2011年12月26日(月)  【たま語】さんたさんからおてがみきたよ

昨日の朝のこと。

「さんたさんきてるかな」とたまが寝室からリビングに出て来ると、ドイツからの大きな箱と、日本のあちこちからの小さな包みがいろいろ。「たまちゃんに」とわたしに託されたクリスマスプレゼントたち。

寝ぼけ眼がきらりんと輝いて、片っ端から包みを開けていった。



来年出す絵本を一緒につくっているエンブックスさんの絵本「すえっこリスのひみつ」も。

「あれ、でも、サンタさんからのプレゼントないねえ」と話しているところに、新聞を取りに行ったパパが「新聞にサンタさんからの手紙がはさまってたよ」と持って来た。

ここから、たまの言葉とともに再現。

「あのね、さんたさんから おてがみがきたの。たまちゃんへ めりいくりすます。ぷれぜんとは おおきな りんごを さがしてねってかいてたの」



りんごと聞いて、たまはまず冷蔵庫を見に行った。少し前までは花巻から届いたりんごを箱のまま玄関に置いてあったので、玄関も見に行った。

「ないねえって パパとさがしてて りんごっていうのは りんごの えの はこのことだったの。おおきい はこと ちいさい はこが あって おおきいはこに おてがみが はいってたの」


「たまちゃんへ よくみつけたね おれんじの なかの ひきだしを さがしてねって かいてあったの」


「おれんじのひきだしなんて あったっけって さがしたら ほんとは ぴんくの ひきだしだったの」
オレンジの収納箱の中にあるディズニープリンセスの引き出しボックスの中に、3通目の手紙を発見。


「たまちゃんへ またまたよくみつけたね。てーぶるの したを のぞいてみようって かいてあったの」


「おしょくじの てーぶるの したにはなくて でんわの てーぶるの したに あったの。ぬりえが はいってたの」


「きいちのぬりえってやつ」


この話を、昨日からたまは会う人に「サンタさん来た?」と聞かれるたびに、得意げにしている。


back<<< >>>next

2010年12月26日(日)  原稿を書いたり相手をしたり
2009年12月26日(土)  ウィルスにノロわれた週末
2008年12月26日(金)  ラジオドラマ収録→東京帰還
2007年12月26日(水)  最近行った汚い場所
2006年12月26日(火)  マタニティオレンジ49 アメリカのベビー服
2001年12月26日(水)  ロマン配合


2011年12月25日(日)  決定!「たま語大賞2011」

ノミネートたま語10本から大賞を決めるツイッター投票たま語大賞2011アンケート

「100票行きたいですね」が発案者でPV制作者の@okumachijunichiさんや集計に尽力してくれた@cop_ekuさんとの合言葉になったが、締切ぎりぎりに100票目が舞い込み、三ケタに乗ったところで、先ほど12/24の23:59に1週間の投票期間を終えた。

1位から10 位までの結果は、以下の通り。

事前にたま(今はサンタさんが来るのを夢見て熟睡中)から各ノミたまに「賞の名前」をつけてもらった。賞名のほうがノミたまより長くなっているものもあるが、それぞれをつぶやいた背景がうかがえる解説にもなっている。

ちなみにたまのイチオシは「おんなのこは、すきなふくだけ、きるの!」だったそう。

第1位 21票(つのったー20+つのったー外1票)
〈たまにごをつけて たまごだから ごろごろころがって ボールなんです〉で賞
たまちゃんってボールって意味なんだよとパパに言われて「え?」と絶句。遠慮がちに「…たまちゃんをころがしてみる?」(4歳8か月)

第2位 20票(つのったー17+つのったー外3票)
〈ママすきだから いつでも ママといたいと おもっています〉で賞
「ママのたからものは、たまちゃんだよね」。そうよ、たまちゃんの宝物は?「たまちゃんのたからものは、ママ。たまちゃん、なくさないようにする」(3歳6か月)

第3位 18票
〈おしゃれしたいなっておもうと もうかわいいふくをきようっておもうから おしゃれしてんです〉で賞
「おんなのこは、すきなふくだけ、きるの!」とキリッ。パンツ一丁で腰に手を当てて。(5歳1か月)

