江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2008年11月30日(日) ケータイの機種交換を安く済ませる方法        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 一度は水没という危機を乗り越えて復活したオレのケータイだが、使用期間も1年をすこし越えた。まだまだ機種交換する気などないのだが、その理由は機種交換がめちゃんこ高くなってしまったからである。しかし、その機種交換を驚くほど安い価格でできる方法がある。それは白ロムと呼ばれるデータの入っていないケータイ本体を入手して、ドコモならFOMAカード、ソフトバンクならSIMカードを自分の使っているケータイから差し替えればそれでOKなのである。その白ロムっというのはいったいどのくらいの値段で売られているのだろうかと思って、それを扱っている中古パソコンショップ「イオシス」(←クリックするとお店の案内が開きます。)のWEBサイトを見て、オレはびっくりしたのである。あまりにもその価格が安いことに。中古なら5000円以下で、新品でも1万円を少し越えるくらいで買えるのである。

 ケータイの新機種が出るといつもそうなんだが、旧機種はドコモショップの店頭から姿を消す。オレのようなケチな人間なら、古いヤツを安く売ってくれる方がありがたいのである。性能が劇的に向上しているわけでもない。ほんの少し性能UPしているだけである。カメラが300万画素から520万画素になったとかいう程度である。そして新機種は当然のことながら高いのである。4万や5万、中にはもっとするのもあるかも知れない。昔はものすごく安く機種変更できたのに、今はちゃんと端末代がかかるようになった。もちろん買うときに払わずに分割払いにして月々払うという方法もある。しかし、それでも払うことには変わりないのである。払わないで済ませるわけにはいかないのだ。5万円を24ヶ月で分割すれば一ヶ月当たり2000円以上である。実にもったいないのである。

 それにしても在庫がまだまだ多数あるはずの旧機種はいったいどこに消えてしまったのだろうか。なんでたちまち姿を消すのか・・・と思っていたらちゃんとアウトレットで流通していたのである。それがこのイオシスで販売されている新品のケータイ白ロムである。少し前の世代の機種が新品でもなんと1万円台から買えてしまうのだ。もうアホらしくてドコモショップで機種変更なんかで気なのである。

 オレはこの事実を知って、絶対に次の機種変更の時は白ロムを買ってFOMAカードの差し替えでいこうと思った。料金制度を変更して端末価格をぼったくり価格に変えてきた戦略に対するオレのささやかな抵抗である。しかもこの方法で機種交換した場合、なぜとられるのかわからない事務手数料も発生しないのである。トータルでもかなりお得なのである。

 しかし「白ロムはかなり人気がある」という事実から、それを専門に盗む窃盗団が暗躍しているのも事実である。新機種が入荷するとその店の倉庫に侵入して持ち去るようなこそ泥が頻発するようになった。おそらくそういうものはオークションで売買されていたりするんだろう。そうした盗品が実際にFOMAカードを挿入されて使われた場合、NTTドコモの側はそれを見つけ出すことができるのだろうか。なんらかの対策は立てているのだろうか。そのために新たに必要となる投資を嫌って無防備のままなのだろうか。
 
 一年使ったオレのケータイはだんだんバッテリーの持ち時間が衰えてきた。300万画素の写真が撮れるということでけっこう気に入ってるのだが、今はもう毎日充電しないといけないし、少し長く話すと電池のアイコンが3本から2本になってしまう。もちろんバッテリだけ交換したらいいわけだが、それにゼニが掛かるのならば、ついでに本体も換えて新しくして・・・と思ってしまうのである。もちろん今すぐというわけではなく、実際にオレがそういうアクションを起こすには後半年は最低必要だと思うが。それに今使っているケータイ、ドコモのF903ixに特に不満があるわけではない。だから白ロムの価格を見てもすぐに買い換えの行動を起こすわけではないのだ。

 ただ、オレが気になるのは修理である。機械である以上やはり故障は起きる。そんなときに白ロムとして販売されたモノをドコモショップに持ち込んでも対応してくれるのであろうか。ドコモショップの方では客が使っている機種のデータや前に使っていた機種のデータなどが確かすぐに検索できるようになっていたような気がする。そのデータと食い違う、あきらかにどこかで勝手に手に入れてFOMAカード差し替えで使ってるケータイに対して、販売店は今はどういう態度を取ってるのだろうか。そのあたりが知りたいのである。もしもいかなる端末であっても差別しないで「ドコモの端末だから」とアフターサービスに応じてくれるのならば、次は白ロムを買ってもいいかなと思うのだが、そうでないのならばちょっと躊躇するかも知れない。

 ケータイに登録されたアドレス帳などのデータはパソコンとデータ通信用のケーブルでつないでバックアップすることができるが、今のケータイはほとんどがマイクロSDカードを搭載できるようになっていて、そのマイクロSDカードの価格も上海問屋のような安売り店の通販を利用すれば2GBで500円以下とめちゃんこ安くなっている。アドレス帳のデータはこのマイクロSDカードに簡単にバックアップすることができるのである。もちろんケータイの中に入ってる写真などのデータも余裕でバックアップすることができるので、白ロムへのデータのお引っ越しにはマイクロSDカードを使えばいいのである。

 ケータイ電話各社はこれまでの拡販合戦から徐々に利益回収型へと戦略を転換させつつある。ソフトバンクの料金制度の変更など露骨にぼったくり体質への変貌を遂げつつあることは明白だ。「利益を出す」という至上命題に対するアクションを起こし始めたのである。もちろんそんな戦略に屈するのはシャクである。だからできるだけ料金が発生しないようにオレは工夫しているのだ。日本のケータイを安くすると宣言した禿、いや孫正義社長の率いるソフトバンクのケータイに他社のケータイや固定電話から掛けると、そのときに他社が支払う接続料が一番高いのはソフトバンクである。日本のケータイ料金が高いことの元凶みたいな会社がこのソフトバンクなのである。CMなどを見るとさまざまな割引の仕組みがあるようでそのせいで他社からの乗り換えも盛んらしいが、オレはあのペテン禿を心の奥底では信用していないのである。また、昔ソフトバンク株で大損したというトラウマがオレを警戒させるのである。なんであの株式分割の時にドイツ銀行ロンドン支店に孫社長は自分の持ち株を貸して空売りさせたんだこの裏切り者め。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月29日(土) アメリカの自動車産業は全滅します        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 会社が大赤字を出していても、自分は桁外れの報酬を平気でもらうのがアメリカの企業である。その大赤字の責任が自分にあるということもわからないから、平気で報酬をもらえるのである。そんな企業を救済してやる必要があるのだろうか。オレはアメリカの自動車産業ビッグ3は全部倒産させるべきだと思っている。経営者が揃いも揃って自家用ジェット機で公聴会に乗り付けたその危機意識の薄さもさることながら、この期に及んで自分は報酬をもらいつつ会社は救済してもらいたいと主張しているのだ。こんな経営者にTOPに君臨されている労働者たちがオレは哀れでならないのである。日経新聞のWEBサイトの記事を引用しよう。

フォード、CEOの報酬削減に抵抗 米紙報道
 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は27日、政府に資金支援を要請している米自動車大手フォード・モーターが、支援条件の一つであるムラーリー社長兼最高経営責任者(CEO)の報酬カットに抵抗していると報じた。12月2日までに提出する再建計画の内容次第では自動車大手の支援法案を巡る議会審議が難航する可能性もある。
 同社の報酬委員会は今週の情報開示の中で、ムラーリー氏の報酬見直しに言及しなかった。フォードは2007年に27億2000万ドル(約2600億円)の損失を計上したが、ムラーリー氏は同年に2167万ドル(約20億7000万円)の報酬を受け取ったという。
 ビッグスリー(米自動車大手3社)首脳を呼んだ先週の議会公聴会で議員に「報酬を年1ドルに減額する覚悟はあるか」と問われた際、「進んでそうする」と答えたクライスラーのナルデリ会長と対照的に、ムラーリー氏ははっきり応じなかった。(ニューヨーク=米州総局) (12:01)


 2007年にフォードは2600億円の赤字を出しているのに、ムラーリーCEOは20億7000万円の報酬を受け取っていたというのだ。赤字額の1%に迫る金額の報酬である。こんなふうに会社を自分の財布としか思っていない経営者がいるから今のような事態に至ったのである。フォードよりももっとひどいのがGMだ。確かGMは去年に単年度で4兆円くらいの赤字を出していたはずである。製造業がそんな赤字になるようではもうだめなのである。立て直すのは不可能だ。それを立て直そうとしてゼニをつぎ込んでも全部死に金になるだけだ。もうこんな企業は倒産させて、一度リセットするしかないのである。構造的な赤字体質が解消しないところに当座の運転資金となるゼニを与えたところで、そのゼニがなくなればまた苦しくなるわけで、単なる延命にしかならない救済策ならやらない方がマシだ。もっともそれを決めるのはブッシュやオバマであり、彼らがどんな目算を持ってるかはわからないのだが。もしかしたらオレがあっと驚くような救済の秘策を隠してるのかも知れないのだが。

 日本人的な感覚なら、たとえば籠城した城の総大将が「自分は切腹するから部下の命を救って欲しい」と降伏した高松城の清水宗治なんかの話を美談だと思うだろうし、自分の報酬をタダにして私財をなげうってもいいからなんとか会社を救いたいという経営者がいてもおかしくない。自分の生命保険で会社を救う社長もいるかも知れない。もちろんそれが良い方法であるとは言わない。しかし、少なくともこの「会社が倒産しても自分の報酬はがっちりとる経営者」というのは批判を受けても仕方がない。それで国に救済を受けようとするのだから理解を求められなくても当然である。フォードはさっさとつぶせと思うのである。

 アメリカのビッグ3が倒産しても・・・別に誰も困らないだろう。その分のシェアは日本車がかなり奪いとれるわけで長期的には好材料だ。ただニューヨーク市場はGMが破綻すれということになれば一日に500ドルくらい暴落するかも知れない。

 こういうときにいつも言われるのは「倒産したら大変なことになる」というセリフである。確かに倒産は大変なことだ。しかし、倒産しなかったらいつまでも延命のための注射が必要になるのである。それが永遠に続くのならば、さっさと引導を渡してやった方が苦しまずに死ねるだろう。この際もう救済策はあきらめて、いかに被害を少なく安楽死させられるかということを考える段階かとオレは思うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月28日(金) 統合失調症はレイプしても無罪なのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 大阪地裁といえば裁判の世界では馬鹿判決の連発で有名である。その中でも水島和男裁判官は特におかしな判決をするのでその筋では有名である。2004年の3月23日には、配下の組員に拳銃を持たせて自分の身辺警護をさせていた暴力団組長・滝沢孝被告(66)の銃刀法違反容疑に対して「組員が滝沢被告を厳重に警護していたとは認められず、組員の拳銃所持を認識していたとするには合理的な疑いが残る」などとして無罪を言い渡しているのである。この裁判官には全く我々とは違った常識が存在するのである。組長が配下のチンピラにチャカ持たせているのは当たり前だろう。どうしても組長を無罪にしたいのならもっと別の理由をつけやがれ。オレはその判決を聞いたときにあきれて言葉を失ったのである。

 その馬鹿裁判官がまたまたやってくれたのである。なんと連続レイプ犯が統合失調症だたという理由で無罪判決である。もうむちゃくちゃだ。これを許してしまえば、統合失調症という診断さえもらえればもう殺人レイプなんでもやり放題である。この水島和男というオッサンは自分の馬鹿判決が社会に与える影響の大きさがわかってるのだろうか。こんな判決を出せば、統合失調症の人が社会からますます疎外されることになるということがわからないのだろうか。まず毎日新聞のWEBサイトの記事を引用しよう。

無罪判決:強姦被告に 「統合失調症で心神喪失」−−大阪地裁
 大阪府箕面市内のマンションに侵入し、女性を強姦(ごうかん)し金などを奪ったとして強姦致傷や強盗などの罪に問われた、無職の男性被告(28)の判決公判が25日、大阪地裁であった。水島和男裁判長は「犯行時、被告は統合失調症により心神喪失だった」として、男性に無罪(求刑・懲役7年)を言い渡した。
 判決によると、男性は07年1月22日朝に箕面市内のマンションに侵入して当時23歳の女性の首にかみついた上で強姦し下着を奪った。さらにその2日後には同市内の住宅に侵入し、当時16歳の女性をガラス瓶で殴った後、強姦して現金約4万円を奪ったとして同日、強姦致傷の疑いで緊急逮捕された。
 水島裁判長は男性が02年に統合失調症と診断され、事件時には症状が悪化していたと指摘。男性が最初の犯行で自分の衣服を現場近くに捨てた点などに触れ、「被告の行動には異常性がある」として、心神喪失だったとした弁護側申請の精神鑑定結果を採用した。【北川仁士】毎日新聞 2008年11月26日 大阪朝刊


 首に噛みついて強姦したり、頭をガラス瓶で殴った後に強姦してしかも現金を奪うという行動がオレには「心神喪失」であるとは思えない。ただの変態レイプ魔の行動であり、さっさと死刑にすべきものである。こんなヤツが存在すると言うだけで市民社会の平穏は乱されるのである。おれが裁判官ならば死刑もしくは去勢の上強制労働100年間という判決を下すだろう。被害者からすればそれが当然であり、こんな危険な人間を決して野放しにしないというのが司法の目的である。

 ところが水島和男裁判長は「無罪」という判決を下したのである。「無罪」ということは、大手を振って娑婆の空気が吸えるのである。もう何も恐れることはないのだ。そしてこの男は「統合失調症が悪化した」という診断さえしてもらえればレイプし放題の人生を送れるのである。頼むからそんな危険な人間を存在させないでくれ。そんな野獣がこの世に存在し、世に放たれることの危険性を水島和男、おまえはわかってるのか。しかもこの記事ではそのレイプ魔の名前すら報道されていないのだ。どうやって市民はこの危険な男から自分の身を守ればいいのか。

 悪徳医師がゼニをもらったり謝礼目当てにウソの診断書をかくというのはよくあることなのだろうか。少なくともオレは公立高校の教員だった頃に何度か「ふざけるな!」というウソの診断書に遭遇した。たとえば修学旅行をどうしてもサボりたいある生徒が、「数日の安静加療が必要」という診断書を提出して休み、実はぴんぴんしていたということがあった。また成績不振で留年やむなしという生徒が「うつ病」の診断書を持参し、医師から「留年することは病気を悪化させます」という意見書が添付されていて、超法規的措置でその生徒の進級が認められたということがあった。オレは納得がいかなかった。これを認めていけば勉強せずに留年しそうになった生徒はみんな精神科に駆け込んで診断書を書かせるだろう。

 ウソの診断書の例としてオレが真っ先に思いつくのはあの和歌山ヒ素カレー事件の被告、林真澄美の夫が自由に歩けるのに身体障害者一級ということで生命保険金や障害者年金をもらっていたことである。林真澄美は医師にパソコンなどを贈ってそのでたらめの診断を書かせ、夫を障害者一級に仕立てていた。そのデタラメの診断書を書いたクソ医師は保険会社へ賠償したのだろうか。医師免許を剥奪されたのだろうか。もしもそのクソ医師の責任がちゃんと追及されていないのだとしたら、オレは断じて許さないのである。自分の欲得のためにデタラメの診断書を出した医師からは医師免許を剥奪すべきである。

 その上で、たとえ本当に統合失調症であったとしても、この男は無罪にしてはならない。それはいかなり理由があったとしても、レイプや殺人という行動を免罪することはしてはならないとオレは思うのだ。自分が殺されそうになって正当防衛で相手を殺すのは別だが、通常の殺人に於いて統合失調症だったから罪を軽くするなんてことがあってはならないとオレは思うのである。ましてやレイプ魔に於いて、免罪するとはもってのほかである。

 かつてオレが読んだ松本清張の推理小説の短編の中で、精神異常を詐病した男が性欲があったことがバレて詐病を看破されるというのがあった。性欲があるというのは正常な証拠であり、それが精神異常であるとはおかしいという判断だったのだ。オレはその小説の記憶があるからどうしても今回の裁判の結果が納得できないのである。それとも統合失調症の一つの症状として、性欲が異常に昂進してレイプなどの行動に走るというものがあるのだろうか。そんな危険な状況を「病気だから」と許すことはできないし、そんな危険な病気の人間から社会の平穏を守るために、その男の基本的人権など無視してさっさと死刑にしてもかまわないと思うのである。

 「統合失調症であろうとなかろうと、法の下では平等であり、人は自分の犯した行為に対して罰を受ける」というのがオレの基本的な主張である。それは同時に統合失調症の方々の基本的人権を守ることにもつながるのである。もしも平等に扱ってもらえなかったらいったいどういうことになるのか。統合失調症というだけで「こいつに殺されても殺され損なんだ」「この隣人にレイプされても文句は言えない」ということにつながり、それは新たな差別を生み出すのである。そして悪徳医師たちは世にはびこる性犯罪者たちを救うために「統合失調症」の診断書を乱発することになるのだ。そのことがわかってるのか、水島和男よ。ふざけた判決を出しやがって。被害にあった女性たちの気持ちをおまえはわかってるのか。殺されるかも知れないという恐怖の中でその時間を耐えた女性たちが、どれほどの傷を心に負って、その犯人をどれほど憎んでいるかがわかってるのか。きちっと裁判で罰を与えて欲しいという切実な願いがおまえには伝わらないのか。

 裁判というのは正義を実現する場である。その意味もわかっていない水島和男に裁判官の資格はない。即刻こんなヤツは罷免してくれ。

追記:この日記にリンクを張ってくださる方はこちらのURLでお願いします。
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=41506&pg=20081128


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月27日(木) 温水洗浄便座でケツに火がついた!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 最近は大型商業施設の公衆トイレにも必ず設置されている温水洗浄便座(自動肛門洗浄機)だが、けっこう高温に設定されていて熱さに「うっひゃ〜」と思わずケツを浮かせてしまうことがある。ケツの穴をやけどしたらどうするのだろうか。もっとも「熱い」と感じるのは一瞬のことなので実際はさほど熱くないのかも知れないが。あの温度が何度に設定されているのかオレは尻たい、いや知りたいのである。ところがその温水便座が本当に火を噴くことがあると知って驚いたのである。

温水便座が発火5件 アイシン精機製の60万台確認へ2008年11月26日21時48分
 経済産業省は26日、INAXブランドの温水洗浄便座から火が出る事故が、07年6月〜今年9月に千葉や大阪など5府県で5件起きたと発表した。けが人は出ていないという。事故品はアイシン精機製で、便座の付け根部分で電気コードがむき出しになっている。コード内の銅線が切れてビニールの覆いを溶かしたところに尿や洗剤がかかってショートしたとみられる。
 同社製の同じ形の製品は積水化学工業や長府製作所にも供給されたほか、INAXからパナソニック電工やブラザー工業などに二次供給され、82〜98年ごろに各社のブランドで売られた。事故の再発を防ぐため、INAXとアイシン精機は8ブランド計60万台余を対象に、無償で不具合がないか確認作業をする。
 INAXによると、5件の事故品の使用期間は18〜23年で、断線で便座が温まらなくなってから半年〜1年後に火が出たという。うち2件は便座と本体をつなぐピンが壊れていたり便座裏側のゴム足が取れたりしていて、コードに過度な力がかかったことで断線が起きた疑いがあるという。残り3件の断線の原因はわかっていない。
 同社は「故障に気づいて使うのをやめれば事故は起きず、製品の欠陥ではない。製品の寿命は10年を考えており、代替品へも交換しない」とコメントしている。
 問い合わせ先は、INAX(0120・1794・27)、アイシン精機(0120・33・0056)。


