江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2008年10月31日(金) ジェイコム男さんを起用せよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 株価暴落の中で年金の運用や生命保険各社が苦戦しているが、どんな相場でもちゃんと勝てているもはや神の領域に達した投資家がいる。それがジェイコム男こと「B・N・F」氏である。昨年末から多くの投資家が資産を減らしている中で、逆に25億円増やしていたことも判明した。以下、日刊スポーツの記事を引用しよう。

ジェイコム男、株大暴落でも25億円の儲け
 05年のジェイコム株誤発注騒動で巨額を稼ぎ話題になった都内の個人投資家「ジェイコム男」こと「B・N・F」氏(30)が、最近の株価大暴落の中でも資産を増やし続け、今月中旬には一時、昨年末から約25億円多い「資産総額約210億円」に達していたことが27日、分かった。現在も資産総額約200億円。今月には東京・秋葉原駅前のビルを約90億円で「1棟買い」し不動産に進出していたことも判明。世界的金融危機の大嵐の中、カリスマトレーダーは“1人勝ち”していた。
 B・N・F氏によると、同氏の現在の資産総額は株、不動産合わせて約200億円。日経平均株価がバブル崩壊後最安値を更新した27日も無傷で、前週末比プラスで終了した。株価が大暴落を続ける中、資産総額が過去最高を記録したのは、日経平均終値が前週末比約1171円高となった今月14日で、その日に計約210億円に達したという。
 同氏は昨年12月初めの時点で資産総額約185億円だった。米国のサブプライムローン問題に端を発した世界的金融危機の嵐が吹き荒れ、大手金融機関も次々経営危機になる中、同氏は利益を着実に出し続け、昨年末以来、資産総額で最大約25億円を増やしていた計算になる。同氏は今年の取引について「『かなり順調』ではないですが(総資産は)増えています。こんな暴落は今までに経験がないので、少しでも油断するとあっという間に10億、20億は損しそうなので、かなり相場に集中しています」と述べた。
 ただ、何度か「ミス」もしたという。9月に入って米国株の取引も始めたが、米大手証券会社リーマン・ブラザーズ株が急落した際に約7億円分購入。しかしその直後の9月15日に同社の経営破たんが発表され、損失を出した。また先週、日本株で油断した売買をし、約5億円の損を出したという。「(今年の日本株取引では)この5億円の損が最大です。また、米国株はほかの銘柄で利益が出たので合計はプラスになりましたが、日本株との両立はきついので今はやめています」(同氏)。
 また、同氏は最近“アキバ不動産”投資に乗り出していたことが分かった。同氏によると今月、秋葉原駅前のビルを約90億円で購入した。現在の資産総額約200億円のうち、約90億円分がこのビル。現在の株の運用資金は約110億円という。同氏はビル取得の理由について「駅前の物件を個人が買うのは、市況がいい時では難しいと思ったので、めったにないチャンスと思いました」と話した。
 最近、ネット上の個人投資家らの間で、株価暴落をめぐり、同氏の「巨額損失説」「退場説」など根拠なきうわさが多数流れていた。しかし実際は、カリスマトレーダーは健在だった。[2008年10月28日7時57分]


 ジェイコム男さんが今、日本でもっともすぐれたカリスマトレーダーであることは間違いない。そんな彼に日本政府は資産運用を依頼したらどうだろうか。タネ銭も10兆円くらい用意して、それで存分に日本株を買ってもらうのだ。彼に与えられた使命はただ一つ、運用している資産を増加させると共に、日経平均がどんどん上昇して日本株全体が価値を増大させるような流れを発生させることである。そして「これから株はどんどん上がります!」と宣伝して一大株ブームを作り出すのである。暴落によって底を打った今が絶好のチャンスである。

 信用収縮によって失われたゼニを取り戻す一番手っ取り早い方法は、株価をぐんぐん上昇させて、つまりバーチャルなゼニを作り出してそれで資産を膨張させるという方法である。日経平均を二倍にすることができれば、それだけで200兆円くらいの資産が増加したことになる。「こんなに下がった今がチャンス!」とばかりに新規参入の大量の個人投資家が増えている今、ジェイコム男さんの起用で空前の株ブームを巻き起こせばいいのだ。

 そうやって日本政府が「株価対策」に本腰を入れたことが海外に伝われば、海外からの日本株への投資も増えるだろう。外人が売ったから株価は下げたのである。下がるから売られたのである。だったら上がるから買うという逆の流れを作ればいいだけだ。日本政府が「なりふり構わず株価を上げようとしています!」という姿勢が海外に宣伝されれば、多くの外資が日本株を買いに入るだろう。そうして上昇した株価は、個人投資家の資産を増やすことにもつながる。そうして一気に日本を豊かにすればいいのだ。

 まれに見る円高と言うことで、金券ショップには外貨を買う人が殺到しているという。国民すべてが窮乏しているわけではない。資産の運用先を求めている人は無数にいるのだ。外貨を今買っておいて、円安になったときに売れば莫大な為替差益が転がり込む。しかも税金がかからない。為替差益による利益は税務署には捕捉されない可能性が高いからである。おそらく大金持ちは何億円という単位でドルやユーロなどの外貨を買いあさってるのだろう。そうした余剰資金を株式投資につぎ込んでくれる人が増えれば、自然に株価は上昇する。しかし、その流れを作るためには仕掛けが必要だ。そのためにはジェイコム男さんみたいな人を起用すればいいのである。 「日本のウォーレン・バフェット!」などとアピールして、天才トレーダーが日々資産を増大させる様子を実況中継すれば、それに便乗して儲けようとして多くの個人投資家が群がってくるだろうし、外資も呼び込めるに違いない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 



2008年10月30日(木) 高速道路が乗り放題なのだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。 今だけ送料無料のミカン3圍隠娃娃葦もよろしく。


 高速道路料金は高い。実際にクルマで旅行するとガソリン代よりも高速代の方が高い。その高速道路料金が安くなったらみんなもっとクルマで出かけるようになるだろう。その結果ガソリンの消費も増えてCO排出量も増加して地球温暖化を加速することになるのだが、景気対策ということを考えればそんなことも言ってられないというのが政治家たちの本音なのである。そういうわけで今回発表されたこの政策をオレは高く評価したい。アサヒコムの記事を引用しよう。

土日は千円乗り放題 地方高速道路値下げ、政府が概要2008年10月29日22時2分
 政府・与党は29日、新総合経済対策に盛り込む高速道路値下げの概要をまとめた。大都市圏を除く地方では、全線で平日は昼間約3割引き、休日は1日1000円(一部区間1500円)で乗り放題にする。首都高、阪神高速も値下げを行う。
 2次補正予算成立後、2年間の措置で、自動料金収受システム(ETC)の装備車両が対象。
 高速道路料金の引き下げでは9月16日から、平日午後10時〜午前0時まで3割引き、午前0時〜4時の5割引きを行っていた。今回は3割引きを拡大することで決着した。深夜の5割引きは継続する。
 さらに、土、日曜と休日、1日1000円(一部1500円)で乗り放題にする。1000円を下回る場合は現行の金額となる。地域指定などは今後、国土交通省と高速道路会社が詰める。
 アクアラインは終日1000円(現行3000円)、本四連絡橋(4100円〜5450円)も1500円にする方針。首都高、阪神高速は休日割引を検討している。
 財源として、財政投融資特別会計(財投特会)の余剰金から、5000億円を工面する案が浮上している。
 今回の対策では地方の料金を半額にする案が浮上していたが、「平日昼間3割引き」「休日1000円乗り放題」で決着した。実施時期は今国会に提出する2次補正予算成立後となるが、民主党は高速道路無料化を決定しており、国会では激しい議論になりそうだ。
 金子国交相は「物流という効果、休日の住民の方々の利便性を重視した。ぜひ使おうというインセンティブになってくれれば」と話した。


 さて、政府自民党がこの「乗り放題」案を出したのは、民主党の「無料化」案に対抗するためである。もちろんインパクトは無料の方にある。しかし、かかるコストや実際の効果を考えた場合、この1000円乗り放題案というのはうまくやれば料金収入をさほど減らさずに利用者を増やし、観光客を増加させて地域振興にも役立つような気がするのである。そういうわけでオレはけっこう気に入ったのである。

 1000円で乗り放題と言っても、実際の利用者がそんなに長い距離を利用するわけではない。乗り放題だからと青森から鹿児島まで走るような酔狂な御仁がじゃんじゃん出るわけではなく、高速道路から降りない限り観光地には行けない。そういうわけで、500キロを一気に走るような利用よりも、100キロくらいを何度も利用するという高速道路利用パターンが多くなることが予想されるからだ。だから料金収入の落ち込みはさほどないとオレは思ったのである。ただ、大阪から長野とか広島といった距離の利用はやはり増加するだろう。この1000円区間が地方のみなのか、あるいは大阪や東京などの大都市圏でも適用されるのかということでも効果はまた違ってくるはずだ。

 いきなり無料にまでしなくても、かなり安くなるならそれはそれで利用者は嬉しいのである。その分をきっちりと土産物を買ったりして消費してくれるはずだ。また「高速道路が安くなった」ということが「遠出しよう!」という直接の動機になることは確かである。そうなるとガソリンの消費が増えたり、ホテルや旅館の客が増えたり、長期的にはクルマの売れ行き減少に歯止めが掛かるなどの効果があるかも知れない。そうなればやはりこの「1000円乗り放題」はかなり実効性のある政策だろう。

 費用対効果という観点で考えたとき、民主党の無料化案には1兆5000億円くらいの財源が必要だが、自民党案ではせいぜい5000億円で済む。いや、実際にやってくれば通行量車増加で料金収入がそれなりに増えて、5000億円よりももっと少ないコストでできるかも知れない。そう考えればこの自民党案はなかなかのアイデアだとオレは思うのである。関西に住んでるオレにとってアクアラインのことなんかは別にどうでもいいのだが、本四架橋の割引は関係するのでぜひとも実現してもらいたい。できることならついでに関空連絡橋も無料にして欲しいのである。オレはあの料金がバカ高いので関空に友人がついてもクルマで迎えになんか行かずに「電車で天王寺まで出てこい」と答えるのが常だからである。

 道路は走ってナンボである。せっかく建設したのに利用するクルマが少なくて閑古鳥が鳴いてるような高速道路よりは、渋滞するくらいにクルマが走ってる方が価値がある。以前に四国をクルマで回ったときに、高知までものすごく短時間で移動できることに感動したのである。四国山地のど真ん中を最短距離のトンネルでぶち抜いて高速道路が結んでいたからだ。ただ対面通行区間がまだまだ多くて速度が出せないことには閉口したが。あの区間が解消されて100キロで走れるようになればもっと速く行けるのにとオレは期待する。そのためには利用者を増加させて、その拡幅工事を行うことに正当性を与えないといけない。その道筋をつけるためにも、今回の「1000円乗り放題」案はぜひ実現してもらいたいとオレは思うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月29日(水) 犬は凶暴な生き物です        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 オレは子どもの頃犬が苦手だった。近所にどう猛な犬を飼っている家があって、その家では夜になると犬を散歩させるのではなくて放していたのである。飼い主にとってはかわいいペットであっても、無関係の他人にとっては猛獣だ。まだオレが小学校低学年の頃だった。そろばん塾の帰りに家の近くてその犬に遭遇したオレは、あわてて逃げた。そして回り道をして別の方向から帰ることにした。するとまたその方向にその犬が出現した。何度かそうした空しい努力を繰り返したあげく、オレはその犬を避けるために、よその家の庭に侵入して、塀を乗り越えて家に帰った。一時間ほど余計に掛かったのだ。オレの帰りが遅くなったのを心配していた家人は、泣きながらブロック塀を乗り越えて帰ってきたオレの姿にびっくりして、その犬を放した家に怒鳴り込んだ。母親がものすごい剣幕で怒っていたことを覚えている。

 その事件以後、犬はずっと家に鎖でつながれた状態となった。しかし、小学校の帰りに家の前を通るとその犬はオレに向かって激しくほえた。「このクソガキ、おまえのせいでオレは自由を失ったんだ!」と犬はオレに怒りをぶつけていたのかも知れない。自分に向かって激しくほえるクソ犬に対して、オレは石をぶつけて復讐したりしていた。鎖でつながれている以上逆襲されることはない。あんなひどい目に自分は遭ったのだ。ここで石をぶつけるくらいの復讐は許されていい・・・そう考えていたのである。

 大型犬が小さな子どもを遅うという痛ましい事件が発生して、オレが即座に思い出したのは幼少期のその記憶だった。読売新聞のWEBサイトから引用しよう。
 
土佐犬、小3と郵便局員襲う…「鍵かけ忘れた」飼い主逮捕
 27日午後4時55分頃、大阪府松原市立部の路上で、近くの小学3年の男児(9)と、配達中の郵便局員の男性(23)が、土佐犬に相次いで襲われた。
 男児は顔や首など5か所以上をかまれ、あごを骨折するなど重傷を負い、男性も右ひじをかまれ軽傷。府警松原署の調べに、近くに住む飼い主の会社員瀬良明豊容疑者(23)が「オリの鍵をかけ忘れた」と供述、同署は28日未明、重過失傷害容疑で逮捕した。
 発表によると、土佐犬は雄の3歳で、体長1・5メートル。瀬良容疑者は闘犬大会に出場させるため自宅で6頭を飼育していた。1頭ずつオリに入れていたが、この犬のオリの鍵だけをかけ忘れて外出した。
 付近の住民らの話では、男児は友達4、5人で遊んでいて襲われた。近所の男性が犬を棒でたたいて男児を助け出し、シャッターを下ろした自宅車庫の中に子どもたちを避難させたという。2、3週間前にもオリから逃げ出した土佐犬が付近をうろついていたという。
(2008年10月28日01時01分 読売新聞)


 新聞記事には書かれてないが、現場は襲われた子どもの血があたりに飛び散って実に凄惨な状況だったという。大人が棒で叩いて制止しても、犬は執拗に子どもを襲い続けたのだという。のどに噛みついたという行動はまさに闘犬のものであり、この凶暴な土佐犬はまるで闘犬の時のように子どもを噛み殺そうとして襲ってきたのである。まさに殺人未遂である。

 犬が六頭飼われてたこの家の周辺はいつも悪臭が立ちこめ、近隣住民はとても迷惑していた。過去にも犬小屋の檻のカギが開いていて、この凶暴な土佐犬が近所をうろついていたことがあったという。無責任な管理状態は以前から続いていたのだ。起こるべくして今回の事件が起きたのである。重過失傷害で飼い主の男が逮捕されたのも当然のことである。

 犬に襲われた子どもはその時にどんな恐怖を味わっただろうか。大声で助けを求めながら逃げ回ったという。一緒にいた他の子どもたちも襲われたそうである。通りがかった郵便局員も噛まれた。子どもたちを守るために棒をもって犬に立ち向かった勇敢な方の行動にオレは拍手を贈りたい。もしも助けるのが遅れていれば、子どもはかみ殺されていたかも知れないのだ。重傷で助かったのはただ運が良かっただけである。そんな犬を野放しにしたらどんな危険があるか。これは未必の故意による殺人未遂なのである。

 この飼い主は被害を受けた子どもに対して、治療費だけではなく恐怖の代償を支払うべきだ。おそらくは一生トラウマになるであろうその恐怖の瞬間に対して、住んでいる家を売り飛ばしてでも賠償すべきではないのか。もっとも犬の悪臭の染みついた家など、まともな買い手はつかないだろう。もはや更地にして売り飛ばすしかないだろうし、そんな迷惑な事件を起こしておきながらさらにその土地に居座ることは近隣住民が許さないだろう。あんたなんかこの土地にいて欲しくないよというのが住民感情である。あんな凶暴な動物を多数飼われたら誰だって嫌だ。あなたはもしも近所にライオンや虎を飼ってる家があったらそれを許せるか。

 土佐闘犬は時には飼い主をかみ殺すこともある凶暴な動物であるとウィキペディアの記述にある。引き綱を持っていた飼い主が転倒した無様な姿を見ただけで、土佐闘犬は飼い主との主従関係が逆転したと勘違いして襲ってくる場合があるという。飼い主がかみ殺される事故が過去に起きているのはそうしたことが理由らしい。そんな猛獣を不十分な管理方法で飼っている家はまだまだかなりあるだろう。今回のような事故が起きないように、猛獣の飼い主に対しては徹底した指導を行って欲しいし、ルールを守れないヤツには犬を飼わせないようにするべきだ。瀬良明豊容疑者は飼ってる6頭の土佐犬すべてに狂犬病の予防接種を受けさせていなかったという。管理もできないくせに飼うなよとオレは思ったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 




2008年10月28日(火) 石原銀行を食い物にした連中        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 金持ちになる方法としてもっとも確実なのは、金を借りたまま返さないことである。ところがまともな銀行は貸し倒れを恐れて土地などの担保がないとなかなか貸してくれない。そんな中で無担保で審査も甘くてじゃんじゃん貸してくれる新銀行東京が狙われたのは至極当然のことだったのである。実体のないペーパーカンパニーを作り、決算報告書を偽造し、さらに融資担当の銀行員を抱き込めばもうこっちのものである。新銀行東京の多くの融資が貸し倒れになってる背景には、そうした実体があったのだ。アサヒコムの記事を引用しよう。

新銀行東京融資めぐり詐欺容疑、元行員ら7人逮捕 2008年10月27日21時13分
 経営再建中の新銀行東京(本店・東京都新宿区)に、改ざんした決算報告書を提出するなどして営業実態のない会社に約5千万円を不正融資させたとして、警視庁は、同行池袋出張所の元営業担当契約社員、青木千代美容疑者(56)=町田市金森1丁目=と、大阪市中央区のコンピューターソフトウエア販売会社「アシストプラン」会長で元暴力団組員大丸正志容疑者(46)=鳥取市富安2丁目=ら男計7人を27日に詐欺容疑で逮捕したと発表した。
 同行の累積赤字1016億円はずさんな融資が原因だと指摘されており、複数の都議による融資の口利きも明らかになっている。同庁は融資を巡る不正や、不透明な経営実態の解明を進める方針だ。
 捜査2課によると、不正融資は、大丸容疑者ら同社役員の3人が、同行から融資を得ようと計画。06年9月、諸隈寛容疑者(49)=福岡市南区高宮5丁目=が社長となっている営業実態のない東京都中野区の給排水設備工事業「リフレックス」の決算報告書を改ざんするなどして、約5千万円を不正に融資させた疑いがある。リ社は05年夏ごろ、アシスト社に吸収されていた。
 青木容疑者が、共にブローカーの松本順也(45)=文京区白山5丁目=と渡部善和(49)=豊島区要町3丁目=の両容疑者を通じて改ざんの手口を指示したとみている。
 融資金のうち、約2700万円がアシスト社の運転資金に使われ、大丸容疑者に約1750万円が渡ったという。青木容疑者は手数料として約100万円を得ており、ブローカー2人も報酬を得ていた。捜査2課は、融資の話はもともと大丸容疑者が主導したとみている。
 同課によると、調べに、大丸容疑者らアシスト社の3人は容疑を否認。ほかは認めているという。
 リ社への融資は07年6月までに9回計約750万円が返済されたが、以降は滞った。同課は、青木容疑者らが焦げ付かせる計画で融資を申し込んだとみている。
 青木容疑者は06年1月に同行に契約社員として採用され、同年4月、池袋出張所に配属された。07年3月末に退職するまで、約100社、計23億円の融資を担当。営業成績は優秀だったが同課によると、そのうちの十数社の返済が滞り、約3億6千万円が回収不能となっている。
     ◇
 石原慎太郎知事は「今回の事件については銀行は捜査当局に協力し、厳正に対処すべきだ。銀行業務でこのようなことが起きたことは許されない。元行員の個人的行為ということで、銀行は被害者でもあるが、こうした事態を招いた旧経営陣の責任は重い」とのコメントを出した。


 さて、石原知事はこの事件を「元行員の個人的行為」としているが、新銀行東京の貸し倒れはこの事件だけではない。この青木容疑者が関わった貸し倒れは3億6000万だけで、他の数百億には他の行員が関わってるのである。だったらとても「個人的行為」とは言えないだろう。それは「組織的行為」なのである。これは都民の税金が投入された銀行を使って組織的に行った金融犯罪なのだ。その金融犯罪に加担してるのは行員やこのような暴力団関係者だけではない。かなり多数の都議や国会議員がこの新銀行東京の融資の口利きをしていたという驚くべきリストが流出していたのだという。その国会議員の中には石原知事の息子も含まれてるというもっぱらのうわさである。そこまで都民の税金を私物化してもいいのかとオレは思うのである。

