消えてゆく小さなこと
消 え て ゆ く 小 さ な こ と


1st  index       new_


1903年12月31日(木)

陽射しが明るさをまして
どこかでハコベなど咲いている気がする
春がきっと
どこかの片隅からのぞいている気がする


1903年12月30日(水)

遠くの山の雪空を見る
午後にはきっとここへくる
ちらつくだろうか
小鳥屋の鳥たちは中へ入れてもらえるだろうか
キジバトは庭の赤い実を啄ばみに来るだろうか

積もらず風に流れてゆくだけ
冬だということを忘れるなと
吠えてゆくだけ


1903年12月29日(火)

がんばろうよと誰かが言い出してくれることが
そうだなと思えるから
手をとったまま立ち上がろうとしてくれるから
いっしょに立ち上がれる

頑張ってといわれてもどうしようもなく
座り込んでいるだけではどうにもならないと知っているけれど

誰かといっしょにひざを立てることは
掛け声も自ずと出たりしているのです


1903年12月28日(月)

冷たい雨
冬らしい寒さ
凍える指先
傘の雫

でもほっとしている
冬を忘れてはいけない

私たちの心は
四季に支えられている


1903年12月27日(日)

花をひと茎 わけてください
大切に ここで 育てたい

明るい窓辺に寄せて
光という微笑みをあつめたい
きらめいて飛び出す光の球を
部屋中に満たしたい

今夜の夢を枕もとへそっと
明日の夢はカーテンの中へ


1903年12月26日(土)

心に残さなかったことが急に目にとまる 
小さな切抜きに心を大きく弾ませる
この部屋に飾りたい
この手で作りたい
指がしなやかにお辞儀する
あたたかな色の炎と 
グラスに生きる小さな葉


1903年12月25日(金)

自分で名乗りを挙げたのですね 
それは貴方の名刺ですね
これから先ずっと掲げ続けるのですね
色を変えることなく


1903年12月24日(木)

私の時間は何処へ消えたのだろう
失せたのか 遺っているのか
記憶に欠片もしない時を拾うことはできない

存在すら気づかれぬまま
膨張し続ける空虚に
針を刺すのは何だろう


1903年12月23日(水)

とびはねる年でありたい
うたい続ける年でありたい
整えしつらえる年でありたい

何らかの心得をつかみ無を知りたい
抗わず流れを見定めたい

祈念す


1903年12月22日(火)

星は壊れようとしているのか
耐えようとしているのか
再生しようとしているのか

そのたびに
恐ろしい数の人が死ぬ
人間など何も偉くないと
まざまざと見せつけられてひれ伏すだけ

何を学んだか
謙虚に生きることを思い起こせ
一粒の種を大切にした日々を覚えよ
宙の力 星のエネルギーを
全てわがものにできると思うな

ひとを殺せるほどに偉いと思い上がるな


1903年12月21日(月)

月夜に殻を脱いだのか
新しい風が動き出す
どこからなのか どこへなのか
分からぬままに流れ出す
髪をなで 頬をつつんで
わたしの明日へ星を飾る


1903年12月20日(日)

言葉を交わし笑みをならべ
光の中へ出てゆくあなた方よ
私は だれにも会いたくない
闇の中にいたいのです
寿ぐ言葉の眩しさに
闇から出たくないのです


1903年12月19日(土)

マリアに祈るスヌーピーも
苔むす森へ抜けるドアも
回顧の窓


1903年12月18日(金)

小さな音がして
窓に届いていた
メッセージ


1903年12月17日(木)

扉を開いたそのとき 
貴女の虜になった
でもひとの虜にされることは嫌だとわかった
だから離れました
貴女は貴女でいいのです
私は私でいいのです
重なるのは嫌


1903年12月16日(水)

あたたかなタートルのセーターに顎までもぐって
木のテーブルに頬杖をつく
昔と変わらないスタイルで紅茶を待つ
この小さなロッジのような店が好き
白い壁もこげ茶の柱もホンモノのランプも

店主の時間は止まっている
壁の写真に彼と彼の仲間たちがいる
顔だけ日に焼けた若者達が銀世界で笑っている
真っ青な空に輝いている


1903年12月15日(火)

あのとき 
波うつ赤い髪とピンクのふわふわカーディガンの貴女に
どきりとして憧れたのは
突然湧いた嫉妬だったのかもしれない


1903年12月14日(月)

人込みに紛れたのか
闇に潜んだのか
あなたの背中を見失った
追いかけたつもり
探したつもり
だったけれど
今は待つだけ
でも、もうそこには
戻らないのかも知れない


1903年12月13日(日)

いつも私が最後のスタンプ
それがずっと続くのは
だんだん哀しくなって
少しやりきれない気分です


1903年12月12日(土)

頭の中の空が晴れる
ぱーっと風が吹いて
雲がどんどん流されて
明るくなってゆく
そんな感じ

結局のところ
うんと血が巡りまわって
すみずみまで活性化 ってことかな


1903年12月11日(金)

予感がする
てんさらばさらが飛び立ってゆく
ねぇ本当はそのほうがいいのでしょう?
桐の箱から放たれて
また誰かの掌にそっと包まれる夢


1903年12月10日(木)

貴方が誰と手を繋いでいるのか より
貴方が胸に何を抱いているのか の方が気になります
それが貴方を評価する


1903年12月09日(水)

自分のことを情けない哀しい
そんな惨めな思いばかり溢れる
自信に満ちて突き進むひとを横目で見ている
あなたが捨ててしまったものを見ている

のろのろと仕方なく進んでいるだけの時
靜かな場所を通りかかります
そこはとても静か
哀しさにあるときも静かにゆっくり流れてゆく時間を
その人は紡いでいるのです


1903年12月08日(火)

年末という言葉に
慌ただしさだけが強調されて
きっと何も見ずにいる

何かを忘れながら というより
思い出すことを忘れてゆきながら
明日のことを考えようとして
混乱してゆく海


1903年12月07日(月)

もう少しでぷいっとなるところだった
ならなかったのはキミがやさしかったからです
ありがとう


1903年12月06日(日)

プッツンと切れはしない
ぷいっと なるだけ

あっち向いたまま 背中が全部耳になって
じっと俯いたまま 体中が石になって


1903年12月05日(土)

前はよく涙をこぼした
この頃あまり泣かなくなった気がする
強くなったかと思ったけれど
泣いていた時のほうが
晴れやかな顔をしていた
だから 泣いていいんだよ


1903年12月04日(金)

ひとは誰でもいくつか不満を持っているけれど
自分らしい折り合いのつけ方で暮らしてゆくこと
自分らしい折り合いのつけ方をさがしてゆくこと
それが生きるってこと じゃないかと思う

解消する 共存する 離れる
消えるそれもアリだとは思います


1903年12月03日(木)

それは自分の苛立ちをかき立てるためかもしれない
自分で決着がつかなくて何かに委ねようとしている
苛立ちは背中を押してくれるだろうか
その後押しは後悔をさせないだろうか


1903年12月02日(水)

人が居なければ寂しいというタチでなく
居ない方が楽と思うタチ
きっと無人島でも暮らせる


1903年12月01日(火)

万能の言い訳

 − いそがしくて −



天窓より___

* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *
* * * * * * * * * * * *


日付は通し番号として記しています