第4位 16票(つのったー14+つのったー外2票)
〈おはなしをきいたら こころもあったまるから たまちゃんが かんがえるより ママにつくってほしいっておもっています〉で賞
「もう、そういうおはなしじゃなくて!」。どういうお話?「ママがかんがえてよ!たまちゃんがきいて、ああ、そういうやつねっておもうようなおはなし!」。プロデューサーより厳しい娘。(5歳0か月)

第5位 9票
〈うそっこおっぱいは ほんとは きるやつなんだけど ちょっと ぼこってしてるから おっぱいにみえたんです〉で賞
「うそっこおっぱい、うそっこおっぱい♪」お手伝いで、わたしのユニクロのブラトップを畳みながら。「だ〜れもしらない、うそっこおっぱい♪」(4歳7か月)

第6位 6票
〈うたをうたったら こころがあったかくなるかなとおもって うたいました〉で賞
自作自演ソング。「♪ゆるしてね〜ゆるしてね〜わたしのじんせい〜」(5歳2か月)

第7位 5票
〈たまちゃん えいごがすきだから ママにも えいごのうたを きかせてあげたいとおもいました〉で賞
英語番組でTake a breakという歌。「なんていってるの?」ひと休みしましょって意味よ。数日後、仕事をするわたしの背後から念仏のように「ていか〜ぶれいくぅ〜ていか〜ぶれいくぅ」(4歳2か月)

同点第7位 5票
〈ママはよくおっさんという〉で賞
今日のおやつ何にする?と聞くと「アホなオッサン」。大阪新名物『面白い恋人』のことらしい。出しているのは吉本興業。(5歳1か月)

第9位 3票
〈おふろにはいらないと きれいにならない〉で賞
遊ぼうっていうと遊ぼうっていう…とパパが金子みすずの詩を聞かせていると、「おふろはいるときは、おふろはいるっていう」。こだまでしょうか、いいえ、たま語。(4歳9か月)

第10位 1票
〈まえのおばけのせかいのでんきは べたべたしてるでんきだったの。まえ たまちゃんは おばけやしきに すんでたんだけど でんきが べたべたしてたので ママのところにきました〉で賞
「ほいくえんで、でんきこわれたの」。停電?「みんなで、でんきやさんにかいにいったの。20えんだった」。どこの電器屋さん?「ビックカメラだよ。えきのちかくの」。どんな形で売ってたの?「みたせんってかいてるはこだった。さわるとベタベタするの」(4歳9か月)

あのたま語にそんな意味が、と驚いたのは、第10位の電気を買いに行く話。稀少な一票を投じたのは、作家の朝倉かすみさん。〈「20えんだった」からの連続する意外性。〉を評価された。

皆さんからの投票理由コメント(たま語大賞2011アンケートで読めます)がとても興味深く、あたたかく、たまの言葉を面白がってくれるたくさんの言葉が、わたしにとってはサンタクロースからのプレゼントになった。

RTでの一次投票に始まり、おつきあいいただいた皆さんありがとうございました。そして、奥町さん、こぺくさん、お疲れさまでした。楽しかったですね。

Share


back<<< >>>next

2010年12月25日(土)  長靴×絵本×ハート×肉のクリスマス
2009年12月25日(金)  娘にもわたしにもサンタクロースがやってきた!
2008年12月25日(木)  ラジオドラマを録りに札幌へ
2006年12月25日(月)  ハト男 立ち食い男 透明人間の嫁
2001年12月25日(火)  発見!