 都議たちが票集めのための利益誘導の手段として「融資の口利き」を行い、返せるあてのないようなクソ会社に巨額の融資を行う一方で手数料を取り、その融資は踏み倒されるという実体があるのなら、新銀行東京に出資された都民の税金がそのまま都議たちのフトコロに還流したことになる。そんなでたらめな銀行はさっさとぶっつぶせとオレは思ったのだが、それをつぶせない事情もあるのだろう。もしも破綻処理ということになれば、そのずさんな融資の実態も口利きの実態もあばかれる恐れがあるわけで、それで石原知事は追加の出資を決めたのかも知れないのだ。

 借りたゼニを踏み倒した連中は、そのゼニを巧妙にどこかに隠してしっかりと取り込んだはずである。会社が倒産してしまえばもう追求されることもない。合法的にその取り込んだゼニは返済を免れることができる。そうして悪人たちは着実に金持ちになっていくのである。もしもオレが教師というまっとうな稼業ではなくて裏の世界の稼業だったら、融資の審査の甘い銀行を食い物にするという方法を駆使して、引き出したゼニを今度は仕手株の世界で何倍にもふくらませていただろう。不正な方法で取得したゼニも、一度株式投資の利益という形にしてしまえば今度は真っ当なゼニになる。そうやって資金を得ている暴力団関係者も今はかなりいるはずだ。昔は暴力団のシノギの代表といえば売春と麻薬だったが、今は株式投資の収益を資金源にしている暴力団が多い。暴力団のフロント企業の中に株式上場しているものもあるくらいだ。資金は銀行から引っ張り、決算書は偽造や粉飾、どんどん株券を印刷しては投資家のゼニを巻き上げていくのである。

 新銀行東京の融資の中で貸し倒れになった部分のうち、かなりの金額が暴力団の資金に環流しているとオレは予想する。都民の税金を使って暴力団に資金援助してやってるというこの銀行の実態をいつまで放置するのか。そしてこんなクソ銀行を延命させてるのはいったいどこのどいつなのか。これから先、どこまで事実が明らかになるのだろうか。それの正義を行うことができるのはマスコミではなくてネットの力であるとオレはここに宣言したい。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月27日(月) 結婚したくなかった男        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 結婚式当日に新郎や新婦の片方がドタキャンする・・・つまりやってこないということで結婚式が流れるというトラブルが、大きな結婚式場では年に数件あるそうだ。ただ、そういうドタキャンをするのはたいてい女性の方らしい。男性の場合はもうあきらめているが、女性の場合は最後まで迷ってるということなんだろうか。しかし世の中には最後まであきらめきれない・・・というか土壇場になって結婚式を阻止して結婚を食い止めようとする馬鹿な男がいたのである。だったら最初からしなかったらいいのにとオレは不思議に思うのである。

挙式当日、式場に放火容疑 新郎「結婚が嫌になった」2008年10月26日23時36分
 結婚式を挙げる予定だったホテルに放火したとして、山梨県警北杜署は26日、昭和町築地新居、会社員河田達彦容疑者(39)を現住建造物等放火の疑いで逮捕した。河田容疑者は「結婚するのが嫌になり、火をつけた」「騒ぎになれば中止になると思った」「結婚できない訳があって悩んでいた」などと供述している、と同署は説明している。
 同署によると、河田容疑者は、25日午前2時半ごろ、同県北杜市小淵沢町の「リゾナーレ」の音楽の森ホール2階にある従業員通路の床に、油をまいて火をつけ、天井や壁など約30平方メートルを焼いた疑いがある。けが人はなかった。
 河田容疑者は25日午後、ホテルで結婚式を挙げる予約を入れていたが事件後、キャンセルしたため、同署が事情を聴いたところ、容疑を認めたという。自宅から車でホテルへ行き、放火したという。火はスプリンクラーで消し止められたが、ほぼ満室の約350人が宿泊しており、うち約150人が一時避難する騒ぎとなった。同日は大安だったため、8組の結婚式が予定されていた。


 この男の放火によってどれだけの迷惑が掛かったのだろうか。当日は大安で8組の挙式が予定されていたという。その中にはこの馬鹿男の挙式も含まれるのだが、この馬鹿はその自分の挙式を中止させようとして、関係ない他の7組の挙式をめちゃめちゃにしたのである。当日に火事になるような結婚式場でどうして挙式する気になれるだろうか。(ただ、上記記事には他の挙式が行われたかどうかは書かれてない。)この男が犯人とばれたのは、事件後にキャンセルしようとして理由を問いただされた時だという。もしかしたらそこで白状することもシナリオ通りであったのかと思えるのだ。

 なぜこの男はそこまでして結婚したくないのだろうか。他に好きな女性がいて、その女性以外とは結婚したくないということなんだろうか。それともただ単に今回の相手だけがいやだったのだろうか。もちろんこんな事件を越せば関係修復は無理だ。その意味では男の「結婚したくない」という願望はみごとに達成されたことになる。

 350人のうち、150人が一時避難するということだから単なるボヤではなくて相当燃えたのだろう。ホテルにとっては本当に災難だが、けが人がなかったのは不幸中の幸いだったと思う。こんな馬鹿のせいで巻き込まれたとしたらたまらない。

 オレはこういう放火犯には火あぶりの刑を課すべきだと思う。すべての放火犯にとってその行為が放火殺人になるかならないかは運次第である。結果として人が死んだら重く罰し、人が死ななかったら軽く罰するなんて変だろう。たまたま消防車が早く着いたか、逆に交通渋滞で到着が遅れたかなんて違いで罪が重くなったり軽くなったりするのは、オレに言わせれば公正な裁判の姿とは言えない。 「放火=死刑」でいいじゃないか。そこにどんな情状酌量の余地が介在するのか。

 それにしてもこの男の「結婚がいやになった」というその事情がいったい何だったのか。野次馬のオレとしてはとても気になるのだ。彼が「どうしても結婚できない事情」とはいったい何だったのか。ワイドショーではきっといろんな事実が暴露されるのだろう。ああ、オレも昼間にテレビを見ることのできる主婦になりたいのである。


追記:実は「結婚していた」ということがわかりました。何で結婚してるのに結婚式をこんな盛大にやるんだ。
実は妻がいた「新郎」、挙式避けようと式場に放火・逮捕
 挙式当日、自分の結婚披露宴会場に火を付けたとして、山梨県警は26日、同県昭和町築地新居、会社員河田達彦容疑者(39)を現住建造物等放火の疑いで逮捕した。
 河田容疑者は妻がいたのに結婚式を予定していた。「火を付ければ結婚式をしなくてすむと思った」などと供述しているという。
 発表などによると、河田容疑者は25日午前2時20分頃、山梨県北杜市のリゾートホテル「リゾナーレ小淵沢」の披露宴会場の2階通用口に油をまいて火を付けた疑い。この火事で壁や天井など約10平方メートルを焼き、会場に隣接する宿泊棟の客約150人が避難する騒ぎになった。
 河田容疑者は午後、この会場で約80人を招いて結婚式を予定していたが、同日昼前にキャンセル。連絡が取れなくなるなど行動が不審だったため、県警で事情を聞いたところ容疑を認めたという。(2008年10月27日03時04分 読売新聞)


 私のような一般人には、このような超弩級のアホの考えてることは理解不能です。誰か教えてください。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月26日(日) 極悪証券会社を退場させよう!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 日本の証券取引市場はイカサマである。粉飾決算のライブドアは上場廃止になったが、その10倍の粉飾を行った日興コーディアル証券は「会社が大きすぎて影響が大きい」という恣意的な判断でなぜか上場は維持された。おそらくライブドアの投資家の多くが個人投資家で「こんなゴミどもは損させてもいい」という当局の判断があったと思われる。一方日興の株主には銀行や大企業が多いので「損をさせるわけにはいかないなあ」ということで上場は維持されたわけである。

 オレは株の世界がイカサマバクチだということに気づいてからは、そのイカサマを利用して戦うことを常に心がけてきた。たとえばある銘柄が買いであるというニュースが流れるときは「きっとその株をつり上げて個人投資家に押しつけたい輩がいるんだろう」と判断してオレは高値から空売りすることにした。そうしたニュースの裏読みこそが最良の戦術だった。だからオレはこの空前の暴落市場の中でも退場しないで済んでるのだ。

 さて、 10月21日の日記でオレはジョインベスト証券のイカサマについて告発した。 その事件に関するまとめサイトもあるので、事件の概略をつかみたいかたはぜひそちらをごらんになって欲しい。そのイカサマ事件について、大手マスコミは当初全く報道しなかったのである。これはおそらく広告主である野村證券の意向に添った処置であると思われる。つまりテレビ局も新聞社も、相手がゼニをくれるお客様なら真実の報道なんかしないのである。この事件について告発したのは2ちゃんねるなどに棲息するネット市民たちであり、その活動がついには天下の野村證券の子会社を謝罪に追い込んだのだ。これは画期的事件であり「正義は勝つ」という一つの大きな前進であったとオレは受け止めている。個人投資家をゴミと呼んでその利益を巻き上げ、損失を押しつけてきた野村證券の体質はこれからも変わることはないだろう。しかし、少なくとも不正な行為は許されないということがこうして示されたのである。

 さて、ゼニのために真実の報道を遅らせたクソマスコミの報道を検証してみよう。まずは朝日新聞だ。

野村系ネット証券、取引処理の遅れ謝罪 株急騰の14日 2008年10月25日20時3分
 ネット証券のジョインベスト証券は25日、今月14日の取引で約定が遅れるなどのトラブルがあったと発表し、「不手際を起こし、深くおわびします」と謝罪した。対象口座は約1500口座に上るという。ジョインベストは野村ホールディングスの子会社。
 14日の東京株式市場は、幅広い銘柄に買い注文が殺到。ジョインベストの取引のうち225銘柄が値幅制限いっぱいのストップ高になり、買い注文を出した投資家への比例配分になった。しかし事務処理に時間がかかり、取引の成立が翌日の夜以降になった。
 さらに、処理の遅れにより画面にいったん「失効」と表示されてしまい、取引できなかったと勘違いした投資家もいたという。金融庁も同社から報告を受け、調査に乗り出している。


 この朝日の記事の中で注目したいのは、ジョインベストが画面に出した「失効」表示に関して「取引できなかったと勘違いした投資家もいた」と書いてることである。あほか!それは勘違いではなくて「取引できなかった」のである。勘違いなんかじゃない。こんなお馬鹿な記事を書いている朝日の記者はそんなに野村證券から広告がもらえなくなるのが怖いのだろうか。それでおそるおそる言葉を選んで記事にしてるのだろうか。なんとも恥ずかしい話である。もっとも17日の時点で記事にできなかった時点で十分恥ずかしいし、マスコミ各社が足並みをそろえて報道しなかった以上、各社と野村證券の間になんらかの密約が存在したのは事実だろう。オレに言わせれば、そういう密約を申し入れる時点で野村はアウトだ。もしもこれがアメリカなら、そんなアンフェアなことをやった時点で関係者逮捕、野村は罰金10億ドルくらいの処分を食らうだろう。残念ながら東証は野村の子分みたいなものだからペナルティなど出す可能性はないが。

 さて、それでは日経新聞はどんな記事になっているのだろうか。

ジョインベスト証券、約定取り消しも 成立通知遅れで対応策
 野村ホールディングス傘下のインターネット証券であるジョインベスト証券(東京・港)は25日、顧客に取引が成立したことを通知する作業が遅れていた問題で、約定した取引の取り消しを含む顧客対応策をまとめた。トラブルは株価が急騰した14日に発生。通知が遅れた結果、取引機会を失った投資家から不満の声が出ていた。
 対象となる取引は225銘柄で、件数は1000件超とみられる。取引金額の合計は明らかにしていない。ジョインベストは「顧客ひとりひとりの要望を聞いたうえで、誠実に対応する」としている。希望者には約定した取引そのものを取り消し、顧客が売買した代金の返還に応じる。
 14日は大量の注文が入り、事務作業に時間がかかったため、顧客への通知が丸1日以上遅れた。ジョインベストは25日になって「不手際を起こし、多大な迷惑をかけた」と公式に謝罪した。(00:02)


 実は ジョインベスト證券の公式謝罪には、謝罪の文言はあっても賠償や損失補填についての記述はない。ただそこには「誠実に対応する」と書かれてるだけである。だから日経のこの記事とは中味が食い違うのである。この日経の記事を読んだらいかにもジョインベストが誠実な企業であるかのように勘違いする人も多いだろう。しかし、この謝罪が出たのは、ネット世論におされて自分たちの悪事が暴露され、もう逃げられないところに追い込まれたからあわてて出したのである。あくまでジョインベストは「ゼニを返す」とは言ってないのだ。もしかしたらこの記事は日経のフライングかも知れず、ジョインベストは「謝るけど損失補填には応じられません」ということになるのかも知れないのである。もっともそんな時は訴訟を起こされて、多くの証拠を突きつけられて、いくら野村證券の子会社でもアウトだと思うのだが。

 また、ウィキペディアのジョインベスト証券に関する項目を見ると、今回の約定遅延事件に関して記述されたら直後に何ものかが削除するといういたちごっこになっている。おそらくこれはジョインベスト証券の関係者が必死で隠蔽工作を行ってるのである。ウィキペディアには履歴が残るので、ますます恥の上塗りになるということがわかってないのだろうか。もっとも国会から自分に不利な記述を削除しようとする馬鹿国会議員の秘書どもに比べれば、ホストを隠して削除しようとしてるこのジョインベスト工作員たちの方が努力の跡は感じられるのだが。この削除合戦について夕刊フジはこのように報道している。

マイナス情報を削除せよ! ネット上で“編集バトル”
2008年10月28日(火)17時0分配信 夕刊フジ
 顧客トラブルで信用を損なった野村系インターネット証券、ジョインベスト証券(東京)。ネット上のフリー百科事典「ウィキペディア」で、同証券のトラブルに関する記述が繰り返し削除されていたことが分かった。電子掲示板「2ちゃんねる」でも、このトラブルに関するスレッド(書き込みの集まり)を削除するよう依頼が出ていた。何者かが同証券の大炎上を食い止めようと“工作活動”を展開していたようだ。
 同証券では、株式相場が急騰した今月14日、顧客が出した注文処理で取引結果の連絡が大幅に遅れるなどの障害が発生、顧客の取引に大きな影響が出た。同証券は25日になって、「不手際を起こし、多大なご迷惑をおかけした」と謝罪。このトラブルで売買機会を失った顧客には、「意向を確認して、誠実に対応する」とした。
 その間、ユーザーが自由に書き込めるウィキペディアの「ジョインベスト証券」の項目で、不可解な出来事が起きた。
 同証券の項目には17日夕の段階で、≪10月16日には約定通知が遅れるトラブルが発覚。数時間単位ではなく2日にも及ぶ遅延で、その間の10月16日には日経平均株価が戦後2番目の下落率となったため、約定通知が遅れた顧客の大半に損失が生じ、システムトラブルに対し顧客からの苦情が殺到した≫との記述が書き加えられていた。
 ところが、19日午前6時前にこの記述がすべて削除された。同時に、この項目のなかに書き込まれていた同証券の手数料値上げに関する記述や、赤字業績に触れた記述も削除された。
 19日午前10時半すぎ、別のユーザーが記述を復活させたが、朝方に削除したのと同じIPアドレス(ネット上のアドレス)のユーザーからアクセスがあり、再び削除されてしまった。その後も、複数のユーザーがトラブルに関する記述を復活させたが、そのたびに、同一アドレスからアクセスがあって削除を繰り返すという“編集合戦”が繰り広げられた。
 削除を繰り返したユーザーは、ウィキペディア管理者から「荒らし行為」に当たるとして警告を受けた。
 警告後は、別の3人のユーザーが現れ、同じ部分の削除を開始。管理者は同じように警告を発し、「ジョインベスト証券」の項目はいったん第三者が編集できないようにした。
 一方、電子掲示板「2ちゃんねる」でも19日深夜から20日未明にかけて、同証券の顧客トラブルをテーマにした複数のスレッドを丸ごと削除するよう、あるユーザーが2ちゃんねるの管理者に依頼。
 「ジョインベスト証券に対する著しい名誉棄損、業務妨害に該当する書き込みが多数ある」というのが理由だが、管理者は削除しなかった。
 2ちゃんねるに削除依頼をしてきたユーザーのアドレスは、ウィキペディアで削除工作を繰り返していたユーザーと同じアドレス。よほど同証券のマイナス情報をネット上から消し去りたかったようだ。


 今回、マスコミ大手が沈黙する中で最初にこの事件を大きく報道したのは夕刊フジらしい。この報道がフライングだったのかどうかはわからない。以下にその見出しの画像を示す。




 さて、こうして記事になってやっと金融庁が動き出して真相究明に当たるのだろう。しかし、現時点での各マスコミの記事はどれも加害者であるジョインベスト證券の発表をそのまま載せているだけであり、もう少しでゼニをだまし取られるところだった顧客というか被害者側の談話を載せてるものはない。そうした報道は著しく不公正であり、本気で取材しようとしてるとは思えない。この事件は野村証券子会社による一種の詐欺事件であり、損失付け替えという犯罪行為が、ネット市民たちの活動によって暴露されてついに野村證券が逃げられなくなったいうことだとオレは認識している。

 上記の事件についてのまとめサイトにはオレの10月21日の日記もリンクされている。ネット市民たちによる正義の告発の一つとして、オレの暴言コラムもそれなりに役に立ったのだとしたら書き手として嬉しいことである。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月25日(土) 橋下知事、あなたは間違っている!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 橋下知事は大阪府の財政再建のために私学助成の大幅削減を行うという方針を示した。さて、私学教員であるオレはこの問題の当事者の一人であるわけで、このことに関して橋下知事を「この野郎、助成金を減らしやがって!」と罵倒するのは簡単だが、実は問題は別のところにあるのだということをわかって欲しいのでこの記事を書くことにする。その前にこの勘違い満載の記事を見て欲しい。アサヒコムの記事からの引用である。

橋下知事、高校生と熱く議論 財政難訴え「皆で我慢を」 2008年10月24日
 大阪府の橋下徹知事は23日、府の財政再建策で私立学校への助成を削減したことなどについて、府内の高校生12人と意見交換をした。財政難を訴えて「みんなが我慢しないと借金はなくならない」と熱く語り、府職員が止めるのを制止して、20分の予定を1時間以上延長して「本気トーク」を繰り広げた。
 私学助成の削減案を知り、公立と私立の高校生らが4月に結成した「大阪の高校生に笑顔をくださいの会」が要望して実現した。まず、中学でいじめに遭って不登校になり私立に進んだ女子生徒や、母子家庭で家計を心配する私立の男子生徒らが「安心して勉強させて」と訴えた。すると、知事は「借金してばらまくのは簡単。でも5年後10年後を見据えてみんなで我慢する」「高校には全員がいく仕組みじゃない。(高校とは)別の選択肢もある」と応じた。
 高校生らが「公立は定員があって落ちる子もいる。見捨てるんですか」と詰め寄ると、知事は「義務教育までは平等に扱う。その先は定員があってずっと競争。それが世の中の仕組みだと自覚しないと」と答えた。
 また、無駄な道路整備などでなく教育に税金を回すべきだという女子生徒の話には、知事は腕を組んで聴き入り、「あなたが政治家になって変えればいい」。女子生徒が「それじゃ遅いんですよ」と涙をみせても、「必要か不必要かは最終的に政治判断」と返した。 次の予定があるため議論を途中で打ち切ることになると、橋下知事は申し訳なさそうに、「次もまたやりましょう」と約束した。


 橋下知事が財政再建のために「みんなで我慢を」と主張することは確かに正論である。しかし、その我慢を押しつけられるのは必ずしも「みんな」ではない。たとえば府会議員の報酬はなぜ豪快に下げないのか。議会の反発が怖くてこんなところには手を付けられないのだろう。一教室あたり600万という公立高校クーラー設置費用の疑惑などは放置なのか。その問題について告発してるのはオレのこの日記くらいである。おそらく業者からのリベートが府の職員に渡ったり、口利きをした議員のフトコロにそのぼったくった600万のうちのいくらかが消えてるのだろう。無駄に使われた数十億のゼニのうちから、少しでも取り戻せばどうだ。もっともこの不正には多くの府会議員が関わっていそうだから手が付けられないと思うのだが。

