消えてゆく小さなこと
消 え て ゆ く 小 さ な こ と


1st  index       new_


1904年09月30日(金)

カレンダーをめくるのが好きだ
最初に12枚見ていても
その月が来る頃には忘れているから
新しい景色が現れて眩しく嬉しいのが好きだ

絵や本といったものでなく
常に部屋で目に入り
自然に変化を促す作用の大きいもの
もっとメンタルに役立たないものでせうか


1904年09月29日(木)

具体的に応援しようと思ったり
お節介かもしれないと手を引っ込めたり
近さをはかるのは難しい

独りで立っている人に手出しは無用 ということか


1904年09月28日(水)

今日はもう少し暑くなるはずだった
外の仕事を予定していたのに
雲が覆って肌寒い
熱い珈琲カップを放せない
何から手をつければいいのだろう
昨日の続きをする方が賢明か
朝に始めたばかりのことはどうしよう
掌が熱くなる
春は何処へ失せたのだろう
見ぬままにもうすぐ初夏になるのだろう


1904年09月27日(火)

縁というものがあるのだから
ふと思ったそれは きっと縁だと思う
大切に感じ取ってくださいね
第一歩かもしれない
今年はラッシュかもしれない
最初の鈴をふった彼らに拍手です
勇気と情熱というにはあまりにおだやかな
靜かな二人に真っ白の花束を


1904年09月26日(月)

小さな気持ちで始めたはず
大きなことを言ってはいけないんだよ
自分を大切にするためだったはず
よそ事に捉われてはいけないんだよ
何かを忘れ始めてる
何かを捨て始めてる
気をつけて
何も無くなってしまうよ
もう一度思い出して
タカラバコには イシコロもよかったのでしょ


1904年09月25日(日)

残すことも確かめることも消すこともできる
けれど言葉に頼りすぎてはいけない
手と足があるのだから命を繋ぐことができる
言葉は胸と頭にしっかりと入れておこう


1904年09月24日(土)

神の決めた交差する軸があるかもしれない と思う気持ちによって
それだけのことです
そういう気持ちになる時とならない時
それも既に決まっていることなのかもしれない
扉を開いていようと思う時 閉めようと思う時 
交差せずただ螺旋だけかもしれないと思う時 
それも落ちてくる閃きかもしれない


1904年09月23日(金)

なぜ気になるのか気にするのかわからない
関係ないことなのに他人事なのに心配したりしている
余計なお世話と疎んじられるだけのお門違いもわかっている

生き方が違うから 
求めていることが違うから
それはどういうことなのか
確かめたくて

人それぞれ色が違っていて
その色がかわるわけではないけれど
自分を振り返ることはある
しげしげと他人を眺めることもある
求めるものが何なのか
確かめたくて

だから 
何も求めないという人の話はつまらない
何も無いんだよばーかと言われればなお

坂を上りつめたら何が見えるのか
角を曲がれば何があるのか

何にしろ何かがあるだろうと思う
だから歩いてゆけるのだと思っている
しゃがみこんでも仕方ないからと思っている


1904年09月22日(木)

理由は

ぶつかりたくない

ただそれだけ


1904年09月21日(水)

何度ぶつかっても跳ね返される
こじ開けることもできない
高く強固な壁
君のスタンスはかわらない
私は外で城門を仰ぐだけ?
君は上から笑顔で手を振るだけ?


1904年09月20日(火)

ちっとも片付かない
懐かしさに手を止めてしまう
どうしても捨てられない
人任せは嫌だから
自分で捨てると決めたのに進まない
想いの切り替えができない
役には立たないものばかり 
ただ懐かしいだけ


1904年09月19日(月)

白のフリージアのようなひと
すらりとのびやかで自由
でもつんとしてはいない
頬をよせて耳をかたむけて聞いている
たおやかで清しい
ふくよかに華やいでゆくさまも
甘すぎない

百合や芍薬のように 在る のでなく 
そこに雰囲気の ある ひと
まろやかな白


1904年09月18日(日)

辛そうだったから心配した
でもよそでけろっとしてた
つかみかねて言葉を止めた
みなマスクに見えてくる
まわりに合わせてるのなら
何処へ行っても貴女には逢えない
でもきっと言うのでしょうね
どれも私よ って


1904年09月17日(土)

夢であっても希望であっても
予定であっても
明日のことなど確実ではない
一歩は常に模索の中にある
着地の感触をまさぐりながら


1904年09月16日(金)

己を律する という言葉に傾倒していたあの頃
コドモなオトナが なんて多いんだろう
そう思っていた
自堕落なエゴのかたまりのような人
己を律することのできない人
それはオトナといえない
そう思っていた

でも自分がオトナになって 硬さがなくなって
そんな言葉 忘れてしまっていた
律するってエネルギーがいるんだよ
エネルギーって若さなんだ

けれど最近
人が大人になるのは
しずかなエネルギーを秘めてゆくこと
使うというより蓄えてゆくこと
そう思い始めている


1904年09月15日(木)

