江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。

2009年05月31日(日) オレは10ヶ月前にジョイント倒産を予言した!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


  2008年7月30日のはてなダイアリー日記に、オレは新興不動産のジョイントコーポレーションが危険な状況にあることを書いた。ところが倒産秒読みの9月になって突如オリックスが100億円出して救済するという話が出てきて、ジョイント株は暴騰し(オリックスが仕掛けた 株価操作の疑惑をオレは当時書いたのだが)、その後、株価はオリックスの提示したTOB価格の131円付近まで下がった後、最近の不動産株全体の上昇相場に便乗して値上がりしていたのである。5月29日(金)の終値は213(+4)円だった。まさかその直後にこんなニュースが飛び込んでくるとは誰が思っただろうか。

マンションのジョイント社更生法申請 負債1476億円 2009年5月29日21時21分
 マンション分譲大手のジョイント・コーポレーション(東京、東証1部)は29日、東京地裁に会社更生法の適用を申請し、受理されたと発表した。負債総額は1476億円。業績拡大に寄与した不動産流動化部門が、深刻な不動産不況で足を引っ張り、資金繰りが急速に悪化した。
 ジョイント・コーポレーションは86年に設立され、首都圏を中心に「アデニウム」ブランドでマンション分譲を展開。08年3月期の営業利益は過去最高の275億円に達した。
 だが、不動産市況の悪化で、流動化部門の売上高が急減したほか、マンション販売も低迷。08年9月にはオリックスから100億円の支援を受け再建を目指したが、行き詰まった。


 少なくとも昨年9月以降、ジョイント株を買った個人投資家は「オリックスがバックについてるから安心だ」と思っていたはずである。大京のようにオリックス傘下で再建に成功した(とはまだ判断できないが)マンション屋もある。ジョイントもそうして再建するものだと判断していた投資家も多かったのである。それが最近の株価上昇につながっていたのだ。

  ジョイントのヤフー掲示板を見に行くと、「継続企業の疑義が出ていないのにいきなり倒産はおかしい」「株主代表訴訟を起こそう」などとの書き込みがあった。甘いよ。昨年8月にアーバンコーポレーションが倒産した。それ以降も創建ホームズ、日本綜合地所、パシフィックホールディングスなどの不動産大手の倒産が相次いだ。状況は何一つ好転してなんかいないのだ。体力に余裕のある財閥系の不動産は値崩れを恐れてたいして値引きもせずにまだ頑張ってるが、手元資金が枯渇した上に融資も受けられない新興不動産は値下げして投げ売りするか、まとめて買ってくれる業者に転売するしかない。それはアウトレット物件として出回ってさらに全体の価格を引き下げる。今、マンション市場はこの暴落スパイラルの中にあるのだ。

 政府が値下がりを食い止めようとしても買い手がいないのだから仕方ないのである。少子化と結婚する人の減少で今後需要が冷え込むのはわかっていたのに、駆け込みで建てまくったから売れ残りの物件は溢れかえっている。そしてこの景気悪化が直撃したのだ。そんな時期に焦ってマンションを購入する必要はないのである。1年でも2年でも引っ張れるだけ引っ張って、タダ同然に値下がりしたものを買えばいいのだ。買い手の無くなったリゾートマンションの多くが「管理費払ってくれるならタダで住んでもらってもいいです」という状態になってるのである。熱海や越後湯沢に行けばゴーストタウン状態になってるのである。

 さて、昨年9月の救済決定から8ヶ月の間、オリックスは何をしていたのだろうか。オレの憶測だが、ジョイントの優良資産をどんどん取り込んでたのではないだろうか。かんぽの宿問題でのオリックスの狡猾さを思えば、それくらいのことはやりかねないというのがオレの正直な感想である。もちろん検証したわけでもないし、証拠があるわけでもない。ただ、ジョイントが京都駅の南側に建設中の大規模商業施設「VINOWA」や、熱海のつるやホテル跡地に建てている「アデニウム熱海グランドタワー」がオリックスの所有物件になっていればオレの憶測が当たったということになる。ジョイントの物件がオリックスや大京に所有権が移転されている場合、気になるのはその譲渡価格なのである。二束三文で資産を移転させておき、借金は銀行に回すという悪辣なことを行っている可能性があるからだ。計画倒産、いや詐欺倒産の可能性である。

 5月30日の琉球新報には次のような記事が出ている。

ジョイント・コーポ破たん 宜野湾2ホテル計画白紙2009年5月30日
 東京証券取引所一部上場で、不動産開発会社ジョイント・コーポレーションは29日、東京地裁に会社更生法の適用を申請したと発表した。負債総額は子会社1社を含めて1680億円。
 ジョイント・コーポレーションによると、オフィスビルなどを転売する不動産流動化事業が、米サブプライム住宅ローン問題以降の金融不安と不動産市況の低迷を受け悪化した。一方、「アデニウム」ブランドで展開するマンション分譲事業は順調だったという。
 ジョイントは、オリックスグループから約100億円の資本参加を受けて事業の立て直しを目指していたが、資金繰りが悪化。東海林義信社長は「今後3カ月間で500億円程度の支払い資金が必要だったが、金融機関などから支援を得るのが困難となった」と説明した。
 ジョイントは、宜野湾市に建設中のジノンハウスホテル沖縄(12階建て、客室数177)の開業を7月1日に予定していた。隣接する西海岸都市機能用地第一街区には子会社のジョイント・ホスピタリティ(東京、山下孝二社長)が、日本スターウッドホテル(東京、ロタ・ペール社長)などと共に「シェラトン沖縄宜野湾ホテル(仮称)」の開発を決めていたが、共に白紙となった。
 ジノンハウスは完成間近で、建設業者からの引き渡しはまだだった。2ホテル計画を含む同社の財産は、保全管理人の管理の下で譲渡先を探すことになる。
 ジョイント・コーポレーションは「ジノンハウスを開業できるかどうか未定。(シェラトン建設予定の)土地をどうするかも未定の状態だ。保全管理人の決定を待つしかない」と話した。
 ジノンハウスホテル沖縄の運営を受託しているグリーンホスピタリティーマネジメント(東京、中舘亨社長)は「予約客もおり、取引業者を含めてできるだけ迷惑が掛からないよう対応したい」としている。
 「シェラトン沖縄宜野湾ホテル(仮称)」は245室で320平方メートルの宴会場、レストラン、レクリエーション施設、266台収容可能な駐車場などを備える予定だった。


 このジノンハウスというホテルは7月1日開業予定ということだからもう完成していて夏休みの旅行者の予約も入ってるわけで、むりやりに開業するのかどうかちょっと気になるところである。オリックスの傘下にはホテルグループもあるのでそっちが引き受ければいいじゃないかと思うが、そもそもこのホテルは見込みがあるのか。オレは沖縄の事情にはそんなに詳しくないのだが、ホテルを新規開業したらじゃんじゃん客が来て儲かる・・・なんて時代はとっくに終わってると思うのだ。既存のホテルの間で生き残りのための激しい競争が展開されてる中で、新規開業のホテルが客を奪えるとは思えないのである。

 昨年9月にオリックス関係者はジョイント株のインサイダー取引で数十億の濡れ手に粟の利益を得ているはずである。オレはその疑惑についてこの日記で書いたが、全マスコミはその問題を完全スルーした。当時アクセス数1万程度だったオレの日記の読者以外にこの問題は知られることもなく、当然証券取引委員会が動くこともなかった。連中はたかだか数百万程度の小者のインサイダー取引を検挙してはいかにも仕事をしているかのようなフリをしていた。

 株式市場は政府公認イカサマ賭博の鉄火場だとオレは思っている。個人投資家のゼニを巻き上げるために存在するイカサマ賭博である。そこで生き残るためには、イカサマが行われてることを前提にしてすべての情報を処理し、上手に立ち回るしかないのだ。新型インフルエンザが流行してマスクが店頭から消えたとき、ダイワボウやシキボウといったマスク関連株は暴騰してストップ高となった。しかし、東証はすぐにこれらの株を空売り禁止の対象にした。なぜか?その後暴落することがわかってる株を個人投資家に空売りさせないためである。上昇を信じて買った個人投資家の中には、パンデミックを期待していた不謹慎な方も居たかも知れない。しかし、流行の沈静化と共にダイワボウやシキボウの株価も暴落した。そこで空売りできるのは借り株が可能な機関投資家や、証券会社だけであった。これがイカサマでなくていったい何なのか。

 ジョイント株を買って虎の子の資産を無くした個人投資家は、株式市場がイカサマであるという仕組みの前に敗れ去ったのである。価値のないものに、いかにも価値があるかのような幻想を与えてゼニを出させる、それが株式投資というもののの本質なのだ。投資家というのは常に共同幻想の所有者に過ぎないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月30日(土) このクソどもを全員刑務所にぶち込んでくれ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 

 
 天下りの官僚どもが作り上げた、巧妙に税金を自分のフトコロに入れる仕組みの実態を解明して、その詐欺的な犯罪を取り締まることは政府の財政再建のために必要なことである。それと同時に、その詐欺的な仕組みを作り上げた連中を逮捕してこれまでため込んだゼニをはき出させて刑務所にぶち込むことも必要だ。こんなクソどもが国家に寄生していることをオレは断じて許したくないのである。

 アサヒコムのこの記事を読んでオレは激しい怒りを感じたのである。以下にその記事と図を引用したい。

不正に財産取り崩し債務超過 日本農村情報システム協会 2009年5月29日23時37分
 社団法人・日本農村情報システム協会(東京、会長=大池裕・元全国農業協同組合連合会会長)が01年度以降、所管官庁の承認なく約4億4千万円あった基本財産を取り崩した上、今年3月末時点で6億5千万円余の債務超過に陥っていることがわかった。農林水産省、総務省、経済産業省が29日発表した。元通商産業省(現経産省)職員が立ち上げた任意団体が資金の流出先とみられ、この元職員は多額の報酬を団体から得ていた。
 3省は同日、業務改善命令を出し、事実関係の解明などを指示した。協会の解散命令も視野に入れている。
 農水省などの説明によると、同協会は農村が防災無線やケーブルテレビを導入する際の計画作りなどの仕事を自治体などから受注し、その一部を任意団体「情報システム技術会議」に委託していた。01年度以降、技術会議が委託費内で収まらなかった経費を請求してきた際、総務部長ら一部幹部の判断で全額負担したことなどで、01〜08年度に委託費を6億4千万円過払いしたほか、経理ミスなどもあった。また、事務所の家賃などを支払う必要もあり、01年度から基本財産を取り崩したという。
 基本財産は、電機メーカーなど企業23社が出資している。取り崩すには、同協会の総会の議決と所管する3省の承認がいる。しかし、協会はこの手続きをとっていなかった。基本財産は04年6月に使い切り、05年度は4億8500万円の債務超過に陥り、08年度には6億5600万円に達したという。
 技術会議の事務所は協会の中にあり、約30人いる職員の多くは協会の職員と重なっている。また、協会の副会長と理事2人、総務部長が技術会議の役員を務め、副会長が理事長に就いていた。副会長は技術会議から月100万円、理事の1人は月15万円から10万円の報酬を受け取っていたという。副会長は元通産省職員で、79年の技術会議立ち上げにかかわったという。
 同協会は毎年、農水省の監査を受けていたほか、01年度からは公認会計士の外部監査も受けていた。しかし、同協会は監査の目をすり抜けるため、金融機関から資金を借り入れ、決算書類に載せている債券を買って保有しているように見せかけ、監査後に債券を売却して金融機関に返済していた。しかし、昨年12月〜今年1月、総務省に匿名の告発メールが届いたことをきっかけに発覚した。
 同協会は75年に設立された。07年度の事業収入は13億3千万円で、うち4億円弱が農水省の補助金や助成金、委託費という。協会の非常勤理事の中には、元気象庁総務部長や元関東農政局長がいる。





 この連中のやってることと、今叩かれている漢検理事長父子がやったことといったいどこが違うのか。日本農村情報システム協会が元通商産業省(現経産省)職員が立ち上げた任意団体の「情報システム技術会議」に資金をどんどん流出させたことと、漢検が身内の会社に高額で業務を発注したこととは同じことである。また、協会の職員とこの任意団体の職員はほとんど重なるという。ただのダミー組織であることは明白である。複数の組織に所属したことにして両方から報酬を得ていたのだとしたらなんともセコい連中である。任意団体の理事長をつとめていた協会の副会長は月100万円の報酬を得ていたようだが、その金額に値する仕事をしていたとはとうてい思えないのである。

 オレは 日本農村情報システム協会のサイトを覗いてみた。そこには会員として東芝や日立製作所、電通やNECといった企業が並んでいる。おそらく高額の会費をぼったくられてるのだろう。不思議だったのは天下りのはずの協会役員の連中の元職歴がきちっと記載されていないことだった。おそらく「前職」ということで間に何か別の経歴をサンドイッチしてごまかしてるのだろ「元職」をこそ明示すべきなんだとオレは思ったのだが。

 協会のサイトにあるさまざまな事業は本当にこの協会でないとできないことだろうか。気象情報の配信なんて民間企業のウェザーニュース(東証一部上場)の方がはるかに正確な情報を低コストで提供してくれるだろう。これらの事業というのはつじつま合わせのために無理やりでっち上げたとしか思えないのである。

 この寄生虫のような社団法人と任意団体は要するに税金と企業から巻き上げたゼニを、自分たち役員が山分けするために存在し、任意団体の設立も巧妙にゼニをごまかすために過ぎなかったのである。

 匿名メールによって発覚したという今回の事件、協会の解散は当然だが報酬のゼニを得ていた連中からすべて返却させた上で会長の大池裕や副会長の澤村紫光、坂尾彰といった連中をまとめて刑務所にぶち込んで欲しいのである。こいつらが長年にわたって得ていた報酬というのは企業にたかり、税金から不正に得たゼニだからである。その実態は国家に対する背任行為だからだ。他に役員として名前を連ねる多数の連中もいったい何の仕事をしてどれだけ報酬を得ていたのか。それを明らかにした上で全員の財産を没収して欲しいのである。

 日本にはこんなクソみたいな団体がいったいどれだけあるのだろうか。そこに消えてしまう税金はどれほど巨額に達するのか想像もつかない。衆議院で可決された13兆という補正予算の中には、そうした連中に流れるゼニもかなり含まれるのだろう。国民が監視の目を強めるとともに、監査を政府の連中に任せるのではなくて企業同様に監査法人にやらせるべきだろう。不正が明らかになれば刑事告発し、法外な額の報酬は業務上横領とみなして逮捕すべきである。国民の財産を横領した行為に対する罰は死刑が相当だ。今叩かれている漢検なんてかわいいものである。しかも漢検はちゃんと自前でゼニを稼いでいるだけマシだ。日本農村情報システム協会なんて企業から巻き上げたみかじめ料と税金からの補助の収入がメインじゃないか。まるで国家に寄生するダニみたいな組織である。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月29日(金) 人殺し野郎の屁理屈について        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 首を絞めるという行為には明らかに殺意がある。その結果相手が死に至らなくても殺人未遂は成立すると思うし、結果的に死亡したのならそれは殺人である。たとえば真冬の屋外で首を絞められて気を失った場合、そのまま凍死する可能性は高いだろう。また踏み切りの中で首を絞められた場合、電車が来れば轢死する可能性は高いだろう。それらに「殺意はなかった」と主張するような反省のない屁理屈野郎の犯罪者は死刑にして欲しいとオレは思っている。もっとも反省したとしてもやっぱり殺人者はすべて死刑にして欲しいが。

 日本3大馬鹿裁判所の一つ、福岡地裁がまた馬鹿判決を出した。
 
県道で女性の首絞め、車にひかせる…殺意認定、男に懲役10年 
 北九州市小倉南区の県道で2007年、同区の飲食店従業員渡辺佳代さん(当時35歳)が首を絞められている最中にタンクローリーにひかれて死亡した事件で、殺人罪に問われた同市小倉北区真鶴、無職末(すえ)雅晶被告(28)の判決が28日、福岡地裁小倉支部であった。
 重富朗裁判長は「被害者の人格を無視して命を奪い、犯行動機に酌量の余地はない」として、懲役10年(求刑・懲役15年)の実刑判決を言い渡した。
 弁護側は「殺意はなく、暴行か傷害。仮に殺意が認められても死因が特定されていない以上、殺人未遂にとどまる」と主張していた。
 しかし、重富裁判長は「首を骨折させるほどの力で絞め、死亡に近い程度まで弱らせた」と殺意を認定。死因を「タンクローリーにひかれた脳挫滅」としたうえで、「夜間でも通行量の多い県道で身動きできなくなるまで首を絞めていれば、タンクローリーにひかれることは容易に予見でき、その上でひかせている」と、末被告の行為と死亡の因果関係を認めた。
 判決によると、末被告は07年12月2日午前4時10分頃、小倉南区下曽根の横断歩道付近の車道で、あおむけの渡辺さんに馬乗りになって首を絞め、骨を折り身動きできなくさせた後、通りかかったタンクローリーに頭部をひかせ殺害した。
 末被告は、渡辺さんが勤めていた店に客として通い、犯行前に渡辺さんと飲酒していた。(2009年5月28日21時28分 読売新聞)


 交通量の多い横断歩道上で女性に馬乗りになって首を絞めて気を失わせて遺棄した・・・という行為が殺人ではないという主張はむちゃくちゃである。このような主張を行っている時点でオレは腹が立って仕方がない。もしも被害者の遺族ならこんなクソ野郎は絶対に許せないだろう。

 もちろん馬鹿判決で有名な福岡地裁もさすがにこのむちゃくちゃな主張を認めずに一応は「殺人罪」で裁いた。ここまではいい。3大馬鹿裁判所にしては上出来である。ただなぜ求刑を割り引くのか。15年の刑でも十分に軽いとオレは思うのである。そしてこの容疑者は反省していないのである。これだけ残虐な行為をしながら「殺意はない!」と平然と主張しているクソ野郎なのである。首を絞められて動けなくなった状態で頭部をひかれて死ぬというむごたらしい死を誰かに与えたくせに「殺意はなかった」「首を絞めたことと、車にひかれたことは別のことである」と主張するこのクソ野郎のどこに情状酌量の余地があるのか。