2011年12月22日(木)  前川紘毅のu-strip出演


シナリオ作家協会の忘年会で「u-stripっていう音楽系ustream番組やってるんすけど、出てもらえます?」と脚本家でもあるavexの星野卓也さんに声をかけてもらい、木曜日、前川紘毅さんの回に出演。

前川紘毅さん、シンガーソングライター。こんな人>>>ブログ

毎回お姉様を招いて何かを学ぶという趣旨(不惑女だけどいいの?)とのことで、脚本家らしく即興脚本ライブをやってみることに。ちょうど前川さんのファンの女の子たちからでっかいピンク熊のぬいぐるみを贈られたので、それを小道具に「忘れ物センター」を舞台にしたお話を。

ぬいぐるみを車内に忘れて取りに来た前川さん。実はぬいぐるみには一億円が隠されている。それに気づかれずに何とか取り戻したいという設定。

前川さん、なかなか反射神経がよろしく、アドリブに強いことが判明。黙り込む間を作らず、どんな暴投も食らいついて受けて返してくる感じ。アーカイブが公開されたら、プロデューサーの方はぜひ観てみてください。

「てっぱん」番外編とたま語大賞2011アンケートの宣伝もバッチリ。わたしの子ども時代の話なんかもして、濃い30分。


スタジオにはカフェが併設されていて、オンエア中は若い女の子が前川さんに熱い視線を。

カフェ好きとしては、ここでお茶していくべし、と遅いランチを取ることに。イングリッシュマフィンのバーガー(種類選べて、アボカドに)とドリンク(カプチーノに)のセット(スープとサラダつき)が950円。ドリンク単品が500円なのでおトク感あり。

バーガーは期待以上だし、スープもしっかり濃厚だし、ラテアートは感動的。カフェ雑誌をめくりながら、いい時間を過ごせた。来年もいいカフェに出会えますように。

>>>今日のtwitter

back<<< >>>next

2010年12月22日(水)  残酷な匂いに惹かれる、たま4歳4か月。
2009年12月22日(火)  生キューピーとアートギフト展→キューピー展
2008年12月22日(月)  おはなしを語りはじめた、たま2才4か月。
2006年12月22日(金)  マタニティオレンジ46 ブックスタート
2002年12月22日(日)  ロッテルダムとロンドンとベルリン


2011年12月20日(火)  「たま語大賞2011」ノミたまを逃した21-30位

つぶやき形式アンケート「つのったー」にて投票受付中のたま語大賞2011アンケートは12/24の23:59締切。

惜しくもノミネートたま語(ノミたま)入りを逃した11-20位を昨日発表したのに続いて、今日は21-30位を発表。これまた得点はどんぐりの背比べ。31位以下も接戦。

【21】寝る前のこと。「おおさかじいじばあば、きょうはありがと。あしたもありがと」(5歳2か月)

【22】つるつる道の移動はスーツケースに乗って。押してる最中に「ママ、たまちゃんがおかあさんになっても、いきててね」(5歳2か月)

【23】かわいい服を着て「これでパパにおかえりっていったら、どう?」。かわいすぎて、おうち間違ったんじゃないって言うんじゃない?「おうちかたづけたほうが、そういうんじゃない?」(5歳2か月)

【24】寄居駅秩父鉄道ホームにて。公衆電話の受話器を持ち上げ「ながちょろにいくよ。まっててね」。ながちょろ=長瀞。(5歳2か月)

【25】夕飯のミートソースに「なすいれないで」。いつも茄子入ってるよ。「ありさんぐらいちいさくして」。小さく切ってるよ。「ありさんがたべるぐらいちいさくして」(5歳3か月)

【26】おかゆが嫌い。でも、おかゆという言葉を知らなくて「ぬれたごはん、やだよ」(5歳3か月)

【27】「もう!ママがちいさくなっても、だっこしてあげないから! もう!ママがちいさくなっても、たまちゃんのふくあげないから! ママがあかちゃんになっても、だっこしてあげないから!」(3歳4か月)

【28】腹痛を訴え、嘔吐。もんどりうって「おなかいたいよー。なんとかしてくれぇ。びょういんやだー。うちでなんとかしてくれぇ。いたいよー。でっかいばんそこえいどはってくれぇ」(3歳4か月)

【29】「てっぱんのつぎは、おじさま」。どんなドラマよと突っ込むと「おっさんがいっぱいでてきて、おっさんやで〜ぐえっへへへ〜」(4歳7か月)

【30】♪そのとき僕たちは何ができるだろう右手と左手で何ができるだろう〜とTHE BLUE HEARTSの『街』を歌うパパの隣でしばし考えて「…あやとり」(4歳9か月)