誰も動かない
あなたを待っても動き出さない
待つのは疲れるばかり
だから決めた 
今日私が自分でする
できるはずだから
そう決めてすっとした

決断までに時間はかかるけれど
行動力は持っていると思う


1904年09月14日(水)

風に吹き上げられてきた桜が
たくさん舞い落ちてくる
雨のあとだから
屋根に落ちたのも庭に落ちたのも
そのままそこで動かない
吹き寄せられてふわっと集まることがない
かき寄せて枕をつくってみたいけれど


1904年09月13日(火)

シクラメンの実らしきものを見ました
それはきっと種になるのでしょう
そんなふうにして種ができるとは
おかしくて笑ってしまった
だって世話をされてない鉢なのです
花も落ちるにまかせて そのままなんです
終わった花ごと茎をねじって抜き取って
次の蕾を促すというふつうに教わる世話がされてない
なのに立派に実を結んでる
というより だからこそ 実を結んだ
自然のままってそういうこと
花の世話って何なのか考えてしまった
私も来年はシクラメンに実を結ばせよう
そういう世話をしよう


1904年09月12日(月)

きみといて
何を話したのだろう
花の話もしなかった
犬の話もしなかった
星の話もしなかった
服の話も靴の話も鞄の話も
時計の話も指輪の話もしなかった

一体何を話したのだろう
何も覚えていないけれど
楽しかったです


1904年09月11日(日)

きみの指先には何が似合うのだろう
角張ったネイルアートなんかいらない
短く切り詰めたまるい爪がある
誠実に働く指がある
いつまでもおだやかな指が在る


1904年09月10日(土)

ほっとするから
損や得で行動しないから
計算したり勘定したりしないから

だから
いいひと


1904年09月09日(金)

わたし信じやすいですか
騙されやすいですか
でも嘘には思えなかった
お涙頂戴にも見えなかった
ただ真剣な話と思いました
だから応援しようと思いました
いけませんか


1904年09月08日(木)

そのギャップについてゆけない
まるでオセロのように入れ替わる白と黒
でもどちらが表か裏かは 
本人しかわからない
いる場所がオモテ


1904年09月07日(水)

クリスマスローズの株元や傍や少しだけ離れた地面に
こぼれ種からと思う初めて見る芽生えをいくつかみつけた
クリスマスローズの種が ちゃんと芽生えると知らなかったから
思いも寄らない場所で ジュエリーとなる鉱石を拾ったような
そんな気がした
ひすいとかめのうとかるびーとかの原石を見つけて
胸が高鳴るそんなような

森の中で妖精を見かけた気がする っていうのは
きっとこんな気持ちなんだろうね

小さいのに頑丈そうなきりりとした姿だった


1904年09月06日(火)

マジックなカーテンがあります
有毒な光線を遮り ひとの視線も遮ります
内から見えるのは何の変哲も無いただ平凡な
お天気のはっきりしない薄曇

こういうものを求めたのではなかったのに
向こうの屋根が眩しく反射してもよかったのに
間違えた虻が飛びこんできても何とかなったのに

人がどんどん曖昧なものを求め
外とのかかわりを細くしてゆく
かと思えば自然を冠してイベントをする

本当に自然の一部として生きたいなら
いらないものばかり


1904年09月05日(月)

春になる
出てゆく人が多くなる
周りに人が少なくなる
人口密度がうすくなってゆく
周りの音が減ってゆく
うれしい
兵隊アヒルは健在そうだけれど
それでも少しは静かになった
やっと自分のリズムで息を吸える
時間をたっぷり使える気がする
うれしい


1904年09月04日(日)

昨夜眠っただろうか
確かに眠ったはず
朝 確かに目覚めた から
眠りから覚めた感覚が確かにあったから

でも 本当に眠ったのだろうか
時間が一瞬にとんだだけの気持ち

眠る前に考えていたことを
普通はよく忘れ なかなか思い出せないのに
今日は目覚めた瞬間 すぐに考えの続きとなった
むしろ眠ったかどうかの方が疑問なくらい

けれど 確かに「目覚めた」のだから
眠ったのだろう
不思議な夜だった


1904年09月03日(土)

心をこめたものに対して評価を受けることは
どんな結果になるのか どきどきする

どきどきするけれど
さして気にならないようにも思う
ふーん そうか 程度かも

自分が100%満足しているから
そのことは動かしようがないから


1904年09月02日(金)

もう少し早く来てくれれば
まだ杏が咲いていたのに
ハクレンも満開だったのに
もう少し待ってくれれば
これからいろいろ咲き出すのに
今はまた蕾ばかり
アナタ来るのが中途半端よ


1904年09月01日(木)

淡いピンク色の太い毛糸で編んだケットに
仔犬がくるまれている
クリーム色のやわらかな毛の前足をちょこんと出して
細く透き通った爪が
きゅっと尖って毛糸をおさえている
愛くるしい黒いつぶらな瞳で
こちらをじっと見ている



天窓より___

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *


日付は通し番号として記しています