 15年の刑を割り引いて10年にした重富朗裁判長の判決に対してオレは断じて納得できない。これでは軽すぎるではないか。こんな軽い刑を求刑してきた検察側に対して「あんたたちはこの犯罪の重大さがわかっていない!」と諭して、改めて求刑よりも重い罰を与えるのがまっとうな裁判官のやるべきことではないのか。これほどの重い罪を犯してもたった10年の刑で済むということで、福岡県は犯罪天国になるかも知れないのである。

 オレは殺人罪の罰は死刑を基本とすべきであると常々思っている。特に強盗殺人や強姦殺人などの場合は必ず死刑にすべきだ。それ以外の殺人であってもよほどのことがない限り無期懲役か20年くらいの刑は必要だと思っている。近々裁判員制度が導入されるわけだが、おそらく裁判官の量刑感覚は市民よりも大甘だろう。それを市民の常識が正してくれることをオレはひそかに期待している。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月28日(木) 横浜にも馬鹿裁判官が居た!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 馬鹿裁判官といえば大阪地裁である。時折繰り出されるお馬鹿な判決は、裁判官がいかに世間の常識からかけ離れてるかを教えてくれる。なぜ裁判員制度が導入されるかというと、裁判官には馬鹿が多いので常識ある市民が加わった方がまともな判決が下せるからである。今回のニュースを読んで、大阪だけではなく横浜にも馬鹿裁判官がいたことにオレは愕然とした。日本中こんな馬鹿裁判官ばかりなら日本の裁判はもうオシマイである。読売新聞のWEBサイトから記事を引用しよう。

威嚇なしの警官発砲は違法、神奈川県に約1千万賠償命じる
 パトカーに乗用車を衝突させるなどして神奈川県警の警察官に発砲され、下半身不随になった横浜市の男性(31)が「発砲の必要性はなかった」として国家賠償法に基づき、県に約8080万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、横浜地裁であった。
 小林正裁判官(鶴岡稔彦裁判官代読)は「発砲前に威嚇射撃を行うべきで、適法な職務執行とは言えない」と述べ、県に約1150万円の賠償を命じた。
 判決によると、2004年8月25日夕、横須賀署の巡査部長らのパトカーが、横須賀市内に停車中の男性に職務質問しようと近付いたところ、男性は車を急発進させて逃走した。路地に追い詰められた男性は、車をパトカーに繰り返しぶつけて脱出を図ったため、巡査部長は約1メートルの距離から男性の右肩を狙って発砲。右脇腹に命中して男性は下半身不随となった。男性は公務執行妨害と覚せい剤取締法違反などの罪で起訴され、07年8月に東京高裁で懲役2年、執行猶予4年が確定した。
 訴訟で県側は、「発砲前に何度も警告しており、やむを得ない措置だった」と主張した。小林裁判官は、男性逮捕の必要性は認めたが、「拳銃で狙えた範囲は、男性の頭や胸などで、発砲には特に慎重であるべきだった。先に威嚇射撃を行う必要があった」と指摘した。
 同県警監察官室は「関係機関と協議して今後の対応を決める」とコメントした。(2009年5月27日20時20分 読売新聞)


 相手はパトカーに対してクルマで体当たりしてくるキチガイである。威嚇射撃なんか不要、その場で射殺してもかまわないとオレは思うのである。そんなヤツをその場できちっと射殺しないで放置するから、馬鹿な裁判官が「懲役2年、執行猶予4年」なんてお話しにならないような軽い罰を与えてしまうのである。なんでこんなクソが執行猶予なんだ。射殺で十分じゃないか。パトカーにクルマで体当たりしてくるのである。警官をひき殺してでも逃亡しようとするだろう。そんなキチガイをその場で射殺しても正当防衛である。いや、社会の秩序を守るためにはその場で射殺するというのが最良の対処であるとオレは思うのである。

 またこの記事の中で「下半身不随」とあるがそれも眉唾ものであるとオレは思っている。林真須美の夫のように障害者年金欲しさに動かないこと偽装する輩が居るからだ。本人が「動かない」と偽りの申告をするだけで「不随」の認定を与えてるのかも知れない。もっともそのあたりはオレの単なる憶測なんだが。

 覚せい剤を使ってるような連中は社会のクズである。そんなクズは一人でも減らさないといけない。覚せい剤を使用してクルマを暴走させていたというだけで十分射殺されるに値する事情である。もしもそんなヤツが運転中に幻覚症状に襲われて暴走して歩行者をはねたり他のクルマにぶち当てたらどうするのか。こんなクソを射殺するのは市民社会の秩序を守るための正当な行為であり、このような場合は射殺してもいいという見解をちゃんと裁判官が示さないとだめである。

 オレがもしもこの裁判の裁判官ならば「このような危険な行為を行った男はむしろ射殺されて当然である。急所を狙わなかった警官の対応には重大な落ち度があった」と警官の側を諭し、このキチガイには「命が助かったことだけでも感謝すべきなのにゼニを要求するおまえの態度は万死に値する」と改めて死刑の判決を下したい。そして、このクソみたいな賠償要求を幇助している人権派の弁護士の連中には「正義を阻害するおまえらの行動は弁護士としてふさわしくない」と資格停止を命じたい。

 警官はなぜ拳銃を所持しているのか。それは「撃つぞ!」と威嚇するだけで犯罪者をフリーズさせるためである。そこで「どうせ撃ってこないだろう」と舐めた態度を取ってくる馬鹿に対しては本当に撃つしかないのである。もしもそこで撃たなかったら拳銃を所持している意味がない。相手が抵抗するなら撃てばよいのだ。いや、撃たなければならないのだ。こんなクソみたいなヤツを裁判に持ち込んでも、小林正みたいな馬鹿裁判官に出くわしたらどんな軽い罰になるかわからない。それを考えれば凶悪犯はどんどん現場で射殺して欲しいのである。大阪教育大付属池田小学校を襲った宅間守みたいに死刑以外考えられないような犯罪者はその場で全身に銃弾をぶち込んで欲しかったのである。もしも現場に駆けつけた警官が、殺されたのが我が子であることを知って怒りの銃弾を宅間に撃ち込んだとしてもオレはその行為を正当だと認めるだろう。無差別殺人犯は現場で射殺するというルールを作れば無駄な裁判をやらなくてもいいし、馬鹿裁判官が軽い罰しか与えない可能性というリスクも避けることができる。

 馬鹿判決は大阪地裁と福岡地裁の専売特許とオレは思っていた。今回の馬鹿判決で横浜地裁も馬鹿裁判所の仲間入りをした。これで日本には3大馬鹿裁判所が存在することになったのである。犯罪を起こすなら3大馬鹿裁判所の管内を狙え!これが悪人どもの合い言葉になるだろう。こんな裁判官がいる限り市民社会の安全は守れない。オレが法務大臣ならば「馬鹿は裁判官をするな!」と即日クビにするだろう・・・って法務大臣に裁判官の任免権はあるのだろうか。こんなアホでも弾劾裁判を開かないとクビにはできないのだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月27日(水) 新型インフルエンザは沈静化しました        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 

先日の日記に投票ボタンを設置しました。永井豪作品の中で、代表作と呼べるのはどれか?詳しくは5/26の日記をどうぞ!



 大阪や神戸の学校が一斉に休校になって一週間、どうやらこの緊急措置はかなりの効果があったようである。強力な指揮権を発動して今回の新型インフルエンザを封じ込めるのに成功したという点で、橋下知事の迅速な対処にオレは賛辞を贈りたい。

速やかな休校が奏功、大阪の流行ピーク越える…感染症研 新型インフル
 新型インフルエンザが流行した大阪府の学校で、感染者の発見後の速やかな休校措置が感染の拡大を防ぎ、ピークを越えたと見られることが26日、国立感染症研究所による現地調査でわかった。
 症状や感染力は季節性インフルエンザと同程度であることも判明、調査チームは「感染者とすれ違ったくらいでは感染する心配はない」という。
 今月17日から約1週間、教職員3人を含む計64人(調査時点)が感染した、大阪府内の関西大倉中学・高校を中心に感染者や接触者に聞き取り調査を行った。
 感染がいつ始まったかは、不明だったが、感染者の多くは、同じクラス内やスクールバスで感染が広がった可能性が高いことがわかった。さらに関西地方では、同校を含め、流行が収まる傾向にあることから、速やかな休校措置が校内や地域への感染拡大防止に役立ったと見られるという。
 感染者の8割以上が発熱やせきを訴えたが重症例はなかった。調査チームの安井良則・感染研主任研究官は「はしかのように一気に感染が広がることはなく、クラスメートや兄弟など近しい関係で感染している。観光旅行で大阪に行ったくらいでは感染しない」と指摘する。(2009年5月26日21時42分 読売新聞)


 今回の新型インフルエンザ流行にもっとも過敏に反応したのはわが家の次男であった。少し窓を開けてるだけで「お父さん、豚入ってくるやん!」と言われた。「豚インフルエンザ」を略して「豚」なんだが、その言葉を聞くオレの脳裏には、ブヒブヒと鳴きながら巨体をふるわせる哀れな豚の姿が思い浮かんだのである。

 今回の新型インフルエンザ騒ぎで、関西への修学旅行を多くの学校が取りやめた。京都への観光客が減ったために旅館やホテルはかなりの減収になったという。また、その期間に行われる予定だったコンサートが中止になったり、長い期間を掛けて準備していた学会が中止に追い込まれたりというさまざまな余波があった。ただオレは、今回のインフルエンザがそれほど大きな健康被害をもたらすこともなく、沈静化しようとしてることに安堵する。決してオレの日常生活に影響がなかったわけではない。クラスの生徒たちが楽しみにしていた遠足は中止になったし、一週間の休校分、夏休みは削られることになる。受験勉強に打ち込む生徒たちにとってここでペースを狂わされたことは案外後になって響いてくるかも知れない。

 不幸にして今回、新型インフルエンザの感染疑いで病院に隔離されて過ごした人たちも悪いことばかりではない。もしもこの新型インフルエンザが冬に大流行してもすでに免疫があれば心配はないだろう。

 マスクを備蓄すること、外出時にきちっと手洗いやうがいを励行すること、赤ん坊やお年寄りを人混みの中に連れて行かないこと、こうした大切なことを一人一人がしっかりと意識するようになったことを思えば、決して今回の事態はマイナスの要素ばかりとは言えない。もっと毒性の強い鳥インフルエンザが大流行したとしたら我々はどのように対処すべきなのか。今回のことはその予行演習になるかも知れないからだ。

 多くの学校が休校の措置を取った中で、京都大学は休みにならなかった。学生の自治を重んじる京大の学風は、インフルエンザへの対処もまた「自治」を重んじたのかも知れない。大学のWEBサイトには冷静に対処することを促すこのような記載があった。




 もしも感染したとしても「集団免疫の成立にも貢献」するということだった。こんな型破りの見解を示すあたり、普通の大学じゃないなあと改めて感じたのであった。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月26日(火) 「永井豪記念館」はなぜ失敗したか・・・        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 石川県輪島市は永井豪の出身地だという。そこにこの春、永井豪記念館がオープンしたのだが、GWを終えると客足がサッパリなのだという。アサヒコムの記事を引用しよう。

【石川フォーカス】入場者低迷 集客課題に2009年05月25日
 ◎永井豪記念館・開館1カ月◎
 人気アニメ「マジンガーZ」「キューティーハニー」などで知られる漫画家永井豪さんの記念館が、出身地の輪島市に4月25日にオープンして丸1カ月。大型連休は多くの観光客らでにぎわったが、その後の入場者数は低迷している。同館を観光にどう生かしていくか。地域全体での取り組みが課題になりそうだ。
(金井信義)
◆「お宝」を展示
 記念館は、市が朝市通りの信用金庫空き店舗を買い取り、1億2300万円をかけて整備した。館内に入ると、目を引くのが高さ約2メートルのマジンガーZ像だ。壁には永井さんのプロフィルを紹介したパネルが展示され、パソコンの画面上で原画に色づけしたり、原作漫画を読めたりするコーナーへと続く。
 見どころは100点を超える原画だ。永井さんの原画を常設展示しているのは同館だけとあって、駆けつけたファンにも「筆のタッチに感動した」「原画を見るために何度でも来たい」と好評。永井さんも「展示する原画を入れ替えていけば、コンスタントに集客が期待できるのでは」と自信を見せた。
◆連休明け失速
 定額給付金が支給され、高速道路の通行料金値下げなどで輪島には大型連休中、昨年を2万〜2万8千人上回る観光客が訪れた。同館も初日の4月25日から5月10日までの16日間に、市側の見込み(4千人)を超える5784人でにぎわった。朝市がにぎわう午前中だけでなく、朝市後もほぼ同数の入場者が続き「30代の子ども連れなど朝市通りに若者の姿が目立って増えた」(朝市組合の栃木一男専務理事)などと同館の集客力に期待も寄せられる。
 しかし、その後は1日平均80人前後で低迷。同市企画課は「このままでは今年度の目標5万人の達成は厳しい。夏・秋の行楽シーズンに向けてPRを強めたい」と危機感を募らせる。
◆境港を目標に
 市や地元商店街などが目標にするのは、鳥取県境港市の「水木しげる記念館」だ。最寄り駅から同館まで、地元出身の漫画家・水木さんが描いた妖怪のブロンズ像が並ぶ「水木しげるロード」(約800メートル)が人気を呼び、入館者数は1年目(03年度)の約20万人から昨年度は約30万人にまで増やした。庄司行男館長は「観光客に楽しんでもらうには導線が必要。地元商店街などによるイベントや関連商品が話題を呼び、さらに観光客が増える好循環が生まれた」と話す。
 朝市通り57店でつくる「本町商店街振興組合」でも関連商品の販売などを検討しているが、具体化には時間がかかりそう。当面は市のイベントで組合員がマジンガーZの着ぐるみ姿で記念館をPRしたり、境港市への視察でヒントを得たりしたいという。


 オレはこの記事を読んで、地元の方たちはなんと大きな勘違いをしてるのだろうかと思ったのである。マジンガーZを目玉にしようとしたその方針が決定的に間違ってるからだ。なぜ永井豪が人気があるのか。永井豪のマンガの本質はいったい何なのか。そんなこともわからずにマジンガーZの着ぐるみを着ていることに対しては笑うしかない。そして、もしも本気で街おこしを永井豪のマンガに頼るのならば、それは恐ろしいことであるとオレは言っておきたい。なぜなら永井豪のマンガの本質はエロと暴力であり、決して「マジンガーZ」は彼のマンガの本流ではないからだ。オレが永井豪のマンガの本流と思うのは「けっこう仮面」と「バイオレンスジャック」である。もしもその二つを目玉にしていたらもっと違った展開になっただろう。ろくに永井豪をわかってない市の職員や街の商店街の連中が、勘違いした戦略を展開しようとしたことが今回の失敗の原因なのだ。

 漫画家を語るときに代表作として何を引用するか。この記事では「マジンガーZ」と「キューティーハニー」が上げられている。しかし、その二つが代表作だと書いた筆者はちゃんと永井豪の全作品を読んだ上でその二つを選んだのだろうか。

 水木しげるの代表作といえば誰もが「ゲゲゲの鬼太郎」をあげるだろう。オレもそれに対して異論はない。だったら手塚治虫の代表作は何か。 「ブラックジャック」ともう一つは「鉄腕アトム」になるだろうか。宝塚市にある手塚治虫記念館に行けば、ちゃんとそれらのマンガに関する資料が展示されるが、他のマンガに関しても詳しく知ることができる。オレは水木しげる記念館にも手塚治虫記念館にも行ったことがある。だがそのお二方よりもはるかに永井豪の方が好きだ。だからこそ「永井豪記念館」はそれら二つの既存の施設にはないような斬新で型破りなモノにして欲しかったのだ。原画の展示などという廃物利用でお茶を濁すのではなくて、たとえば童心に返ってスカートめくり体験ができるという「ハレンチ学園実体験コーナー」や、ウエイトレスがみんな全裸で顔だけ隠しているという「けっこう仮面体験カフェ」などの驚愕の内容にしていればよかったのである。だったらオレのような変なおっさんがわざわざ大阪からクルマを飛ばして来てくれるのである。

 永井豪の作品には実験的なモノが数多くある。宇宙人の中に想像される人種差別を描いた「スペオペ宙学」や、不潔さの極致を描いた「オモライくん」など教育上かなり問題のある作品も多い。だからこそオレはその作品世界を愛するのである。オレは永井豪の熱烈なファンである。オレをその記念館の館長として年俸3000万円くらいで引っ張ってくれるならば、そしてすべての企画をオレに全面的に任せてくれるならば、必ずオレは人気施設にしてみせる。観光客も年間に100万人くらい集めてみせる。ただ、そのためにはかなりの冒険が必要だ。そして地元民はおそらくその冒険を受け入れることはできないだろう。そう考えれば、最初から「永井豪記念館」など作らなくてもよかったのである。

 もしかしたら輪島市民は、永井豪のマンガの本質を「愛」や「正義」であると勘違いしていたのかも知れない。その勘違いのおかげでこの企画はスタートしたのかも知れない。もしもその本質が「エロと暴力」であることを最初からわかっていれば企画は通らなかっただろう。

 永井豪は戦後日本の生み出した最高のマンガ家であるとオレは思っている。「少年ジャンプ」がメジャーになれたのは「ハレンチ学園」のおかげだし、「少年チャンピオン」の歴史は「あばしり一家」なしには語れない。それらの少年マンガ雑誌が多くの読者を獲得して成長していく過程でこの両作品の果たした役割は極めて大きかった。ただ彼が「バイオレンスジャック」を描いた時、時代はまだそこまで追いついていなかったのだ。「バイオレンスジャック」の世界観が理解されるのは後年の「北斗の拳」の登場を待たなければならなかった。

 無修正のエロ画像がいくらでもネットで閲覧できる今日、小学生や中学生にハレンチ学園の古本を見せたとしても彼らはなんの感動も覚えないだろう。しかし、まだエロ本というものをよく知らなかった少年時代、オレが永井豪のマンガから受けた衝撃は忘れられない。あの頃の男の子たちとってまぎれもなく永井豪作品は性の伝道師としての大きな意味を持っていたのである。そのことを理解せずにただの「街おこし」の安易な感覚で中途半端な記念館を建てても失敗するだけである。税金を使ってハコモノを作ったとしても、その中味をどうするのか・・・企画した側が永井豪の作品の本質をろくに理解していなかった点で、「永井豪記念館」に客が来ないのは当たり前なのである。商売を知らない行政の連中が思いつきでやることはしょせん失敗に終わるのである。



