江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2007年07月01日(日) 久間章生、おまえの頭の悪さはしょうがない        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはこの久間章生防衛大臣が大嫌いだ。それはこいつの発言の一部始終がまるでアメリカの幇間野郎のように思えるからだ。なんでおまえはそこまで卑屈なんだ。おまえには日本人としての誇りがあるのか。おまえには人間としての思いやりの心があるのかとオレは言いたいのだ。今回のこの発言はなんだ。

久間防衛相、米国の「原爆投下しょうがない」
久間章生防衛相は30日、千葉県柏市の麗沢大で講演し、先の大戦での米国の原爆投下について「長崎に落とされ悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で、しょうがないなと思っている。それに対して米国を恨むつもりはない」と述べた。野党や被爆地からの批判は避けられない見通しで、参院選に影響する可能性も出てきた。安倍政権は新たな火種を抱えることになった。
 久間氏は講演で、旧ソ連が当時、対日参戦の準備を進めていたと指摘。その上で米国が旧ソ連の参戦を食い止めるため原爆を投下した側面があるとの見方を示し「日本が負けると分かっているのにあえて原爆を広島と長崎に落とし、終戦になった。幸い北海道が占領されずに済んだが、間違うと北海道がソ連に取られてしまった」と強調した。
 また「勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかどうかという思いは今でもしているが、国際情勢、戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るということも頭に入れながら考えなければいけない」と述べた。〔共同〕(14:02)


 原爆投下は決して「しょうがない」で済ませられる歴史的事実ではない。数十万の人命が一瞬にして失われたあの惨事は、とうてい許されない戦争犯罪であり、第二次大戦の中の残虐行為の中でも最たるものであるとオレは思っている。あの行為を行った外道国家をオレは決して「許す」ことなどない。非戦闘員を虫けらのように虐殺するスタイルを「戦争とはこんなものだ」と定着させたあの国の歪んだ正義をオレは断じて許さない。

 久間章生よ、おまえはなんでそんなにあの連中の肩を持つのか。あの国にお前は何か借りがあるのか。どちらかというと借りがあるのはアメリカの方であって日本ではない。なぜなら日本はアメリカの勝手な防衛戦略に協力して、在日米軍の経費の大部分の負担までしてやってるじゃないか。今度はグアムへの法外な引っ越し費用まで援助してやるそうじゃないか。なんでそこまでしてやるんだ。オレにはその理由がわからないぜ。

 久間章生よ、もしもおまえに妹がいたして、それがヤクザの組長にレイプされた上にその情婦にされたとする。普通の男なら怒るはずだ。しかしそこでその組長に対して「うちの妹も立派なお方にかわいがってもらえて幸福です」とお礼を言いに行くような誇りを失った人間、それが今のお前の姿なのだ。オレのたとえの意味が分かるか。広島長崎で失われた多くの命はすべてかけがえのない貴重な生命だったのだ。どれ一つとして失われても良い命などなかったのだ。「しょうがない」で済ませられる命など一つもない。その意味をおまえはわかっているか。国民の命が失われたことを「しょうがない」で済ませてしまうおまえが防衛大臣を務めてるということは、おまえにとって国民は「死んでもしょうがない」程度の軽い存在なのだ。そんな人間が国土を防衛するという大事な任務の最高責任者であるとはオレには悪い冗談としか思えない。

 北海道がソ連にとられてしまうとおまえは本気で思っていたのか。その程度の認識力でよくおまえは防衛大臣をしているなあ。もっと太平洋戦争についてよく学んでおけよ馬鹿野郎。無知なおまえにオレが説明してやるよ。ロスケは終戦後の8月18日に千島列島の北端にある占守島を占領しようと突如強襲上陸攻撃を仕掛けてきたんだ。島を守っていた日本軍第91師団は竹田浜に上陸してきたロスケどもに集中砲火を浴びせて死傷者3000名を超える多大な損害を与えた。そして混乱したロスケどもを殲滅するために総攻撃を掛けようとしたその矢先に「戦闘停止」の命令が内地から出たので、勝っている戦闘でありながら攻撃を中止して停戦のための軍使を派遣した。ところがその軍使はロスケによって射殺されたんだ。その後長島大尉を軍使として改めて派遣してやっと停戦交渉が完了し、8月23日に占守島の日本軍は武装解除された。

 彼らはなぜ必死で戦ったのか。それは島にいた缶詰工場の女子工員400名を無事に脱出させるためだったのだ。もしも占領されればロスケにどんな目に遭わされるかはオレが書くまでもないだろう。女性たちが無事に脱出できたから日本軍守備隊は武装解除を受け入れたのだ。ちなみにこのときに武装解除された日本兵はその後シベリアに抑留されている。北海道が占領されなかったのは、原爆投下のおかげなんかじゃない。占守島の日本軍が調子に乗ってやってきたロスケどもに壊滅的な打撃を与えたからである。防衛大臣をしてるのならこれくらいの戦史は研究しておけ馬鹿野郎。

 満州の関東軍は日本人の移民団を置き去りにして真っ先に自分たちが逃亡した。そのために悲劇は拡大して多くの犠牲者を出したのだ。もしも彼らが民間人が逃げる時間を稼ぐために徹底抗戦していれば、中国残留孤児の悲劇もこんなに多くはなかっただろう。そいつらのレベルですべての日本軍を語るなということだ。栗林中将に率いられた硫黄島の守備隊がどんな英雄的な戦いぶりだったか、もしかしておまえはあの映画を見ていないのか。原爆投下にお礼を言うようおまえのような情けない日本人ばかりじゃないんだぜ。

 安倍晋三、おまえも久間と同じレベルの馬鹿だと思うが、それでもオレはおまえに爬虫類程度の判断力がまだ残ってることを期待してここで提案する。いますぐに久間を更迭しろ。何、代わりの人間が居ない? それならオレのところに頭を下げに来い。いつでも防衛大臣くらい引き受けてやるぜ。ただオレのような過激なオッサンをそんなところに据えれば、いつ中国や北朝鮮と戦争になるかわからないがな。

 原爆を投下したアメリカの行為を日本の政治家が正当化する愚劣さに関して今回書いたことに関して、交流掲示板の罵倒座談会で、日本は原爆投下を含む日本本土全体への空襲を企画・立案したカーチス・ルメイに勲章を与えていたということを指摘してくださった方がいます。そのことは私も知っていたのですが、この愚劣さというか節操のなさは自民党という党の一つの宿命であるのかも知れません。私には耐えられないことですが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←1位をめざしています。クリックをお願いします。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン