江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2008年12月31日(水) 世界恐慌によるリセットのススメ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 株価が半値になり、土地の価格が下がり、債券が紙切れになるというふうに今世界を吹き荒れる世界恐慌は世界中の金持ちの富を減らした。しかし、それ以上にこの恐慌は貧しい者たちの生活を破壊した。日本でも多くの派遣労働者や期間労働者が解雇されて路頭に迷うこととなった。金持ちたちが自分たちの富を守るためにもっとも弱い層にそのしわ寄せがいったのである。

 今、麻生首相は必死で「景気回復」を叫んでいる。しかし、どうしてこのまま逝くところまで逝かせないのだろうか?土地価格なんかは下げるところまで下げた方がいいとオレは思うのだ。政府は企業のCPの買い入れを決めたり、信用保証協会の融資の保証枠を拡大したりして企業や金持ちを助けることには熱心だが、個人を救済する気はほとんどないようである。

 このような乱世はある意味、下克上の一つのチャンスじゃないのか? 土地や株といったこれまで財産とされたものの価値がどんどんなくなっても、労働によって生産される富の価値までが否定されたわけではない。この世から大金持ちがなくなってしまえば、後は無産階級の者たちばかりが、自分たちの労働によって得た財産だけが富ということになる。いや、財産が否定されれば、価値とは労働だけになってしまうじゃないか。今を生きる瞬間的な財を生み出す労働以外のものが無価値となってしまうことは、逆に言えば貧しいものにとって有利なことではないのか。

 住居を失う多くの派遣社員や期間労働者のために、多くの公営住宅の空き家などが提供されることとなった。しかし、それらの空き家はなぜこれまで放置されていたのか。今日本中には700万戸の空き家が存在するという。資本主義の世界で、なぜこんなに供給過剰なのに価格が下がらない商品が存在するのか。それは一種の欺瞞である。家賃の相場はもっと下がるべきだし、住宅価格はもっと暴落してもいい。しかし、本当に暴落させれば固定資産税は減少するし、銀行は融資がみんな担保不足になってしまうから下げるわけにはいかないのだ。余ってるのに価格が下げられないということが、今の歪んだ状況を生み出してるのである。

 もしも土地価格を極限まで下げればどうなるのか。都心に1時間で通勤できる一戸建ての家が500万くらいで買えるようになり、都心のマンションが600〜700万、ワンルームの家賃が1万円くらいになればどうなるのか。多くの人たちが家を買うために費やすゼニは大きく減少するわけで、そうすると余ったゼニをじゃんじゃん消費に回せるようになる。旅行にも行ける。車も買える。いや、何よりも大事なのは「少ない収入で暮らせるようになる」ということなのだ。共働きする必要がなくなる。そんなにたくさん稼ぐ必要がなくなるからである。どこの家庭でも「お母さんが家にいる」ようになる。(中にはお父さんが主夫として家にいる家庭もあるだろうが)これまで崩壊する一方だった家庭を救うのである。オレが幼い子どもの頃は300万円で家が買えたという。初任給が3万円の時代だった。そのころ、友人の家に遊びに行くと必ず母親が家にいた。共働きなんかする必要はなかったのだ。

 不景気でモノが売れないようになったとき、みんなの収入が減ったとき、衣食住の中で何を一番最初に犠牲にしたらいいのか。外食を減らし、おかずを減らしというふうに食費を削っていき、服を新調するのをやめてしまっても、家賃はちっとも下がらない。そう、この不景気の中でも家賃や住宅ローンの支出水準というのはほとんど変わらないのである。突出してその部分で貧しい人々は搾取されているのだ。そんな状況はおかしいとオレは思うのである。なぜここが下がらないのか。それは、そこから搾取する側の金持ちたちが手厚く保護されているからである。その状況をこそ打ち破らないといけない。そこに集う金持ちたちの富を剥奪しないといけないのだ。

 余った公営住宅をどんどん無償提供して「貧しい者たちは家賃タダ」という原則を推し進めれば、賃貸住宅の世界に価格破壊がはじまるだろう。そして「タダで住めるのにどうしてゼニを払って買うのか?」とみんなが疑問に思うようになれば今度は住宅価格も下がり始めるだろう。今はその流れを作り出すチャンスなのである。しかし、そんなことを政治家たちは誰も考えてない。だったらどうすればいいのか。オレが考えているようなことを党是にした新政党を作り、その政策を推し進めることしかない。いわゆる無産階級革命みたいなものである。

 既存政党の中では共産党がその考えにもっとも近いのかも知れないが、どうもあの党の方々が市場経済の本質を理解しているとは思えないから期待する方が無駄である。いくら「蟹工船」が読まれてるからといって、共産党が次の政権政党になることを期待する方はほとんどいないだろう。

 ただ、恐慌がどんどん進んで、土地価格や家賃を高止まりさせていることが現実問題として不可能になったとき、金持ちたちが不景気に耐えきれなくなったとき、そのときがこの無産階級革命のチャンスなのである。オレは今発生している世界恐慌というのは大きな下克上のチャンスだと思うし、持たざる者と持つ者の地位が逆転する可能性を秘めたパラダイムの転換点だと思っている。

 このまま恐慌を軟着陸させて経済を立ち直らせるべきではない。徹底的な破壊の後にしか真の再生はない。中途半端な形での景気対策によって、日本は大きなリセットのチャンスを失ってしまうのだ。オレはそれを憂うのである。今こそ勇気を持って政府はすべての経済対策を放棄すべきである。「なにもしない!」ことを宣言し、その結果衣食住すべてをなくす人々に対してだけ最低限の援助を行うという政策に転換するのだ。そうすればどれだけ多くの企業が倒産するかわからないし、どれだけ景気が低迷するのかもわからない。しかし、国民の最低限の生活だけは守ってやるのである。企業のCPを20兆円の枠で買い入れるなんてくだらないことをする前に、そのゼニを国民が餓死しないようにするために使うべきである。長いトンネルを抜ければ必ずそこから再生できるだろう。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2008年12月30日(火) 偽造プリペイドカードを作ったのは誰だ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。 ニコッとタウン申し込みありがとうございます。みなさんログインされたら江草乗を検索してくださいね。


 紙幣を偽造するのはなかなか困難である。北朝鮮みたいに偽のドル札を作ってしまう国家もあるが、ドルみたいな粗悪な紙質の紙幣だから偽造できるのであり、日本円の紙幣の偽造はかなり困難である。しかし、もっと簡単に偽造できるものがある。それがプリペイドカードである。関西では「スルットKANSAI」という私鉄と地下鉄で使用できる磁気を用いたプリペイドカードがある。Suica・ICOCA・PiTaPa・SMART ICOCAなどはICカード系である。なぜこの2種類を分けたかというと、ICカードは偽造が困難だが、磁気カードは比較的たやすく偽造できるからである。だからこういう事件が起きるのである。

大阪市交通局の乗車カード 偽造19枚見つかる2008年12月29日23時5分
 大阪市交通局は29日、プリペイドカード式の乗車券「レインボーカード」の偽造カードが19枚見つかったと発表した。いずれも額面は5千円。26〜29日に大阪市内などの計9駅に持ち込まれ、正規のカードに交換されていた。同カードの偽造が発覚したのは初めて。
 レインボーカードは市交通局が発行する磁気カードで、関西の私鉄でも使える。市交通局によると、28日午後8時ごろ、地下鉄梅田駅に「私鉄の券売機で切符を買えなかった」と若い女性から申し出があり、不良カードと判断して新しいカードと交換した。その後、カードの字体などが正規のカードと異なることに駅員が気づいたという。その後、大阪市、京都市、奈良県香芝市にある大阪市営地下鉄、阪急、近鉄の計9駅からも偽造カードが見つかった。図柄はすべて地下鉄の路線図で、正規のカードの磁気情報を抜き出し、複製した可能性が高いという。同カードの07年度の販売枚数は約700万枚。


 今回見つかったのは19枚ということである。19×5000円=95000円である。こんな少額の利益で偽造者たちが満足するだろうか。これだけしか利益がないなら、そのために用意した機材などのコストを下回ることになる。だから絶対にこの偽造カードの総数が19枚ということはありえないとオレは思うのである。そして見つかった場所が広範囲に散らばってることもまたその可能性を高める。犯行グループはバレないように周到に広範囲でそのカードを使用しているのに違いないとオレは予想するのだ。

 デジタル情報はコピーされることで全く同一のものが複製できることになる。今回発見されたものはカードの字体などが異なるからわかったということだが、もしも字体が異ならないように精巧に作られていたらどうだったのか。本当に偽造カードはすべてチェックされていたのか。見つからずにすでに使われたカードもいっぱいあるはずである。少なくとも「するっとKANSAIカード」が偽造された事件は今回が初めてであり、駅員の側に「偽造カードが存在するかも」という想定は最初からなかったのである。また、自動改札機が読み取るのはおそらく磁気情報だけであり、カードの図柄まで見ているわけではない。だったらなおのこと、他の偽造カードは見つかっていない可能性が高いのである。このカードがばれたきっかけは駅員がカードを実際に確かめたからであり、駅員の目に触れない自動改札通過時にバレる可能性はなかったということになる。偽造カードが機械しかだませないということを裏返せば、機械だけなら確実にだませるということに他ならない。

 せっかく偽造しても、そのカードが「電車に乗れる」だけなら使用価値しかない。そこからゼニを手に入れるためには、どこかの金券ショップに売りさばくか、駅で正規のカードに交換させてから金券ショップに売るか、駅で払い戻しを受けるかということになる。今回は正規のカードに交換させるという手法をとったためにバレたのだが、もしもその偽造カードが「自動改札を通過する」という目的のためだめに使用されているならば、バレなかったはずである。またオレが犯行グルーウで現金を手に入れたいのならば、その偽造カードを「闇の割安カード」ということで、額面の8割くらいの値段で売りさばくだろう。

 日本橋に行けば、法律違反のものを売ってる移動ショップがたくさんある。海賊版のソフトを1本1万円均一で並べた露天商もある。イラストレーターもフォトショップもオフィス2007もみんな1万円で買えるわけないのだが、そういうものが堂々と売られているのである。映画のDVDも激安である。おそらく隠し撮りで作成したものだろう。そこにこの「偽造スルットKANSAI」を並べれば確実に売れるだろう。あの露天商から商品を買う客は、みんなその商品が「違法」であることを承知の上で買ってるのである。犯罪行為を助けるパートナーみたいな者である。捕まるまでに大量に売りさばいて荒稼ぎしてしまえばいいのである。

 偽造カードは何枚見つかるのだろうか。オレの予想では1万枚は出回ってるのじゃないかと思う。それくらい作らないと犯行グループは儲からないだろう。そして、この被害はいったい誰がかぶるのか。カードが使用できる私鉄と地下鉄折半すべきなんだろうか。

 偽造されたカードが何枚存在し、どんなルートで流通したのか現時点ではまだわからない。オレの想像する最悪の事態ももしかしたら起きていたのかも知れない。これからその事件解明の成り行きに注目である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。  投票博物館

2008年12月29日(月) きみはニコッとタウンを知ってるか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 オレがメールのやりとりに使っている@niftyかわいいアバターでおしゃべりできる!新仮想空間≪ニコッとタウン≫というサービスが9月から始まった。登録会員はもう9万人を超えたという。アメリカではじまった「セカンドライフ」というヤツが以前に話題になったが、類似のサービスが他にも登場し、このニコットタウンというのもその一つである。いちおうオレは@niftyを昔から利用してきているので、ちょっと商売のお手伝いをして貢献しようと思っている。

 実はオレもひまつぶしに登録したのだが、かなり面白くてハマってしまっている。この「ニコッとタウン」を楽しむのに必要な無料コインは簡単に貯まるからである。ブログを一行でも書けば100コイン、服を着替えれば10コイン、タウンに行けば50コインというふうに貯まるのである。スロットマシンはなぜか必ず勝てる設定になっていて、長時間やってるとかなり資金が増える。そうしてどんどんコインが貯まるのである。きっと今はキャンペーン期間だから貯めやすいのだろう。これから会員が増えればコインバランスも調整されて簡単には稼げなくなると思う。

 大富豪や七並べ、ババ抜きなどのトランプゲームもある。それらのゲームは今のところ参加者の対戦型ではなくて一人プレイ、つまりコンピューターとの対戦型となっている。大富豪なんてろくな駆け引きもなく、決まったパターンでコンピューターがカードを出してくるから簡単に勝てる。きちっと頭を使って戦略を立てれば必ず勝てるのだ。だから知的ゲームの場として利用するのもいいだろう。もっともただのトランプゲームだから楽しめればそれでいいのである。遊んでいてどんどんコインが貯まるのだから面白い。

 そうやって貯めた無料コインで新しい服を買って着替えたり、インテリアを購入して部屋を飾ったりできるのである。いくつかの部屋を覗いて回ったが、どうやってこんな部屋にできるのか!と驚いたものもあったのである。オレも研究してセンスのある部屋にしたいと思っている。

 この新・仮想生活≪ニコッとタウン≫の意外な遊び方としては、自分の友人と一緒にログインして、お互いの部屋を訪問して2ショットチャットをするというコミュニケーションツールとしての使い方がありそうだ。もっともそれは意外でも何でもなく、当初から考えられてきたものかも知れない。アバター同士がおしゃべりしたりする機能を活用すれば、そうやって楽しめることが容易に予想できる。またそこで意気投合したカップルがおたがいのメアドを交換して、リアルの出会い系として活用することも可能なのである。もっともオレはそういうことには全く興味がなく、もっぱらスクウェア・エニックス提供の新感覚のパズルゲーム「クローリアン」に熱中しているのだ。すばやさとそれから瞬間的な判断力を要求されるこのパズルゲームは奥が深い。なかなか最後までクリアできないが。きっとこのお正月休みのうちには達成できるだろう。そういう知的ゲームが息抜きにちょうどいいのである。

 もちろんこのサービスを提供している側も利用者が全くゼニを使わなかったら話にならないわけで、ちゃんと有料コインでしか買えないアイテムが存在する。ただ、それらはそんなに高価ではない。200円とか300円という値段である。もっともこれだけ多くの参加者がいると、それらを購入するも人もきっと出てくるだろうからちゃんと商売になるのだろう。これからこの世界が育っていって、参加者が増える中でもっと高価なアイテムも登場するのかも知れない。

 オレはこのニコッとタウンに「江草乗」という登録名で参加している。もしもオレがログインしている時間帯にたまたまこのゲーム内で出会ったら、そのときは気軽に「日記読んでいます!」と声を掛けて、ついでにオレの「ステキ」ボタンを押してくれ!お気に入りにも登録してくれ。実はオレのステキ度はちっとも上昇しないのである。もっともオレのような中年のオッサンがステキなわけもないのだが、他の方がみんな300や400という数値なのに、オレだけいつまでも50にも届かないというのは悲しすぎるのである。

 ちなみに、スロットで貯めたコインでオレの部屋は今こんな感じである。




↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月28日(日) ああ、プリンター突然死!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 もうとっくに元旦に間に合う期日は過ぎたのに、オレはまだ年賀状をちゃんと完成させられずにいたのである。それで今日は頑張って住所録データの整理をして、さあ印刷だと思ってプリンタを動かしたとき、なんと変な音がして紙が引っかかるのだ。オレの愛用しているプリンタはもう10年近く使っているエプソンのPM760Cである。発売されたときは高性能な写真画質で人気だったが、今はあまりの遅さに泣けてくるような状況だ。写真入りのハガキを印刷するのに一枚2分くらいかかってしまうのである。それでも「印刷コストは安い」「写真がきれいに印刷できる」ということで我慢しつつ使ってきたのだが、年賀状を200枚印刷するなんてときはそれこそ徹夜の作業になってしまうのである。そんなプリンタを「壊れていないから捨てられない」ということで使い続けていたのだが、なんとそれがこんな大事なときにご臨終してしまったのである。異音の原因は壊れた部品が引っかかっていたからであった。




 ああ、なんてことだ。オレは倉庫にしまってあったもっと古いPM600Cという10年選手のプリンタを出してきた。しかし、それは無情にも動かなかった。どうしたらいいんだ。わが家にはもう一台、コピー機がわりに使ってるCC−570Lというプリンタがある。それで印刷することも可能だ。しかし、印刷コストが異常に高い。こんなので大量印刷したくない。

 オレは時計を見た。午後7時50分である。まだ北花田のアウトレット店は開いている。オレはクルマを飛ばして店まで行って新しいプリンタを買うことにしたのである。オレも使うし妻も使うわけで、この時期にプリンタがなかったら大変である。だったら新しいのを買うのが一番である。

 10分ほどで店に着いた。さっそくプリンタを見る。買うとしたらCANONかEPSONかの選択になるのだが、最近はEPSONの勢いがなくなって、CANONの方が人気である。それだけ性能がよいからCANONに流れるのだろう。しかし、オレはこの日記でかねてからCANONの御手洗会長を罵倒してきた。そんなオレがここでCANONを選ぶわけにはいかないのである。孔子が「渇しても盗泉の水は飲まず」と語ったように、オレも「窮してもCANONは買わず」である。意地でもCANON製品を買うわけにはいかないのだ。こんなところであの便所野郎を喜ばせるわけにはいかない。だからオレはCANONには目もくれずにEPSONのプリンタを選んだ。

 セイコーエプソン マルチフォトカラリオ PX-A640という複合機が7900円で売られていた。上位機種の740も同じインクを使う仕様になっているということは、印字品質も同じなのだろう。だったらこれで十分である。印刷する写真が確認できる液晶画面なんかいらない。これはパソコンを使わないでSDカードなどからダイレクトに印刷したい人向けの機能なんだろう。オレには不要だ。だったら一番安いので十分だ。弱点といえば写真印刷の遅さである。L判一枚が69秒とある。速いプリンタではそれが15秒になっていた。しかし、印刷が4倍の速さの分、値段も4倍くらいしていたのである。世の中にはその速さに価値を感じる方も多いだろう。しかし、そんなものオレには関係ない。印刷を待ってる間に他のことをすればいいだけである。そういうわけで、オレはこの7900円ののろまなPX−A640を選んだのである。それにしても北花田のこの上新電機ピットワン・アウトレットという店は安い。帰宅してから同じプリンタの価格をアマゾンで検索してみたら9480円もしていたのである。1500円も安く買えたことになる。

 年に一度年賀状印刷をする以外はほとんど写真なんか印刷しない。枚数が少ないから速さは必要ない。そんなオレには一番安いプリンタで十分だ。そういうわけでこの選択をしたのだが、それでもプリンタそのものが進歩しているわけだから十分だろう。

 帰宅してさっそく箱から出して、パソコンに接続して年賀状印刷の作業を再開した。まず宛先の一覧表を出して、そこで出す相手の確認を丁寧に行って、住所の変更の漏れがないかなどを確かめ、住居表示変更や喪中ハガキをもらったところを再度チェックしたりしてやっと一覧表が完成し、それと照合しつつハガキの印刷だ。裏面の写真部分はまだ存命中だった時にPM760Cが最後の仕事として印刷してくれていたので、残った作業は宛名だけの印字である。それを無事に片づけつつ、オレはまだ日記を書けてないことに気がついて、その日記の記事に今回のプリンタ購入の顛末を書くことにしたのである。それにしてもどうしてこんなときに突然死するんだ。せめてあと一週間生きていて欲しかったのである。ありがとうPM760Cくん、きみが長いこと現役で働いてくれたおかげで、毎年毎年年賀状の印刷にとてつもなく時間がかかったぜ。新しいPX−A640くんも印刷の速さはあまり期待できないが、遅いのには慣れてるから大丈夫だぜ。

 そうそう、古いプリンタを廃棄するのに、もったいないのは未使用のインクである。手元にPM760用のカラーインク1本(2個入りのハコから一個使用)、黒インク2本(ハコが未開封)が余ってるのである。誰かこれをもらってくれる人はないか?捨てるのはもったいない。誰かそんな古いプリンタを使ってないだろうか。ついでに言うならもっと古いPM600Cも死んでるのである。こんな古いプリンタを使ってる人はもう絶滅したと思うが、それに使ってる黒インクも2本余ってるのだ。誰か使う方はいませんか?商品の型番だが、黒はMJIC7、IC1BK02W(未開封二個入り)、カラーはIC5CL02Wである。送料ももったいないという方はもしも松原市内在住なら、河内松原とか天美とかで待ち合わせて手渡し可能である。買うなら2000円くらいするものだけに使わないとモッタイナイ。連絡をお待ちしています。ヤフオクとか出せば売れるかも知れませんが、面倒くさいので無料で差しあげます。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月27日(土) エコキュートにだまされるな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 省エネにつながることは無条件に美徳であると誤解を招くようなテレビのCMを見るとオレは気分が悪くなる。たとえばトヨタ自動車の宣伝する「エコ替え」(燃費のいいクルマに乗り換えを推奨すること)だが、古いクルマをていねいに長く使う方が資源の無駄にならないわけで、まだ使えるクルマを廃車にしてしまうそんなひどいものはエコでも何でもなくただの浪費なのである。

 そうした省エネ製品の一つが、電力会社の推進するエコキュートである。「空気の熱でお湯が沸く」というのはオレにはどうもよくわからないのだが、それでも北海道でもこれを導入している家があるそうだからきっと外気温が低くてもなんとかなるのだろう。しかし、その導入時の初期費用がとんでもなく高いらしい。100万円以上すると聞いてオレはびっくりした。いくら光熱費が安くなるとしても、100万円を取り返すのにいったい何十年かかるのか。そんなことなら急いで導入することなどないし、10年後にはもっと画期的なものが開発されてるかも知れない。家庭用の燃料電池で給湯しつつ電気を作るようになってるかも知れないわけで、そんな巨額の設備投資をしてもちゃんと回収できるかどうかは疑わしいのである。

 そのエコキュートの販売時には、かなり強引な訪問販売や、詐欺のようなやり方の販売がまかり通っているらしい。オレはこの新聞記事を読んで激しい怒りを覚えたのである。アサヒコムの記事を引用しよう。

エコキュート、設定にご注意 省エネ効果少ない場合も2008年12月26日3時0分
 電力各社や電器メーカー各社が販売に力を入れている最新型の電気給湯システム「エコキュート」。省エネ効果が大きく、低コストというのがセールスポイントだ。しかし、適切に設定しなければ、十分な省エネ効果が得られないことが検査機関の分析で分かった。100万円を超える商品もあり、トラブルも増えている。
     ◇
 エコキュートは空気をポンプで圧縮すると生じる熱で湯を沸かすシステム。電気はポンプを動かすために使われる。コロナ(新潟県)やパナソニック電工(大阪府)など12社が製造。10月末の累計出荷台数は150万台を超え、電力会社などによると、普及率は5%近いという。
 各社のホームページやパンフレットでは、少ない電気エネルギーで大きな給湯熱量を得られるなど従来型の電気やガス温水器よりも省エネ性能が高いことを強調。深夜の安い電力を使える「コストの低さ」も売りにしている。
 ところが、国土交通省所管の公益法人「建築環境・省エネルギー機構」が、複数社の製品で実験した結果、工場出荷時の設定のままでは、宣伝ほどの省エネ効果が得られず、ガス湯沸かし器と大差ない機種もあることが判明した。
 各社によって多少異なるが、設定は(1)大量使用時(2)標準(3)省エネ、の3種類程度切り替えられる。省エネ設定だと、ため置きする湯量が少なく、急にお湯が必要なときに足らなくなる可能性があるため、出荷時に標準設定にしているメーカーが多かった。
 同機構は今年5月、メーカーに対し、初期設定のままでは省エネ効果が十分でないことがあることを購入者に十分説明するよう要請。これを受け、各社はこれ以降の販売分については、標準ではなく省エネ設定で出荷するとともに、ホームページや取り扱い説明書で切り替え方法を知らせるようになったという。
省エネ設定の呼び方は統一のものはなく、メーカーによって異なるため確認が必要だ。     ◇
 一方、広告の表現や、訪問販売などが問題となるケースが増えている。
 九州電力の「ガスよりも電気が1年で最大約10万円安い」「30年間で約300万円がお得」などと書かれた広告について、公正取引委員会は10月、「購入費や設置工事費を含めると、そこまで安くない」などと不当表示を認定。同社に排除命令を出した。
 国民生活センターによると、07年度の電気温水器の訪問販売に関する相談は1343件で、03年度の200件の6倍以上。08年度も9月末までに、前年同期比で1.8倍の688件が寄せられた。エコキュートは、これらの約半数を占めるという。
 エコキュート導入に対し、経済産業省は補助金制度を設け、家庭用は1台あたり4万2千円を助成している。しかし、08年度分については募集が終わったという。
 静岡県の60代の女性は5月、訪問販売業者に「補助金の申請枠があと少しで定員になる。今日でないとダメだ」と粘られ、約173万円の契約を結ばされたという。
 6月には愛知県の40代の男性が「明日までなら初期費用がかからない」、7月には大阪府の30代女性が「電気代とガス代が安くなる。13年分の差額で買える」などと告げられ、それぞれ100万円前後の契約を結ばされたという。
 国民生活センターは、導入する場合は、数社から見積もりをとって、光熱費が安くなる場合の条件の説明を求めるよう助言している。(高田英、茂木克信)


 オレはこのエコキュートというシステムの導入に、100万ものゼニが掛かるなんてことは今回の新聞記事で初めて知ったのである。そんなに高価なシステムならば、よほどのメリットがないとわざわざ導入する人もないだろう。だから押し売りのように訪問販売で、良く理解できないお年寄りとかにだまして売りつけようとするのだろう。

 光熱費が1年間で10万円安くなるとしても、設置に100万円かかるのなら取り戻すまでに10年掛かることになる。しかし実際は10万も安くはならないわけで、そうなると15年も20年も掛かることになり、そのうちに設置した機器の耐用年限が来たり、故障したりする。そうなるとまた新しい機器を購入することになり、結局またしてもゼニが掛かることになる。わが家には太陽熱温水器が設置してあるが、ずいぶん昔に故障してそのまま放置してある。ガス屋に勧められて設置したのだが、屋根から取り外すにもゼニが掛かるわけで新しい機械に取り替える予定はない。設置から撤去までのトータルコストで考えれば実際は損だったような気がする。そういうことがあるからだまされてはならないのだ。電機屋が本心から「こっちにした方がお得です」と思ってるわけではない。連中は設備一式を販売してそれで稼いでるのである、ウソ八百並べ立てて相手をだまして売りつければ勝ちである。だからじゃんじゃんお年寄りをだますのである。彼らの本音を語るなら「こっちにした方が(我々はもうかって)お得です」ということなんだろう。

 それにしても「今日でなければだめだ!」などと粘る業者は押し売りと一緒である。そんなふうに勧める業者にろくなヤツはいないだろう。

 何で暖房するのが一番安いのか。それはおそらく石油ストーブやファンヒーターなのだろう。だって寒い北海道に行けばみんなファンヒーターや石油ストーブを使ってるじゃないか。もしも電気で暖房する方がコストが安かったらそっちを使うだろう。原油高で一時はめちゃんこ高かった灯油価格も落ち着いてきた。今の価格ならば電気よりもずっと暖房コストは安いはずである。わが家は灯油代を一ヶ月に1万円ぶんくらい使うが、夏のエアコンに掛かる電気代は3万円くらいである。もしもエアコンを暖房用に使えば夏と同じくらいに電気代がかかるだろう。そうやって比較すると、明らかに灯油による暖房の方が低コストであることがわかる。

 このエコキュートという仕組みは正しく使いこなせたらすばらしい仕組みなのかも知れない。しかし、そのコストに関してちゃんと客に説明されてるとは思えない。九州電力の「30年で300万円お得」というのはどう考えても誇大広告である。その300万円から機器の設置費を引けば、お得な金額はかなり減少するはずだ。それをきちっと説明しないのは詐欺の一種である。

 電力会社は少しでも多くの電気を顧客に使わせたいわけで、原発を建設して大量に作りまくった電気をとにかく売りたいのである。だからあの手この手で電気を使わせようとするのだ。オール電化を推進するのもその一環である。しかし、必ずしもそれが本当に省エネなのかどうかはわからない。




 それにしても100万円近い買い物になるこのシステム導入に対する国の補助金がたったの4万2000円しかないわけで、それではたいした効果はなさそうだ。そして、お年寄り相手に詐欺まがいの商売をしてる業者に対して、その補助金を適用しているとしたらこれは大問題である。実際にはどれだけ苦情が発生しているのか、それをきちっと国は調査すべきだろう。テレビCMの中に「誇大広告」の部分があればきちっと指導すべきである。さきほど中部電力のWEBサイトでエコキュートを調べたが、電力各社がこの普及に力を入れているのはよくわかる。売上高のアップにつながるからである。30万円の羽毛布団を売るために詐欺商法で老人をだますように、100万円のエコキュートを売るために老人をだますなんらかのマニュアルが存在してるのじゃないかとオレは憶測してしまうのである。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月26日(金) マクドナルドが雇ったサクラ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 もう10年以上前のことだが、大阪・梅田の茶屋町に「まぐろ亭」という店があって、食べ放題のシステムでかなりの人気店だった。そういうわけでオレも行ってみたのだが、回転寿司のレーンにろくなネタが流れてこない。マグロなんか皆無である。ゲソばかり流れてくるので「ゲソ亭」に改名したらどうかと思ったぜ。あと、団子とかどうでもいいものはどんどん流れてきた。他の客が食わないからである。そういうわけでオレは腹を立てて店を出たのだが、店の前には相変わらず長蛇の列ができている。オレは一緒に行った友人と大きな声で「マグロなんか全然流れてないよなあ。」「こんなに並んでてかわいそうや」と文句を言ったのである。「まぐろ亭」が破産して民事再生法での再建を申請したのはその半年後だったか。そんな汚い商売やっていたらつぶれるよ。

 なぜ「まぐろ亭」に長蛇の行列ができていたのか。それは「ろくなネタが流れてこないのでなかなか食べられない」ことによって客の滞留時間が長くなり、結果的に席が回転しないということだった。

 食べ物屋の中にはこのように「わざとシステム上の欠陥を発生させて客が行列になるようにし、それを一種の広告塔として利用する」という卑怯な店が少なからず存在する。オレが行列のできている店をあまり利用したくないのは、たかが食い物のために並んでまで待ちたくないことと、そんな状態になっているのを放置している店の側の悪意を思うからである。あと、混雑する時間をできるだけはずすという自分の側の工夫も必要だが。

 さて、関西では「マクド」と呼ばれるマクドナルドに新メニューが登場した。「クォーターパウンダー・チーズ」というその新メニューは、ただハンバーガーのビーフパティ(牛肉部分)が従来の2・5倍になったというだけである。佐世保バーガーとかが全国展開してくる中で、競争相手に負けないようにと出してきただけであって、そんなばかでかいものは日本人にはなじまない。アメリカ人のように巨大な胃袋を持っていれば別だが、すべての日本人をデブにする気かとオレはこういう商品に対しては批判的だ。ただ、今回の批判はもっと別のことに対してである。それは行列という演出が「やらせ」だったことに対する怒りである。産経新聞のWEBサイトの記事を引用してみよう。

マクドナルドがサクラで行列演出? 新商品先行販売で 2008.12.25 22:37
 日本マクドナルドの新作ハンバーガーの近畿先行販売が御堂筋周防町店(大阪市中央区)で始まった23日、同社側が雇ったアルバイトが行列に加わり、商品を購入していたことが25日、分かった。客の長蛇の列が話題になり、同社はこの日の同店の売上高が1店舗としては過去最高を記録したと発表していた。同社は「意図的に行列をつくるつもりはなかった」と説明しているが、消費者らからは作為的な話題作りとの声もあがっている。
 先行販売されたのは、ハンバーガーのビーフパティ(牛肉部分)が従来の2・5倍になった新商品「クォーターパウンダー・チーズ」。23日にプロゴルファーの上田桃子さんらを招き大々的にPR。店前には徹夜組も含めた長蛇の列ができ、1日で約1万5000人が来店、1店舗の店舗売り上げ高としては過去最高の1002万円を記録したと発表していた。
 同社の説明によると、アルバイトは同店のサービス内容やこの商品に対する客側の反応を調査する目的でマーケティング会社に依頼。この会社が大手派遣会社「フルキャスト」に、キャンペーンスタッフの名目でモニター募集を要請していたとしている。
 フルキャストが行ったアルバイト募集は「楽チン!新商品を並んで買って、食べるだけのお仕事!」とし、新商品発売に伴い、支給されたプリペイドカードで、飲食店で商品購入を行う内容。雇用されたアルバイトは約1000人で、このうち約300人がハンバーガーの味や接客などに関して5段階で評価するアンケートに答えていた。時給は1000円だったという。
 日本マクドナルド・コミュニケーション部は「モニタリングは“サクラ”ではなく、故意に来店者数を操作する意図はなかった。1000人分の売り上げは50万円ぐらいなので、それを差し引いたとしても、過去最高の記録は覆らない」としている。
 一方、アルバイト派遣を請け負ったフルキャストは「あくまで新商品を購入してアンケートに答えるモニタリング調査だった」としている。
 25日に同店に客として訪れていた大阪府東大阪市の男性会社員(22)は「話題作りをしようとしたのだろうが、バイトがいたなんて信じられない。お金を払って買ったのがばからしい」と話していた。
     ◆
 テレビプロデューサーでタレントのデーブ・スペクターさんの話 「マックは安価で量も多く不況に強いファストフードなのだから、こんなことまでして売り出す必要はなかったはず。後から『ギャグでした』と公表するつもりだったら許せるけど、子供にも人気があるんだからやっぱりうそはいけない。マックを愛する僕にとっても非常に悲しい話だけど。それでも僕は行くつもりだけどね」
 企業会計に詳しい宮本勝浩・関西大学大学院教授(理論経済学)の話 「モニタリング調査は何十人かを事前に募集して商品を試してもらいアンケートなどに答えてもらうやり方が一般的で、今回のフルキャストの手法は正しい調査とはいえない。1000万円という売り上げを大々的に宣伝しており、かなり作為的で信用を失墜させる。マクドナルドの今後の売り上げにも影響しかねない」


 初日1000万円の売り上げで記録更新と宣伝しておきながら、その店に来た客の中にゼニで雇われたサクラが大勢いたのだから実に卑怯なやり方である。しかもそのサクラが並んでることが一つの広告塔であり、集客効果をもたらしたわけでなんと卑怯な戦略なのかとオレはあきれるのである。1万人の来客のうち、1000人は人材派遣のフルキャストを通じて送り込まれた時給1000円のアルバイトだったのだ。このアルバイトたちは、渡されたプリペイドカードを使って飲み食いして、アンケートに答えればいいだけという夢のようなバイトなのである。趙ラッキーなのである。こんな美味しいバイトがもしも存在したら学生時代のオレはどんなに喜んで出かけただろうか。しかし、通常の客としてその店に買いに来た側としてはこんなことは断じて許せないのである。

 迷惑を受けたのは他の客である。行列の長さはサクラのせいだったのか。なんでオレはあんなに長時間待たされたんだ。たかがハンバーガーのために並んで待たされたオレの時間を返してくれ!と怒りたくなるだろう。

この件に関する日本マクドナルド側の回答は突っ込みどころ満載である。

「モニタリングは“サクラ”ではない」
「故意に来店者数を操作する意図はなかった」
「1000人分の売り上げは50万円ぐらいなので、それを差し引いたとしても、過去最高の記録は覆らない」


 オレはこの言い訳に対して「ふざけるな!」と言いたい。客の中に会社から雇われてタダで食える客がいれば、それはサクラ以外の何ものでもないじゃないか。そんなことするのなら客全員にタダで食わせろ。「故意に来店者数を操作する意図はない」だと。ふざけるな!来客を増やすためにもっとも有効な手段が、行列を演出して「混んでる」という状態を人為的に作り出すことじゃないか。それでも「操作していない」なんてよく言えたもんだぜ。「過去最高記録」は覆らないのか。それはたとえば金メダルを剥奪されたベン・ジョンソンが「筋肉増強剤の効果は0.03秒ほどであり、それを差し引いたとしても自分の世界記録は変わらない」と主張しているのと同じである。サクラを使って出した記録など全く意味がないどころか無効であり、そうやって水増しした成果を大々的に宣伝することで自社株の値上がりを狙っているIR詐欺みたいなものじゃないか。

 マクドナルドはジャスダックに上場している。このサクラを使った売り上げ水増しというのは架空の売り上げを計上して利益を水増しする粉飾決算と本質的には同じ行為である。そうしたやり方を行っている企業に対して、投資家保護の立場からもジャスダックは毅然とした処分を行うべきだろう。少なくともこれがお咎めなしということならば、企業は売り上げを水増しすることがやりたい放題ということになってしまう。

 こんな卑怯なやり方で客を増やそうとするマクドナルドなんかに行くなよ。少なくともその当日に御堂筋周防町店で長蛇の列を並ばされたすべての客は、そうして自分が待ち時間として失った時間に対して賠償を請求する権利があると思うのである。その日の客が不必要に長時間並ばされた時間に対して、マクドナルド側は誠意を持って賠償すべきである。最低でも待ち時間一時間に付き2000円だ。サクラの時給が1000円ということだからこの迷惑料はその倍額が相当である。





↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵投票博物館もよろしく。

2008年12月25日(木) お母さん、どうしてもわたしを病気にしたいの?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。投票博物館では過去の投票をごらんになれます。コメントにもなかなか面白いものがあります。


 児童虐待とよく似た行動、つまり我が子を傷つけたり病気にしたりする行為を行う精神疾患に代理ミュンヒハウゼン症候群というのものがあるという。なんでも病気の我が子を献身的に看護するいい親を演じたいからと、わざと我が子を傷つけたり病気にしたりするというとんでもない行動をとるのである。そんなとんでもない母親が捕まった。産経新聞の記事を引用しよう。

【腐敗水点滴】「これまでにもやった」 五女は入院後に感染症2008.12.25 00:04
 入院中だった1歳10カ月の五女の点滴に腐敗した液体を混入したとして、殺人未遂容疑で岐阜県関市の無職の女(35)が逮捕された事件で、五女は11月27日に胃腸炎で同県内の病院に入院し、直後から重い感染症を起こしていたことが24日分かった。今月2日に五女を受け入れた転院先の京都大学付属病院(京都市左京区)は「何らかの人為的な混入があり、感染症にかかったのではないか。転院時にはすでに重い症状だった」としている。
 女は京都府警の調べに「これまでにもやった」と供述しているといい、府警は、女が以前から同様の行動を繰り返していた疑いがあるとみて調べている。
 京大病院によると、五女は転院後の検査で通常は血液中に存在しない複数種の細菌が検出され、症状が悪化したため7日から集中治療室(ICU)に入った。
 一方、五女の転院直後から女の行動に不審な点があったため、病院側が11日に府警に連絡。12日以降、ICUのビデオカメラの映像を録画し、注意を払ったところ、22〜23日に、女がカメラに写らない角度で点滴につながる管を隠し、五女を抱きながらポケットから物を取り出す様子を確認。府警が事情を聴いたところ注入を認め、所持品から複数の注射器が見つかった。
 女は、1日2回の面会時間には必ず訪れ、五女を長い時間抱くなど熱心に看病し、離れたくない様子だったという。府警は、女が、子供などをわざと傷つけて看病するような行動がみられる「代理ミュンヒハウゼン症候群」だった可能性があるとして、動機や経緯を慎重に調べている。


 怪しいと思った病院側が監視カメラを仕掛けて、それでもこの母親は監視カメラに映らないようにと工夫して点滴に異物を混入したのである。普通なら「怪しまれてるな」と思ったらやめるところだが、どうしてもその行為をやめられないような状況にこの母親はあったのだろう。つまり、やらずにはいられないという心の病気だったのだ。もう少しこの母親の家族の事情について触れた記事があったのでそっちも引用したい。

【腐敗水点滴】義父絶句「利発な嫁が、なぜ…」 2008.12.25 00:00
このニュースのトピックス:虐待
 「五女をかわいがっていたし、まったく信じられない」。逮捕された女と同居していた義父(73)は事件を知って絶句した。
 女は関市内の一軒家で、夫(49)と長女(13)、五女、義父母の6人で暮らしていた。
 女が岐阜県内の大学病院に駆け込んだのは11月27日。「(五女が)風邪をひいた」と訪れ、診察後に帰宅したが、五女の顔色が悪くぐったりしていたため、救急車を呼んで搬送。義父がどうしたのかと尋ねたところ「帰り道で気分が悪くなった」と説明したという。
 女は平成6年に夫と結婚。しばらくは子宝に恵まれなかったが、長女、次女と相次いで生まれた。しかし、次女は1歳半ぐらいから入退院を繰り返すようになり、13年にわずか4歳で死亡。次いで生まれた三女も2歳で亡くなった。次女を亡くしたころから、女は部屋にこもり、インターネットで病気のことを調べることが多くなっていった。
 義父母は当初別居していたが、次女の入院を機に、13年から関市内に2世帯住宅を建てて同居した。月1回は義父母も交えて食事をし、年1回程度は家族旅行もするような一家。女は家事もきちんとこなした上、大声で怒鳴ることもなく、子供たちをかわいがって育てていたといい、子供たちも母親のそばを離れないほど慕っていたという。
幼子が次々と亡くなったことで、義父母が「もう子供をつくらない方がよいのでは」と諭したこともあったが、夫婦は「長女を一人っ子にするのはかわいそう」と話したという。だが、四女も生後9カ月で死亡。家族の間では子供の成長の話をすることを避けるようになっていたという。
 事件について義父は「息子から説明を受けたが、本当に利発な嫁だったし、そんなことがあったとは夢にも思えない。息子も信じられないと言っていた」。長女には自ら説明したが泣き崩れたままだったという。
 一方、岐阜県中濃子ども相談センター(児童相談所)によると、これまで女の児童虐待が疑われたことはなかったという。石田公一所長は「もし、代理ミュンヒハウゼン症候群であれば、あまりないケース。子供の回復を待ちつつ、父親と相談しながら対処を検討したい」と話した。