 
推薦図書
ハレンチ学園 第1巻 (キングシリーズ 小池書院漫画デラックス)
永井豪ショッキング・エッチコレクション (KCデラックス)
永井豪作品全書―永井豪クロニクル
永井豪エッチまんがセレクションZ (SPコミックス)
けっこう仮面 2 新装版 (SPコミックス)
けっこう仮面ショッキングエッチコレクション (KCデラックス)
バイオレンスジャック―完全版 (1) (中公文庫―コミック版)
デビルマン 愛蔵版 (KCデラックス)

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月25日(月) みなさん、こんな政府を支持しますか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 

はじめてお越しになった方はぜひ暴言セレクションをごらんください。



 オレはオバマ大統領の政策の中で、核軍縮という方向性を打ち出したことを高く評価している。これまで軍事力で世界を支配しようとしてきたアメリカのあり方を根本から変えることだからである。ベトナム戦争を主導し、湾岸戦争やイラク戦争の黒幕としてこれまでアメリカを陰で支配してきた軍産複合体にとってこれは困った事態である。さっそく連中は自民党政府に対して何らかのアクションを起こしたようである。そうでなかったらこんなことを政府の連中が言い出すわけないだろう。

政府・与党、武器輸出三原則の緩和検討 共同開発・生産を容認
 政府・与党は23日、武器や武器技術の輸出を禁止する武器輸出三原則の緩和を検討する方針を固めた。年末に改定する予定の防衛計画の大綱に、他国との武器の共同開発・生産の容認や、共同開発国への輸出の解禁を盛り込む。欧米諸国が進めている次世代戦闘機など主要装備の共同開発・生産への参加の道を開き、調達コストの抑制と、国内の防衛産業の活性化につなげる狙いだ。
 武器輸出三原則は1967年に佐藤栄作首相が表明した共産国や国際紛争の当事国などへの武器禁輸方針だった。76年に三木武夫首相が事実上の「全面輸出禁止」に転換。現在も米国とのミサイル防衛(MD)システムの共同開発などを除き、禁輸が続いている。(14:57)


 世界で唯一の被爆国としての非戦の誓い、そして稀有の存在である平和憲法を持つ国家としての誇りを忘れてしまったようなこの方針に対してオレは強い怒りを覚えたのである。武器とはまぎれもなく人を殺す道具である。そんなものの開発に手を貸すことが世界に平和をもたらすとでも思ってるのだろうか。

 他国と武器を共同開発し、武器輸出を解禁しようとすることで誰が得をするのか。我が国の科学技術は人類を豊かにするためにこそ用いられるべき尊いものではないのか。人殺しの道具を開発するためにせっかくの技術を提供するのか。これは日本の持つ技術をタダで利用したいだけの欧米の戦略に乗せられただけじゃないか。ブルーレイも有機ELも太陽光発電もリチウムイオン電池も、我々は人類の生活を豊かにするために研究してきたのだ。くだらない軍備にゼニを使わなかったから戦後の日本は高度成長を遂げ、豊かになることができたのだ。それこそ我々が子孫に誇るべきことではないのか。我々日本人が世界に誇れるは任天堂でありトヨタでありホンダであって、決して武器を製造する企業なんかではない。

 「国内の防衛産業の活性化」に対しても「ふざけるな!」とオレは言いたいのである。景気が悪かったら兵器を作って儲ければいいのか。このやり方は国内の不景気を打開するために海外に市場を求めて満州事変を起こしたことと本質的には同じである。

兵器の開発にはコストがかかる。しかし、コストを掛けて兵器を開発するということ自体、今の時代にとって必要なことか。人類はいつまでそのような愚行を続けるのか。オバマ大統領が出した「核軍縮」というメッセージはその愚行にブレーキをかけるためのものである。それと同時に、インドや中国という軍備拡張に邁進する勘違いした馬鹿どもに対するメッセージでもある。「おまえら何血迷ってるんだ。世界はもはやそんな方向には進まないんだよ」とわからせてやらないとダメだ。

 日本が連帯する相手は諸外国の政府ではない。人民である。中国政府はクソだが、軍備を拡張して南沙諸島を制圧し、将来の台湾侵略やアジアでの覇権を本気で狙ってるのは頭のおかしい共産党の幹部だけである。10億の中国人民が全員その考え方に洗脳されているわけではない。それは欧米も同様だろう。

 2003年に出版された日本国大統領桜坂満太郎 1 (BUNCH COMICS)というマンガがある。中国が世界の覇権を握るために日本に侵攻してくるというストーリーである。親中派のサヨクの人たちが占領軍である中国軍の走狗になるくだりは妙に説得力がある。そのような有事に役に立つのは国民の強い意志と自前の軍事力である。日本の技術をパクられるだけの共同開発には意味はない。武器を作るのなら最高のものを自国の防衛のためだけに作ることである。そんなものを外国に分け与えても馬鹿どもはろくな事に使わないだろう。軍備とは使わないからこそ価値があるのだ。戦争をやりたくてやりたくて仕方のない中国や北朝鮮や韓国やロシアの連中の誘いに乗せられたらダメだ。

 そして、軍備よりももっと日本政府に必要なのは外交力である。あのならず者国家の北朝鮮がアメリカと対等の駆け引きを堂々としているのに、日本は竹島や尖閣諸島の問題で韓国や中国に舐められっぱなしである。北方領土の問題だってそうだ。8月15日を過ぎてから侵攻してきたソ連軍に樺太や千島で非戦闘員を大量に虐殺された事実を日本政府は一度だって公式に抗議したことがあったのか。その賠償と謝罪を求めたことが一度でもあったのか。たとえ敗戦国であっても主張すべき事はしっかりと言うべきだろう。たとえ麻生太郎の失言であってもプーチンに何か言って欲しいのである。世界に向かって報道されればそれはそれで強烈なアピールとなるだろう。

 世界に武器を輸出してもいいと公言する政府与党をあなたは支持するのか。今、世界の紛争地で武器を回収する活動をしている 瀬谷ルミ子さんという方がいる。1977年生まれの若さで、日本紛争予防センター(JCCP)の事務局長をしておられる。今までの勤務地は、ルワンダ、アフガニスタン、シエラレオネ、コートジボワールなど。専門は、紛争後の復興、平和構築、治安改善、兵士の武装解除・動員解除などである。こんな立派な活動をする日本人がいる一方で、こんなクソみたいな政府がある。その現実をあなたはどう考えるのか。

推薦図書:
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
地球を救う仕事〈1〉平和な世界をつくりたい―14歳になったら考える (14歳になったら考える地球を救う仕事 1)
武装解除 -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)

きっこさま、リンクありがとうございました。おかげさまでこの日記を大勢の方に読んでもらえたことを深く感謝致します。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月24日(日) 悪徳老人ホームを撲滅せよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 老人ホームの経営はかなりのゼニになるらしい。厚生労働省の次官まで務めた岡光とかいう守銭奴夫婦がその許認可でゼニをため込んだ事件が以前にあったが、そういう実態は相変わらずのようである。しかし、自分の家を処分して終の住処のつもりで入居したらそこがハズレだったり悪徳業者だったりヤクザのフロント企業だったりということもあるわけで、実に恐ろしいことなのである。アサヒコムの記事を引用しよう。 

有料老人ホームの苦情急増 施設増え入居者保護が後手に2009年5月24日3時7分
 有料老人ホームをめぐる苦情が急増している。全国の消費生活センターに寄せられた苦情は、07年度で327件と過去最多。08年度は集計中だが、400件に迫る勢いで、記録が残っている98年度の5倍以上だ。38万人超の高齢者が特養老人ホームの空きを待つ中、「ついのすみか」となる老人ホームは増え続けるが、入居者保護の態勢はなお追いついていない。
 国民生活センターによると、入居時に払う保証金などの返金や解約のトラブルが苦情の8割を占める。
 トラブル金額の全国集計はないが、07年度の苦情が122件と最も多い東京都消費生活総合センターによると、ホームに払う平均の契約額は1054万円。うち、払い込んでしまった金額は平均で927万円に上った。
 厚生労働省によると、届け出がある老人ホームは07年7月に全国で2846(定員15万5千人)だったが、今年3月には4110(同20万2千人)に増えた。悪質な業者が商機とみて参入するケースが増え、その分、苦情も増えたとの指摘もある。
 火災で10人が死亡した群馬県の高齢者向け住宅「静養ホームたまゆら」のような無届け施設も600近くある。
 厚労省は06年の老人福祉法改正で、老人ホームの指導指針に「90日以内に解約した場合は全額を利用者に返還」というクーリングオフ規定を盛り込んだ。だが、クーリングオフに応じない場合のほか、契約書や重要事項説明書を見せない業者もいる。
 「職員が乱暴」「食事がまずい」など事前の話とサービスが違っても、預貯金を取り崩して支払ったり自宅を処分したりしているので、ほかに行く場所を失って、泣き寝入りする入居者も多い。
 悪質なケースには、老人福祉法に基づき、都道府県が改善命令を出すことになっているが、ホームの急増で手が回らない状態だ。
 全国消費生活相談員協会の丹野美絵子常任理事は「ついのすみかとなる老人ホームの苦情は、表に出にくい。実際のトラブルはもっと多い」とみる。介護コンサルタントの中村寿美子さんは「空き部屋がなくなる、などとせかして契約させトラブルになることが多い。可能な限り、見学や体験入居をしてから契約してほしい」と話す。(上田学)


 この記事を読んでいてオレが気になったのが「食事がまずい」という部分である。オレのように自由に移動できてうまいものを食いに行ける存在と違って、老人ホームで3食喰わされる入居者の老人たちにとって、その「メシがまずい」ということはそれこそ人生の最大の楽しみを奪われるほどの大問題ではないのか。オレのような素人が作った料理でもちゃんと3食おいしく食べることができるのに、プロが調理していて「まずい」とはどういうことだ。食材のコストを落として調理を手抜きして「わざとまずくしている」からに決まってるだろう。

 老人ホームにクーリングオフ規定があるのは知らなかったが、90日以内というのはその実態を理解するには十分な日数である。ただ、施設の側はそれに応じない場合もあるという。なんて卑怯な連中なんだ。

 悪徳老人ホームを撲滅する方法はただ一つ、入居者たちの不満の声が世間にどんどん公表されるようにすることである。悪徳業者どももさすがに倒産に追い込まれたくはないだろう。だから自分たちの施設の評判は気にするはずだ。あと、倒産時に経営者どもは身ぐるみ丸裸にしてやってもかまわないが、処分した財産は入居者側が分配できるようにしてもらいたい。つまり悪徳老人ホームをぶっつぶした場合、入居者はその時に受け取るゼニをもとに次の入居先にスムーズに引っ越せるようにしてあげて欲しいのである。

 入居者も積極的にネットを活用して、2chに老人ホームを評価するスレを作るとか、ブログに日々の食事の写真を掲載して「こんなに貧相な食事です」と実名入りで告発するという手もある。施設側が入居者のインターネット利用を規制してるのならこの手は使えないが。私物でノートパソコンを持ち込んでイーモバイルなどの通信手段を用いればいいのである。もしもオレが日記を書き続けたままで老人になって、有料老人ホームに入るということになれば必ず日々の食事の写真を載せるだろう。改善するにはとにかく実情を世間に訴えることである。

 厚生労働省もくだらない天下りを増やすのではなくて、退職した官僚に「隠密潜入員」などという使命を与えて、しっかりとスパイの仕事をさせればいいのである。オレは天下りは否定するが、そういう形で退職後にしっかりと仕事するならそれはそれで評価してやりたいぜ。

 悪徳施設の中には所長が恐怖政治を行っていて、入居者の老人たちがおびえながらその圧政に耐えているような所もあるかも知れない。じゃんじゃん立ち入りチェックして、職員の見ていないところでこっそりと入居者たちから聞き取り調査する一方で、問題のある施設に対するペナルティを強化し、補助金のカットや認可の取り消しなど実効性のある指導を行わないとダメだ。

 老人ホームのことというのは、何十年か先には自分が関わるかも知れない問題である。それだけにこんな実態が存在するということはオレは放置できないのである。悪徳業者はどんどん告発して廃業に追いやってくれ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月23日(土) コンビニ前の若者は害虫と同じだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 たまに深夜のコンビニに買い物に出かけることがある。店の前の駐車場のところで中学生か高校生くらいのクソガキどもがたむろしていて、タバコを吸っていたり男女が抱き合っていたりしている。地面に座って、飲み食いしながらダベっていたりする。こんな連中が増えると日本ももうオシマイだなとオレはいつも思うのである。そういうクソガキどもを害虫と見なして駆除する装置が開発されたのである。毎日新聞の記事を引用しよう。

たむろ防止装置:騒ぐ若者に不快高周波 自治体初、東京・足立区が公園に設置へ
 ◇年齢限定
 深夜の公園で騒いだり物を壊したりする若者を撃退しようと、東京都足立区が21日、若者にしか聞こえない周波数の高い音を発する装置を実験的に設置する。不快な金属音に聞こえ、作動後、早ければ2〜3分で若者がいたたまれなくなるという。英国製で日本の総代理店「メルク」(千代田区)によると、コンビニエンスストアを中心にこの1年で二十数台を売り上げたが、自治体が設置するのは初めて。【合田月美】
 設置されるのは足立区鹿浜3の区立北鹿浜公園。区によると、深夜に若者が集まって騒ぎ、近所から苦情が絶えないうえ、洗面所の蛇口が壊されるなど年70万円もの被害がある。区は07年度から、年300万円で区立公園の深夜パトロールを警備会社に委託してきたが、職員の発案で装置の設置に踏み切った。
 メルクによると、人は加齢とともに高い周波数の音が聞こえにくくなり、17キロヘルツ以上は10代〜20代前半の若者にだけよく聞こえるという。これを利用し、キンキンと金属音に似た高周波の音を出して、迷惑行為をする若者を撃退する。音は前方60度の範囲で最大約40メートルまで届く。区公園管理課が実験したところ、40代以上の職員は耳を当てても何も聞こえなかったが、20代前半の職員は約20メートル離れても聞こえたという。
 蚊が飛んでいるようにも聞こえるので、装置名は「若者たむろ防止装置 モスキート」。1台約20万円だが、メルクが宣伝効果を期待して1年間、区に無料で貸与した。区はタイマーを使って午後11時〜午前5時ごろに作動させる考えだ。
 特定の世代をターゲットに公共空間の使用を制限するだけに反発も予想されるが、増田治行・公園管理課長は「地元は本当に困っている。設置するしかない」と説明する。区は効果と地元の意向次第で他の公園でも設置を検討しているが、既に「近所の公園にも」と要望が相次ぎ、他自治体や警察からも問い合わせがあるという。
 05年に装置を開発した英国人研究者は06年、ユーモアがあり独創的な研究をたたえるイグ・ノーベル賞を受賞した。


 この「若者にしか聞こえない」というのが大いに気になるのである。つまり、その音が聞こえなかったらもう老人ということなのである。オレは自分が若者なのか老人なのか大いに気になるのだ。おそらくその機械はオレのようなオッサンには無害で、若いヤツらにとってはかなり不快な音が出るのだろう。

 今回設置されるのは足立区鹿浜3の区立北鹿浜公園と場所も特定されている。きっと近くに住む人は「どんな音だろうか?」と確かめに行く者たちが続出しそうである。ただ、その効果はあまり期待できないような気がする。その理由だが、若者は携帯型の音楽プレーヤーを所持していて、のべつまくなしに音楽を聴いていることが多いので、この機械から出る音もかき消されてしまうのじゃないかとオレは思うのだ。

 クソガキどもをまるで害虫と見なして駆除するというこの装置、かなりの反発が予想される。これまで公園の施設が破壊されてきたそうだから、当然その音を発する装置もテロの対象になるだろう。「こんなよけいなものつけやがって!」と怒った連中が破壊することは十分に考えられる。もちろんそれを予想して警官を張り込ませておくか監視カメラをつけておいて、その連中を器物損壊罪でとっつかまえればすむことなのだが。

クソガキどもは人に迷惑を掛けるのが好きだ。わざと轟音が出るように改造したバイクで夜の街を走ったり、中学校のガラスを割って回ったり、盗んだバイクで走り出して熱い缶コーヒーを買ったり、本当にろくなことをしないものである。

 今回導入されるクソガキ駆除装置、できることなら日本中の盛り場に設置してそこからクソガキどもを完全に閉め出してほしい。そうすれば少しは日本も住みやすい国になるだろう。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月22日(金) キミは溶けないソフトクリームを知ってるか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは子どもの頃、ソフトクリームを食べるのが苦手だった。食べるのが遅かったオレは、かならずコーンの部分が溶けたソフトのせいでふにゃふにゃになって、それがお尻のところから垂れて手がべたべたになったりしたのである。それを解消するには溶ける前にすばやく喰うことである。早食いできるようになってからはそんなことはなくなったのだが。現在のオレがアイスの早食いを得意とすることは、北欧東欧放浪旅行の時に一日に数本食べていたことからも明白である。

 さて、どんくさい人のためにいくらゆっくり食べても溶けないソフトクリームが登場したのである。金沢経済新聞の記事を引用しよう。

「溶けないソフトクリーム」話題に−金沢の食品研究会社が販売開始 (2009年05月21日)
 日本海藻食品研究所(金沢市本江町、TEL 076-292-1782)が、金沢大学教授と共同開発した「おからペースト」を使用したパンやスイーツなどを販売するアンテナショップ「ヘルシーラボ」(同、TEL 076-292-3201)を本社隣にオープンしで3カ月が過ぎた。
 開発したペースト「おからda元気」は、豆腐を製造する際に大量に廃棄処分されるおからを特殊製法でペースト化したもので、おから本来の栄養分は残しながらカロリーを3分の1に抑え、保存も可能にした。さらに同店では、「佛子園」(白山市)の協力を得ておからパンを製造するなど、「健康」「美」「エコ」「福祉」をキーワードに、おからの幅広い使い方を発信している。
 「溶けないソフトクリーム」(350円)は、おからペーストと米粉を配合することで、常温で1時間放置しても溶けず、できたての姿をキープするもの。「甘さ控えめのさっぱり味」(同店)で、時間を追うごとに食感が変化する。オープン後、「不思議」「子どもに食べさせやすい」と話題を集め、ソフトクリーム目当てに幅広い客層も来店するという。
 そのほか、おからペーストを配合したドーナツ、ハンバーグ、コロッケ、フランクフルトなどの商品も多数販売。低カロリーの「おから麺」を用いた「ラボサラ」も近日中に店頭に並ぶ予定。
 同社営業部の内田涼人さんは「当社がこれまで培ってきた研究開発のノウハウを生かし、世の中にない新しいものを作り出していきたい」と意欲をみせる。営業時間は10時30分〜18時。第2・第4土曜、日曜・祝日定休。