 アイシン精機って自動車の部品メーカーじゃなかったのか?トヨタ系のトランスミッションなんかを作っていたのじゃなかったかなと思ったのだが、なんとそこが自動肛門洗浄機の部品も作っていたのである。どういう関連なんだとオレは驚いた。車のパーツだけでは食えないのでケツにも手を出したということなのだろうか。

 ただ、アイシン精機側は今回のトラブルを「欠陥」とはとらえず「故障してるのにそのまま使い続けたから起きた事故」であると考えていて、交換は考えていないということだった。便座を温めるための配線が切れてしまう理由が、便座の付け根部分に尿や洗剤がかかって腐食した結果であるのならば、尿や洗剤がかかる可能性がある部分を腐食しやすい構造にしていたこと自体が構造上の欠陥ではないかとオレは思うのである。洋式便器で男性が尿をする際に、その男性が座って便器を使用することはまだまだ少なく、多くの男性は立ったままの位置からよく狙いも定めずに尿をぶっ放すのであってその尿は便器周辺の広範囲に飛び散ることは避けられない。大勢の男性に尿を実際にさせるという製品テストを十分に行っていたのかと考えればやはり設計に問題があったと思うのである。

 わが家にも過去の一時期、温水洗浄便座があった。近所の家で新しい温水洗浄便座を購入して古いのがいらなくなったということでいただいたものを設置していたのである。しかし、母がトイレ掃除の時に余計なところに水を掛けてしまったせいであっさりと壊れた。今はただの温熱便座しかない。そういうわけでわが家ではあの先進文明の恩恵を得られないでいるのである。そのために大量の紙を消費しているのだ。ただ拭かれて流されるだけの紙にけっこう柔らかくて高価なものを使っている。それは妻の趣味なのだが、オレはケツを拭きながらもったいないといつも感じているのである。高級なトイレットペーパーはケツにやさしい感触で気持ちがいい。しかし、このために貴重なパルプが消費されてることを思うと、やはりこの紙は使わずに済む方がいい。自動肛門洗浄機を稼働させた場合に消費する電力と、使わなかった際に消費する紙と、いったいどっちが無駄遣いなんだろうかとオレはひとしきり考えたのであった。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。


2008年11月26日(水) マンションから変なヤツを追い出せるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 高いゼニを払って購入したマンションの隣人が変なヤツだったらどうすればいいのか。これは集合住宅を購入する場合の永遠のテーマである。一戸建てならまだ隣家との距離があるので何とかなる場合でも、マンションでは壁一つしか隔てるモノがないために騒音などの問題はやはり気になるのである。騒音にしても日常生活の中で自然発生的なものなら仕方ない。存在そのものが迷惑なヤツがいればどうしたらいいのか。その極端な例がここにある。

迷惑入居者の立ち退き認定 マンション管理組合が勝訴 仙台 2008.11.25 23:12
 ベランダから瓶を落とし、夜間にほかの部屋のチャイムを鳴らし続けるなど苦情が絶えないマンション入居者の男性の立ち退きを求め、管理組合が男性の区分所有権の競売などを求めた訴訟の判決で、仙台地裁は25日、請求を認めた。
 伊沢文子裁判官は「ほかの入居者の平穏な生活を妨害したほか、マンションの価値や評判をも下げる行為」とした上で「区分所有権の剥奪(はくだつ)になるので慎重に判断すべきだが、共同生活上の障害を回避するために、ほかに相当の方法があるとはいえず、競売請求を認めることはやむを得ない」と述べた。
 判決によると、男性は仙台市若林区のマンションで、ほかの入居者の玄関を多数回け飛ばすなどし、管理費なども滞納。平成18年には注意した管理者に暴力を振るった上、自室に女性を連れ込み、わいせつ行為をしたとして傷害罪などで起訴され、実刑判決を受けて現在服役中。


 他の部屋のドアを蹴飛ばすとか、管理費を滞納するとか、管理者に暴力をふるうとかいう行為があるならば、退去勧告するに十分な理由だろう。それから上記記事にあるのはおそらく「いやがる女性を無理に部屋に連れ込んでわいせつな行為を行おうとした」ことであり、それなら実刑判決を受けるのも当然だ。服役中ならもちろん管理費を払うこともできないわけでずっと滞納は続くのである。

 このマンションを売り飛ばしてしまえば、出所してきたこの男に帰る場所はなくなる。しかしマンションの他の住人にしてみればこんなヤツは帰ってきて欲しくないわけで、できることなら地上から消え去って欲しいと思っているだろう。ところが日本の現在の法律には「所払い」という罰則は存在せず、「二度とここに来るな!」ということを強制することはできないのである。区分所有権を剥奪するというのは残酷な処分かも知れない。しかし「まともな社会生活が営めない馬鹿」が同じマンションに住んでいることの住人たちの苦痛を思えば、一つ間違えば多数決によるいじめにもなりかねないこの「区分所有権の剥奪」も仕方のないことのように思えるのである。他の住民はそれまで迷惑を掛けられながらも必死で方法を模索していたのだろう。そしてついにこれしかないという答えとしてたどり着いたのが「区分所有権を剥奪」ということだったのだろう。

 マンションの中に暴力団組事務所ができた場合に、住人が団結してその暴力団どもを追い出したという事例もないわけではない。ただその場合も一朝一夕にはいかず、かなり長い期間の粘り強い戦いの成果だったとオレは記憶しているのである。

 マンションから追い出された変なヤツはどこに行けばいいのか。いや、マンションだけでなく職場や学校やあらゆる集団からはじき出されたチョー変なヤツはどうやって生きていけばいいのか。親のスネをかじるしかないのか。親が死んでしまったらどうやって生きるのか。生活保護を受けるしかないのか。変なヤツにも「生存権」というものはある。最終的な受け皿は結局そこしかないのだろうか。

 変なヤツであっても、それを支えてくれるちゃんとした配偶者を得たり、あるいは教育の中でその変な部分が徐々に矯正されて性格が穏やかになってということも現実には多いだろう。若い頃は無鉄砲でむちゃくちゃしていた人間が、年を取ると落ちつくという事例もいくらでもある。

>「ほかの入居者の平穏な生活を妨害したほか、マンションの価値や評判をも下げる行為」

 伊沢文子裁判官のこのコメントの後半部分が他の住民にとってはやはり大事なんだろう。そのマンションを転売するときに、「実はこんな変なヤツが住んでいてみんな困ってるんです」という情報があれば転売もうまくいかないし、マンション自体の価値も大きく下がってしまう。そう思えば上記記事のこの変なヤツを団結して排除した住民たちがなぜ必死になったのか意味がわかるだろう。単なる日常生活妨害ではなく、自分たちの大切な資産を毀損する不倶戴天の敵として、この迷惑野郎はとらえられていたのだろう。そんなヤツに帰る家などいらない。日本に滞在する必要もない。てめえなんぞどこかよその国にでも行ってしまえ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月25日(火) 京阪特急に虫をばらまいた男        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 オレの大好きな京阪特急の車内で、こんな不埒なことをしたクソ野郎がいた。こんな男は断じて許せないのである。こいつは死刑にしてもいい。それも虫刑だ。密室に大量のゴキブリと一緒に閉じこめて、体中を食い尽くされて死ぬという無惨な刑罰こそがふさわしい。産経新聞のWEBサイトから記事を引用しよう。

電車内に幼虫200匹バラまく 「驚く女性客見たかった」 35歳男を逮捕 2008.11.24 20:19
このニュースのトピックス:変な事件
 走行中の京阪電鉄の特急電車内にミールワームと呼ばれる昆虫の幼虫約200匹をばらまいたとして、大阪府警枚方署と鉄道警察隊は24日、威力業務妨害の現行犯で兵庫県西宮市の会社員、水田学容疑者(35)を逮捕した。水田容疑者は「驚いた乗客の女性が足をばたつかせる姿を見たかった」と供述しているという。同電鉄では今月だけで同様の被害が他に18件あり、府警で余罪を追及する。
 調べでは、水田容疑者は同日午前10時ごろ、大阪府寝屋川市内を走行中の中之島発出町柳行き臨時特急電車の2階席で、座席の下にミールワームをばらまいたところ、警戒中の鉄警隊員らが確認、逮捕された。
 ミールワームは全長約2センチ。水田容疑者がもっていたリュックサックからは他にミールワーム約3600匹が入ったケース約10個が見つかっており、府警はこれらもばらまくつもりだったとみて調べている。
 ミールワームはゴミムシダマシ科の昆虫の幼虫の総称。小鳥など小動物のエサとしてペットショップなどで市販されている。


 さっそくオレはウィキペディアでミールワームというのを検索してみた。すると大きめのウジ虫みたいなのであることがわかった。体長2センチくらいのヤツである。ペットショップではエサ用に売られているという虫だ。そして簡単に増やせるという。この男が購入したモノをばらまいたのか、あるいは自宅にミールワーム養殖場を設けて増やしているかは定かではないが、いずれにしても過去の18件の事件にもこいつが関与していた可能性は非常に高いわけで、こいつはこれまでもミールワームをばらまいては女性にいやがらせを行ってきたのである。やっぱりこいつの罪は死に値するぜ。いやがらせにしても度を超してるじゃないか。

虫が苦手な人にとって、虫を自分に接触させられるというのは心臓が止まりそうなほどの恐怖なのである。ゴキブリが苦手なオレの妻はいつも家でゴキブリが出現すると逃げるだけで決して戦おうとしないのだが、もしもゴキブリが飛びかかってきたらきっと気を失うだろう。突然わが家がゴキブリだらけになってるというバイオテロ攻撃を受ければ、きっと妻は実家に帰って二度とここには戻ってこないだろう。

 この水田学というクソ野郎がいつからこのイタズラを行っていたのか。今月だけで18件ということは、先月以前にも同じようなことをしていたのかも知れないし、過去数年に渡ってしていたのかも知れないのだ。しかも車内清掃する人たちは毎回毎回こんな小さな虫がばらまかれているなんて思っていないわけで。犯行の様態から考えてこの男が狙ったのは主に特急電車のクロスシートの車内と考えられるので、京阪特急の車両内には無数のミールワームがすでにばらまかれてそれはシートの下のいろんなところに住み着いている状況になっている可能性が高い。京阪電車側としては可能性のあるすべての車両を徹底して清掃しないといけないわけで、そのために掛かるコストというのは膨大な金額にのぼるわけだ。もちろんみんなこの男に払わせろ。こいつの全財産を没収して京阪電車側の賠償に充てて、足りない分は借金させてでも支払わせるべきだろう。それにしてもこいつは自分がどれだけ迷惑を掛けてるのかわかってるのだろうか。

 女性が虫に「きゃああああ」と悲鳴を上げることが楽しいのならば、自分の家でやればよかったのである。家を虫だらけにして、そこに遊びに来た女性に対してこのイタズラを実行すればよかったのである。もっともこんな情けないイタズラをするようなヤツは、きっとこの年齢までずっと彼女もいない寂しい人生を送ってるのだろう。それにしても情けない野郎である。

 追記:このバイオテロの報道があった翌日、11月25日の京阪電鉄の株価はなんと前日比ー57円という大暴落で389円となったのである。参考にここ6ヶ月の株価チャートを示しておく。今日一日の下げがどれほど大きかったかがわかるだろう。恐るべし、バイオテロである。





↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月24日(月) 北方領土が返ってきました!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


  プーチン首相の公式サイト(←クリックすると確認できます)が存在する。さすがにロシア語は全然わからないが、英語ならなんとかなるので英語版を読んでみた。そしていろんなところを見ていてオレは世界地図を発見した。何気なくその地図の日本列島のところをクリックしたら日本のところの色が変わった。選択された日本の領土だけがピンク色に変わったのだが、なんと国後、択捉などの北方領土も日本と同じ色になったのである。オレはびっくりした。この地図の北方領土の色を見てくれ。




 なんと、プーチン首相が自分のサイトでこんなふうに表示しているということは、北方領土返還の意志があるんだなとオレは驚いてその地図を眺めていたのである。クソ野郎と思っていたが、なかなかまともなところもあったんだよなえらいぜプーチンと褒めてやりたくなって、そうして数日後に同じサイトの地図をクリックしてみたらいつのまにか北方領土はロシア領になっていた。不注意で正しく日本領にしてしまったのを、誰かが気づいてあわてて修正したということなんだろうか。それにしてもお粗末な話である。連中がそんな利権のかたまりの島を手放すはずがないだろう。ここに修正後の地図も貼り付けておきたい。




 アサヒコムではこんな記事が掲載されている。

ロシア大統領「領土問題、次世代に委ねない」 日ロ会談2008年11月23日20時4分
 【リマ=餌取稔也】麻生首相は22日午後(日本時間23日午前)、リマ市内でロシアのメドベージェフ大統領と初めて会談した。北方領土問題について大統領は「この問題の解決を次世代に委ねることは考えていない」と述べ、解決への強い意欲を表明した。
 麻生首相は会談の冒頭で「我々隣国の関係が、国境線の問題も含めてきちっと確定していないところが不安定な要素になっている」と、領土問題を取り上げた。日本側の説明では、麻生首相は「大統領の決意が必ずしも事務レベルの交渉に反映されていない」とロシア側の姿勢への不満を伝えた。
 これに対しメドベージェフ氏は「どこの国でも官僚の抵抗は存在するが、首脳の善意と意思があれば解決できる」と政治決断の重要性を強調した。一方で「並々ならぬ考えが必要だが、そのような考えは既存の文書から引き出されなければならない」と、過去の交渉の積み重ねを尊重する姿勢も示した。
 両首脳は、プーチン首相の訪日について「来年初め」の実現を目指すことで一致。来年、首脳レベルの集中的な話し合いを重ねることで合意した。さらに東シベリアや極東を含む一帯での具体的な協力の可能性を探る作業を進めることでも一致した。


 ここでメドベージェフが「この問題の解決を次世代に委ねることは考えていない」ということは、自分の代でなんとか決着を付けたいと思ってるのだろう。しかしその決着の付け方というのは、日本に返すということでは断じてないだろう。どさくさに紛れて火事場泥棒的に強奪した土地、そのまま自国領であると国際社会に認めさせてそれで幕引きにしたいはずである。

 プーチン訪日時に当然会談することになる麻生太郎にまともな歴史の知識があるのなら、交渉の時にロスケが行った悪行の数々を失言して、話し合いをむちゃくちゃにしてもらいたいのである。どうせロスケどもは返還の意志はないだろう。そんな無益な話し合いをまじめにやる必要はないわけで、だったらこの際思い切り文句を言いまくって欲しいのである。8月22日に小樽への引き揚げ船を撃沈して避難民を大勢殺したこととか、占守島の戦いで軍使として赴いた日本軍将校をいきいなり射殺したこととか、樺太で武装解除に応じた日本兵の一部をその場で銃殺したこととか(捕虜の多くはシベリアに送られたわけだが)。当時の国際法に照らし合わせても明らかに違法行為であったシベリア抑留に関しても改めて賠償金を100兆円くらい請求してもらいたいものである。賠償をチャラにする代わりにサハリンの原油と天然ガスを100年間無償供与させるとか、そんなことをロスケにぶつけてやれ。そしてその交渉の一部始終を世界に発信するのだ。

 大事なのはその「世界に発信」の部分である。「麻生発言は本当かどうか」で世界が大揺れする中で、もちろんロスケがかなり悪者扱いされる可能性は高いし、最近の資源高で調子こいてるあの連中に一矢報いることができればそれはそれでオレは気分がいいのである。

 まあそれでもプーチンやメドベージェフが少しマシかなと期待するのは、ロシアの公式見解というのは長らく「領土問題は存在しない」だったはずだ。あの世界一態度のでかい乞食でアル中のエリツィンとやらも確かそんなスタンスだったと思う。だから少なくともこいつらが「領土問題を解決」したいと思ってることは、その前提として「領土問題がある」と思ってくれているわけでそれだけでも少しは期待できるのである。

 ただ、オレが返還して欲しいのは国後・択捉だけではない。北端の占守島までの千島全島である。ここまでは千島樺太交換条約で日本が正式に手に入れた領土だったはずだ。ポツダム宣言を受諾して無条件降伏したい以上、日本が植民地化した朝鮮半島や台湾が日本の領土でなくなるのは納得がいく。しかし千島はそうした経緯で支配したのではなくて平時の外交交渉で獲得した領土である。それがいつのまにか日本のモノではなくなってるのはおかしいじゃないか。

 北方領土が返ってくるにしろ、返ってこないにしろ、いずれにしてもメドベージェフが大統領でいるうちに決着を付けてくれるそうだからこの問題の終結も近づいたということである。ここはどんな交渉になるのかを見守りたい。もっとも麻生太郎の外交力なんて全く期待してはないのだが。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月23日(日) 新型フェアレディZなんか誰が買うんだ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 どうしてクルマはモデルチェンジのたびにでかくなって重くなって、そして不細工になるのか。オレにはどうしてもその理由がわからない。この傾向は特に日産車に於いてひどいのである。ろくなデザイナーがいないのだろうとオレはあきれている。もっともトヨタのデザインも同様にひどいものだが。「クラウンの顧客は5年で買い替えるから5年もつ程度の品質で十分だ」などとほざいた奥田会長のように志の低い経営者がいる企業に期待しても仕方ないのだが。

 日産は若者がとうてい買えない価格のスカイラインGTRを出して大いに失望させてくれたが、今度はフェアレディZでも失望させてくれるようである。現行価格が337〜449万円だから、この価格も同じくらいになるのだろう。やはり貧乏な若者がおいそれと手出しできる価格ではなさそうである。

新型Z、国内で初公開 12月発売控え 2008.11.22 20:18
 日産自動車は22日、12月初めの発売に先駆けて、全面改良した伝統的なスポーツカー「フェアレディZ」を東京都内で公開を始めた。新型Zを国内で披露するのは初めて。昭和44年の登場から6代目となり、約6年4カ月ぶりの全面改良となる。
 スポーティーな流線形のデザインにし、鋭くとがった形状の前照灯とテールランプを採用。車体の全長は約4.2メートルと、現行モデルよりやや小さく、前後タイヤ間の距離も約10センチ短くすることでハンドリング性能を向上させたという。
 排気量3700ccのエンジンを搭載する見通し。車両価格は公表していない。米国では「370Z」の車名で、来年1月に発売する。日産は、業績不振に陥っていた平成12年8月にフェアレディZをいったん生産中止したが、「日産再生の象徴」として現行モデルを14年7月に復活させて発売した。