自分で言うのもなんだけど、21位-30位も面白い。これらを制した1位〜10位のノミたま10本から大賞を選ぶたま語大賞2011アンケートに、ぜひあなたの一票を。どのノミたまが優勢か、途中経過もご覧いただけます。

投票方法の説明つき、決戦プロモーションビデオはこちら。



back<<< >>>next

2010年12月20日(月)  2009年のクリスマスも「てっぱん」だった
2009年12月20日(日)  サンタ気分で「クリスマスの贈りもの」配達
2008年12月20日(土)  スパイス番長とタンドール番長
2006年12月20日(水)  マタニティオレンジ44 お・風・呂!
2005年12月20日(火)  シナリオ作家協会の忘年会
2003年12月20日(土)  SLばんえつ物語X’masの旅 1日目:山都〜鹿瀬
2002年12月20日(金)  生爪様
2001年12月20日(木)  幸せの粒


2011年12月19日(月)  「たま語大賞2011」誕生秘話と11-20位

「今年の流行語が出る頃に「たま語オブ・ザ・イヤー」の発表などお願いできれば面白いですね。たま語ファンとしてはうれしいですね」とツイッターでつながった@okumachijunichi さんから提案があったのが10月20日のこと。「面白そう」とツイッター上で賛同者が現れ、「たま語大賞2011」と名前がつき、その日のうちに、これまたツイッターでつながった@cop_ekuさんが「#たま語大賞2011」をハッシュタグ登録した。

その後、ハッシュタグが短いほうが良いのではということで、「#たま語」が登録され、以後、わたしはツイッターで【たま語】をつぶやくときには、 #たま語 をつけ、「たま語大賞投票受付。お気に入りのたま語にRTで一票」と投票を呼びかけるようになった。

投票対象は、これまでの全たま語とした。つぶやき済みのたま語は、たま語bot @tamago_bot822 に棚卸ししているので、こちらのつぶやきをRTしても一票となる。

@okumachijunichiさんがプロモーションビデオを作ってくださり、11月27日に公開した。


集計は、試行錯誤しながら行った。@okumachijunichiさんが投票関連のつぶやきを検索で拾ってtogetterに納めていき、わたしは、たま語botの最新版を書き出したcsvファイルと、たま語botつぶやきの公式RTを拾い出した(ハッシュタグがついていないので検索に引っかからないため)wordファイルを@cop_ekuさんに送る。それを元に、どこまでが自動でどこまでが手作業かわからないのだけど、@cop_ekuさんが膨大かつ細かい集計データにまとめた。

12月14日の18時に投票を締め切り、得票上位10本のノミネートたま語から大賞を選ぶことに。ツイッターで簡単にアンケートができる「つのったー」を@cok_ekuさんが見つけてきた。@okumachijunichiさんが「肉じゃがの肉といえば?」というアンケートで予行演習し、使い勝手を検証してくれた。

こうして、ようやくたま語大賞2011アンケート公開にこぎつけたのが、12/17の深夜。投票受付は12/24の23:59。あなたが選ぶたまご大賞は?投票お待ちしています。

せっかくなのでトップ10に漏れた11位以下もご紹介。11-20位の得点はどんぐりの背比べ。

【11】「ママ〜なにしてるの?」。ビターシュガー見てくれてる人にチョコレート贈るのよ。「じゃあたまちゃんにもチョコちょうだい。びたしゅがもてっぱんもみてるんだから」(5歳2か月)

【12】きいちのぬりえに夢中。<たまえ>じゃなくて<ぬりえ>だね。「やだよ、ぬりえなんて。ぬりこがいいよう」(5歳3か月)

【13】健康足踏み台をPCに見立て「おしごとしてるの」。先生、原稿はできてますか?「まだなんですよねー。いまやってるんですけど」。面白くなりそうですか?「おもしろくなりそうなんですよー」。どう面白くなりそうですか?「わらえるぐらい」(3歳5か月)

【14】インターホンが鳴り「どなたですか?」。宅急便ですと応答があり、ドアを開けて「おひさしぶりです」(4歳9か月)

