにしていた

それが平気になった

許せるって
受け容れることだよね

カタチを受けつけた
許せたということ
大丈夫になった


1923年01月09日(火)

気持ちのいい夕暮れだった

月の光は透明で

ひとつ明るい星 木星かな


気持ちが晴れて

空も澄んで見えた


1923年01月08日(月)

昨日
吹っ切れたのだと感じたこと
自分を許せたのだと思ったこと
愉快とほがらかの言葉を思い出したこと

今日
苦手な第一出会い人に
許せる気持ちになれたと思う
その通りにできたと思う
昨日までの不機嫌になる気持ちでなく
明るい声が出たと思う

神の力だろうか
気持ちがまた近づけたのだろうか

人に対して
嫌いとか苦手という気持ちは
許せないからなんだね
許せる気持ちになれれば
自分も楽になる

許せる人になれれば 
しあわせになれる

許せる人になろう


1923年01月07日(日)

ずっと外作業で疲れた
時間かかって食器を洗った
そしてふと思った
あしたから愉快にしようって

? ?

愉快にしようなんて

なんで自分で
思ったんだろう

前は愉快な人だったよね
楽しいことをみつけては
周りにも教えて
ほがらかに暮らしていたよね

そうだった
大失敗をして
大切なものをたくさん失って
人生終わったと思った
気持ちがくだけてしまった
愉快や朗らかは消えてしまった
苦虫な気持ちになった

愉快という言葉を思い出したのは
きっと吹っ切れたのだと思う
自分を許せたのだと思う

明日からちゃんとしよう
人に対しても硬い気持ちをほぐそう
愉快につきあおう
自分を許せたのだから
他も許せる


1923年01月06日(土)

気づけばそこに記したし
いろいろ言ってもきたけれど

言っても同じなら
言わなくてもいいこと

言うことに疲れた気がする
言わずに沈んでゆける


1923年01月05日(金)

新しく植え込むとき

そこに唐突に現れてはいけない

馴染んだ流れに植え込む

明日になればもう気づかぬほどに


1923年01月04日(木)

予定外の事に過ぎた一日だった

一歩も出ず
屋内で行ったり来たり
上がったり下りたり

けれど
懸案事項は違う形で解決
結果オーライで

頭はぎっしり思考中で
ぼんやりタイムもなく
無口極まりなく

カスタマーズフロントも
テクニカルサポートも
人ごとに違う答えは止めてほしい
4転しましたよ

確信持てず再度問い合わせて
ギリセーフでした
今日の人がいなかったら
変なことになっていたと思う

力を使い果たした日
空を見ても脱力感しかない


1923年01月03日(水)

外作業も少しずつ進んでいるけれど
疲れが残りだした

今日は頭が痛くなった

熱中症になるほど暑くはないし
そんなに汗もかいていないし

水分補給はしたけれど
ひょっとしてPM2.5とか?

ずっと来てるし
いやだなぁ


1923年01月02日(火)

きれいな日没
三日月と木星がとても近く
はっきりと見えて
落ちるのが早い

ハロウィーン遊びは
興味ない 馴染めない


1923年01月01日(月)

届けと思っても届かず
願っても届きようもなく
ただ距離を置き

このままではいけないけれど
何ができると?
どうできると?

ひとりの問題ではないのに



天窓より___

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *


日付は通し番号として記しています