 さて、誰もがここで不審に思うのは、長女と今回の被害にあった五女以外の3人の子たちがすべて死亡していることだろう。次女は4歳、3女は2歳、4女は生後9ヶ月で亡くなっているのである。「他の子どもたちも同様の方法で殺したのでは?」と疑われても仕方がない。

 オレが想像するのは、次女を看病しているときにこの母親はその「代理ミュンヒハウゼン症候群」になったのじゃないかということだ。全くの憶測だけれども、次女を「看病している母親である自分」であったときに得られた充実感や高揚感、それをもう一度手に入れようとして3女、4女を次々と病気にして結果的に殺害し、今度は五女にも同様のことを仕掛けたのではないかと言うことだ。

 では、この行為を殺人や殺人未遂として罰することができるのか?オレはかなりの厳罰主義だが、この母親の行為をそうして裁けるかどうかというとかなり疑問なのである。というのは、この母親は明らかに精神を病んでいるのであり、だからこそそんな危険な行動を取るのだ。彼女にとっての加害の対象は今回は子どもだったが、もしかしたらそれは夫や親に対して行われたかも知れない。少なくとも彼女自身が看護に関わる可能性のある人はすべて彼女によって傷つけられる可能性が存在したということなのである。そして彼女の行動の動機は屈折しているが、いちおう愛情の現れの一形態なのである。

 もしも自分の身内が全くいない世界なら生きていけるのか。いや、そこでもきっと友人を病気にして、「病気の友人を献身的に看護する人」という役回りを演じようとするだろう。そう考えればやはり誰かを傷つけなければならない宿命を背負った存在なのである。なんて恐ろしいことだろうか。

 自分の幼い妹たちを次々と殺したのが、実は母親だったという事実を知った時、長女はどんな気持ちになっただろうか。世の中にはこんな救いのない悲劇があるのか。その母親はふだんはやさしい母親の仮面をかぶってるのである。そのくせ、周到に準備した腐敗水を点滴に巧妙に混入する冷酷さを兼ね備えているのである。

 もしも自分がこの長女の立場であったならば、母親の犯した罪を許せるだろうか。自分の妹たちを奪ったその行為を決して許すことはないだろう。しかし、それでも唯一無二の母なのである。そんなとき、いったいどうやって接したらいいのだろうか。許すことによってしか相手を救うことができないのならば、やはり許さないといけないのだろうか。オレはやりきれない気持ちになるのだ。なんでこんなことするんだ。それしか言えないのである。

 オレがこの虐待を受けた子たちの父親だったとしたら、すぐにこの狂気の妻を追い出して、二度と家には帰らせないだろう。とっとと荷物をまとめて消え失せてくれと罵倒するだろう。そして自分が残された子たちを精一杯育てようと誓うだろう。しかしその狂気が自分へと向けられたらどうするだろうか。もしも妻が、病弱の夫を支える献身的な妻という役目を演じたくて自分を病気にするようなことがあるならば・・・オレは愛情というのものの意味がわからなくなってしまうのである。

 坂口安吾の小説 「夜長姫と耳男」の最後の場面で、耳男が夜長姫を刺した時、姫は「「好きなものは呪うか殺すか争うかしなければならないのよ」とささやく。この母親にとって自分の手で我が子を殺すことは、愛情の一つの完結だったのかも知れない。そう思うと本当にやりきれないのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月24日(水) 道路と間違えて線路を走ったクルマ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。 昨日の日記に投票ボタンを設置しています。一度ごらんになってみてください。投票結果のコメントも面白いですよ。江草投票博物館を設置しています。過去の投票のコメントなどもごらんください。


 正常な判断能力を失った者にクルマを運転させてはならない。オレはこのことを常に感じている。クルマというのは使い方を間違えれば凶器になるからだ。それも大量殺人を可能にする恐ろしい凶器である。だからこそ免許の交付は慎重であるべきだとオレは思っているし、高齢者の更新時には視力検査や運転能力検査、認知症診断テストを行うべきだと思うのである。認知症のドライバが暴走して通学の子どもをなぎ倒したり、人混みに突っ込んだりする危険を思えば妥当なことだと思うのである。

 さて、この「間違えて線路を走った81歳」というのも、オレは認知症ではないかと思うのである。間違えて線路上を走行して列車と正面衝突したが、かろうじて重傷で命はとりとめた迷惑なご老人の事件である。

線路上を走る車と列車、正面衝突 島根のJR山陰線2008年12月23日23時25分
 23日午後5時40分ごろ、島根県安来市荒島町の井戸踏切近くのJR山陰線で、西出雲発米子行きの普通列車(2両編成)と、松江市に住む無職の男性(81)運転の乗用車が正面衝突した。乗用車は線路上を走っていたとみられ、約240メートル引きずられて止まった。男性は鎖骨が折れて重傷。乗客76人にけがはなかったが、車内に約3時間足止めされたため、数人が体調不良を訴えた。
 JR西日本米子支社や安来署によると、列車と車は踏切から西へ約80メートルの地点で衝突したとみられる。近くの住民が線路を走る車を目撃しており、同署は過失往来危険の疑いで事故の状況などを詳しく調べる。同署によると、男性は「間違えて線路に入った」と話しているという。
 JR山陰線は揖屋(いや)(同県東出雲町)―荒島(安来市)間で運転を見合わせていたが、午後11時15分に運転を再開した。現場はJR荒島駅から西へ約640メートル。


 この正面衝突のせいで、列車は3時間も動けなかったのである。そのためにかけた迷惑に対して、誰が賠償の責任を負うのか。オレが保険会社の側なら「認知症であるなら私どもは契約しません。告知義務違反です!」と主張して保険金の支払いを拒みたくなるだろう。そういう事故までみんなカバーしようと思ったら、いつも安全運転を心がけているオレのような善良な市民の負担がどれほど増えるだろうか。どうして安全運転した結果、事故を起こす馬鹿の分まで負担させられるのか。オレには納得できないのである。飲酒などの重大な事故を起こすような悪質ドライバーにすべての責任を負わせて、財産没収に臓器移植という形で徹底的に賠償させればいいと思うのだ。

 クルマ対列車の事故の場合、クルマの運転者が助かることはまずないと言ってよい。たいてクルマは原型をとどめないくらいに破壊されているし、助かってる方というのはクルマを捨てて一目散に逃げた方だけである。それが今回の事件は「重傷」とはいえ運転者は無事であった。ローカル線ゆえの速度の遅さがよかったのか。いずれにしても助かったことでこのドライバーは今度は法の裁きを受けることとなるのだ。この年齢からの獄中生活はかなりこたえるだろう。
 しかし、「故意犯」ではないと認定されれば、驚くべき軽い判決が出る可能性がある。そのような理不尽さを裁判員制度は防げるのか?オレには納得いかないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月23日(火) トルコライスの謎        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 終業式も早々と終わり、新学期の準備などの雑務をこなしつつ学校に残って仕事をしていたオレは、昼食のために同僚と外出した。銀行の駐車場にクルマを置いてATMなどを利用すれば、60分の駐車無料サービスを受けることができる。それで「昭和ランチ」という店に出かけたのである。オレはそこでいつものようにオムライスを食おうと思っていた。オムライスを食うときにいつもオレは悩む。デミグラスソースにするべきか、ケチャップにするべきかを悩むのである。今日もオレはどっちにするべきか悩んでそれを同僚に告白した。すると同僚はオレに明快な答えをくれたのだ。

「ケチャップなら家でも食えるけど、デミグラスソースなら家では食べられないじゃありませんか!」

 目からウロコとはこのことであった。オレはそのアドバイスに従ってデミグラスソースを掛けたオムライス(390円)を選んだのである。



 
 さて、同僚は最初、カツカレーを食べようとしていた。一度は金券を購入したのだが、彼はメニューを見て立ち止まり、わざわざその金券を払い戻してまで注文を変更した。彼が選んだのはトルコライスである。さて、この日記の読者の皆様はこのトルコライスという食べ物を果たしてご存じだろうか?

 日本には3つのトルコライスが存在する。長崎風、大阪風、神戸風である。ぞれぞれを簡単に説明しよう。まず長崎風だが、これは豪華な盛り合わせ料理である。豚カツとカレーピラフとスパゲッティとサラダを一つの皿にぶちこんだ料理である。トンカツも食いたいしピラフも食いたいしスパゲティも食いたいというオレのような欲張りにはぴったりの料理で、長崎ではどこの洋食屋にでも存在するという。多くの店が元祖を語っているそうである。なぜこの料理をトルコライスと呼ぶのか、それにも諸説あって真相はよくわからないのである。店によってその中味はかなり違うらしい。

 しかし、オレの同僚が食べたのはこの長崎風ではない。大阪で長崎風のトルコライスを提供している店があるのかどうかをオレは寡聞にして知らない。大阪で提供されるのは大阪風である。それはチキンライスの上に薄焼き玉子を載せて、その上にカツをのっけてデミグラスソースを掛けたものである。それはこんな料理だ。昭和ランチではこれを690円で提供している。




 「これめっちゃおいしいですわ」と同僚は嬉しそうに食べていた。オレはオレで「やっぱりデミグラスソースにしてよかったぜ」と好物のオムライスを食べる至福の瞬間を味わっていたのである。目の前で同僚が食べるトルコライスは美味しそうだが、オレはあえて昼食をたった390円で食えるというコストパフォーマンスを優先した。少し足りないくらいがちょうどいい。最近のオレは体重が増加気味で、ちょっとダイエットするべきなのである。だからこれでちょうどいいのである。もっと体重を減らせたらトルコライスを食おうと思ったのである。

 さて、トルコライスには神戸風というのもあるらしい。これはネットで調べた知識なのだが、大阪風と違ってチキンライスではなくただの炒めご飯を使い、カレーをかけて生卵をトッピングすることもあるという。白いご飯の変わりに焼きめしを使ったカレーというべきなんだろうか。オレは神戸風というのを一度も目撃したことがないのでよくわからないのである。ただこの神戸風のトルコライス、オレが見たことがないのももっともで、今や化石のようなメニューになってしまって神戸でもほとんど残存しないらしい。

 長崎風、大阪風、神戸風、いったいどれが元祖なんだろうか。もっともそんなことはどうでもよく、食い物はうまかったらそれでいいのかも知れないが、もしも大阪でこの昭和ランチという店に来ることがあれば、トルコライスを一度注文してみることをお勧めするのである。




↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月22日(月) 大人を手玉に取った15歳        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 15歳の少年がでっち上げた壮大な与太話にひっかかった60歳の方がいた。さて、この場合どのような事件であると考えればいいのだろうか。小遣い欲しさに大人にウソをついた少年と、そのウソにだまされて気前よくゼニを出してやった親切な被害者・・・という単純な構図ではなく、どうも報道されない真実がこの背後にあるような気がするのである。

「プロサッカーの契約金入る」中3男子が50万円詐欺
 「プロサッカーチームから契約金が入る」などのうそを信じ込ませて現金をだまし取ったとして、栃木県警小山署は19日、同県下野市、中学3年の男子生徒(15)を詐欺容疑で逮捕した。
 発表によると、男子生徒は6月24日、小山市のゲームセンター駐車場で、下野市、無職男性(60)から現金50万円をだまし取った疑い。
 男子生徒は、「僕はサッカーの選手で、プロチームに入る。契約金は6000万円くらいになる。父は米国で会社を経営している。今、50万円貸してくれれば、父が1000万円のお礼をする」とでたらめな話をしていた。
 調べに対し、男子生徒は「金はゲームに使った」と供述している。
 男子生徒はサッカー選手ではなく、父親も米国で会社経営はしていない。男性とは昨年秋、ゲームセンターで顔を合わせるようになった。金を渡した後に男子生徒と連絡が取れなくなったため、男性が被害届を出していた。男性は「ほかに数回、現金を渡した」と話しているという。(2008年12月20日11時18分 読売新聞)


 プロサッカーチームに入るような素質のある少年が、場末のゲームセンターをうろうろしているはずがない。その時点で「おかしい」と気づくべきなんだろうが、よほどそのウソは巧妙だったのかも知れない。契約金が6000万円という数字に具体性があり、さらに「父もお金持ち」という部分がダメ押しになったんだろうか。しかしその前に、15歳の中学3年生が50万円ものゼニを必要とする時点で「なんかおかしい」と思うべきである。そんなこともわからないのだろうか。

 子どもが大人からゼニを巻き上げる方法でオレがまず想像するのは、女子高生や女子中生がやりそうな美女局である。援助交際の相手方を募集し、やってきたところで男友達を使って脅迫させ、相手の個人情報を入手して「会社にばらす」とか言う形で脅すパターンである。痴漢被害をでっちあげて無実の男性から示談金を脅し取ろうとするのもこのパターンの変形である。しかし、今回の事件の場合は少年が犯人であり、そういう恐喝事件とはかなり違うのである。オレはこの少年が具体的にどのようなウソをついて相手をだましていったのか、そこに興味がわくのだ。

 ゼニさえもらえば後は用はない。一刻も早く逃げるだけである。かくして少年は行方をくらまし、ゼニをだまし取られるという被害を受けた男性は警察に届けた。そのゼニはいったい誰が賠償するのだろうか。実際は社長さんでもなんでもない少年の親が賠償するのだろうか。まともな親ならいいが、そういうクソガキの親は基本的に救いようのない困ったちゃんということも多い。いったいどうなるのだろうかと、オレは他人事ながら心配するのである。それにしても、たった50万で1000万円の謝礼というのは話が美味しすぎるよ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月21日(日) 32形蛍光灯の謎        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 母の部屋の蛍光灯が切れたので買ってきてくれと頼まれた。その蛍光灯は32形と30形の丸形のやつが使われてるのだが、切れたのは32形、つまり大きい方なのである。こうした蛍光灯は通常2本とも点灯させる場合と、1本だけ点灯させる場合とが切り替えられるようになってる。1本だけ点ける時は必ず32形の方、つまり大きい方である。その大きい方だけを買いたくて、オレは上新電機のアウトレットの店に行ったのだが、あまりの高さに驚いたのである。

 30形の蛍光灯なら2本で770円で買えるのに、32形は1本が950円もするのだ。どうしてこんなに高いのか。しかも32形の方はお買い得な2本入りがないのである。なんてことだ。照明器具のスイッチの方では32形の方が早く消耗するように設定しておきながら、実際の販売現場では32形の方がかなり割高な価格になっている。これはあまりにも不親切じゃないか。




 32形+30形という2本入りもその売り場にはあった。これは1100円もしていたのである。950円の32形に対して、たった150円足すだけで30形の蛍光灯が買える計算になる。これはあまりにもひどいじゃないか。だったら32形+30形のヤツから30形の蛍光灯を返品して、その1本当たりの価格である385円を返して欲しいぜ。だったら32形の蛍光灯は715円で買えるということになる。それでも高いのだが。

 あと、これもひどいぼったくりだと思ったのは、30形の蛍光灯が1本売りならなんと630円の高値で売られていたことだ。2本で770円のものが1本なら630円もするのである。しかし、この高価格は32形の950円という値段と比較するとそれなりの妥当な価格なのである。32形の蛍光灯が2本セットで割安価格になってる販売現場というのをオレは見たことがない。客はやむなくそのぼったくり価格の蛍光灯を買うしかないのだ。

 蛍光灯を32形+30形という形で2本使う照明器具が、すべてが1本点灯時には32形だけが使われるようになってるのは、交換用に蛍光灯を買い求めるときに高価な方がより多く売れるようにという姑息な戦略に他ならない。オレは電機メーカーのこんな卑怯な工夫に対してものすごく腹が立つのだ。おまえらなんでこんなに汚いんだと憤るのだ。パナソニックも日立も東芝もNECも、どこも蛍光灯の販売方法に関してはみんな横並びである。32形の2本入りを断じて作らせないという方針はおそらく闇カルテルのようなもので決められているのであろう。

 どこかに安い蛍光灯はないかと探して回ると、日立の蛍光灯が32形+30形の2本入りで500円というのを発見した。30形が1本余るが仕方がない。32形が1本入り950円を買うよりも、32形+30形で500円のヤツを買って、いらない30形を店の前のゴミ箱に捨てる方が450円も安くなるのである。捨てずに持ち帰って使えばもっとお買い得なのかも知れないが、実はわが家には30形の蛍光灯は余っているのが何本もあるのだ。こういう買い方をすると30形の蛍光灯がどんどん余っていくのである。その余った蛍光灯をいったいどうしたらいいのか。どこかに捨てればいいのか。いくら使いたくても、前から使ってるのがなかなか切れないので結局はどんどん貯まっていくのだ。32形の蛍光灯の方がわざと寿命を短く作ってあるのじゃないかと思えるくらいによく切れる。

 このような卑怯な販売方法、そして価格差について、オレの知る限りでは誰も告発している人はいない。だからオレがここで告発して正義を訴えるしかないのだ。32形蛍光灯の価格をこうして割高にしていることの理由を、日立やパナソニックや東芝の社長はオレにちゃんと答えられるのか。おまえらのやってる卑怯な商売のやり方を「正しい」と胸を張れるのか。なぜ32形蛍光灯2本入りという商品を出さないのか。もしもそういう商品がこの地球上のどこかに存在するのなら、オレはこの日記の暴言を謝罪しよう。しかし、その前提としてその割安な32形2本入りがオレの買える地域の店に存在することが条件だ。上新のアウトレット北花田店に32形蛍光灯2本入りが1000円くらいの価格で並べられるということが実現するならば、そのときはオレは「卑怯」と書いた発言を撤回するだろう。

 オレのこの日記はNECや日立やパナソニックの社員も見ているはずだ。仕事中にあんたたちがオレの日記をチェックしていることくらいお見通しである。オレが日頃CANONの悪口を書きまくるせいで、CANONの社員もオレの日記を巡回サイトに入れてるようである。もしかしたらオレに対して「CANONの名誉を傷つけた」という理由で10億円くらいを賠償させようとして訴訟を起こしてくるのではないかと想像してしまうぜ。しかしオレは逃げも隠れもしない。なんでこんなおかしな価格設定なのかと指摘して正論を述べているだけだ。もしもオレの指摘した価格カルテルの存在に対して「濡れ衣だ」と言うのなら、法廷でオレとディベートをして決着をつけようじゃないか。受けて立つぜ。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月20日(土) 大阪滅亡計画進行中!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 大阪といえばキタやミナミは知られていても、近鉄南大阪線の阿倍野橋駅はほとんど知られていない。そう、「あべのばし」と言っても首都圏の方にとっては「?????」だろう。そんな知名度もないへんぴな場所にある近鉄百貨店を建て替えて日本一の高層ビルにして、そこに商業テナントやオフィスを誘致しようなどという無謀な計画を近畿日本鉄道が打ち出したのは2007年8月のことだった。そのとき 「きみは阿部野橋を知ってるか?」というタイトルの日記をオレは書いたのである。先日阿部野橋駅を訪れる機会があったのだが、そのときにオレはホームが延長されて電車の発着位置がホームの先っちょの方に移動していたことを発見した。前は改札を抜けたらすぐの位置に電車があったのに、一両分くらい先に移動していて、そこには新たな空間を作ろうとしていたのである。もしかしたらこの部分が高層ビルの土台となる所かも知れない。そうして工事が進められてるということは、近鉄はどうやらこの高層ビル計画を本気でやるようなのである。なんとむちゃなことをするのか。世界が不況に沈もうとしているこんな時期にわざわざやることもないだろうとオレは改めて驚いたのだ。

 大阪は今、開発計画が目白押しである。たとえばオレが愛読している ゴリモンさんのブログでは、JR大阪駅周辺の開発の進行状況が逐一報告されている。阪急百貨店も高層化するし、三越も大阪駅前にやってくる。巨大店舗が次々と登場するのだ。しかし郊外にも次々と巨大商業施設がオープンしている。阪急電車の西宮北口駅前には西日本最大のショッピングモールである阪急西宮ガーデンズが2008年11月26日にグランドオープンした。これは全国でも3番目の規模である。人口が増えているわけでもなく、みんなが金持ちになったわけでもなくむしろ不況で貧しくなっている。そんな中で客を奪い合いながら巨大店舗が競争しているのである。これでは共倒れするのに決まっている。オレはこの動きを密かに「大阪滅亡計画」と呼んでいるのだ。

