ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。






YOU TUBE始めました!










Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2013年02月06日(水) ビビリ音対策





ニトムズ 屋外用防水すきまテープ
9×15x2m(ハードタイプ)






ダッシュボード中央奥からの異音(カタカタッ、ビビビッ)に対して、また静粛性能の向上を狙って、このテープで色々と試行錯誤しています。

GS(19型)の一体型射出成形で作り出されたダッシュパネルは、今まで見たことも無いような大きなパネルで、しまも1枚モノです。
こんなの、他のどのメーカーもやらない、GSのインテリアのハイライト的なな箇所だと思います。

ここまで大きなパネルを1枚で正確に位置決めし、そこにエアコンブロア部、ナビモニタ部、メーター部などを正確に(隙間無く)はめ込み、さらに段差を無くし、まるで彫刻で掘り込まれたかのような造形美を見せてくれる、このGSのダッシュパネル、こんな美しい芸術的なダッシュパネルはベルトーネもピニンファリーナもやらなかったし(やれなかたし)、今まで見たことないし、これを普通にライン製造してしまうレクサスの意気込みというか、「美しさ」に対する意地に驚愕させられます。

ただ、あまりにもクリアランスが無いため、走行時にビビリ音が出てしまうことがあります。

そこでこのスポンジテープを使ってダッシュボードの揺れの抑止、気温の高低差によるダッシュボードの伸び縮みの吸収、またビビり音発生時の音の拡散の軽減、ビビり音の低音化などを狙ってみたいと思います。

そうそう、19GSの「美しさ」に対するコダワリはドアのウッド部もまたしかりです。

あの美しい造形を見せる湾曲したウッド部、これも技術的にハイレベルが要求される箇所だと思います。

どこかで見た高級車(と言われている車)はインテリアに平板的にウッド転写フィルムを貼って見た目の高級感を謳っていたりしますが、そんなものとは全く次元の違う見た目ではない、本質的に美しいウッドがGSのドアには装備されています。



過去の愛車でのビビリ音や異音との戦いは下記をご覧下さい。
乗ってきた車のほとんどでビビリ音と戦ってきました。

2000年11月05日(日) ドアパネルのプラピン交換 ・・・BMW E36型セダン

2003年04月13日(日) ドア周辺からのビビリ音?・・・BMW E36型セダン

2006年03月27日(月) テンションロッド交換・・・21セルシオ

2006年06月03日(土) 草津ぶらりで気になったこと・・・ 21セルシオ

2006年06月17日(土) 車内のビビリ音(TT) ・・・21セルシオ

2006年07月02日(日) エンジンマウント交換☆☆☆・・・21セルシオ

2006年10月14日(土) ブラッシュクリップ・・・21セルシオ

2006年11月11日(土) リヤスタビブッシュ交換・・・21セルシオ

2006年12月26日(火) オートチルトのメンテナンス♪・・・21セルシオ

2007年03月17日(土) フロント ロアボールジョイント交換(^^)・・・21セルシオ

2007年11月18日(日) マウント類の交換後のドライブ♪ ・・・31セルシオ

2008年01月20日(日) 東伊豆ぶらり旅♪で気になったこと・・・ ・・・31セルシオ

2008年01月27日(日) 東伊豆ぶらり旅♪で気になったこと・・・◆ΑΑ31セルシオ

2009年10月20日(火) ビビリ音の傾向と対策 ・・・30プリウス

2010年01月22日(金) SAIを試乗してみて。

2010年01月25日(月) 30プリウスの遮音性・気密性について。




















インパネ端(D側)にスポンジテープを貼り付けました。
スポンジテープの途中に一箇所切り込み(三角カット)を入れて曲がりに対応させています。

P側も同様に施工しますが、グローブボックス部は可動するため、その部分は貼り付けは無しになります。














ドアを閉めると、こんな感じ。
隙間風は、もともと皆無ですが、これで本当に無くなります。

気になるビビリ音ですが、マイGSの場合は終息しました。

ドア閉め時にダッシュパネルが多少内側に押され、出ていたビビリ音に良い意味で影響したんだと思います。

それと精神的に(多少)静かになったんじゃないかな、っと思えてきます(^^)













ちなみにこの写真は以前の乗っていた31セルシオで、赤い矢印の辺りの奥からカタカタカタと音が出ていいました。

ここから音が出ていることを突き止めるためにずいぶんと走りましたね(^^;)

夜中から走り始めて気がついたら福島県にいたこともありましたね、500キロ走ってもう日が登ってました(^^;)

セルシオはとにかく静かだったので、ビビり音には特に敏感になっていました。

セルシオでドライブしていたある日のこと、かすかなカチカチカチ…っというやや高い金属音が(x_x)
停車して色々調べても音が聞こえたり、聞こえなかったりで、また走ったりして調べるも分からず(>_<)
再び停車してしばらくするとまたカチカチカチ…耳を左右に向けたり、片方の耳に手をあててふさいだりして調べてみると、カチカチカチの正体は左腕にはめた自動巻き腕時計(クロノグラフ)の稼働音だった、ということがありました…改めてセルシオの静粛性能の高さを思い知らされた出来事でしたね。

ビビリ音って、車内で反射するので、聞こえてくる方にビビリ音の温床があるとは限らないんですよね。

フロントガラス内側下部にタオルを横に敷いて反射を抑えて走ったり、同乗者に音の聞こえてくる方向を聞いたり、ダッシュボードにウエイト置いて走ったりといろいろやった思い出があります。














さて、上の写真のビビリ音を突き止めるためにマルチを外すところですね。
この後、ナビだけじゃなく、グローブボックス回りもごっそり外しました。














マルチをごっそり取り出しました。

内部をロングドライバーの先などで軽く叩いて、その時に発する音でビビリ音をこちらから誘発させたり、固定不備が無いか確認したり・・・と色々やりましたね。

何度もマルチを取り外すのは逆にビビリ音を誘うことになり兼ねないので、このワンチャンスで決めようと、マルチ外して4日間乗らずに色々とやりました。

原因はナビ固定ビスの緩みだったようです・・・それかナビ配線の接触だったのかも。
ナビ外すときのドライバーに掛かる力が1本のビスだけ若干軽かったので、たぶんビスだったんでしょうね。

っとうわけで、全てのビスを均等に締めてビビり音退治完了しました。



 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加