 なんと、この溶けないソフトクリームの主成分は「おから」らしい。だったら溶けないのもよくわかる。甘さ控えめのさっぱり味だそうだが、どんな味なのかとても気になるのである。このアンテナショップではおからを配合したさまざまな食品が多数販売されてるらしい。なかなか面白そうなのである。

 金沢には長いこと行ってないのだが、ちゃんと覚えておいて行く機会があればしっかりとそのおからソフトクリームを食べてみたいのである。ただ、オレはおからが嫌いである。豆腐は大好きなのだが、おからはどちらかというと苦手だった。その苦手なおからも、おいしいソフトクリームにしてくれてるのなら食べてもいいかと思ったのである。もっとも許せるのはせいぜい「おから」までである。いくらソフトクリーム仕立てにしても、納豆は断じて許せない。もしもこの世に「納豆ソフトクリーム」というものが存在したとしたらオレは絶対に食べない。そんなものを喰えるわけがないじゃないか。

 おそらく水戸あたりに行けば「納豆ソフトクリーム」は存在するのだろう。安曇野ではわさびソフトクリームがある。日生にはかきフライソフトクリームが存在する。だったら水戸に「納豆ソフト」があってもおかしくはない。でも大丈夫だ、オレは食べないが水戸の人間の変な食習慣をどうこう言う気はない。

 おからは今産業廃棄物扱いである。豆腐を生産するとおからもできてしまうのだが、豆腐と違って全く人気がないのだ。それゆえに大量に捨てられていたのである。家畜の飼料にするにしても限りがある。そんなおからをこうして利用することができ、しかも美味しく食べられるのであれば一石二鳥である。ぜひともこの溶けないソフトクリームをどんどん世間に広めてもらいたいのである。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


2009年05月21日(木) 阪神タイガース、なぜこんなに弱いのか        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m  マウス専門店マウスヲタクに、今月のイチオシ商品が紹介されています。


 交流戦第2戦のソフトバンク戦、阪神は延長10回、松中にサヨナラ本塁打を打たれて2−3で敗れた。

 今年の阪神は弱い。どうしようもなく弱い。打てない。点がほとんど入らない。去年も打てなかったがそれでも接戦をものにしていた。今年はその接戦を落とすようになった。どうしようもなく弱くなったという印象なのである。おそらく今季の阪神は横浜との最下位争いにいずれ突入していくのだろうか。

 オレは物心ついてからずっと阪神ファンである。この最終戦に勝てば優勝という対巨人戦を0−9という大差で敗れたとき、オレは小学6年生だった。巨人がV9を決めた年である。そのときは悔しくて泣いた。その後もいっぱい悔しい思いをした。どうしても優勝できないチーム、それが阪神だと思っていた。1985年に阪神が奇跡の優勝を遂げたとき、もうこの世に思い残すことはないと思った。自分が生きているうちに阪神の優勝を見ることができるなんて思いもよらなかったからである。

 その後、阪神は暗黒時代を迎えた。中村勝広という無能な監督の長期政権のもとで3番・4番に据えられた新庄、桧山のコンピはせっせと三振を量産した。毎年獲得する外人はハズレばかりだった。どうして他球団の外人はよく打つのに、阪神にやってくる外人はカスばかりなんだろうかととっても不思議だった。グリーンウェルとかブロワーズとかハイアットとかバトルとかちっとも働かなかった。猪俣隆という一年に一度しか好投しないエースにはいつも泣かされた。それでもオレは阪神ファンを辞めなかった。阪神が負けた日でも巨人が負けさえすれば安堵した。阪神が負けて巨人が勝った日が一番つらかったが、もしかしたらそういう日が一番多かったかも知れない。

 中村監督が辞任してあの名将、野村監督が就任したとき、オレは奇跡を信じた。しかし、野村監督でさえもダメ虎を浮上させることはできず、3年連続の最下位だった。野村でさえもどうしようもないダメ球団、それが阪神だったのだ。監督が星野になって一年目、やはりダメだった。勝つために必要なのは投打の柱である。野村監督もフロントに「エースと4番がいない」と訴えていたが獲得してもらえなかった。星野監督が就任して、広島から金本を獲得して、やっと阪神は2003年に優勝を達成したのである。1985年から実に18年目のことであった。金本の活躍で2005年にも優勝することができた。しかし、金本以外の打者はちっとも育たなかったのだ。先発投手の力不足を補うために中継ぎや抑え投手に負担を強いる投手起用はシーズン終盤になって破綻するようになった。2008年には圧倒的大差で前半戦にリードしたのに、巨人に逆転優勝されてしまった。

 2009年、阪神にはまたまたダメ外人がやってきた。メンチだ。昨年のフォードも役立たずだったが、今年のメンチはそれに輪を掛けた役立たずだった。それなのに試合には使われ、チャンスで凡退してはファンの罵声を浴びた。せっかく桜井広大が活躍したのにその次の試合で6番右翼で先発したのはメンチだった。オレは絶望した。がんばってる日本人選手がいるのに、役立たずの外人を使って試合に負ける・・・その悪しき伝統の復活をオレは深く悲しんだ。今西武で活躍している平尾が阪神時代になかなか試合に出してもらえなかったのは、ダメ外人が3塁を守ることが多かったからである。かつての阪神には素質もガッツもありながら、ダメ外人の出場のためにチャンスを奪われた多くの選手が居た。今年も同様である。昔の阪神に戻ったかのように弱くなってしまった。なりふり構わず1点をがむしゃらに取ろうともせず、ランナーが3塁にいてもスクイズなんて全く考えずにポップフライを打ち上げて凡退を繰り返す、そんなお話しにならない攻めを連日繰り広げていては点が取れないのも仕方がないのである。

 それでもオレは、そんなダメ球団に成り下がった阪神のファンなのである。オレの息子もオレの洗脳の甲斐あって阪神ファンなのだ。最近の息子はいつも嘆いている。「真弓ってサイテーや!」「なんでこんな選手起用するねん!」となかなか手厳しい。阪神戦を観るのをやめてスカパー!で日ハム戦を観ていることもある。ああ、どうして阪神はこんなに弱いのか。

 役立たずのメンチをさっさとクビにして桜井を出場させ、早くチームを建て直して欲しいのである。あまり巨人との差が開かないうちにナントカして欲しいのである。絶対に横浜との最下位争いなんてことにならないで欲しいのである。期待の桜井を外してメンチを先発させ神宮球場でヤクルトに3連敗した阪神は、ヤクルトを大の苦手としたまぎれもなくあの暗黒時代の阪神の姿に他ならなかったぜ。育ってきた桜井、狩野にチャンスを与えていつまでも40代のベテラン頼りの選手起用から脱却して、長期的な戦略を立てないとダメだ。役立たずの外人はもうあてにしないでくれ。フロントはまた選手獲得に動こうとしてるという。今の時期にあぶれてる選手なんてカスばかりだろう。そんなこともわからないのか馬鹿。

推薦図書:
男たちのゲームセット―巨人・阪神激闘記 (角川文庫)
左腕の誇り 江夏豊自伝
スローカーブを、もう一球 (角川文庫 (5962))
元・阪神 (廣済堂文庫)


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月20日(水) 公益法人をぶっつぶせ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m  今、品切れ続出のマスクを売ってるところを見つけました、くわしくは5/20のはてなダイアリーをごらんになってください。


 たいした業務もないのに税金を浪費し、しかも天下った連中が高給をとるためだけに存在する公益法人の数々、これをぶっつぶすことは今の肥大した行政機構を改革し、財政再建するためには不可欠である。しかし、その改革は全く進まない。その理由は官僚どもが自分たちの老後の収入や生活を守ろうとして抵抗するからである。アサヒコムの記事を引用しよう。

天下り指定ポスト、104から422に 再調査で急増2009年5月20日3時2分
 公益法人などの幹部に、所管する省庁のOBが現在まで5代以上連続して就いている「天下り指定ポスト」が、338法人、422ポストにのぼることが、総務省の調査でわかった。3月の調査では95法人、104ポストだったが、対象となる幹部の範囲を広げたうえ、今月に再調査したところ、4倍以上に増えた。
 民主党の調査チームの求めで調べた結果、判明したという。財務省が3月の調査で明らかになった95法人を調べたところ、そのうち8法人に、今年度補正予算案から総額8456億円が流れることもわかった。20日から補正予算案の実質審議が始まる参院予算委員会では、天下り問題も焦点になりそうだ。
 再調査によると、特に公共事業と関係の深い国土交通省や農林水産省のポスト数が大幅に増えた。国交省は10法人、10ポストから123法人、155ポストに、農水省は4法人、4ポストから107法人、125ポストになった。今回、調査対象に常務理事を加えたが、前回と同じ会長、理事長、専務理事に限っても、ポストは104から312と3倍になった。




 農水省によると、3月時点では調査期間が短く、十分把握しきれず、今回、所管法人をすべて調べたところ、数字が増えたという。(蔵前勝久)


 民主党は「天下り全廃」を公約として掲げている。オレはその方針を全面的に支持したい。公共事業と関連の深い分野に多くの連中が天下っているということは、オレのもっとも嫌う「イナカモンドリーム」の形成にその天下りの連中が関わってることに他ならないのである。国民の納めた税金が一部の連中の私利私欲のために浪費されることをオレは阻止したい。オレの納めた税金は、てめえらの福利厚生のためにあるんじゃねえ!と言いたいのである。

 巨額の補正予算の中には国営マンガ喫茶という批判もある「メディア芸術総合センター(仮称)」のためのゼニも含まれる。施設整備費だけで117億円もの税金がつぎ込まれる計画なのである。東京都内(お台場らしい)に延べ床面積約1万平方メートルの建物を整備してマンガやアニメ作品を常設展示し、関連情報を集約、発信する」ということらしい。マンガやアニメといえば京都には「国際マンガミュージアム」という博物館があるが、日中にそこを訪問すると地元民のマンガ喫茶のようになっている。それと同じようなものを都内に作ろうとしてるのである。しかも税金を浪費してだ。マンガしか読まない麻生太郎が作らせるこのオナニー施設に、文部科学省のオタク官僚たちがこぞって天下りしてくるのである。ふざけるな!とオレは言いたいのだ。

 漢検の理事長父子が逮捕される記事を読みながらオレは思った。もしも漢検が天下りの理事長を傀儡として据えてもっと上手にゼニをごまかしていたならばこのように批判を受けなかったのではないかと。もしかしたらあの捜査は「天下りを入れてるとこんなことはありませんよ」というアピールにも思えてしまったのである。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月19日(火) USJをいますぐに閉鎖せよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 新型インフルエンザの感染者が一挙に拡大したことを受けて、大阪・兵庫の学校の多くは急遽臨時休校になった。アサヒコムの記事から引用しよう。

大阪、兵庫の休校4043校に 文科省まとめ2009年5月18日22時3分
 文部科学省は18日、新型インフルエンザで臨時休校した幼稚園、小中高校、大学などは大阪府内で1901校・園、兵庫県内で2142校・園の計4043校・園(同日午後5時現在、国公私立)にのぼると発表した。
 内訳は、大阪府が幼稚園367園▽小学校535▽中学校535▽高校275校▽大学・短大52など。兵庫県は幼稚園532園▽小学校820校▽中学校392校▽高校219校▽大学・短大61校などとなっている。


 さて、この結果大阪ではどのようなことが起きているかというと、休校にしたことの意味がちっとも伝わっていないのである。ほとんどの学校が今週いっぱい(5/18〜23)の休校を決めたのだが、その期間に中間試験を行う予定だった学校も多い。だったらしっかりと勉強すればいいわけだが、全然勉強する気配のない中学生、高校生も多いのである。

 もちろんオレの勤務する高校も他校と同じく休校になったわけだが、クルマで帰る途中にオレは、カラオケ屋の前に大勢の制服姿の連中がたむろしてるのを見た。

な、な、なんということだぁ!

 もしもその中にウイルスを持ってるヤツがいれば、カラオケBOXなどというディープな場所で濃厚接触することで全員にうつってしまうじゃないか。こいつらはちっとも休校になったことの意味がわかってないのである。

 時間をもてあました中高生たちは街に繰り出し、ゲームセンターやカラオケBOXを占拠し、それどころかUSJ(ユニバーサルスタジオ・ジャパン)に詰めかけてるのだという。カラオケ屋には行列ができ、平日なのに通常の4倍くらいの客が来たらしい。「新型インフルエンザ騒ぎで空いている今がチャンスだ!」などという理由で殺到してるというのだ。さすが大阪の高校生は違う!などと感心してる場合ではない。そこで感染が広がれば大変なことになるのだ。今すぐ大阪府知事はUSJに対して「営業自粛」を要請すべきだろう。それだけじゃない。人の集まるところはすべてだ。

 この週末、大阪市立科学館のプラネタリウムは大盛況だったという。なんでそんなところを営業してるんだ。もしも観客の中にウイルスを持ってるヤツがいればどうするんだ。あんな密閉空間ならまたたくまに広がるじゃないか。なんて無防備なんだ。しかも科学館は大阪市の施設である。公共施設ならなおさらこのような「有事」の際の対応をよく考えないといけないのではないか。

 学校の休校措置だけじゃ不十分だ。ただちに大阪府知事は命令を下して映画館、遊園地などの人の集まる場所を閉鎖させるべきだろう。

 オレは帰り道に北花田にあるイオンモールに寄り道した。そこにはやはり、オレの予想通りに制服姿の中学生や高校生が大量に遊びに来ていたのである。なんということだ。こういう商業施設も閉鎖しないと意味がない。

 みんなとにかく家に引きこもって、食い物は家にあるものを喰いつないで、どうしても食いモノが不足したら宅配のピザとかとって、とにかく家から出ないで沈静化するのを待つべきだろう。学校に行かなくても外で不特定多数と接触したら同じことじゃないか。

 今オレが心配してるのは、今回の休校措置が明ける来週月曜日の時点で、どれだけ感染が広がって手の施しようもない事態に陥っているかということなのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月18日(月) 新型ウイルスを撲滅する方法はありますか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 新型インフルエンザ、どうやら関西はオレが恐れていたようなパンデミックの状況に陥ったようである。おそらくもう拡大は食い止められないだろう。大阪市内に位置するオレの勤務先の学園ももしかしたら休校になるかも知れない。

 ここでオレはインフルエンザ対策のことを考えたいのだが、空気中のウイルスをどんどん濾過するフィルターみたいなものは作れないのだろうか。つまり細菌やウイルスなどを100%防御する空気清浄機である、大勢の人が出入りするような場所にはそうした装置の設置を義務づけ、電車の空調などにもそれを装備するというのはどうだろうか。そんなのを作っても、その前に人から人に経口感染してしまうから意味がない!などと言われそうだが。

 あるいはもっと大がかりな、部屋の中のウイルスを一瞬にして死滅させるような装置は作れないのだろうか?もちろん人間がそこに入っていれば健康被害が出てしまいそうなのでかなり操作は慎重にやらないといけないが、もしも可能ならば研究の余地はあるのじゃないか・・・などと考えてしまうのである。

 シューティングゲームで敵キャラを撃ち落とすように、センサーがウイルスを感知してはレーザーで撃墜するような装置は作れないのだろうかとか、妄想を垂れ流すと専門の方から「あほか!」と言われそうだけども。
 大阪では人が集まるデパートなども閑散とし始めたそうである。みんな出歩くのをやめて家に引きこもって、ツタヤディスカスみたいなDVDの宅配サービスを利用して楽しむようになるのだろうか。外食産業も流行らなくなってしまい、映画館も閑散としてしまうのだろうか。もしも首都圏に感染が広がったら、東京ディズニーランドなども休園せよという命令が政府から出されるのだろうか?そんな事態をオレは想像してしまうのだ。

 幸い、今はまだそれほど毒性が強くないらしい。しかし、ここから変異して危険なウイルスに化けるかも知れないのである。そうした事態をオレは恐れるのだ。だから抗ウイルス、抗菌装置を搭載した空気清浄機や空調システムがなんとか食い止めてくれないかと願ってしまうのである。

 明日の朝になると感染者は100人単位で増加してるのかも知れない。一ヶ月後になるともう数十万の数になってるのかも知れない。そうなるともう隔離できる場所はない。関西の経済は大変な危機を迎えたのである。連休中に海外旅行でウイルスをもらってきた人たちは、そろそろ潜伏期間をすぎた頃からどんどんばらまくのだろう。今報告されてるのはまさにそういう方たちである。

 小松左京の小説「復活の日」では細菌兵器として開発されたウイルスによって人類が死滅する様が描かれる。わずかに南極に残った人々だけが難を逃れるのだ。もしかして感染を逃れる方法が一つあるとしたら、それは南極に行くことしなのだろうか?