【15】たまちゃんと同い年ぐらいのお友だちが真っ暗で眠れないとき、どんなおてて絵本を読んだらいいかな?「これからおひさまがのぼってきます。どうやったらおひさまがよろこぶかな。そしたらおひさまとなかよしになれるからね」(4歳6か月)

【16】「どろぼうがはいって、たまちゃんとられたら、ないちゃう?じゃあママもいっしょにとってもらおっか。そしたらパパにあえなくなるからパパもとってもらおっか。でもえほんやおもちゃがないとこまるし…そうだ、このいえぜーんぶとってもらおう」。それは引越だ!(4歳3か月)

【17】帰宅したパパに「よるぱんみたよ」。どうだった?と感想を聞かれて「あさとおなじだったよ」。朝ドラてっぱんは1日5枚。(4歳2か月)

【18】「まぐろ!いか!たこ!いくら!うに!」…回転寿司屋にて、回ってくる寿司の札のひらがなを次々と読み上げる。(5歳0か月)

【19】「パパ、たまちゃん、なんでうまれてきたの?」。生まれてきた意味なんちゅうもんは人に聞くもんやない、自分で見つけるもんやとパパに言われ「たまちゃん、ママにあうために、うまれてきた」(5歳1か月)

【20】「びたあしゅがあのあきらくん、かっこいいよね」とビターシュガーの旭(忍成修吾)のこと。あんな髪の長い男のどこがいいんだとパパ。お前は見る目がないとボーイフレンドにもダメ出し。「じゃあパパはだれがすきなの?じぶんいがいで」(5歳2か月)


1位から10位までの投票経過もたま語大賞2011アンケートにてご覧いただけます(※12/20の9:00〜18:00はメンテナンスのため投票ができないようです)。

投票方法もよくわかる決戦プロモーションビデオはこちら。



back<<< >>>next

2010年12月19日(日)  2010年最後の「てっぱん」大阪出張
2009年12月19日(土)  肉!魚!肴!の家族クリスマス会
2008年12月19日(金)  シルク・ドゥ・ソレイユと「ハートばたけ」
2007年12月19日(水)  車内の電話に考えさせられたこと
2002年12月19日(木)  クリスマス・ファンタジー2002
2001年12月19日(水)  害虫


2011年12月16日(金)  あなたが選ぶ「たま語大賞2011」は?

「流行語大賞があるなら、たま語大賞も」
ツイッターでの雑談から始まった「たま語大賞2011」。

こんなプロモーションビデオも作られた。


お気に入りのたま語を投票してもらい、 togetter たま語大賞2011 で集計した結果、ノミネートの10本が決定。

【01】今日のおやつ何にする?と聞くと「アホなオッサン」。大阪新名物『面白い恋人』のことらしい。出しているのは吉本興業。(5歳1か月)

【02】遊ぼうっていうと遊ぼうっていう…とパパが金子みすずの詩を聞かせていると、「おふろはいるときは、おふろはいるっていう」。こだまでしょうか、いいえ、たま語。(4歳9か月)

【03】「うそっこおっぱい、うそっこおっぱい♪」お手伝いで、わたしのユニクロのブラトップを畳みながら。「だ〜れもしらない、うそっこおっぱい♪」(4歳7か月)

【04】「もう、そういうおはなしじゃなくて!」。どういうお話?「ママがかんがえてよ!たまちゃんがきいて、ああ、そういうやつねっておもうようなおはなし!」(5歳0か月)

【05】自作自演ソング。「♪ゆるしてね〜ゆるしてね〜わたしのじんせい〜」(5歳2か月)

【06】「ママのたからものは、たまちゃんだよね」。そうよ、たまちゃんの宝物は?「たまちゃんのたからものは、ママ。たまちゃん、なくさないようにする」(3歳6か月)

【07】たまちゃんってボールって意味なんだよとパパに言われて「え?」と絶句。遠慮がちに「…たまちゃんをころがしてみる?」(4歳8か月)

【08】「ほいくえんで、でんきこわれたの。みんなで、でんきやさんにかいにいったの。20えんだった。みたせんってかいてるはこだった。さわるとベタベタするの」(4歳9か月)