 少し前にできた巨大商業施設の中にはすでに廃墟やシャッター通りとなってしまったところもある。たとえば近鉄が高層ビルを建てようとしている阿倍野地区には「あべのベルタ」という大阪市が再開発した商業施設がある。テナントはガラガラで、シャッターがしまったままの所ばかりである。住之江公園駅のところには「オスカードリーム」というやはり壊滅状態の施設がある。その惨状は以前にオレが書いた 「オスカードリームという名の税金墓場」に詳しい。

 大阪にはこんなハコものはいらない。高層ビルも不要だ。そんなふうに上に伸びなくても大阪には買い手がつかずに余った埋め立て地がいくらでもある。じゃんじゃん建設するのにかかったゼニは誰が払うのか。融資した金融機関にとってそのゼニが貸し倒れの巨額な不良債権となるのは確実だろう。大阪府や大阪市といった自治体が破産寸前の綱渡りのような財政運営を迫られてるのである。破綻した民間企業まで救済する余裕はない。自分がコケそうなのにどうして他の誰かを助ける余裕があるのか。

 なんばパークスがオープンしたとき、オレが期待したのはそこに開業した「浪花麺だらけ」というフードテーマパークだった。麺類好きのオレにとってそこはかなり楽しめる場所だったのである。しかし、いつのまにかそこは閉鎖されてしまい、なんばパークスの第二期工事完成後は「ご当地フードパーク コバランチ」として再開業したが、かなり雰囲気は変わってしまった。オープン当初は超満員だったのに、もうすっかり大阪の人間には飽きられてしまったのである。

 なぜそうした巨大商業施設が駄目なのか。それははっきりしている。家賃が高すぎて商売にならないのである。その高い家賃を払うためにはかなりぼったくりの商売をしないといけない。そんなことをすれば大阪ではたちまち客に見放される。だから長続きしないのである。大阪に似合うのは昔ながらの商店街である。天神橋筋商店街や空堀商店街など、大阪にはまだまだそういう昔ながらの商店街が残っている。もしも大阪に観光旅行で来るなら、ぜひともそうした商店街に足を運んで欲しい。時の流れはそこだけ昭和のままである。そのレトロな世界をオレは愛しているのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月19日(金) JRのレイプ車掌、女子高生を襲う!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 列車内や駅のトイレで女性がレイプされる事件が起きたのはついこの間のことである。その事件が起きた同じ滋賀県で、なんとJRに勤務する車掌が、女子高生を乱暴目的で刃物で脅してトイレに連れ込むという事件が起きていたのである。こういう人間は死刑にすべきだとオレはつくづく思う。世の中には救いようのない外道がいる。こんなヤツが更正できるはずがないとオレは思うのである。だったらさっさと死刑にすべきだ。それがいやなら二度と性犯罪が起こせないように去勢すべきである。

「乱暴目的」でJR車掌が女子高生をトイレに連れ込む 2008年12月18日
 18日午前7時45分ごろ、滋賀県野洲市北野1丁目のJR野洲駅北口の公衆トイレで、「男女が一緒に個室に入り、中で女の子が泣いている」と同駅員から110番通報があった。守山署員がトイレの外に出るよう説得したところ、男は応じたが、直後に逃げ出し約100メートル先で取り押さえられた。包丁(刃渡り18センチ)を持っていたため、同署員が銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。
 守山署の発表によると、男はJR西日本米原列車区の車掌、楓正嗣(かえで・まさし)容疑者(26)=京都市下京区富小路通五条下ル。連れ込まれたのは高校3年の女子生徒(18)で、下着を奪われ、手に軽傷を負った。楓容疑者は「女性に包丁を突きつけ、乱暴しようとトイレに連れ込んだ。数百万円の借金があり、下着は売れると思った」と供述しているという。楓容疑者のかばんの中からは包丁や下着が見つかった。同署は強盗強姦(ごう・かん)未遂の疑いでも調べる。
 女子生徒は登校中で、トイレから約50メートル離れた駐輪場付近で包丁を持った楓容疑者に脅された。近くの防犯カメラに、午前7時40分ごろにトイレに入る2人の姿が映っていたという。守山署員がトイレの外側から声をかけた際、楓容疑者は「(男女間の)けんかだ。何でもない」などと答えていたという。
 JR西日本によると、楓容疑者は06年4月に入社し、5月から野洲駅で勤務。昨年12月から米原列車区の車掌になり、米原―大阪間の東海道線を中心に乗務していた。勤務態度に特に問題は見あたらず、16〜21日は連休を取っていたという。
 同社管内では、06年に特急サンダーバードやJR湖西線雄琴駅のトイレなどで、乗客の女性3人が強姦される事件が発生。同社は、特急に女性専用席を設け、駅構内のトイレに非常ボタンを取り付けるなどの対策を進めていた。
 JR西日本京都支社の今井敏之次長は「あってはならないことで、お客様や関係のみな様の信頼を損ね、誠に遺憾。詳しい状況を確認し、厳正に対処する」とのコメントを出した。


 刃渡り18センチの刃物を突きつけて・・・というくだりを読んで、オレはまずこの女子高生が軽傷で済んだことにとりあえずはほっとしたのである。もちろん下着を奪われるようなひどいことをされた心の傷はなかなか癒えないだろう。しかし、殺されずに済んだということにひとまず安堵したのだ。そして、「言うことを聞かないと殺されるかも知れない」という恐怖をこの女子高生に与え続けたこの楓容疑者に対して、激しい怒りを覚えるのだ。

 「下着は売れると思った」というこの男には借金が数百万あったという。それだけの借金を返すためにはいったい何百枚のパンティを奪わないといけないのか。おそらくこいつは他にも同様の行為をどこかで行っているはずである。口封じのために女性の写真などを撮影していたかも知れない。今回はトイレにはいるところに気づいた通行人が通報したので捕まったが、人通りの少ない時間帯ならば、誰も通りかかるものがなかったら、この卑劣な犯罪は成功していたかも知れないのだ。そんな外道をオレは断じて許したくない。こいつはその凶器である刃渡り18センチの刃物で、陰茎を輪切りにして去勢されるという罰がふさわしい。 「外道に人権なし!」「他者の尊厳を踏みにじるような輩は人格を認める必要なし」というのがオレの持論である。

 警察官がこいつをその場で射殺していても、オレは「行き過ぎ」とは思わなかっただろう。現にこの男はトイレから逃げ出して100m先で捕まってるのである。そんなヤツは追いかけなくてもその場で撃ち殺せとオレは思うのだ。世の中の性犯罪の被害者である女性たちや、電車で痴漢に襲われていやな思いをした経験のある方は性犯罪の厳罰化に賛成する方が多いだろう。なぜ強姦罪の最高刑を死刑にしないのか。襲われた女性にとってそのダメージは時に命を奪われるよりも重いのだ。レイプされた後で自殺する女性がいるのがそのためである。自分をあんな目に遭わせた男がこの地球上に存在し、のうのうと生きているという事実が被害女性を苦しめる。それを思えば、レイプ犯はすべて死刑にするしかないとオレは思うのである。





↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月18日(木) 女性用ふんどしが人気です!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 究極の下着とはなんだろうか。男性の場合、常に睾丸(きんたま)は冷やしておく必要がある。そのために腹腔内ではなく外にあの物体は垂れ下がってるのだが、ブリーフの中にはかなりの締め付けで睾丸を押さえつけるものもあるらしい。そうなるとせっかくの空冷式の機能が活かせずに睾丸が熱を持ってしまい、精子の生産に支障が起きるということを聞いたことがある。

 締め付けずに風通しを良くした究極の下着が「ふんどし」であり、男性にとってそれはとても快適なものだということだが、残念ながらオレは一度もそのふんどしというのを締めたことがない。だからここでふんどしに関して騙る資格はないのである。そのふんどしというのは楽天市場で買えるのだろうかと検索してみた。すると、ちゃんと売られていたのである。


 さて、このふんどしを女性が締めたらどうなるのか。そういえば男性用ブラジャーが流行しているという話を聞いたことがある。だったら女性用のふんどしがあってもいいじゃないかと思ったのである。そんなことを夢想していたオレが、こんなニュースを見逃すわけがなかったのである。

少し恥ずかし、でも心地いい!女性用ふんどし意外な人気2008年12月17日16時49分
 女性用のふんどしが、少しずつ市民権を得ている。今月発売した下着メーカーに問い合わせが相次ぎ、抵抗感を薄めるため、「パンドルショーツ」という名前で売り出す会社もある。締めつけない心地よさや、ファッションとしてのインパクトがインターネットでも話題になり、支持を広げているようだ。
 腰の細いひもから、前掛けのように長細い布が垂れる。ワコールの子会社・ウンナナクール(京都市)の女性用ふんどしだ。おなかの前でひもを結んだら、後ろに垂れた布を前に持ってきて、おなかとひもの間を下からくぐらせて前に垂らす。男性用と同じはき方を解説したパンフレットもつけ、4日から売り出した。首の後ろでひもを結ぶブラジャーもあり、ビキニの水着のように見える。
 上下ともフリーサイズで上は1890円、下は1260円。発売前から問い合わせが相次ぎ、発売から5日間で上下で計300枚以上が売れた。友人へのプレゼントに買う若い女性や、カップルで訪れて「楽なんじゃない」と勧める男性も。「ふんどしをずっと探していた」という主婦もいるという。
 福岡市中央区の同社ソラリアプラザ店は、上下を着けたマネキンを店頭に飾った。派遣社員の女性(24)は「すごい。でも、いつ着るの? トイレに行く時は?」と戸惑い気味だ。寝る時に使っているという森山香織店長は「気持ちいいですよ。トイレの時は普通の下着と同じように下げれば大丈夫です」と応じる。
 ウンナナクールは半年前から商品の開発を始めた。締めつけが少ないブラジャーを作りたいという思いから、ふんどしにも着目した。約280人の社員のほとんどが女性。「キワモノでは」「売れるのか」と会議で賛否両論が出たが、試着して心地よさに驚く人が多かったという。
小川直子販売部長は「スカートだと少し心もとなくて、最初の10分は恥じらいとの戦い。でも、一度体験すると考えが変わる。新しい下着の形としてとらえてほしい」と話している。
 ネット上では、フランス語の「垂らす」という意味からパンドルショーツという名前の商品も登場。オーガニックコットンを使ったタイプやカイロを入れるポケットつきなど、デザインは様々だ。自分で作る方法を紹介したサイトも人気を集めている。(仲村和代)


 オレはこのふんどしの記事を読んで、着衣のエロについて考えた。つまり、丸見えよりもチラリと見える方がHだし、かわいいデザインのパンティもまたHであるということである。そういう意味ではこの「ふんどし」というのは、女性にとって究極の勝負下着(勝負パンティ)となる可能性を秘めているとオレは思ったのである。男性にとって、はじめてベッドインすることになった女性を脱がしたときにふんどしを目にする時のインパクトは計り知れない。

 しかし、だからといってこのふんどしを女性にプレゼントしたとして誰もが素直に受け入れてもらえるだろうか。世の中には必ずしも遊び心がわかる人間だけがいるのではない。そのプレゼントに対して「なにこれ?変態!」と拒絶し、挙げ句の果てにそんなものを送ってきた行為自体がセクハラであると怒り狂う人もいるかも知れないのである。相手によりけりである。

 日本人が和服のファッションを捨てて洋服を着るようになった結果、ふんどしという下着も滅亡の危機を迎えた。しかし、その価値がこうして見直されるというのはよい傾向であるとオレは思うのである。その機会に日本の古き良きさまざまな文化が復権していくことをオレは願うのだ。その第一歩がこのふんどしならば、たかがふんどしと侮ってはならないのである。たとえ全裸であってもふんどし一本あれば公然わいせつ罪にはならないわけで、ちゃんとふんどしの意義はあるのだ。もしもそのスタイルを「わいせつ」と主張するなら大相撲も同じ程度の露出だから「わいせつ」ということになってしまうのである。それにしても、こんなくだらないことを記事にするとオレもなんだかふんどしが欲しくなったのである。明日、帰りにジャスコに寄って売り場のおねえちゃんに「すみません、ふんどしはどこにありますか?」と訊いてみよう。

 ここで勘違いしてはいけないことは、ふんどしとはなるものであってなるものではないのである。こんな行事もあるのだ。

ふんどし姿の男たち、真冬の川で豊穣・息災祈願…福岡
 男たちが勢いよく水をかけ合う「寒みそぎ」が18日未明、福岡県前原市白糸の川付(かわつき)川で行われた。ふんどし姿の約80人が、五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈願して身を清めた。
 近くの熊野神社に400年以上前から伝わるとされる神事。境内に集まった男たちはおはらいを受けた後、午前0時すぎ、太鼓を合図に次々と川に入った。気温は0度、水温はマイナス0・3度。「オイサ、オイサ」と声を上げながら水をかけ合い、集まった住民らが白い息を吐きながら勇ましい姿に見入っていた。
 この後、年男がといだ奉納米を炊き、円すい状に積み上げて傾き具合で来年の米の豊凶を占ったところ、ほとんど傾かず、「平年作」を示す結果だった。(2008年12月18日15時32分 読売新聞)



↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月17日(水) その賠償金は安すぎるぜ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 2ちゃんねるなどの匿名掲示板に個人情報を書き込まれ、そのためにイタズラ電話などの被害を受けるような事件の場合、その書き込みをした外道に対して裁判所が賠償を命じることがあるのだが、その金額は驚くほど安い。もしもオレがそうした嫌がらせを受ければオレは10億円くらい要求したいのだが、裁判所が認める金額はせいぜい10万円くらいだろう。ネットの上に書き込まれた情報は転載されてぐるぐると世界を回り続ける。一度書き込まれて誰かのパソコンのHDDに保存されたものを削除することは不可能だ。回復不可能な犯罪だからこそ、その賠償は高額であるべきである。それなのに裁判官はボンクラばかりでちっともわかってないのである。たとえばこういう事件はどうか。アサヒコムの記事を引用しよう。

「ヌード撮影受ける」と書き込み 元派遣社員が上司提訴 2008年12月16日8時49分
 嫌がらせをしていたのは、派遣先企業の男性上司(41)だった――。勝手に名前を使われ、インターネットの投稿サイトにヌード撮影に応じるかのような書き込みをされた元派遣社員の女性が、投稿者はこの男性だったことを突き止め、男性と派遣先企業に750万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こしたことが15日わかった。
 提訴は11月末。訴状などによると、女性は三菱電機システムサービス(東京)の名古屋市内の事業所に派遣されていた。3月、仕事上の相談を男性とは別の上司にしたところ、男性は一方的に態度を急変させ、女性を無視するようになったという。
 女性が職場責任者に相談した数日後、男性は投稿サイトに女性の名をかたって、携帯電話番号と「ヌード撮影全般お受けします」との文言を書き込んだ。女性のもとに、撮影や売春を持ちかける電話やメールが殺到したことから、書き込みがわかった。
 女性は、投稿者が利用していたプロバイダー会社を相手取って、投稿者の名前などの開示を求める訴訟を起こし、7月、同地裁が開示を命令。女性は男性を愛知県警に告訴し、名古屋簡裁は9月、名誉棄損罪で罰金20万円の略式命令を出した。
 会社側の責任について、女性側は「男性の行為を確認したり指導したりせずに、女性を孤立させて退職に追い込んだ」と主張。これに対し、同社担当者は「男性の違法行為を確認し、懲戒解雇処分とした。訴状が届いたばかりで詳しい話はできない」と言っている。(川田俊男)


 この事件は、女性に冷たくされたことを逆恨みした馬鹿が起こした個人的犯行であると同時に、職場に於ける派遣社員へのセクハラ行為の一種であるとも言える。そういう意味ではここで名古屋簡裁の出した「罰金20万円」という金額は、このクソ男の個人的行為に対する分だけにしか思えない。そのクソ男を雇用した企業としての責任、職場内でセクハラが起きないように努力しなければならないという企業の側の責任がすっぽりと抜け落ちた判決になっているような気がする。

 会社側は「懲戒解雇処分にした」ことで幕引きにしたいようだが、その前にこの女性を退職に追い込んだことを謝罪すべきではないのか。そして彼女が本来得べかりし報酬分を会社からの賠償金として支払うべきではないのか。裁判官がそのことを命令しなかったことがオレにはとうてい納得できないのである。

 自分の名を勝手に騙った馬鹿によって投稿サイトに「携帯電話番号」や「ヌード撮影全般お受けします」との文言が書き込まれれば、エロメールが殺到するだろう。下手をすると一気に数万通のメールが押し寄せるだろう。もはやそうなると携帯電話は使用不能だ。しかも電話会社によってはメール受信時に課金されるわけで、ゼニもかかってしまうのである。こんな形で受ける迷惑がどれほど実生活を破壊するモノであるか、おそらく名古屋簡裁の馬鹿裁判官には想像もつかなかったのだろう。かつて自分の個人情報を書き込まれたためにひどい目にあったオレは、そういう卑劣な行為をする連中が許せないのである。だからこのクソ男がそれこそ「罰金1億円」とか「懲戒解雇」という罰を受けても当然だと思うし、ちゃんと実刑判決を食らわせてやれと思うのである。

 750万の請求に対してたった20万円を「賠償せよ」という判決を下した簡易裁判所の判決にオレは絶望する。女性にとって「売春に応じる」「ヌード撮影に応じる」なんて書かれることがどれだけ自分を侮辱されたことになるのか、この判決をくだした裁判官は理解してるのだろうか。20万なんてあまりにも少ない金額である。そのために彼女が受けた数々の差別やいやがらせのことを思えば、この賠償が5000万円くらいでもオレは全然驚かないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月16日(火) 胴上げはきわめて危険な行為です        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 胴上げといえばプロ野球で優勝が決まったときに監督がされるヤツである。プロ野球選手だからあんなふうにうまく胴上げできるわけで、そもそも大の男を空中に放り上げるのはなかなか大変なのだ。素人が胴上げをすると実際はかなり危険である。

 かく言うオレも何度か胴上げはされたことがある。以前に勤務していた公立高校の卒業式の時に、式典の最中に担任していたクラスの男子生徒たちが集まってオレを胴上げしてくれるというハプニングがあった。式場が盛り上がった理由は、体重の軽いオレが宙天高く舞い上がったからである。はるか上空に放り上げられながら、オレはかなりの恐怖を味わったのである。こんな高いところから落ちたら死ぬなあと思いつつ。

 しかし、胴上げで本当に死者が出ていたことにオレは驚いたのである。読売新聞の記事を引用したい。

定年送別会の胴上げ落下で死亡、遺族が部下3人を告訴
 2007年11月、勤めていた運送会社(滋賀県栗東市)の定年退職に伴う送別会で部下から胴上げされた際、落下して大けがを負い、約10か月後に死亡した同県草津市の男性(当時60歳)の遺族が、胴上げした男性社員3人を重過失致死容疑で県警草津署に告訴していたことがわかった。
 3人は任意の事情聴取に対し、事実関係を認めているといい、同署は立件する方針。
 亡くなったのは作本誠二さん。告訴状によると、部下の社員3人(20歳代〜40歳代)は昨年11月18日午後8時頃、草津市内の旅館の宴会場で、作本さんを空中に投げ上げた後、受け止めずに畳の床に落とし、首や背中の骨を損傷させたほか、呼吸不全や寝たきりになるなどの障害を負わせた上、今年9月に敗血症で死亡させた、としている。
 送別会は約40人が参加。胴上げには3人以上が加わっていたが、詳細が不明なため、確定している社員3人を告訴した。社員らは当時、深酔い状態だったが、遺族側は、胴上げは危険な行為であり、事故は十分予見できた、などと主張している。妻の裕美子さん(59)は「優しく、家族思いだった夫がなぜ死んだのか、真相が知りたい」と話している。
(2008年12月15日14時46分 読売新聞)


 定年退職に伴う送別会の式場で行われた胴上げで、畳の上で行われたということだからたとえ落下してもさほど危険はないと胴上げした方の社員たちは思っていたのだろうか。しかし、実際は首や背中の骨を損傷して寝たきりになる障害を負わせるような恐ろしい胴上げリンチだったのだ。若者ではなくて定年退職を迎えるという高齢の方だったということも、そのケガの理由かも知れない。とっさの落下に受け身を取ることもできなかったということだろうか。