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月17日(日) たかがインフルエンザでも大げさに騒げ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 いつのまにか新型インフルエンザは関西に上陸していたようである。もうこうなると空港で検疫をやってる意味がない。敵は国内にありなのである。さっきまで3人といっていたのが、今はもう十数人に増えている。ものすごい勢いである。アサヒコムの記事を引用しよう。

新型インフル、神戸の高校生8人感染 大阪の9人も疑い  2009年5月16日23時46分
 新型の豚インフルエンザの国内感染者が16日、一気に8人に増えた。厚生労働省と神戸市によると、神戸市内で交流のあった二つの県立高校の男子生徒2人と女子生徒6人の感染が確認された。8人とも渡航歴がなく、国内で人から人への感染を確認したのは初めて。政府は同日、新型インフルの国内対策をこれまでの「第1段階(海外発生期)」から「第2段階(国内発生早期)」に引き上げた。
 また、大阪府によると、府内の私立高校2年の女子(16)に加え深夜になってさらに8人も大阪府立公衆衛生研究所による遺伝子検査で陽性反応を示し、感染が疑われている。今後、国立感染症研究所に検体を送り、確認する。
 厚労省などによると、神戸市内の8人の高校生の健康状態は安定している。
 朝日新聞の取材では、この二つの高校は兵庫県立神戸高校と県立兵庫高校。
 まず、神戸高校の男女3人の感染が国立感染症研究所で確認された。その後、兵庫高校の女子5人について、神戸市環境保健研究所が詳しく検査し、感染を確認した。
 神戸高校と兵庫高校は8日にバレーボールやサッカーなど運動部の交流戦をしていた。人から人への感染が広範囲に広がっている可能性があるが、感染経路は不明だ。
 国内の感染者に高校生が集中している点について、16日に都内で記者会見した国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長は「体質というより、社会的な行動の方に重きがあるのではないか」と話し、生徒らが比較的狭い校内で集団生活している点に原因があるとの見方を示した。
 一方、厚労省は16日、国内感染が確認されたことを受け、新型インフルの国内への侵入を防ぐため強化している検疫態勢を今後、縮小する考えを明らかにした。 同省担当者は「直ちにやめるわけではないが、国内感染の拡大の状況に応じて順次縮小を進め、国内対策に重点を置いていく」と話した。


 今回の高校生たちはいったいどこでこのウイルスをもらったのだろうか?自然発生で湧くというわけでもなさそうなので、この高校生たちはなんらかの形での海外との接点があるはずなのである。それが明らかにならない限り、さらに感染者は増えそうだ。しかし、それがこんな大騒ぎするほどのことだろうか。別に死亡率100%でもないのに大げさに騒ぎすぎである。感染した高校生たちもみんな順調に回復してるじゃないか。たとえ新型インフルエンザに感染しても、安静にして数日我慢していれば治るのである。何も恐くはないのである。いったいみんな何を恐れてマスクしてるんだ?

 たしかに体力のない老人がかかった場合は死亡に至るかも知れない。しかし、それは他の病気であっても同様だ。それもまた神の摂理であって天命みたいなものなのである。

 今回の感染報告を受けて、神戸市内の学校がみんな休校にさせられてるらしい。中学や高校は中間試験の時期である。そんな大切な時期に休校にさせられたらどうしたらいいのか。しかも一週間もである。神戸で発生すればお隣の大阪にやってくるのも時間の問題・・・ではなくてもうすでにやってきているのである。神戸だけではなくて大阪の学校も休校にさせられてしまうのだろうか。そうなるとオレが勤務する学校も強制的に大阪府からの指示で休校にさせられるのだろうか。生徒狂喜乱舞、教師は唖然である。教えないといけないことが山ほどあるのに、その時間がこんな理不尽な形で奪われてしまうのである。なんということだ。

 これ以上の感染拡大を防ぐためにはどうすればいいのか。その方法は一つしかない。感染しても黙って治るまで耐えて報告しないということである。症状は軽いということだから大丈夫だ。みんなが一斉にこの新型インフルエンザを無視するのである。熱が出ても「ただの風邪ですよ」と笑い飛ばしてしまうのだ。そうして免疫を持ってる仲間を増やすのである。しかし、これは一つ間違うと日本民族を滅亡に招く恐ろしい作戦である。やはり報告した方がよさそうである。

 修学旅行を取りやめにした学校もあるという。遠足を中止にしたり、人混みの中に行くのを避けるためにUSJや東京ディズニーランドの入場者が減ったりという影響もあるかも知れない。大勢の人が集まるイベントも自粛ということになるのかも知れない。プロ野球なんかはどうなんだ。神戸の学校が休校になるのに甲子園の野球はOKなのか?5万人近い人たちが集まるあの祭りに新型インフルエンザの感染者がまぎれこんでいたら一気に数百人にウイルスがまき散らされることになる。そうなると野球も中止なのか?あるいは「無観客試合」で行くのか。そんな馬鹿なことはしないだろう。だったら通常通りのペナントレースを継続するのだろうか?今は高校生中心に感染が広まってるのだ。せめて高校生入場禁止は即座に実施すべきだろう。ファースト・フードやファミレスのバイトも高校生から老人に切り替えろ!

 弱毒型といえども感染力の強さが問題なのである。ヘタレインフルエンザと侮っていたことは間違いかも知れない。このマスクの群れがそれを象徴している。大阪から神戸方面へ向かうJRや阪急阪神は大集団のマスクピープルで埋め尽くされているらしい。

 空港で必死で検疫していた職員たちの努力は実らなかった。とっくに国内に上陸しているという上記記事の内容が正しいとすれば・・・である。これから新聞やテレビを観るたびに感染人数が増えていくのだろうか?

 もうこうなるとたかが「インフルエンザ」と侮ってはいられないのである。小さなお子さんを持つ母親や、普通のインフルエンザさえもかかりたくないと日頃マスクでしっかりと防御している方々にとって、このパンデミックは他人事ではない。リレンザやタミフルを使えない妊婦はどうなるのか。ウイルスの恐怖にさらされる通勤電車の人々はどうなのか。とにかく今回の問題は「感染力の強さ」にあるのだ。もういっそのこと3ヶ月くらい近畿圏のすべての学校を休校にして、企業活動もストップさせて、みんなおやすみにして家でゲーム三昧読書三昧にするのもいいかも知れない。

 そうなるともう開き直りだ。夏休みを前倒しして、今日から9月まで休みだ!どうだ、まいったか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月16日(土) もっとも必要なものは何か?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 先日朝日新聞で読んだ記事の中に、インドではトイレのない家が多いという興味深い内容のものがあった。家にトイレがないとどうするかというと屋外でするわけである。まあインドはなんでもガンジス川に流してしまう国なのでそういう話を聞いてもさほど驚かないのだが、農村部のトイレ普及率が20%などと聞くと驚いてしまう。インドの農村では、テレビの普及率がトイレの普及率を上回っていて、すべての家庭にトイレを設置させることが目標なんだそうだ。清潔好きの日本人からは想像もつかないことだが、みんな外で用を足すのならば女性のみなさんはどうするのだろうかとオレは思ったのである。野外で人に見られていて恥ずかしくないのか。

 このようにインドではトイレはさほど重要でないわけだが、何が重要で何がそうでないかなどということは世代によって全く異なるわけである。今、若者のクルマ離れが激しくて若者向けの車が売れないことに自動車メーカーは何の対策もできていないわけだが、若者にとってのクルマの価値が、インドのトイレの価値程度になってしまってるということかも知れないのである。携帯電話の新機種やパソコンの方が若者にとっての優先順位が高いので、結局そっちに資金がいってしまってクルマを買うゼニが残ってないのだろう。

 大学の受験勉強に熱心に打ち込んでいる高校生たちはおそらく生活の中にしめる勉強の優先順位がかなり高いはずである。しかし高校生の中には優先順位の上位が男女交際やバイトや大麻という連中もいるわけで、そうした高校生たちはもちろん勉強などあまりしないだろうし、それもまた本人たちの価値観である。

 先日の5日間の入院の時にオレはテレビを全く観なかった。ベッドサイドにはテレビが設置してあって、テレビカードというものを購入すればそのテレビが視聴できたわけだが、どうせすぐに退院することがわかっていたのでオレは無駄なものを買わなかったのである。しかし、他の入院患者はみんなテレビを観ていた。ということは他の患者たちにとってはテレビの優先順位が高かったということである。「テレビは観ませんから!」とパソコンだけいじってるオレのようなのは変わり者なのである。しかし、オレにとってはテレビなんかなくても生きていけるが、パソコンは生活必需品なのである。これがないと大変困るのだ。

 今の多くの若者にとって、携帯電話というのはおそらくもっとも大切な生活必需品だろう。彼らにとってそれを奪われることは、ライフラインが切断されたような危機であるようだ。携帯電話を家に忘れてきただけで一日中そのことが気になって何も手につかないなんて話を聞く。世界のどの国よりも日本人にとってその傾向は顕著である。だからこそ日本の携帯電話は独自の進化を遂げて、単なる電話ではない重要なツールになったのである。それは手帳であり、テレビであり、辞書であり、飾り立てる道具でもある。おそらくその状況はあと10年は変わらないだろう。

 次に生活必需品になるものはいったい何か?それを明らかにすることがどうも次代のビジネスチャンスの発見につながりそうである。しがない個人投資家の一人でもあるオレは、数年前に任天堂DSの大人気を予測していながら、その後の任天堂の株価が数倍になったチャンスにうまく乗れなかったことを今でも後悔しているのである。時代を先読みするということは、ゼニを増やすためにも重要である。日々こうしてくだらないブログを書きながら、オレは時代の先を読もうとして必死なのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月15日(金) もう代返はできないのか・・・・        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 京都大学というとかつては単位が取りやすいことで名高かったが、それでも英語や独語、体育実技の授業の中にはきちっと出席を取るものもあった。サボりたい学生の中には友人に代返を頼む者もいた。まじめなオレはよく代返を引き受け、声色を使い分けて返事をしたものである。3、4種類もの声を使わなければいけないときもあった。高校で演劇部に所属していたことが大いに役立った。

 その代返という文化は、今のハイテク化された大学教育の中では完全に絶滅したとオレは思っていたのである。まさかその文字を新聞記事の中で、しかも先進的な教育をしているはずの青山学院大学で聞くとは思いもよらなかったのである。毎日新聞の記事を引用しよう。

青山学院大:学生らにアイフォーン3G配布…代返難しく 2009年5月14日 21時18分 
 青山学院大は14日、昨春開設した社会情報学部(神奈川県相模原市)の全学生と教職員計約550人に、米アップル社製の携帯端末「iPhone(アイフォーン)3G」を配布すると発表した。利用方法のうち、学生にとって脅威になるのがGPS(全地球測位システム)機能が付いたアイフォーンを使った出欠確認。学生の送信場所を大学側が把握できるため、本当に教室にいるかどうかが即座に判明。友人に返事してもらったり、出席カードに記入してもらったりする「代返」ができなくなる。
 アイフォーンを販売しているソフトバンクモバイルと同大学が同日、「モバイル・ネット社会の教育・研究」に関する基本協定を締結。15日以降、在籍する1、2年の学生約530人にアイフォーンを無償で配布し、今秋以降本格的に運用を始める。同社によるとアイフォーンを大学で一斉に利用するのは初めて。基本料金は大学側が支払うため、授業で利用する分には学生の負担はない。
 大学はアイフォーンを出欠確認に利用するほか、簡単なテストやアンケートの回答、リポート提出にも通信機能を活用する計画。また、授業の動画を録画配信し、欠席した学生や復習したい学生が改めて見ることもできるようにする。
 友人にアイフォーンを預けてしまえば、出欠確認の「代返」は可能。ただ、大学は「メールなど個人情報が詰まった携帯電話を他人に貸すことはしないはず」と話し、出席率アップに期待を寄せている。【井上俊樹】


 さて、この記事の中でオレが気になったのが「出席率アップに期待を寄せる」という部分である。授業料というゼニをすでに学生は払っているわけであり、それをあえてサボるのは学生の側の自由意志ではないのか。もしも授業に出席するだけの価値があると思えば自分から進んで出席するだろうし、そうでないと思えばサボってデートしたりマンガ喫茶で過ごしたりするだろう。そうやって無理に学生を出席させた授業に果たしてそれだけの魅力があるのかという疑問なのである。

こういう実験を行ったのは「社会情報学部」という特性ゆえに何か変わった企画を取り入れてみたかったからなのだろうか。それとも本当に出席率低下に悩んで、それを解決するためにやってみたのだろうか。

 それ以外にもオレには気になることがある。このアイフォーン3Gの基本料金は大学が負担するということだが、卒業後も引き続き使いたいというときはどうすればいいのか。名義変更してそのまま使い続けることが可能なのか。いやその前に、学生の多くはすでに自分の携帯電話を持っているはずである。となると新たにアイフォーン3Gを配布してもらったところでそれをメイン携帯にするとは思えない。それこそ「出欠確認用」にしか使ってもらえず。一人で何台ものアイフォーン3Gを友人から預かって、代返係になる学生がきっと現れるような気がするのである。

 またそのGPSの精度が、所持する学生が教室内に確かに存在するかそれとも教室前の廊下にいるのかを区別できるのか。もしも廊下にいてもOKだったら、代返係は身の安全のためにすべての代返操作を教室外で行うことも可能なのである。

 わざわざゼニを使って、それでやってることと言えば実は子供だましのようなくだらないことにも思えるのである。もっとも今の時代、教室にいなくてもどこでも勉強はできるような気がするし、それこそ授業内容をネット配信することで出席することの必要性をなくすことの方がより高度なことのようにも思えるのである。通わなくてもいい大学の方がオレには価値あるように思えるのだ。アイフォーン3Gで学生を教室から逃がさないようにしようと言うこの実験はどんな結果に終わるのだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月14日(木) ぼくのお父さんを知りませんか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 このようなニュースを読むと、胸がしめつけられるような苦しさを感じるのである。迎えに来ない父親を待つ少年はどんな気持ちなのだろうか。

タイ:「お父さんを知りませんか」少年が戻らぬ日本人捜す 2009年5月13日 21時11分
 【バンコク西尾英之】「僕のお父さんを知りませんか」−−。タイ中部ピチット県に住む9歳の少年、サトウ・ケイゴ君が、1枚の写真を頼りに日本に帰国したまま戻らない父親を捜している。地元メディアが大きく報じ、タイ外務省は日本側に協力を要請した。
 ケイゴ君は4月から毎日、自宅近くの寺院の前に立ち、訪れる観光客に父親の写真を見せ「お父さんを知りませんか」と問いかけ続けてきた。
 叔母のパッタマーさん(35)によると、ケイゴ君の母ティープモンタさんは00年、日本人男性と結婚。ケイゴ君が生まれた直後に夫婦で実家を訪れ、ケイゴ君を預けてバンコクへ戻った。その後、父親は日本へ戻ったとみられる。母親は昨年4月、体調を崩して一人で帰郷。ケイゴ君に「お父さんは必ず戻ってくる。お寺で待っていなさい」と言い残し、先月3日亡くなった。
 13日、バンコクの日本大使館を訪れたケイゴ君は「お父さんにタイに来てほしい。それが難しければ電話ででも話したい」と話し、大使館側も「できるだけの協力をさせてもらう」と答えた。


 ケイゴくんの父親がこのニュースを知って、すぐに会いにいこうと思ってくれればまだいい。オレが想像するのはもっと悲しいことである。この父親が、妻も子も捨ててそのまま二度と連絡を取るつもりもないという可能性だ。本当は日本に妻子が居て、タイでの結婚は重婚であり、子どもがじゃまになって逃げたということである。

 じゃあその写真を手がかりに強制捜査すればいいのか。もしもこの事件がテレビで取り上げられ、写真がアップで報道されるならば、日本のどこかの家庭でお父さんがテレビの前で凍り付くのかも知れない。その写真がまぎれもなく自分であることに愕然として。しかし、心に思い当たるならばそれを放置するわけにもいかないだろう。

 日本大使館の「できるだけの協力」というのはおそらく過去の滞在者の中から該当者を捜し出して、その日本での連絡先に電話でもしてくれるのかも知れない。だったらケイゴくんは父親と会える可能性があるだろう。オレが胸を締め付けられるのはなんといってもこのフレーズだ。

>「お父さんは必ず戻ってくる。お寺で待っていなさい」
  
 母親は、もう二度と男が帰ってこないことを本当はわかってるのかも知れない。すべての希望を捨ててしまった彼女は病の床についた。しかし、我が子には希望を持たせてやりたい。だから死の間際にこんな言葉を残したのではないか・・・とも思うのである。もしも父親との再会がかなうならば、その父親さんにはちゃんと男としての責任をとってもらいたい。我が子への責任を果たして欲しい。ケイゴくんがちゃんと成人して働けるようになるまでの援助と、ちゃんと対面して自分が父親であると名乗ることである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月13日(水) 「逆援助交際」にだまされるな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 無数にオレのところに送られてきて、そのまま迷惑メールフィルターで除去されてゴミ箱行きのクソメールの中には「逆援助交際」を持ちかけるものも多い。つまり、女性と遊んだら普通は男性がゼニを払わされるのに、逆に遊んでくれた女性がお小遣いまでくれると書いてあるのである。オレはそんなのに付き合ってるほどヒマではないし、全く興味がないので全部迷惑メールフォルダ行きである。

 それはたとえばこんな内容のメールだ。


退屈な日常を、仕事の疲れを癒してほしい…
恋人のようなトキメキを取り戻したい…

いま私が一番欲しいものは癒しなんです。
心も体も全て癒されたいんです。
ですから私の愛人として
もちろん割り切った関係なので相応の報酬を用意しています。

週に2回ほど買い物に付き添ったり、レストランに食事に行ったり、
とりとめのない愚痴を聞いたりと、いたって普通のデートです。
もちろんホテルまで付き合っていただければ倍の報酬を差し上げます。

ここに写真とプロフィールを載せました。
(ここに怪しいURLが入っている)

あなたのテクニックで女の悦びをもう一度与えてください。

彩菜


 などというのがじゃんじゃん届くのである。しかし、世の中には馬鹿な男性がいるもので、そういう女性が実際に存在して、契約してデートすればお小遣いがもらえると期待してるのである。だからこういう事件が起きるのである。

女性紹介装い「保証金」詐取疑い、稲川会系幹部ら逮捕へ
 架空のデートクラブを作り、女性紹介の保証金名目で客から金をだまし取ったとして、警視庁と静岡県警は10日、指定暴力団稲川会系組幹部の男ら15人について詐欺容疑で逮捕状を取った。
 11日にも一斉に逮捕する方針。同庁幹部らによると、被害者は数十人規模、被害総額は数億円に上る見込み。約6000万円をだまし取られた人もおり、同庁では、同会の有力な資金源だったとみている。
 捜査関係者によると、組幹部らは昨年末、架空のデートクラブを開設し、スポーツ新聞や雑誌に広告を掲載して客を募集。広告を見て申し込んだ男性会社員に「会員の女性はみな金持ち。トラブルの際の保証として、預託金を預けてほしい」と偽り、数百万円をだまし取った疑いが持たれている。
 組幹部らは実際に女性と会わせた後も、「相手の女性はあなたを気に入り、預託金を追加した。あなたも預ける金を増やさなければもう会えない」などと偽って、重ねて金をだまし取っていたという。(2009年5月11日03時12分 読売新聞)