【09】英語番組でTake a breakと歌。「なんていってるの?」ひと休みしましょって意味よ。数日後、仕事をするわたしの背後から念仏のように「ていか〜ぶれいくぅ〜」(4歳2か月)

【10】「おんなのこは、すきなふくだけ、きるの!」とキリッ。パンツ一丁で腰に手を当てて。(5歳1か月)

この中から大賞を決定するアンケートを実施。さあ、あなたが選ぶたま語大賞は? 各ノミネートたま語をクリックしても投票画面へ飛べます。

締切は12/24(土)の23:59。サンタさんがやって来る頃に結果発表の予定。(※12/20の9:00〜18:00はメンテナンスのため投票ができないようです)

詳しくは、決戦投票用のプロモーションビデオをどうぞ。PV制作はたま語大賞発案者でもある奥町純一 @okumachijunichi さん。


back<<< >>>next

2010年12月16日(木)  筆王ソフトにたどり着けない
2009年12月16日(水)  クリスマスシーズンにはしかけ絵本が似合う
2008年12月16日(火)  だからファミレスはやめられない 
2007年12月16日(日)  以心伝心クリスマスギフト
2006年12月16日(土)  マタニティオレンジ43 作詞作曲兼ボーカル兼ダンサー
2002年12月16日(月)  シナリオ作家協会の忘年会
2001年12月16日(日)  こだま


2011年12月14日(水)  週刊ブックレビュー収録と泉北会で「肉」

NHK週刊ブックレビューに再び呼ばれ、二度目の収録。今回はイッセー尾形さん、岩瀬達哉さんと。「つばさ」ファンでもあるプロデューサーの吉田さん、イッセーさんの回に呼んでくださり、感謝。

岩瀬さんのイチオシ本は『大泥棒―「忍びの弥三郎日記」に賊たちの技と人生を読む』。

イッセーさんは『ソーラー(SOLAR)』。

わたしは『中原淳一 子供服の絵本』。

イッセーさん、さすが役者、言葉が味わい深くて、ぐいぐい引き込まれる。岩瀬さんの穏やかで知的な語り口は心地よく、中江有里さん、滑川和男アナウンサーと5人での合評は夢中で幸福な時間。一人で読むのとはまた違う、本を語り合う楽しさ。

それぞれの二押し、三押し本も読みたくなるものばかり。自分のアンテナに引っかからない本を教えてもらえるのが、また楽しい。

放送はNHK BSプレミアムにて12/17(土)朝6:30-7:24。今回は再放送はないそうなので、お見逃しなく。

前回よりはリラックスして、収録終了。控え室に戻ると、特集ゲストの西加奈子さんが!(思わずびっくりマーク)。

「うわ〜ん。西さん〜」

むっちゃかわいい!(またまたびっくりマーク)

「ファンです〜。漁港の肉子ちゃん読んでます〜。サインくださ〜い」とミーハー全開で、ご挨拶。



Imai Masako「sun」というのが、西さんっぽい。太陽燦々。そして、漁港の肉子ちゃんは、またしても愛すべき作品。「迷惑かけて生きて行け!」という喝に込められた愛にうたれる。



かわいい上に小顔の西さん。メイクいらず。

『漁港の肉子ちゃん』の肉子ちゃんは焼肉屋で働いているので、ちょうど焼肉気分が高まっていたところに、折よく夜は泉北会で焼肉。

経済誌に焼肉コラムを書いている鶴野充茂さんが「焼肉屋紹介して」と呼びかけたところ、わたしのマッキャン時代のだいぶ上の同僚でもある忠見さんが、マッキャンを辞めた多賀さんがつつじヶ丘で開いた「焼肉ほれぼれ」を紹介。ほなみんなで食べに行こ、となった。



トモ三角のタタキ(美味!)をほおばりながら「パルナスの歌全部歌える?」。どっからそんな話になったのか、毎回ディープなローカルネタが尽きない泉北会。「パルナス〜パルナス〜モスクワの味〜♪」はサビ。

大阪の人は「ごはん」を注文するとき、なぜか「白い」をつけて「白いごはん」と言ってしまう、という話でも盛り上がる。

塩、タレ、ポン酢、いろんな味つけで肉も進む。サラダやつまみも充実。居心地良くて、6時間食べてるお客さんもいるとか。子連れにやさしい、というか、大歓迎(特筆すべし)なのは、肉食5歳児を抱えるわたしには大助かり。ご近所の肉好きファミリーはぜひ。