 もしも大阪に私学が一つもなくて、すべての定員を公立で賄わないといけないとすれば、どれだけの支出増になるだろうか。公立高校の場合、生徒納付金だけではとても運営できないので府からの持ち出しが多くなるわけで、教員の数はクラス数の倍くらいだから生徒18人あたりで教員1名くらいの計算になる。教員一人の人件費を年間600万とすると、それを18で割るわけだから約33万だ。もっとも学校にかかる経費は人件費だけではないから一人あたり50万として、生徒から徴収する学費は大阪府の公立高校の場合は年間に14万4000円だからその差額、つまり一人あたり35万円ほどは公費(大阪府のお金)で補助されているのである。ところが私学助成金は生徒一人あたりその半分くらいだろう。公立がすべての生徒を丸抱えするよりも、私学に生徒を通わせて助成金を出す方が実際は安くつくわけだ。

 公立高校の入学試験には定員があり、希望者が全員入れるわけではない。公立高校に進学したかったのに不本意ながら不合格となって、言葉は不適切だがいわゆる「滑り止め」とされる私学に入学する生徒もいる。私学の授業料が値上がりすることはそうした生徒から学習の機会を奪うことであるとは私は思わない。今でも生活困窮者に対しては公費による補助の制度がある。何よりもその前に、自分の家が生活が苦しくて親に負担を掛けたくないのならば、なぜ死ぬ気で勉強して公立に合格しなかったのかとオレは言いたいのだ。大阪府の公立高校入試なんてせいぜい1.2倍くらいの競争率である。そこで不合格になるのは自分の偏差値よりもかなり上にチャレンジしたのか、あるいは志願者の中で特に成績が悪かったかということではないのか。一つの学区内にはかなりの数の公立高校がある。中学校の内申が10という優秀な生徒ばかり受験する学校もあれば、内申が2や3でもちゃんと合格できる公立高校もあるからだ。受験時に自分の成績に合ったところをちゃんと選んだら、不合格のリスクはかなり減らせるはずである。

 大阪府の公立高校の中には入学者の3割近くが卒業までに辞めてしまう高校もある。卒業生の多くがちゃんと就職できずにフリーターやニートになる高校もある。そうした学校にも税金は惜しげもなく投入されている。いや、むしろそうした教育困難校により重点的に税金が使われている。もちろん教育現場にいるオレとしては、そうした学校の現場で働く先生方の苦労が大変なものであることがよくわかるし、困難な生徒を教育することをやめてしまえば、非行や犯罪が増加してもっと住みにくい社会になってしまうこともよく理解できる。しかし、納税者である大阪府民たちは、まるでやる気がなくて学校もサボりたおし、授業中も音楽を聴いていたり漫画を読んでいたりする困難校の生徒たちのために、私学よりもはるかに手厚く税金が使われてることに対して怒りを感じるだろう。一定以下の学力の生徒を切り捨てるのは易しいことだし、それがもっとも経費削減につながるのも事実だ。しかし、だからといってそうした教育困難校を廃校にすればそれでよいのか。そこに通っていた生徒は今度はどこに行くことになるのか?進学校の教師なんかは勉強さえ教えていればいいから簡単だ。真に有能な教師はそうした教育困難紺にこそ必要なのだ。しかし、条件を悪くして「教育に関して熱意があれば給料が安くても来てくれるはず!」と理想論を説かれても困るのである。

 社会に於いて学校の果たす役割は、単に費用対効果の問題でははかれない側面がある。上の記事の中で生徒たちの思いはおそらくそこにあったのだろう。しかし橋下知事の価値観は「受験勉強が足りなくて公立高校に入れなかったのは自己責任」というのが根底にあるのだろう。それは橋下知事がその受験競争を勝ち抜いて北野高校に合格されてる方だからこそ「家が貧しくても受験勉強はできる」という主張ができるのだろう。だったら公立高校を減らせばいいじゃないか。公立を真の受験エリートだけの場所にして、数をぐんと減らせば経費削減は一気に達成できるだろう。その浮いた分のゼニを私学助成に回せばいいじゃないかと。もっとも公立高校の統廃合も橋下知事の方針に入ってるので、少しは問題の本質がわかってるのだろうとは思うが。

 教育の現場に必要なのはゼニではなくて人材である。しかしゼニがなかったら人材は集まらない。それもまた事実なのだ。それは今年の大阪府の中学校や小学校の教員採用試験の志願者が激減していることからもわかる。「橋下知事になって給料が減らされる」ということに敏感に反応してるのである。もちろんオレもそうだ。雲や霞を食って生きてるわけじゃない。橋下知事が「大阪府の教育を立て直すために力を貸してください」とオレに頼んできたとして、オレが最初に訊くのは「ところで、契約金と年俸はどうなりますか?」ということだろう。しょせんはやはりゼニである。私学助成が削減され、私学の経営が苦しくなって給料がカットされるようになったとき、大阪府の教育はさらに末期的状況を迎えるだろう。学力テストの成績を上げたいのならば、学校現場にいい人材が集まるようにゼニを使ってくれということなのだ。一教室600万のクーラー設置工事代という死に金ではなくて、もっと生きたゼニの使い方で。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月24日(金) 毎日新聞に子育てを語る資格はありません!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 毎日新聞に「記者の目」というコラムがある。そのコラムの内容にオレは仰天したのである。まずはこのコラムを読んで欲しい。

記者の目:雅子さまの行動、宮内庁に説明の責任=真鍋光之
 皇太子妃雅子さまは、大分県での第8回全国障害者スポーツ大会を欠席し、長女愛子さまの学習院初等科(東京都新宿区)の運動会を観戦した。皇太子ご夫妻のお世話をするトップ、宮内庁の野村一成・東宮大夫は二つの行事への出欠の背景に「病気」があると述べたが、プライベートより公務を重視してきた皇室にあって、雅子さまに対し「公務軽視」との批判が一部から出ている。
 今の雅子さまにとって遠出の公務は難しかったとは思うが、皇族の公私の問題を、病気を理由に簡単に済ませていいとは思わない。今回の雅子さまの行動について、宮内庁は詳細な説明をすべきだ。
 12日の学習院初等科の運動会。報道陣には愛子さまがかけっこをする場面が公開された。愛子さまに手を振り、カメラで撮影する雅子さま。母子のほほえましい光景だったが、皇太子さまはこの日、全国障害者スポーツ大会で大分県を訪問しており、精神障害者のバレーボール競技などを視察していた。本来なら雅子さまも同行する公務だった。
 野村東宮大夫は3日の会見で、雅子さまが公務を休んで運動会を観戦することに対し「病気療養中」で「全体的な中身、総合的にいろいろ考えた結果。医師とも相談した」などと説明した。さらに「基本的には可能な中でのご活動ということ」と理解を求めた。
 だが私は、皇族の公私が絡むことを「病気だから」という理由であっさり終わらせようとする宮内庁の姿勢に納得できないでいる。
 皇室には、「私」より「公」を重視することを表した「天皇、皇族に私(わたくし)なし」という言葉があり、天皇、皇后両陛下はじめ皇族方は、公務を優先する姿勢を示している。
 公務とプライベートの兼ね合いについて天皇陛下は00年の誕生日会見で、「公務については、私も皇后も務めであればするのが当然だと思って過ごしてきました」と語った。翌年には「私どもは、やはり私人として過ごす時にも、自分たちの立場を完全に離れることはできません」「(公私の比重は)前者の方に多く掛かっております」と公務優先の考えを述べた。
皇太子さまも04年の誕生日会見で「国民の幸福を一番誰よりも先に、自分たちのことよりも先に願って、国民の幸福を祈りながら仕事をするという、これが皇族の一番大切なことではないか」と話した。雅子さまは、療養前は皇太子さまと一緒に公務をすることが普通だった。
 野村東宮大夫は会見で「公務よりプライベート優先では」との問いかけに、「そういう見方もあるだろうが」と述べただけだった。天皇、皇后両陛下や皇族方が積み上げてきた公務を重視するというあり方を、根本から覆すともとらえられかねない雅子さまの行動に対して、どう考えているのか。「公務軽視」の批判がある中、丁寧に言葉を尽くすべきだろう。
 「病気」という理由についても説得力に欠けた。雅子さまは今年1月、冬季国体開会式で長野県を訪れて以来、泊まりがけの公務をしておらず、都内での外出も少ない。このことからも2泊3日の大分での公務は無理だったのだろうと想像するが、野村東宮大夫の会見では、雅子さまが今、具体的にどのような状態なのかまったくわからない。
 そもそも宮内庁は、雅子さまが全国障害者スポーツ大会を欠席し、愛子さまの運動会に出席することについて、「公」と「私」という観点でどこまで議論したのだろうか。そして全国障害者スポーツ大会関係者に、雅子さまが欠席せざるを得ない現状、逆に運動会を観戦する理由を意を尽くして説明したのだろうか。
 野村東宮大夫の言葉を聞く限り疑問が残る。「総合的に考えた結果」などといういい方はあまりに大ざっぱで、雅子さまが出席することも想定しながら準備に汗を流してきた大会関係者、障害者、ボランティアらに失礼であろう。
 雅子さまが療養に入って丸5年がたとうとしている。雅子さまへの批判、疑問は年々、強まっているように感じるが、今回の件を見て改めて思うのは、その原因を作っているのは詳しい説明をしない宮内庁であるということだ。
 病気で苦しむ雅子さまの行動は時にわかりにくく、誤解を生みやすい。それを補足するのが宮内庁なのに、「ご病気」「体調に波がある」で終わらせることが多い。それは雅子さまを孤立させることにほかならない。雅子さまと皇室の将来を考えるならば、宮内庁はもっと説明に心を砕く責任がある。(東京社会部)


 さて、このコラムの筆者である真鍋氏の主張は

「皇族ならば公務優先」
「公務を欠席するなら宮内庁は理由を示すべき」
「愛子さまの運動会を観戦することよりも夫と一緒に全国障害者スポーツ大会に行くべきだった」


ということである。しかし、雅子さまは欠席でも皇太子さまはちゃんと出席されている。娘である愛子さまの運動会よりも公務を優先したのである。それで十分じゃないか。

 たとえばオレの息子が運動会の時にオレの勤務する学園も運動会ならば、仕事が優先だからオレは息子の運動会を見に行けないことになる。しかし、ちゃんと妻が代わりに運動会を見に行ってくれている。もしも両親がどちらも見に来られないということなら子どもはかわいそうじゃないか。他の子どもたちはみんな家族とお弁当を囲んでるのに、自分だけはひとりぼっちだなんてあまりにも悲惨じゃないか。今年はたまたまオレの次男の運動会とオレの勤務する学園の運動会は重ならなかったので、オレは小学校の運動会の時に妻や息子と一緒にお弁当を囲むことができた。雅子さんが愛子さまの運動会を見に行くことをなぜ公務よりも優先してはいけないのか。そもそもその日が学習院初等科の運動会であるということはかなり前からわかっていたわけで、その日に公務を入れてることの方が理不尽ではないのか。

 皇族といえども一人の母親である。なぜ公務優先で親子の情愛を否定されないといけないのか。7歳の子どもにとって「運動会に両親がどちらも来てくれない」ということがどれほど悲しいことであるのか、真鍋氏は想像したことがあるのか。もっと大きくなれば親の職業ゆえに仕方ないことだという分別もつくだろう。しかし、まだ7歳なのである。真鍋氏が何歳なのか、結婚していて子どもがいるのかどうかをオレは知らない。しかし、雅子さまが愛子さまの運動会を見たいという気持ちを「公務優先」とばっさり切り捨てるような記者に果たして子育てを語る資格があるのか。このようなコラムをノーチェックでそのまま掲載させた毎日新聞に子育てを特集する資格があるのかとオレは感じるのである。

 野村東宮大夫も「病気だから」なんて言わなくてもよかったのだ。「どうして母親が娘の運動会を観戦するのがいけないのですか?」と開き直るべきだったのだ。準備に汗を流してきた大会関係者、障害者、ボランティアの方たちが「これだけ準備してるのだから愛子さまなんかほっとけよ!」などと言うだろうか。そんなに心が狭い方たちであるとはオレは思えない。きっと事情を理解してくださると思うのである。

 雅子さまがかけっこをする愛子さまに手を振り、カメラで撮影されるほほえましい光景こそが、実は国民の多くが待ち望んでいる姿である。毎日新聞はその幸せな様子をこそ報道して祝福すべきだったのであり、その幸せを全否定するようなこのようなコラムを掲載していることに対してオレはものすごい不快感を覚えたのである。

 オレが毎日新聞を読めるのは職場に置いてあるからだが、こんなひどいコラムを載せる新聞に対して、ゼニを払って購読することだけは断じてするまいと思ったのである。もしも毎日新聞を購読する読者の方で、オレと同じような不快感を覚えた方がいれば読者として新聞社に抗議して欲しい。それはゼニを払って読んでいる方の正当な権利だから。そして毎日新聞社から丁重なお詫びの言葉がなかったら、そのときは購読をやめるべきである。とにかくこのコラムの内容はあまりにもお粗末である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月23日(木) 野田聖子、あんたは議員辞職すべきだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。マウス専門店のマウスヲタクもよろしく。品揃えには自信があります。


 初代消費者庁長官でありながらマルチ商法の連中から献金を受け、しかも国会で彼らに有利な答弁までしていたというクソ大臣、野田聖子の心ない発言のために、マンナンライフがそのドル箱商品である蒟蒻畑を生産中止することになり、あのオレの大好きなこんにゃくゼリーが手に入らなくなってしまったのである。しかし、野田聖子がこんにゃくゼリー最大手のマンナンライフに対して圧力を掛けてそのビジネスを妨害する理由がちゃんとあったのだ。ここから先は憶測が混じるのだが、まあオレの憶測に耳を貸してくれ。

 野田聖子の地元に浪速製菓という企業がある。昆布飴とかこんにゃくゼリーを作ってるのである。本社は岐阜県本巣市にある。以下はそのWEBサイトにあった商品の紹介写真である。実はこの写真は急遽削除されている。きっとオレみたいなうさんくさいオッサンに発見されたのであわてて削除したのだろう。




 最大手のマンナンライフがこんにゃくゼリーから撤退すればどうなるか。他社のこんにゃくゼリーがその分売れるようになるのだ。そう考えた場合オレはある憶測にたどり着くのである。もしかしたら野田聖子は、選挙区は違うが自分のお膝元である岐阜県本巣市浪速製菓の「蒟蒻効果」という製品の売り上げを伸ばしたいために、ライバルであるマンナンライフの「蒟蒻畑」を市場から駆逐したかった。そのために今回の死亡事故を利用してマンナンライフに圧力を掛けたのではないかということだ。地元のスーパーではマンナンライフの「蒟蒻畑」の陳列されていた棚に代わりに浪速製菓の「蒟蒻効果」が並んでるという話である。しかもこの「蒟蒻効果」というのは2007年の登場という後発商品なのだ。こんにゃく誤飲窒息事故がたくさん起きた後に堂々と新製品として登場してきたのである。

 さらにオレが得た情報として、この浪速製菓の社長が野田聖子議員の後援団体である「みのり会」の相談役として活動しているらしいということである。自分の後援団体のために便宜をはかるのも議員なら当然に活動だろう。そういう憶測をオレはどうしてもしてしまうのだ。ああ、なんとオレは料簡の狭い人間だろうか。野田聖子大臣という立派なお方をどうしてそんな偏見の目で見てしまうのだろうか。

 野田聖子議員が「マンナンライフ」には圧力を掛けながら「浪速製菓」のこんにゃく製品は黙認するという卑怯なことをする人間であるとは思いたくないのである。いくらなんでもそこまで人間が腐っていないだろうと思うのだ。仮にも国会議員先生である。いくら自分の後援会ゆかりの企業であっても、涙をのんでもらって「蒟蒻効果」の発売も中止してもらうのが筋じゃないのか。それとも「蒟蒻畑」は危険だが「蒟蒻効果」は安全だと主張したいのだろうか。

 浪速製菓のWEBサイトをさっき覗きに行ったところ、なんと記述が更新されていて、商品紹介のところから「蒟蒻効果」が消えている。なぜだろうか。もしかして野田聖子大臣の指示でこちらも生産中止に追い込まれたのか。もしもそうならオレは前言を撤回して「野田聖子、あんたは偉いぜ!」と言わなければならないのだが、実際のところはどうなのだろうか。少なくとも後援会長に蒟蒻屋がいる野田聖子が、今回のこんにゃく誤飲死亡事故に対するなんらかの利害関係者であったことは間違いない。

 さて、一番人気の商品であった「蒟蒻畑」が店頭から駆逐された今、この「蒟蒻効果」の売れ行きはいったいどうなるのだろうか。オレはそれが知りたいのである。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月22日(水) 危険なパンを追放しましょう!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 店からこんにゃくゼリーが消えた。最後のこんにゃくゼリーを求めて多くのスーパーを回ったが、蒟蒻畑はもはや売り場から姿を消していたのである。こんにゃくゼリーが危険なわけではない。間違った食べ方をするから危険なのである。そんなこともわからずに規制した馬鹿大臣、マルチ商法の手先、野田聖子のせいでオレの大好きなこんにゃくゼリーは店から消えたのだ。これは全くもって許せないことである。

 どんな食べ物でも凶器になるのだ。このニュースを見ろ。パンをのどにつめて死亡という事故が起きているじゃないか。こういう事故が起きたことでパンを規制するのか?もしもこれで「パン禁止」という決定になるのなら、オレはこんにゃくゼリーの発売禁止を受け入れよう。しかし、危険なパンが野放しのままでこんにゃくゼリーだけが規制されるのならそれはおかしいのである。少なくとも死者を出した以上、日本中からパンを回収すべきである

男児パンを詰まらせ死亡 千葉・船橋 2008.10.21 11:07
このニュースのトピックス:食の安全
 千葉県船橋市宮本の市立峰台小学校(末永啓二校長)で6年生の男児(12)が給食のパンをのどに詰まらせ、窒息死していたことが21日、分かった。
 同小などによると、男児は給食の時間の17日午後0時45分ごろ、直径約10センチの丸いパンを食べてのどに詰まらせた。ちぎって一口を食べた後、残りを2つに割って一度に口に入れたという。
 気付いた担任の女性教諭がやめるよう注意。周りにいた児童がスープを飲ませるなどして廊下の手洗い場ではき出させたが取り除けず、男児が「苦しい」と訴え始めたため、教諭が廊下に寝かせて救急措置を施し、119番通報。救急車で病院に搬送されたが、同日夕に死亡した。
 同小は20日の全校集会で児童に男児の死亡を伝え、市教委は児童のショックが大きいとして同小にカウンセラーを派遣した。


 直径10センチのパンを一度に口に入れればどうなるか。オレはそんな大きなものを一口で食う自信はない。ちゃんと食べられる大きさにちぎって食う。どんな食べ物も食べ方によって危険になるということの一つの証明がこの事件である。悪いのはこんにゃくゼリーではなくて、間違った食べ方であるという事実をなぜマスコミは報道しないのか。

 今回の事件をきっかけに「パンを禁止しよう」「給食からパンを追放しよう」という動きになるだろうか。そんなことは絶対に起きないだろう。しかし、現実にパンによる死者が出ているのである。人が死んでいるのだ。危険だということが立証されたのである。

 世の中にはこのような事例がいくらでもある。交通事故で年間数千人の人が死んでるからと自動車の使用が禁止されるだろうか。海で毎年多くの人が溺れて死んでるからと海にはいるのが禁止されてるだろうか。飛び込み自殺が起きるからと電車の運行が禁止されるだろうか。もしも「死者が出てるから」という理由でなんでも禁止するとすればそれはむちゃである。死ぬのはその使い方が間違ってるから死ぬのである。電車もちゃんと乗れば安全この上ない乗り物なんだが、ホームに入ってくる電車の前に飛び込んだら死ぬのである。ドライヤーも普通に使えば髪を乾かすのに便利なんだが、それを浴槽の中で使えば場合によっては感電して死ぬのである。包丁も料理に使うなら何も問題ないのだが、雑踏の中で振り回せば人が死ぬのである。睡眠薬も用量を守れば危険は少ないのだが、大量に飲むから死ぬのである。

 パンで死者が出たからと野田大臣はいきなりパンを禁止にしないだろう。だったらこんにゃくゼリーも同じじゃないか。カビの生えた事故米は肝臓ガンとの因果関係があるかも知れないと話題になってるが。このごろちっとも報道されないじゃないか。なんでそんな重要な情報は隠すんだ。

 オレの大好きなこんにゃくゼリーを追放した野田聖子大臣を、オレは断じて許さない。マルチ商法の手先となって国会で働いたおまえが議員辞職するまでここで罵倒し続けるぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月21日(火) こんなクソ証券会社は退場させてください!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。

 
 野村證券の子会社にジョインベスト証券というネット専業の証券会社がある。その会社がなんと前代未聞のトラブルというか、大失態を演じていたのである。ふざけるなと言いたいのである。幸いオレはこの会社で取引していなかったので助かったのだが、それにしてもひどい話である。まずは読売新聞のWEBサイトから記事を引用しよう。