 胴上げをするにはかなりの人数が必要であり、たった3人ではできない。今回の裁判で胴上げに加わったメンバーが3名しか特定できていないことも気になる。加わったが、名前が出ていないということで逃げおおせた者もいるわけだ。もっとも若者であっても危険な場合は危険である。

 胴上げに似た行為で「イノコ」と呼ばれるものがある。これはサイクリング部の世界だけに存在する奇習であり、その中でも主として「西日本大学サイクリング部連盟(西サ連」」加盟の大学サイクリング部で行われている。参考としてイノコの写真を掲載している峠おやじさんのブログを紹介したい。京都大学サイクリング部の一員としてラリーに参加し、数々のイノコをくぐり抜けてきたオレとしては、その「イノコ」を世間に広めたくてかつて 小説「イノコ」を書いていくつかの文学賞に応募したのだが、作品を見る目のないボンクラ選考委員たちのせいでオレの「イノコ」は脚光を浴びることもなく落選した。これを映画化すれば青春映画の金字塔として大ヒットすることは間違いなしだとオレは自負しているし、同時にオレは小説「イノコ」の印税で遊び暮らせるのではないかと勝手な皮算用をしているのである。誰かオレの「イノコ」を映画にしてくれる物好きな映画監督はいないだろうか。そのときは「イノコのかけ声」をオレに吹き込ませてくれ。

 もちろん胴上げ以上に「イノコ」は危険であり、オレの後輩のMくんはかつて海外青年協力隊でザンビアに行ったという奇妙な経歴の持ち主の数学教師だが、「イノコ」をされて落下したときに骨折するという負傷をしている。「イノコ」による負傷者はかなり多かったはずだ。オレも何回か「イノコ」したりされたりしたが、自分が他の誰かを「イノコ」するときは絶対に危険がないように細心の注意を払ったモノである。

 祝福のつもりで行った胴上げがこうして最悪の結果となり、その結果警察沙汰になってしまうこともあるわけで、世の中にはこのようになんて悪い巡り合わせなんだと思うことがあるのだ。亡くなった方は本当にお気の毒であり、遺族が胴上げ実行犯たちを訴えようと思った気持ちも理解できる。しかし、その背景には誠実に自己の責任を認めて賠償に応じようとしない会社の不誠実さもあったのではないだろうか。

 日本中で行われているこの胴上げ、こういう事故が続いたら下手をすると「禁止」なんてことにもなりかねない。どうか胴上げをする人たちは絶対に落下させないように細心の注意を払って欲しいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月15日(月) こいつらを墓石で押しつぶしてください        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。 昨日の日記に「安楽死外来」についての投票を設置しています。ぜひ一度ごらんになって投票なさってください。


 何かお馬鹿な事件が大阪で起きると「また大阪か!」と言われることが多い。もちろん大阪にはオレのような良識派のオッサンオバハンも多く住んでるのだが、その一方で救いようのないオッサンやオバハン、そしてクソガキに馬鹿裁判官がいることもまた事実なのだ。そんな大阪の馬鹿の中でもとびっきりの馬鹿を発見した。さっそくその記事を引用しよう。

少年5人墓石倒した疑い、損害1500万円
 大阪府警西堺署は11日、8月に堺市の墓地で墓石を倒したとして暴力行為法違反の疑いで、15歳から18歳の少年3人を書類送検し、12歳と14歳の少年2人を児童相談所に通告した。
 調べでは、5人は8月27日未明、堺市西区草部の万田墓地で墓石22基を手や足でなぎ倒して壊した疑い。約1500万円の損害だった。
 5人は2日後の29日、家族に連れられ同署に出頭。「ゲーム感覚でやった。事件が新聞やテレビで報道され、怖くなった」と話したという。(共同) [2008年12月11日21時28分]


 ゲーム感覚で人を殺すヤツもいれば、ゲーム感覚で女性を拉致監禁してレイプする外道もいる。そんな連中に比べれば、墓石にキックするという行為は相手が無機物であるだけにかなり問題行動としてはマシなのかも知れない。しかし、他のイタズラはできても墓石対してこのようなテロを行うなんてことは真っ当な感覚の持ち主にはできないだろう。彼らのうちで自分の祖父母や両親の墓参をしたことのあるヤツはどれだけいたのだろうか。今はそういう式典にすら代役を立てるのだろうか。

 墓石を22基なぎ倒したこいつらにとって、墓石というのは人間のように逃げることもなく、ただ攻撃しやすいだけの存在だったということになる。それにしてもこの悪ふざけに対していったいどんな罰を与えればよいのか。昔、デコボコの板の上に正座させて、その状態を続けるだけでもかなり苦しいのに重しとして膝の上に大きな石を乗せられる拷問があったような気がするんだが。

 墓石の損害額が約1500万、これを関係する人の数で割ればかなり少なくなるだろう。5で割れば一人300万円だ。そのクソガキが必死で働いたら2年もあれば返せる金額である。300万円を稼ぐためにはどれだけ働かなければならないのか。そうしたことをわからせるためにもこの賠償は断じて自己責任ととらえさせるべきなのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月14日(日) 青い光は飛び込み自殺を防げるか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 列車への飛び込み自殺は迷惑である。特にラッシュアワーの時にそのためにダイヤが混乱する迷惑は計り知れない。死ぬ人間は何も考えていないのかも知れない。しかし、この世にあれほどめいわくな行為もない。どうせならどこかにダイヤとは無関係の自殺専用線を走らせておいて、死にたい人はそっちで飛び込んでもらうとかいうふうにして、一般の通勤客に迷惑がかからないようにしてもらいたいくらいである。こんなことを書くとまた「おまえはなんてむちゃくちゃなことを書くのか!」と文句を言われそうだが、むちゃくちゃなことをしてるのはオレではなくて電車に飛び込む自殺者の方である。その死体を片づけさせられる者の苦労を考えたことがあるのかとオレは言いたいのである。

 その飛び込み自殺を防ぐのになんと青色の照明が効果的だという。実際それによって自殺者が減った駅もあるらしい。読売新聞の記事を紹介しよう。

「青い光」で飛び込み防げ!京急・弘明寺駅、設置後ゼロに
 防犯効果があるとして街路灯に用いられるようになった「青色照明」を、鉄道会社が踏切や駅ホームに、飛び込み自殺防止の目的で導入する動きが広まっている。
 実際に自殺防止に役立つかどうかは専門家の間でも意見が分かれているが、すでに青色照明を設置している鉄道会社は「それまで毎年起きていた自殺がゼロになった」などと効果に手応えを感じている。
 京浜急行は今年2月、横浜市南区の弘明寺駅で、ホームの端の照明8基を青色に変えた。同駅では前月の1月、ホーム端の人けのない場所で2日続けて夜間に飛び込み自殺があった。同駅は、未遂も含め、毎年2、3件の飛び込み自殺が起きており、「自殺を1件でも減らすため、できることはなんでもしてみようと、わらにもすがる思いで始めた」(同社鉄道本部安全対策担当)という。
 同社によると、同駅では青色照明設置後、飛び込みは起きていない。
 JR東海も今年8月以降、愛知や岐阜、三重県で、東海道線や中央線などの踏切計10か所に試験的に青色照明を設置し、効果を探っている。JR東日本やJR九州でも、導入に向けた検討を始めている。
 鉄道会社の中で青色照明をいち早く導入したのはJR西日本だ。車が強引に踏切を渡るケースが後を絶たず、頭を悩ませていた同社は、2006年12月以降、大阪府と和歌山県を結ぶ阪和線などの踏切計38か所に青色照明を設置。その結果、夜間の車の踏切事故がゼロになり、飛び込み自殺もなくなったという。
 国土交通省の調査では、07年度に全国の鉄道で起きた飛び込み自殺(未遂含む)は640件で、前年度より約2割(106件)増えている。鉄道各社によると、飛び込み自殺が多いのは夜間だといい、JR西は青色照明による自殺防止について「一定の効果があることは間違いない」(広報担当)と自信を見せる。
 防犯や自殺防止だけではない。東名高速東京インター付近では01年から、事故防止を目的に上下線1・8キロにわたって青色照明計152基を設置。「『落ち着く』『冷静』というイメージをドライバーの感性に訴えることで、安全運転を促すのが狙いの一つ」(中日本高速道路)としている。
 同社が名神高速・養老サービスエリアのゴミ箱近くの照明を青色に変えたところ、家庭ゴミの不法投棄が2割以上減少したともいう。
 青色照明の効果について、慶応大の鈴木恒男教授(色彩心理学)は「青色を見ると落ち着くという実験データはあるが、珍しい色だから人目につくため、犯罪や自殺を避けようという意識が働くことも考えられる。ただし、明かり一つですべて食い止められるという過大な期待は禁物」と話す。
 ◆青色照明◆ イギリス・グラスゴー市が2000年、景観改善のために街路灯に導入、犯罪発生件数が減少したことで注目を集めた。日本では05年に奈良県警が導入を進めたところ、1年後に周辺の夜間の犯罪認知件数が約9%減少。その後も、北海道から沖縄県まで各地で防犯灯として取り入れられるようになった。(2008年12月10日14時40分 読売新聞)


 なんとこの青色照明の効果はいろんな場所で実証されているのである。オレが驚いたのは、落ち着きを与えるだけではなくて、犯罪を未然に防ぐような部分である。不法投棄が減るなんてことは誰も予想してなかっただろう。JR西日本が踏切付近の照明を青色灯にした結果、踏切事故がゼロになり飛び込みもなくなったというのもびっくりである。もっといろんな対策が必要と思われている状況が、こんな単純な方法で劇的に変わるのである。だったらもっと全国で導入すべきだろう。コストもたいしたことない。一回の飛び込みによって発生する無数の人々の時間的損害と比べれば、こんな照明の設置費用なんて比較にもならないだろう。

 もっとも青色灯を導入しても「自殺そのもの」を減らすことはできない。線路への飛び込みをやめた人が死ぬのをやめることはなく、別の場所に飛び込むか別の死に方を考えるかだと思う。

 他にも鉄道自殺をやめさせるいい方法はないものか。ちょっとショッキングだけどオレはその死体の写真を駅に展示するのはどうかと思っている。もちろんその死体の遺族はカンカンになって怒るだろう。しかし、「飛び込み自殺はこんな無惨な死体になる!」という事実を提示することは、少なくとも抑止力になるのではないか。誰だって自分のことを手足がちぎれて顔がぐちゃぐちゃにつぶれた無惨な死体になりたいとは思わないだろう。だったら駅のホームでそんな写真を掲示することは大きな抑止力になるような気もするのである。

 あとはやはり安楽死外来の設置だ。病院に安楽死外来を設置して、希望する人は問診の上で苦痛のない形で安楽死を施し、臓器移植のドナーになってもらい、臓器提供によって得られた謝礼を遺族に渡すという仕組みはどうか。もちろん生命保険も全額支払われるような形にすればいい。飛び込み自殺でぐちゃぐちゃになれば臓器もみんな無駄になる。それを新鮮な形で取り出せれば世のため人のためにもなるし、自分が最後に誰かの役に立って死ねるということは、安楽死する方にとっても心の平安をもたらすのではないかとオレは勝手なことを考えるのである。

 鉄道通勤している人は誰しもこの「人身事故による延着」を苦々しく思ってるはずである。青色照明が有効なのは夜間だけだ。だったら抜本的な飛び込み自殺対策を取るべきであり、そのためにはオレの提案する「自殺専用鉄道」「安楽死外来」しかないと思うのだが、いかがなものだろうか。






↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。
 


2008年12月13日(土) 景気はこれからどうなるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 12日の午後、アメリカの自動車大手3社(ビッグ3)への救済法案が米上院で廃案になった瞬間、ドルは急落して一時は1ドル=88.4円をつけ、後場の日本株も瞬間的に日経平均600円の下げを見せるなどの動きだった。廃案になった理由は、リストラ策の一つである賃金カットに全米自動車労組が同意しなかったからだという。労組が強すぎるというのも困りものである。アメリカにはジョブバンクというものがあって、そこには3000人ほどが所属しているのだが、全く仕事をしないで遊んでいても依然と同じ報酬が保証されているのだという。全くもってうらやましい話である。

ビッグ3:政府、公的資金での融資検討 救済法案は廃案に
 【ワシントン斉藤信宏】米議会上院は11日、自動車大手3社(ビッグ3)への救済法案について審議したが、法案に反対していた共和党の修正案を軸にした協議が決裂し、法案は事実上の廃案となった。これを受け、米ホワイトハウスのペリーノ大統領報道官は12日、声明を発表し、ビッグ3を救済するため金融安定化法に基づく公的資金7000億ドル(約63兆円)から資金を拠出し、つなぎ融資を実施する方向で検討に入ったことを明らかにした。
 ビッグ3の救済法案廃案は世界経済に深刻な影響を及ぼすと懸念されていた。米政府が支援に乗り出せば、ビッグ3は来年1月のオバマ政権誕生までは経営破綻(はたん)を避けられる見通し。
 ペリーノ報道官は救済法案の廃案を受け、「自動車産業の崩壊は米国経済に深刻な打撃を与える」と危機感を表明。「必要があれば、困難に直面している自動車大手が破綻するのを避けるため、金融機関向けの公的資金7000億ドルの中から資金を拠出する選択肢を検討する」と新たな救済策の作成に前向きな姿勢を示した。
 ブッシュ大統領やポールソン財務長官はこれまで、金融安定化法に基づく公的資金による自動車業界の救済に一貫して慎重姿勢を示してきた。議会民主党との協議の中でも、いったんはエネルギー法に基づく140億ドル(約1兆3000億円)の融資を実施することで合意したが、上院共和党の反対派を説得できず、結局、金融安定化法での融資を検討せざるを得なくなった形だ。
 ビッグ3のうちゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーは、公的支援を得られなければ年内にも資金繰りに行き詰まると訴えてきた。両社とも、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)による企業再生に詳しい法律事務所と契約を結ぶなど、破産法の適用申請に向けた準備に入っていたという。


 上院での救済法案廃案でNYダウは暴落かと思ったら、なんと途中から上昇に転じている。それは上記記事にもあるように金融安定化法案による公的資金での「救済」という方向が打ち出されているからである。全米自動車労組の支持母体は民主党であり、民主党のオバマ政権はなんとしても業界を守らないといけないということなんだろう。

 オレは3社を破綻させるしかないと思っている。その結果アメリカで300万人の失業者が出れば大変なことになるだろう。しかし、破壊がなかったら再生もない。このまま逐次投入で米政府がゼニをつぎ込むことが景気回復につながるとは思えない。そうやってつぎ込んだゼニもどうせみんな無駄になる。だって、競争力のある商品が作れない以上、製造業としての命運はもう定まってるのであり、ビッグ3は自動車業界の負け組なのである。そこが市場から退場していくのは資本主義のルールではないのか。

 今ここで資金を与えて年末を乗り切ったとしても、赤字体質が改善されず、従業員の賃金コストがが高すぎる以上いずれは破綻する。北米トヨタの賃金コストが1時間当たり48ドルであるのに対して、ビッグ3平均は73ドルだという。そんなに賃金が高くて競争力があるわけがない。この賃金をそのままにして救済することはできないだろう。会社がなくなるのと給料が減るのとどっちかを選べと言われると従業員も困るだろうが、少なくとも倒産するよりはマシな選択を選ぶべきだろうと思うのである。

 アメリカ政府が財政支出をこうして増やし続ければ、その資金は米国債を発行して借金で賄うことになる。それをまた日本や中国は買わされるわけだが、ドルがじゃぶじゃぶ供給されればさらなるドル安につながるわけである。アメリカや欧州にとって今回の世界恐慌は「金融危機」という側面が強いのだが、日本にとってこの世界恐慌による円高は製造業を直撃するのだ。トヨタ自動車が下半期赤字決算になることがほぼ確実になったように、日本の基幹産業が大打撃を受けて利益を減らし、各社が減産体制に入って「守り」をかためだした結果、契約社員や派遣社員が大量に解雇された。企業はそれぞれ自己防衛しないといけないわけだが、その余波はいつも貧しい者に向かうのである。広島ではマツダが生産規模を縮小したために生活保護を申請する人が出ている。

 個人投資家でもあるオレは、最近の株価が恣意的に乱高下する中で翻弄されている。たとえば金曜日の後場に「ビッグ3救済廃案」と聞いて自動車株を全力空売りした投資家は、おそらく月曜日には逃げることができずに踏み上げを食らって含み損で死ぬことになるだろう。方向が読めないので安易に手出しできないのだ。日本政府が企業のCPを買い取ることで資金を援助するという方針を発表したら、これまで業績悪化で沈んでいた不動産株が味噌もクソも上昇している。マンションが売れずに死にかけていた企業の株まで暴騰しているのである。だからといって買う気にはなれない。現実問題としてマンションは売れていないのだし、そうした新興不動産の企業にキャッシュを与えて延命させたとしても、やはり少子高齢化の流れの中で地価は下がるし、建てすぎたマンションは値下がりしてるからいずれは破綻する。景気動向に関して、オレは悲観的な見方しかできないのである。しかし株価はそんなものを無視して需給だけで動く。特に参加者の少ない今は一部の機関投資家や仕手筋によって思いも寄らない方向に動かされる。だから怖いのである。

 日経平均はいずれ5000円くらいに下がるのかも知れないし、近々1万円台を回復するのかも知れない。それは全くわからない。高名なアナリストたちにもわからないのだろう。ただ確かなのは実体経済が恐ろしく崩壊しているということだけである。アメリカでは住宅ローンのデフォルトがこれからもどんどん増えるだろうし、クレジットカードの延滞率も上昇中である。想像もつかないペースで破滅が進んでいるのだ。あの大国はそんなことなんでもないようにイカサマを行って、徳政令で借金をみんなチャラにしてドルを刷って乗り切るのかも知れない。しかし日本はそのとき果たして無事でいられるだろうか。これから世界はどんな方向に進んでいくのだろうか。






↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月12日(金) 水を売って稼いだ15億円        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 この世で一番儲かる商品は原価がタダの品物である。その次に儲かるのは原価がタダみたいに安いのに高額で売れる商品である。その、原価がタダみたいなのに法外な価格をつけて15億円も荒稼ぎしていた宗教法人が脱税容疑で摘発されたのである。

「不治の病直る」水販売 紀元会が17億円申告漏れ 2008.12.11 23:30
 長野県小諸市の宗教法人「紀元会」と同会の松井五十鈴・総裁代行(37)らが関東信越国税局などの税務調査を受け、平成19年までの5年間で約17億円の申告漏れを指摘されていたことが11日、分かった。同会は「不治の病も治る」などと信者に水を販売。その収益を「お布施」として処理し、課税対象から外していたという。
 関係者によると、同会は「(水の配布は)宗教行為で、非課税のはずだ」と主張し、異議申し立てをする方針という。
 同会をめぐっては、昨年9月に女性会員=当時(63)が多数の女性信者らに集団暴行を受けて死亡する事件が起き、松井代行の姉で創始者の娘、窪田康子被告(50)=控訴=らが傷害致死罪などで有罪判決を受けている。
 関係者によると、同会は「ガンも治る」などのふれこみで「紀元水」と呼ばれる水を配布するなどして、信者から15億円を超すお布施を募っていたが、これを同局は収益事業と判断。入金された口座を事実上管理していた松井代行の個人所得として処理し、税務申告すべきだと指摘したという。


 国税局側が「販売」と見なした行為が。この宗教法人では「宗教行為で水を配布している」という見解なのである。そしてお布施をいただくのだから非課税だというわけだ。お寺や神社で売っているお守りやおみくじの値段の中には「ぼったくり」と感じるモノもある。おみくじなんて原価を考えれば10円でも50円でもいいのに、たまに200円もぼったくっている寺があったりする。オレはおみくじなんか信じないので被害はないが、おみくじを引く習慣のある方はそんなことを感じないのだろうか。

 それにしてもオレが驚くことは「不治の病も治る」というこの宣伝である。たかが水でそんなことありえないだろう。ただの水に付加価値をつけてぼったくり価格で販売する行為は、脱税以前に詐欺でこそ取り締まるべきではないのか。

 この「紀元会」という宗教法人、昨年9月の信者暴行事件は覚えてるが、その後も存続していたのならそれもまた驚きである。事件に関してどのような決着の付け方をしたのだろうか。中心になった人一人を有罪にしてトカゲの尻尾のように切り離して、教団本体はそのまま活動を続けてきたのだろうか。

 「収入があっても宗教活動なら非課税」というのはなかなかすばらしい論理である。オレが将来事業を興すときに、一番リスクが少ないのは宗教法人の設立じゃないかと思ってしまうのである。最近、観光客を増やすのに成功している寺が京都にはたくさんある。拝観料の高さにびっくりすることも多い。その寺社はみんなちゃんと税金を払ってるのだろうか。それともすべて「宗教活動だから」と非課税の特権を享受してるのだろうか。オレはそんなことも知りたくなったのである。ライトアップして客を増やした永観堂や高台寺など、決算報告の義務もないからかなり稼いでるのかも知れない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。




