Allyssa
Dad
人気ブログランキングへ



 ドラマ「Mother」を観終えて考えたこと ネタバレ注意


Mother DVD-BOX

↑個人的2010年神ドラマ
DVD−BOXご購入の際はこちらをクリック



Mother、ドラマ、母性、これに囚われた
長い時間が終わって、なんか鑑賞後、
二時くらいまで眠れなくて約四時間
くらいしか睡眠していませんが、
一晩経って「マザー鬱」が抜けた
というか安堵感と虚脱感でいっぱいの
気持ちです。

全11話全編。無駄な台詞、無駄
な情景、無駄な流れなど一切なく、
最高の配役で固めたドラマ「Mother」
を観終えて神ドラマ決定とともに、
この作品を毎週民放テレビドラマと
いう形式でリアルタイムで観れた
ことに製作陣の方々などに本当に
感謝します(いや、マジで映画の
ように金払ってもおかしくない
ドラマだ)


私の過去日記から読んでもらえれば
判ると思いますが、私もあまり良い
家庭で育ってなかったので以前から
児童虐待については独身の頃から
嘆いていた。今は娘さんという子供
が出来て、報道で流れる児童虐待事件
などを見ると気が狂いそうになる
ときもある。


そんななか、このようなまるでNHK
が視聴率、採算度外視で作ったような
テレビドラマを警鐘という形で流す
のは、素晴らしい行為であり、それに
共鳴した視聴者が法的にいかに二人を
一緒に出来るか?不可能なのか?を
論議しあう姿は今までに無かったこと
ではないんでしょうか?



■最後のラストシーンが奈緒(松雪泰子)
かレナ=ツグミ(芦田愛菜ちゃん)の
願望か?妄想か?という意見もネット
上で多々見られますが昨日の日記でも
書きましたが、パパは確実に言える。


あのラストシーンは現実だ


Reason of Evidence :
\什鄂悗梁羯譴「ラストシーンは
第一話の始まりなんですよ」
という
台詞。つまり、第一話のように奈緒が
継美のお母さんになったということ。
12年間の歳月をかけて。
(けど、昨日も書いたけど7歳で
室蘭から東京へ一人で行ける強い
ツグミちゃん、子離れが完全に出来て
いない奈緒、こっそり会わないわけが
ないと思うし、毎年何回か会って
絆を深めていった(そうせざるを得ない
運命の出会いだった二人だから)
ラストシーンなんだと俺は思います。
執行猶予が解ければ面会も出来るだろうし
ラストシーンは第一話の喫茶店。恐らく
奈緒は少しでも近くにと住むようにする
のかも知れない。

ここらへん、映画「パンズ・ラビリンス」
のように観客によってハッピーエンドか
バッドエンドか真っ二つに別れるラストを
民放のドラマでやるというのも非常に
稀有なドラマだと思った。正に「ハッピー
エンド」と「ハッピーエンドでない
エンディング」の融合に成功している。

また、成長した継美を仁美役の尾野
真千子がやっているあたり、現実としか
言いようがない。あの時点での二人の中の
願望や妄想の情景には仁美の顔は潜在的に
出てこない筈。

個人的に血の絆を押し出すかと思いきや、
完全に母親を棄てたツグミの中で伊豆の
旅館での「顔が似てきたかな?」
「鼻かな?」の言い合いのようにツグミ
の願望なら奈緒の顔になっているはず。
(髪型は似せているが)

奈緒の願望も同じだと思う。意外と
個人は自分の十年後の姿など想像する
ことは難しい。

それにあれほど愛し合っている二人が
あの別れ以降会えないわけがない。

また、奈緒も自分が実の母を許したように
お母さんになりながら実母の仁美を許す
ように諭していくのも自分の継美への義務
と今回の誘拐によって施設へ送られた継美
への贖罪だと思っていると思う。

だから、あのラストシーンは現実だ。
俺はずっとそう思っている。

それにもしかすると執行猶予が切れて
親権の問題もあるかと思うが、施設に
二十歳まで居る子供は現実的に少ない
(16歳〜18歳で出る)ので、
もっと早く二人が会えるかも知れない。
ネガティブにではなく、二人の笑顔を
思い出しながら、そう考えると、なんか
ワクワクしませんか?

私は勝手にツグミの行動力、奈緒の想い
の引き合いで毎年何回か会い続けて
絆を深め合っていつかは本当の親子に
という脳内妄想で完結させました。


■地獄のような家から救済されたレナ=
ツグミが再び奈緒と離れ離れになり、
自分の姿で施設に戻ってゆく。
あまりにも残酷な生き方と強いる法。
大人の考えることと子供の求めるもの
の高い壁。

「メッセージ性のためにハッピーエンド
にしない」というのはこのためだった
んでしょうね。

児童虐待で表面化する事件なんて氷山の
一角。私も娘さんを通算、二つの保育園
に通わせましたが、ガラの悪い親の子供
は怯えているんですよね。それか、
暴力的か、どっちか。今の幼稚園では
そういう子は居ないようですが。

泣いたり笑ったり、はしゃいだりできない
抑制された子供ほど残酷なことはない。
うちの娘さんはおおらかに明るく笑う子供
なので安心してますが、やはり、子供は
うるさいくらい、暴れるくらいが子供らしく
いいんじゃないのかな?


だから、大人びたツグミを観ていると、
それだけにそれまでの過去を思い出すと
涙が今でも出てくる。愛想笑い、暴力を
振るう男に対して従順にならなければ
いけない。実母の顔色をうかがう。
ツグミはそれでもぐれずに健気な性格を
維持していた。時には暴力の元である
実母さえもかばった。しかし、限界はある。
「赤ちゃんポストに入りたいです」の
第一話。押入れに隠れていた場面、
真夜中の仁美に対しての「助けて」
の9話か10話。

さすがのツグミちゃんも7歳にして
死を受け入れることを考えるなんて
異常な世界だったと思う。

そんな一番の被害者であるツグミに
再び施設に戻す奈緒の感情は複雑を
通り越して彼女も異常な状態だった
と思う。

だから、あのラストシーンで全てが
新しい世界へと移行した。

最終回の前半は淡々として無難な
流れで逆に不安を煽った。

しかし、別れ際の二人を映しながら
撮影角度が高くなり海が見える場面。
まるで映画のような終わりであり、
そして、映画のようなラストシーン
であった。




このドラマは長い間、深く心に
刻まれるだろう。

とにかく私にとっては、ここ
10年前後の最高傑作のドラマ
になるでしょう。


芦田愛菜ちゃん、松雪泰子さん、
田中裕子さん、この主役格三人の
相乗効果が凄すぎましたし、
尾野真千子さん、高畑淳子さん、
山本耕史さん、酒井若菜さん、
倉科カナさんなどの完全に隙間の
ない全員主役級の配役の布陣も
凄かったですが、やはり、
ベストアクトレスは天才子役と
いうより、もはやヤング・ジニアス
の芦田愛菜ちゃんでしょうね。
他の役者さんに負けないくらいの
演技力に脱帽です。また、うちの
娘さんも5歳(芦田愛菜ちゃんは
一年上だが)なので、ただただ
凄いと感嘆するばかりです。

本当にお疲れ様でした。





「見ないようにすること」を掲げて
いましたが、この物語は再び見て
みたいと思います。




我が家には虐待もないし、ネグレクト
もない。私もママも手を上げたことなど
一度もない

ただ、このドラマが我が家に与えて
くれたものは「大人の都合で子供を
不幸にさせない」ということである
と思う。

逆に娘さんのプリキュアヴァージョンに
なったときは本気で殴られ、蹴られますが
(痛)

娘さんが結婚という新世界に旅立つ
までに不幸にさせない。これしかない。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加




最後に次女の件で父性が垣間見える
場面があり、何故か延長時間時の
羽振りのいいスポンサー陣の中に
「究極の父性愛」の作品である
コーマック・マッカーシーの
「ザ・ロード」の映画のCMが
入っていたのさえ、計算され
つくしたかのように見えて、
CMを含めた作りでさえも
完璧だと思えた。
(ラウンドワンのCMを除いて(笑))

このドラマに確かに父性は必要
なかったと思う。それは父性が
皆無になったときの悲劇という
ものを遠まわしに訴えている
のかな、とも思った。




ドラマ「Mother」関連日記ログ

2011年09月29日(木) 私が親から受けていた虐待の記憶 ″燭筏埖圓龍界線
2011年01月31日(月) また泣かすんかい!?娘さんも嫉妬の芦田愛菜ちゃん史上最年少6歳でドラマ初主演 「Mother」スタッフ再集結!
2010年07月22日(水) Just because you want my loving, It's not enough to just turn me on
2010年06月25日(金) 「Mother鬱」抜けきれず、残酷な天使のテーゼと落とした財布の中身
2010年06月21日(月) ドラマ「Mother」を観終えて考えたこと ネタバレ注意
2010年06月20日(日) ドラマ「Mother」最終回感想 このドラマは映画を超えている
2010年06月19日(土) ドラマ「Mother」最終回までの、あと12時間で167時間の「Mother鬱」から解放される!
2010年06月15日(火) ドラマ「Mother」最終話に皆が望むもの
2010年06月14日(月) ドラマ「Mother」第10話を観て もはやどんなエンディングでも受け入れてしまいそうなくらい涙
2010年06月11日(金) ドラマ「Mother」 最終回 あらすじ 予想
2010年06月08日(火) Mother 第9話を観て 涙一粒の安堵 ネタバレ注意
2010年06月06日(日) 167時間ごとの哀しみ
2010年06月02日(水) 翌日まで、この涙を引きずるとは・・・Mother 第8話
2010年06月01日(火) Mother第8話を観て なんぼ泣かせりゃ気が済むんだ、この神ドラマ!
2010年05月26日(水) Mother第7話 このドラマは一場面一場面完璧すぎる(汗)
2010年05月19日(水) Mother第六話を観て、泣きました
2010年05月15日(土) Turn on / Turn off list ドラマ「Mother」風
2010年05月14日(金) 負の思考×議論≠正の答え
2010年05月13日(木) 繰り返し、紡がれてゆく螺旋
2010年05月11日(火) ドラマ「Mother」第3話、第4話を観て
2010年04月20日(火) 「 Mother」第二話を観て
2010年04月14日(水) 「見ないようにすること」の難しさ:ドラマ「Mother」を観て



Mother DVD-BOX

↑個人的2010年神ドラマ
DVD−BOXご購入の際はこちらをクリック




Remark 24th Jun 2010


人気ブログランキングへ



2010年06月21日(月)
初日 最新 目次 MAIL


My追加

爽快ドラッグ

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

1,298円1,248円

(2011/09/13 02:08 時点の価格)

クリスタルガイザー(Crystal Geyser)の一覧はこちら

DMM.com DVD通販