野村系ネット証券、ストップ高続出で売買成立連絡遅れ…苦情多発
 野村ホールディングスの100%子会社のネット証券「ジョインベスト証券」(東京都港区)で、日経平均株価の上昇率が史上最大となった今月14日、事務作業に遅れが出て、一部の顧客に対し、翌日の市場が閉まってから売買が成立したと連絡していたことが分かった。
 同証券には20日までに問い合わせや苦情が約650件寄せられ、金融庁が実態把握に乗り出した。
 同証券によると、14日は買い注文の殺到で値幅制限のストップ高となる銘柄が相次いだため、証券取引所が売買を成立させた銘柄について、証券会社を通じて顧客に株を割り当てる作業が行われた。通常、顧客への通知は当日の夕方にメールなどで行われるが、この日は作業量が膨らみ、翌15日午後9時すぎに通知した。日経平均株価は16日に急落したことから、通知が遅れた結果、株を売却できないなど顧客に影響が出た。
 同証券企画部は「業務の見直しを図った。お客さまに申し訳ない」としている。(2008年10月20日23時38分 読売新聞)


 さて、この恐るべき事態は、10月16日の未明に当該ユーザーのところに届いた次のメールで明らかになったのだ。

件名 10月14日(火)付比例配分の約定に関するご連絡 受信日時 2008/10/15 21:57
遅れておりました東京証券取引所上場銘柄にかかる10月14日(火)付の比例配分の約定に関するご連絡ですが、お客様については、比例配分の対象となっている銘柄がありますのでご連絡申し上げます。 比例配分の対象となった銘柄、株数等については、10月16日(木)午前3時頃以降、当社ウェブサイトにログイン後、 [口座情報]→[履歴照会]→[取引履歴]にてご覧いただけるようになりますのでご確認ください。
なお、本件につき、次の点にご注意ください
比例配分された株式等については、約定内容が取引画面上に反映される10月16日(木)午前3時頃以降、売却等の注文を行うことができます。比例配分の約定内容が取引画面上反映されておらず、かつ、お客様自身により同様のご注文を10月15日(水)付で行い当該注文が約定していた場合、比例配分の約定内容が優先された結果、10月15日 (水)付の約定が失効となる場合があります(注文が現物売・信用返済である場合で、両方の約定が反映された結果、株不足等が発生する場合等が該当します。)。


 さて、このように書いても具体的な事例がないと想像しにくいと思うのである銘柄を例に出して説明しよう。10月14日にジョインベスト証券で取引してるある投資家が任天堂を注文していたとする。任天堂はその日、40600円というストップ高に張り付いたまま終わったのである。その場合、自分の注文が約定したのかどうかはその日の夕方には必ず判明するのだが、なぜかジョインベスト証券はこの通知が遅れて、翌10月15日の深夜に届いたのである。その結果、どんな悲劇が発生するのか。

 10月15日、16日と二日連続で任天堂株は暴落した。もしもちゃんと14日の夕方に約定通知を受け取っていたなら、この暴落に巻き込まれる前に売ることができていたはずである。約定通知が大幅に遅延した結果、売却可能になった時にはすでに5000円近く値を下げていたのである。全くもってひどい話である。

 またメールの中のこの部分「お客様自身により同様のご注文を10月15日(水)付で行い当該注文が約定していた場合、比例配分の約定内容が優先された結果、10月15日 (水)付の約定が失効となる場合があります」が起きればどうなるのか。どうしても任天堂株が買いたかった人が、14日に40600円の比例配分に当選せずに買えなかったと思って、改めて翌15日に値下がりしたところを37700円で買ったとする。当選しなかったと思った比例配分が実は買えていたということで、この15日の約定が失効するのだ。37700円で買った方が失効して。40600円の方が有効とされてしまうのである。任天堂株は最低の取引が100株単位である。明らかに証券会社側の落ち度なのに、顧客は約30万円高くゼニを払わされてしまうのだ。なんともひどい話である。オレは絶対にこんなことは納得できない。そもそもこんな場合はミスは証券会社にあるのだから、顧客の損失分は証券会社がかぶるべきじゃないのか。

 実はジョインベスト証券というのは過去にも何度かシステムトラブルを起こしているのである。客は「野村證券の子会社なのだから」と安心して選んでるのかも知れないが、ネット証券各社の中では特に評判が悪い。ただ今回の約定遅延で問題なのは、14日夜の時点で取引画面には「失効」の文字が出ていたことである。つまり、「あなたは比例配分に当選しなくて買えませんでした」という表示が出ていたにも関わらず、その二日後に「やっぱり買えていました」とその高値の株を押しつけられたということなのだ。ひどい話じゃないか。こんな証券会社は免許を剥奪すべきだろう。投資家の多くは翌日からの暴落を見て「おっと、こんな高値で買えてなくてラッキー」と思ったのが、いきなり「買えてましたぜ!」と含み損の株を押しつけられるのである。ふざけるなよと言いたくなる。

 今回のトラブルの件で顧客にとてつもない迷惑を掛けておきながら、ジョインベスト証券からはまともな謝罪はない。「自社の責任ではない」「委託先のせいである」と開き直っている始末である。

 ここまでひどい事件を起こしたのだからきっと何か具体的な記述があるだろうと思って、オレはウィキペディアでジョインベスト証券に関する記述を確かめてみた。しかし、そこには今回の前代未聞の約定遅延事件に関する記述はなかった。もしかしたらジョインベスト証券の連中が削除させたのかも知れない。もしもそうなら実に恥知らずの連中である。野村證券がリーマン日本法人の人材をほしがったのは、もしかしたら自分のところにろくな人材がいないからなのかも知れないぜ。こんな前代未聞の約定遅延を起こすなんて、もしかしてコンピュータを使わずに手作業でやっていて遅れたのかい?

 追記:後日、ジョインベスト証券は謝罪を発表した。謝罪文のPDF もしもこの日記のようなネット世論がなかったらきっと多くの投資家がコケにされていただろう。正義が実現されたという意味で今回のことは悪の野村證券に対して正義の鉄槌を下したような画期的事実になったと思う。

ジョインベスト証券、約定取り消しも 成立通知遅れで対応策
 野村ホールディングス傘下のインターネット証券であるジョインベスト証券(東京・港)は25日、顧客に取引が成立したことを通知する作業が遅れていた問題で、約定した取引の取り消しを含む顧客対応策をまとめた。トラブルは株価が急騰した14日に発生。通知が遅れた結果、取引機会を失った投資家から不満の声が出ていた。
 対象となる取引は225銘柄で、件数は1000件超とみられる。取引金額の合計は明らかにしていない。ジョインベストは「顧客ひとりひとりの要望を聞いたうえで、誠実に対応する」としている。希望者には約定した取引そのものを取り消し、顧客が売買した代金の返還に応じる。
 14日は大量の注文が入り、事務作業に時間がかかったため、顧客への通知が丸1日以上遅れた。ジョインベストは25日になって「不手際を起こし、多大な迷惑をかけた」と公式に謝罪した。(00:02)



↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月20日(月) 時代祭のコスプレ行列に参加しましょう!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。ハート形マウスが入荷しました「恋人にマウスを贈ろう」もよろしく。


 10月22日というと京都3大祭りの一つである時代祭が行われる日である。この時代祭や葵祭で平安時代の扮装で行列する人たちの中には多数の学生アルバイトが含まれている。オレも大学生の時はそのバイトをしたのである。祭りに参加するというのは京都で暮らす大学生の特権みたいなものであり、いい記念にもなるとオレは思っていたのである。沿道の見物人の中には「おっ、あのイケメンは誰だ!」とオレの写真を撮った方もきっといたはずだ。バイト料も年々値上がりして、今は主催者の平安講社が募集する条件が「日当6700円/8時間半の拘束」となっている。確か弁当もついたはずだ。毎年10月初旬になると京都大学、同志社大学、立命館大学などの地元の大学に募集掲示を出して応募者は約600人はあったという。

 ところが最近は状況が変わって、希望者が集まらなくなってきたのである。昨年は直前にあわてて三重県の皇學館大学などに応援を頼んで人数をそろえたという。なぜこんなことになったのだろうか。最近は出席に厳しい授業も増えて安易に平日にさぼれなくなったことも理由の一つだという。どうせ講義に出て来てもケータイをいじっていたり居眠りしていたりするくせに、出席だけはきちっとするのである。またこの祭行列のバイトが大学を通じての求人のために、通常の求人情報誌などで掲載されないために認知度が低いと言うことも理由の一つにあげられる。

 しかし、若者は基本的にコスプレが好きなはずである。この時代祭という一大コスプレ行列に参加したいと思ってる若者は、全国にいくらでもいるはずだ。もしも広くネットで呼びかけるならば、金を払ってでもそのコスプレをしたいという人たちが京都にやってくるはずである。なぜもっと広く希望者を募らないのだろうか。オレはそれが不思議なのである。

 オレが葵祭の行列のバイトに出た時、確かメガネをかけた学生も来ていた。平安時代にメガネをかけた人などいたのだろうか。しかし、そんなことをいちいち気にしていては人が集まらないのできっと仕方なかったのだろう。ただ、本当に昔の雰囲気を出すならメガネははずしてコンタクトにしてもらうべきだろう。

 日本文化が好きな外国人にもこの行列バイトの門戸を開けばいいのである。おそらく世界から応募者が発生するだろう。交通費を自分で負担して、わざわざ宿泊費まで払って京都に来てくれるのである。なんとありがたいことだろうか。行列に白人や黒人が混じっていれば変かも知れないが、それはそれでなかなか趣があって面白いのである。十二単を着た金髪の美女なんてなんだかゾクゾクするじゃねえか。

 時代祭を見るために全国から大勢の観光客がやってくる。そうした観光客に「見る」だけではなくて「参加する」というオプションを用意すれば、さらに祭が盛り上がることは間違いない。もちろん予定していた参加者が都合で来られなくなるなどのトラブルが発生し、当日に人数の誤差が生じるなんてことも起きるだろう。しかし、そのときは補欠要員を確保しておけば済むことである。

 オレは京都が好きだ。自分のこだわりを実現するためにわざわざ 「秘密の京都」というページを自サイトの中に用意してるくらいだ。オレは京都の祭を愛するし、工芸品というよりは芸術品と呼びたいほどの和菓子の数々を愛している。だからこの時代祭の危機をなんとかして救いたいのである。その窮余の一策が観光客へ広く行列の参加を呼びかけることであり、それはうまくいけば時代祭の人気を逆に高めて観光客を劇的に増やせるかも知れないチャンスであるとオレは考えるのである。

 マイナーな世界に押しやられていて、サブカルチャーの一つとしか認知されていないコスプレイヤーたちにとってもこうした祭はチャンスである。コスプレイヤーたちがきちっとそれぞれの時代を考証して、ふさわしい衣装を自分で用意することを可能にすればいいのである。つまり主催者側が用意する衣装ではなくて、コスプレイヤーによる持ち込みをOKにするのだ。もちろん時代にそぐわないものは却下すればいいわけだが、その範囲内でどんな工夫が出てくるのかオレは楽しみなのである。オレのむちゃくちゃな提案を、どうか主催者である平安講社の方々は冗談だと笑い飛ばさずに真摯に受け止めて欲しい。うまく成功させればこの時代祭を劇的に盛り上げることができる大きなチャンスなのだ。観光客が落とすゼニから大きな収入が得られるだけではなく、観光都市としての京都に新たな魅力を生み出すという意味で、この時代祭バイトのネット公募化を大いに進めて欲しいのである。コスプレ行列として時代祭に新たな魅力を与えて欲しいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月19日(日) ひき逃げ犯は女子中学生!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。マウスヲタクでは面白マウス特集をやっていますよ。


 大阪は治安が悪い

 これはまぎれもない事実である。住んでいるオレがその事実を把握してるし、いつも自衛のための行動をとるようにしている。たとえば自転車がよく盗まれる。高級車ほど盗まれる。クルマでやってきて速攻でガードレールとかにつないでるチェーンを切断して持ち去る。1分もかからない早業である。治安が悪いのは、そういう犯罪に手を染めるガラの悪い住人が多いからである。もちろん大阪の人間のすべてがそんなモラルなき人間ばかりではない。オレみたいに人格高潔の士もちゃんと存在するのだが、残念ながらそれは少数派であり、ひどいやつらがやたら目立つのだ。

 たとえば大阪ではバイクに乗ってる中学生や小学生が多い。これは大阪だけが免許取得年齢を引き下げているということではもちろんない。オレが中学生の時、番長気取りのヤツがいたが当たり前のようにバイクを乗り回していた。もちろんノーヘルである。そのバイクはいったい誰の持ち物なのだろうかと思ったがきっと親が自由に乗らせていたのだろう。そういうヤツの親はたいてい暴力団の関係者だったり、昼間から酒を飲んでパチンコ浸りでなぜか仕事もせずに家にいて(今思えば生活保護の不正受給とかだったのかも知れないが)ブラブラしていた。そんな親を見ればまともな子どもが育つわけがないし、きっとそうして犯罪者予備軍は再生産されていくのだろう。

 オレの母が地元のある病院に一週間ほど入院したとき、そこにやたら元気でガラの悪いオバハンどもが多数入院してるのに唖然とした。その病院は地元でも評判の悪い金儲け主義のところだったが、元気なオバハンを入院させては医療費を不正請求し、一方そのオバハンどもは保険会社から入院給付金を受け取るという相互扶助システムが確立してるのだというウワサを聞いた。おそらくそのウワサは当たっていたのだろう。オレの父親の話では、その病院はホームレスをかき集めてきては入院させて空きベッドを埋め、公的扶助から払わせていたということだから始末が悪い。こんなふうに福祉を食い物にする糞みたいな連中が多いのも大阪の欠点だとオレは思ってる。橋下知事にオレが望むのは、そうしたゴミクズどもを一掃して欲しいということだ。

 さて、最初この事件に関する記事を読んだとき、オレは盗難車がひき逃げに使われたのだと思った。車を捨てて逃げるなんて普通は考えにくいからだ。それにしても180mも引きずってだなんてこいつクルマの止め方を知らなかったのか馬鹿と驚いたのである。そこまでいくと殺人だ。

車にはねられた男性、180m引きずられ重傷 十三 2008年10月18日
 18日午前3時5分ごろ、大阪市淀川区十三東2丁目の市道で、路上に放置された軽乗用車の下に男性が倒れているのを淀川署員が見つけた。男性は病院に搬送されたが、重傷。現場の状況から、男性が軽乗用車ではねられた後、約180メートル引きずられて放置されたとみられ、同署は殺人未遂や道交法違反(ひき逃げ)などの容疑で捜査している。
 倒れていたのは、飲食店従業員の村中文夫さん(58)=大阪府豊中市服部本町1丁目。淀川署員が発見した当時はかすかに意識があったという。現場付近を通りかかったタクシー運転手が事故の痕跡を見つけ、近くの淀川署十三東交番に届け出た。
 同署によると、軽乗用車から約160メートル離れた国道176号付近で破損した村中さんの自転車が見つかった。周囲のコンビニエンスストアの防犯カメラの映像から、同日午前2時55分ごろに西へ約20メートルの交差点で、帰宅途中の村中さんがはねられたとみている。現場は見通しの良い交差点で、信号機があった。
 車の発見現場付近から、若い男女4人が走り去る姿を通行人が目撃しており、同署は関連を調べている。
 放置されていた車はグレーのミニバン型でフロントガラスが破損していた。路上の痕跡などから、はねられて前方の路上に倒れた村中さんを軽乗用車が車体の底部に巻き込んだまま走行したと同署はみている。車の所有者は「知り合いに売った」と話しており、売った相手からも事情を聴いている。
 村中さんの自宅にいた親族の男性は「いつも『始発で帰るのはいやだ』と言って自転車で帰宅していた。あんな見通しのいい交差点ではねられるなんて信じられない。犯人は許せない」と話した。
 事故現場は阪急十三駅の南約100メートル。車が放置された付近は商店街だったが、当時人通りはほとんど無かったという。


 さて、この記事を読めば、クルマの持ち主は「知り合いに売った」とこの記事の時点では主張してたのである。他の新聞では「7月に知人に売った」と書いてるのもあった。また他の新聞では「朝になったらクルマがないので盗難届を出した」とあった。しかしそれらはみんな大嘘だったのである。なんとクルマを運転していたのはそのクルマの所有者の娘、しかもまだ15歳の中学3年生だったというから恐れ入る。さすがに「ふだんから娘に運転させていました」という事実は答えられなかったのだろう。

 最初に書いた「バイクに乗ってる中学生が多い」と共通するのだが、そういう連中は親の持ってるバイクや車を勝手に乗ってるというのが基本である。つまり、非行の事実をたいていの親は知ってるのであり、知っていても家庭内暴力が怖くて放置してるというのが多いのである。大阪では基本的に親の教育力やしつけはあてにならない。こんな連中を取り締まるのは警察の仕事だ。バイクに乗ってる中学生は土曜の夜によく暴走してるから、そんなのは見つけ次第車両没収、逃走したら投げ縄で捕獲して引きずり回して御用だ。抵抗して向かってくるなら射殺でいい。大阪の治安を回復させるには、警察官を多数投入して日夜パトロールさせ、非行少年を片っ端から検挙して親に罰金を払わせるしかないとオレは思ってる。未成年の万引きや喫煙罰金50万円くらいにして、それを親から強制的に払わせるというルールにすれば少年犯罪は激減するだろう。また少年の喫煙現場をデジカメなどで盗撮して検挙に協力した市民には罰金の一割を報奨金として与えるようにすればいい。オレも撮りまくってやるぜ。

 ひき逃げ犯が女子中学生とバレてからの記事はこうなった。

男性を引きずって放置の車運転容疑、中3女子逮捕 大阪2008年10月18日
 18日午前3時5分ごろ、大阪市淀川区十三(じゅうそう)東2丁目の市道で、路上に放置された軽乗用車の下に男性が倒れているのを淀川署員が見つけた。男性は病院に搬送され、重傷。現場の状況から、男性は軽乗用車ではねられた後、約180メートル引きずられて放置されたらしい。淀川署は同日夜、軽乗用車の無免許運転でひき逃げしたとして、大阪府豊中市の中学3年の女子生徒(14)を自動車運転過失致傷と道路交通法違反の疑いで逮捕した。
 同署によると、女子生徒は「無免許でけがをさせたので怖くなって逃げた」と供述しているという。
 ひき逃げされたのは、飲食店従業員の村中文夫さん(58)=豊中市服部本町1丁目。淀川署員が発見した当時はかすかに意識があったという。現場付近を通りかかったタクシー運転手が事故の痕跡を見つけ、近くの交番に届け出た。
 同署によると、軽乗用車から約160メートル離れた国道176号の路上付近で破損した村中さんの自転車が見つかった。周囲のコンビニエンスストアの防犯カメラの映像から、同日午前2時55分ごろ、自転車があった地点から西へ約20メートルの交差点で、帰宅途中の村中さんがはねられたとみている。現場は見通しの良い交差点で信号機があった。  放置されていた車はグレーのミニバン型でフロントガラスが破損していた。路上の痕跡などから、はねられて路上に倒れた村中さんを車体底部に巻き込んだまま走行したと同署はみている。
 同署が車のナンバープレートなどから所有者を特定したところ、所有者の娘であるこの女子中学生と事故後連絡が取れなくなっていた。同署が車に乗っていたとみられる少年少女4人を割り出して事情を聴いたところ、この女子中学生がひき逃げを認めたという。


 さて、この女子中学生の「無免許でけがをさせたので怖くなって逃げた」という発言はウソだ。死んだと思って怖くなって逃げたのだろう。「ケガをさせた」と発言すれば「殺人未遂」ではなくて「傷害罪」になるわけで、誰かの入れ知恵かも知れない。それにしても「けがをさせた」ことが怖くても「無免許運転」は怖くないのだろうか。この女子中学生はどうも日常的に深夜にこのクルマを転がしていたような気がしてならないのだ。そう、事件は深夜3時である。この女子中学生がものすごく早起きだということではない。女子中学生が夜中の3時に出歩いていて、しかも家のクルマを勝手に乗り回していてもこの女子中学生の親は平気なのである。このひき逃げ事件の責任はすべて親にある。

 さて、問題はこの被害者の救済なんだが、強制保険は支払われるとして任意保険はこのような事例ではアウトなんじゃないか?少なくとも免許を持たない人が運転した場合なんてものはカバーしないだろう。そうなると親がかなりの賠償をしないといけないわけだが、これも上で書いたように、そういう非行少年の親というのはたいていどうしようもない親なんだ。賠償能力なんてないだろう。すると被害者は国家による犯罪被害者給付金が頼りということになるのか。その原資は税金だ。なんでこんなクソ野郎の尻ぬぐいを税金でしてやらないといけないのか。