 現行モデルよりもやや小さくだそうだが、全長4244×全幅1849×全高1322mmと発表されたサイズは現行比で70mm短いものの33mmもワイドなのである。オレの家の車庫にこの幅のクルマを入れるとドアが開かないから降りられないかも知れないのである。どうしてそんなに幅をでかくするのだ。細かいスペックについて知りたくて検索しているとこういう解説を見つけたので引用しよう。

 大幅な軽量化も新型の特徴のひとつ。ドアパネル、リアハッチゲートはアルミ素材を採用。さらに、現行モデルではアルミ+金属製だったボンネットフードは、フルアルミ製に変更された。これらの軽量化によって、車重は現行比で約40kg軽い1466kgに抑えられているという。
エンジンは『スカイラインクーペ』でおなじみの3.7リットルV6。しかし、専用チューンが施され、最大出力は332ps/7000rpm、最大トルクは37.3kgm/5200rpmを発生する。現行の3.5リットルと比較すると、26ps、0.3kgm の性能向上だ。パワーウェイトレシオは4.4kg/psとなる。
ミッションは6速MTとパドルシフト付き7速AT。6速MTには世界初の「シンクロレブマッチシステム」が採用された。これはオプションの「スポーツパッケージ」に用意されるもの。ボタンを押せばレブマッチモードとなり、シフトチェンジでクラッチを踏んだタイミングに合わせて、エンジン回転数を同調してくれる。
足回りはサスペンションが前ダブルウイッシュボーン、後ろ4リンク。タイヤサイズは前225/50R18、後ろ245/45R18のヨコハマ「アドバンスポーツ」。スポーツパッケージは前245/40R19、後ろ275/35R19のブリヂストン「ポテンザRE050A」となる。


 ここを読むとなるほど、いちおう軽量化もされてるようである。それでも1466圓禄淑すぎるくらいに重い。1.5トンの巨体なのである。そしてこんな高性能を与えてどこで走らせるのだ。日本の道路は最高速度が100キロしかないじゃないか。そんなでかい車体でここまでの大排気量ならばリッターで5〜6キロしか走れないだろう。そんな贅沢なクルマはとても通勤に使えないぜ。

 初代フェアレディZは北米市場で売れに売れた。オレが学生時代にとても欲しかったクルマの一つである。あの頃のデザインの方が今よりもはるかに洗練されて美しかった。今はどうしてこんなに不格好なクルマになってしまったのだろうか。こんなデザインでたとえば30年前に出していれば失笑されただろう。こんなもので満足して買うのならば、今の客はそれだけレベルが下がってしまったのだろうか。新型フェアレディもこれまで同様に北米市場を主戦場と想定しているはずだが、こんなに景気が悪くなった今はとても売れないぜ。いったい何を考えてるんだ。

 今朝、あびこ筋を車で走ったときにオレの隣に現行モデルのフェアレディZが並んだ。運転してるのはオレよりもかなり年齢が上に見えるオッサン・・・というよりはおじいさんだった。本来若者が買うべきクルマが高くなりすぎて老人しか買えない。ソアラやフェアレディZやスカイラインGTRやホンダS2000を買うのはみんなオッサンなのである。そんな状況のクルマ社会に満足な未来があるとはオレには思えないのである。日産が本気で若者にじゃんじゃんクルマを売りたいのならば、30年前のフェアレディZのサイズで、排気量1600CCくらいの小型軽量のスポーツカーを開発して、安価な上に燃費も良いことをアピールして出せばいいじゃないか。そんな発想はおそらく今の日産の幹部連中には全くないだろうが。貧乏人は軽自動車やマーチやキューブを買えと思ってるのだろう。

 クルマを開発する側は「貧乏人には買って欲しくありません」と思ってるのかも知れない。しかし、社会の大多数は貧乏人なんだぜ。その貧乏人が「いつかは金を貯めて手に入れよう」と思って手が届く範囲の夢を与えてやれないでどうするんだ。オレは若者がいきなりミニバンを買ってしまうクルマ社会を嘆くのである。クルマというのは走らせること自体に楽しみがあったものではないのか。それがいきなり実用車を買ってしまってどうするんだ。徳大寺有恒さんがその著書「間違いだらけのクルマ選び」の中でユーザーの意識と乖離した自動車メーカーの側の発想を批判したのはもうかなり昔のことだが、やっぱりメーカーの側は相変わらずである。もっともこういうおよそ売れそうもないクルマを作ってる時点で、まだ日産はトヨタよりも技術者たちに夢があるのかも知れないが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月22日(土) 思い出の京阪特急テレビカー        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 京阪電車の特急といえばテレビカーである。大学生の頃、オレは京都のアパートで一人暮らししていたのだが、大阪の実家近くでしていた家庭教師のバイトのために週に2往復、その京阪特急に乗っていた。その京阪特急のテレビカーが導入されたのは1958年、そのときにデビューした1900系の車両がこの秋で引退するというニュースを聞いて、オレはあのころのことをなつかしく思い出したのである。週に2回、オレは大学の授業を終えると急いでバスで京阪三条に出て京阪特急に乗り、夕方6時すぎには一軒目の家庭教師先へ、そして8時半頃には二軒目の家庭教師先へとはしごし、夜遅くに実家に帰って泊まって翌朝は卸売市場に向かうために早起きする父のトラックに駅まで乗せてもらって、淀屋橋駅を朝6:40に出る始発の特急で京都に戻っていたのである。京都に戻る朝はいつも特急の中で熟睡してていたが、夕方に大阪に向かうときはいつも車窓の景色を飽きるほど眺めていた。そして車内のテレビを見ていることもあった。なぜかNHKばかりついているそのテレビで「おかあさんといっしょ」とかを観た記憶がある。なぜかそのテレビはNHKばかり放送していた。それで幼児番組がかかっていたりしたのだろう。

 特急の座席はクロスシートだったので、オレは隣の空席に京阪七条から京都女子大の女の子が乗ってくることをいつも期待したのだが、残念ながら横にはオッサンが座ることが多かった。もっとも女子大生もオレみたいなうさんくさい兄ちゃんよりも同性の隣に座るのが自然だっただろう。

 当時の京阪特急は七条から大阪環状線との乗り換えの京橋まで約35分間をノンストップで走った。JR(まだ国鉄だったかな)の新快速の方が所用時間は短かったはずだが、運賃は京阪の方がはるかに安く、また阪急は京阪と同じ料金だった関係で京都大阪間は私鉄を利用する人が今よりもずっと多かったと思う。しかも京阪も阪急も特急だからといって別に料金をとられることもなかった。運賃だけで乗れて、テレビもついていて乗り心地もいい京阪特急をオレはこよなく愛していたのである。通学定期の割引率は高く、一ヶ月定期は京都大阪間を月に5往復する運賃分くらいだったので、オレは週に2往復しかしなかったにも関わらず京阪だけは通学定期を持っていた。京阪以外の区間はすべて回数券を使用していたのである。

 この京阪特急の特徴だが、特急の車両がホームに入線すると、まず乗車位置と少しずれたところにいったん停車して客を降ろすのである。そのときにオレはまだ乗らずにホームの3つ並んだ丸印の乗車位置のところで待つ。しばらくすると車両がいったん降車用に開いたドアを閉じて、静かに数メートル移動して乗車待ちの人が並んでいる丸印の真ん前にドアが来る。その移動の時に転換型クロスシートが一斉に移動して進行方向向きになる。背もたれが動いて向きが一斉に変わるのがなんだかすごいことのように思えたものである。人間が手作業でいちいち座席を回して向きを変えているJRの車両なんかがものすごく原始的で時代遅れのように思えて、オレは京阪のその自動方向転換型シートを勝手に誇りに思っていたのである。

 まだ自分のクルマを手に入れる前、オレにとって京阪特急は女性とデートする時の必須アイテムだった。そのクロスシートで並んで座って話をする時間にオレはいつも勝負を掛けたのである。淀屋橋で待ち合わせして、京阪特急で京都に行く。あるいは京阪三条で待ち合わせして大阪に行くというのがオレにとってデートの王道だったのだ。京阪特急にはオレの青春の思い出がいっぱい詰まっているのである。そして、そのころのオレが一番よく乗っていたのが、初代テレビカーとして走っていた1900系の車両のはずである。

 オレが大学を卒業してから25年経った。三条までだった京阪電車は出町柳まで延長され、京都大学に通うにはさらに便利になった。もしも出町柳までの開業がオレの大学入学よりも前なら、もしかしたらオレは京都で下宿生活を送らなかったかも知れないし、そうなるとオレの人生もずいぶん変わっていたかも知れない。あの頃、オレは大学からバスで東山三条まで移動して、そこから京津線の路面電車に乗ることもあれば、三条京阪まで約500mを走ることもあった。三条京阪から出る特急の発車時間は頭に入っていたので、それに合わせてのんびり歩くこともあれば、必死でダッシュすることもあった。1900系車両引退の記事を読んで、そのころのことを思い出してとてもなつかしくなったのである。

 京都市バスの車両はいつのまにかみんな低床式になっていたし、京阪三条の駅は地下駅になって全く形を変えた。駅前にあったサパークラブ、ベラミはもう影も形もない。そこで山口組の田岡組長が鳴海清に撃たれた事件は、確かオレが共通一次試験の受験勉強をしていた夏だったなあと思う。過去の記憶につながるものであっても文化財の寺社以外はどんどん姿を変えていく。行きつけだった喫茶店もどんどん消える。荒神口の「しあんくれーる」も木屋町四条の「みゅーず」も今はなくなった。かろうじて「フランソワ」「進々堂」「RINGO」「わびすけ」は昔と変わらずそのままの姿で残っているようだが。久々に訪れた風景が昔とすっかり異なっていて、昔行きつけにしていた店がもう跡形もないのは寂しいことである。京都大学構内の風景も昔とすっかり変わってしまっているという。オレはそれをなんだかとても寂しく感じるのであった。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月21日(金) ニセ医師として28年立派につとめた男        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 ニセ医師として28年間世間をだまし続けた男が捕まった。レントゲン車の運転手だったときに見よう見まねで覚えて、そのまま医師になりすましたというなかなかの男である。オレはその間どうしてバレなかったのかと不思議に思ったのである。

無免許で3千人診察、ニセ医師「カルテは独学で覚えた」
 医師免許がないのに医療行為を続けたとして、千葉県警は20日、同県市川市幸、無職長谷川幸夫容疑者(65)を医師法違反(無免許医業)の疑いで逮捕した。
 長谷川容疑者は、実在する医師の名をかたって30年近く医療行為を行い、少なくとも過去5年間で延べ約3000人を診察していたという。
 発表によると、長谷川容疑者は昨年10月22日〜今年10月27日、医療法人社団青山会が運営する船橋診療所(千葉県船橋市湊町)と、船橋市医師会が運営する同市夜間休日急病診療所で、患者10人(4〜88歳)に医療行為を行った疑い。長谷川容疑者は1994年から、船橋診療所に整形外科医として勤務しており、健康被害の報告はないという。
 調べに対し、長谷川容疑者は「78年にレントゲン車運転手として採用された東京都墨田区の診療所(廃院)で、80年ごろから医療行為を始めた。カルテなどを見て独学で覚えた」と供述している。名義を使った医師とは77年頃に仕事を通して会ったことがあるという。
 船橋診療所によると、長谷川容疑者は、お年寄りらに評判が良く、診察して注射などをしていたが手術はしなかったという。記者会見した坂本悟哉院長は「医師免許のコピーで確認した。月1回、カルテをチェックしたが、疑問に感じたことはなかった」と話した。
 無資格診療容疑は、2005年7月、千葉県内で速度違反を摘発されたことがきっかけで発覚した。その際、長谷川容疑者が県警に提出した文書に押されていた県公安委員長印が偽物と判明。名刺に本名が記入されていたことなどから医療機関などに問い合わせてわかった。(2008年11月20日23時46分 読売新聞)


 ニセ医師であったこの長谷川容疑者は「お年寄りらに評判が良く」とある。また診療ミスによる健康被害の訴えはこれまでなかったのだという。全く何の資格も持たず、医療に関する専門的な知識もないはずの素人が、どうやって周囲をだまし、カルテを記入し続けられたのかとオレは不思議に思うのである。ただ、こういうニセ医者事件の場合、多くのお年寄りによって「よく話を聞いてくれる名医」と思われていることが多いのである。自分の手に負えないようなことはよそに行ってもらって、ただ話をじっくり聞くだけのカウンセリング医師という戦略だったのかも知れない。それにしても30年近くだまし続けるのはたいしたものである。見よう見まねで身につけた技術でその長きにわたって仕事をこなし続けたことはある意味称賛に値するのである。入学の難しい医学部を出て国家試験に合格する人にしかできないことを、見よう見まねでこなしていたからたいしたものだ。しかし、そばで見ている看護師とかの中には見抜いていた人もいたのではないだろうか。どうもそんな気がするのである。

 私立大学なら法外な学費がかかり、しかも国家試験に合格しなかったら医師免許はもらえない。ゼニも時間もかかるものをなぜかうまくごまかして30年近く働き続けたこの男の周囲を欺いてきたそのセンスはたいしたものである。オレはあきれたというよりは、なんだかその男が立派に思えてきたの出ある。しかも老人たちにはけっこう評判が良かったという。もしかしたらこの男はニセ医者ゆえの謙虚さで、「ニセモノであるとバレないように努力して名医になろう」としていたのかも知れないのである。そう思うとなんだかそんなに悪い男ではないような気もしてしまうのである。

 もしもこの男が無医村の唯一の医師であり、そして多くの患者の命を実際に救っていたなどという美談があれば、どのようなことになったのだろうか。地元民は「ニセ医師でもいいから残って欲しい」と嘆願したのだろうか。オレはそんなストーリーを想像してみたくなったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月20日(木) 常識が欠落してるのはあんただ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 今日本で一番有名な「漢字の読めない男」と言えばまぎれもなく麻生首相である。「踏襲」を「ふしゅう」と読んだ発言でまず話題となったが、それ以外にも「未曾有」を「みぞゆう」 、「詳細」を「ようさい」 、「有無」を「ゆうむ」「怪我」を「かいが」などその無知ぶりを露呈している。最近の若者は教養がないと話題になるが、麻生首相よりはマシなのかも知れない。基礎教養というのは18歳くらいの頃に完成するとオレは思ってるのだが、麻生さんの入学した頃の学習院大学というのはどの程度の入学偏差値だったのだろうか。国語教師であるオレは一国の首相がこんなに漢字が読めないということにあきれているのである。マンガ好きなのも結構だが、その前にちゃんと新聞などを読んでくれと言いたい。

 その漢字を読めない首相から「常識欠落」と言われると、大きなお世話だよと言いたくなるのである。なんと麻生首相はこんな問題発言をしていたのだ。日経新聞のWEBサイトから引用しよう。

首相「医者は常識欠落している人多い」 医師不足で、後に謝罪
 麻生太郎首相は19日、首相官邸で開いた全国知事会議で、地方の医師不足問題に関連し「地方病院での医者の確保は、自分で病院を経営しているから言うわけじゃないが大変だ。社会的常識がかなり欠落している人(医者)が多い。とにかくものすごく価値観が違う」と指摘した。
 日本医師会の中川俊男常任理事は同日の記者会見で「信じられない。首相がそんなことを言うはずがない」と困惑気味に語った。首相は同日夜、記者団に「まともなお医者さんが不快な思いをしたなら、おわび申し上げる」と謝罪した。
 首相は知事会議の直後に出席した全日本私立幼稚園PTA連合会全国大会でも珍発言を連発。あいさつで「普段からお子さんを預かっていると思うが、子どもより親で苦労していると思っているんだけど」「しつけるべきは子どもじゃなく母親なんじゃないか」と批判した。 (19日 22:02)


 ここで麻生首相がいう「常識が欠落」しているというのはどういう意味なんだろうか。どうやら「中学生でも読める漢字が読めない」ということではなさそうである。それは麻生さんご自身のことだからだ。価値観が違うというのはどういうことなんだろうか。お金に執着しないということなんだろうか。具体的な例がないから全くわからないのである。 オレはこれまで多くの医師と接してきたが、とくに「常識が欠落している」と思ったことはない。まだ教師の方が常識の欠けた方は多いかも知れない。直接面識があるわけではないが、新聞報道などで語られる政治家のみなさまの方がはるかに「常識が欠落した」方たちが多そうな気がするのである。そんな政治家の一人であるあなたから、「常識が欠落」と言われることは、連続婦女暴行魔から「変態」と罵られるようなものであり、言われた方はものすごく不快であると想像できるのである。

 麻生首相はオバマ米大統領に対しても「インテリジェンスを感じた」と語ったそうだが、ハーバード大学で学んだオバマ大統領にインテリジェンスがあるのは当然であり、中学生でも読める漢字を間違う麻生首相などからそんなことを言われるのは、幼稚園児がノーベル賞受賞者に向かって「おじさんってえらいんだね」と語ってるようなものである。あまりの滑稽ぶりに涙が出そうである。

 演説するたびに漢字が読めないことが暴露され、過去のお馬鹿発言もどんどんYOUTUBEにUPされ、2003年時点で「IT」を「フロッピーディスク」のことだと思っていたこともばれてしまい、「こんなアホが首相だなんて恥ずかしい」とじりじりと支持率を下げている麻生首相なんだが、そんなアホでも総理大臣になれるというのが日本の政治の仕組みなのである。吉田茂の孫だかなんだか知らないが、議員世襲制が浸透して2世、3世ばかりになってしまえば、政界がこういう純粋培養のアホばっかりになってしまうというものすごくわかりやすい例がこのオッサンなのである。

 漢字の読めない男、麻生太郎。さて、今度はどんなお馬鹿発言をするのだろうか。オレは無責任な野次馬の一人として、次に何を言ってくれるのかと注目しているのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月19日(水) 飲酒運転できない車を作ってください        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 飲酒運転によるひき逃げ事故が後を絶たない。罰則を厳しくしても「罰が重いから」となおさら逃げるドライバーが増えるのである。また、免許停止や取り消しにしても無免許で乗るのである。中にはアルコール依存症で酒が止められないドライバーもいるのである。どうすればこのような悲劇を防げるのか。残された方法は一つしかない。すべてのクルマに飲酒検知装置を義務づけ、エンジンがかからないようにしてしまえばいいのである。他の乗員の飲酒と区別するためにたとえばドライバーズシートに座ると細い針がケツに突き刺さって血液中のアルコール濃度を瞬時に測定するとか、ケツが痛かったらハンドルに針がついていて、そこに手がちくりと刺さった瞬間に血中アルコール濃度が測定されるというふうにしたら、確実に飲酒運転は防げるような気がするのだ。

 自動車メーカーはこぞってこの飲酒検知装置の開発を工夫すべきだ。そして国もこの研究には補助を与えて、世界に先駆けて完成させるべきである。そうすれば日本の技術を世界にアピールする機会にもなるだろう。

 良心のかけらもない人間が飲酒ひき逃げを起こすのである。良心に頼るような形では絶対に事故は撲滅できない。だったら人間は間違いを犯すものであるという前提に立って、クルマの方が変わるしかない。それが飲酒検知装置の義務づけである。たとえコストがかかってもいい。すべてのクルマに飲酒運転検知装置を義務づけるのだ。10年も経てばかなりのクルマが入れ替わる。義務化すればそれは確実に世の中に浸透し、10年後には日本から飲酒運転を撲滅できるだろう。

 飲酒運転による引きずり死亡事故に関して、通常の自動車運転過失致死罪ではなくて殺人罪を適用できるかどうか、まだはっきりしていないのだという。オレはひき逃げ罪というの殺人罪同様の罰にすべきだと思っている。逃げた時点で殺人犯と同じ扱いにしてやるべきだ。「逃げる」という行為は「もしかしたら捕まらないかも」「捕まらなかったらラッキー」というきわめて恥ずべき精神構造の結果産み出されるのである。だったら、そういう精神構造を持つという時点でアウトだ。ひき逃げ罪の最高刑は死刑または無期懲役にしておいて、そんなヤツが二度と世間に出てこられないようになることを望んでいる。

 各メーカーが競争で「飲酒運転不能車」の開発を行い、その結果完成に至るならば、ハイブリッドカーを実用化した時の何倍のも称賛が得られるだろう。その技術は多くの人の生命を救う。20年後30年後にはきっとそれが当たり前になる日が来る。オレは日本の自動車メーカーの底力を信じているのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月18日(火) 信念の持てない行動ならば最初からするな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 入学式や卒業式の国歌斉唱の時に起立することは当たり前のことだとオレは思っている。思想信条の問題と儀式の時の礼儀は別である。国家を歌いたくなかったら北京五輪の開会式の少女のように口パクしていればいい。ただ、起立しないというのは、少なくともその式典に参列している保護者や児童生徒から見れば奇異に映るだろうし、ましてやその教員が生徒に向かって「おまえたちも起立しなくていいんだ!」などと扇動しているならば言語道断である。

 国旗や国家なんてものはたんなるシンボルであり、それ自体に罪はない。だいたいオレが小学生くらいの頃はどこの家でも祝日には国旗を掲揚していたし、貧乏なわが家にも大きな国旗があって、玄関のところには旗を差すための金具があった。あの国旗はいったいわが家のどこにしまい込まれたのだろうか?もう40年以上見ていないのである。
 
もしも「入学式や卒業式で起立しない」という行動を自己の信念に基づいて行い、それ自体に大きな意味があると信じるのならば、その行為を行うことが正しいという信念があるのならば、それもまた思想の自由である。しかし、そこで「自己の信念」を押し通すことは、式典に於けるマナーと相反するモノであるし、生徒や保護者には著しく奇異に映るだろう。外国との交流の場で、両国の国旗が掲揚され国歌が斉唱されるとき、日本国の国旗や国歌に敬意を払わない野蛮人は中国人や韓国人だけである。オレはその行為をとんでもなく愚劣なものだと思うのだが、一方でこのような教職員が存在することに対してなんだかやりきれないものを感じるのである。

国歌斉唱時、不起立教職員の情報消去を…18教職員が提訴
 神奈川県教育委員会が、県立学校の入学式や卒業式の国歌斉唱時に起立しなかった教職員の情報収集を続けているのは、思想信条に関する個人情報の取り扱いを禁じた県個人情報保護条例に違反するなどとして、情報収集された教職員ら18人が17日、県に情報の消去と1人当たり100万円の慰謝料を求めて横浜地裁に提訴した。
 訴状によると、県教委は2005年度の卒業式から、国歌斉唱時に起立しなかった教職員の氏名を各校長から報告させた。
 昨年10月以降、県個人情報保護審査会などが情報収集について「条例で取り扱いを禁じた思想信条に当たる」と答申したにもかかわらず、収集を継続したのは条例違反で、一部は不起立を理由に不利な人事評価を受けた、としている。
 県教委はすでに07年4月の入学式までの情報を消去したが、情報収集は継続している。訴えでは、今年3月の卒業式と4月の入学式で収集した情報の消去を求めている。
 県教委は「訴状が届いていないので、コメントできない」としている。(2008年11月18日00時12分 読売新聞)


 この18人に対してオレは言いたい。あなた方は信念を持って命を賭けてその行為を実行したのではないのか。「名前が報告されるとまずい」程度の情けない根性でその行為を行ったのならば、最初からしない方がいい。名前が出ない以上それは2ちゃんねるの匿名の落書き程度の意味しかないのである。あなたがた18人が真に国旗や国歌を式典から追放したいのならば、少なくとも名前を堂々と明らかにした上で主張を展開し、論陣を張るべきではないのか。あなた方が自分の職を賭して戦うというのならその決意には敬意を払いたい。その主張に理があり、多くの人々を納得させることができるのならば立場は逆転するだろう。そして式典での国歌斉唱は逆に禁止されるかも知れない。ちゃんと議論しない以上何も変わらないじゃないか。それを「匿名性を守りつつ」抗議だけはしたいというのは、まるで公衆便所に書かれた「麻生内閣打倒」という落書きみたいなモノである。「人事考課の時に困るから名前は出すな」「ゼニはくれ」というのが要求ならば、なんてケツの穴の小さな戦いだろうか。あまりに情けなくて涙が出るのである。

 教師の中にはさまざまな思想信条を持った者がいる。それ自体をオレは否定しない。オレが最初に勤務した公立高校でもさまざまな思想信条の教師がいたよ。ウヨク教にサヨク教、体教(体育教師)、サボリ教、受験教などいろいろだった。オレは一度うっかり卒業アルバムでヘルメットにタオルで覆面という過激派の学生のコスプレをしたせいでかなり誤解されたよ。もしかしたらオレはゼンガクレン教に分類されていたのかも知れない。それでもいちおう学校としてのまとまりはあった。そうでないと仕事が回っていかないからである。

 ただ、式典は別だ。卒業式や入学式というのは少なくともひとつの伝統的なセレモニーであり、定められた手順に従って粛々と行われるべきモノである。そこで式典の流れをぶちこわすようなことはやっぱりまずいのである。その公立高校にはサヨクの先生が多かったこともあって、国歌斉唱はなかったと思う。国旗の掲揚もなかった。卒業式の国旗掲揚を校長が提案したときに、サヨクの先生方が職員会議でこぞって反対していたことを思い出す。オレとしてはなんであんな布きれにこだわるのかが解せなかったが。世の中にはパンティとかいう女性の下半身を覆った布きれのために命を賭ける馬鹿やそれを盗んで人生を棒に振る馬鹿もいるわけで、オレにすればパンティなんかよりもその中味の方がよほど大切だと思うのである。国旗も同様で、そんな布きれの存在云々よりも、その布きれがどんな意味を持つのかを自分たちがどのように認識し、もしもその布きれが過去に於いて侵略の旗印であった瞬間が仮にあったのだとしても、今は自由と平和、平等の旗印であるという共通認識があればいいじゃないかと思うのである。

 単なる布きれの連隊旗を田原坂の戦いで敵に奪われたことを恥じて乃木希典将軍は自殺しようとした。明治天皇はそれを許さなかった。明治天皇にはちゃんと大切なものが見えていたからである。たかが一枚の布きれよりも、それによって乃木希典将軍という一個の人格が失われることの方がはるかに大きな損失であるという常識的な考え方をお持ちだったわけである。

 それに国歌の「君が代」だって「君=天皇」と狭く解釈するからいけないのであって、「君=自分の大切な存在」と広く解釈することもできるのじゃないか。作者がどういう意図で作ったのかなんて今となってはわからないのである。江戸時代にはこの歌は一般的な祝いの席で祝歌として庶民に歌われていたらしい。婚儀の席で歌われるときは「君」とは新郎のことを指し、新郎の長寿と所帯の安息を祝い祈願する歌として用いられたそうである。だいたい昔の人にとって見たこともない天皇のことなんて誰も想像することもできず、「君」というのは目の前の人だったはずだ。そんな歌を何で目の敵にするんだ。

 上記新聞記事にある「不起立を理由に不利な人事評価を受けた」というのは具体的にどういうことだったのだろうか。まさか懲戒免職になったとかじゃないだろう。仮に処分があったにしても、それほど重い処分ではなかったはずである。しかし、これが民間会社ならば、そこで会社のルールに従わないとか、会社の式典で傍若無人な行動を取るとかいうことがあるならば、場合によっては解雇される可能性もあるだろう。そのことをわかった上でこの18人の方は発言されているのだろうか。オレはそれが知りたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。


2008年11月17日(月) ねこの次は犬の駅長だ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。

 和歌山電鉄貴志川線の貴志駅にいるねこの駅長「たま」は写真集も出てものすごく有名になった。わざわざたまに逢うためにやってくる観光客もいたりして、人間の駅長がいた頃よりも貴志駅の売り上げは伸びたとさえ言われる。もちろんねこが実際の駅の業務などできるわけないのだが、そこにいるというだけで行き交う人々の心を癒してくれたのである。さて、その話題に便乗してこっちでも一発話題性を狙ったのか、今度は犬の駅長である。岩手県だ。

「ボク、駅長だワン!いわて銀河鉄道で待ってるよ」
 ヨークシャーテリアの愛犬マロン(8歳、オス)は、制服姿もかわいい駅長さん。岩手県一戸町の奥中山高原駅。電車が着くたびに、ホームで乗客を出迎え、得意そうに改札口に先導する。1日の利用客が400人ほどのひっそりとした山あいの駅に、週末になるとマロン目当ての観光客が訪れる。
 地元で生まれ育ち、鉄道に縁がなかったが、1999年に町職員から声を掛けられ、第3セクターになる前のJR時代から委託駅員を務める。
 「愛犬を交通事故で失ったことがあり、子犬のマロンを自宅に残しておけなかった」。8年前から、マロンと勤務するようになった。
 改札口に座り、人が近づくと、ほえて知らせてくれ、パトロールも怠らない。客たちの口コミで広がった人気に、厳しい経営が続く会社が目を付け、今年6月に名誉駅長となった。制服と制帽も贈られ、今月には大手出版社から写真集が売り出された。
 「私の元気の源」というマロンと一緒に、これからも「利用客の笑顔が絶えない駅にしたい」と願っている。(盛岡支局 鈴木希)(2008年11月16日13時47分 読売新聞)


 その愛らしさが話題となり、ついにこちらも[ねこの駅長の「たま」同様に写真集の発売となったのである。

「イヌの駅長」写真集出たけど、それが何か? 2008年11月12日(水)20時38分配信 J-CASTニュース
岩手県にあるIGRいわて銀河鉄道の奥中山高原駅。一見、何の変哲もない、のどかな駅だ。しかし、この駅には大きな秘密が隠されていた。なんと、ここの駅長さんは「イヌ」なのだ!8歳になるオスのヨークシャー・テリアで、名前は「マロン」という。



委託駅員のお母さんに連れられ、幼いころから乗降客の相手をしていたのだが、カウンターにちょこんと座った姿、駅をトコトコ歩きながらパトロールする姿などが利用者の心を捕らえ、またたくまに駅のアイドルとなったという。
そんな「功績」が認められ、2008年6月に「駅長」に就任。愛きょうたっぷりの振る舞いに癒されると新聞やテレビでも紹介され、その人気は一躍全国区に。
スタッフもすっかり「マロン」のファンに
この可愛らしいマロンの写真集「駅長マロン」が2008年11月6日に講談社から発売される。
「仕事中」だけでなく、オフショットも含めたマロンの可愛さがいっぱいにつまった作品だ。
制作に当たった講談社MouRA編集部では、
「ニュースを見て、これは可愛いなぁ、と。それで、すぐ先方に連絡をさせていただきました。マロンはとてもかしこい子なんですよ。奥中山高原という駅も花に囲まれたステキな駅で、撮影中もとても癒されました。」
と、すっかりマロンのとりこになったようす。
マロン駅長が所属するIGRいわて銀河鉄道も、
「本当に可愛く撮っていただきました。マロン・駅・沿線…すべての魅力がつまった写真集に仕上げていただいて、とてもうれしいです」。
自然に囲まれ、ゆったりとした時間が流れる奥中山高原駅。そのほのぼのとした雰囲気がマロンの可愛らしさを一層ひきたたせている。 価格は1050円。




 毎日殺伐とした事件が続く中で、この日記の取り上げる話題もそうした話題が続いている。昨日も大阪では死亡ひき逃げ(しかも5キロ引きずり)の事件が起きている。そうした事件を取り上げ、加害者を罵倒するという繰り返しにオレは少々飽きている。それでこんなほのぼのとした話題をここで記事にしたかったのだ。「こんなどうでもいいことを日記の記事にするな」と思う方があるかも知れないが、オレがこういう記事を書くのは願望を込めてのことである。「事件がないから今日の日記はこの話題か」と思ってもらえたらということだ。実際は事件がないことなどなく、読んでいる読者が不快な思いになるような話題はいくらでもある。

 神奈川県立湘南高校では。食堂でカレーの残飯をテーブルにふざけてぶちまけたことを注意された馬鹿高校生が、首根っこを押さえられて注意されたことに逆ギレしてその教員に「おまえなんかクビにしてやる」と罵って、実際に警察に被害届を出して裁判になったという救いようのない事件が起きている。こんな世間を舐めた高校生は全裸にして鞭でケツを100発叩かれるようなシンガポール流の罰が適当だとオレは思うのである。しかし、そんなことを書くと「おまえは教師のくせに体罰を肯定するのか!」などという罵倒メールが殺到してしまうのである。そういうわけでオレはここに毒にも薬にもならない「犬の駅長」の話を書いてるのである。

 さて、ねこの駅長、犬の駅長の次には何が駅長になるのだろうか。馬の駅長、羊の駅長、金魚の駅長、クジラの駅長、オウムの駅長などいろいろとオレは想像してしまうのだが、一番ウケそうなのはなんだろうか。サルの駅長なんてのも面白いかも知れない。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月16日(日) 大阪府庁は禁煙です!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。 男のタマネギカレーもよろしく


 サラリーマンが仕事中に喫煙するのは許されるのか。昔は電車やバスの運転士、タクシーのドライバーはみんな平気で喫煙していたような気がする。「気がする」というだけで確かめたわけではないのだが。公共交通機関である電車やバスはもしかしたら禁止だったのかも知れないが、少なくともタクシーはそうではなかった。大学生の頃、京都でタクシーに乗ったら運転手がタバコを吸っていて、客のオレが「タバコをやめてください」と訴えるとクルマから降ろされたということがあった。 「大人が喫煙するのは当たり前!」という風潮が長らく日本の社会では一般的だった。それが変わりだしたのはいつ頃からだろうか。とにかく、非喫煙者であるオレにとって、目の前でスパスパされることが激減したことは事実である。今や公共の場所は基本的に禁煙となった。

 しかしお役所の禁煙化はかなり遅れていたようである。おそらく大阪府下の衛星都市の多くは公務員の喫煙を自由にしたままなんだろう。ところが橋下知事は大阪府庁の全面禁煙化をいきなり実現してしまったのだ。職員はかなり反発したことと思うのだが、敷地内全面禁煙、つまり出勤してから退庁するまで吸えないというかなり厳しい規制を実施したのである。きっと隠れ喫煙者はトイレにでもこもって吸ってるのだろう。その規制の結果はみごとに数字に表れたのである。これにはオレも驚いた。

橋下効果? 大阪府職員の男性喫煙率30%切る 2008.11.15 10:52 このニュースのトピックス:橋下府政
 橋下徹知事の意向で今年5月末から庁舎敷地内の全面禁煙を導入した大阪府で、男性職員の喫煙率が導入後29・7%に低下し、初めて3割を切ったことがわかった。日本たばこ産業(JT)の今年の調査で判明した成人男性の喫煙率39・5%を大きく下回っており、府は、今後さらに禁煙者が増えることを期待している。
 府は喫煙率調査を毎年6〜8月ごろ、職員の定期健康診断に合わせて実施。今年は、受診した男性職員5065人中1505人、女性職員1640人中74人が、喫煙習慣があると回答した。
 喫煙率は女性が4・5%(JT調査12・9%)で、昨年に比べほぼ横ばいだったが、男性は29・7%と3・8ポイント低下した。男性の喫煙率は毎年1〜2ポイント減と緩やかに推移していたが、今年は大きく落ち込んだ。特に29歳以下の若年層は5・3ポイント減の19・8%と初めて2割を切った。
 喫煙本数でも、男性職員は、1日20本以下の喫煙者の割合が81・9%と、昨年より10・2ポイント増加。各世代で本数は減っており、特に40代で84・5%(前年比14・4ポイント増)、50代では76・8%(同13・1ポイント増)と中高年の間で大幅に減少傾向にある。
 橋下知事は今年3月に「税金をもらっている職員が1日に何度もたばこを吸って仕事を中断していては府民の理解は得られない」と、府庁敷地内での完全禁煙を指示。5月31日の「世界禁煙デー」から導入し、庁舎内の喫煙所もすべて撤去させている。


 ただ、この喫煙率は自己申告であり、実際にニコチン検査を行ったわけではないだろう。実際の喫煙率はもっと高いのではないだろうか。女性職員の喫煙率が4.5%というのは微妙な数値である。喫煙率が20人に1人ということのようだが、そんなに少ないはずはないとオレは思っている。女性の場合の隠れスモーカーはもっと多いはずだ。

 もっとも、ここで意味があるのは一年前にくらべて大きく喫煙者が減少したということである。規制すれば確実に減らせるのである。社会から喫煙可能な場所をどんどん減らしていけば、それだけで喫煙者を減少させる大きな効果があるということなのだ。

 しかし、そうやって喫煙可能な場所が減少することは喫煙者たちにとっては大変な苦痛だろう。分煙化を積極的に進めるならば、禁煙エリアの拡大と同時に喫煙専用場所をもっと設置すべきではなかったのか。もしかしたら喫煙男女は会社でタバコを吸うときにトイレに隠れて吸ったりしているのかも知れない。吸える場所がないという状況はいかんともしがたいはずである。

 府民税をがっぽりぶんどられてるオレからみれば、大阪府庁の職員が橋下知事からこのように指導されることには賛成だ。納税者としてやはり「仕事中にタバコを吸うなよ!」と言いたくなるのである。そういえば公立高校に勤務していた頃、職員室で先生方はみなさん平気で喫煙していたなあと思う。そう、職員室は長いこと喫煙可能な場所だったのだ。オレが小学5年生の時に担任だった女教師は、休憩時間になるといつも職員室でスパスパ吸っていて児童から「ニコチンばばあ」と呼ばれていたなあ。おそらく今はどこの学校の職員室も禁煙化が進んでいるのだろう。

 規制がどんどん厳しくなる中で、喫煙者たちはこれからどうするのだろう。なぜ街中に喫煙者専用喫茶店とか、喫煙図書館とか紫煙パラダイスとか、そんなビジネスが出現しないのだろうかと不思議に思う。安住の地を奪われた方たちのための安息の地を提供することで新たなビジネスチャンスが生まれるような気がするのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月15日(土) こんな親を持つと最悪です!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 世の中には親を虐待したり殺したりする救いようのないクソガキがいるが、もちろんそれとは逆に救いようのないクソ親もいる。たとえばこんなひどい親がいる。こういう親の子に生まれてきた不幸をどうやって解決すればいいのか。

中学生の娘に売春強要 母親ら起訴 和歌山地検 2008.11.14 19:02 このニュースのトピックス:性犯罪
 中学3年生だった娘に売春させたとして、和歌山地検は14日までに、児童福祉法違反と売春防止法違反の罪で、和歌山市の母親(36)と義父(47)を起訴した。
 起訴状によると、2人は2月23日夜から翌日未明にかけ、当時15歳だった少女に、和歌山市のホテルで男性とわいせつな行為をさせ、受け取った現金1万2000円を義父の銀行口座に振り込ませたとされる。
 2人は昨年3月ごろから「(少女の)電話代が高い。体売ってでも金をつくってこい」「昔援助交際をしていた。あんたにやらしても何とも思わん」などと、繰り返し少女に売春を強要していたという。


 この事件の客の一人だったのは確か和歌山県のどこかの地方議員だったかな。そっちのニュースも確かネットで見た記憶があるが、その両者がこういう形でつながったのである。客も客ならその子の親も親であり、援助交際をさせられていたこの少女は実は被害者だったということになる。

 この36歳と47歳の親たちはそれぞれ覚せい剤取締法違反で捕まっているいわゆるシャブ中だった。それで起訴されている最中にこの娘に売春させていた件で追起訴されたのである。そんなクソ夫婦の子であることがこの少女にどれほど大きな苦しみを与えていたことだろうかとオレは想像するのである。自分の親がシャブ中であることがどんなに大変なことか。そんな親がまともに生活費を稼げるわけがないじゃないか。いったいどうやって日々の生活をしていくのか。もしかしたら娘を売春させるのが主たる収入源だったのだろうか。いったい何回くらい売春させていたのだろうか。そのゼニで覚せい剤を買っていたのだろうか。娘に売春させてそのゼニを生活費に充てようとするようなクソ親どもである。どんな親でもいないよりはマシということはない。こんなひどい親ならいない方がいい。親から離れて施設に入った方が、よほど人間らしい生活ができるはずである。

 先日、末端価格が200〜300億円という大量の覚せい剤の密輸が摘発され、貨物船から押収されるということがあった。その覚せい剤を仕入れるゼニはすでに払われたのだろうか。その覚せい剤の売り上げをあてにしていた暴力団はどうなったのだろうか。あてにしていたシャブがこないので常連客はどうしてるのだろうかなどとオレはその余波を考えたのだが、そうやって大量に密輸された覚せい剤の行き先は、この少女の親たちのような外道のところであり、結果として新たな犯罪や悲劇を生み出すのである。このような状況を食い止めるためには我々はどうすればいいのか。市民社会から覚せい剤を追放するためにはどんな方法がよいのか。街でいくらでも覚せい剤が売られている大阪に住むオレとしては、きっと警察もヤクザとお友達だからちゃんと取り締まらないではないのだろうかと勘ぐってしまうのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。



2008年11月14日(金) 定額給付金よりパチンコ屋をなくせ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 たかだか2兆円規模の定額給付金を国民にばらまいていったい何の効果があるのか。その程度のゼニは2、3回おいしいものを食べたらそれで終了だ。それっぽっちなら旅行にも行けないしパソコンも買えない。そんな意味のないことをやるよりも、景気対策なら効果のある政策がいくらでもある。そのうちの一つ、パチンコ廃止法案をオレは提案したい。いますぐ日本中のパチンコ屋を非合法にして、廃業させるのである。辞めさせるのは簡単だ。景品を現金に交換することを禁止すれば客が激減して商売が成り立たなくなるだろう。そして、パチンコ屋がなくなることで劇的に景気は良くなるはずである。この産業がいかに社会をむしばんでるかということについて、献金を受けてる政治家どもや天下りしてる警察官僚どもはみんな認めないだろう。しかし、パチンコが30兆円産業ということがそもそも間違ってるのである。どれだけこの業界が庶民のゼニを吸い上げてることか。

 韓国にも一時期、日本をまねてパチンコ屋が増えた時期があった。しかし、今はすべてのパチンコ屋が廃業してしまっているのである。このことは日本のマスコミは決して報道しない。先日の野村證券の事件と同じく、パチンコ業界というのは新聞社にとって大事な広告主であり、その広告主にとって不利な記事は書かないという自主規制があるから書かないだけである。韓国のパチンコ屋が廃業したのは、政府がパチンコを禁止したからである。娯楽としての長所よりもパチンコの与える害の方がはるかに大きいことに気づいた韓国政府がその娯楽を規制して、全面廃止に追い込んだのである。オレは韓国のことをあまりほめたくはないが、パチンコ禁止という部分では日本の腰抜け政治家よりもはるかにすばらしいことをしたと評価しているのである。

 幹線道路沿いの巨大なパチンコ屋には日曜日にはクルマがぎっしりである。日本のパチンコ人口というのはどれほど多いのだろうかとあきれてしまう。そこにやってくるのは貧しい庶民が多い、彼らのわずかなゼニがパチンコ屋にどんどん吸い上げられてしまうのである。中には勝って帰る客もいるが、そのゼニは他の客の負け分であり、パチンコ屋が富を産み出すわけでは決してないのだ。パチンコ屋が30兆円産業と言うことは、30兆円分の庶民のゼニが搾取されてるのと同じことである。たかだか2兆円の定額給付金の15倍ものゼニが毎年消えてしまうのだ。

 パチンコ屋を全廃すればどんなよい効果が起きるか。まず、クルマの中で熱中症で子どもが死ぬという悲劇がなくなる。毎年馬鹿親のために殺される子どもが後を絶たないが、それが確実に防げるのである。また、そのくだらない娯楽に費やしていた時間が他のまともな娯楽に回ることで、遊園地や映画館などの遊戯施設の客が増えるだろう。パチンコのために費やされていたゼニが他の消費に回ることによって景気も良くなるはずだ。

 生活保護を受けてるのにそのゼニをパチンコなどのギャンブルに浪費する連中も実は大勢いる。麻生首相のお膝元、福岡県は大阪府と並んで生活保護の受給率が高い県だが、かつて炭鉱で栄えた地域は今はパチンコ屋とサラ金の街になっている。暴力団員の不正受給も多い。不正受給の多くを見逃しながら、本当に必要な人には支給されないために困窮した人が餓死するという事件が北九州市であったが、生活保護費をパチンコに浪費している馬鹿どもの受給資格を停止させるのも難しい。そうした問題もパチンコ屋そのものをなくせば一気に解決するのである。

 庶民を貧しくしてるのは、パチンコ屋と増えすぎた大学と住宅ローンである。そこに搾取されてるゼニをなくせばその分が消費に回り、景気が良くなることは自明の理である。庶民にとって収奪機関でしかないパチンコ屋を非合法化し、ニート養成所にしかならない大学の新設を認めず、学生のレベルの低い大学はどんどん廃校にし、日本にいまや700万軒以上あるという空き家の家賃を適正家賃に下げさせて入居率をUPして、高止まりしている住宅価格を崩壊させて今の1/5くらいの価格で買えるようにすればいいのである。そうすれば庶民は収入をもっと自由にいろんなものに使えるようになるはずだ。家賃が暴落し、家が安くなったら生活に掛かるゼニははるかに少なくなる。家族5人が快適に暮らせるような5LDKの一戸建ての家が500万円くらいで買えるようになれば、クルマや旅行にみんなもっとゼニを使えるようになるだろう。ワンルームマンションの家賃が1万円以下なら、大学生はその分バイトを減らして勉強やサークル活動に打ち込めるだろう。

 何が住宅ローン減税だ。せっかく土地価格が下がってマンションが暴落して買いやすい水準に下がってきたのに、ここで業界の献金に応えて住宅価格が下げ止まるような政策を打ち出す必要はないだろう。今の土地価格の下落を放置すれば、減税分以上に値下がりするから庶民は大喜びである。ところがこの減税策導入で家が売れるようになれば、また不動産業界は価格をつり上げて来るじゃないか。せっかく下がってるのになんで余計なことをするんだ馬鹿。

 今の政治家どもは実体経済のことが全くわかっていない。この定額給付金の効果はゼロだ。オレはそれを断言する。そこまで導入を否定しているこの定額給付金だが、だからいらないということはない。もちろんこのオレは受け取るつもりである。なんで辞退なんかしないといけないんだ。オレはくれるものはしっかりともらうぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m  週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月13日(木) 秋だ!京都だ!紅葉だ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。

 
 さて、今日の日記は秋の京都を訪れる皆様のために江草がお勧めの紅葉スポットを紹介しよう。ちなみに今京都御所は一般公開されていて(11月16日まで)、今京都においでになった方は混雑してるけどせっかくの機会だからぜひ御所を訪問して欲しい。

 地球温暖化のせいで紅葉の季節が徐々に遅れつつある。オレが大学生の頃、洛中の紅葉が一番きれいなのは11月の23日頃、つまり京都大学の学園祭の頃だった。京都大学のすぐ東にある吉田山をこえて、オレが密かに気に入っていた真如堂の紅葉を愛でるのがオレの学生時代のデートコースのひとつだったのである。学園祭の喧噪を逃れて静かな真如堂や黒谷を歩くという黄金パターンがあったのだ。ところが真如堂はいつのまにか知れ渡ってしまって、今は大量のカメラをさげた観光客がやってくるようになってしまい落ち着いて眺めるどころではなくなった。好きな場所が評価されるのは嬉しいが、観光客が多すぎるのもまた困るのである。たまにクルマで行こうと思っても近づくことさえできないのである。

 雑誌などを見ると、京都で人気の紅葉鑑賞スポットの第一位は清水寺となっている。確かにあそこは絵になる。しかも昔はなかったライトアップとかで夜までしっかりと稼ぐのである。いったいいくら儲かってるのだろうかとオレはうらやましく思うのである。第二位は嵐山だ。嵐山の紅葉は渡月橋から眺めるとか、ボートに乗って川から眺めるとかいう楽しみ方があるが、ここはやっぱりトロッコ列車で保津川をさかのぼってみたいところである。もっとも今のような観光シーズンの休日にはトロッコ列車は満員で予約がとれないし、保津川下りは料金がバカ高くてそんなの乗るのは金持ちの年寄りばかりなのである。だったらどこから嵐山界隈の紅葉を観ればいいかというと、天竜寺の西にある亀山公園に登って、そこの展望台から観ればいいのである。ここならタダである。タダだけど眺めは最高である。眼下にトロッコ列車を見下ろすこともできる。オレのようなせこい人間はやっぱりタダの場所が好きなのである。もっとも喧噪を離れて静かに景色を眺めたいならばバスで清滝まで行って、そこから高雄まで1時間くらいかけて歩くというのもいいかも知れない。高雄の神護寺や鳥獣戯画で有名な高山寺の紅葉は昔は11月3日頃が見頃だったのだが、今は少し遅れて11月下旬でもかなり美しいはずである。

 そうそう、清水寺の話題に戻るが、清水寺が人気スポットなのはそこが東山周遊の起点、あるいは終点になるからである。清水寺から北に進めば、高台寺、円山公園、八坂神社、知恩院、平安神宮、南禅寺、永観堂、哲学の道、銀閣寺とがんばって歩いていけばいいわけで、もちろんその逆コースでもいいのだが、がんばれば半日くらいで歩けるのである。円山公園や八坂神社、知恩院なんかは通過するだけなら無料である。平安神宮も南禅寺も有料の庭園を観なかったらゼニは掛からない。哲学の道も歩くのはタダである。オレが勧めるところはそういうところばかりなのである。ちょうど南禅寺でお昼になったら、ちょっと贅沢だが順正や奥丹で湯豆腐を食べればいいのである。ゼニを使うならそういうところにがっつり使えばいいのである。湯豆腐はこれから寒くなる季節にはぴったりなのである。さて、このゆっくりと観光しながら歩けば一日かかるコースなんだが。その途中にある永観堂はオレが大学生の頃、境内にはいるのは無料だったのである。よくサイクリング部のトレーニングでここまでジョギングしたものである。それがいつのまにか有料になって、しかも夜はライトアップして客を呼び込み、幼稚園まで併設して(幼稚園は昔からあったが)かなり商売上手なのである。いろんな寺がライトアップしてるのは「よそがやってるからうちも」ということであり、以前は夕方4時半くらいには拝観終了だったのが今はライトアップのおかげで夜遅くまで客が入るのでどこも儲かってウハウハなんだろう。ただ、永観堂のライトアップはかなりいろんなところで宣伝されてるだけのことはあるみごとなものらしい。オレはまだ観ていないので一度行ってみたいのである。

 この東山周遊コースの起点終点に当たる清水寺と銀閣寺の参道にはたくさんの八つ橋を売ってる店がある。試食できるところも多い。全部立ち寄って試食し続けるとそれだけでもう八つ橋を食べ飽きて買う気がなくなるくらいにいろんな店で試食できるのである。いろんな味があるので全種類チャレンジすればいい。それだけでもう十分に食えるのである。オレが大学生の頃もよく試食だけしたものである。お茶も出してくれるのである。オレのようなせこい客に対しても親切だったのである。オレはその中でも西尾の八つ橋が好きである。本店に行った時におばちゃんにとても親切に説明してもらった恩があるのでとりあえずここでは西尾の八つ橋を宣伝しておきたい。西尾の八つ橋は試食だけでなくちゃんと買うべきだ。オレの大のお薦めである。

 それ以外の紅葉の名所というと、オレが迷わず推薦するのはなんといっても東福寺だ。昔はここの境内にクルマを無料で駐車できたのだが、今は確か観光シーズンにはマイカーが境内に入れなくなってるはずなので、公共交通機関で行くのが望ましい。京阪かJRの東福寺駅から歩いてそんなにかからない。東福寺というとなんといっても通天橋が名高いのだが、その通天橋から紅葉を眺めるためには拝観料を払わないといけないのである。しかし、通天橋は紅葉のど真ん中にあるのだ。本当に景色が美しいのはその通天橋を下から見上げる場所なのである。それは臥雲橋というところで境内の西側にある。この臥雲橋のところの道はいちおう公道である。つまり、ここから景色を眺めるのはタダである。そのタダで観られる景色は、ゼニを払って通天橋から見下ろす景色よりもすばらしい。そういうわけで東福寺の臥雲橋からの景色がお勧めなのである。

 昔はあまりなかった紅葉のライトアップ、じっくりと観るにはやはり泊まりがけで楽しむのがいい。いちおう京都ホテル案内というページを作ってるのだが、楽天トラベルで検索すると連休中の土曜日以外ならまだ十分に空き室はある。平日に休みがとれる人ならいつでもOKだろう。京都は宿泊施設が多いので探せばちゃんと泊まれるものである。どうしても宿が取れなかったらそのときはネットカフェとかで泊まる方法もある。デニーズのような24時間営業のファミレスで寝ている観光客もいるかも知れない。映画館のレイトショーで寝るヤツもいるかも知れない。なんなりと夜を過ごす方法はあるのだ。予約さえとれるなら夜行バスで帰ることにして、その発車するぎりぎりの時間まで観光するというのもいいかも知れない。紅葉を眺めるのにゼニはいらない。外からでも眺められるところが多いからだ。使わずに浮かしたゼニはおいしいものを食べるのにしっかりと使えばいいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m  週刊アクセス庵もよろしく。

2008年11月12日(水) 兵庫県知事にはろくな人間がいません        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 兵庫県知事というのはどうしてこんなにカスばかりなんだろうか。阪神大震災の時、兵庫県知事だった貝原俊民は一刻も早く県庁に向かって被害者救済のための指示を出さないといけなかったのに、お迎えの運転手が来るまでのんびりと自宅で待っていた。5時46分に地震が起きてから、このボンクラ知事が登庁するまでには実に2時間半もかかっているのである。交通網も寸断されていた中で、「歩いてでも自転車ででも登庁して」という緊急行動をせずにのんびりと自宅でお迎えの車が到着するまでくつろいでいた馬鹿のせいで、犠牲者の数は確実に1000人は増えたはずだ。外を歩けば震災の被害をその目で確認できただろう。その場から携帯電話で自衛隊に救援を要請することも可能だったはずだ。しかし、彼には危機管理意識が欠如していたのである。

 そのボンクラの貝原が辞めて、後任になった知事は井戸敏三というのだが、こいつも超弩級の馬鹿であったことが判明した。こんなヤツが知事である兵庫県民の不幸をオレは哀れむのである。なんとこのボケは関東大震災を願っていたことが判明したのである。なんというクソ野郎だろうか。そんなに他人の不幸が嬉しいのか。もしも関東大震災が起きればどれだけの死者が出るだろうか。それなのに「関東大震災が起きればチャンスだ」などとほざくこの馬鹿には、人間としての常識が欠けているのである。こんな馬鹿が知事であるということを断じて許してはならない。兵庫県民はいますぐにこの馬鹿を罷免するために立ち上がるべきだ。読売新聞の記事を引用しよう。

関東大震災はチャンス…兵庫県知事が物騒発言、橋下氏も苦言
 兵庫県の井戸敏三知事は11日、和歌山市で開かれた近畿ブロック知事会議で、関西経済界の活性策について、「関東大震災が起きればチャンスだ」と発言した。
 会議後、各知事から「不適切だ」と声が上がった。
 井戸知事は、経済を巡る議論の中で、「東京への一極集中を解消するための旗をあげなければならない」とし、「関東で震災が起きればチャンス。チャンスを生かさなければならない」と続けた。さらに「首都圏が被災した時に、関西は第2の首都機能を引き受ける準備をするべき」とも述べた。
 発言について、ブロック会議後の記者会見で、橋下徹・大阪府知事は「不適切発言ばかりの僕から見ても、不適切だったかな」と述べ、平井伸治・鳥取県知事も「(阪神大震災の)被災県の知事だからこそ、訂正すべき」と批判した。
 井戸知事は同日夜、神戸市内で、報道陣の取材に対し、「言葉遣いが適切でなかったことを反省したい」と陳謝。「一極集中のリスクの高まりと、それに備えることが関西の役割だと強調したかった」と釈明した。
 近畿ブロック知事会議は、近畿2府4県と福井、三重、徳島、鳥取県の10府県が参加。関西経済活性化をテーマに議論し、社会基盤を集約した「大関西」構想をまとめ、国への要望に生かしていくことを決めた。(2008年11月11日22時06分 読売新聞)


 関西に本社を持つ企業がどんどん首都圏に移転し、関西の地位が低下してることに対して井戸知事が危機感を持ってることはよくわかる。しかし、その対策を「関東大震災」頼みにしていったいどうするんだ。

 確かに関東大震災が起きれば。しばらくの間は関西が第二の首都としてさまざまな機能を果たさなければならなくなるだろう。それは緊急事態だから仕方のないことである。しかし、それはあくまで不幸なことであり、それを「やったぁ!これで仕事が増えて景気が良くなるぜ」と思ってもいいのは下々の連中だけであり、それもおおっぴらに発言できるようなことではない。人の不幸を喜ぶ人間というのは最低の人種であることを誰もが知ってるからだ。そんなことはたとえ思っていても口にすることはない。それが大人の配慮であり、不幸な境遇の方たちへの思いやりである。

 もちろん側近の誰かが「知事、そりゃちょっとやばいですよ」とご注進に及んだのであろう。知事は夜になってから不適切な発言をお詫びしている。しかし、まっとうな常識のある人間ならばこんなことは最初から言わない。かなり短絡的な思考しかできない馬鹿だからこんなむちゃくちゃなことが言えるのである。関東大震災が起きて、ビルが倒壊して多くの方が下敷きになり、大火災が発生して・・・という状況下で、「これはチャンスですよ!」とテレビで語ってる馬鹿がいれば視聴者は怒り狂うだろう。もしも震災で命を落としたのが自分の身内ならば、「チャンスですよ!」と語った知事をぶん殴りたくなるだろう。

 兵庫県知事には二代続いて救いようのない馬鹿が連続登場したのである。これは本当に不幸なことである。兵庫県民はみんなこんなふうに語ってよい。

「うわっ、何この発言!もう完全にこいつ終わってるやん。頭悪すぎ!」

 きっとこの馬鹿知事ならば、海外で戦争が起きても「チャンスだ!」などとほざくのだろう。阪神大震災で犠牲になった多くの方たちの遺族の気持ちをオレが代わりにこの馬鹿知事に伝えよう。

「おまえのような馬鹿は100回死んでくれ!」

 関東大震災が起きて多くの犠牲者が出てしまうという痛ましい事態を、知事という公職に就く人間が「チャンスだ!」などとほざいてるのである。田母上発言なんかよりもこっちの暴言の方がよっぽど問題だろう。なぜこの馬鹿知事を国会に呼んで晒し者にしてやらないんだ。兵庫県民はまだ罷免しないのか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年11月11日(火) 原油もガソリンもとことん下がってくれ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 最近、クルマを運転していて気分がいいのは、道ばたのガソリンスタンドに表示されている価格がどんどん値下がりするのを眺めている時である。毎週確実に下がっていく。オレはハイオクを入れてるのだが、ついこのあいだまで180円を超えていたのが、昨日入れたときは133円まで下がってきたのである。この調子で一気に100円割れまで行ってくれとオレは欲張りなことを思っているくらいだぜ。レギュラーも安売り店では123円で売られていた。たぶん11月中には120円を割り込むだろう。

 こんなに下がると、燃費の悪い巨大なクルマが売れなくて業績不振になったアメリカのGMも盛り返せそうな感じもするのだが、時すでに遅しということなんだろう。政府が救済するような報道も出ているが、もしかしたら大統領が「おまえはもう死んでいる!」と突き放すかも知れないし、そもそも年間に4兆円も赤字が出る会社がまともにやっていけるとは思えない。アメリカの基幹産業が製造業からサービス業、金融業へと移り変わってく中で、GMが没落するのも歴史の必然なんだが。金融危機によって破壊されたのが投資銀行みたいな虚業だけではなくて、小売業や製造業までも苦境に追い込んだことにオレは驚いているのである。

 ガソリン同様に下がって欲しいものが「灯油」である。わが家の暖房は石油ストーブと石油ファンヒーターが基本である。家人はみんな寒がりである。そういうわけで冬場はとてつもない量の灯油が消費されるのである。一番寒い頃は月間で200Lは消費してるだろうか。これが北海道のような寒冷地なら話はわかるが、大阪みたいな温暖な土地でなぜこんなに灯油を使いまくるのかとオレはいつもあきれている。株式投資を通じて日本経済を憂えているオレは、灯油でさえも無駄遣いしないように工夫して、CO2排出量を抑えようと躍起になってるのに、わが家の女・子どもたちは全く何も考えずにがんがんストーブを炊くのである。寒さに耐えられるのはオレと父の二人だけだ。

 その灯油の値段もガソリンに連動するかのように下がってきた。少し前まで2400円くらいしていた灯油18Lの価格が、1494円まで下がってきてオレはほっとしているのだ。これでも決して安くはない。しかし、際限のない価格バブルはいちおうはじけたことでほっとしてるのである。もしもガソリンが1Lで1000円灯油が300円/Lなんてことになれば、オレはクルマを辞めてスクーター通勤にして、石油ストーブではなくて薪を燃やすことを提案するだろう。

 燃料高のおかげで省エネ技術が進歩して、アメリカやヨーロッパでプリウスがよく売れるのは喜ばしいことである。その燃料が下がってきたとき、人々はどんな行動を取るのだろうか。忙しくて旅行なんかするヒマのないオレだが、もしもオレが悠々自適の人生を送っていて、クルマでのんびり旅行できる身分になっていればかなり嬉しいだろう。定年退職したら毎日旅行三昧で暮らしたいと思っているからである。まだまだかなり先のことなんだが。

 際限なき原油高が今の世界恐慌の一つのきっかけだったことは間違いない。そこに投資されたゼニがはじけて暴落したことは、世界的な株の暴落と同じように投資家の資金を奪ったのである。もっともギャンブルにはそういったことはつきものである。あらゆる投資がどんどんギャンブル化した結果発生したカジノ経済の破綻後にやってくるのはいったいどんな時代なのだろうか。果たしてオレはその新時代の到来まで投資家として退場せずに戦い続けられるのだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年11月10日(月) 大阪のスパイダーマンは強盗です        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。昨日の日記 「我が国に言論の自由はあるか?」は江草渾身の力作ですのでぜひごらんになってください。


 オレは「スパイダーマン」という映画をテレビでみたことがあるのだが、少なくとも彼は善のヒーローであると思っていたわけで、こういう事件に出くわすと「?」と思うのである。どうせ覆面をするのなら、いかにも「悪人です」と見せるのにふさわしい覆面をして登場しないと、本家の「スパイダーマン」に失礼なのである。読売新聞のWEBサイトの記事を引用しよう。

スパイダーマンの覆面かぶり強盗、17歳2人逮捕
 米映画「スパイダーマン」の覆面をかぶって歩行者を相次いで襲ったとして、大阪府警捜査1課は9日、大阪市内のとび職見習いと会社員の少年2人(ともに17歳)を強盗と強盗未遂容疑で逮捕した。
 発表によると、2人は先月12日午後9時30分頃、堺市堺区の路上で、同市内の男性(62)を木刀やスタンガンで「金を出せ」と脅し、財布(約2000円入り)を強奪。さらに同10時55分頃、大阪市阿倍野区の路上で、男子大学生(23)を襲い、金などを奪おうとした疑い。2人は調べに「遊ぶ金が欲しかった」と話している。
 府警は目撃証言などから2人を特定し、周辺を捜査していたが、2人はこの日午前5時すぎ、住之江署に出頭。同様の事件が他にも6件起きており、府警は2人の犯行とみて追及する。(2008年11月9日18時02分 読売新聞)


 さて、この二人は17歳ということで名前が出ていない。オレはいつも思うのだが、こういう外道どもの名前を非公表にすることにはどのようなメリットがあるのかと。これが人間的に未熟な若者の行為であり、名前を出すことで更正の機会を奪うことになるからなどともっともらしい説明がなされるが、こういうクソ野郎どもというのはたいてい更正なんかしないし、成人すればもっと救いようのない犯罪に手を染めることが多いのである。だからさっさと名前を出してしまって、世間に「こいつらは救いようのない悪人ですよ」と周知徹底させるべきではないのか。こういうヤツらは悪人データベースに登録してもらって、警察の監視下に永久に置かれるべきである。

 木刀やスタンガンを使って襲うということは、襲われた人に怪我をさせる可能性が高い。しかもこいつらが事件を起こした場所は、ふだんオレが通勤の時に通過している場所である。そんなところにこんな危険な連中が出没していたのかということにオレは驚いているのだ。こいつらの名前と顔を公表して欲しいというのはオレの切実な希望である。少なくとも街でこんな連中に出会った時にこちらが警戒行動をとれるように、しっかりと知っておきたいのである。

 この二人は捜査の手が自分たちに及ぶことが確実になってから「出頭」している。日本の法律では「自首」した場合は刑を減じることになったたはずだ。しかし、逮捕状が出てからの「出頭」ではさして減刑されることはないだろう。もちろん「出頭」したことで情状酌量してもらおうと思ったことは容易に推察できるのだが。こういう外道どもには減刑など不要でしっかりと重い罰を与えるべきだ。

 ただ、こいつらの顔を仮にみんなが知っていたとしても、また覆面で出現されるとあまり公表した意味がないのかも知れない。とにかくどうすればこんな腐ったヤツらの再犯を防げるのだろうかとオレは悩んでしまうのである。スパイダーマンといえば、USJに確かスパイダーマンの関連のヤツが確かあったっけ。かなり人気があるということである。オレは久々にUSJに行きたくなったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年11月09日(日) 我が国に言論の自由はあるか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 アパグループの主催した懸賞論文に「過去の日本の侵略行為や植民地支配を正当化する」内容の論文を発表したという理由で田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚長が更迭された。そのニュースに接してオレが感じたのは、日本には言論の自由もないのかという気分であった。民主主義国家でありながら日本を支配するのは、未だにムラ社会的な論理であり世間体というモノの考え方である。もっともそれはオレにもあてはまるわけで、教師という職業をしている以上オレの暴言には一定の自主規制が存在するわけだ。

 もしもオレが全くの自由業であり、莫大な資産を所有していて働く必要もないのならばいかなるものにも縛られることがなく自由に発言し暴言を吐きまくるだろう。しかし残念ながらオレは一人の教員でありその立場である以上「言ってはならないこと」というのが多数存在する。もしもオレがただのニートならばなんでもないような発言であっても、こんな職業に就いているために「教師にあるまじき暴言!」ととられてしまうのである。なんて肩身の狭い存在なのだろうか。かつて公立学校を退職して大阪府の公務員であることを辞めた時に少し自由になれたような気がしたのだが、それはただの幻想でありオレは相変わらずさまざまな自主規制のワクの中で生きているのだ。もしもオレが「授業妨害するようなクソガキどもはその場でぶちのめせ!」と書いたとしたら、たちまち「あなたは体罰容認派ですか?だったら教育委員会に訴えます!」というメールが山のように届くだろう。つまり、教育に関してオレは現在の文部科学省の方針に積極的にさからうことはできないのである。

 現在の教育行政に対して、そして教育システムそのものに関して、あるいは教育を囲むマスコミ、受験産業に対してオレは言いたいことが山ほどある。しかしその多くは「教師にあるまじき暴言」であり、言ってはならないことなのである。オレがそれを自由に語れるようになるのはおそらく教師を辞めてから何十年も経って関係者がほとんど死んでしまって、それでもオレが奇跡的に長生きしてもうこの世に思い残すことがなんにもないという状況になってからはじめて昔話として語れるのだろうか。もうそのときにはすっかり手遅れになって、日本の教育は完全に壊滅してしまった後かも知れないが。

 田母神論文についてオレが感じたことは「このような主張をしている方は他にもいるが、なかなかよくまとめられた完成度の高い内容じゃないか」ということだった。その内容が正しいかどうかということは問題ではなくて、こういう見解もあるんだなとという感想だった。少なくともこういう論文というのは善悪や正誤を問題にするものではないだろう。歴史認識というのは人によって違うし、時代によっても違う。オレは自分の考えを人に押しつけるつもりはないし、人の考えをそのまま鵜呑みにすることもない。田母神氏の主張が100%正しいとは思わないが、100%間違いだとも思わない。

 侵略戦争を行ったのは日本だけではない。あの時代、大国が小国を軍事的に支配することは当たり前だった。満州事変の後でリットン調査団が派遣されてきたとき、日本政府は「なぜ我国だけが?」と感じたのではないか。もしも日本が満州事変を起こさなかったら、代わりにソ連が満州を実効支配していただろう。当時アジアの多くの国は欧米列強の植民地だった。オランダはインドネシアを支配し、アメリカはスペインからフィリピンを奪い取って支配していた。インドシナ半島はフランスの植民地だった。残された土地の中で日本が分捕れる場所は朝鮮半島であり、満州だった。現在の価値観から見れば「侵略戦争」であっても、当時の価値観は今とは違う。そして大事なのは、現在の価値観で過去の歴史を裁くことはできないということである。後世に作られた法律やルールを過去に遡及させて適用することは間違いだ。たとえば過去に於いて全く問題視されていなかった普通の行為が、今の法律に反しているからと言って全否定される必要はないとオレは思うのである。ましてや処罰されるならそれはおかしいのである。昔は普通に書店で売られていたエロ本を、今は禁止だからと言って持ってるだけで罪になるなんてむちゃくちゃにもほどがあるぜ。

 アメリカ人によるインディアンの組織的な大量虐殺やアフリカとの奴隷貿易は、それこそ現代の法律を適用すれば関係者全員が死刑にされそうな大罪だが、すでにかなりの時間が経過しているので誰も問題視しない。ただ、実際にその行為が行われているときに誰もその異常さを問題視などしなかった。奴隷の輸送船に大勢の黒人奴隷が積み込まれ、途中で病気になったりした積み荷が海に捨てられたわけだが、生きたままの人間を海中に投げ捨てることに対して乗組員たちはみんな平気だったのである。なぜかというと、白人の水夫たちは黒人を自分たちと同等の人間であるとは誰も思っていなかったからだ。今でこそ人種は平等とされ、黒人のオバマ大統領が当選したわけだが、1919年に日本が国際連盟に人種平等宣言を提案して一蹴されてからまだ100年も経っていないのだ。昨日までの差別者たちがいかにも自由と民主主義の旗手のように振る舞ってる偽善に対して誰も疑問に思わないのか。

 田母神氏の今回の失敗は、現職の航空幕僚長でありながらその論文を発表したことに尽きる。あと数年待って自衛隊をやめて一人の年金暮らしの老人になってからから堂々と発表すればよかったのである。そうすればここまで叩かれることもなかっただろう。あるいは身分を隠して、どこかの国の一人のオッサンとして適当なペンネームを名乗って発表すればよかったのだ。

 オレは日頃ディベートというものを指導している。ディベートの世界では人とその主張を区別する。つまり、誰がどんな主張をしようと基本的に自由なのだ。議論というのは主張を戦わせるのであり、その主張をする人を戦わせるものではない。「あなたのこの主張はこんな点が間違っている」とは言えるが、「そんな主張をするあなたは間違ってる」という人格攻撃はルール違反である。ところが日本人は昔からそうした「人と議論を区別する」ということができなかった。議論は常に人格攻撃に終始してきたのである。議論の中味で勝とうとはせずに、議論をする人を攻撃して勝とうとしてきたのが日本に於ける間違った状況ではなかったのか。

 田母神論文に対する批判はすべて「政府見解とは違うことを主張した」ということに尽きる。政府の要職にある人間はすべて政府見解に従わないといけないのである。そうした言論統制こそオレは間違ってると思うのだ。自由な議論を封じるような空気の中でどうして真の民主主義が育つのだろうか。なぜ田母神論文に対して堂々たる論戦を挑んで論破して、その結果として「こんな間違ったことを言う航空幕僚長はけしからん!」としなかったのか。おそらく田母神氏と論戦して勝つ自信がなかったからなのだろう。

 日本には言論の自由はない。そしてこの腐った空気の中では真の言論の自由など育ちようもない。マスコミは広告主の意向に逆らわないように真実をねじ曲げて報道するし、朝日新聞は野村證券の威光に逆らうのが怖いのか、腫れ物に触るような記事の書き方である。もしかしたら日本のマスコミの中でまともなものは、ネット上の匿名掲示板だけなのかも知れない。個人の集合体である匿名掲示板の中で形成される世論こそが真の大衆の意見であり、選挙運動にインターネットを活用することが規制されてるのは、政権与党にとって真の大衆の意見などというものが脅威以外の何ものでもないからである。そんなものが日本を支配するようになれば、税金を私物化して甘い汁を吸ってるような連中の既得権益などみんな吹っ飛んでしまうからである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年11月08日(土) オバマよ、おまえはこの虐殺をどう思うのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 オバマ新大統領、あなたはアフガニスタンでの米軍の活動を強化したいと思ってるようだが、このような事実をどうとらえてるのか?一度その考えを聞かせてもらいたいものである。こんなひどい実態があることをどう思うのかと。毎日新聞の記事を引用しよう。

アフガン:米軍空爆で子供ら37人死亡
 【ニューデリー栗田慎一】アフガニスタンからの報道によると3日、南部カンダハル州で米軍機が民家を空爆。AP通信は、子供や女性を含む住民37人が死亡したと伝えた。カルザイ大統領は5日、「爆撃されたのは結婚式会場だった」と非難。「米国の新大統領にまず求めたいのは、空爆による住民の犠牲を終わらせることだ」と述べ、オバマ次期米大統領に攻撃の抑制を強く求めた。
 アフガンでの対テロ戦重視を打ち出すオバマ氏に対しては、隣接するパキスタンでも、大統領就任で米軍による越境攻撃が激化するとの懸念が強まっている。オバマ氏はアフガン、パキスタンで対テロ戦を遂行しながら、失墜した両国民、政権の米国への信頼を取り戻すという、困難なかじ取りを迫られる。
 現地からの報道では、3日の空爆は、米軍の車列が武装組織タリバンとみられる集団の攻撃を受けた後に始まった。しかし、米軍機が現場に到着したのは武装集団が逃走した後で、現場近くの結婚式会場が爆撃された模様だ。
 これに対しアフガン駐留米軍報道官は「事実関係を調査しているが、もし一般住民が死亡したのなら、遺族とアフガン国民に謝罪し、弔意をお伝えする」と述べた。
 国際人権団体「ヒュウーマン・ライツ・ウオッチ」によると、米軍などの空爆による民間人の死者は06年に116人、07年には321人、今年は7月までに119人に上っている。住民の犠牲が国内の反米感情を高め、武装勢力タリバンの勢力回復を支えてきた面があり、カルザイ大統領は9月の国連総会での演説でも「市民の犠牲が増えることで、対テロ戦の正当性に傷が付く」と厳しく批判している。


 タリバンを攻撃するつもりが、実際は結婚式場を空爆して罪もない住民37名が死亡しているのだ。この死にはいったい何の意味があるのか。オバマよ、大統領のおまえならばこの死が意味あるものであり、アメリカ合衆国の栄光のために必要な死であり、偉大なるアメリカ軍にとってこの行為は正当であると説明できるだろう。どうか納得できないオレのために、そしてオレと同じように世界中にいるこの虐殺の正当性を疑問視ずる人たちのために、オバマには説明義務がある。こうして無辜の死を産み出し続けてる米軍のアフガン空爆がなぜ必要なのか。それをオレは教えてほしいのである。

 今回の虐殺事件に対してアフガン駐留米軍報道官は「事実関係を調査しているが、もし一般住民が死亡したのなら、遺族とアフガン国民に謝罪し、弔意をお伝えする」と答えているそうだ。ここで「賠償を行う」とは言っていない。あくまで「弔意」である。「弔意」なんてものにそもそも価値があるのか。オレに言わせればあまりにもふざけた発言である。人を殺したおっさんが法廷で一言、遺族に向かって「すまん!」と言ったところで殺された者たちの命がとり戻せるわけでもない。「弔意をお伝えする」というのはその程度の意味しかないのである。ここで必要なのはそんな目に見えないものではなくて、賠償のゼニだ。殺された人、一人当たりいくらの賠償金を払えるのかということだ。しかし、アメリカ軍は誤爆による死者に対して一切補償していないのではなかったか。そんなことが許されるのか?