2008年12月11日(木) このブログはオレのパクリなのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 ある読者に教えてもらったのだが、ときどきオレの記事とかぶった話題を書いているブログが存在した。オレはそのブログを自分のはてなアンテナに登録してたまに覗いていたのだが、どうもパクリとしか思えないような記事に出くわしたのである。ちょっと次の記事を見て欲しい。

  それは和牛通販 讃岐ビーフ.comというサイトにあるブログなのだが、たとえばその11月10日にはこんな文章がある。

「侵略戦争を行ったのは日本だけではない」という主張にはまったく同意する。当時アジアの多くの国は欧米列強の植民地だったのは事実。オランダはインドネシアを支配し、アメリカはスペインからフィリピンを奪い取って支配していた。インドシナ半島はフランスの植民地だった。日本が満州事変で満州を占領した際、なぜか日本の侵略行為だけがリットン調査団によって「内政干渉」とされた。あの時代、大国が軍事的に小国を支配することは当たり前だった。

 実はオレの 11月9日の日記にはこういう文章がある。比べてみて欲しい。

 侵略戦争を行ったのは日本だけではない。あの時代、大国が小国を軍事的に支配することは当たり前だった。満州事変の後でリットン調査団が派遣されてきたとき、日本政府は「なぜ我国だけが?」と感じたのではないか。もしも日本が満州事変を起こさなかったら、代わりにソ連が満州を実効支配していただろう。当時アジアの多くの国は欧米列強の植民地だった。オランダはインドネシアを支配し、アメリカはスペインからフィリピンを奪い取って支配していた。インドシナ半島はフランスの植民地だった。

 どうだ。よく似てるだろう。オレの文章をコピペして順序を入れ替えたり少し手を加えたようにしか思えないのである。他にもないかと思って探してみた。すると11月18日の日記にこういう内容を見つけた。

もひとつ情けないのが、「名前が報告されるのはまずい」という程度の情けない根性ね。わはは、そんなの某ネット掲示板で匿名の落書きと変わらないじゃないか。
本当に学校の式典から国旗や国歌を追放したいなら、名を名乗り堂々と主張を展開し論陣を張ればいい。彼らが自ら職を賭してまで戦うというのなら、論の正否は別として、その熱意には惜しみなく敬意を払う。その主張に理があり、多くの人を納得させることができれば、お望み通り学校の式典から国歌や国旗を追放できるだろう。
正々堂々と議論もしないで、匿名性を保ちつつ公の場で抗議だけしたい、なんてのは便所の落書きと一緒だよ?「人事考課で困るから名前を報告するな」「でも職場のルールは守らない」って、ナント情けない野郎だよ。


 実はオレも11月18日に同じテーマで書いているのである。それを引用しよう。実によく似ているのである。

 この18人に対してオレは言いたい。あなた方は信念を持って命を賭けてその行為を実行したのではないのか。「名前が報告されるとまずい」程度の情けない根性でその行為を行ったのならば、最初からしない方がいい。名前が出ない以上それは2ちゃんねるの匿名の落書き程度の意味しかないのである。あなたがた18人が真に国旗や国歌を式典から追放したいのならば、少なくとも名前を堂々と明らかにした上で主張を展開し、論陣を張るべきではないのか。あなた方が自分の職を賭して戦うというのならその決意には敬意を払いたい。その主張に理があり、多くの人々を納得させることができるのならば立場は逆転するだろう。そして式典での国歌斉唱は逆に禁止されるかも知れない。ちゃんと議論しない以上何も変わらないじゃないか。それを「匿名性を守りつつ」抗議だけはしたいというのは、まるで公衆便所に書かれた「麻生内閣打倒」という落書きみたいなモノである。「人事考課の時に困るから名前は出すな」「ゼニはくれ」というのが要求ならば、なんてケツの穴の小さな戦いだろうか。あまりに情けなくて涙が出るのである。

 こういうブログを読んでいて困るのは、オリジナルのオレの方がまるでパクリのように誤解されることである。(実際そのように誤解してメールしてきた読者はいた。)ネタがかぶってる程度じゃないんだ。明らかにオレの文章をコピペしてるというのがこの2本の日記でわかるだろう。オレの文体は偶然の一致で書けるものじゃないぜ。もちろんこの方のブログ自体にはいろんな記事があり、オレのパクリ記事だけではない。しかし、もしかしたらオレの日記以外に元ネタとしている日記を複数用意していて、それらを交互に使用してるのかも知れない。少なくともオレの日記をこうしてパクってる以上、そのように疑われても仕方がない。

 直近では12月9日の日記にこういう記述があった。

 少し前、「宇宙(こすも)」とか「空(すかい)」とか、漢字を英語で読ませるネーミングが話題になったけど、あんなの役所に提出したら窓口で失笑されそうだよなぁ。でもって成長して地下鉄運転手とかトンネル掘削とかに従事してたらおもしろいのに。 職場で「その名前で地下仕事かいっ!」って、ことあるごとにツッコまれまくり。
       中略
「葵」ってのは篤姫効果なのか?良い名前だとは思うけど。「愛」とか「美」という漢字のセレクトには娘を思う親心だろね。「心優」を「みゆ」って、読み仮名ふってくれんと絶対僕には読めないんだけど、これを「みゆ」と読ませてる親が全国にそんなに多数いるのか?


 ちなみにオレの 12月9日の日記にはこんな記述がある。

 最近どうも変な名前を子どもに付ける親が増えているらしい。「宇宙(こすも)」とか「空(すかい)」とか、漢字を英語で読ませるネーミングが少し前に問題になったような気がするが、ベネッセコーポレーションの調査した赤ちゃんの名前ランキングにはオレが見たこともない名前が並んでいたのである。
この名前の中でオレが心情的に許せるのは1位の「葵」くらいである。こんなところにも篤姫効果なんだなあと改めてオレは驚いている。宮崎あおい主演の「ただ、君を愛してる」という映画はすばらしいので、ついでにみなさんにお勧めしておきたい。おっと、それはどうでもいい。このランキングの中で特に 結愛(ゆあ)、結菜(ゆいな)、美羽(みう)というのはどうかと思う。そういう芸能人のような名前が普通になってきてるのだろうかとオレは改めて驚いたのである。
 そして「心優」がなぜ「みゆ」と読めるのか。それを「みゆ」と読ませている親が全国に多数いるのか。そもそもこの調査のサンプル数はどれくらいで、地域的な偏りはないのかなどとオレは不思議に思うのである。名前のランキングなのに、オレが見たこともない名前が並んでいる時点でこの調査の信憑性をオレは疑ってしまうのである。


 さすがにこの12月9日の日記は、かなり手を加えていて元ネタの痕跡が見えにくくなっているのである。しかし、こうして並べてみると類似点は多い。

 こうして話題にした以上、オレの日記を参考にしてコピペ日記を書いているこのサイト主は何らかのアクションを起こすだろう。パクリ日記をすべて削除するのか、あるいはメールを送ってきてわびを入れてくるのかはわからない。まともな常識のあるブロガーならば、そして自分のサイトに誇りを持っているのならば、きちっと自分のサイト上でお詫びすべきだろう。

 おそらくこのパクリサイトの書き手はオレの日記の熱心な読者なんだと思う。そうして読んでくださることはとても光栄なことである。しかし、それと盗作は別だ。敬意を払うのならばなおさらそうした行為は厳に戒めなければならないのである。今回、まず本人にメールを送るのではなくてこうして公開の形にしたのは、まるでオレの日記の方がパクリであるかのように誤解した読者がいたのでやむなくとった行動である。

 オレの書いた社会派の記事の中には、オリックスによるジョイント株のインサイダー取引疑惑とか、ゴールドマンサックスによる不二家株のインサイダー取引疑惑など後に多くのブロガーが取り上げたものがある。そうした一つ一つの記事に関してパクリがあったのかどうかを検証するのは困難で、とりあえずオレも盗作されるくらいには有名になったのかと思うことにしている。大きな事件なら自分以外の方もきっと取り上げるだろうと思うから、そこには類似性も生まれるだろう。しかし、今回のコピペ日記はあまりにも工夫がなさ過ぎる。オレの文章そのままじゃないか。

 かつてオレは自分の日記で大阪府立高校のエアコン設置に関する談合疑惑を取り上げたことがあった。そのとき、実際の施工費用がどの程度かかるのか、建築士の方に質問してメールをやりとりして情報を収集してから記事にした。その日記の文章をそのまま自分のアフィリエイトサイトにぱくっていたヤツを発見したとき、オレは自分の日記で激しく罵倒した。そのパクリ野郎は当該日記を削除して何事もなかったようにしていたので、オレはメールを送って「法的措置も辞さない!」と詰め寄った。するとそいつは謝罪メールを送ってきてサイトを閉鎖した。

 しかし、この和牛通販 讃岐ビーフ.comの意図が、オレから罵倒されて注目を受け、アクセス数を増やして商売繁盛を狙うという可能性もあるかも知れない。だったらオレがこうして取り上げることで先方は逆に喜ぶことになるのである。少なくとも通販の業務を行ってる以上、オレの抗議くらいでサイト閉鎖する気はないだろう。さて、どんな誠実な対応が見られるのか。オレはそれを期待してるのである。

 追記:本日(12月11日)付けで讃岐ビーフ.comさまからの謝罪のメールをいただきました。日記の中でも謝罪されてるということなのでこの件に関しては終了といたします。この日記で私が指摘した分に関しては削除されたようですが、盗用はかなり前にさかのぼって存在します。引き続き誠実な対応を望みます。

 参考:WEB魚拓で保存したパクリ日記11月分


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月10日(水) 書評『とんび』〜重松清        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。 12月8日の日記の投票結果が面白いのでぜひごらんになってください。


 オレはきっと駄目な父親の代表のような気がする。太宰治の小説「桜桃」には「子供より親が大事、と思いたい。」というフレーズがあるが、きっとオレも「桜桃」に出てくるお父さんのようなどうしようもないオッサンなんだろう。そんな自分だから、自分にないものを持った主人公に惹かれるのかも知れない。重松清の小説「とんび」は我が子への溢れる愛情を抱えながらも不器用でうまくそれを表現できない父親と、そんな父親を深く愛する息子の物語である。

 親の、子に対する無償の愛を描く重松清の表現はお見事であると言うしかない。「そ、そんなことまでするか・・・」なんて思ってしまうのは、オレが愛情薄い父親であるせいだけとは思えない。この作品で描かれる父親の姿は、息子という存在をまるで片想いの恋人のように愚直に愛し続ける男なのである。

 男が不器用に生きるとはどういうことなのか。周囲と衝突し、思い通りにならないときは酒を飲んで忘れ、言いたいことがあってもなかなか口に出せない。挙げ句の果ては心にもないことを言って相手を傷つけてしまう。そして後悔してもなかなか素直に謝ることもできない。そんな不器用さをこれでもかこれでもかとこの小説の主人公であるヤスさんは見せつける。なんであんたはそんなに不器用なんだ。どうしてもっと楽な生き方ができないんだ。なんでそんなに頑固なんだとオレは読んでいて思うのである。しかし、それがこの主人公の魅力でもある。

 もう一つ、オレが親近感を抱いたのはこの主人公の息子である「アキラ」が第二回の共通一次試験を受験しているということ、つまりオレとほぼ同世代であるということである。学年で言えばオレよりもアキラは一つ下である。だからここに描かれる世相というのはオレの過ごした大学生活の頃とみごとに重なるのだ。そんなこともまたオレがこの小説の世界にスンナリと入っていけた理由である。

 息子アキラが生まれてから成人し、結婚するまでの30年近い月日を淡々と描くこの小説を読み終えたオレが思ったのは、「これは絶対に映画化するといい!」ということだった。この父親を誰に演じさせればいいのだろうかと悩んでしまうのだけれど。

 また、この小説の魅力を増しているのは脇役たちの存在である。主人公の幼なじみであり悪友である照雲和尚、その妻の幸恵、行きつけの飲み屋のおかみであるたえ子、そうした登場人物がみな個性を発揮して重要な役割を演じている。オレが「映画にすればいい」と思ったのは、それぞれのキャラクターが豊かな個性を持ち、単なる脇役以上の存在としてストーリーに密接に関わっているからである。

 舞台となる広島県備後市というのは福山市を想像させるが、重松清さんは岡山県津山市の出身である。そして1963年3月生まれということだから、この小説に出てくる「アキラ」よりも一学年下ということになる。

 オレはこの小説をこれから父親になる男性に、そして親子の関係をうまく築けないで悩んでる人たちにぜひ読んでもらいたいと思っている。かつて、こんな父親たちが日本にはたくさんいたのだろう。そしてもしかしたらオレの父親も、そんな不器用な男の一人だったの知れない。



↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月09日(火) そんな変な名前見たことないぞ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。 昨日の日記に投票ボタンを付けています。まだ投票されていない方は一度ご確認ください。


 最近どうも変な名前を子どもに付ける親が増えているらしい。「宇宙(こすも)」とか「空(すかい)」とか、漢字を英語で読ませるネーミングが少し前に問題になったような気がするが、ベネッセコーポレーションの調査した赤ちゃんの名前ランキングにはオレが見たこともない名前が並んでいたのである。

癒やしのネーミング〜 人気は男児「大翔」、女児「葵」 2008年12月8日21時30分
 今年生まれた赤ちゃんについた人気の名前は、男の子は「大翔(ひろと)」、女の子は「葵(あおい)」――。ベネッセコーポレーションが8日、今年11月までに誕生した約4万人を調べた結果を発表した。
 未来へ羽ばたくイメージの「大翔」は3年連続1位。昨年2位だった「葵」は、NHKの大河ドラマ「篤姫」で主演の宮崎あおいさんの影響とみられ、昨年まで3年連続トップの「陽菜(ひな)」を抑えた。
 使用漢字では、男の子は「翔太(しょうた)」「優太(ゆうた)」などの「太」が1位。「大」「斗」が続いた。女の子は「美羽」「美咲」などの「美」が首位で「愛」「菜」が続く。昨年11位と復権の兆しがあった「子」は13位だった。
 読み方では男の子は「ゆうと」「はると」など「○○と」が目立った。女の子は「ゆい」「みゆ」など2文字派が多い。男女とも「ゆ」が人気。ベネッセは「不安の多い社会を踏まえ、癒やし系の和やかな音の響きが好まれているのでは」と分析している。


 男子校の教員をしているオレが教えている生徒たちの名前で、この男子の名前ベスト10に入ってるのは一つしかない。6位の「翔太」があったくらいで、他の名前には一度も出会ったことがないのである。

1位(1)大翔(ひろと)
2位(4)蓮 (れん)
3位(2)悠斗(ゆうと)
4位(6)悠人(ゆうと)
5位(6)優斗(ゆうと)
6位(4)翔太(しょうた)
7位(10)大和(やまと)
8位(3)颯太(そうた)
9位(16)悠真(ゆうま)
10位(19)蒼空(そら)


 特に第二位の「蓮」という名前には違和感がある。オレはこの名前の人間にこれまでに一度も逢ったことがない。今から15年くらい経ったら、高校に入ってくる生徒たちの名前にこういうのが並ぶのだろうか。

 女の子の名前もひどい。

1位(2)葵 (あおい)
2位(4)結衣(ゆい)
3位(1)陽菜(ひな)
4位(7)凛 (りん)
5位(14)結愛(ゆあ)
6位(5)結菜(ゆいな)
7位(6)美羽(みう)
8位(3)さくら
9位(16)心優(みゆ)
9位(10)七海(ななみ)


 この名前の中でオレが心情的に許せるのは1位の「葵」くらいである。こんなところにも篤姫効果なんだなあと改めてオレは驚いている。宮崎あおい主演の「ただ、君を愛してる」という映画はすばらしいので、ついでにみなさんにお勧めしておきたい。おっと、それはどうでもいい。このランキングの中で特に 結愛(ゆあ)、結菜(ゆいな)、美羽(みう)というのはどうかと思う。そういう芸能人のような名前が普通になってきてるのだろうかとオレは改めて驚いたのである。

 そして「心優」がなぜ「みゆ」と読めるのか。それを「みゆ」と読ませている親が全国に多数いるのか。そもそもこの調査のサンプル数はどれくらいで、地域的な偏りはないのかなどとオレは不思議に思うのである。名前のランキングなのに、オレが見たこともない名前が並んでいる時点でこの調査の信憑性をオレは疑ってしまうのである。

 全国で名前のランキングを取るならば、それこそ出生届が出された市役所から名前の全データをもらって処理したらいいのであり、そこに個人情報の流出などの問題が発生するならば、産婦人科のある病院からデータを提出してもらうとかである。そっちもやはり個人情報ということで明かせないのかも知れないが。

 名前に関して一番恐ろしいことは、その名前の誰かが凶悪事件を起こせばものすごくイメージが悪くなってしまうということである。つまり一人一人は自分の名前という価値を背負っているのであり、情けない行動を取れば自分以外の同じ名前を持つすべての人に迷惑をかけていることになるのだ。
 オレの戸籍上の名前と同じ名前のどんな人物がいるのか。ネットで検索するとかなりヒットする。その多数の同姓同名の偉人たちに負けないようにこのオレも精進しないといけないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月08日(月) ロシア娘 金髪のアソコ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 12月2日発売の週刊アサヒ芸能の表紙に印刷されていた見出しの中に、なんと「ロシア娘 金髪のアソコ」という文字があった。書店の店頭で雑誌を眺めていたオレはその文字を見て一瞬度肝を抜かれたのである。なんて卑猥な釣りコピーなんだ。そして世の中のスケベな男性諸氏にとってその雑誌を手にとって「金髪のアソコ」を確かめることはお約束の行動であり、別に自分が同様の行動をとったとしても特に批判を受けることはないだろうと思いつつも、オレは前後左右を確かめた。もしも周囲にオレを知ってる人間がいれば、オレがその雑誌を手に取ったことがバレてしまうからである。




 幸い、オレの前後左右には知らない人しかいなかった。それでオレは安心してその雑誌を手に取ったのだが、なんとオレが見たかった「金髪のアソコ」袋とじのページになっていたのである。購入してその袋とじを破らないとオレは金髪のアソコを拝むことはできないのである。なんということだ。それにしてもなんて卑怯なんだ。もしもこの袋とじの中味にある「金髪のアソコ」が期待はずれのものであったとしても、それがわかったときはすでに雑誌を購入してゼニを払った後なのである。そこで「ゼニを返せ!」と抗議することはできないのである。そう思うと、その袋とじの中味を確認せずに雑誌を購入する行為はきわめてリスクの高い行為に思えたのである。

 オレはあきらめてその雑誌を目の前の棚に戻した。そして買うべきか買わざるべきかを考えた。見出しの中でもっとも大きな文字は「小泉毅はヒットマン」とあった。オレはあんまりあの事件に対して興味がない。「落合監督原ジャパン潰し全内幕」という記事もあったがこちらにも興味はない。「関根麻里と関根勤、父娘善哉24年」という記事にも全く興味はない。どうやらオレにとって気になるのは「金髪のアソコ」だけなのである。そのためにここでオレは大枚350円をはたくべきなのだろうか。

 そんなことを書くとすぐに「あんたは株式投資で数十万、数百万を動かしてる投資家じゃないか。たった350円くらいたいしたことないだろ!」と言われそうである。しかし、オレの日常生活というのはきわめて質素に営まれているのであり、1円でも安いガソリンを求めて情報を収集し、わざわざ5%引きの日を狙ってダイエーやジャスコに行くというせこい人間なのである。そんなオレにとって、この350円という出費は実にもったいなく思えたのである。そういうわけでオレは結局この雑誌を買わなかったのである。

 果たしてその「金髪のアソコ」というものは350円という大金を投じてまで見なければならないような価値があるものなのか。そもそも「アソコ」とはカラダのどの部位なのか。帰宅してからオレはちょっと気になってグーグルで「アソコ」という言葉を検索してみた。するとそこにはちょっとここでは書けないような文字がズラリと並んだのである。どうやら「アソコ」というのはかなりわいせつなものであることが判明した。調子に乗ったオレは「アソコ」「画像」というキーワードで検索を掛けてみた。するとたちまちそこには日本の法律で明らかに規制の対象であるような画像が表示されるWEBサイトがズラリと並んだのである。なんということだ。こんなものを見るためにオレは検索しているのじゃない。オレが知りたいのは「アソコ」という言葉の意味なのである。オレが見たいのはこんなグロテスクな画像なんかじゃない。もっと美しく夢のある世界である。それなのに画面には見るだけで目がつぶれてしまいそうな過激でわいせつなものが次々と出てくるのである。そんなものは見たくないのである。