 さて、今回の事件、この女子中学生を少年法で守る必要なんかはない。大人同様にやったことの責任をとらせて、殺人未遂としての刑罰を科すべきだとオレは思っている。ただ、その原因を作ったのは親だ。中学生が無免許で車を乗り回せば、いつかは事故を起こして人をはねたりすることはちゃんと予測しないといけない。だから親も責任をとらせて刑務所に入れるべきだろう。あと、この女子中学生と一緒にクルマに乗っていて逃げた不良仲間、こいつらには被害者への賠償金を一緒に払わせるべきだ。もちろん少年ならその親が負担することになるが、なんとかしてこの少年どもにも償わせる方法はないものかと思う。それにしても大阪の治安はひどいぜ。深夜のコンビニの前にたむろしてウンコ座りでタバコ吸ってる馬鹿どもは、問答無用でみんな逮捕してどっかに島流しにしてくれとオレは本気で思ってるよ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月18日(土) そんな小さいのどうやって読むんだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。 簡単なプロフィールを更新しました。ぜひごらんになってください。お勧めリンクも追加しています。


 米粒に字を書いたり、絵を描いたりする人がいる。こういう細かいことというのは日本人の得意技なんだろうか。とにかく「すげぇ!」と思うのである。しかし、この細かいことが得意という技を発展させたものが日本の産業技術を支えたわけで、我々はその恩恵を受けて暮らしてるだけに無視できないのである。しかし、オレもこれにはさすがにたまげてしまったよ。原子を一個一個並べて文字を書けるのかい? なんてことだ。無断転載・複製を禁ずとあったのでここにその写真を載せることはできないが、読売新聞のWEBサイトの記事を引用しよう。リンク先に行けばその原子で書いた文字が見られるよ。

原子を並べて世界最小の文字、25万分の1ミリの基板上で
  直径が1000万分の7ミリの原子を12個並べて世界最小の文字を書くことに、大阪大学の森田清三教授、阿部真之・准教授らが成功した。成果は米科学誌サイエンス電子版に17日掲載された。
 阿部准教授らは、極細の針と物質の間に生じる引力の変化で表面の構造を読み取る「原子間力顕微鏡」を改良し、針先を10億分の1ミリ単位で操作できるようにした。
 スズで表面を覆った基板に顕微鏡のシリコン製の針をギリギリまで近づけると、針先からシリコン原子が1個飛び出し、スズ原子1個と入れ替わった。この現象を利用し、縦横25万分の1ミリの基板上でスズ原子をシリコン原子に置き換え、シリコンの原子記号「Si」の文字を書いた。
 IBMなども過去に原子を並べて文字を書いているが、極低温下でなく、室温の環境で書いたのは阪大が初めてという。阿部准教授は「半導体の性能を大幅に向上させたり、原子レベルの精密さで集積回路を設計したりできる可能性がある」と言う。(2008年10月17日15時12分 読売新聞)


 オレは高校生の時に物理や化学が得意だった。化学の授業で黒板に書かれた構造式を見ながら、これを積み木細工みたいにいじれるのならすごいのになあと思ったものである。こっちの水素原子をちぎってこっちに移動させて、こっちから炭素原子を引っ張って・・・というふうに。そして、思い通りの構造式の物質を作ってしまったりするその技術に感嘆したものである。なぜ目に見えない小さな世界のことがちゃんとわかり、またその世界を支配できるのか。残念ながらオレが物理や化学を勉強していたのは受験勉強までで、そこから後は趣味の世界になったのだが。大学の授業の一般教養で化学や天文学を選択したが、それは文系向けのやさしい内容だったし。

 今パソコンのCPUはアメリカに支配されている。日本人が作ったCPUとしてオレはその昔、V30というNECのCPUが搭載されたパソコンを使っていたことがあるが、今のパソコンと比較するとお話にならないような貧弱な性能だった。いつか日本が巻き返しをはかって、日本発の技術でパソコンの世界を支配するようになって欲しいと願うのだが、考えたらパソコンの中味なんてほとんど外国勢じゃないかと悲しくなる。CPUはインテルで、マザーボードは台湾のASUS、ハードディスクを見ればマレーシア製だったりする。日本で作ってるのは液晶くらいである。

 ノーベル賞の日本人受賞者が一気に4人出た。こういうムードの中でもっと優秀な若者が理系を目指し、将来の日本を支えて欲しいとオレは願うのだ。理系の連中が金融工学なんてものを駆使して開発した金融商品が今世界をどうしようもない状況に追い込んでいる。貴重な頭脳がそんな虚業ビジネスの世界に流出し、ギャンブルのような金融商品を作り出したことで世界が大混乱しているのだ。どうやって責任をとってもらえばいいのかと思うが、バクチの仕組みを作ったものに罪はなく、賭けた側の責任だからなあ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月17日(金) 変態巡査、パトカー内でH!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 世の中には性欲の暴走を抑えられない野獣たちがたくさんいる。そんな連中というのはきわめて危険である。一つ間違うと犯罪に走ってしまうからだ。オレが情けないと思うのは仕事の場所で性行為を行う連中である。もしも神聖な学校の中でみだらな行為にふける教師がいれば言語道断である。しかし、事実はオレの想像力を超えていたのである。まさかパトカーの中でHする巡査がいたとは驚きだ。読売新聞のWEBサイトにあった記事を引用しよう。

パトカー内で少女にみだらな行為、鹿児島県警巡査を逮捕
 鹿児島県警は16日、パトカー車内で少女にみだらな行為をしたとして、鹿児島市小松原1、県警機動隊の巡査中馬(ちゅうまん)健(たけし)容疑者(24)を、県青少年保護育成条例違反(淫行(いんこう))容疑で逮捕した。
 中馬容疑者は容疑を認めているという。県警は同日、同市の自宅や機動隊庁舎など4か所を捜索した。
 発表によると、中馬容疑者は8月17日午後4時半ごろ、同県薩摩川内(せんだい)市の九州電力川内原発の警備中、出会い系サイトで知り合った県内の無職少女(17)を携帯電話で呼び出し巡回用のパトカーに乗せ、市内の山中に移動し、車内でみだらな行為をした疑い。少女が18歳未満であることを知っていたと認めており、「妻以外の女性と関係を持ちたかった」と供述。犯行時は県警が貸与している「出動服」と呼ばれる紺色の服を着ていたという。
 県警によると、中馬容疑者は9月7日にもパトカー内で別の女性の胸を触り、県警が処分を検討していた。藤山雄治・県警本部長は「職員らに責任と自覚を強く促すとともに、規律保持を徹底し、県民の信頼回復に努める」とのコメントを発表した。(2008年10月16日23時43分 読売新聞)


 この中馬(ちゅうまん)健(たけし)容疑者は記事になってる2件ともパトカーの中での行為である。8月17日には出会い系サイトで知り合った無職少女と車内でH。9月7日にはやはりパトカー内で別の女性の胸を触っているのである。そして鹿児島県警はこの変態巡査の処分をすでに検討していたという。短期間にこのような事件を連続で起こしてるということは、他にも余罪があるかも知れない。もしかしたら地元の女性の間で「変態巡査」として有名だったかも知れないのだ。

 まあ出会い系を利用して男性と行きずりの関係を持つ少女の側からすれば、それは被害でも何でもなく一つの武勇伝に過ぎないのだろう。もしかしたら今回の事件の発覚も、この少女が仲間内で「わたし、パトカーの中でポリ公とやっちゃった!」と自慢話をしていたのが広まったのかも知れないのだ。そんな軽薄な相手とHしちゃうからこんなことになるのである。

 不特定多数とのみだらな行為が好きなら、この男が警察官という職業を選んだことは間違っている。ちゃんとその夢が実現するような職業、たとえばAV男優とかを目指せばよかったのである。加藤鷹のところにでも弟子入りして頑張れば良かったのだ。もっとも誰もがその職業に適性があるとは限らないけれども。

 さて、今回の事件に対して鹿児島県警本部長の「職員らに責任と自覚を強く促すとともに、規律保持を徹底し、県民の信頼回復に努める」というコメントがあったそうだが、責任と自覚の前に常識というものが欠落した状況で責任と自覚なんて語っても意味がないだろう。責任と自覚言ってもどうせ「妊娠させたときの中絶費用の責任」とか、「気持ちいいことをしているという自覚」程度しか想像できないような。脳みそが性欲でできた連中には何を言っても無駄だ。

 それにしてもこの変態巡査、警察官としての自覚なんか全くなかったんだろうなあ。きっと頭の中では自分が警察官であるという意識はふっとんでいて、警察官のコスプレをしてる程度の感覚だったんだろうなあ。なんとも情けない話であるよ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月16日(木) クルマは小さいことにも価値がある!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 どうしてクルマというのはモデルチェンジのたびに少しずつ大きくなるのだろうか。これはオレが長年感じてきた疑問だった。年々人間が巨大化してるわけでもなく、道路が広くなってきてるわけでもない。それなのになぜクルマをでかくするのか。今や車体幅が1.7m以下のクルマはごく一部の小型車に限られ、町を走るクルマの大半が3ナンバー化しようとしてるのである。オレの家の近所には狭い道が多く、軽自動車なら簡単にすれ違えるが普通車どうしならちょっと面倒なところも何カ所かある。何よりもオレの使ってる車庫が問題だ。あまり幅の広いクルマを入れるとドアが開かなくなってしまうのである。そういうわけでオレは大きなクルマに乗ることができなかったし、自分でも欲しいとは思わなかったのである。

 大学生の時にオレが最初に買ったクルマである いすゞジェミニは、車幅が1590ミリしかなかった。オレは後部座席に乗るなんてことはなかったが、きっと狭かったのだろうと思う。しかしその大きさでいったいどんな不便があるのだろうか。今の小型車のセダンでそんなに幅が狭いのはない。どれも5ナンバー枠ぎりぎりまで車幅を拡大している。その方が衝突安全性を高められるのかも知れないが、オレはどうも納得いかなかったのである。小さくて軽いクルマをオレが愛するのは、最初に乗ったクルマがジェミニだったことと大いに関係があるだろう。

 さて、巨大化、大排気量化という世間の流れに対して逆行するクルマをトヨタが作ってくれた。オレはトヨタというメーカーは好きではない。だからこれまでトヨタ車を所有したこともない。しかし、今回発表されたIQは、年をとったら買ってもいいかなと思ったのである。4人乗れる最小の大きさというものを追求したその試みをオレは支持したいのである。

リッター23キロ、トヨタの超小型車iQ発売へ 2008年10月15日22時42分
 トヨタ自動車は15日、全長3メートルを切るトヨタ車で最小の新型車「iQ(アイキュー)」を11月20日に国内で発売すると発表した。斬新なデザインで軽自動車や欧州輸入車との差別化を図り、ガソリン高を背景に高まる小型車需要を取り込む戦略だ。
 渡辺捷昭社長は千葉・幕張の発表会で「全く新しい市場を創造する車。我々の使命である環境やエネルギー、安全に配慮した車づくりの一環だ」と述べた。
 排気量1.0リットルで、希望小売価格は140万〜160万円(税込み)。ガソリン1リットルあたりの走行距離は23キロと、トヨタ車ではハイブリッド車のプリウス(33〜35.5キロ)に次いで燃費が良い。
 iQはトヨタ最小の専用車台を使ったのが特徴。通常は車両後部に置く燃料タンクを前列座席の床下に移して全長を短縮し、小回りが利くようにした。エアコンの体積も2割近く圧縮して助手席の足元を広くし、大人3人と子ども1人が乗車できる。後部座席に乗る人の頭を追突から守る世界初のエアバッグを含む9個のエアバッグで安全性能を向上させ、競合する軽自動車や、全長3メートルを切る独ダイムラーの超小型車「スマート」に対抗する。(福田直之)


 追突時に後部座席の人を守るエアバッグなどこれまでになかった安全装備もあるという。全長3m以下のクルマとしてはこれまで「スマート」があったが、そっちは確か二人乗りだったはずだ。こんなに小さいのに4人乗れるというところがすばらしいのである。

 自分一人しか乗っていないのに、ばかでかい鉄のかたまりを移動させて無駄に化石燃料を浪費する愚行を世界中の人々が続けてる。少しでもその愚行をやめさせるためには、一人乗りに適した小さなクルマを世界に普及させて、平均的な燃費を下げていくしかない。しかし、小さなクルマは価格が安く設定される。同じ一台を売るのならできるだけ大きくて高いモノを売った方がクルマ屋はもうかる。各メーカーがいいスモールカーを開発したくなかった背景には、その結果自社の大きなクルマからの乗り替えが進むとで利益が減少するからというせこい理由があったのだろう。しかし、地球温暖化が加速する中で二酸化炭素の排出量の削減などに本気で取り組まなければならなくなった時に、トヨタがこうして方向性を示してくれることに対してオレは敬意を払いたい。大きなクルマを販売して手に入る利益よりも、儲けは減ってもこれからは公共性を重視したクルマ開発が求められるということにやっと気がついてくれたのだろうか。

 この新型車のIQ、機会があればぜひとも試乗してみたいと思ったのである。オレが今のクルマを廃車にするころにはホンダや日産も対抗してスモールカーを出してくるだろうか。そうして選択肢が増えるのは大歓迎である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月15日(水) 民主党は今すぐ前田雄吉議員を除名せよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。通販マウスショップ「マウスヲタク」をリニューアルしました。ぜひごらんになってください。


 オレは基本的にマルチ商法が嫌いである。その本質がイカサマだと思っているからだ。ネットワークビジネスと名前を変えても中味は同じである。変な洗剤とか化粧品を売るときに法外な価格を設定し、その付加価値分が販売した会員の収入となり、さらにその親会員のところにゼニが入るという基本的な構造はどれも同じである。会員の中に高収入を得る者がいるということは、商品の本来の価値よりもかなり高くその価格が設定されているからである。同じような商品はホームセンターなんかでたいてい買えるし、そこで買えなくても楽天市場を検索したらたいてい買えるのである。

 そのマルチ商法を擁護し、それだけではなく法律で規制しようとする動きに対して業界擁護の国会質問を行っていた上に、その業界から講演料の名目でゼニをもらっていた国会議員がいたのである。民主党の前田雄吉議員である。以下、アサヒコムの記事を引用しよう。

前田議員、業務停止命令のマルチ業者に講演料返還せず2008年10月14日17時1分
 民主党の前田雄吉衆院議員(48)=比例東海=が、自ら代表を務める二つの政治団体にマルチ商法業界から計1156万円の資金提供を受けながら業界擁護の国会質問を繰り返していた問題で、講演料として計150万円を提供した業者が経済産業省から法律違反を理由に業務停止命令を受けたのに、前田議員は返還などの対応を取っていないことがわかった。
 政治団体の収支報告書に返還を示す記載はない。業者側も「返還は受けていない」としている。前田議員は一連の国会質問で「ごく一部の悪質業者は厳格に取り締まるべきだ」と繰り返しながら、自身は問題業者からの資金提供を放置していた格好だ。
 この業者は、化粧品や健康食品などを販売する「ドリーム・オブ・トータル・コミュニケーション」(東京都港区)。前田議員が代表を務める民主党愛知県第6区総支部は04年に1回の講演料として70万円、05年に同50万円を、前田議員の資金管理団体「未来政策研究会」は06年に同30万円を、それぞれ同社から受け取っていたことが政治資金収支報告書に記載されている。
 ところが、同社はその後の07年11月、「絶対にもうかるから」などとうそを言って勧誘したとして、経済産業省から3カ月間の業務停止命令を受けた。同社の柳瀬貴美子社長は朝日新聞の電話取材に対し、処分後も講演料は返還されていないことを認めた。
 柳瀬社長によると、講演料を支払った当時は、業界で組織する政治団体「ネットワークビジネス推進連盟」の仲介で、前田議員を年に数回、販売員向けの勉強会に講師として招いていた。特定商取引法の順守などについて講演してもらったという。社長は「講演料は、講演という労働に対する対価で、単なる寄付とは違う。返還してもらう性質のものではない」と説明した。
 前田議員は14日午前、自らのホームページで、この問題について、「今回(朝日新聞)の報道で業務停止を知り、道義的に全額返還する」と表明した。


 法律違反で業務停止処分を受けるような業者はおそらくかなり問題があるのだろう。そこから献金を受け取っていたということは、悪徳業者の一味だと思われても仕方がない。ただ、その業者からの献金を返還したらそれでOKというものではない。ネットワークビジネスそのものがオレは問題があると思っている。もっともだまされて高いモノを買わされたり、売れない浄水器や健康食品を抱え込んで自己破産するのもある意味自己責任だと思うのであまり同情する気はない。世の中にそんなにうまい金儲けの話が転がってるわけでもないし、会員の数を無限に拡大することが不可能な以上、ネットワークビジネスというビジネスモデルはいつかは破綻する宿命にあるのだから。ただ、そういうことは少なくとも中学や高校でどこかで教えるべきだとオレは思っている。この世はオレのような疑い深くゼニの計算の得意な人間ばかりではなく、うかつにもだまされる人も多いからだ。

 前田議員はネットワークビジネスの熱心な擁護者であり、ニートや主婦の就業にも役立つという高邁な理論をお持ちである。それに関する著書もあるという。実際はそのビジネスがニートや主婦の貴重な財産を奪い、元締めや幹部が巨額の利益を上げる仕組みであることをご存じなのだろうか。もしも知っていて擁護しているならもはや確信的な詐欺師である。実態を知らずに擁護してるなら国会議員資格がないくらいに馬鹿である。

 選挙を控えたこの時期に、こうしたスキャンダルにまみれた議員が存在することは民主党にとってかなりのマイナスだ。少なくとも小沢代表はこの件に関して前田議員を厳重に注意してなんらかの処分を行い、場合によっては除名も辞さないという強い態度を表明すべきである。そうでないと自民党に確実に足下を掬われることになるだろう。

 前田議員がネットワークビジネスの業界団体から受け取った政治献金の総額は1156万円とかなり巨額である。その業界を金づるにしていて業界擁護の国会質問を行っていたのだとしたら、賄賂をもらって私利私欲で国会運営を妨げたのと同じことである。どう考えてもそうした行為は国会議員としてふさわしいとは言えない。

 それからもう一つ前田議員のウソを暴いておきたいのだが、「今回(朝日新聞)の報道で業務停止を知り、道義的に全額返還する」というコメントにオレは吹き出しそうになった。ここからはオレの憶測なんだが、少なくともどっぷりと業界内部に関わった、いわゆるインサイダーの前田議員がこの処分を知らなかったはずがないだろう。きっと処分の時に「なんとか前田先生のお力でなんとかなりませんかねえ」と相談してきたに決まってるぜ。そのための政治献金じゃないか。どこの世の中にただでゼニを1156万もくれる奇特な方々がいるのだ。そのゼニは自分たちのビジネスのための投資であり、ある特定の仕事を依頼するための報酬であるとオレは受け取っている。いくら国会議員先生だからとたかが1時間程度の講演で50万とかのゼニをぼったくるなよこの銭ゲバめ。オレに依頼してくれれば1時間の講演を5万円で請け負ってやるよ。中味はネットワークビジネスの罵倒だけどなあ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月14日(火) 来季、阪神が優勝する方法を考えました!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。通販マウスショップ「マウスヲタク」のリニューアルも完了しました。ぜひ冷やかしにご来店ください。


 阪神ファンのオレとしては、これから書くことは13ゲーム差からの大逆転を許してしまったことの単なる負け惜しみに過ぎないのだが、それでもあえて言うならば巨人は今回の優勝をカネで買ったのだと。そして広島からの助っ人を主力とする阪神はそれにわずかに及ばなかったのだと言うことである。巨人が強引に獲得した3人、最多勝投手のグライシンガー、最多セーブのクルーン、打点王、本塁打2位のラミレスという活躍をみごとにしてくれたわけで、優勝というのも当然すぎる結果だった。

 巨人が昨年オフにこの3人のガイジンの獲得を決めたとき、オレはその3人がただの月給泥棒となって働かないでいてくれることを期待したのである。ロッテで活躍しながら年俸2億5000万円で巨人に移籍した途端に故障して2年間でわずか2試合しか投げずに退団していったヒルマンみたいな月給泥棒となってくれればオレは「ざまあみろ!」と快哉を叫んだだろう。ラミレスは芸能界に入ってバラエティ番組に出ればいいと思ったし、クルーンが四球を連発して自滅してくれるのを願った。しかしオレの予想は外れ、なんとこの3人は額面通りの働きをしてしまったのである。なんということだろうか。それでも巨人はイ・スンヨプの不振や二岡の不倫騒動などで前半戦は足踏みしてくれた。その間に新井の加入で打線につながりのできた阪神が漁夫の利で貯金を重ねることができた。7月までのセリーグペナントレースを見る限りでは誰もが阪神の独走の優勝を予想したはずだ。しかし阪神にとっての悪夢はその後にやってきた。北京オリンピックによる主力3選手の欠場と、新井の戦線離脱である。新井が出ていない50試合の成績を阪神は負け越している。つまり貯金は新井の出場してる試合だけで稼いだようなものである。それだけ阪神にとって新井の存在は大きく、その獲得の意味もあったのだがそれだけ欠場時の痛手も大きかった。