 オレはその「逆援助メール」を出してくる詐欺師どもがどのようにしてゼニを稼ぐのかが謎だったが、この記事を読んだらその手口が書いてある。申し込んできた男たちから「保証金」という名目でゼニを巻き上げ、そのゼニを返さないというやり方らしい。オレのところにくるチンケなメールどころじゃなくて、わざわざスポーツ新聞や雑誌に費用を掛けて広告を掲載してカモを引っかけてるのだからなかなか大がかりである。まあスポーツ新聞の3行広告なんて犯罪の幇助コーナーでしかなく、明らかに売春の客を募集しているのに摘発されることもないわけで、それを資金源にしている呆痴新聞などはマスコミの恥さらしだといつも思っているのだが。おそらくこの広告を掲載した新聞社側も犯罪であると承知しつつゼニをもらって載せたのだろう。

 数百万の預託金を支払った男性会員たちは、そのデートクラブが架空のものであると見抜けなかったのだろうか。もしも会員相互に横のつながりがあればすぐに見抜けたと思うのだが。男性側には「逆援助」を期待して会員になったという負い目がある。だまされてると思ってもまさか警察に駆け込むわけにもいかない。そのうち相手が暴力団組織であるとうすうすわかってくる。そんな連中に個人情報を預けてしまったのである。そのうち恐くなって、預託金が戻ってこなくてもいいからとにかく抜けたいと思うようになる。かくして詐欺は完了するのである。もしも他の暴力団組織に所属するヤクザが会員として申し込んできて、かき回しに来るとかいうトラブルは起きなかったのだろうか。そんなこともオレはふと感じたのである。

 被害者の中には6000万円詐取された方もいるという。それだけのゼニがあるならばいくらでも女性と遊べるのにとオレは驚いてしまうのである。「逆援助」という実を得るための先行投資と考えて会員たちがだまされていたのならば、オレは余り同情しない。世の中にはそうそう儲け話が転がってるわけではないし、女性とセックスするだけでお小遣いがもらえるなどという特別な儲け話がそこらの新聞広告なんかにあるわけがないのだ。常識で考えてみろよ。

 女性から逆援助してもらえるどころか、暴力団にゼニを巻き上げられたこの馬鹿たちにオレは全く同情しない。むしろだまされて当然とまで思うのである。世の中にこんな馬鹿な人間が大勢いるということにオレはあきれてしまうのである。そして無数に迷惑メールフォルダに届く「逆援助希望メール」も、1億通に一通くらいはそうした馬鹿のもとに届くのかも知れないとオレは思ったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月12日(火) ああ、無情        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m  古典好きの方ははてなダイアリの5/12の日記をどうぞ。


 ジャン・バルジャンはパンを1本盗んだ罪で19年も獄につながれた。大阪府立高校の某教師は食パンなどを盗んだ罪で懲戒免職となり、1000万近い年収3年分と退職金約3000万円を失った。読売新聞の記事から引用したい。

給料日に小遣いなくパン万引き、大阪府立高の教諭懲戒免職
 大阪府教委は11日、食パンなどをスーパーで万引きしたとして、府立高校の男性教諭(57)を懲戒免職処分にした。
 教諭は「月々の小遣いが少なく、やってしまった。(食パンは)学校の冷蔵庫に入れて、翌週に食べるつもりだった」と話しているという。
 府教委によると、教諭は4月17日の昼休みに、電車で移動した隣駅近くのスーパーで、食パン、インスタントコーヒー、ピーナツバターなど7点約2000円相当を手提げかばんに入れて盗んだ。
 同日は給料日で、午前中に校内で200円でパンを買ったため、所持金はゼロだった。ほかにも6回、おにぎりなどを盗んだことを認めているという。
 店側が被害届は出さなかったため、刑事処分はなかった。(2009年5月11日21時48分 読売新聞)


 この57歳高校教師の小遣いはいったいいくらだったのだろうか・・・

 妻が家計を握ってる場合、夫は月々いくらかの小遣いをもらうことになる。それは約22日分の昼食代込みで月に1万円という場合もあれば、それに何度かの飲み代を含めて3万円という場合もあるだろう。自分が稼いだ給料から逆に小遣いをもらうというのもなんだか不思議な感じがするが、妻が光熱費や住宅ローンなどの家計を管理していて、夫はただの給料運び屋だったのかも知れない。そのような家庭は珍しくない。

 万引きした品物が食パンとピーナツバターというのもなんだかもの悲しい。それはおやつというよりは、翌週の昼食用だったのだろう。だったらその日が給料日なんだから、小遣いが出てから買えばよかったのにと思うが、それなら翌週に間に合わない。盗んだ品物が一点ではなくて数点まとめて2000円だったというあたりはどうも常習性を思わせる。おそらく府教委がこの教師に「懲戒免職」という重い処分を科したのは、その万引きが一回こっきりのものではなくてきわめて悪質な常習行為であったからだとオレは想像するのである。

 人間は時としてものすごく馬鹿な行動を起こす。校則の厳しい高校ならばパン1個を万引きして退学処分になる高校生もいるだろう。電車内の痴漢行為でクビになる大企業のエリート社員もいるだろう。大麻を吸って京都大学を退学になるヤツもいれば、塾の教え子を殺して同志社大学を退学になるヤツもいる。そういう事例をいくらでも知ってるので、この教師が特におかしな人間であるとも思えない。ただ、行為の軽重が全くわかっていない馬鹿なんだなとは思うのである。

 オレは府教委の「懲戒免職」という処分が特に重いとは思わない。少なくとも教師として生徒を指導する立場にある人間が窃盗なんて言語道断である。窃盗だけではなく強制わいせつも詐欺もどれでも言語道断なんだが。自分たちの習っていた教師がある日突然クビにされていなくなって、その理由が万引きで懲戒免職であることを知った生徒たちは、何よりも犯罪が引き合わないものであることを生きた教材を通じて学ぶことになるだろう。それだけでも大きな教育効果なのである。だからこそこの重い処分は必要なのだ。

 卒業した教え子と結婚した高校教師が、その教え子が半年後に子供を産んだということから「在学中に子作りした!」ということがバレて停職3ヶ月だかの処分を受けたことがあった。オレはそのニュースを知って「恋愛」という人間の根本的自由に関わる行為まで制限されるのが教師という身分なんだなとその時に理解したのである。なぜ「恋愛」「結婚」という私的行為が処罰の対象にされるのか。そのようなことを取り上げて処分を科すのは憲法違反ではないのか。生徒と教師であっても校門を一歩出れば対等の人間であって、そこで恋愛することは自由じゃないのかと無責任で勝手なことを言うのは、今のオレがもう大阪府の公務員ではなくて、生徒との恋愛なんてありえない(いや、ホモなら別だが)男子校の教師であるからだ。そんな進歩的思想を口にすることが断じて許されないほど閉鎖的なのが学校という世界であり、オレはまぎれもなくその構成員なのである。

 日本国民には指紋登録の義務はない。これは犯罪を実行しても指紋以外の証拠を残さなかったら逃げ切れる可能性があるという権利が確保されてるのだとオレは思っている。もしも全国民が生まれてすぐに指紋とDNAを登録され、その居住地が常に国家に監視されているならば犯罪の検挙率はかなり高くなるだろう。そうではないということは、国民には「見つからないように犯罪を犯す」という権利が付与されているのだと裏返しにとらえることができるのかも知れない。ただ犯罪を起こす者はそのリスクももちろん背負うわけである。

 2000円を万引きしたセンセイは懲戒免職だが、国家のゼニを何百億円も浪費させて自分の選挙区に意味もないハコモノを作って札束をばらまくセンセイはいつまでも国会にふんぞり返っている。そんな不思議な国、それが日本である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月11日(月) 風力発電は日本を救うか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 昼間しか発電できない太陽光発電と違って、風は昼夜に関係なく吹いている。そういう理由から自然エネルギー利用の発電の中でも風力発電はヨーロッパではかなり盛んで、ドイツは電力買い取り制度の補助もあって風車を立てるだけでビジネスになるのである。日本は適当な土地が不足していてなかなか普及していなかったが、なんと三重県の青山高原が好適地だという。オレは家族旅行で青山高原に行ったときに、風が強くてすぐにクルマに戻ったことを思い出した。あの風がいつも吹いてるのなら確かに発電には好都合である。アサヒコムの記事を引用しよう。
 
高原は風力発電銀座 三重、6年後には国内最大級2009年5月10日10時25分
 三重県の津市と伊賀市にまたがる青山高原一帯で、風力発電設備の建設ラッシュが続いている。風が強いなどの立地条件のよさからすでに32基が稼働する「風力発電銀座」。15年度中には3倍の97基、総出力は5倍に増え、国内最大級となる見通しだ。
 青山高原では現在、中部電力のグループ会社「シーテック」(名古屋市)が1基2千キロワットの出力を持つ風車19基を建設中で、11年2月までの完成をめざす。同社と津、伊賀両市による第三セクター「青山高原ウインドファーム」も10年度から、同規模出力の風車46基の建設を進めて15年度中に完成予定だ。
 これに伴い、総出力は、現在の3万4千キロワットから15年度は16万4千キロワットに増える。一地域としては78基、11万7千キロワットの発電能力がある青森県六ケ所村を抜き国内最大となる。
 青山高原でも風車が集中しているのは、笠取山(標高842メートル)の頂上周辺。東京や名古屋の年間風速4メートル前後に対し、笠取山は7.6メートル。場所によっては9メートルを超す。周辺に住宅がなく、渡り鳥の通り道でないことも建設に有利に働いているとされる。
 青山高原での風力発電を提唱してきた清水幸丸・三重大名誉教授(68)は「一地域としては世界でもトップ級」と話す。
 同県内では、ほかにも松阪市飯南町の白猪(しらい)山(標高約820メートル)付近に33基を建設する計画があり、11年度から12年度にかけて完成予定だ。
 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によると、02年度に576基、総出力46万4千キロワットだった国内の風力発電所は、08年3月末現在で1409基、167万5千キロワットに急増。三重県の総出力は現在、国内で18番目だという。(森山敏男)


 一地域で16万4000キロワットというのは一基で100万キロワットを軽く超える原発に比べてあまりにも非力である。しかし、そのために必要な建設費はせいぜい400億円程度、風車一基あたりにするとせいぜい4億円程度である。4億円で2000キロワットの出力が得られるということは、家庭用の太陽光発電が3.2キロワット程度で200万円くらい掛かることを思えばかなり効率がいい。太陽光発電で同じ2000キロワットの設備を設置する費用は12億5000万円となり4倍以上のコストだ。しかも夜間や雨天時には発電できないわけでそうなると発電量あたりのコストは10倍以上の差ということになる。というのはオレが今電卓を叩いて簡単に計算しただけで、実際はもっといろんなコストが掛かってくるのでこんなに単純じゃないかも知れないが。

 地球上で利用可能な風力をすべて利用するならば、人類が必要とするエネルギーの5倍くらいはあるという試算もある。日本ではまだまだ風力発電のシェアはわずかである。2008年3月末で167万5000キロワットしかないのである。これは大きな原発一個分に過ぎない。これではあまりにも少なすぎる。

 化石燃料はいつかはなくなるが、風が地上で吹かなくなるということはない。再生可能でしかもタダで使えるエネルギーとして、もっとこの風力発電を導入してもらいたいのである。唯一オレが心配するのは鳥が激突死することだが、幸いこの記事で取り上げられた青山高原は渡り鳥の通り道ではなく、その心配は少ないのだという。だとしたらかなり期待できるのである。その事業が商業的に成功して、風力発電がゼニになるということでさらに研究が進み、機器の性能が向上することをオレは期待するのである。

 風車はどこまで大型化が可能なのだろうか。ベッツの法則によれば、発電量はローターの半径の2乗、風速の3乗に比例するという。ということはものすごく巨大な風車を作ればいいのだろうか。半径100mくらいの巨大な風車ならどれくらい発電できるのだろうかと無責任に想像してしまうのである。そんなのがびゅんびゅん回ってるところってなんだか想像するだけでも恐くなる。きっと激突して乗員が死亡するグライダーやヘリコプターが出そうである。

 あと、設置場所とするならやはり洋上だ。海の上ならなんの障害もない。風さえちゃんと吹くのならかなり期待できるし、日本の回りには海はいくらでもある。ただ、建設コストは陸上に比べてかなり高くなるだろう。風車を船みたいに浮かばせて、移動可能にするわけにはいかないのかななどとオレは思いつくのだが。

 風力発電で作った電気で自動車を走らせるなら、二酸化炭素の排出量は限りなく減らすことができる。自然エネルギーだけで走行可能と言うことになるからだ。将来日本の自動車がすべて電気自動車になったとき、風力発電がその大半を賄えるようになっていることをオレはひそかに期待するのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月10日(日) クルマ社会はどこへ向かうのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 若者がクルマを欲しがらなくなった。デートカーと呼ばれたかつての2ドアクーペはほとんどが絶滅種となり、オレのような物好きしか乗らなくなってしまった。クルマでどこかに出かける快楽というのが忘れられ、お父さんは1BOXカーを買わされて家族の奴隷に成り下がるという暗黒時代になってしまったのだ。さらに貧富の差が拡大し、貧しい若者は中古車さえ買えなくなってしまった。男たちのわずかな可処分所得は携帯料金とゲーム機やゲームソフト代、そして女性への貢ぎ物で消えてしまうのである。そんな時代状況で実施された高速道路1000円政策も、もしも20年早かったらどれほどインパクトがあっただろうか。もはや遅すぎたと言うしかない。ホンダ・プレリュード日産・シルビアトヨタ・セリカももう存在しないからだ。

 今から50年後にも同じように化石燃料を使う車が走ってるだろうか。いや、50年後に石油が今と同じように豊富に使い捨てできるだろうか。昨年のような原油高騰はまた起きるかも知れない。限りある資源をできるだけ高く売りつけたい産油国の思惑と、それがゼニになると信じるギャンブラーたちが存在する限りまた仕掛けられるだろう。しかしいずれそれも終わる。いずれ原油そのものが尽きるからだ。

 日本は世界に先駆けてハイブリッドカーを実用化させ、大量生産するようになった。これでガソリンの使用量は半分にできるようになった。しかし、この技術は将来の問題を先送りしたに過ぎない。30年で尽きるものを60年先に伸ばしただけのことである。全く本質的な解決には至っていないのである。ハイブリッドカーで時間を稼いでいる間に次の段階に進まないと行けない。それは燃料電池車と電気自動車である。

 水素を燃料とする燃料電池車は水しか排出しない。これが今考えられるもっともクリーンな動力源である。水素の製造方法や貯蔵方法にまだ研究の余地はあるが、実用化にこぎ着けようと自動車メーカーは苦心している。まだ価格が高すぎて市販段階ではない。電気自動車も同様に走ってる間は二酸化炭素を排出しない。こちらは2009年中に三菱自動車から市販される予定である。日産自動車も2010年度に電気自動車の発売を予定している。つまりハイブリッド車以降の戦略にもう踏み出しているのである。アメリカでは2008年にテスラ・ロードスターというリチウムイオン電池搭載の電気自動車のスポーツカーが発売されている。最高速度200キロを超える本格的な性能である。ただ、価格は1000万円以上だ。搭載されている電池は日本製だという。もしも電池のコストを下げることができるならば、そして大量生産できる体制を整えるならば、価格は大きく引き下げることが可能だろう。

 クライスラーがすでに退場し、GMが瀕死の状況で世界の自動車産業をリードするのは日本の自動車メーカーしかない。日本国内のことだけを考えてクルマを作ればいいというのではない。今や将来の舵取りの役目を任されているのだ。今こそ日本の自動車メーカーは100年後のクルマ社会に向けた戦略を打ち出すべきである。それが燃料電池車・電気自動車への大転換だ。

 ガソリン車をやめてしまえば、化石燃料に頼ることはなくなる。水素や電気を製造する方法はいくらでもある。水力もあれば太陽光もある。地熱や風力、潮力も利用可能だろう。まだまだ利用可能なエネルギーは眠っている。しかもそれらは持続可能なエネルギーであるということだ、化石燃料と違って掘り尽くしてなくなるということがない。資源浪費型社会から資源循環型社会への転換、これこそが人類を未来永劫繁栄させるために必要なことではないのか。地球にある貴重な化石燃料をただ燃やして浪費するというのはあまりにも馬鹿馬鹿しい。なんとかその浪費を食い止めないと行けないのである。人類があと50年で核戦争や環境破壊で滅亡するのなら浪費してもかまわないだろう。しかし、人類の叡智は必ずそうした危機を乗り越えるとオレは信じている。そのときに未来の我々の子孫には十分な資源を残してやりたいのである。そのためには「ガソリンをじゃんじゃん使ってクルマを走らせる」ような状況をなくさないといけない。

 クソみたいに燃費の悪いクルマがまだいくらでもある。ドライバー1人しか乗ってないのにリッターで4〜5劼靴走れない馬鹿みたいな大食い車がちまたにはあふれている。そういうクルマに乗る馬鹿は国賊である。重税を課してそんなクルマは撲滅すべきだろう。政府は段階的にクルマの燃費を規制して、自動車メーカーにも努力させるべきである。

 世界に先駆けて日本は「すべての自動車を燃料電池車・電気自動車にする」という改革を成し遂げる義務がある。国策としてそれを示すことで、世界に将来のモデルを提示するのである。そのためには何をすべきなのか。このスローガンは単なる努力目標ではなくて、実現可能なものとして具体的、段階的に進めていかなければならないだろう。オレが生きてるうちにどうかそれを実現してもらいたいのである。クルマをこよなく愛するオッサンの大きな夢である。もしも将来に化石燃料が枯渇したときに、クルマ文化も滅び去ってしまうなんてあまりにも悲しいじゃないか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月09日(土) いっそ老人を輸出したらどうだ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 失業率がUPし、ホームレスが増加して生活保護受給者もどんどん増えてるのに、介護の分野は人手不足のままである。病院も慢性的な看護師不足である。日本人のなり手が足りないのである。それで海外から不足している看護師や介護士を呼び寄せることになったわけだが、日本語教育のコストが余分に掛かるからと求人する側が二の足を踏んでいるのである。アサヒコムの記事を引用しよう。

フィリピン人看護師・介護士、派遣人数は予定の約6割 2009年5月8日22時42分
 【マニラ=松井健、ジャカルタ=矢野英基】日本とフィリピンの経済連携協定(EPA)に基づき、初めて日本に派遣されるフィリピン人看護師・介護福祉士候補の壮行会が8日、マニラで開かれた。現時点で派遣が決まったのは看護師92人、介護福祉士188人の計280人。希望者が5千人を超えていたにもかかわらず、最終的には派遣枠450人を大幅に下回った。
 外国人看護師・介護福祉士をめぐっては、2年目となるインドネシアでも、日本側の求人数がインドネシアが希望する派遣数の半数にも満たないなど、関係国の思惑のすれ違いが早くも浮き彫りになっている。
 フィリピンの候補者のうち、日本語研修を免除される10人を除く270人は10日、日本に向けて出国する。
 フィリピンで派遣枠を満たせなかった背景には(1)応募が殺到し、原則先着順にしたものの、絞り込みすぎた(2)候補者の選考基準を事前に決めておらず、日本での実習経験や日本語学習経験が考慮されなかった(3)候補者の日本語教育を任されるため、受け入れ施設が求人を絞った、など制度面での問題があった。また急速な景気後退で、給与水準が原則日本人並みで、日本語教育の負担がかかる外国人看護師・介護福祉士を敬遠する動きにも拍車がかかった。
 インドネシアも同じような事情を抱える。同国の派遣の上限は2年間で千人。昨年は国内での周知不足などのため208人の派遣にとどまった。今年は千人以上の応募があり、試験などで約950人に絞り込んだ。今月14〜20日の面接を経て上限いっぱいの792人を日本に送り出す予定だったが、日本からの求人が370人にしか満たず、インドネシア側は困惑している。


 さて、この問題を一挙に解決する方法があるのだがそれは暴論である。そんなことを主張すると「おまえはサイテーの人間だ」と言われそうなのである。しかし、オレはどちらかというとサイテーの人間の部類に近いのである。それであえて言わせてもらおう。

「むこうから連れて来られないならこっちから送れ!」

 そう、介護の必要な老人や病人をフィリピンやインドネシアに輸出してしまうのだ。海外版姥捨て山である。これに近いことは東京都がすでに行っている。生活保護の必要な老人を、茨城県や栃木県の介護施設に飛ばしてしまうのである。その行き先が海外になるだけのことである。しかも日本国内に比較してかなり経費は安くつくのである。名案じゃないか。

 そもそもこの外国人の看護師や介護士を養成するという計画がむちゃなのである。日本人でも試験に落ちる者が多数居るのに、あえて日本語習得というハードルを越えないといけない資格試験にインドネシアやフィリピンの人がどれだけ合格できると見込んでるのか。それはあまりにもむちゃじゃないか。それよりもODAのゼニで現地に看護師や介護士養成の学校を建てて、施設もそこに建設する方がはるかに安く済むだろう。

 生活保護も同じである。老人一人あたり日本なら一ヶ月10万円かかるのがフィリピンなら1万円で済むだろう。東京都も茨城県に送るなどと中途半端なことをせずに一気に海外に送り込んだらよかったのである。

海外に必要のないダムを造ったり高速道路を造ったり港湾を整備したりすることよりも、介護施設を建設して働く場を用意し、そこで日本人のお年寄りとの交流を深めさせることの方がはるかにに低コストでしかも有意義なことだと思うのである。送り込まれる老人たちも、人生の最後に海外生活を体験できればそれはそれで冥土のみやげにもなるだろう。

 冷たい言い方だが、無年金の老人が扶養してくれる家族もなければ野垂れ死にするしかないとオレは思っている。なんでそうならないようにちゃんと貯金するなり工夫しなかったんだ。ちゃんと子どもをまともに育てれば、その子どもが自分の面倒を見てくれるだろう。オレの父親が日々の生活を安心して送れるのは、オレのような稼ぎのいい立派な息子を持ったからである。子どもなしを選択するならしっかりと貯金できるだろう。そのいずれもせずに稼いだゼニをみんなパチンコ屋や風俗店に使ってしまう馬鹿をなんで救済するんだ。

 先日もテレビでホームレスになった元派遣労働者が出ていたが、月給は30万ほどあったのにそのほとんどをパチンコや風俗店で浪費して蓄えがほとんどないと語っていた。ただの自己責任じゃないか。見捨てろよと思うのである。そういう輩がそのまま無年金の老人になり、そいつらを生活保護という形で年金よりもたくさんのゼニを与えて快適に暮らさせるのはどう考えても納得がいかない。オレはそういう人たちはみんなまとめて貧民収容所に入れて、ねぐらと食べ物だけは支給されるという仕組みにすべきだ。個室での快適で真っ当な暮らしは若いときにちゃんとまっとうに過ごしたからこそ手に入るものだと。その貧民収容所を海外に作り、その一方で働き手の若者がもっと日本で働きやすいようにしてやればいい。老人輸出は雇用問題と福祉の問題を一挙に解決できる禁じ手である。絶対に政府はこんなことをやらないと思うが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月08日(金) 治ったらソバが喰いたい・・・・        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは今入院中である。日頃罵倒ばかりしていたから天罰が下ったのかも知れない。そういうわけでオレはベッドの上にいるのだ。オレの病気は十二指腸潰瘍というものである。自覚症状はあった。下血があったのだ。しかしオレは甘く見ていた。絶食して薬を飲んでいればそれでおさまると思っていたのである。しかし、いつまで経ってもその下血は止まらなかった。いや、H2ブロッカーの薬で大丈夫と思っていたのが甘かったのだ。それどころかオレは調子がいいことに味を占めて、絶食の制限も緩和していた。

 しかし、下血は一週間経っても止まらなかった。その間にオレはどんどん血液を失っていったのである。血の気の多いオレは16くらいあるという赤血球濃度がくらいまで落ち込んでいたと後で病院で聞かされたのだが、ぎりぎりまでオレは普通に生活していた。

 連休最終日の6日、オレは書店に立ち読みにでも行くつもりでクルマで家を出た。イレブンというドラッグストアでドリンク剤を買った。あんまり食べてないから栄養補給のつもりだった。そしてクルマに戻った時、オレは強烈な貧血の発作に襲われたのである。

 とにかく帰らないといけない。オレは必死でクルマを走らせた。目の前がどんどん真っ白になっていく。どうやって帰り着いたのかも覚えてない。クルマから降りたオレはそのまま地面に倒れた。そのときに左のひじをすりむいた傷がある。どれくらい倒れていただろうか。起きあがったオレは必死で玄関のドアをあけてそのまま倒れ込み、 「救急車呼んでくれ!」と伝えて倒れたのだ。
 救急車がやってきて、オレは搬送された。救急車の中ではかった血圧は日頃128−85くらいのが90−50くらいに低下していた。病院で処置を受け、即座に入院という運びとなってしまったのである。なんということだ。

 病室にテレビはあるが、オレはノートパソコンをわざわざ家から持ってきてもらった。それでこうして日記が書けているのである。まだ貧血は改善されてなくて輸血を受けているのだが、かなり元気になって、自力で点滴をぶら下げながらトイレにも行ける。どこの誰かはわからないが、A型の血液を献血してくださった方にオレは感謝したい。残念なことに血液の入った袋には製造者の名前は記されていなかった。

 胃カメラは寝ているうちに終わった。十二指腸に出血部があって、そこをクリップで止血したということだった。明日もう一度胃カメラをやらないといけないそうである。主治医の兄ちゃんがめちゃんこ若くてびっくりした。まだ20代にしか見えない。そんなわけはないだろうけど。

 とにかく絶食なのである。医師が許すまでなんにも食べられないのである。今一番食べたいものはソバだ。おいしいソバが喰いたい。それは最近読んだ池波正太郎のグルメ本に、長野県の上田市にある刀屋という、オレが信州旅行の時に必ず立ち寄っていたソバ屋が紹介されていたからである。ああ、刀屋に行きたい。今もあの店は行列ができているのだろうか。刀屋は遠すぎるので、せめて近江坂本の鶴喜そばでもいい。いや、晦庵河道屋のおろしそばでもいい。とにかくおいしいソバが喰いたいのだ。

 入院していると全くすることがない。時々こうしてネットにつないでるだけだ。もっともパソコンがあるだけまだマシかも知れないが。20年前に入院したときはテレビをずっと見ていたなあと思う。3日くらいで帰れるということなのでたいしたことないのだが、やはり健康が大切である。オレはそれを身をもって理解したのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月07日(木) 連休を終えての雑感        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 大型連休が終わった。あと二日の平日を休んでしまう人もいるのでまだ終わってないのかも知れないが、とりあえずオレの中では終わったのである。今年の話題はなんといっても高速1000円である。果たしてその経済効果はあったのだろうか。旅行に出る気がなかった人が、1000円均一にひかれて旅に出たのならばその効果は絶大だ。オレが知りたいのはその増加数がどの程度あったのかということである。

 もしもオレがヒマと時間をもてあます自由人ならば、この1000円でどこまでも遠くまで出かけようと思ったことだろう。残念ながらオレにはゼニはあっても時間がない。この高速1000円乗り放題というのが、オレに定年退職という時間を与えてくれる15年後にもまた復活してくれることを願うだけなのである。

 政策とその効果を検証するのは難しい。今回の政策の効果がきちっと数量的に把握されるまでにはまだまだ時間が掛かるだろう。ただ、あえて環境保護よりも景気対策を選んだ麻生太郎の選択が、諸外国からどのように評価されるのか、それもオレの知りたいことである。

 せっかく建設した橋も、クルマが走らなかったら無用の長物である。本四架橋の通行量が倍増したという報道はかなり重要な意味がある。そうして人が行き来することで多くの可能性が広がるからだ。日頃オレがイナカモンドリームと呼んで馬鹿にしている巨大公共事業が無駄ではなくなるとすれば、その鍵はこうした事例にあるのではないか。東京湾アクアラインもかなりの通行量があったそうだ。そこを通って鴨川シーワールドに出かけた神奈川県民も多かっただろう。オレがさんざんけなしたアクアラインも、もしかしたら無用の長物ではなくなるかも知れないのだ。

 高速道路はちゃんとクルマを走らせることができれば価値が生まれる。ダムは自然破壊しか生み出さないが。全国にはまだ建設が予定されているだけで未開通の区間がかなり存在するそうだが、その中にはかなりの可能性を秘めた路線もあるのかも知れない。もっとも中部横断自動車道なんてものはナンセンスだと思うが。南アルプスをぶちぬいてどうするつもりだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月06日(水) こんな立派な警察官もいるのだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレの家の近所で見かける警察官は基本的にクソみたいな連中ばかりである。こんなクソどもを税金で養ってるのかと思うと腹が立ってならない。たとえば近所のマクドナルドのドライブスルーのそばで、シートベルトの取り締まりをやっていた。ドライブスルーを利用する客が、身を乗り出して商品を受け取るためにシートベルトをはずす。店を出てすぐに左折したら目の前に大きな交差点がある。そこで取り締まりをしているのである。つまり警察は「マクドのドライブスルーでシートベルトをはずす人」を狙って取り締まってるのだ。こんな取り締まりに果たして意味があるのか。オレの居住する市の警察は日本一恥ずかしい警察署である。そういえば昔、免許の更新時にいかにも頭の悪そうな婦警が交通安全協会の会費をオレからぼったくろうとして「みんな入っています」と嘘をついたことを思い出す。田舎警察なのは仕方ないにしてもあまりにもレベルが低いのである。

 お隣の市の警察も、どうでもいいくだらない場所でよくねずみ取りをしている。毎日がヒマでヒマでしかたないからこんなことをしてるのだろうなあ。今度そんな取り締まりをしていたらまた写真を撮ってやりたいのである。

 ところが尼崎にはこんな立派な警察官がいたのである。こんな立派な方を麻生首相は直々に表彰すべきじゃないのか。 

男児かばい巡査けが 兵庫・尼崎の立体駐車場で盗難車捜索中に 2009.5.6 00:51
 5日午後3時ごろ、兵庫県尼崎市道意町7丁目の日用品店「コーナン」の立体駐車場2階で、乗用車にひかれそうになった5歳ぐらいの男児を尼崎南署の男性巡査(20)がかばい、車にはねられた。巡査は左胸に軽いけが、男児にけがはなかった。
 別の署員が車に拳銃を向けて停止させ、傷害容疑で自称、大阪府富田林市藤沢台、原田豊之容疑者(31)を現行犯逮捕した。
 同署によると、巡査は盗難車の捜索で現場に駆け付け、別の車で現れた原田容疑者を発見、職務質問しようとした。原田容疑者はそのまま逃走、駐車場2階にいた男児がはねられそうになったという。
 原田容疑者は巡査をはねる前に、駐車場内で車8台に次々に衝突した。


 駐車場内でぶつかりながら逃げ、制止する警官もはねるような極悪人は即座に射殺すべきだ。駐車場でぶつかりながら逃亡してる時点で射殺をオレは許可したい。もしもあてられたのがオレのクルマだったとしたらなおさら射殺すべきだ。そんなクソ野郎が生きていることをオレは許したくないのである。

 それにしても逃亡したこの男、盗難車の件に関わってるようだが実際はどんな罪を犯していたのだろうか。自動車窃盗団の一味だったのだろうか。あるいは無免許運転だったのだろうか。窃盗団のメンバーならば射殺するよりも芋づる式に検挙して、組織を壊滅に追い込むことの方が優先である。組織全員を検挙してから全員並べて射殺すべきだろう。日本の国策を担う自動車産業を守るためにも、その価値を失墜させるようなクソ野郎どもは死刑がふさわしい。

 しかし、命を賭けて子どもを救ったこの巡査の名前はどうして記事に報道されないのか。容疑者の名前よりももっと大事な情報だろう。物事の軽重を全くわかっていない産経新聞にも腹が立つのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月05日(火) ダイエット食品を確実に売る方法        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 何気なくテレビを見ていると、ダイエット食品の宣伝だった。体重が75キロから53圓妨困辰燭箸いう主婦が登場している。オレが不思議なのは「使用前」のお腹の皮がたるんでるその映像を撮ることに本人が同意していることである。そんなの恥ずかしいじゃないかと思うのである。そこで紹介されていたのは「ヒルズダイエット」という食品である。こういうものらしい。どうでもいいことだが、佐藤藍子チャンはかわいいのである。



まあいわゆるダイエット食のひとつなのだが、これは牛乳とよくまぜて作るものらしい。オレは即座にフルーチェを想像した。牛乳と混ぜてしばらく待てばプルプルになるというのならまさしくフルーチェじゃないか。フルーチェなら一食たったの100円くらいである。だったらフルーチェで一食済ませればダイエットになるということなんだろうか。もっともこれだけの値段を付けるのだから、肉体を維持するのに不可欠の栄養素がいろいろ含まれているのだろう。商品の説明には「置き換えダイエットの新定番」とあって、味は10種類。オリジナルボックスはバナナ、ブルーベリー、マンゴ、オレンジ、メロン味の5種類、セカンドボックスはピーチ、アップル、ラズベリー、アプリコット、ライチ味の5種類となっている。セカンドボックスの方が少しマニアックな果物である。

 さて、このヒルズダイエットというのもこういうダイエット食の常として、それでダイエットに成功した人を登場させて「こんなふうに痩せられます」とアピールしているわけだがもう一つインパクトに欠けるのである。オレだったらこんな型破りのパターンで、しかも広告費を掛けずに名前を売り込むだろう。

 人身御供を使うのである。急激なダイエットを目的にして、一日のうちの一食をこのヒルズダイエットに置き換えるだけでは効果が出るのが遅いということで無理に3食ともこればかり食べて、急激に痩せすぎて死にそうになって健康被害が出たという犠牲者を作り出すのだ。そしてその犠牲者の骨と皮になった哀れな姿で記者会見させるのである。 「これは悪魔のダイエットだ!こんなに痩せれば死んでしまう・・・」というふうに。3食ともこればかり食べれば本当にそんな状態になるだろう。

 そして人身御供さんには八百長の訴訟を起こしてもらうのだ。「健康を失ったのは無理なダイエットを可能にしたこの食品のせいである」というふうに。もちろん会社側は「適切な使用法を守らなかったことが痩せすぎた原因であり、当社の責任ではない」と全面的に争えばいいのである。さて、この裁判が報道されればどれだけの効果があるか、もう言うまでもないだろう。その裁判のニュースは全国紙でじゃんじゃん流れるのである。広告費に換算すると莫大な金額である。それが無料でできるのである。これ以上インパクトのある広告はないのである。裁判を八百長で起こして広告に利用する・・・これは販促ではなくて反則そのものかも知れない。

 痩せすぎて死にそうになるダイエット食品があるということで、世間の女性たちはみんな飛びつくだろう。そんな強力なものがあるなら是非使いたいと思ってる方は大勢居ると思うからだ。かくして当初の目的はみごとに達成されるのである。ただ大事なのはくれぐれもその訴訟が八百長であるとバレないようにすることだ。もしもバレたらとんでもない逆効果である。

 ただ単に食べなかったら痩せるのじゃないかと思ってる方も多いわけだが、ダイエットというのはなかなか奥が深いものである。断食を始めてもなかなか体重の落ちない方はいる。その一方でけっこう食べてるのにちっとも肥らない方もいるから不思議だ。

 最近かなり体重が増えてきてオレは困っている。これまではけていたズボンも苦しくなりつつある。オレもこのヒルズダイエットで・・・と試したいところだがかなり高価である。代用になるかどうかわからないが、オレはフルーチェ・ダイエットでも試してみようかと思うのである。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月04日(月) なぜその場でクソガキを射殺しなかったのか!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 道路を蛇行して走って他のクルマに迷惑を掛ける暴走族の連中は実に困った存在である。オレの家の近くでも土曜の夜にはよく走っている。近所のカーブのところで道路に砂や油がこぼれていないかなとオレは心のどこかで期待するほどである。おそらくバイクはみんな転倒し、乗っているクソガキどもは道路脇の金網にたたきつけられるだろう。

 神奈川県にも困った暴走族のクソガキがいて、取り締まりの警察官のバイクを蹴り倒したそうである。なんて恐ろしいことをするのか。オレがやられた警察官の側ならその場で報復のために射殺するだろう。 「警官を舐めたらいかんぜよ!」とわからせるために。アサヒコムの記事を引用しよう。

バイクの高1、注意した警官オートバイを蹴り倒した疑い2009年5月3日23時24分
 警察官が乗っていたオートバイをけって転倒させ、重傷を負わせたとして、神奈川県警秦野署は3日、秦野市の高校1年の男子生徒(15)を公務執行妨害と殺人未遂の容疑で緊急逮捕したと発表した。
 調べでは、男子生徒は同日午前1時ごろ、秦野市桜町1丁目の市道で、ヘルメットをかぶらず無免許でバイクを蛇行運転していた。それを見た同署の男性巡査(30)がオートバイで追い、止まるように呼びかけて近づいた。男子生徒は巡査のオートバイをけって転倒させ、巡査にくも膜下出血や鎖骨が折れるなどの重傷を負わせた疑いがある。
 男子生徒は逃走したが、午前7時15分ごろ、「出頭します」と110番通報。間もなく警戒中の署員が市内で少年を見つけた。少年は「親にしかられるのが怖かった」などと供述しているという。


 さて、ここで蹴り倒された警察官がひるむことなく発砲してこのクソガキを射殺すれば、必ず「撃つ必要はなかった」などと主張するいわゆる人権派の輩が登場するのである。確かにその場で射殺した場合は「私怨」とみなされるだろう。しかし、私怨のどこがいけないのか。そういう迷惑なクソガキというのは生かしておいてもかえって社会に迷惑を掛けるだけである。かといって「ニート罪」というものを設置するわけにもいかないのである。どうやってそんなクソガキを駆除すればいいのかと大人たちはみんな困っているのである。取り締まり警官にケンカを売ってくるなんてのは千載一遇のチャンスである。迷わず発砲すべきだ。そこで射殺してもオレはその行為を「正義」だと思うだろう。

 それにしても「親にしかられるのが恐い」から警察官を殺そうとするのか。おまえの親は警察官よりも恐いのか。いったい何ものなんだ?とオレは突っ込みたくなるのである。

 ヘルメットをかぶらず蛇行運転するヤツを道路で見かければ、警官は後ろから撃ってもいいとオレは思っている。それだけで十分射殺されても文句の言えない行為である。蛇行運転というのは不特定多数に対するいやがらせである。そのために一刻を争う仕事をしている方々はものすごく迷惑を受けるのだ。それは社会に対するテロ行為と同じである。警官がそんな迷惑なガキを射殺してももちろんOKである。後ろにいるクルマが、前を蛇行してじゃまするバイクをはねとばしてもやはりOKだとオレは思うのである。暴走族の取り締まりには、体当たり用の装甲車両を準備して、みんな体当たりでぶちのめしてくれとオレは思うのである。それで暴走族側に死者が出ても一切お咎めなしという判例を出して欲しいのである。 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月03日(日) 一つ葉道路の思い出        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 宮崎県に一ツ葉道路(ひとつばどうろ)という有料道路がある。国道10号線を南下して、佐土原バイパスに入るとそのまま海岸沿いにつながってる4車線の快適な道路である。なんとオレは開通して一年後くらいのここを中学生の時に自転車で通行した思い出があるのだ。50円くらいの自転車通行料金を払って走ったのである。松林の中、ほとんどクルマの走らない広い道だった。クルマで九州を旅行した時にもここを走った。相変わらず交通量は少なく、スピードが出すぎて困ったものである。知らない土地でうっかりスピードを出すと地元警察の暇つぶしの取り締まりの餌食になってしまうから気をつけないといけない。そしてまたここはあの赤字巨大施設であるシーガイアに行くには必ず通る道である。1974年4月に北線が、1981年4月に南線供用開始され、料金は当初は全線16.2キロで570円という都会の有料道路のようなぼったくりだったが(北線370円+南線200円)、2007年に北線が200円に値下げされて全線で400円となった。国道10号や国道220号の交通渋滞緩和や、宮崎自動車道・宮崎空港等への連絡用にかなり重要な道路である。こういう田舎の有料道路は料金収入で建設費を償還すれば無料になるというお約束があるのだが、この一つ葉道路の場合は2020年に無料になる予定である。

 さて、この宮崎県道路公社が管理する田舎有料道路で、なんと料金着服事件が起きていたのである。着服事件の報道は以前にされていたのだが、そちらの記事を私は見落としていた。そして今回の報道である。

一ツ葉道路、別の収受員も着服 2009年05月03日
 収受員による通行料金の着服が発覚した一ツ葉有料道路(宮崎市)で、約1年前にも別の収受員が通行料金約5万4千円を着服していたことが分かった。同有料道路を管理している県道路公社は当時、事件を公表しないまま、高額の監視カメラを設置したが、その後も再び同様の事件が起こったことになる。
 公社によると、08年5月18日〜6月9日、一ツ葉有料道路北線の料金所に勤務していた30代の男性収受員が、ドライバーから受け取った通行料金の一部計5万3825円を着服していた。6月9日、公社に告発文書が届いたことで発覚したという。男性は全額を返済。雇い主だった宮崎市の警備会社は男性を解雇した。男性は「缶コーヒー代などを捻出(ねん・しゅつ)するためだった」と話したという。
 事件を受けて公社は、約360万円かけて料金所に高性能の監視カメラを設置した。画像が鮮明で、会話も記録できるという。
 ところが今年4月、同じ警備会社が雇っていた契約社員の男性収受員が、やはり一ツ葉有料道路の南線で同様の事件を起こした。男性はドライバーに渡すために用意してある釣り銭から、一日に数百円ずつを靴の中に入れて隠し、計1万1千円を着服していた。男性の不審な動きは「高性能のカメラ」で確認がとれたという。
 両事件とも全額返済されており、2人とも業務委託先の警備会社を解雇されていることから、公社側は刑事告訴は見送った。そのうえで3度目が発生した場合は、この警備会社との契約解除なども検討するという。
 公社によると、この有料道路では1日約200万円の売り上げがある。だがラッシュ時などは釣り銭を受け取らないドライバーもおり、1日約2千円の「過剰金」が発生する状態らしい。4月に着服が発覚した契約社員の男性は「過剰金があるからばれないと思った」と話したという。公社は「通行台数と料金が必ずしも一致するわけではない」としている。


 一年前の事件の場合、5月18日〜6月9日の23日間で5万3825円を抜き取ったということなんだが、どうして5円単位の端数が発生するのか不思議なのである。一日に約2000円ずつということである。動機とした缶コーヒー代にしてはなかなかの高額である。一日に20本近く缶コーヒーを飲む中毒患者だったのだろうか。そんなに飲んだらオシッコが近くなんて料金収受の仕事に差し支えるような気がするのである。釣り銭を受け取らないドライバーが居て過剰金が発生するということだが、通行料金400円に対して1万円札を出して「釣りはいらねえよ!」という太っ腹なドライバーが宮崎のような田舎に居るとは思えないので、たぶん500円玉を投げて100円の釣りを辞退するような客なんだろう。その分を料金収受員がフトコロに入れるならば、それは一種のチップのようなものだとオレは思うのである。

 一日に約200万円の売り上げで、ごまかしの金額が約2000円というのは約0.1%である。もしかしたらこの料金抜き取りはもっと巧妙に組織的に行われていて、関与した人数も金額も大きいのかも知れない。それはこの「通行台数と料金が必ずしも一致するわけではない」といきわめて微妙なコメントから感じられるのである。田舎のことだからたとえば身内がやってきたときに「顔パス」で無料通行なんてことがあったりして。あと、払わずに強行突破する暴走野郎もいるだろう。そんなときにはやはり通行台数と料金の不一致が起きる。どちらかといえば不足金がかなり発生しそうな気がするのだが、過剰金が発生するというのは不思議な現象である。料金踏み倒しはないのだろうか。それともそんな野蛮なのはオレが住む大阪の現象であって、宮崎には善良なドライバーばかりで踏み倒すような不心得者はいないということだろうか。

 監視カメラの設置に360万円掛けたということだが、被害金額が約6万だったら引き合わない。これはやはりもっと大きな金額の不正の可能性ということで設置されたのだろう。

 もう一つオレが危惧するのは、今回の報道で明らかになった「一日の売り上げ200万」である。これを狙って強盗団が料金所を襲撃する事件が起きそうな気がしてならない。それほど警備が厳重であるとも思えないので、凶器を用意した数人の強盗団が交通量の少ない時間帯にやってきた場合は防げるのだろうか。まあ200万といっても全部の合計であり、何カ所もあるそれぞれの料金所個別ならたいした金額にはならないので襲う方も割に合わない犯罪だと思うのだが。高性能な監視カメラがあるので襲撃犯はばっちり映ってしまうだろう。

 それにしても迷惑をかけられたのはこの業務を請け負った警備会社である。一日200万もの売り上げがあるわけで年間の業務委託費も相当な収入になるはずだ。それがこの不届き者の連中のせいで下手をすると業務委託を解除されるかも知れないし、仕事がなくなれば契約社員たちは解雇されるかも知れないのである。まじめに働いてる他の社員から見ればそんな馬鹿をそれこそ市中引き回しの刑にでもしてやりたい気持ちだろう。もっとも今回の件が明るみに出たのは「告発文書」ということで、内部告発かも知れない。バレなかったら契約解除もないのかと思うとなんだか割り切れない思いが残るのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月02日(土) 高速道路で渋滞に遭わない方法教えます        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 高速道路で渋滞に遭わないようにするにはどうすればいいか・・・などと訊かれても妙手はない。どこに行っても混んでるのである。「何事もあきらめろ!」と言いたいところだが、旅行に出かける方々は「あきらめきれない」だろう。アサヒコムの記事を引用してみよう。

GW大渋滞、対策に妙案は…裏道指南や車内グッズ
2009年4月30日15時0分
 ゴールデンウイークはこれから後半に入る。今年は日並びの良さに料金値下げの影響が加わって、高速道路は例年に増して「大渋滞」が予想されている。高速道路3社と日本道路交通情報センターの予測によると、ピークは5月2日と5日。準備は整っていますか?
 渋滞予測は過去3年の実績にその年の観光イベントや日並びなどを加味して作るが、今年は大幅値下げ後だけに、確たる予測がつかないところが悩ましい、という。
 実際、連休前半の渋滞は予測を上回った区間も多かった。4月25、26、29日の休日の3日間で最も渋滞したのは26日夕、東北道上りの32キロ。予測では15キロとされた区間だが、倍以上となった。
 渋滞を避ける妙案はないのか。高速各社は「公表している渋滞予測を利用して時間帯をずらしてもらうしかない」と呼びかける。
 リアルタイムの渋滞情報はインターネットサイトの「ドラぷら」や日本道路交通情報センターのホームページで入手できる。携帯電話から「#8011」で問い合わせでき、「#8162」で音声案内を聞ける。
 東日本高速はさらに、連休向けに一部で「裏道」のPRを始めた。
 首都圏から東北地方に向かう場合、埼玉県の川口JCTから栃木県を通り、福島県の郡山JCTへ抜ける「東北道ルート」が一般的だ。埼玉県の三郷JCTから茨城県を通り、郡山JCTで東北道と合流する「常磐・磐越道ルート」は距離が23キロ長く、普段は35分余計にかかる。
 しかし、昨年の連休の実績を分析したところ、東北道の渋滞が15キロ以上になると、上下線とも常磐・磐越道の方が早く到着できる逆転現象が起きた。
 利用者側も「自衛」に乗り出している。
 自動車用品販売大手「イエローハット」では、車内で快適に過ごすためのグッズの売れ行きが好調だ。差し込んで電源を取ることができるシガーソケットを増設する商品が昨年より2割増の売れ行き。携帯電話やゲーム機の充電に活用されそうだ。携帯用トイレ、座りっぱなしのドライバー向けの低反発クッションも売れている。
 東急ハンズも車内快適グッズの専用コーナーを今回初めて設けた。新宿店(東京都渋谷区)によると、パズルなど暇つぶしに向く商品が売れているという。飲料水がこぼれたり、炭酸が抜けたりするのを防ぐペットボトル用キャップや栓なども人気だ。


 どうやらカーショップは「車内でのヒマつぶし用品」を売りまくろうとしているようである。もはや大渋滞は避けがたいので、そのときにどうするかということを考えてるようである。携帯トイレも今は100円ショップにも並んでるほどであり、かなり安くなってるのである。しかし、一番効果があるのはやはり時間差攻撃だろう。

 律儀に朝から高速に入ったりせずに、前日の夜からスタートするのである。土曜の午前0時を過ぎれば1000円になるので、金曜日の夕方などに高速に入っておいて、土曜に入るくらいになってから料金所を出ちゃうのである。こうすると混雑を回避可能である。

 それ以外にも「わざと回り道のコースを選ぶ。どうせ高速代は同じ」という考え方もある。東北道が混んでるときに常磐道などを経由で北に向かえば、距離は伸びるが混雑はマシであるという作戦である。

 まあそれでもオレがこの日記を書いてる今頃は同じことを考えてるドライバーたちで高速はすでに混雑してるのだろう。渋滞のピークは早朝4時頃という説もある。つまり深夜の家に距離を稼ごうというドライバーがかなり多いために、早い時間にピークがやってくるというのだ。

 1000円高速のおかげで地方の観光スポットはかなり賑わってるという。思わぬ経済効果が発生して、景気に波及しそうだということである。麻生太郎はろくな成果を上げなかったが、この1000円高速に限って言えばかなりのヒットとなるかも知れない。できることなら高速のSAだけではなくて、観光地のさまざまな店が潤って欲しいのである。

 本四架橋が開通したときに「こんな高いのなら意味がない!」とオレは思った。通行量を大幅に値下げしたことで倍以上のクルマが通るようになったという。道路はやはり「使ってナンボ」である。渋滞するくらいにクルマが殺到するようになった今、新規建設促進ムードは高めやすい。そうしてまた田舎に高速道路が造られるのである。この高速1000円というのはオレの嫌いなイナカモンドリームのために企画されたことは間違いない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年05月01日(金) 最近尿検査が流行っています!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 大相撲関係者が大麻の使用で検挙されたり、地下鉄の運転士が覚せい剤使用で逮捕されたりと最近は芸能界だけではなくあらゆるところに覚せい剤や大麻が流通しているので、これまでには実施していなかった方たちを対象に尿検査が実施されるようになった。なんと大阪市交通局が尿検査を実施するのである。読売新聞の記事を引用しよう。

地下鉄、バス全乗務員に抜き打ち尿検査…大阪市交通局
 大阪市交通局の元地下鉄運転士が覚せい剤取締法違反罪で起訴された事件を受け、同局は30日、地下鉄、バスの全乗務員約3900人を対象に、6月から抜き打ちの尿検査を実施する方針を決めた。
 交通事業者による一斉検査としては過去最大規模となる。
 地下鉄大阪港駅運輸助役の三田耕司被告(45)は、逮捕した兵庫県警の調べに対し、「20年前から週に1回程度、覚せい剤を使っていた」と供述。ほかにも同局関係者は1996年以降だけで7人が覚せい剤を巡る事件で逮捕されている。
 同局によると、抜き打ち検査は運転士や車掌、助役らに対し、本人の同意を得て実施。陽性反応が出て覚せい剤使用が確認された場合は、警察に通報する。費用は1回1000万円以上かかる見込み。
 他の交通事業者では、兵庫県伊丹市交通局が2002年に約160人、阪急電鉄が07年に約1200人を対象に検査を行っている。
 大阪市交通局幹部は「費用はかかるが、検査の徹底は再発防止につながる。利用者の信頼を回復し、安心して乗ってもらえるようにしたい」と話している。(2009年4月30日23時49分 読売新聞)


 この「抜き打ち尿検査」というのはどういう点が抜き打ちなんだろうか。たとえば前日に渡された容器に尿を入れて持参するのなら、家で別人の尿を仕込めば済む話である。たとえ職場で検査するにしても、すり替え用の別人の尿を常に携行していればごまかせるのである。覚せい剤をやってるような外道はちゃんと罪を逃れる方法を工夫しているはずで、そんなふうに簡単に見つかるのかなとオレは思うのだ。

 どうせならこのような尿検査は高校生や大学生に対してもぜひ実施してもらいたい。最近は非行の低年齢化も激しい。また暴力団は覚せい剤の新たな顧客として高校生をどんどん開拓している。女子高生が覚せい剤を使用し、その代金を払うために援助交際するなんて構図があるわけだ。それを検挙するためには怪しそうな生徒はどんどん尿検査して摘発するしかない。学校の保健室で検査できるようなキットをぜひ配布して欲しいものである。学校は非行が疑われる生徒に対して尿検査を行い、覚せい剤使用などが発覚したら即座に退学処分にするというふうに厳重に取り締まって欲しいのである。覚せい剤を使用してる高校生などろくな連中じゃないぜ。

 タクシーの運転手や地下鉄の運転士など、客を乗せて走る職業の方たちにこのような薬物汚染が起きているということは、重大な事故が発生するという危険が存在するのである。もしも旅客機のパイロットに覚せい剤をやってるヤツがいればどんな危険なことになるだろうか。薬が切れて禁断症状になって、操縦を誤って墜落なんてことになれば大惨事である。

 薬物使用に対する罰は軽い。覚せい剤は初犯ならたいてい執行猶予がつく。実刑になるのは繰り返すヤツらだけである。しかし、薬物に手を出すヤツは知らずに手を出すのではなくて最初から悪いとわかっていてやるのである。それなのに初犯の罰が軽いのはどうか。最初からきちっと実刑を喰らわせて刑務所にぶち込んでやるべきだとオレは思うのである。「一回くらいなら・・・」と軽い気持ちで使わせないためにも「一回でも使ったらもうオシマイだ!」と思わせないといけないのである。

 一斉検査をしてもらいたい集団が他にもある。政治家と警察官である。全国会議員の尿検査と、警察官や自衛官の尿検査、これをぜひやってもらいたい。もしもそこで引っかかるヤツが出れば国会の威信はがた落ち、警察の面目丸つぶれである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加
江草乗の言いたい放題 - にほんブログ村

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP エンピツユニオン