つれづれ日記。
つれづれ日記。

2010年03月27日(土) 「花鳥風月」05UP

またせに待たせてすみません(涙)。

ようやく彼女がお披露目できました。いや、前も出てたけど。
彼女もですが、つっきーも剣だけあってそれなりのことはできます。ただ彼の場合、ちょっと特殊で。

これから先、彼と彼女がどうなっていくのかおつきあいいただけると幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ところで昨日、夜に温泉に行ってきました。
せっかくだからと足マッサージ。お店の人からは疲れてますねーとのこと。確かに足裏は妙に痛かったけど。
連れさんは全身マッサージ。同じく疲れてる言われたそうです。夫婦ともどもお疲れなのか。そのうち本格的にマッサージ行くべきなのかなー。






過去日記
2006年03月27日(月) 眼科
2005年03月27日(日) 「SkyHigh,FlyHigh!」Part,48UP
2004年03月27日(土) 「EVER GREEN」5−8UP

2010年03月09日(火) つかれてるひと。5

 目の前に広げられたものを改めてチェックする。
 露店らしくアクセサリーがほとんど。もしくは腕時計、絵はがきもろもろ。
 やかんや箸までおいてある。おっさん。もしかして夜逃げじゃないんだろうな。
 くださいと言った以上、何か買わないと帰れないだろう。だからと言って無駄な買い物は一切したくない。
 左から右を隅々見て。財布の中身と家の経済状況もろもろを考慮した結果、ひとつの結論に達する。
「これください」
 敷物から取り上げたものを見ると、おっさんは不思議そうな顔をした。
「こんなもんでいいのかい?」
 無理もない。学生の男が欲しがるには滑稽なものだろう。だが今の俺にはきわめて必要なものだ。たぶん。
「これでいいです」
 それだけ言うと財布から提示してあった金額を取り出す。
「はいはい。確かに」
 お金を受け取ると、おっさんは慌ただしく荷つくろいをはじめた。どうやら今日は店じまいらしい。
「いつもここでやってるから。気が向いたらまた来てよ」
 曖昧にうなずくと、今度こそ家路につく。
 二度とこの道は通るまい。そう心に誓いながら。






過去日記
2006年03月09日(木) 3月9日
2005年03月09日(水) 日記とブログ
2004年03月09日(火) 20000です

2010年03月08日(月) つかれてるひと。4

「お断りします」
 即答すると再び家路につく。
「早いな。おい」
 帰ったら何のゲームをしよう。RPGは時間がかかるからな。ここはひとつ、友人から借りたアクションでもやるべきか。
「そんなかたいこと言わずに!」
 まてよ。ああいうのは一度はまると朝までってパターンが多い。せっかくの休みをそれでつぶすのはもったいないな。
「兄さん頼む! この通りだから!!」
 腕をつかまれた。痛い。
「なあ。頼むよ。これ売って帰らないと今日のかせぎが」
 知るか。
 そもそも俺じゃなくても他にいるだろ。買い物帰りのおばちゃんとか女子高生とか。
 男に言い寄られる筋合いはない。無視して帰ろうとするも、腕はなかなか離れない。
 そう思い振り返ると。男は泣きそうな顔をしていた。
「一個だけでもいいから。頼むよ」
 男というよりもおっさんだ。いや、おっさんも男だから同じか。 
 いつのまにか、俺とおっさんの周囲に人はいなくなっていた。正確には少し離れた場所で通行人が遠巻きに俺たちを見ている。
 視線が痛い。やめてくれ。俺はしごくまっとうな学生だ。
 この窮地を脱するための方法はひとつ。
「じゃあ、ひとつください」
 ため息をつくと。荷物の中から財布を取り出した。






過去日記
2006年03月08日(水) メモ書き 1
2004年03月08日(月) あと70♪

2010年03月07日(日) 「花鳥風月」04UP

今回は無事更新できました。

ようやく登場。かつ久しぶりの戦闘シーンです。
戦闘って難しいなぁ。カッコよく書ける人ってうらやましいです。
ちなみにつっきーは精霊のご指摘通り現時点では足手まといにほかなりません。こいつもまだまだ色々あるのですが。ちょっとずつわかっていけばいいかと。
対して彼女はかっこよさを前提に書いてます。びば大和撫子。びばくーるびゅーてぃ。
たまには可愛い女の子も書いてみたいなぁ。


ところで来週は諸事情につきお休みさせてもらいます。気が向いたら他の話UPできるかも。


三月の北海道は寒そうだなあ。うん。






過去日記
2006年03月07日(火) 「EVER GREEN」8−10UP
2005年03月07日(月) 文章とパソコン
2004年03月07日(日) 「大人になるということ」UP

2010年03月06日(土) つかれてるひと。3

 ちりん。
 風鈴は相変わらずゆれていて。

 こいつと出会ったのもこれくらいの暑さだったよな。
 そんなことを考えながら俺は大きくのびをした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「お兄さん」
 呼び止められたのは夕暮れだった。
「そこのあんただよあんた」
 週末の金曜日。近所の店で食材、日用品もろもろを買い込み家路をたどる途中のこと。
 タイムセールに間に合ってよかった。今日は豪勢に目玉焼き丼でも作るか。それとも野菜炒めにでもするべきか。
「そこの背の高い兄さん」
 明日は休みだから遅くまで寝ていられる。帰ったらゲームでもするか。 
「だから。そこで買い物袋下げてる背の高い兄さん! あんただよあんた!!」
 そこで、ようやく声をかけられていることに気づいた。
 振り返って視線があったのは道ばたに座る、笑みを浮かべた中年の男。
「あんた。一つ買ってかないかい」






過去日記
2006年03月06日(月) ただいま
2005年03月06日(日) 「SkyHigh,FlyHigh!」Part,45UP
2004年03月06日(土) SHFH10−6

2010年03月05日(金) つかれてるひと(仮)。2

 そりゃそうだ。
 俺は確かにつかれている。
 つかれて――とり憑(つ)かれている。

 そもそも幽霊に足はあるのか。
 足はないにしても手は動かせるのか。
 そもそも、なんでこんな状況になったのか。
 思い起こせば本当にきりがない。
「新(あらた)さん?」
 彼女がさらに心配そうな顔をする。
 彼女――いつまでも『彼女』と呼ぶのは失礼か。
「さや」
「なんです?」
 向き直って彼女に視線を合わせると。俺はしごくまっとうな問いかけをする。
「なんで足はないのに手は動かせるんだ」
『ああ』とあいの手を打つと、彼女は、さやはこう答えた。
「なんとなく、です。動けって思ったら、いつの間にか動かせるようになっちゃったみたいです」
 なんとなくときたもんだ。
「でも本当に手を動かしているわけではないので。念力みたいなものと考えてもらえれば」
 次は念力とくるのか。
「わたし、他のみなさんとはちょっと違うみたいですから。だから人と少しだけ違うことができるみたいです」
 それですべてがまかり通るなら、なんの苦労もない。
 そんな思いをかみしめながらイスを離れる。
「どこへいくんです?」
「買い物。あんたもついてくる?」






過去日記
2006年03月05日(日) 旅に出ます
2004年03月05日(金) 「EVER GREEN」5−5UP

2010年03月04日(木) つかれてるひと(仮)。

 ちりん。
 風にゆられ鈴の音が響く。
 そう言えば去年かったものだった。なんとはなしに出かけ、夜店で買ったんだった。

 風鈴の音色はきれいで。ほんの少しだけ暑さを和らげてくれる。だけども実際の温度までは和らげてはくれないわけで。 
「はぁ」
 息をつくと、背後から白い手がのびてきた。
「どうぞ」
 手の先には湯のみ。その中には麦茶。御丁寧に氷まで浮かべてある。
「こりゃどうも」
 遠慮なくうけとり口にする。乾いたのどに冷たい感触が気持ちいい。一気に飲み干すと、白い手の主が満足げに微笑んだ。
「暑い時には冷たいものが一番です」
 手の主は浴衣を着ていた。
 紺色の浴衣。すそには小さな花の模様がほどこしてある。髪はひとつに結いあげかんざしでとめてある。
 浴衣姿の女性。今の時期ならさして問題もないだろう。今の時期なら。
 だが、これが一か月続くなら。
 再度息をつくと、彼女は心配そうにこちらの顔をのぞきこんだ。
「つかれてるんですか?」
 空になった湯のみを手にとりながらそう聞く彼女。眉根を寄せる姿は愛らしく。少しだけ、今の状況が和んだ気がした。
 けれども、鈴の音も麦茶も彼女の表情も。今の状況を根本的に解決してくれるわけではなく。 
 彼女を見つめること数秒。俺は三度目の息をついた。
「うん。つかれてる」
「そうですか。それは大変ですね」
 湯のみを手にしたまま、片付けますとばかりに彼女は体の向きを変える。
 ぱたぱた。そんな足取りや足音は全く聞こえない。
 違う。ぱたぱたじゃない。こういう時はすうっと、だ。
 視線を浴衣のすそにやるも、そこから先は何も見えず。遠のく後ろ姿に四度目のため息。
  
 彼女には足がなかった。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

思いついたものの試し書き。
気が向いたら書くかも?






過去日記
2007年03月04日(日) 「EVER GREEN」11−7UP
2006年03月04日(土) 「SkyHigh,FlyHigh!」Part,95UP
2005年03月04日(金) はたらくようになって
2004年03月04日(木) SHFH10−5
 < 過去  INDEX  未来 >



香澄かざな 

Web拍手。お気軽にどーぞ。


My追加