 アフガニスタンでのこの度重なる誤爆の結果、現地では新たなタリバン支持層が増えているのである。家族や親戚を無惨に殺された一般民衆にとって、タリバンこそが自分たちの復讐の気持ちを実現してくれる頼もしい存在だ。ここにきてタリバンは民衆の支持を取り戻せたのである。タリバンが立派だったからではない。現在の支配者のはずのアメリカ軍による非人道的な虐殺の結果である。

 オバマ新大統領、あなたはアフガニスタン戦略を重視するという。その重視というのはこのような誤爆をこれからも「必要悪」として続けることなんだろうか。少なくとも「重視」というのは全面撤退や一部撤兵ではないだろう。それどころか大幅に増やす可能性が高い。そんなことをして本当に効果があるのかね。今アフガニスタンを統治する上で一番必要なこととは何か。それをちゃんと考えてから政策を立ててもらいたいぜ。

 タリバンはヘロインなどの麻薬の原料となるケシの栽培を禁止した。供給量が減ったために世界の裏経済は大混乱に陥った。その混乱の収拾をはかるためにアメリカはタリバンを排除して麻薬を支配するルートを確保したかったのではないか。麻薬は実はアメリカ経済を裏で動かす潤滑油であり、タリバンのせいでその確保ができなくなったことが戦争の遠因だったとオレは勝手に憶測している。

  アフガン ヘロインコネクション ← クリックすると今のアフガニスタンの状況のビデオが流れます。50分ありますから時間のあるときにどうぞ。これを観てもあの戦争が麻薬利権をアメリカが独占するために起こしたということがわかります。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年11月07日(金) 運転できた小学生と、できなかった中学生        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 クルマの運転は難しいのだろうかそれとも易しいのだろうか。オレは日頃からAT車の全廃を主張している。それは、MT車にさえすればこのようなことは防げるからだ。クルマを一度も運転したことのない子どもが動かせるのはAT車ならではである。もしかしたらAT車は猿でも運転できるかも知れない。以下、アサヒコムに掲載された二つの事件の記事を引用しよう。

小3男児、車運転3キロ 岐阜、「ゲームで運転覚えた」2008年11月6日19時8分
 岐阜県大垣市の小学3年の男児(9)が祖父の軽乗用車を1人で運転し、自宅から約3キロ離れた同県養老町で、警察に保護されていたことが6日、分かった。車はAT車で、男児は「お父さんの運転やゲームセンターのゲームを見て運転を覚えた」と話しているという。
 養老署によると、男児は3日午前6時ごろ、キーがついたままになっていた車を動かし、大垣市の自宅を出発。身長は約135センチで運転席の最前部に座ってハンドルにしがみつきながら、足を伸ばしてアクセルやブレーキを操作し、同県関ケ原町にある祖母宅を目指したという。
 午前7時ごろ、「無人の車が走っている」と、通行人から110番通報があり、署員が約30分後、養老町のコンビニエンスストアの駐車場に特徴が似た車が止まっているのを見つけた。コンビニの中にいた男児が「自分が運転してきた」と答えたという。
 男児は幹線の県道を走ったとみられるが、祝日の早朝だったため交通量は少なかった。車体に擦った跡はあったが、事故などの連絡はないという。家族は朝、起床した時に男児がいないのに気づき、近所を捜していたという。


 この小学生が立派なのは、ちゃんとゲームで覚えて運転操作を理解していたということである。コンビニの駐車場に停めることができたというのも立派だ。世の中には駐車場に停めるという基本的な操作もできずに、店内に突っ込んでめちゃめちゃに破壊する下手くそドライバーも多いのである。しかし、身長135センチでもクルマはちゃんと運転できるのだなあ。足が届くのが不思議だよ。しかし、交通量の多い時間帯ならきっと事故を起こしていただろう。そんなものを勝手に動かしてしまうクソガキもまた問題なんだが、もしもMT車なら発進自体ができなかっただろう。

中3女子を殺人未遂容疑で送検 大阪・淀川のひき逃げ 2008年11月6日20時53分
 大阪市淀川区で10月、大阪府豊中市の飲食店従業員の男性(58)が約180メートル引きずられ重傷を負ったひき逃げ事件で、府警は6日、自動車運転過失致傷と道路交通法違反の容疑で逮捕された同市の中学3年の女子生徒(14)について、容疑を殺人未遂と危険運転致傷などに切り替えて大阪地検に送検したと発表した。女子生徒が「男性が死んでも仕方ないと思った」と供述したことから、殺人未遂罪に問えると判断した。
 交通捜査課によると、女子生徒は「人を引きずっていたのはわかったが、無免許運転で警察に捕まるのが嫌だった」と供述したという。
 府警のこれまでの捜査では、女子生徒はゲームセンターのレースゲームで運転に興味を持ち、事件があった10月18日、友人の男子中学生3人を誘って自宅のオートマチックの軽乗用車に乗り込んだ。
 運転はこの日が初めてで、ギアを動かしているうちに車が動き出した。ヘッドライトもつけずに、右足をアクセル、左足をブレーキペダルに置いて発進。途中でセンターラインをはみ出したり、側溝にはまりそうになったりしながら約2.7キロ運転したが、3度目の左折の際、男性をひいた。直後、パニックになってアクセルを踏んだという。
 男性は引きずられたことで頭や肩に重いやけどを負い、現在も入院中という。


 こちらの事件は以前にこの日記で取り上げたこともある。どうやらこの女子中学生は初めて運転した時にこの事故を起こしたようである。それにしても「ギアを動かしているうちに動き出した」というあたり危なすぎる。

 すべてのクルマをMT車にすれば、今起きているアクセルとブレーキ踏み間違いの暴走事故はなくせるだろうし、このような子どもによる無免許運転の発生も防げることになる。それともう一つオレが訴えたいのは、一度でも未成年時に無免許運転をしている人間には、永久に免許を交付しないでくれということである。そういう遵法意識の欠けた人間というのは必ず将来大きな事故を起こすだろう。これに関しては一度でも罪を犯せば永久にアウトにして欲しい。今回逮捕された梅田引きずり殺人の男は、17歳の時に一度無免許運転で捕まってるのに18歳になったら免許が取れているのである。そして事故や違反を重ねて、しかも交通事故を偽装しての保険金詐欺で捕まったりしてるのに免許は剥奪されていなかったのである。もっともそういう無法者には免許のあるなしなど関係ないだろうが。

 スーパーの駐車場にクルマを置くとき、オレは場所に気を遣う。他のクルマの当て逃げが怖いからである。そばに車が置かれないようにできるだけ空いたフロアに停めるとか、両サイドを高級車ではさむとかいう方法もある。そこには運転の下手くそなおばちゃんたちが多数やってくる。これまでに何度か「こすり逃げ」された経験のあるオレは、そのような悲劇に遭遇したくないのでできるだけ安全な場所に停めるのである。

 景気が悪くなって車が売れない時に、オレの主張する規制案が認められる可能性は100%ない。しかし、もっとクルマが少ないときに将来を見越してこんな規制案を出していればもっとクルマ社会は変わっていただろうにと思うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年11月06日(木) 信号無視で人をひき殺しても無罪!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 裁判官の中には世間一般の常識とは全く違った考え方の人がいる。名古屋地裁豊橋支部の伊東一広裁判官もその一人である。赤信号を無視して横断中の男性をはねて死なせた運転手に対して「無罪」という判決を下したのである。オレには全くこのことが理解できないのである。

危険運転致死罪の被告に無罪判決 「無呼吸症の可能性」 2008年11月5日20時13分
 大型トレーラーで交差点の赤信号を無視し、自転車で横断中の男性(当時46)をはねて死亡させたとして、危険運転致死罪に問われた名古屋市中川区高畑1丁目、会社員荒浪裕之被告(45)に対し、名古屋地裁豊橋支部の伊東一広裁判長は5日、無罪(求刑懲役8年)を言い渡した。
 伊東裁判長は「睡眠時無呼吸症候群(SAS)の影響で眠りに落ちた可能性が否定できない」と述べ、故意に赤信号を無視したとまでは言い切れず、危険運転致死罪を証明できないとした。
 荒浪被告は3月5日午前7時過ぎ、愛知県豊橋市内の国道1号で大型トレーラーを運転中、赤信号を無視して交差点に進入し、自転車で横断していた男性をはねて死亡させたとして起訴されていた。
 判決で伊東裁判長は、赤信号を確認してから交差点までの約100メートルにわたって加速も減速もしなかった行動を指して「信号無視する者の行動としては不自然」と指摘。SASの影響の可能性を否定できないとした。荒浪被告は07年7月の検査でSASが疑われ、今年2月に受診した再検査の結果、SASと診断されていた。
 名古屋地検豊橋支部は「意外な判決だ。(控訴については)判決内容を詳細に検討し、適切に対応したい」と話した。


 クルマを運転して眠くなると、オレはコーヒーを飲んだりクルマの中で大声を出してみたり、速度を上げて緊張感を高めたり、あれこれと工夫をして絶対に寝ないようにと努力する。もしも居眠り運転をしてしまえば重大な事故につながるからだ。居眠り運転というのはドライバーにとって大きな過失であり、絶対にそんなふうにならないようにあらゆる対策を講じるのがドライバーの義務だとオレは思っていたのである。しかし、その居眠り運転に「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」というお墨付きがもらえればもう安心、いくら人をはねて死なせても暴走しても「無罪」にしてもらえるのである。なんと画期的な判決だろうか。

 職業ドライバーのみなさん、今すぐに悪徳医師に頼んで「「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」という診断書を書いてもらって、それをクルマの中に常備しておこうじゃないか。万一の事故の時はその診断書を警官に見せよう。「だってわたしSASですから、罪にならないんでしょ!」と胸を張って言おう。それで文句を付けてくる警官には「オレに文句があるなら名古屋地裁豊橋支部の伊東一広さんに言ってくれ!」と答えればいいのである。

 「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」と診断された人が100%事故を起こすのか?答えは否である。つまり、交通事故になるかどうかは本人の努力次第であり。偶然に左右されるものではないのである。もしもこの判決が認められるならば、オレはそのような病気をの持つ人に免許を与えた側の責任、そんな危険人物にトレーラーを運転させた側の責任を問いたい。もしもオレがひき殺された遺族の側の人間ならば、この無罪判決は断じて許せないのである。

 このトレーラー運転手にSASの疑いが出たのが2007年7月、そして2008年2月の再検査でSASと診断されていたのになぜそのまま大型トレーラーを運転させていたのか。病気が治るまで少なくとも大型トレーラーの乗務からは外すべきではなかったのか。ハンドルを握るものとして、自分の周囲にそうした「突然に意識を失う人間たち」が同じようにクルマを運転しているのかと思うとオレは慄然とするのである。何のためにクルマの免許には更新制度があるのか。運転能力の衰えた人間を排除するためではないのか。SASの診断が出た者には対して、免許を返納させるか運転以外の職業に従事させるかの選択が雇用者側に求められるのではないか。もしもSASのドライバーの「運転する権利」を認めてしまうならば、他のすべてのドライバーや歩行者の「事故に遭遇せずに安全に家に帰れる権利」を侵害するものになってしまうのだ。

 このドライバーが「SASのせいで起こした居眠りでした」とあくまで主張するならば、その判決を認める代わりに日本中のすべてのSASの人の免許を速やかに剥奪すべきである。「運転不適格者」として処理すべき問題になってしまうからだ。伊東裁判長はそれだけの覚悟を決めてこの判決を出してるのだろうか。深く考えずにただ適当に出した判決ということならばまだマシだ。しかし、信念を持ってこのオッサンがそんな判決を下すのならば、そしてその判決が「判例」となってしまうのならば、クルマを運転する行為はものすごくリスクのある行為になってしまうのである。だって回りには「突如として居眠りをする」人が運転してるかも知れないクルマが無数にあるからだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年11月05日(水) 公立中学はここまで学級崩壊してるのか!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 授業開始のチャイムが鳴って、教師が教室に来ているのに生徒がしつこく教室内を走り回っていて(一説には鬼ごっこをしていたとある。)、挙げ句の果てに机の上に乗ってふざけ合い、窓から転落して死亡したという事故が神奈川県川崎市であった。もしも死亡した生徒の親が「この事件の責任は学校にある!」と主張するならば、オレは「ふざけるな!」と罵倒するだろう。あまりにも幼稚な行為であることにあきれるのだがこれでもいちおう中学生である。休み時間が終わってるのに鬼ごっこを続け、教師が注意してもやめなかったというだけでもその罪は重いのに、ふざけ合って窓から転落したことは完全な自己責任である。学校の責任は0%であるとオレは思うのである。そんなアホの面倒まで見きれないというのがオレの感想である。そして、校則の厳しい進学校できちっとルールを守る生徒をふだんから見ているオレにしてみれば、「公立中学の学級崩壊ってそんなにひどいのか!」と改めてあきれ果てた次第である。以下、アサヒコムの記事を引用しよう。

校舎4階から転落、中1死亡 川崎2008年11月4日13時25分
 4日午前9時ごろ、川崎市川崎区藤崎2丁目の市立川中島中学校(高井明校長・生徒数648人)から、生徒が高所から転落したと119番通報があった。神奈川県警川崎署などによると、1年生の男子生徒(12)が4階の教室から転落して頭を強く打ち、病院に運ばれたが死亡した。
 同校によると、当時は1時間目の授業中だったが、この生徒を含む4人の男子生徒がふざけて走り回っていた。1人が窓際に押しつけた机に男子生徒が乗ったところ、バランスを崩して窓の外に転落したという。教室には教諭がいて、注意したが、やめなかったという。室住倫子教頭は「子どもの安全に配慮しきれなかった」と話している。


 この記事の中で教頭が「子どもの安全に配慮しきれなかった」と話してるわけだが、100%生徒の自己責任なのに「安全に配慮しきれなかった」と語る教頭をオレはすばらしいと思うのである。なんと立派な人格者なのだろうかと。もしもオレが同じ立場ならば「そんなバカの面倒まで見る余裕はないですよ!」と本音で答えるに違いないからだ。

 そんなところでふざけ合っていると窓から墜ちる、そんなところでふざけあってるとクルマにひかれる、電車にはねられる・・・そうしたことへの想像力の欠けたクソガキどもが多すぎるのである。だから学校施設に放火して数千万の賠償を請求されてる中学生たちがいたり、歩道でふざけあっていて車道に人を突き飛ばすようなヤツがいたり、いたずらで高速道路を通過するクルマにコンクリートブロックを投げ落とす馬鹿がいたりする。そういう超弩級の馬鹿は存在そのものが社会の迷惑である。そういう馬鹿が不注意で命を落としたとしてもオレは「自己責任」だと思うし、もしも巻き込まれて他の生徒や市民に迷惑をかけるようなことがあるなら断じて許したくないのである。

 その昔、大阪城の堀に転落して水死した子どもの親が「落ちたのは柵がなかったからだ!」と大阪市の管理責任を訴えたことがあった。しかし、大阪城というのは公園と言うよりは文化財みたいなものであり、歴史的な景観が保全されているのであってその堀に柵がなかったといってもそれは昔そのままになってるだけなのである。目の前に堀があっても普通の人は落ちない。そこに落ちてしまうのはろくにまわりも見ていない不注意な人間だけである。その転落は自己責任以外の何ものでもない。

 人はどこでも不注意な行動をすれば死ねる。大きな歩道橋で足を踏み外して階段を転げ落ちるならば、打ち所が悪いと死ぬかも知れない、家の中の階段でも転落すれば死ぬ可能性がある。阪神百貨店の前の横断歩道のない交差点を渡ろうとすれば、悪質なドライバーにはねられて3キロあまり引きずられることになる。ひき逃げドライバーは確かに悪い。しかし、あの場所を横断した行為に果たして落ち度は全くなかったのかともオレは思うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年11月04日(火) 手塚治虫先生の生誕80周年        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 昨日、2008年11月3日は私が尊敬してやまない手塚治虫先生の生誕80周年だった。宝塚にある宝塚市立手塚治虫記念館では記念式典が行われていたようである。オレは物心ついた頃に「鉄腕アトム」「ビッグX」「リボンの騎士」などのアニメをおそらく再放送ではなくて観ていたのである。また多くの手塚作品で単行本化されたものをオレは読んでいる。ブラックジャックを読んで「オレもこういう名医になりたい」とあこがれたこともあった。そういうわけで宝塚のこの「手塚治虫記念館」というのは一度行ってみたい場所なのである。

 オレがその記念館に行ってみたい最大の理由として、そこにあるライブラリーには多くの作品が並べてあって、自由に読めるということがあげられる。またアニメや映画もいつでも好きな作品を鑑賞することができるのだということである。入館料500円を払えば一日中滞在して、ずっと作品を読み、アニメを鑑賞するという過ごし方ができるのである。なんとすばらしいことだろうか。マンガ喫茶に行くよりもはるかに価値があるゼニの使い方である。駐車場などはないそうだからクルマで出かけると駐車料金がかなりかかってしまうだろう。冬休みにでも電車で出かけて一日中楽しもうと思っている。

 この手塚治虫記念館のある場所は、確か宝塚ファミリーランドのあったところの近くではないだろうか。そう思って調べてみると、ファミリーランドが閉園したのは2003年のことであり、それからもう5年が経過してるのである。遊具の大部分は解体され、跡地にはイングリッシュガーデン風の有料公園宝塚ガーデンフィールズ、イタリアンレストラン、ベビーザらス、そしてフィットネスクラブ「ティップネス」が開業し、その一部は関西学院が学校用地として取得して2008年4月から初等部(小学校)を開校しているということである。現在残された遊具はメリーゴーランドだけだという。その唯一残ったメリーゴーランドにはいったいいくらで乗れるのだろうかとオレは興味を覚えるのである。

 関西の遊園地はユニーバーサルスタジオジャパン(USJ)の出現のためにどこもみな客を奪われて壊滅し、つい先日あのエキスポランドも廃業を宣言したところである。宝塚ファミリーランドにはオレが子どもの頃に行ったはずなんだが、そこで遊んだ記憶は全く残っていない。阪神パークにもみさき公園にも行ったことはあるのだが、どれも幼い頃で覚えていないのが残念である。せめて大学生の時にデートに使っていればいろいろとここで思い出を語ることもできたのだが。この宝塚市立手塚治虫記念館ができたのは1994年ということだから、9年間ほどの間は隣にファミリーランドがまだあったのだ。90年の歴史を誇るこの遊園地で、少年手塚治虫も遊んだことがあったのだろうか。