 ここでオレは学問的な検証のためにはちゃんとした辞書を引くべきだろうと言うことに気がついて「広辞苑」で「アソコ」を引いてみた。しかしカタカナの「アソコ」という語は見出し語には存在せず、代わりに「あそこ」という語があって、その意味は「自分からも相手からも遠い場所を指示する」とあった。女性のカラダにある、自分からも相手からも遠い場所っていったいどこなんだ。そういう説明ではますますわからなくなってしまうのである。

 しかしなんとなくわかってきたことは、この「アソコ」という語が男性女性それぞれの性器やその周辺部位を指している隠語であり、直接「ち○ぽ」「ま○こ」などの語を発することがはばかられるために遠回しに言うときに使われる語であるということだった。気になってもっと他の意味はないのかと調べてみた。以前にオレが「蛇にピアス」という小説を読んだときにそこに「マンコ」という語が出てきて、それはオレにとって意味不明の単語だったので調べてみたところ、沖縄に存在する「漫湖」(まんこ)という湖のことであることがわかったということがあったのを思い出したのである。もしかしたらこの「アソコ」というのも地名かも知れない。「阿蘇湖」という湖があるのかも知れないし、あるいは「アソコ」ではなくて正しくは「アソウコ」であり、「麻生湖」や「麻生子」という漢字を当てるのかも知れない。麻生首相お膝元の湖や、麻生首相の秘密の隠し子を暗示する隠語かも知れないと思ったからである。しかし、それらしい検索結果は出てこなかった。どうやらオレの考え過ぎだったようである。

 たまたまオレが目にした雑誌表紙の「金髪のアソコ」というフレーズから、オレはこういう一連のことを考え、そして気になったことを丁寧にネットで調べたりしたのだが世間の普通の男性はオレのようにじっくり考えることもなく問答無用でこの雑誌を購入するのだろう。そこにある袋とじの中の「金髪のアソコ」を求めて。それほど「金髪のアソコ」というフレーズのインパクトは大きいのである。オレのようなまじめな人間でさえも「うっひょ〜」と驚いてしまったくらいだから日頃から頭の中を卑猥な妄想で埋め尽くしてるような情けない輩にとっては「うひゃひゃひゃひゃひゃひゃ〜」くらいの衝撃であるに違いない。そういう人たちにとってこの反則のような見出しの与える販促効果は絶大なものである。

 そこでオレは思うのだ。少なくとも表紙に書く雑誌の見出し文字としてこの「金髪のアソコ」という文字はフェアじゃないと。あまりにも下品すぎないかということなんだ。まじめな社会派の記事も載せていることがある雑誌として、あまりにもその見出しの付け方はが低すぎるのじゃないかとオレは感じたのだ。なんとかして一冊でも売りたいという気持ちは理解できないこともない。しかし、だからといってこんな扇情的な見出しを付けることが果たして許されるだろうか。こんな見出しのある雑誌が大手新聞や電車の中吊り広告で堂々と宣伝され、電車の中吊りに広告に「金髪のアソコ」の文字が躍るとすれば、それはやはり問題ではないか。その電車には塾に通う小学生も乗るだろう。その小学生はふと見上げた中吊り広告に「金髪のアソコ」という文字を発見する。「アソコっていったいどこのことだろう。金髪とあるから頭のことだろうか?」と誤解するかも知れない。彼が正しい知識に到達できるのはいつのことだろうか。

 ここまで書いたものを読み返して、オレは今日の日記があまりにもつまらない内容であることに気がつき、深く脱力したのである。オレの今日のくだらない日記なんかよりも、その袋とじ特集の「金髪のアソコ」の方がはるかに価値ある存在であることは間違いない。オレはそのことを断言したい。それにしてもあの袋とじの中味はどんな内容だったのだろう。オレはそれが気になって眠れないのだった。






↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月07日(日) 吉川友梨さんはどこにいるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 2003年5月、帰宅途中に行方不明になった吉川友梨さんはどこに行ってしまったのだろうか。この行方不明事件を利用して身代金名目でゼニをだまし取ろうとした外道がいたが、その上を行くもっと悪辣な連中がいた。ワラにもすがる気持ちでいる両親から、捜索費名目でゼニをだまし取り続け、その金額が総額1億円にのぼるという。4年間にわたって友梨ちゃんの両親はこの男女からゼニをだまし取られ続けたのである。まず毎日新聞の記事を引用しよう。

大阪女児不明:親から1億円 詐欺容疑で男女逮捕
 大阪府熊取町で03年、下校途中に行方不明になった吉川友梨さん(14)=当時、小学4年=の父親(48)に「娘を助けられる」などと持ちかけ、捜索費名目で現金をだまし取ったとして、府警捜査1課と泉佐野署は6日、堺市堺区大浜中町3丁、無職、中谷浩気(39)と内縁の妻、自称川上佳代(38)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。2人は約4年間にわたり父親から1億円近くだまし取った疑いがあるとみて調べている。
 中谷容疑者は容疑を認め、川上容疑者は「私は利用されただけ」と否認しているという。
 調べでは、2人は共謀し、友梨さんの安否を心配する家族から現金をだまし取ろうと計画。04年7月中旬、川上容疑者が友梨さん宅に電話をかけ、「私の弟も誘拐されたが、プロに助けてもらった」などと持ちかけ、中谷容疑者を紹介した。数日後、中谷容疑者が友梨さんの父親を堺市堺区の南海本線堺駅前の広場に呼び出し、「川上」と名乗った上で「友梨さんは三重県にいるみたいだ。行って確認するから金がかかる」とうそを言い、必要経費として10万円をだまし取った疑い。
 府警泉佐野署の捜査本部は10月中旬、家族から初めて相談を受け、捜査を始めた。中谷容疑者らが自宅近くのコンビニエンスストアのATMコーナーで、父親が振り込んだ現金を引き出す姿が防犯カメラに映っていた。
 中谷容疑者らは電話やメールなどで頻繁に父親と接触。「友梨さんを助けたが、今は会えない」などと言葉巧みに要求を繰り返していたとみられる。
 友梨さんは帰宅途中の03年5月20日午後3時ごろ、自宅近くで同級生に目撃されたのを最後に行方が分からなくなった。【遠藤孝康、堀江拓哉】


 この男女は詐取したゼニをどんなふうに浪費していたのか。高級ホテルを常宿にしていたのである。宿泊費に使う以外のゼニはほとんど遊興費にあてていて、移動は全部タクシーという贅沢ぶりだったという。産経新聞に関連記事があった。

1年半、高級ホテルを定宿 大阪の友梨さん事件詐欺 2008.12.6 23:08
 行方不明になっている大阪府熊取町の吉川友梨さん(14)の救出話をめぐる詐欺事件で、逮捕された無職、中谷浩氣(39)と内縁の妻で自称、川上佳代(38)の両容疑者が家族から金をだまし取り始めたころから約1年半の間、大阪市内の高級ホテルなどを定宿にしていたことが6日、わかった。2人は友梨さんの家族から詐取した約7000万円をほとんど遊興費に充てていたとみられ、捜査1課は泉佐野署に捜査本部を設置し、事件の全容解明を進める。
 中谷容疑者は調べに「友梨ちゃんを知っているように装って現金を詐取した」と容疑を認め、川上容疑者は「中谷容疑者がどこで何をしていたか知らない。私も利用されていたかも」と否認しているという。
 調べでは、2人は友梨さんが行方不明になった約1年後に家族から金をだまし取り始めた。知人によると、その直後の平成16年夏ごろから大阪市内の高級ホテルで暮らすようになり、17年3月に堺市内のホテルに移動。18年4月に堺市堺区のマンションに移り住んだ。
 2つのホテルの料金は500万円は超えていたとみられ、中谷容疑者は別の知人に「高級ホテル暮らしだ」と自慢したこともあった。ホテルには連日タクシーを呼んで出掛けていた。
 マンションに移ってからも生活は派手で、十数分の距離にあるスーパーに出かける際もタクシーを利用。買い物中も待たせて帰宅し、高額の運賃を支払っていたという。
近所の住民は「2人とも働いている様子はなかったが、羽振りがよさそうだった」。マンション管理人の男性は「すじこなどの高級食材を差し入れてくれたこともあった」と話した。
 しかし、最近は家賃なども滞納するようになり、中谷容疑者が9月ごろ、近所の住民に「銀行口座を警察に差し押さえられた。自分はヤミ金をやっている。警察に事情を聴かれたら知らないふりをしてほしい」と懇願していたという。


 自分で働かずに他人に寄生するだけのこの外道どもがどのような毎日を送っていたのか。娘を必死になって捜す親の気持ちを踏みにじってゼニを巻き上げ続けてきたことを思うとこいつらには死刑以外の罰は考えられないのだが、残念ながら詐欺罪の最高刑は死刑ではない。ただ、オレが不思議なのはなぜ吉川友梨さんの両親がすぐに警察に相談しなかったのかということである。捜査すればすぐにこの男女がイカサマ野郎であることはバレただろうし、一億円近くの被害が発生することもなかったのではないか。4年間もだまされ続けたこともまたオレには信じられないのだ。どうしてその途中で「疑う」ということをしなかったのか。もっと早くに警察に駆け込まなかったのか。それだけの大金を友梨さんの両親はどうやって工面したのか。それもオレには不思議なのである。親戚中から借りまくったのだろうか。それもまた哀れな話である。

 吉川友梨さんは今どこで何をしているのか。オレは以前に新潟県で発生した、少女を誘拐して9年間自分の部屋に監禁していた男の狂気を思うのである。どこかで助けを待ちながら暮らしているのだろうかと。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月06日(土) 賞味期限切れでもいいじゃないか!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 わが家では賞味期限切れの食品がよく発生する。妻が買い込んだ大量の食品の多くが放置されそのまま存在を忘れられているからである。それを時折発掘しては処理するのがオレの役目なのである。少しくらい賞味期限を過ぎていたからといきなりその食品が食えなくなるということはなく、多少風味は落ちるかも知れないが十分食べられるからである。ところが神経質な人は「賞味期限切れ」というだけであっさりと捨てるかも知れない。特にそれを販売する側としてはそんな古い商品が存在するだけで問題視されるわけで、スーパーの店頭から撤去された賞味期限切れの売れ残りの商品はいったいどうなるのだろうかとオレは思っていたのである。

 もちろん「品質には問題ない」ということでその商品を再度出荷していた不心得者の企業が次々と発覚して、社会的に制裁を受けるということがあった。いわゆる食品偽装問題である。ただ、その再出荷品のほとんどは全く消費者には気づかれずにおいしく食べられていたのである。だったら別にいいじゃないかと思っていた不心得者たちも多かっただろう。

 そんな卑怯な方法をとらずに堂々と「これは賞味期限切れだ!」と公表して販売したらどうなるのか。そんな開き直り商法で客に人気のスーパーが存在したのである。読売新聞の記事を引用しよう。

捨てるのモッタイナイ!賞味期限切れ品、スーパーで格安販売
 賞味期限が切れて2年が過ぎた炭酸飲料が10円、1年過ぎたチューブ入り調味料は38円――。東京都江東区の食品スーパーが、「モッタイナイ商品」と称して賞味期限切れの格安商品を専用コーナーに陳列している。
 保健所から指導を受けても、「まだ食べられるものを捨てる方がおかしい。今の日本人は無駄をしすぎ」と撤去を拒否。「期限切れ」と明示しているので、日本農林規格(JAS)法違反には問えないという。
 この店は同区亀戸の「サンケイスーパー」。経営者の水野二三雄さん(76)によると、賞味期限切れの商品専用のコーナーは4、5年前、店舗の2階奥に設置した。
 1畳ほどのスペースには、ケニアの女性環境活動家でノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさんの名前と共に「平和賞バンザイ モッタイナイ商品棚」と記された看板が掲げられる。「期限切れ品」「試飲済みです。風味OK」と添え書きもある。
 置かれているのは2006年11月が賞味期限の紅茶パックや炭酸飲料など。半年〜1年以上経過したジュース類や缶詰、生産が終了した商品も。大半は100円未満で売られ、06年10月が期限のどくだみ茶は98円だった。
 ◆食品廃棄は「犯罪に等しい」、保健所は弱り顔◆
 水野さんによれば、いずれも正規に仕入れたが、売れ残ってしまった商品。本人が味見もし、品質に問題がないことを確認しているという。水野さんは、「戦時中は落ちているものも食べた。今の日本人はまだ食べられる食品を大量に廃棄しているが、犯罪に等しい行為」と話す。
 だが、各メーカーは取材に対し、「ブランドイメージに傷がつく」と困惑している。
 厚生労働省や農林水産省によると、細菌類の検出や健康被害がなければ食品衛生法には触れず、賞味期限を偽装していなければJAS法上も問題ないという。
 区保健所は度々、文書や口頭で撤去を指導してきたが、店側は従わなかった。同保健所は「品質がすぐ落ちるわけではないが、2年オーバーは想定外。商売人としてのモラルに訴えるしかない」と弱り顔だ。
 激安スーパーで知られる同店は地元では人気で、「数日ならまだしも、2年とは……」と驚く女性客(57)も、「安いから文句は言えない」と苦笑い。常連客という別の女性(56)は「買う側の責任で判断すればいい。食べる物にも困っている人なら背に腹は代えられないと思う」と話していた。(2008年12月5日14時36分 読売新聞)


 オレが驚いたのは、こうして賞味期限切れを公表して販売するのは法律上は問題ないということだった。店頭に並べるだけでもいけないのではと思っていただけに意外な感がある。JAS法上も問題ないということである。文句を言ってるのは各メーカーの側だが、だったらメーカーがその売れ残りを仕入れ価格で引き取ってくれるのだろうか。もしもそうならきっとこの経営者は返品したのではないか。売れないクソ商品を押しつけられて、それを値引き販売してるならきっと原価割れしていて店側の利益にはなってないはずである。だったらメーカーが文句を言うのはおかしいということになる。

 スーパの店主の水野さんの

「まだ食べられるものを捨てる方がおかしい。今の日本人は無駄をしすぎ」
「戦時中は落ちているものも食べた。今の日本人はまだ食べられる食品を大量に廃棄しているが、犯罪に等しい行為」


という主張にはオレも全く同感である。大量に残飯を出したりすることの愚かさを思えば、捨てられていく運命の食品に最後のチャンスを与えて、きちっと食品としての運命を全うさせてやるこの処置には拍手を贈りたい。賞味期限2年オーバーのものであっても、2年オーバーでも大丈夫なものがこの世には多いのである。もしもそんな店がオレの家の近くにあればきっとその賞味期限切れの安売り品をオレは買うだろう。

 地元では人気があるというこのスーパーの「モッタイナイ」コーナーは、おそらくはそれを目当てにやってくる客が通常の商品も買ってくれることを狙ったひとつの客寄せなんだろう。その商品しか買わないというセコい人間ばかりではないはずで、きっと通常の商品も買われているとオレは思うのである。話題作りには十分だ。

 オレが恐れるのはこの画期的な試みが余計なじゃまをするメーカーや、変に頭の固い消費者団体の横やりでつぶされることである。正しいことをしていてもそれにケチをつけたがる馬鹿が必ずいるのである。そういう馬鹿は自分の信念に何の疑いも持たずに攻撃してくるから怖い。この世で一番厄介なのは「信念を持った馬鹿」である。そんな連中の圧力でこの貴重な試みが妨害されてなくなることをオレは心配するのだ。どうかがんばって続けて欲しいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月05日(金) 迷惑を掛けたくなくて迷惑を掛けた馬鹿        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 いつも駅まで親にクルマで迎えに来てもらってる男がいた。その男は「こんなふうにいつまでも親に迷惑を掛けるわけにはいかない」と思った。それでどうしたかというと、駅にとめてある自転車を盗み、それで家に帰ってきた。ところがその窃盗がばれて警察のお世話になることになってしまった。さて、どちらが迷惑だろうか。息子を駅までクルマで迎えに行ってやることと、息子が警察に捕まることと。そんなこと言わなくてもわかるだろう。ところがそんなことがわかっていない馬鹿が存在したのである。産経新聞のWEBサイトの記事を引用しよう。

父親のポイントカードで偽札使用 「就職浪人、迷惑かけられない」…ん? 2008.12.4 22:10
このニュースのトピックス:変な事件
 一万円札を偽造し使用したとして、大阪府警吹田署は4日、通貨偽造・同行使容疑で、豊中市東寺内町の無職、日野一平容疑者(26)を逮捕、大阪地検へ送致したと発表した。日野容疑者は「就職浪人で、親に迷惑をかけられないと思いやった」と供述しているという。
 調べでは日野容疑者は平成19年11月上旬、自宅のスキャナー付きのプリンターで紙幣の画像を読み込み偽造し、吹田市内のスーパーで使用した疑い。約3400円分の食料などを買い支払ったところ、店員が偽造紙幣と気づき、父親名義のポイントカードを使っていたことなどから日野容疑者が浮上。同署が今月2日に逮捕した。


 この日野一平という男は、就職浪人中で親に経済的な負担を掛けていることを気に病んでいて、これ以上お金のことで迷惑を掛けられないと思ってそのお金を自分で作り出すことにして、スキャナーで読み込んで偽造した一万円札を使用したのである。なんと親孝行な若者・・・・のはずがないのである。なんて親不孝者だろうか。それにしても偽札造りなんてことが簡単に可能だと思ってる時点でこいつは救いようのない馬鹿である。そんなもの使えばすぐにばれるし、しかも証拠を隠滅しようと工夫するどころか父親名義のポイントカードを使用してわざわざ本人確認の材料を与えているのである。まだ自宅から遠く離れた知らない店で偽札を使用するのなら「工夫」が感じられるが、こいつは父親の行きつけの店で偽札を使ってるのである。

 オレはこうした事件の報道に接するたびに思うのだが、どうしてこの世の中にはこんな浅はかな人間が存在するのだろうか。人間はどうしてここまで馬鹿になれるのだろうかということである。この26歳無職がどうして就職浪人にしてるのか、その詳しい理由は記事の中にはない。しかし、この事件から判断するにこいつが就職できない理由というのはただ単に「馬鹿だから」ということではないのか。超弩級の馬鹿だからどこの会社も門前払いということではないのか。オレにはそうとしか思えないのである。

 世間には働く場所はいくらでもある。ファミレスやファーストフードの店はいつでもバイトを募集しているし、求人情報誌にはたくさんの求人情報が溢れている。つまり「職種を選ばなかったら」働く場所は無数に存在するのだ。どんな仕事でもいいからしたい・・・ということではなく、やりたい仕事が見つかるまで就職浪人していられるというのはなんと恵まれた身分だろうか。そうして穀潰しでいることを「親に対する迷惑」と思うならば、なぜどんな仕事でもいいから収入を得ようとしなかったのか。そのあたりにオレは激しい矛盾を感じるのである。

 大学の数を増やしすぎたせいで、世間には馬鹿な大学生が溢れた。学歴の価値が低下した結果、自分の能力を勘違いする馬鹿が増えた。その結果ニートと言われる大量の穀潰しが発生した。今回の事件を起こした日野一平という男もその一人かも知れない。それにしても「親に迷惑を掛けたくない」という理由で「迷惑を掛けた」馬鹿、こんな情けない人間がこの世に存在したということにオレは改めて驚いたのである。どうすればここまで馬鹿な人間というものが作れるのか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月04日(木) 口べたなので、セクハラしました!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 ロリコンという病を持つ人がたまたま小学校の先生になった場合、どんなことが起きるのか。そういう人間をどうやってこの職業から排除すればいいのか。そもそもそんな本性をどうやって見抜けばいいのだろうか。産経新聞のWEBサイトの記事を引用しよう。

51歳教諭が女子児童7人にわいせつ行為 都教委が懲戒免職へ2008.12.3 01:28
このニュースのトピックス:少年犯罪
 東京都内の区立小学校に勤務する男性教諭(51)が、1年半以上にわたって、同校の女子児童7人の体を触るなどのわいせつな行為を行っていたことが2日、分かった。教諭は校長から再三にわたってやめるよう指導を受けていたというが、「児童と会話によるコミュニケーションが苦手だった」などとして行為を続けていたという。事態を重視した都教育委員会では近く教諭を懲戒処分にする方針。
 関係者によると、教諭は平成18年9月中旬から20年5月下旬にかけて、勤務先の小学校の図工室で3〜5年の女子児童7人の胸や腰、背中を服の上から触った。また、両手を両脇の下に入れて脇腹をくすぐったりしたほか、電気掃除機の吸い口部分で児童のスカートをめくる行為を続けたとされる。
 教諭の行為について、児童や保護者から訴えを受けた校長や副校長が、繰り返し教諭に行為をやめるよう指導。しかし、教諭は「口べたで自分の思いをうまく伝えられない」などと釈明しつつ、児童に直接触れる行為を続けたという。
 学校側では今年6月に教諭を教壇から外し、区教委に報告。その後、保護者や全児童に対して経緯説明と謝罪を行っていた。
 都教委では調査の結果、教諭の一連の行為がわいせつにあたると判断。近く処分する方針だが、教諭の監督者である校長に対しても(1)わいせつ行為の事実をきちんと確認しなかった(2)教諭への指導や教委への報告が遅れた−ことなどから、児童への被害が拡大したとして、校長に対する処分も検討するものとみられる。
 都内では、西東京市立中の男性教諭(29)が勤務先の中学に通う女子生徒にわいせつな行為をしたとして、警視庁田無署に都青少年育成条例違反の疑いで、11月末に逮捕されていた。


 この記事を読んで思ったのだが、この51歳のオッサンは一年半前に突如変態になったのだろうか。絶対にそんなことはないはずだ。きっと昔から変態だったのだろう。そして昔から女子児童にわいせつなことをしていたに決まってる。50代になって急に変態になるなんてことはおかしい。そういう人間はきっと若いときからそうであるはずだ。だとしたら、これまでの数十年に同様のセクハラを受けた女子児童がいたはずであり、その被害を告発した者もきっといるはずである。なぜ今まで放置されていたのだろうか。

 それにしてもこの教師の言い訳には笑った。 「口べたで自分の思いをうまく伝えられない」から、言葉の代わりにボディタッチで自分の思いを伝えようとしたのか。そのボディタッチは「思いを伝える」という目的ではなくて「わいせつな欲望をみたしたい」という目的で行われたとしか思えないのである。電気掃除機の吸い口でスカートをめくるなんて行為は、昨日の日記で触れた高校生の変態小僧とやってることはなんら変わらないのである。そんなことを学校内でやっていたのかと思うとオレは唖然とするしかない。どうしてこんな変態がこの年齢まで教諭でいられたのか。

 しかもこの51歳のオッサンは、校長や管理職からセクハラ行為をやめるようにと注意を受けていたにも関わらず、相変わらずその行為を続けていたのである。もう筋金入りの変態である。それだけではなく「口べたで自分の思いをうまく伝えられない」からと自分のボディタッチを正当化する言い訳も用意していたのである。注意されてもセクハラをやめなかったという時点で弁解の余地はない。51歳まで勤めてきたらかなりもらえるはずの退職金も全く支給されない懲戒解雇という処分は至極妥当なものであるとオレは思うのである。

 それにしても不思議なのは「会話によるコミュニケーションが苦手」なこのオッサンに小学校の先生という職業が勤まるのかということである。いったいこれまでの教師生活をどのように送ってきたのだろうかとオレは不思議に思うのである。もっとも重松清の小説「青い鳥」のように吃音の先生がすばらしい先生の場合もあるので一概には決めつけられないのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月03日(水) スカートめくりがしたかった男子高校生        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 「スカートめくり」という行為は小学生の遊びくらいにオレは認識していた。そしてその行為が「遊び」として許容されるのは子どもだからであり、中学生以上になるとそれは「セクハラ」となっていくわけである。もっとも変態中年が小学生の女児に対して行う「スカートめくり」は十分に変態的行為であり、それは断じて「遊び」なんかのレベルではない。そんな危険な変態中年は逮捕すべきである。じゃあそれが変態中年ではなくて高校生ならどうなのか。そんな危険なスカートめくり高校生が新潟県で逮捕されたのである。アサヒコムの記事を引用しよう。

スカートめくりで高校生逮捕 地域から被害届多数 2008年12月2日21時9分
 女子高校生のスカートの中をのぞいたとして、新潟県警秋葉署は2日、新潟市秋葉区内の男子高校生(16)を県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕したと発表した。
 同署によると、少年は同日午後5時ごろ、同区内で、帰宅途中の女子高校生に後ろから近付いてスカートをめくり、のぞいた疑いがある。付近で最近スカートめくりが数件あったとして警戒していた同署員が発見し、逮捕したという。
 逮捕した理由について、同署は「逃げようとしたほか、地域から被害届や相談が寄せられ、住民の不安を取り除くため」と説明している。


 このスカートめくり高校生は、自分が常習的にスカートめくりをやりまくっていたことで被害届が警察に出ていて、警察官が警戒に当たっていたことに気がついていなかったのだろう。「この程度のことでは逮捕されることなどない」と思っていたのか、あるいは「スカートめくり」が犯罪であるという認識がなかったのかも知れない。

 それにしてもオレがかわいそうに思うのは、この変態高校生の「スカートめくりをしたい」という希望が存分に叶えられるような場所がこの世のどこかにあるのかということである。そのような反社会的な希望を持った時点でもうそいつの人生が終わってしまうのならそれもかわいそうな話である。どうすればその希望を叶えることができるのか。オレはとりあえずアマゾンで「スカートめくり」という語を検索してみた。何かそういう映像作品がないかと思ったからである。もしもそういうものが存在するならば、それを見ることでその変態高校生は実際の行為に至ることを思いとどまれたのではないかと思ったからである。検索すると街角女子校生スカートめくり プレミアムコレクション Vol. [DVD]というものが見つかった。

 しかし、仮にそのDVDを鑑賞することができたとして、それでその変態高校生は満足できるだろうか。その変態高校生の劣情が刺激され、さらに変態道を邁進するようになるだけではないだろうか。どうもその方向に進む危険性の方が高そうなのである。またこの変態高校生は「誰かがスカートめくりをしてるところを見たい」のではなくて、「自分がスカートめくりをしたい」のだろう。そういうことならこんな所はどうだろうか。

チップ払って「釣りざおでスカートめくり」 大阪府警がパンチラ喫茶を初摘発 2008.4.9 20:30
このニュースのトピックス:性犯罪
 「パンチラ喫茶」と称して、女性店員にみだらな接待行為をさせたとして、大阪府警保安課と曽根崎署は9日、風営法違反(無許可営業)の疑いで、大阪市北区堂山町の風俗店「P−DOLL(ピードール)梅田中通り店」を捜索、経営者の江畑一作容疑者(33)=兵庫県西宮市=を逮捕したと発表した。同種店舗の摘発は全国初という。
 同店と系列3店舗は「堂々とチラリズムを楽しめる明るいカフェ」と宣伝。メード風衣装にミニスカート姿の女性店員をカウンターに立たせ、客がチップを支払えば釣りざおでスカートをめくる「パンチラ釣り」などのゲームができるシステムだった。
 府警はこうした営業形態から、同店が通常の喫茶店ではなく、府公安委員会の許可が必要な風俗店にあたると判断、無許可営業で摘発に踏み切った。
 調べでは、江畑容疑者は8日夜、ピードール店内で、女性店員のスカート内を鏡でのぞく「手鏡プレー」などのゲームで、男性客を無許可で接待した疑い。
 パンチラ喫茶は2年前ごろに大阪に登場し、現在は府内で約20店舗が確認されているという。府警は「仮に許可があっても、みだらな店舗は積極的に取り締まる」として、営業停止など規制を強化する方針。


 まじめな人間であるオレには無縁なのだが、大阪には「パンチラ喫茶」なるものが存在し、そこではチップを払えば女性店員のスカートめくりができるらしい。上記記事もよく読んだら「許可を受けていなかった」ことが問題なのであり、そういうお店自体が問題ではないということがわかる。ということは、許可を受けて堂々と客にスカートめくりをやらせている風俗店が大阪には存在するということなんだろう。

 新潟のその変態高校生にとって、今やらなければならないことはスカートめくりではなくて、スカートめくりを合法的に行うために大阪の大学に進学することであり、そのための受験勉強ではなかったのだろうか。オレはそのように思うのである。もしもオレがその変態高校生の担任であり、彼の変態性について十分理解していたならばきっとそうしたアドバイスを与えただろう。「おまえが変態なのはよくわかった。だったらがんばって必死で受験勉強しろよ!」と。

 高学歴を売り物にしているある芸人は自宅にアダルトビデオを4000本所持していて、引っ越しを手伝った仲間の芸人がそれを見て度肝を抜かれたという。お笑い芸人にとっては「変態であること」もまた一つの個性なのである。オレはアダルトビデオを4000本も所有している人間は100%変態だと思う。しかし彼は今もしょっちゅうテレビに出ているし、むしろ女性に人気があるくらいである。「高学歴+変態」こそが生きる道なのである。「馬鹿+変態」ならば世間はそいつをただ見下すだけである。しかし、努力して高学歴を身につければ、それは自分にとって輝かしい個性となるのだ。恋人である東大生の部屋にアダルトビデオが存在することを発見した女性は「まあ、お勉強だけじゃなくてこんなのも好きなのね。お姉さんがサービスしちゃうわ!」という反応を示すに違いない。

 「スカートめくり」という不名誉な行為で逮捕されてしまった日本一不名誉な高校生はおそらく通っていた高校も退学させられるだろう。そうなると進学の希望も打ち砕かれてしまうのである。もしも彼が自分の変態的嗜好に気づいてくれて、その行為をきちっと戒めると共に将来の方向性まで示してくれるようなすばらしい指導者に出会えていれば、今回のような情けない事件は起こさずに済んだだろうとオレは思うのである。この高校生を「ただの馬鹿」と否定してしまえばそれで終了である。しかしオレは、どうすれば彼を更正させられるのだろうかとということをまじめに考えてしまったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月02日(火) ケータイ掛けながら自転車乗ると罰金です!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 自転車に乗りながらケータイを操作してる光景は街でよく見かける。メールを打ちながら自転車に乗ってる女子高生はいくらでもいる。女子高生だけではなくて男子高校生もメールを打っている。ただ、大阪の日常はそんなもんじゃ済まないのである。マンガを読みながらとか、たこ焼きを食いながらでも自転車に乗ってるのである。自転車で二人乗りしながらいちゃつくカップルも多い。メールを打つくらいならかなりマシな方なのである。しかし、そのありふれた行為は取り締まりの対象になるらしい。アサヒコムの記事を引用しよう。

携帯電話使いながら自転車→5万円以下の罰金に 大阪府2008年12月1日21時44分
 大阪府公安委員会は1日、今年6月に「交通の方法に関する教則」が改正されたことを受け、携帯電話を使いながら自転車に乗る行為などに5万円以下の罰金を科す府の改正道路交通規則を施行した。
 府警によると、罰金が科されるのは、携帯電話で通話したり、携帯音楽プレーヤー、ゲーム機の画面を見たりしながら自転車を運転すること▽救急車のサイレンなどが聞こえないような大音量で音楽を聴きながら車やオートバイ、自転車などを運転すること――の2点。車やオートバイに乗っていた場合は加えて反則金も科される。同様の規則は兵庫、秋田県などで施行されている。


 ちゃんと前を見ないで自転車を運転していて、歩行者をはねたりする事故はかなり多いという。その原因の一つがこのケータイの操作にあることは否定できない。だからこうして規制を強化してしっかりと取り締まることにオレは賛成である。メールを打ちたかったら立ち止まって自転車をとめてから打てばいいのである。何をそんなに急いでるのか。

 上記記事を読むとどうやらケータイだけではなくて、携帯音楽プレーヤーやゲーム機も同様に規制の対象になるらしい。オレは以前に任天堂DSで遊びながら自転車に乗ってる馬鹿を街で見かけたことがあるが、そういうのも取り締まりの対象になるのならどんどん取り締まって欲しい。ああいう馬鹿がちゃんとルールを守って走ってるオレのクルマに勝手にぶつかってきても、場合によってはオレが悪いことにされてしまうのが道路交通法である。歩行者や自転車有利に作られているからだ。そしてせっかくこういう規制を強化するのなら、クルマのスピード違反取り締まりのように街でねずみ取りを行って、じゃんじゃんケータイでメールを打ちながら走る女子高生を捕まえてくれ。そういう連中から罰金をしこたま取って、その分自動車のドライバーから取り立てる分を減らして欲しいのである。

 オレはもう10年以上交通違反で捕まって反則金や罰金を払ったことがないのだが、街でスピード違反の取り締まりなどで捕まっているドライバーを見るとなんだかかわいそうになる。本当に悪質な飲酒運転やひき逃げに対しての罰則は甘いのに、見通しのいい安全な場所で気持ちよく飛ばしてるとスピード違反で捕まってゼニをむしり取られるのである。単なるドライバーいじめとしか思えないのが今の速度違反取り締まりである。ノルマを稼ぐためにそういう理不尽な取り締まり方法を必要とするのならば、ケータイ女子高生からじゃんじゃん罰金を取り立てることで必要な売り上げ目標のノルマを消化してもらって、ドライバーの負担を軽くしてやって欲しいのである。

 ただ、一つ疑問が残る。この罰金の「5万円以下」というのは実際はどのように運用されるのだろうか。ほとんどは罰金が実質5000円くらいで、かなり悪質なものだけに3万や4万という罰金が科されるのか、あるいは問答無用にみんな5万円ぼったくられるのか。そのあたりが知りたいのである。誰か不幸にもケータイ自転車走行で捕まった人はオレに情報を寄せて欲しいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年12月01日(月) 自由にタバコが吸える高校があった!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。昨日の日記、 ケータイの機種交換を安く済ませる方法!も大好評でした。ぜひごらんになってください。


 ルールに従わない高校生を学校側はどうやって指導すればいいのか。修学旅行の時に生徒が集団万引きする学校があったり、校舎内で隠れて喫煙して火事になりかけたり、馬鹿のやることは我々真っ当な人間からは想像もつかないようなことが多い。そんなヤツは最初から入学させなかったら指導も楽なのだが、そうすると人権派の弁護士とかが「学力は基準を満たしてるのになぜ合格させないのか!」とくるのである。入学試験の偏差値の低い高校ではその基準自体が恐ろしく低いことをどうやらその弁護士は知らないのだろう。定員割れしてるような学校はどんなに学力の低い生徒でも入学させないといけないのだろうか。公立高校が公費で運営されてることを思えば、全くやる気のない生徒まで公立高校が面倒を見ていることはどう考えてもおかしいとオレは思うのだが。

 そうした問題児たちが仮に入学してきたとしても、どの高校でもルールを守らない生徒に対して停学や退学などの処分が行われるわけで、全く勉強しなかったら試験でも点数が取れずに留年ということになるだろう。そういう状況の中で不登校になってしまったり中退したりする生徒も多数出るわけだが、逆にそうして不登校や中退になった高校生たちを全国から受け入れる高校も存在するのである。そのジャンルでは北星学園余市高校が先駆者として名高いが、同様のコンセプトでスタートした全寮制の私立黄柳野(つげの)高校というところが愛知県新城市に1995年に開校していたのである。もともと問題を抱えた生徒ばかりが入学してくるだけに先生方の苦労も大変なものだっただろう。

 喫煙の習慣は麻薬みたいなものである。すでにカラダがニコチンを求めるようになってしまっているわけで、教師がいくら「吸うな!」と指導したところで生徒は隠れて吸うだろう。それを摘発した学校側の対処としては停学などの処分を与えることになる。ところがその件数があまりに多くてもはや処分が追いつかないようになればどうすればいいのか。そんなひどい実態の学校にオレは勤務したことがないので想像もつかないのだが、なんとそこで黄柳野(つげの)高校では「ルール違反を黙認」するという方針を打ち出したのである。「喫煙は決められた場所でフリーパス」という高校にあるまじき対処をこの高校では実行したのである。毎日新聞の記事を引用しよう。

黄柳野高:学生寮に喫煙室 県条例違反容疑で捜索 愛知
 愛知県新城市の私立黄柳野(つげの)高校が学生寮に喫煙室を設置したとして、県警少年課が県青少年保護育成条例違反(喫煙場所の提供)容疑で同校を家宅捜索していたことが分かった。同校は「禁煙指導室であり、喫煙室ではない」としているが、生徒の喫煙を黙認していた。県警は教職員らから事情聴取し、容疑が固まり次第、書類送検する。
 家宅捜索は29日に行われ、県警は灰皿などを押収した。
 同校によると、喫煙室は「禁煙指導室」との呼称で07年4月、4棟ある男子寮に1室ずつ設置された。同校では同年1月、女子寮で、たばこが原因とみられるぼやが発生。「隠れて山林でたばこを吸って山火事になったら周囲に迷惑をかける」などの理由から寮に喫煙場所を設けた。「禁煙させることが目的」とされるが、常に開放された状態で、生徒は自由に出入りし喫煙していたという。押収された灰皿について同校は「生徒が用意した。学校は置いていない」と釈明している。女子寮(1棟)については生徒が外に喫煙所を設けていたという。
 同校は禁煙指導室を閉鎖する方針で、1日の全校集会を開いて生徒に経緯を説明する。辻田一成校長は「苦しい選択だったが、喫煙を容認していると受け止められても仕方がない。来年度から喫煙する生徒は入学させないつもりだ」と話している。
 同校は95年開校。全寮制で生徒数231人。不登校の生徒や中退者を全国から受け入れている。【加藤新市、福島祥】


 今回書類送検された先生方に対してオレは同情するのである。いくら注意してもきかない喫煙をやめないアホを相手にして、先生方がついに根負けして容認したという経緯が容易に想像できるからである。この場合悪いのは喫煙をやめない生徒であって、生徒が喫煙することはあくまで生徒自身の罪であり、その学校の先生方の責任ではない。不登校や中退者を全国から受け入れたということはもともと問題児が集まってくる可能性が高かったわけで、その中に喫煙常習者がいてもちっともおかしくはないのだが。オレは自分の勤務する高校で休み時間まで熱心に勉強し、大学受験のために必死に机に向かうまじめな生徒たちに日常的に接しているが、それは現在の高校生の平均的姿ではないだろう。平均的高校生というのはもっと勉強しないで遊んでばかりいるはずだ。そうでなければWiiやDSがこんなに売れるはずがない。そして平均以下の高校生というのは反社会的行動ばかりとっている犯罪者予備軍みたいなもので、そのむちゃくちゃなヤツらが覚せい剤を使用したり大麻を校内で売買していたりするのだろう。

 ここではっきりさせておきたいことがある。生徒がタバコをやめないのは生徒の罪であり、やめさせられなかった教師の罪ではない。どうしてもやめない馬鹿もいるのである。それなのに今回書類送検されるのはこの学校の側だという。なぜ吸っていた生徒を逮捕してくれないのだろうか。「おまえらがタバコをやめるまで留置場に放り込んでおく」くらいの罰がなぜ与えられないのか。

 オレがこういうことを書くと、喫煙者側から「たかがタバコくらいでなんで留置場なんですか。停学も厳しすぎますよ!」という反論が返ってきそうである。「たかがタバコ」と考えている人とオレとは議論の立脚点がねじれの位置にあるわけで、議論そのものが成立しないからここでは無視したい。

 喫煙室を設置したのは、黙認するように見せかけて話し合いの中で徐々に喫煙人口を減らそうとした学校側の苦肉の策だったらしい。ハイレベルの入学試験を実施して学力の高い生徒だけを入学させるような高校とは違うのである。この私立黄柳野(つげの)高校には他校をドロップアウトした生徒が集まってくるのだ。喫煙率もかなり高いだろう。その生徒たちに対して直球ストレートの「処分」一辺倒で臨まずに「喫煙室設置」という変化球で指導しようとした工夫はとりあえずは評価したいのである。体罰が禁止されてる以上タバコを吸ってる生徒をみんなぶん殴るというわけにもいかないわけで、問題児どもは教師や学校を最初から舐めてるだろうし、実にやりにくいのである。

 また別の考え方をすると、喫煙者たちというのは自分の命を削ってまで国に税金を納めてくれている立派な人たちということも言えるのだ。喫煙率が倍になればたばこ税も2倍入ってくるのである。警察が本気で取り締まる気がないのはおそらくそのせいだろう。

 どこかの女子大で「喫煙者は入学させない」というルールがあって、喫煙癖を隠して入学した生徒が、後からバレたために退学勧告を受け、逆ギレして「この程度のことで退学か!」と暴れていた事件があったなあ。

 今回のことに関してオレはなんとも言えないのである。高校もいろいろだ。みんなが受験勉強に打ち込む高校もあれば、生徒が校内で大麻や覚せい剤を売買してる高校もある。今回問題とされたその喫煙常習生徒たちに直接接していない以上、何が真実なのかはわからない。「タバコを吸うような生徒は退学だ!と強気でいられる私学はもしかしたら少数で、「喫煙者であろうが馬鹿であろうが経営のためにはどんな生徒も欲しい。授業料さえ払ってくれるならば文句は言わない」という学校もかなり増えてるのかも知れない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン