Allyssa
Dad
人気ブログランキングへ



 私が親から受けていた虐待の記憶 ″燭筏埖圓龍界線




先日の日記でも書いたが娘さんが押し入れにかくれんぼしているとこを見ると昨年の神ドラマ「Mother」を思い出して、ふらっとマジでMother鬱気味になるのだが、


これに関しては個人的に記憶や経験はない。あくまでもドラマの場面がショッキングなだけだった。俺は親から虐待を受けるときには押し入れでなく、机の下に隠れていた。それは克明に今でも覚えている。小学四年生のときにハサミの刃で自分の腕さえも切ろうとしていた。そして、躊躇った。その記憶も克明に残っている。


まあ、思い出すたびに親を殺したいほどムカつきますけどね(笑)
まあ、オヤジは既に死んでますけど



何故にドラマ「Mother」がここまで私の心をひきずっているかというと、やはり幼少の頃の記憶のリンクしていることに改めてドラマを再鑑賞した際に今更ながらに気付いた。ささやかなフラッシュバックかな、と思った。


これには、それに至る原因と伏線があった。数日前、娘さんのランドセルの出張展示会と注文を行い、学習机とベッドを観に行った際に最近、娘さんの部屋予定の部屋が四畳半なので狭いという話が出た。俺は純粋に「じゃあ、寝室予定の六畳の部屋と交換すればいいじゃん」と言ったが奥さん、義母さん共にキリッと「自分の部屋があるだけで十分」と言った。俺は素直に「俺は弟とずっと同じ部屋で自分の部屋が無かったから、逆に娘さんには広い部屋で勉強に励んでもらいたい」と言った。その後、妻と義母さんは私に対する言葉を失くしたような雰囲気になった。また、純粋に広い部屋、高い天井のほうが学力は伸びるという研究結果を聞いたのも理由の一つでもあった。とまあ、そんな昔の子供の頃を思い出して色々な記憶がまざまざと蘇った経緯もある。



ドラマ「Mother」の劇中で同居男の起こした一件でオノマチ演じる母親がツグミ=レナ(芦田愛菜ちゃん)を狂ったかのようにクッションで叩くシーンがある。その際に、これほどリアリスティックな演出があるものか、と驚いたが、愛菜ちゃんが、瞬間的にコタツの横に亀のように伏せるのだ。これは幼い頃の私も同様だった。父親が商売道具のペンチで私を殴るたびに私は亀のように丸くなって長い間、痛みに耐えることを繰り返した。後々に格闘術などの世界で最大限の防御がこの姿そのものだと言う事を聞いて納得した。誰にも教えられずに生物は遺伝的に他者からの攻撃に対する最大限の防御策を刷り込まれているのだ。


その虐待の後、極寒の北海道でゴミ袋に入れられて、それを松雪泰子が見つけて物語が本格的に始まるキッカケになるのだが、私の場合も寒い冬だろうが素っ裸にされて家から出され鍵を閉められたこともあった。


また、母親は友人を学校帰りに家に連れて行くと自分の睡眠を邪魔されたことから部屋から連れ出され、友達が見えないところで暴力をふるった。



さて、これらのことを親は「躾」と言っていた。現代に怒っている子供殺しの「躾のつもりだった」と全く同じである。2007年に親父が死んだとき、一切の悲しみは無かった。恐らく母親が死んでも同じであろう。涙など流れぬだろう。なんせ、これらの昔話をすると「お前はそういうことしか覚えていない」とか「陰湿な記憶の持ち主だ」と反論するんだから呆れて、何も言えなくて、夏。そんで「頼むから金貸して」なんて言われたら血の気の荒い人間だったら殺してるぜ?マジで(笑)ここらへん、最近の上戸彩と竹之内豊の「流れ星」だったかってドラマの兄弟愛の束縛にも似てますが。


「躾による暴力」と「虐待」の境界線とは何か?と考える。正直、「躾」にも「親による子供への洗脳と支配」の意味合いも含有しているので個人的には何ともし難いものがある。ぶっちゃけ、暴力を伴う躾は虐待と同義であると思っている。


叩いて分からせるというスキルしか持たない親は下の下である(まあ、中には色々と多動児の問題とかあるので一概には言えず、その親には同情の余地も少しだけ、ありますが)何が悪いか、いけないことか、口で説明し、会話し反省させるのが躾なんだと思う。



こんなことがあった。小学校の先生が俺達悪ガキの悪戯に全員並べてビンタ(いい時代だ!(涙))した時に俺がビクっと身体を震わせたことに先生が後で「Dad、お前、親から暴力を受けてないか?」と見抜かれたことがある。それを経験したせいか、保育園や幼稚園で他の子供がその親に怒られているときにビクッとしているのを見ると、その家族の内情が分かるようになってしまった。


嫌なスキルをもったものである。







↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加




再鑑賞の末、何故、このドラマに魅入られたのかが改めて分かった。それは自分の中にその理由があったからだ。だが、俺は既に自分の中では自己完結して傷にも牙にもせず糧にしてきた(と、思っている)


ただ、記憶力が良すぎるのが難点なのだが。普段はすっかり忘れていても思い出す記憶って怖いですね。





ドラマ 「Mother」& 芦田愛菜ちゃん
関連日記ログ

2011年01月31日(月) また泣かすんかい!?娘さんも嫉妬の芦田愛菜ちゃん史上最年少6歳でドラマ初主演 「Mother」スタッフ再集結!
2010年07月22日(水) Just because you want my loving, It's not enough to just turn me on
2010年06月25日(金) 「Mother鬱」抜けきれず、残酷な天使のテーゼと落とした財布の中身
2010年06月21日(月) ドラマ「Mother」を観終えて考えたこと ネタバレ注意
2010年06月20日(日) ドラマ「Mother」最終回感想 このドラマは映画を超えている
2010年06月19日(土) ドラマ「Mother」最終回までの、あと12時間で167時間の「Mother鬱」から解放される!
2010年06月15日(火) ドラマ「Mother」最終話に皆が望むもの
2010年06月14日(月) ドラマ「Mother」第10話を観て もはやどんなエンディングでも受け入れてしまいそうなくらい涙
2010年06月11日(金) ドラマ「Mother」 最終回 あらすじ 予想
2010年06月08日(火) Mother 第9話を観て 涙一粒の安堵 ネタバレ注意
2010年06月06日(日) 167時間ごとの哀しみ
2010年06月02日(水) 翌日まで、この涙を引きずるとは・・・Mother 第8話
2010年06月01日(火) Mother第8話を観て なんぼ泣かせりゃ気が済むんだ、この神ドラマ!
2010年05月26日(水) Mother第7話 このドラマは一場面一場面完璧すぎる(汗)
2010年05月19日(水) Mother第六話を観て、泣きました
2010年05月15日(土) Turn on / Turn off list ドラマ「Mother」風
2010年05月14日(金) 負の思考×議論≠正の答え
2010年05月13日(木) 繰り返し、紡がれてゆく螺旋
2010年05月11日(火) ドラマ「Mother」第3話、第4話を観て
2010年04月20日(火) 「 Mother」第二話を観て
2010年04月14日(水) 「見ないようにすること」の難しさ:ドラマ「Mother」を観て



Mother DVD-BOX

↑個人的2010年神ドラマ
DVD−BOXご購入の際はこちらをクリック



人気ブログランキングへ

2011年09月29日(木)
初日 最新 目次 MAIL


My追加

爽快ドラッグ

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

1,298円1,248円

(2011/09/13 02:08 時点の価格)

クリスタルガイザー(Crystal Geyser)の一覧はこちら

DMM.com DVD通販