マッキャン時代は面識がなかった店長の多賀さん。でもわたしの名前は知っていたそうで、「てっぱん番外編」のポスターを快く貼ってくださった。


この日を漢字一文字で表すと「肉」。後で知ったのだけど、西加奈子さんも泉北出身らしい。肉だけでなく泉北にも縁の深い日だった。

Share


今日のtwitterより(下から上に時間が流れます)
>>>もっと読む


たま語大賞2011 http://youtu.be/gOiNyh5cbe8 お気に入りのたま語を投票してくださった皆様ありがとうございました。 http://togetter.com/li/203035 にて集計の上、10本に絞り数日後より実施予定の別投票で大賞を決定します。 #たま語
posted at 18:04:11

@yulimekko 今回もビターシュガーの感想に唸らされました。カレ、夫、男友達もカーネーションも目が離せないし、今季はドラマ鑑賞が忙しいという声が多いのは作り手たちにとって喜ばしいこと。シナリオ作協忘年会では「やっとドラマを見る気分になってきたのかも」としみじみ話しました。
posted at 08:03:10

RT @yulimekko: @masakoimai 「別れを嘆くかわりに、出会えて良かったと感謝する」共感します。そこにいくまでに時間という薬が必要。そしてその時間を過ごした後に相手も変わるし自分も変わる。取り巻くまわりの人々も変わる。この作品に出会えてよかった。癒しのような作品です。
posted at 07:58:07

RT @yulimekko: 水の中で寄り添う相手は結局耕太朗だったのか?市子は旭への気持ちを残したまま?それともその気持ちは旭と一緒に旅立ったの?耕太朗の「プロポーズ」を聞いて市子と一緒に揺れた画面の前の私。 #ビターシュガー #nhk
posted at 07:58:03

RT @yulimekko: 「アラフォー」の恋愛は突っ走れないのか?目先からその先まで人生設計が絡んで来る。恋に生きるまりまでも。タイムリミットがあるから?本当の意味での大人になってからの再会。女の方が先に大人になるのだろうか。嘘を吐き通せなかった房恵、言ってもせんない事と言う市子。 #ビターシュガー
posted at 07:57:58

RT @yulimekko: 一人になってからもつい空けてしまう左側。別れてから再会、そしてまた再会。別れてから時が経ち、人は変わるもの。本当に駆け込み寺のような市子の部屋。皆集合。耕太朗が欲しかった辻房恵まで。やはり子どもの父親を捜していたのだ。結局誰が本当の父親かわからないのか? #ビターシュガー
posted at 07:57:54

恵比寿 盆さいやさん懐かしい。「 ✃(盆ัு栽ั)✂ 」という盆栽絵文字、さすが。QT @mambon @bonsaiya ✃(盆ัு栽ั)✂ 恵比寿 盆さいやで盆栽を観賞し松。http://twitter.com/mambon/status/146722441014673408/photo/1
posted at 07:53:52

NHKオンラインで連載していた小説「ルミチカ」ケータイ版で最終話41話まで配信完了。PC版では40話まで読めます。中高生にネットとのつきあい方を啓蒙するのが目的でしたが、青春物語として楽しめるものに。出版や映像化など新たな展開に期待。 http://www.nhk.or.jp/literacy/novel/index_rumichica.html
posted at 07:51:24

どちらの役もノリノリで演じてくださいました。素顔はとてもからっとした井上和香さん。QT @takamotoko ビターシュガー今日はオンタイムで見た!辻房恵のはじけっぷりがスペイン映画のヒロインのよう。井上和香は「つばさ」の小料理屋の女将以来のはまり役ではないだろうか。
posted at 07:35:04



back<<< >>>next

2010年12月14日(火)  「泣きたい?」と聞いてくれる誰かと泣ける膝
2009年12月14日(月)  歩く速度は圧倒的に大阪>東京だった
2006年12月14日(木)  図書館の本が汚されている



My追加