 手塚氏はギャグマンガの巨匠である赤塚不二夫氏との比較で語られることが多いが、もしも手塚氏が存在しなかったら、マンガ家という職業で飯が食えた人の数はかなり減っていたような気がする。マーケットを拡大して多くの職業マンガ家がその仕事で食えるようになったということが最大の業績ではなかっただろうか。

 手塚作品の中では極端に身体的特徴をデフォルメされた黒人が登場する。そのために人種差別に反対する団体から抗議を受けたこともあったという。しかし、彼の作品をよく読んで理解すれば、作品にはそのような意図がないことはすぐにわかるはずだ。ろくに内容も理解できないくせに表面上のことにケチをつける連中には実に腹が立つのである。オレがもっとも違和感を感じたのは、ブラックジャックの顔の黒かったはずの半分をく描いたある絵を見たときだった。移植のための皮膚をくれたのが黒人の少年だったからブラックジャックの顔の半分は黒かったのじゃないか?それを「人種差別」の象徴としてとらえてケチをつけるヤツがいて、それに対して今度は青く塗ることで問題を解決しようとすること、そうした一連の騒動に対してオレは脱力してしまうのだ。そんなことよりも読者にはもっとすべきことがあるはずである。しっかりと読んで作品世界にこめられたメッセージをちゃんと理解するという大切なことが。

 そうそう、手塚治虫先生の命日である2月9日の呼び名はなんというのだろうか。太宰治の命日が「桜桃忌」であり、司馬遼太郎の命日が作品からとった「菜の花忌」であるように何か呼び名がないものかと思って「手塚治虫」「命日」で検索したのだが、特にそれらしいものは発見できなかったのである。代表作から「アトム忌」などと呼んでるのかとも思ったのだが、どうやらまだ決まっていないのかも知れない。もっともオレが知らないだけかも知れないが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年11月03日(月) WEB日記を書き続けるということ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 今から6年前の11月4日、オレはこの日記「江草乗の言いたい放題」を書き始めた。記念すべき最初の日記は こんな内容である。明日でちょうど6年になるのだ。その間、更新しなかった日は一日もない。6年間オレは一日も休まずに日記を更新している。旅行中や出張中という困難な状況下でも、そしてネットに接続できないような危機があっても、オレはなんとか方法を考え出して日記を更新し続けたのである。なんのためにこの日記を続けてるのかと言われればオレも答に困ってしまうのである。ただの惰性で続けてると思ってる方ももしかしたらいるかも知れない。最近の日記は質が落ちたと不満に思ってる方もきっといるだろう。 「日記の質」と言われても困るのだが、初期の頃と比べればかなり長文になったかなと思う。

 最初、この日記は「さるさる日記」というサービスを利用して書いていた。その頃は一日の制限字数が確か1000文字とかいう制限があったのでかなり短いのである。その後さるさる日記からこの エンピツに移籍して、字数制限がかなり緩和された。(なくなったわけではない)そしてデザインの自由度がかなり高まったので今のスタイルにほぼ落ち着いたのである。ちなみにスタートしたときのデザインは背景が真っ黒文字が赤だったか、その逆だったかで「おどろおどろしい」スタイルだった。暴言を書くことを最初から心がけたのでそういった過激なデザインで行こうと思ったのだが、「読みにくい」というハンデを背負うよりも、過激なのは内容だけでいいと思ったので、今の背景、文字色に落ち着いたのである。

 最初、日記にはかなり政治的な主張を込めてた。その理由はなんと言っても日記スタート以前にオレは朝日新聞によく投書をしていて、高校生の時から合計で100本以上の投書が掲載されたほどの投書マニアだったことが大きい。そこで書いてきたようなことを今度はWEB日記で書こうと思ったからである。しかし、まじめな内容ばかりでは読者に飽きられてしまう。それでたまにふざけた内容のものや、エロ満載のものなどを書くことにした。そうすると読者は飛躍的に増えた。やはり世の中にはエロが好きな人が多いと言うことを実感した。読者の中でそういうものにしか興味のない人は、 暴言日記コレクションに収録された、アダルトという項目のところをぜひ読んで欲しい。あまりにわ猥褻ぶりに卒倒しそうになるはずだ。そこにはH三部作と呼ばれる 「エッチを速くする方法」 「エッチを忘れた夜」 「エッチはすごい」などが収録されている。うっかり開いてしまったまじめな人は怒り狂うはずだ。

 ただ、オレの本来意図したところはそういうエロ日記ではない。読者の方がそういうものを好んでおられることがわかってるので時々サービスのつもりでそういう卑猥な日記も書くが、オレが書きたいことはやはり日記の中で正義(せいぎ)を訴えることなのである。性器(せいき)を語ることではもちろんないのである。

 オレはマスコミの伝える情報をあまり信じていない。先日の野村證券の不祥事でもわかるように朝日も読売も毎日も基本的に大手新聞社というのは広告主の大企業の下僕みたいなものである。こいつらの伝える報道には必ず「ゼニ」というフィルターが掛かってるのである。オレが目標とするのは、世間で報道されてるニュースを自分独自の視点で料理して、マスコミとは違った視点で語ることなのだ。そのときに用いるスタイルとして「暴言」を貫こうと思っているのである。悪人はやっぱり死刑にして欲しいと思うし、クソ野郎は地獄に落とすべきだし、アメリカは建国以来の侵略国家である。中国サッカーはサッカーボールではなくて相手選手のゴールデンボール(金玉)を蹴ってるし、麻生太郎は「村山発言を踏襲(とうしゅう)」と読まずに「ふしゅう」と呼んだので「腐臭」がしたのである。

 そして本音を言ってしまえば、オレは社会正義を語ることよりもやっぱりお金儲けの方が好きだと思うし、いくら正義を語っていても貧乏で暮らしていけないと困るのである。この日記のアクセス数が一日100万くらいになって、そこに貼り付けた広告の売り上げだけでゼニがウハウハと入ってくるようになれば一番嬉しいのだが、そんな邪悪な動機であることがバレてるせいか、日記のアクセス数は一日5000〜6000で頭打ちである。おそらくこれ以上は増加しないのだろう。毎日一枚ずつ美女の悩殺ポーズの画像でも載せればアクセス数を増やせるかも知れないが、読者の質が今度は下がってしまうだろう。

 日記の下にくっつけたメールフォームから時々感想のメールが届く。中には無記名でメアドもデタラメで「死ね」「バカ」などと罵ってるものもあるが、ほとんどのメールは日記の感想をまじめに書いてくださってるものばかりである。自分の考えの間違いに気づかされた時には日記を訂正して、時にはお詫びの一文を添えることもある。自分が信念を持って書いた日記のその意図したところに気がついてくれた感想をもらうとかなり嬉しいのである。まさに書き手冥利に尽きるのである。そうした交流から得られる喜びが、自分の日記を書く動機に一番深くつながってるのかも知れないとも思う。

 かつてオレはパソコン通信、ニフティサーブの掲示板#8、スピリットのコーナーでもっとも多く読まれ「参照王」と呼ばれた書き手だった。その後「日記才人」というリンク集に登録した時も、いつのまにかアクセス数一位を取るようになった。そうした小さな世界の中でオレは2度、1位、つまり「もっともよく読まれる書き手」となってきた。出版の世界で言うならベストセラーみたいなものである。ところが ブログランキングではなかなか1位になれない。日本一多くの読者に読まれてるブログであるきっこのブログに勝てないのは仕方ないとして、チワワの日記にも勝てないのである。悲しいかな、それが現実世界でのオレのランキングである。

 いつかオレは日記を書くことを辞めるだろう。それが1年後なのか5年後なのか10年後なのか、あるいは突然の交通事故や急病でこの世を去った時なのか、それはオレ自身にもわからない。日記の質がどんどん落ちて、読者も減ってオレが書くことの意味を見いだせなくなった時に「ここが潮時」と思って辞めるかも知れない。阪神の金本選手の連続フルイニング出場記録のようにオレの連続更新記録に価値があるとすれば、それは一定レベルの中味が維持されている時であり、日記の中味がくだらなくなったときにその連続更新もまたただの惰性としか思われなくなってしまうのである。潔くその前に辞めるべきだろう。惜しまれながら去るのが一番いい。「どうして辞めるのですか」「絶対に辞めないでください」というメールが1000通くらい届くときにこそやめるべきであり、読者も減って見向きもなれなくなってから更新を停止してもそれは恥をさらしているだけなのである。

 オレが望む最高の辞め方は、忙しすぎて日記が書けなくなることである。そう、オレはこの暴言コラムを通じて世の中を変えたいとずっと願ってきた。ここで正義を訴えることで少しでも世の中をよくできるならと思って書いてきたのである。いつかオレのそうした主張が認められ既存政党がオレを有力な候補者として起用してくれたり、あるいは橋下知事が大阪府の教育を根本的に立て直すためにオレに「教育長をやってくれ」と依頼してくるようなありえない展開が起きれば日記どころじゃなくなるだろう。そんなことはありえないからこそこうして冗談のように書けるわけだが。

 6周年の日記、もっとまともなことを書こうと思ったのにこんなくだらない内容になっちまったぜ。きっと明日は日記を読んだ友人たちから罵倒メールが山のように届くだろう。「いくら書くネタがなかったとしてもこれはひどすぎるよ!」と。何もわかってないんだな。オレが書くようなネタがないということは少なくとも社会にとってはよいことじゃないか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年11月02日(日) きみは1298万円のケータイが欲しいか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。

 
 金持ちはなぜ高級品を買うのか。どうしてロレックスの腕時計とかヴィトンのバッグがあるのか。同じ機能を持つ安物ではなくて高価なものが存在するのはなぜか。それは「オレは金持ちなんだぜ!」とアピールするために必要だからである。中にはベネッセコーポレーションのCEOである福武總一郎氏のように6300円の時計をしているような大金持ちもいるが、それは単なる変わり者の例外であり、通常はそんなことはありえないのである。ところが携帯電話に於いてはそうした差別化がこれまでされてこなかった。実質値引き販売されていて端末価格の差が購入時にあまり反映しなかったことがその理由だが、昨年から販売方式が変更されて端末価格が通話料に上乗せする分割払いか、購入時の一括払いが必要となった。極端に価格が安いケータイと高いケータイが登場する状況が生まれたのである。

 それにしてもこの価格にはびっくりだ。なんとソフトバンクが1298万円のケータイを登場させたのである。

1台1,298万円、10台限定の「SoftBank 823SH Tiffany モデル」、ソフトバンク表参道などで展示
 ソフトバンクモバイル株式会社は、2008年10月30日、世界的な高級宝飾ブランド「Tiffany(ティファニー)」とのコラボレーションモデル「SoftBank 823SH Tiffany モデル」を、10台限定で発売すると発表した。
「SoftBank 823SH Tiffany モデル」は、折りたたみタイプの本体表面のティファニー製プラチナパネルに、合計537個(約18.34カラット)のダイヤモンドをちりばめたモデル。価格は1台1,298万円(税込)。
 メニュー画面や壁紙はティファニーのオリジナルデザインに変更できるほか、ティファニー製携帯ケースを同梱しており、外観から中身までラグジュアリーなティファニーの世界観を存分に堪能できる。
 なお、「SoftBank 823SH Tiffany モデル」の発売を記念して、「ソフトバンク 表参道」および「ティファニー 丸の内東京店」にて、期間限定で「SoftBank 823SH Tiffany モデル」が参考展示される。展示期間は、「ソフトバンク 表参道」が2008年11月1日〜9日、「ティファニー 丸の内東京店」が2008年11月1日〜16日。





 10月30日に開催された発表会で、孫正義ソフトバンク社長は、この1298万円のティファニー携帯電話を上戸彩さん、樋口可南子さんに1台ずつプレゼントしている。限定10台ということだからあと8台しかないのである。こんな高価なもの、持ってると絶対にそこらに置けないのである。いつも手に持っていないと不安で仕方がないだろう。上戸彩さんは本当にこれをふだん使うのだろうかとオレは驚いたのである。きっとこういうお宝は家に大切にしまっておいて、ふだんは普通のケータイを使うのだろう。しかし、家にしまっているくらいなら売り飛ばしてしまった方がマシだ。だってケータイは使ってナンボであり、どんな新機種も10年後には絶対に性能が陳腐化してるはずである。いや、今時同じケータイを10年も使うなんてありえないだろう。そうなるとこの1298万のティファニーケータイもせいぜい4、5年の命なのである。4、5年しか使えないものに1298万円も出せるのはよほどの大金持ちか、ゼニの価値がわからないバカかどちらかである。

 しかし、自らが金持ちであることをアピールするのはこれ以上のものはないのかも知れない。オレのように本当にモテる男なら別に持ち物でカッコをつける必要はないのだが、そうでない普通の男たちは見栄を張ってベンツに乗ったりロレックスをはめたりアデランスのカツラをかぶったりする必要がある。しかしベンツもロレックスも一度買えばかなり長期間その価値は持続する。1200万円のベンツも10年乗れば一年当たりたったの120万円ということになる。10年後に300万円で下取りしてもらえるなら、一年あたりの価値は90万円まで下がる。一日にすればたったの2465円だ。最低料金のレンタカーよりも安いのである。しかし1298万円のケータイは5年後にはおそらく携帯電話としてはほぼ無価値になるはずだ。5年で償却するとなると一日当たり7112円ということになる。なんと贅沢な道具だろうか。

 逆に言えば、ものすごく贅沢なケータイを持ってるヤツというのは、ベンツに乗ってるヤツよりも金持ちであるということになる。だったら電話会社は超高級ケータイにもっと力を入れたらどうだろうか。金箔を貼ったケータイ、純金やプラチナの携帯、輪島塗に蒔絵の入ったケータイ、螺鈿細工のケータイとかを出せばいいのである。そして海外でも売り出せばいいのだ。

 そこまで贅沢でなくてもいい。今でもケータイの外側にビーズを貼ったりして飾ってるヤツはいるが、最初からアニメのイラスト入りの痛いケータイもどんどん出せばいいのである。そういうのは日本よりも外国で若者に人気が出るだろう。残念ながら世界で日本製携帯電話端末の占有率はかなり少ない。その状況を打ち破るのはこうしたアニメ柄の「痛いケータイ」しかないとオレは思っているのである。オレは絶対に買わないが。

 もっともそんなことはオレが考えるまでもなく、ソフトバンクのケータイにはシャア専用携帯や、ハローキティ携帯なんかがすでに存在していたのである。いったいどんな連中がこんなのを使うのかとオレは不思議に思うのだが。




 少なくともオレの回りにこんなのを持ってるヤツは誰もいない。ディズニー携帯が欲しいと言ってる人は一人知ってるが、まだそのくらいならオレは許せる。しかしハローキティ携帯は変だ。もっともみんなの好みはそれぞれだから変だと思わずに最高にかっこいいと思う方もきっといるのだろう。ただ、趣味性を満たすことよりも高価であることをアピールするという目的ならちょっと方向が違うことになる。

 1298万円のケータイを超えるような5000万円のケータイ、1億円のケータイもこれから登場するのだろうか。どう工夫すればそんな値段にできるのだろうかとオレは期待している。それを出してくれるのはauでもドコモでもなく、きっとソフトバンクだろう。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年11月01日(土) 放火殺人は死刑です!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 そんなことをすれば火事になることは明らかなのに、花火を民家に投げ込むといういたずらをしていたクソ野郎どもがいる。そして実際に火事になって死者が出てしまった。この男たちは、自分の犯した罪が死刑の可能性もあることに気がついてるのだろうか。アサヒコムの記事を引用しよう。

家に花火投げ込まれ全焼、1人死亡 放火容疑で2人逮捕 2008年10月31日23時36分
 愛知県豊田市豊栄町10丁目で7月23日、無職大橋務さん(75)方の木造2階建て住宅約95平方メートルが全焼し、大橋さんが一酸化炭素中毒で死亡した火事があり、豊田署は31日、いずれもアルバイト店員の同市の男(20)=当時19歳=と、安城市の少年(19)を現住建造物等放火の疑いで逮捕、名古屋地検岡崎支部に送検したと発表した。2人は容疑を認めているという。
 同署の発表によると、2人は7月23日午前1時ごろ、大橋さん宅の1階テラスに火のついた花火を投げ込み、乗用車で逃走。その後、現場を通りかかった際に、テラスから火柱が上がっているのを確認したが、消火せずに逃げ、家屋を全焼させた疑いだという。この火事では、大橋さんの妻が顔に軽いやけどをした。
 同署の調べに、2人は「花火を投げ込んだのはいたずらだったが、家に火がついてしまい怖くなって逃げた」と供述しているという。使った花火は、筒から勢いよく火が噴き出すタイプのものという。
 事件後、現場周辺を署員が聞き込んだところ、近くのコンビニエンスストアで花火を購入した2人が浮上。30日に任意同行を求めて事情を聴いたところ、犯行を認めたという。
 現場付近では、事件の3カ月ほど前から、庭などに花火が投げ込まれる被害が数件あり、同署は関連を調べることにしている。


 この20歳と19歳の男たち、やってることはまことに幼稚なのだが、その結果死者まで出ている。放火殺人という立派な犯罪である。そして「面白半分」にこのような行為を行うこのクソ野郎どもに対して、オレは死刑以外のいかなる刑罰も思いつかない。ただ、こういう外道には通常の絞首刑ではなく「花火の火に全身を焼かれて死ぬ」というオプションを採用してもらいたい。そこまでしてやって初めてこの犯人たちは自らの犯した罪がどれほど残虐な行為であったのかを知るだろう。もちろん死刑なのでそう悟った直後には死んでもらうのだが。

 この世ではもちろん悪であることは罪だが、救いようのないほどのバカであることもまた重大な罪である。救いようのないバカというのはこの男たちのように花火を民家に投げ込んだりする連中のことである。こんなヤツらには情状酌量の余地などない。一刻も早く地上から消し去ることが、遺族の感情に応えるということである。なぜ救いようのないバカが罪かというと、そういう輩の掛ける迷惑は多くの人を死なせたり傷つけたりすることにつながるからである。だからこそ教育は必要なのであり、小学校などの基礎教育は世の名からそうしたバカを撲滅するために必要なのだ。

 花火を投げ込んだのはいたずらだったそうだが、人が死んだらそれは放火殺人である。そして放火殺人の最高刑は確か死刑だったはずだ。この事件に情状酌量の余地はまったくない。一刻も早く死刑を執行すべきである。
 なぜオレは死刑を望むのか。そういう超弩級のバカが同じ空気を吸って同じこの世の中にいるということにオレは耐えられないのである。だから早くそういう連中は地上から消しさて欲しいのである。この両名に正義の鉄槌が下されることをオレは信じている。幸い日本はまだ死刑が存在する国である。法務大臣の怠慢のせいで貯まった死刑囚を一掃してくれよとオレは願うのだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン