ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。




























Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2008年01月27日(日) 東伊豆ぶらり旅♪で気になったこと・・・

年越しぶらり旅の「伊豆ぶらり旅♪」でちょっとだけ気になったことが2つありました。



1つ目は
2008年01月20日(日) 東伊豆ぶらり旅♪で気になったこと・・・ でリポートしたビビリ音です。


このマルチ奥からのビビリ音ですが、その後デコボコ道を走る時などに聞いているオーディオをミュートして耳済ませてるけど、ビビリ音出てないんですよ〜嬉し〜(^^)


どうやらマルチを固定しているビス(助手席側の2本)の緩みが原因だったようです。

走行時に車体側の固定金具とマルチ側の固定金具があたって音が出ていたようです。

固定金具は車体側、マルチ側どちらも金属製のため、ほんの少しのビスの緩みでも揺れによって音が出てしまうんですね。







さて、「伊豆ぶらり旅♪」でちょっとだけ気になったことの2つ目はATの違和感です。

これは旅の道中で2回感じました。

違和感を具体的にいうと、徐行くらいのごく低速で曲がるときにブレーキ踏んで、そこからアクセル踏んで加速するとき(エンジン回転数落ちて、ギヤも落ちたところからアクセル踏んで変速して加速するとき)、ほんのちょっとだけギヤが滑ってる感じです。

ただ、
「伊豆ぶらり旅♪」での全走行距離は525キロで、その525キロの旅の道中、同じようなシチュエーションは何度も何度もあったけど、違和感を感じたのはたったの2回です。(気のせいレベル?)


違和感を感じていたにも関わらず、いやいや、違和感を感じていたからこそ箱根ターンパイクや伊豆スカイラインへ2日間連続で走りに行っちゃいました(^^;)・・・確認の意味で(^^)




まぁ、自分であれこれと考えていてもしょうがないので、ATF交換と経年劣化が予想されるAT周りのパーツ交換を兼ねて近所のディーラーに出して調べてもらうことにしました。

















ディーラーではマニュアルバルブレバーシャフトオイルシール交換、シャシー洗浄、ロードテスト、ATF交換をして頂きました。


メカさんの話
「ロードテストしましたが、特に走行時に違和感は感じませんでした。
ATFの交換と経年劣化しやすいマニュアルバルブレバーシャフトシールも交換しておきました。」と(^^)

変速時の違和感は私の思い過ごしだったようですね(^^;)
曲がる時の微妙なアクセルワークとかがちょっとギクシャクした変速を誘発したのかなぁ。









メンテナンス明細の一番下、フィルタ 2個については、また今度の日記でね。


 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加