2015年08月18日(火)  「武士の娘 鉞子とフローレンス」NHKオンデマンドで8/25まで配信

8/11に放送されたBS1スペシャル
「武士の娘 鉞子とフローレンス〜奇跡のベストセラーを生んだ日米の絆〜」

観てくださった方、ありがとうございます。

ドキュメンタリードラマのドラマ部分の脚本を書きました。
演出は「そこをなんとか」でご一緒した一色隆司さん。
「再現ドラマではなくドラマを作ろう」と話して取り組みましたが、二人の人生にドラマを感じた方が少なからずいらしたようで、ほっとしています。
大河ドラマになるのでは、といううれしい声も頂きました。

見逃した方、NHKオンデマンドでぜひ。>>>こちら

配信期限が8月25日となっています(見逃しパックを除く)のでお早めに。
オンデマンド視聴者が多いと、期限が延長されることもあるかもしれません。

関連書籍も好調のようです。

>>>「武士の娘」(杉本鉞子著 大岩美代訳)

>>>「武士の娘 日米の架け橋となった鉞子とフローレンス」(内田義雄)

長岡出身で鉞子を愛してやまない内田義雄さんの本を先に読んでから「武士の娘」を読むと、いっそう理解が深まります。わたしはその順で読みましたが、まっさらな気持ちで「武士の娘」の美しい日本語に触れるのもいいと思います。

アメリカで出版するために英語で書かれた「A Daughter of the Samurai」を日本語に訳したのは、鉞子自身ではなく大岩美代。その日本語がとにかく素晴らしいです。愛国語者を自認するわたしは、美しい日本語を読むのが大好きですが、流れる水のようにすらすらと読め、四季のように折々の色が匂い立つ、まさに日本の美しさを映し出すような言葉の連なりが丁寧に紡がれています。
日本語美人力が三割増になるのではと思えるほど惚れ惚れする美文です。

もちろん、原著で描かれている日本の文化、日本の心の美しさの力もあるのでしょう。日米文化論も子育て論も幸福論も平和論も包み込んでしまっている、世紀をこえて読み継がれるべき名著。できればもっと早く出会っておきたかったと思いますが、人生が熟すほど「わかるわかる」がふえているのも確か。この先何度も読み返す一冊になると思います。



back<<< >>>next

2013年08月18日(日)  石ころも絵本!@鎌倉文学館「いとうひろしの世界」
2012年08月18日(土)  5歳を吹き消して6歳になる
2011年08月18日(木)  「にまえ」ノートと「オリーブちゃん」原稿
2010年08月18日(水)  妄想をかきたてる男の意外な素顔
2009年08月18日(火)  シリアスな題材をコミカルに『命美わし』(1951年)
2008年08月18日(月)  『SEX AND THE CITY』とアラフォー
2007年08月18日(土)  マタニティオレンジ159 三世代合同誕生会でたま1才
2004年08月18日(水)  スチームボーイと津嘉山正種さん
2002年08月18日(日)  24時間テレビ



My追加