 ただ、セリーグをもっともつまらなくしたのはやはり横浜ベイスターズの存在だ。このチームは最下位が決まっていてもはや試合の結果なんかどうでもいいという時になって急に阪神に対して強くなった。確か8月から9月にかけて阪神は横浜に6連敗したはずである。同じ頃横浜は巨人には5連敗だったか。これによって両チームの差は一気に埋まったのである。つまりセリーグ優勝のカギを握ったのは実は横浜だったということになる。もしも横浜がちゃんと阪神に負け、巨人に勝っていれば今頃阪神は優勝を決めていたことになるわけである。このような横浜の戦い方は全くもって許せないのである。巨人が優勝を決めた日だってそうだ。阪神が3−0とリードしているからそのまま勝たせてくれればいいのに、内川のタイムリー、村田の3ランで一気に逆転したのである。どうしてそんなかわいそうなことをするのか。そこで阪神に負けをつけるということは、そこでリーグ優勝が決まってしまうということである。あんたたちはどうしてそんなかわいそうなことができるのだ。あそこでホームランが打ってしまう村田を、阪神ファンは断じて許してはならないのである。もしも来季、村田が終盤戦にホームラン王争いをしていれば全打席四球で妨害してやれよとオレはせこい復讐を思うのである。

 北京オリンピックのA級戦犯といえばやはり阿部とイ・スンヨプだ。阿部は大事なところでエラーをしたり打たなかったという点で、イ・スンヨプは大事なところで打ちやがったという点で日本がメダルをとれなかったことに関してのA級戦犯なのである。その二人にはちゃんと責任を取ってもらって阿部はシーズン終了までの2軍落ち、イ・スンヨプには韓国球界への凱旋帰国でそのままシーズン終了までの休暇をとらせるべきだったのにどうしてチームに復帰させたのか。おかげで二人とも大活躍したじゃないか。どうしてそんな迷惑なことをさせたんだ。あげくの果てには阪神ファンのオレとしてはとうてい受け入れられない結果となったのである。

 昨年も今年も、巨人軍の戦力はセリーグでダントツだった。そのチームが優勝するのは順当な結果だろう。ところが前半戦に阪神が突っ走ってくれたものだからオレは心のどこかで「カネで作ったチームに負けてたまるか!」と期待していたのである。しかし最後にはやはりカネが勝ったのである。

 まだCSが残っている。しかし、オレはそこで阪神が勝てるなんて甘い期待はしていない。おそらく中日にもあっさり負けるだろう。そうして阪神の今季は終わる。だからこれから考えるのは来季のことである。やはり巨人のカネに勝つには阪神もカネだ。ここは一つFA宣言する予定の中日の川上憲伸を獲得してくれ。打つ方は金本、新井という中心選手がいるが、投手陣の柱がいない。だから川上をとってくれと願うのである。昨年、広島の黒田を獲得することに対して反対したオレだが、今季の結果を見るともうそんなきれいごとは言ってられなくなったのである。もう勝つためにはどんな卑怯な手でもいいから使ってくれ。川上憲伸を獲得すれば、中日のチーム力を低下させることもできて一石二鳥である。あと誰をとればいいのか。そうだ、大物がいた。松井とイチローだ。ゼニはいくらかかってもいい。この二人を同時に獲得できれば来季の阪神は間違いなく優勝できる。もう阪神に残された手段はこれしかない。もうなりふりかまわず狙うしかないのだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月13日(月) 三浦和義事件の本質について        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。秋の京都を訪問される方は「京都ホテル案内」もよろしく 「こだわりの店」に山口果物店を追加しました。


 ロサンゼルスに移送された三浦和義氏が自殺した。週刊誌で騒がれた「ロス疑惑」以降の三浦事件がこれで終焉を迎えたということになる。彼の無実を信じる支援者たちや、一部の人権派の弁護士たちが「一事不再理の原則を破っている」などと主張していたのだが、そもそもこの事件の本質は「保険金殺人をやっても巧妙にやればごまかせる」というところにあったのではないのか。ロサンゼルスでの一美さん銃撃事件に関して日本の最高裁判所が「無罪」という判決を下したとき、「三浦和義が関与していないから無罪」というのではなくて「三浦和義が関与したという証拠が見つけられなかったから無罪」という形だったのではないか。不自然なまでに巨額の保険金を掛けていたという状況証拠があっても、殺人に関与したということが立証されない限り無罪になるという事例が示したことは、裁判というモノの一つの限界と無力さを我々に感じさせたのではないか。

 オレは三浦和義氏はクロだと信じている。それは、妻の一美さん殺しを三浦は愛人であった女優の矢沢美智子に依頼し、実際に矢沢はロサンゼルスのホテルにいた一美さんを襲撃したこと。この件に関して矢沢は懲役2年6ヶ月、三浦は懲役6年の実刑判決を受けているからだ。その時に一美さん殺害に失敗したのでその3ヶ月後に銃撃事件を巧妙に仕組んだのである。一度妻を殺そうとした人間が、今度は銃撃事件の被害者となり、植物状態となった妻を嘆くとは茶番以外の何ものでもない。多くの人間がその茶番にだまされたこともまた事実なのだが。

 小野悦男という連続婦女暴行殺人鬼がいた。彼が関与した事件は11件とも言われるが、今はもう真相解明の手段はない。彼が逮捕され、その自白によって多くの遺留品が発見されたにも関わらず「自白は代用監獄で強要された結果である」と支援者たちが主張して1979年6月には「でっちあげ 首都圏連続女性殺人事件」という本が社会評論社から出版されている。(このカルト本をアマゾンで検索すると19600円という値が付いていた。)一度は無期懲役の判決を受けた小野悦男だったが、1991年4月23日に東京高裁・堅山真一裁判長が自白調書の証拠能力を否定、一審の無期懲役を破棄した。彼は連続婦女暴行魔から一転して無罪を勝ち取ったヒーローとなり、国から巨額の賠償金を手に入れた。しかしその五年後、小野は同居していた女性を殺害するという事件を起こす。また少女に対するいたずらでも検挙されている。そのときに警察は支援者たちの活動を恐れてきわめて慎重に証拠を採取し、逮捕に踏み切ったのだという。

 その後1999年2月に東京高裁で無期懲役の刑が確定し小野悦男は収監されたわけだが、最初に検挙された連続婦女暴行殺人に関しても有罪だったとオレは思っている。一人の殺人鬼を野放しにしたことで新たな殺人事件を発生させ、賠償金という形で税金をそのクソ野郎にくれてやることになった結果に対して、支援者の人権団体どもには罪はないのかとオレは思うのだ。無責任に人殺しを擁護し、国家権力に逆らうことが正義だと勘違いして、結果として一人の殺人者を無罪にしてしまったことで、無念にも強姦殺人の犠牲となった多くの女性の無念を晴らすことができなかったことに対して、小野悦男の支援者どもは何かアクションを起こしたのか。むしろ「裏切られた」と自分たちが被害者面していたのではないか。おまえたちのくだらない支援活動は、犠牲者にとってむしろ加害行為だったのだ。

 この世には本質的な悪人が存在する。そういう人間はなぜか巧妙に世の中を泳ぎ、なぜかゼニをたくさん持っていたり、美しい女性を妻にしていたりする。三浦和義もその一人だったとオレは思っている。三浦和義が出たというスワッピングパーティの写真が写真週刊誌に暴露され、性器丸出しの写真が衆人の目にさらされたことがあった。私もその写真を見た野次馬の一人だが「あほか!」と思っただけである。そういう場に出席する人種というものを自分は本質的に理解できないだろうし、性の快楽にそこまで貪欲であろうとする連中はろくなもんじゃねえとオレは思ってる。これは偏見かも知れないが、まともな人間はスワッピングなんかしないと思うし、オレはそういう倒錯した性の世界に興味はない。

 三浦和義は多くのマスコミ関係者に対して名誉毀損の訴訟を起こし、その中には勝訴してゼニをふんだくったものもかなりあったという。もしかしたらそうやってふんだくるゼニが彼の生活費にあてられていたのだろうか。コンビニでのくだらない万引き事件で捕まったのでゼニに困っていたような印象もあるが、サイパンに遊びに行けるくらいだからきっとゼニの使い方を知らなかっただけだろう。

 三浦事件が我々に教えてくれた教訓があるとすれば、それは

「悪人であっても堂々としろ」
「悪いことをしても開き直れば道は開ける」
「日本の裁判はクソである」


ということかも知れない。彼ほど開き直った悪人が他にいただろうか。マスコミは彼を商品として利用して多くの視聴率を稼ぎ、その開き直りぶりさえもまた商品に仕立てていった。もはや彼が有罪なのか無罪なのかは関係なかった。
彼の支援者というのもオレから見れば本当に信じてるからではなくて、ただ自分の政治的な主張にその裁判結果を利用してるだけとしか思えない。一事不再理の原則も、その「一事」がクソみたいな裁判ならば、むしろそれをくつがえしてくれたアメリカの司法当局にオレは礼を言いたいくらいである。別に日本の司法権が侵害されたとは思わない。不備を補ってもらえたということで、日本の法務大臣は感謝状を出すべきだろう。

 彼がなぜ自殺したのかは誰にもわからない。遺書がどこかに残されていれば別だが。裕福な家庭に生まれたということや、かつては俳優として映画にも出ていたということだからそれなりにまっとうな人生を歩むことも可能だっただろう。その人生の多くを拘置所や刑務所で過ごすこととなった彼が、人生最後の時をどのような気分で迎えたのか。別にオレはそんなことを知りたいともなんとも思わない。興味ないよ。オレが知りたいのは事実だけだから。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月12日(日) 全裸カラオケ大会やってます!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。
 

 全裸でいるのは気持ちがいい。しかし、その快楽が許されるのは入浴中と、ビジネスホテルに一人で宿泊してる時くらいである。もしもオレが高層マンションに一人暮らしでたっぷりと休暇が与えられるならば一週間の全裸生活にチャレンジしてみたい。冷蔵庫をさまざまな食品で満たして、DVDやゲームを用意してただひたすら遊び暮らせるだけの準備をしてチャレンジするのである。そのときに自分に「ずっと全裸で過ごす」というルールを課すのである。一度やってみたい生活である。もっとも世の中には、外出時はちゃんと着衣になるが家では二人とも真っ裸という夫婦揃っての裸族も存在するそうだからオレの夢見る生活を実現している方はどこかにきっといそうである。

 さて、千葉市消防局にも裸族がいたのである。彼らはスナックで全裸カラオケ大会を開いていたのである。

「ハメ外しすぎた」千葉の消防士5人、全裸でカラオケ
 千葉市消防局の20〜30歳代の男性消防士5人が9月下旬、千葉市内のスナックで酒に酔って次々と服を脱ぎ、全裸になっていたことがわかった。
 同局は「公務員としてあるまじき行為」として、近く審査委員会を開き、懲戒処分に該当するか検討する。
 同局によると、9月27日夜、同局職員の送別会があり、4つの出張所に所属する消防士28人がスナックで開かれた2次会に出席。5人がカラオケで歌いながら順番に服を脱ぎ、このうち1人はライターで自分の体毛に火をつけたという。出席者には管理職の出張所長も含まれていた。
 当時、店内には店の女性従業員4人がいたが、ほかの客はいなかったという。
 5人は「ハメを外しすぎてしまった」と反省しているという。(2008年10月11日20時25分 読売新聞)


 28人の参加者のうち、5人が服を脱いでハダカになり、そのうち一人は体毛(おそらく陰毛)を焼くあの宴会芸「焼き畑農業」を演じたのである。確かに公序良俗に反することかも知れないが、そのことで誰かに迷惑がかかったのだろうか。これがたとえば消防署の前の道路で全裸で訓練なんかをやっていたのなら、公衆の面前での行為であり問題であることはわかるが、うちわの宴会である。酔っぱらって服を脱ぐくらいのヤツはいるだろう。それに消防士だけの集まりだから一般人に迷惑を掛けたわけでもないだろう。そのスナックには女性従業員もいたそうだが「男って馬鹿ねえ」と冷笑して見守っていたのならそれでいいじゃないか。酔っぱらって羽目を外したとしても別に一般人に迷惑をかけたわけでもないのにとオレはこの報道に対して同情してしまうのである。

 酔えば服を脱ぐヤツというのはかなりの割合で存在する。おそらく男の1%くらいにはそういう性癖があるのではないだろうか。女性にもごく少数だがそういう方は存在するらしい。酔っぱらった時に回りがはやし立てるとストリッパーになりきって舞台の上で脱ぐなんて人もいるらしい。しかも本人は全然覚えていないのだという。そんなすばらしい女性がもっと増えて欲しいものだと変態のオレはひそかに期待しているくらいである。

 オレは大学生の頃サイクリング部に所属していたので、大学サイクリング部の交流会にも数多く参加した。そのときには必ず打ち上げコンパがあるのだが、酔って自分から服を脱いで真っ裸になってる男は必ずいたと思う。ただ、脱いでるのは男だけで、自分から脱いでる女子はいなかった。だから「酔ったら脱ぐ女性」という都市伝説には一度もお目に掛かったことがないわけで、オレが知ってるのは「酔ったら誰かれかまわずにキスをする女性」くらいである。いつも同席した男たちは大喜びしていた。

 この全裸カラオケ大会がたとえばカラオケBOXという密室の中で5人くらいの人数で行われていたのならきっと世間に知られることもなかっただろう。しかし、28人もいればその中には口の軽い馬鹿もいて、せっかく内輪で盛り上がったのにそのことをうっかり関係者以外にしゃべってしまうヤツもいるわけである。その上でオレはあえて問いたいのである。こんなくだらないことを報道して何か意味があるのだと。

 酔ったら服を脱ぐことと消防士としての資質に何か関係があるのか?そんなこと全く無関係じゃないか。オレが怒る相手は消防士でありながら放火をしたりする馬鹿に対してであり、自分の陰毛に放火するぐらいならいじゃないかと思うのである。(もちろん他人の陰毛に火を付けるのは傷害罪の対象だが。)

 そういうわけでこの全裸カラオケ大会、オレはただ「こいつら馬鹿丸出しだなあ」と思うわけだが、それ以上でも以下でもないのである。世の中にはこういうお馬鹿なことをするヤツもいるというだけで、それによって大衆が迷惑を受けるというわけでもないのだから別にいいじゃないかと思っている。もっとも自分の股間の火事を消せないヤツに現実の火事は消せないと思うのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月11日(土) これは間違いなく世界大恐慌です        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。
 

 NYダウが1万ドルを切ることなどないと思っていたし、日経平均が1万割れすることなどありえないと思っていた。ところがこの10月10日、NYダウは瞬間的に8000ドルを割り込んだし、日経平均も8000円を割り込む寸前まで売り込まれた。それにしても良く下がる。どの株も「何この値段は?」というレベルまで売られてしまってる。たとえば年間の配当金が42円ある日産自動車の株価は10月10日時点で464円まで売られている。配当利回りにして実に年間9.05%という高利回りである。こんな極端な例も出ているくらいに日本株はどれもありえないほどのレベルまで売り込まれているのだ。

 だからこそオレはチャンスを待っている。いくら下げても株価が0円になるわけはなく、永遠に下げ続ける株もないわけである。そして自分のような個人投資家の有利なところは、いつまでも待てるということである。下げ止まるまで何ヶ月でも何年でも待ち続けて、下げ止まったのを確認してから買い出動すればいいのである。うまくいけば資産を100倍くらいに増やせる相場が来るはずだと思っているからだ。

 今回起きた金融恐慌はしょせんバーチャルな投資の世界での破綻劇であり、実体経済には本来関係が薄かったはずだ。ところが今はいつのまにか実体経済を巻き込んで世界的な金融不安が発生しているのである。新興国の景気に引っ張られて発展してきた世界経済は、その新興国での景気悪化によって足下を掬われたのだ。

 アメリカの住宅価格はまだ下がるだろう。そして住宅が下がるということは金融機関にとっては担保価値が不足するということになる。阪神大震災の時、家が倒壊しても多くの人がその住宅ローンを払い続けなければならなかった。アメリカではこうはいかない。値下がりして担保割れしたらさっさとローンの方を踏み倒してしまう。だからますます金融機関の業績は悪くなるし、その住宅ローンの証券化商品もローンが踏み倒されることによってリスクを内包することになるわけだ。

 株価の下落によって世界中で消えた富は2000兆円とも3000兆円とも言われる。たった70兆円の補助で金融機関安定のための政策が行えるのだろうか。

 オレはただ毎日起きていることを新聞やラジオ、週刊誌などで読みつつ時には相づちを打ち、時には「そんなアホなことないやろ」と突っ込みつつ、毎朝NYダウの様子を確かめている。さっき見ると今夜も−かなり下げていた。オレは自分の利便性のために 江草の世界戦略室というページを設置してるのだが、今夜も−345ドルと暴落中だった。もう手の施しようがない。各国の協調利下げもさほど効果があがらなかった今。いったいこれからどんな次の手が用意されてるのか。オレは安眠もできずに悶々とした夜を迎えているのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月10日(金) 台湾のプロ野球は八百長だったのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 オレはもうかなり以前に馳星周の『夜光虫 (角川文庫)』という小説を読んだことがある。犯罪小説というジャンルが適切なのかどうかはわからないが、台湾プロ野球の世界の八百長や裏社会とのつながりを書いた作品でかなり面白かったのである。主人公は元日本のプロ野球選手であり、台湾で裏社会との関わりを持ったためにどんどん巻き込まれていくという内容である。しかし、「これは小説だから」と思って読んでいたこともまた事実で、そこにはかなりの誇張があると思っていた。その後台湾で野球賭博に関わった選手が逮捕されるなどという報道を通して「あの本の中の世界もまるっきりのフィクションじゃなかったんだな」と思ったが、球団ぐるみの八百長とは恐れ入ったぜ。事実小説えてるじゃないか。

台湾:球団ぐるみで野球賭博、八百長疑惑 オーナーら拘束
 【台北・庄司哲也】台湾のプロ野球チーム、米迪亜(メディア)ティー・レックスが球団ぐるみで野球賭博と八百長を行っていた疑いが浮上し、検察当局は8日、詐欺や賭博などの容疑で施建新・オーナーや選手、コーチ、球団職員ら計14人を事情聴取。うち施オーナーら6人を身柄拘束した。球団が暴力団の資金で運営されていたことも明らかとなり、プロ野球リーグの存続そのものを揺るがす事態となっている。
 台湾紙「自由時報」(9日付)によると、同球団は暴力団が球団職員、コーチを通じて、選手に四球の連発や故意に失策するなどの八百長を指示。選手は金銭や接待のほか、給与の上積みや先発メンバーとしての地位の保障を見返りとして受けていたとみられる。
 また、施オーナーは暴力団員とともに球団を買収し、暴力団員を球団に送り込んでいた。施オーナーは経営母体とされる通信関連企業の役員にもなっておらず、経歴も不鮮明で、暴力団とともに野球賭博で利益を上げるため球団経営に乗り出していた疑いもある。
 同球団は施オーナーが今年2月に前オーナー企業の銀行から買収し、現在のチーム名になった。前身の誠泰コブラズでは、西武ライオンズで活躍した郭泰源氏が監督を務めたことがある。
 台湾のプロ野球は全6球団で、1リーグ2期制を採用し、同球団は前期4位、後期も最下位に低迷。不自然な試合も目立ち、7月16日の試合では、18安打を放ちながら、7安打の相手チームに負けている。
 90年にスタートした台湾のプロ野球は、人気プロスポーツの一つだが、96年に大規模な野球賭博が発覚してファン離れが進み、球団経営の環境も厳しくなっている。


 なんと、暴力団が賭博をするために球団を丸ごと買収していたとは驚きである。それだけ野球賭博の市場規模が大きいということなんだろう。しかし、この米迪亜というチームの成績を調べてみるとそれほど強くない。八百長の結果なのかもともと弱いのかわからないが、弱いチームだから安く買収できたのだろうし、野球というのは弱くても3割くらいの試合は勝てるし、強くても3割くらいの試合は負けるという世界でどんなに強くても百戦百勝なんてことはありえない。10割打者なんてものは存在せずにせいぜい3割くらいしか打てないわけで、だからこそ勝ち負けを確実にする八百長の役割が重要だったのかも知れない。

 そういえば日本でも昔、プロ野球黒い霧事件というのがあって、それに関係したということで多くの選手がプロ野球界から追放された。西鉄の池永正明投手という、もしも現役を続けていれば投手部門の多くの記録を築いただろうと言われる名選手も追放された。(この事件は日本シリーズで西鉄に勝てない巨人が仕組んだ陰謀という説もある。オレはそういう陰謀説にはかなり興味がある。)

 甲子園球場のヤジは辛辣だが、特に他球団からトレードされてきた選手の場合、古巣のチームとやるときに凡退したりすると一斉に「八百長!八百長!」の大合唱になることがあったという。本人は必死でプレイしてるわけだが、ファンは勝手なモノである。しかし、日本一の金満球団のあのチームならば、自チームの選手に高額の裏金を与えて八百長要因として各球団に送り込み・・・なんてこともないかなあとオレは思ってしまうのである。そういう陰謀がもしも存在したら、それはそれでけっこう面白いじゃないか。

 暴力団が野球賭博のために球団のオーナーとなり、賭博に協力する選手の地位を補償して年俸を上げ、おそらくは賭博からの上がりでその資金を賄ってきたという仕組みはなかなか興味深い。これを日本に当てはめた場合、反社会的な企業はやはり球団所有ができないということになるのか。昔ナベツネはオリックスのことを「金貸し」と侮蔑的に呼んだが、金融業と比べて新聞屋の方が格が上だと思っていたのなら笑いがこみあげる。報知新聞には売春斡旋のためのデートクラブの一行広告が並んでるじゃないか。おまえの方こそ犯罪に荷担してるじゃないかと。

 日本と違って球団それぞれの財務的基盤の弱い台湾プロ野球がこの事件でどうなってしまうのか。アジアのそれぞれの国で野球が盛んになることを願うオレとしてはこれはかなり残念な事件である。この八百長チームを再建するようなことはもはや不可能なのか。そのままリーグ解体に向かっていくのだろうか。もしもオレが台湾在住の野球ファンだったとしたらこう思っただろう。「賭博やるなら日本の野球の試合結果を使ってやってくれ!」と。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月09日(木) くたばれロスケ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者数UPのためにご協力をお願いします。たびたび拙日記をリンクしてくださった山形大学の城戸先生のブログがなんと3位になっています。ぜひランキング経由でごらんになってください。城戸先生のブログもとっても興味深い内容です。いつか二人でランキングのワンツーフィニッシュを決めたいと願っております。


 ロスケというのはロシア人に対する侮蔑的表現である。しかし、オレは外道に対してそのような表現を用いることはかまわないと思ってるので、この日記ではあえてそのロスケという表現を用いることにする。ロスケはグルジアに攻め込んでこんなことをしていたのだ。全くもって許せない連中である。そして、この略奪行為を放置していて誰も罰することもなければ問題にもしないプーチンをオレは許さないのである。

グルジア:露軍侵攻2カ月 略奪の跡生々しく…緩衝地帯
【ティルズニシ(グルジア中部)小谷守彦】ロシアのグルジア軍事侵攻から8日で2カ月。ロシア軍が駐留し続けてきた南オセチア辺縁部の「緩衝地帯」にあるティルズニシ村に7日入った。ロシア軍は8日に緩衝地帯からの撤退を始める予定だが、大半の住民が今も避難したまま。商店では略奪の跡が生々しく残っていた。
 「これだけが残った全財産だ」。道路沿いに座り込んでいた男性ゲロンティさん(59)は、中にコップや食器が数個入っただけの手押し車を見せてくれた。自宅を焼かれ、行く先がないという。
 中心部のスーパーマーケットは壁が破壊され、店内には商品が散乱していた。「何もかもロシア兵が盗んでいった。小学校からはパソコンが全部盗まれている」。近くの女性ノナさん(42)は顔をしかめた。
 男性ギアさん(49)の自宅には開戦直後、オセット人兵士数人が乱入。家具や台所の調理台、便器まで運び出した。最後に銃を乱射、砲弾も撃ち込み、家は全焼した。ワインで知られるグルジアはブドウの産地で、ギアさんも庭でブドウを栽培していたが、ブドウの木もほとんど焼けてしまった。
 「遠方からの客にワインをふるまうのがこの地のならわし。だが、ワインは奪われてしまった。庭のブドウを持って行ってほしい」。ギアさんは焼け残ったわずかなブドウを摘んでくれた。
 

 グルジアに侵攻してきたロスケどもは、銃を突きつけて住民を脅し、商店を破壊してはその商品を略奪、民家に乱入してはその家財道具を奪ったのだ。これは犯罪行為ではないのか。軍隊に名を借りたこのならず者どもに対して、なぜロシア政府はきちっと軍法会議に掛けて処罰しないのか。それともその略奪は軍が認めてやらせていた軍事行動なのだろうか。もしもそれが軍事行動の一部なのだったらその責任は軍の最高司令官たる国家のリーダーにあるわけだ。便器まで運び出されたらウンコもできないじゃないかこのクソ野郎どもめ。

 終戦間近の8月8日だったか、ロスケは日ソ不可侵条約を一方的に破って中国東北部に侵攻し、逃げ遅れた日本人を虐殺しながら南下してきた。女性は手当たり次第に強姦され、老人や子どもまで惨殺された。関東軍が住民を捨てて真っ先に列車で逃げ出したためにこの悲劇は拡大した。それから60年以上の時を経ても、基本的にロスケのやってることは全く変わりがないのである。それは略奪や強姦という行為が彼らの国民性であり、軍隊の指導者が全くそれを食い止めようとしないからである。おそらく積極的に荷担してるのだろう。今回のグルジアでの略奪や住民虐殺で誰か罰を受けたロシア兵がいるのか?オレはそれを知りたいのである。

 もちろん正義の軍隊などは存在しないとオレは思っている。グルジア兵はおそらくロシア領内に侵攻すれば同様のことを行うのだろう。イラクやアフガニスタンに駐留するアメリカ兵も同様の残虐行為を行ってるわけで、そうした行為はロスケだからというものではなく軍隊に付随する性質なのかも知れないが。

 軍隊が行った破壊や略奪行為の賠償は、その軍隊を派遣した国家が行うべきである。イラクやアフガニスタンで誤爆によって失われた人命に関して、アメリカは正当な補償を行うべきだ。同様にこのロシア兵の略奪によって失われた財産や人命に対して、ロシア政府はきちっと賠償すべきだろう。やいプーチンよ、てめえは自分の配下のロスケどもがこの乱暴狼藉を行っていたことを知っているのか。仮に知っていたとして、何も処罰せずに放置しているのは、その略奪品が彼らの報酬の一部だと思っているのか。なんとも救いようのないオッサンだぜ。おっと今はプーチンが大統領じゃなくて、メドベージェフとかいうその子分に代わっていたのだったっけ。どっちにしてもオレが言いたいのは同じことなんだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月08日(水) アメリカはいますぐイラクから手を引け!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。


 金融安定化法案によって75兆円分の不良債権の買い取りを決めたアメリカ政府なんだが、その原資を出すのはどうやらアメリカの国民ではなくて日本政府や中国政府らしい。なんでも中国に2000億ドル分の出資を要請したそうだから、当然日本にも同じ程度のゼニの要求があるだろうし、腰抜け麻生はアメリカの顔色をうかがうだけだから当然支払うだろう。もともとサブプライム問題はアメリカ発の問題であり、それで世界にこんなに迷惑を掛けている以上、アメリカ人が全員こぞって私財をなげうって世界中の関連の債券を額面で買い取り、それで世界にお詫びすべきものだとオレは思うのだが、あの世界一無責任な国民はそんなこと露ほども考えていないだろう。

 アメリカがイラクやアフガニスタンで浪費する莫大な戦費にくらべれば、この75兆円などはのような金額である。そっちで浪費を続けながら、この世界の金融危機の回避のために必要なゼニは日本や中国に出させるというのは虫が良すぎないか?おまえらアメリカ人が自国の利益のために勝手におっぱじめた戦争のためにゼニを浪費するのはそのまま放置しておいて、そのために足りないゼニを他の国から調達しようというのがふざけた連中だぜ。いつまでこの不毛の戦争をおまえらアメリカ人は続けるつもりなんだ。

 フセインの支配していたイラクは戦争状態でもなんでもなかった。そのイラクを支援してイランと戦争させたのはいったい誰なんだ。もともとフセインは武器を気前よく買ってくれるお得意さんだったのじゃないのか。フセインに武器をじゃんじゃん売っておいて、その武器を使わせたくて仕方なかったのはアメリカの軍需産業の側だろう。戦争をいつまでもやり続ければ、いつまでも武器が売れる。その利権を失いたくないからこの泥沼のような戦争から抜けられないのじゃないか。

 アフガニスタンに言いがかりをつけてタリバンを攻撃し、一般市民の多くを無差別に殺傷してその補償もせず、強姦殺人やり放題のならず者たちを大量にイラクやアフガニスタンに派遣しては乱暴狼藉のやり放題なことをオレは驚きはしない。だってアメリカというのは昔からそういう国じゃないか。この国の自由と平等というのは自国の金持ち白人にとってだけの自由と平等なんだ。この国がつい150年ほど前まではアフリカから大量の黒人を奴隷として連行し、輸送の途中で病気になった黒人を海に投げ捨てて間引きしてきたその非人道的な歴史に対して一度でも正式に謝罪したことがあるのか。そしてきちっと賠償をしてその罪を償ったことがあるか。連行された7000万人もの犠牲者に対して一人あたり1億ドルくらいの賠償を払うべきじゃないのか。150年経てば時効なんてものじゃないだろう。おまえらの先祖のやった罪は永遠だ。

 先住民のインデアンを殺したりだましたりしてその土地を奪い、豊かな緑の土地から追い出しては彼らを居留地と呼ばれる不毛の地に囲い込み、酒を与えてアル中にして抵抗できなくしてきたのもおまえたちアメリカ人の歴史じゃないか。

 国内の人種差別の問題を理由に、日本が国際連盟で提案した「人種平等宣言」に反対して廃案に追い込んだ差別主義者の国家はアメリカじゃないのか。そのことについて一度でもこの国は世界に「あれは間違っていた!」とお詫びしたことがあるか。過去の歴史に対する反省もなく、そこから何も学ぶこともなかったクソ野郎の集団がアメリカ合衆国という差別主義のならず者の群れなのだ。

 イラク戦争をブッシュ一族が原油の利権を手に入れるために起こしたということはヨーロッパではもはや周知の事実である。その戦争を熱烈に支持したのは小泉純一郎であり、その戦争に反対したことで外務省を追われたのはレバノン大使だった天木直人氏である。日本人の中でどれほどの人が天木直人氏の存在を知ってるのだろうか。かつて外務省が杉原千畝氏を「勝手にユダヤ人にビザを出した」という理由でクビにしたように、国家の方針に盲目的に従うのではなく、真に人道的な立場から行動や発言をした者がその地位を追われるというのが外務省の古くからの伝統なのだ。

 アメリカはいますぐイラク・アフガニスタンから撤退せよ。そしてロシアや中国と協力して世界にばらまいた武器を回収しろ。そうして浮いた莫大な戦費を世界の金融安定化のために支出しろ。それがオレの提案だ。日本や中国にそのゼニを出させようなんてふざけるなと言いたい。自分のケツも自分で拭けないような国に世界の盟主たる資格はないだろう。アメリカはいますぐに国連の常任理事国を辞退して、アメリカの国民は私財を供出して世界の金融危機を救うべきだ。少なくとも世界恐慌の原因を作ったのはアメリカの間違った政策であり、自分のゼニを守ることしか考えていない金持ちどもの欲望の結果なのだから。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月07日(火) わたしの手首を返してください        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。


 等持院にある足利尊氏の木像の手首を盗んだヤツがいた。どういう目的なのだろうか。何か政治的な意図があるのだろうか。

尊氏像の手首持ち去られる 等持院2008年10月06日
 室町幕府の足利将軍家の菩提(ぼだい)寺にあたる北区の等持院で、初代・尊氏と12代・義晴の2人の将軍の木像から、手首の部分が何者かによって持ち去られていたことが分かった。同寺は被害届を出し、北署が窃盗事件として調べている。像は江戸期に作られたもので、文化財指定などは受けていないという。
 北署や同寺によると、寺の境内の霊光殿には、15人の足利将軍のうち13人と徳川家康の木像が安置されている。9月初め、尊氏の左手首がなくなっているのが見つかり、数日後、義晴の左手首もなくなっているのが分かったという。また、5体の刀のつかもなくなっていた。
 江戸の幕末には攘夷(じょうい)派に尊氏ら3人の像の頭部が盗まれ、鴨川の三条河原にさらされた経緯がある。


 オレはこの「手首窃盗事件」には何らかの政治的な意図があると思っている。足利尊氏といえば戦時中は天皇に逆らった極悪人だったわけで、そのころに教育を受けた人の中には「楠木正成=正義」「足利尊氏=悪」と刷り込まれて育った人もいるだろう。そういう人がこの木像を見て「尊氏め、おまえだけは許せないぞ!」と怒って手首を奪い取ったということは考えられないだろうか。

 あるいはもしかしたら今回の窃盗事件は、吉野から紀伊山中奥深くにこもった南朝方の子孫の誰かが「ご先祖様のカタキ!」とばかりに木像の足利尊氏に復讐したような気もするのである。単なる愉快犯ではなくて、政治的な意図を持った行為であるかも知れないのだ。もっともいかなる理由があったとしても窃盗は正当化できないし、行為それ自体は器物損壊という犯罪行為である。

 それにしてもなぜ手首なのだろうか。首なら大きくて隠せないので、とりあえず簡単に持ち去ることのできる手首を選んだと言うことなのだろうか。それにしてもこの木像は文化財の指定を受けていないという。だったら文化財的な価値はほとんどないということなのだろうか。もしもこの木像の手首が、テレビのなんでも鑑定団のあの番組に出てきたら、いったいいくらの値段が付くのだろうかとオレは野次馬的な興味を持ってしまうのである。

 京都で学生生活を送ったオレはなぜか等持院には行ったことがなかった。それで残念なことにこの木像を見たことがなく、どんな展示状態でどのくらい手首が盗みやすいのかということまではわからないのである。一度でも行ったことがあればもっといろんなことを想像できるだけにちょっと残念である。ただこの世に尊氏の手首を必要とする人間がいるとは思えないのである。だからこれを盗んだコレクターというか南朝の子孫なのか、とにかくそのくだらないこそ泥君はさっさと手首を返したまえとオレは思うのである。刀の柄がなくなったのは、もしかして金属を盗む窃盗団の仕業かも知れないが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月06日(月) 間違った教育政策が日本をダメにした!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。


 オレはこの日記の中で以前から増えすぎた大学をつぶせと言うことを訴えている。大学の質の低下が大量のニートややる気のない若年労働者を産み出すだけではなく、そんな大学に補助金が支出され、そして授業料などの負担でその親たちも貧しくなるという悪循環が発生してることを指摘してきた。現在の状況は文部科学省の間違った方針の結果もたらされたものであると。

 しかし、そのきっかけはいったいどこにあったのだろうか。どこから間違った方向に進んでいったのだろうか。オレはずっとその理由を探っていた。そして到達したのは今から40年近く前の教育政策が原因じゃないだろうかという結論なのだ。大阪で黒田、東京で美濃部という革新知事が誕生し、「15の春を泣かせない」などというスローガンで全日制普通科の公立高校を増設しまくったことが根本にあったのではないかとオレは思うのである。高校の中味が圧倒的に全日制普通科によって占められている状況が、多くの不勉強な大学生とニートやフリーターを作り出したのではないか。なぜ工業科や商業科という部分の定員を50%くらいで維持しなかったのか。普通科が大学進学を目的とするコースならば、その定員というのは大学進学率プラスアルファ程度で十分である。職業科と普通科はその目的が違うのである。そのことを理解せずに普通科の方が職業科よりも上だという変な偏見を持って、レベルの低い生徒が大量に入る普通科を粗製濫造したのだ。その結果、全日制普通科は高校の底辺を支えることになり、そこではかけ算や分数ができないどころか、教室で落ち着いて授業を受けることすらできない動物園のような状況が生まれたのである。もはや学校とは言えないような荒廃ぶりだったのだ。最初から職業教育に徹していればこんなことにはならなかっただろう。

 職業科の卒業生が就職の現場に来なくなった。その結果、日本の産業構造を支える製造業に人材が入ってこなくなったのである。だから現場ではブラジル人が働いていたり、中国から研修生という名目で雇ったりしている現状がある。なぜそういうことになってしまったのか。製造業の現場を希望する優秀で勤勉な若者が相対的に減少してしまったからである。

 商業科の卒業生が減少した分は短大や専門学校へとシフトされた。本来高校でやれたことが2年間後に引き延ばされ、親たちは余計な教育コストを支払うことになり、就職する年齢の上昇は女性の晩婚化を加速した。もっとも晩婚どころか結婚しない人がどんどん増えるということまでは予測されていなかったのだが。商業科の卒業生女子が大企業の一般職という形で大量に雇用され、20代半ばで結婚して退職していくことで男性はその中から結婚相手を選ぶことができたのだが、就職時期が遅れることで結婚年齢が上昇しただけではなく、全体の人数が減ってしまったのである。

 高校の定員の中で一定割合の職業科を確保することが、日本の産業構造を維持するために必要だったのではないか。大学卒のホワイトカラーだけでは企業は維持できない。多くの現場で働く従業員が必要なのである。工業科を卒業して製造業に入ってくる若者を正社員として待遇し、定年までの雇用を保障して安定した生活を約束することが必要だったのではないか。正社員を減らして期間工や偽装請負に置き換えて行くことがコスト削減の上手な方法とされ、その手法で業績を伸ばしたCANONのようなやり方がモデルとされている今の企業のあり方は根本的に間違っているとオレは思うのだ。しかし、その状況を生み出したのは間違った教育政策であり、公立高校の定員配分のミスから始まったのだとオレは思うのである。普通科を希望する生徒が多くても、能力で制限すべきだったのだ。大学受験という可能性を限定することで大学生の質も維持できたのである。

 なぜ高校教育が崩壊したのか。進学校と底辺校の二極分化が進んだのはなぜか。それは本来大学受験という厳しい勉強に耐えられないレベルの生徒に大学進学用の普通科のカリキュラムを与えているからである。生徒の能力や適性に応じて適切な職業科のカリキュラムを与えていれば、もっと学習内容への興味をひき出すことも可能だったはずだ。受験時に競争の存在しない最底辺の大学に進学する学生たちというのはほとんどが高校の学習内容を身につけていないままである。もっともそれはある程度レベルの高い大学でも同様で、国立大学の中にも高校内容の補講を実施してる学部もあるという。大学からしてみれば全く迷惑な話である。

 粗製濫造と言えば大学院の定員増もそうだ。就職のあてのない大学院生が増加し、新たなニートやフリーターを産み出すのである。かといってその就職先の大学というのは、およそ大学とは呼べないニート養成所やレジャーランドだったりするわけだ。研究者が足りないからと大学院の定員を増やしても優秀な人間が増えるわけじゃないだろう。どうして後先考えずに定員増を認可するのか。

 資源のない国である日本は、原材料を輸入して優秀な製品を輸出し、その利益で豊かになっていくことしかできない。それが日本の国策であり、教育政策もその方向に沿って行われるべきものであったはずだ。ところが現実には大きく失敗してしまった。高校の職業科を減らした分を、高校を卒業してから入学する専修学校や短大で補おうとしても、高校で3年間遊び倒して「ヘタレ」になってしまった人材はもはや使いものにならなくなっていたというのが現状ではないのか。こうした間違った教育政策は若年労働者の質の低下をもたらしたことは明らかであり、それは日本の産業の根幹を揺るがす問題ではなかったか。教育政策のトップにいる連中はそのことに誰も気づいていなかったのかとオレは驚くのである。

 ただの暴言コラムを書いているオッサンであり、とりあえずは日本の教育政策の末端をになうものの現実にはたいした貢献もできていないオレがここで偉そうなことを書いたとしても説得力はないが、少なくともオレがここで書いてるような指摘はこれまでほとんどされてこなかったのではないか。高校を普通科ばかりにしたことが今の大量のニートやフリーターを産み出し、労働市場のミスマッチという構造不況の原因を産み出していることになぜ文部科学省の連中は気づかないのか。もはや手遅れなんだが。

 今現実的にやれる改革というのは、普通科のカリキュラムに自由度を高め、中味が職業科のようにしてしまうことだろうか。大学進学率の低い普通科高校でしっかりとした職業教育を行い、少なくともそこがニートやフリーターの発生源にならないようにきちっと就職させることが必要ではないか。

 こんな大きなテーマのことをこんな短い文章で語ることは不可能なのだが、オレは今の間違った状況を産み出した連中の責任を問いたいのである。おまえらのお馬鹿な決定のせいで日本がどんどんだめになっていくじゃないかと!


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月05日(日) WEB日記のアクセスを増やす方法教えます!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。


 タイトルに「WEB日記のアクセスを増やす方法を教えます」と書いたが、そんな方法があればオレが教えて欲しいくらいである。減らす方法ならいくらでもある。更新頻度を下げる、内容をくだらなくする、ランキングサイトの登録を止める、リンク先のサイトを罵倒してケンカ別れしていく・・・などということをすればたちまち見に来る人は激減して寂れていくだろう。オレはいつも「どうすればアクセス数が増えるか」ということを考えている。

 短期的にアクセスを劇的に増やすには「2ちゃんねるで祭りにしてもらう」という方法がある。たとえばこの日記で中山大臣の100倍くらい過激なとてつもない暴言を吐いて、その内容が2ちゃんねるで晒し上げされて大勢の野次馬がやってきて、オレの日記にリンクする罵倒座談会という掲示板が大量の書き込みでパンクし、なだれ込んだ荒らしたちはオレの株式掲示板やリンク先のサイトをめちゃめちゃにして行くだろう。短期的にオレの日記の一日のアクセスは10万くらいになるかも知れない。しかし、そんな祭りが起きれば古くからの読者は嫌気が差して見に来なくなるかも知れないし、長期的には決してよいことであるとは言えない。10年掛けて1000万アクセスかせげるのを、太く短く食いつぶしてしまう行為である。

 人気ブログや大手サイトからリンクを張ってもらうという方法もかなり効果がある。以前にオレの日記の内容を きっこのブログが取り上げてくださった時は一日に2万アクセスを超えたこともあった。それまで平均3000/日くらいのアクセスだったのがその後5000/日くらいに向上したのでオレはきっこさまに深く感謝しているのである。おそらくきっこのブログを愛読している方の中で「おっ、この江草というオッサンもおもろいじゃないか」と思ってくれる方がそれだけいたということなんだろう。

 「ランキングサイトの上位になる」という方法もある。たとえばオレはブログランキング(←クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。)というのに参加しているが、このランキング経由でオレの日記を読んでくださる方が全体の10%近くもある。このランキングで上位になればかなりのアクセス増が期待できるわけだが、オレがしつこくがんばって「投票ボタンをクリックしてください!」とアピールしても、投票率はアクセス数の約10%である。これが100%になればたちまちオレはランキングの1位に躍り出るのだが、読者の多くは

「投票の価値なし」
「クリックするのがめんどくせ〜」
「てめえのようなランキング厨は死ねよ」
「よくも毎日こんなくだらないものを垂れ流してるぜ。社会の迷惑だよ」


などと思ってるわけで投票などするわけがない。毎日欠かさず投票をボタンをクリックしてくださる奇特な方は少数派なのである。

 ブログランキング以外にオレが参加しているランキングサイトにテキスト庵というところがあって、ここは地味ながらも面白いテキストが多く、日記才人がなくなった今はもっとアクセスが増えてもいいのにとオレは残念に思ってる。だからオレの日記を読んだ人で、面白いテキストを探してる方はぜひこのテキスト庵を覗いてみて欲しいのである。絶対に好みの日記に出会えるはずだ。そこの週間アクセスランキングである 週刊アクセス庵の順位を楽しみにしているのだが、ここはいつのまにか1位を奪われてしまい少し悔しい。まあテキスト庵は全体のアクセス数も多くなく、どちらかというとオレはこのリンク集を利用して自分の読みたい日記を読んでいるという状況なんだが。ただ、ランキングを全く気にしていないということはもちろんないので、オレの日記の読者の中で少しでもオレのランキングを上昇させるのに協力したいというありがたいお気持ちの方がいらっしゃれば、オレの日記を直接ブックマークで読むのではなくて週刊アクセス庵のところから読んでくださるとそこのランキングにカウントされるのである。オレの本サイトである 教師EXAの秘密の部屋からもこの週刊アクセス庵へのリンクは用意してある。

 さて、ここまで読んだ読者の方は「こら江草、おまえは大きな勘違いをしているぜ!」と言いたくなったはずだ。日記の中味が一番問題じゃないかと!面白い日記さえ書けばおのずと読者は増加するものだ!と。もしもそうならオレも真っ先にそう書いただろう。ところが現実にそうなっているだろうか。今多くのアクセスを集めてる日記やブログの多くは、内容がものすごくつまらないものばかりだ。お馬鹿な芸能人やアイドルのブログのアクセスがものすごく多いことにオレは驚く。つまり有名人のブログなら中味はどうでもいいということなのだ。なんで上地雄輔のブログはあんなに読まれているんだ。どういうことなんだ。オレは自分の日記の内容は絶対にしょこたんブログよりも面白かった思うが、人気という点でオレは中川翔子に遠く及ばない。中川翔子をテレビで見るとあんまりかわいいのでオレは思わずテレビの前で「ぐへへへへ」と思ってしまうが、もしもオレがテレビに出ていつもの暴言を吐けば視聴者からテレビ局に抗議の電話が殺到するだろう。

 まずリアルの世界で有名人になって、それからブログを書けば必ず大人気ブログになれる。これは絶対不変の真理である。今もしもソフトバンク監督を引退した王貞治氏がブログを書けばかなりの読者が集まるだろうし、福田元首相が「あなたたちとは違うんです!」というタイトルでブログを始めれば大人気になって、コメント欄は罵倒で埋め尽くされるだろう。しかし一般人がいきなり監督や総理大臣になれるわけでもない。だったら犯罪で有名になって・・・といきなり事件を起こすならそれはただのアホである。もっともオレが全く有名人でないかというとそういうわけでもなく、今から20年前は大学サイクリング部の世界ではでは少し名の売れた存在だったのである。もっと前は八重洲出版のサイクルスポーツという雑誌の常連投稿者で、旅先でよく他のサイクリストから声を掛けてもらったものである。朝日新聞の「声」という読者投稿欄には学生時代から100本以上の投稿を載せてきた。そういう過去を経て、今オレはこうして暴言コラムニストとして毎日くだらないことをここに書いているのである。全く進歩していないじゃないかと笑ってる方も多いだろう。おまえの自慰日記は進歩どころかチ○ポをいじってるだけだ!と言われそうである。

 ここまで書くと、オレの伝えたいことがなんとなく読者のみなさんにもわかっていただけたはずである。オレはただとにかく日記のアクセス数を増やしたいだけなのである。どうすれば増やせるかを毎日考えてるのである。アクセス数が増えればもちろんリンクしているネットショップの売り上げが増えるという嬉しいことももちろんあるが、何より大きなことは日記を通じてある主張を社会に対して提示できるということだ。もしも日記の読者が一日10万、100万となれば、オレが日記に書くことがマスコミや政治を動かす原動力となるかも知れない。一日に100万人が読むWEB日記というものがあれば、それは選挙の結果を左右し、その書き手は政界の黒幕として君臨できるだろう。それこそオレの望むところである。いつかそんな暴言ジジイとなれることをオレは夢見ているのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月04日(土) 大相撲に八百長はあるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。


 大相撲に八百長はあるのだろうか。オレは相撲をスポーツだとは思っていない。伝統芸能のひとつだと認識している。その伝統芸能を受け継ぐ日本人の数が減ってしまって、そこに外国人を入れてなんとか伝統を保っているというのが実情だとオレは思っていたのである。伝統芸能ならばそれを演じる役者たちには決められた役回りが与えられるわけだ。スポーツではない以上、真剣勝負する必要はない。そういう意味でオレは相撲の中にどんな村社会の掟が存在しても「それが伝統なんだから」と思ってきたのである。伝統芸能の世界に存在するさまざまなしきたり、たとえば7勝7敗の力士に星を譲って勝ち越しにさせてやるとか、カド番の大関がなぜか脱出できるとか、そういうことにいちいちケチをつけるのは相撲をわかっていない野暮天のやることだとオレは思っていたのである。八百長があってもいいじゃないか、そんなこといちいち問題にするなよというのがオレの感じていることだ。

大相撲八百長報道訴訟、朝青龍「すべて真剣勝負」と疑惑否定
 大相撲の八百長疑惑を報じた「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして、日本相撲協会や現役力士ら32人が、発行元の講談社などに計約6億3800万円の損害賠償などを求めた訴訟の口頭弁論が3日、東京地裁であった。
 横綱・朝青龍(28)が原告の1人として出廷し、「すべて真剣勝負。八百長は一切やっていない」と疑惑を全面否定した。
 相撲協会によると、同協会に関する訴訟で、現役力士が法廷で尋問されるのは初めてで、傍聴希望者は771人に上った。
 この日午後、着物姿で登場した朝青龍は、落ち着いた様子で満員の傍聴席を見渡し、証言台の前に着席。同誌が「朝青龍は全勝優勝した2006年の九州場所で対戦相手に現金を払い、勝ち星を買った」などと報じたことについて、「記事はウソ。とても悲しい」と述べた。講談社側の弁護士から、九州場所の千秋楽で対戦した千代大海が「自ら土俵を割ったように見える」と追及されると、「あなたの見る目がない」と言い切った。
 元小結板井の板井圭介さん(52)も出廷。「現役時代は横綱や大関が約70万円で勝ち星を買っていた。朝青龍の対戦相手も土俵上で不自然に力を抜いており、今も八百長は行われている」と証言した。
 この日、講談社側は、相撲協会から解雇された元若ノ鵬(本名=ガグロエフ・ソスラン)も証人申請したが、同地裁は留保した。(2008年10月3日20時37分 読売新聞)


 朝青龍が全勝優勝時に星を買っていたのか否か。もちろん星を売った側は否定するだろうし、朝青龍だって口が裂けても認めることはないだろう。この週刊誌の記事が憶測なのか、それとも確かな裏付けの捕れた記事なのかはわからない。

 ただ、オレは大相撲に八百長があったとしても別にいいじゃないかと思っているのである。ただ、不思議なのは誰だって勝ちたいはずなのになぜ星を売る側の力士が存在するのかということだ。星を売って得られる収入は、負けて失うものよりもはるかに大きいのだろうか。星一つ買うのに70万円かかるのなら、全勝優勝するためには1000万円近いゼニが必要と言うことになる。しかし、たった1000万円で優勝という名誉が手にはいるならばそれは安い。

 プロレスには八百長があるのかどうか。プロレスお今はスポーツというよりは一つのショーである。もしも毎試合真剣勝負なら身体が持たないだろう。ジャイアント馬場が老体にむち打って活躍できたのも、あの世界がひとつの興業であったからである。本気でケンカしたらおたがいにケガしてしまって大変だ。そうならないように上手に手加減するのがプロレスであり、そのことに文句をつけるのは困ったチャンである。余計なことを言うなとオレは言いたいのだ。さて、本当に相撲の世界に八百長があるのかどうか。相撲という伝統芸能の興業の秘密の謎も知りたいし、オレはこれから展開する法廷でのバトルが気になるのである。ただ、オレとしては仮に八百長があったとしても悪いとは思わない。それが相撲界の歴史と伝統ならばそのまま続ければいいのじゃないか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

 

2008年10月03日(金) オレはこんにゃくゼリーが好きだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。


 オレはこんにゃくゼリーが好きだ。あのぷるぷるした食感がたまらない。適度な弾力があるからこそこんにゃくゼリーはおいしいのである。そんなオレの好物がこのままでは消滅してしまうのである。のどにつまると危険な食品ということで、販売そのものが中止させられそうなのである。なんということだ。産経新聞から記事を引用しよう。

こんにゃくゼリー「ミニカップ」製造中止も マンナンライフ2008.10.2 22:33
 こんにゃく入りゼリーをのどに詰まらせた兵庫県の男児が死亡した事故を受け、野田聖子消費者行政担当相は2日、男児が食べたゼリーを製造した業界最大手、マンナンライフ(群馬県富岡市)の鶴田征男会長ら幹部3人を内閣府に呼び、警告表示の見直しなど今後の対応について説明を受けた。子供や高齢者が食べないよう警告する表示が小さい現商品の自主回収について、同社側は「検討させてほしい」とした。
 野田担当相は冒頭、「事故は痛ましいこと。(こんにゃく入りゼリーで)17人もの命が奪われ、前政権からゆゆしきこととして取り組んできたが、今回また犠牲者が出たことを厳しく受け止めている」と話した。
 野田担当相は、ゼリーの形状について、のどに詰まらせないようなものに変えることも要請。同社側は将来的に、事故のあったミニカップタイプの製造を中止する考えを示したという。


 こんにゃくゼリーだけが危険な食品なのだろうか。そんなことはない。たとえば日本古来の伝統的な食品であるはどうか。毎年お正月の頃になると餅をのどに詰まらせて多くのお年寄りが死亡するという事故が起きている。それなのに「危険な食品、餅を販売禁止しよう」などという話題は出ない。なぜもちなら死者が多数出てもOKなのに、こんにゃくゼリーならだめなのか。

 こんにゃくゼリーの危険は以前からアピールされてきた。こんにゃくゼリーの袋にはその危険性についてきちっと表示されている。老人と幼児には食べさせないようにという意味のことがちゃんと表示されていたはずである。それを食べて事故が起きた場合、製造元に責任があるとはオレには思えない。こんにゃくゼリーだけが危険な食品であるとはオレは思わないからである。

 こんにゃくゼリーの危険性というのはあくまで食べる側の責任であり、食品そのものに危険があるわけではない。そういう意味では狂牛病感染の可能性があるアメリカ産牛肉や、残留農薬やわけのわからない化学物質の含まれてる中国産の食品の方がはるかに危険である。そういうものを規制するのではなくて、マンナンライフをやり玉にあげるのはどうかとオレは思うのだ。

 どんな食べ物も凶器になりうる。たとえばおせんべいやおかきだ。柿の種を尖らせたら手のひらに突き刺すことができる。オレはかなり前のことだが、煎餅を食べながら運転していてとっさにシフトレバーを握ったときにお煎餅が割れ、手のひらにケガをしたことがある。ただの草加煎餅も割るときに尖った断面や破片を作ればそれが凶器になるのだ。

 チーズフォンデュを大量に食べた後、冷えたビールを飲むとお腹の中でチーズが急激に固まって場合によっては死に至るという話を聞いたことがある。この場合、チーズフォンデュやビールに罪があるだろうか。それは単に食べ方の問題であり、その食品自体の問題ではない。

 だったらこんにゃくゼリーをのどに詰めるという行為も単に食べ方の問題ではないのか。そんな食べ方をしたら危険だという食べ方をしてのどに詰まった以上、製造してるマンナンライフに責任があるとはオレには思えない。この事件のせいで、マンナンライフがそのドル箱商品を失うとすればそれはかなり不幸なことである。

 こんにゃくゼリーはすぐれたダイエット食品として多くの女性に支持されている。成人の女性が食べるのならば、老人や幼児と違って事故は起こらないだろう。それにこれまでの事故に関する報道はかなり多く「こんにゃくゼリー=お年寄りや幼児には危険」というのはもはや社会の常識となってるはずだ。事故で子どもを亡くした親の気持ちが理解できないというわけではない。しかし、その事故はやはり不幸な偶然であり、「子どもには食べさせない」という注意を払っていれば防げたことである。少なくともこれだけ報道されてきたのにその危険を考えず、親が幼児に食べさせた行為には落ち度はないのかと。

 商品の回収などは不要だとオレは思う。ヒステリックに「すべてのこんにゃくゼリーを撤去せよ」などという主張にオレは同調できない。もしもこんにゃくゼリーを危険というならば、もちの方がその100倍くらい危険だ。もちを先に取り締まるべきだろう。「小さな子どもにこんにゃくゼリーを食べさせるのは危険」「こんにゃくゼリーは大人のおやつ」ということがわかっていない親の落ち度は問題にならないのか。

 食べ物をのどに詰まらせて死亡するという事故はかなりの件数起きている。その大半はふつうのごはんやパンといった通常の食品によるものである。だからごはんやパンを禁止にするなんてことはありえない。どんな食品もよくかまずに大きなまま飲み込もうとすれば危険だし、正しい安全な食べ方を子どもの教えるのは親の義務ではないのかとオレは思うのである。

 オレの好きな「こんにゃく畑」が、今回の事件で店から消えるなんてことになれば残念でならない。オレはなんとかこんにゃくゼリーを守りたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月02日(木) 消費税還付金で暮らしていた男        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。

 
 オレは消費税の還付金の仕組みを悪用してなんらかの詐欺が絶対に発生しているはずだとずっと思っていた。戻し税と呼ばれる還付金に関する不正があるはずだと思っていたのだ。さすがに大企業は巧妙に会計処理しているのか、それとも断じて不正などしていないのか、これまでに不正な還付金の受領というケースが告発されたことはない。しかし、ペーパーカンパニーを使ってその不正を長年やってきたオッサンがいたのである。

違法還付金で生活か 消費税2400万円不正容疑で告発2008年10月2日0時40分
 双眼鏡やカメラなどを国内で仕入れて海外に輸出したように装い、消費税約2400万円の還付を不正に受けたとして、東京国税局が光学機器輸出会社「イシイトレーディング」(東京都板橋区)と同社の社長の男(58)を消費税法違反などの容疑で東京地検に告発したことが分かった。容疑を認め、既に修正申告を済ませている模様だ。
 関係者によると、男は光学機器を国内で仕入れたように見せかけ、香港やヨーロッパに輸出したと偽装。税務署に虚偽の還付申請をして、07年までの約3年間に計約2400万円を不正に受け取ったとされる。
 同社は活動の実態が全くないペーパーカンパニーで、取引もすべて架空だった。実在する会社の領収書をスキャナーを使って複製。ウソの金額や日付を書き込み、仕入れ先からの領収書としていた。男はかつて実際に電子機器の販売・輸出の仕事をしたことがあり、偽造領収書の元になったのも、この時の取引先の会社のものだったという。販売・輸出の業務を通じて、消費税還付の仕組みを知り、不正な手口を思いついたらしい。
 男は、1回200万円前後ずつ、年4回ほど還付を申請していた。不正に得た年約800万円以外に目立った収入は当時無かったとみられる。消費税還付を名目に国からだまし取った金で生活していたことになり、悪質性が高いとして告発に踏み切った。(中村信義、舟橋宏太)


 うーん、オレが驚いたのは実体のないペーパーカンパニーがこういう不正をいとも簡単に実行できたということなのだ。書類さえ揃っていればごまかせるのだろうか。そして、こういう不正を行ってる業者が本当にこいつだけなんだろうかという疑問である。

 もしも海外の企業にも協力者がいて、循環取引という形で実際には存在しない商品のやりとりがあったように見せかけられるならば、制度を悪用して大規模な還付金を受けることが可能になるわけだ。絶対に日本のどこかに、そうした還付金詐欺を巧妙に組織的にやってる集団がいそうな気がするのだ。もっともただのオッサンの憶測なんだが。少なくともこういう事件の報道によって「こんな金儲けの方法がある」ということが明らかになったのだから。

 そして三笠フーズの事件の場合に農水省の側に協力者がいて不正に手を貸していたように、この還付金詐欺も国の側に協力者がいて不正をお目こぼししていれば摘発されずにいつまでも続けられるのではないかと言うことだ。そんな美味しい話を当事者は絶対に白状しないだろうし、チェックする部署がなければいつまでも野放しだろう。

 オレはこの「還付金」というものの存在に反対である。原材料に掛かる消費税5%分は商品を作るコストの中に含めよというのがオレの主張である。そうすればこんな詐欺は困難になるような気がするのだ。

 税金を不正に受け取っていたということは、すなわちオレが払った税がこのオッサンに不正に還流していたのと同じである。そんな輩は断じて許せないのである。そして、このオッサン以外に同様の手口で不正にゼニを受け取ってる連中を一網打尽にして欲しいものである。オレのようなまっとうな納税者は怒ってるんだぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 

2008年10月01日(水) 秋の京都観光は市バスでGO!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。


 残暑厳しい9月が去って、いきなりさわやかな秋がやってきた。そういうわけで京都を観光するのにふさわしい季節になったのである。さて、京都を回るのにどんな交通機関が一番便利なのか。もとサイクリストだったオレは「自転車が一番」と思っているが、残念ながら誰でも自転車で回れるわけではない。メタボな人もいるだろうし、体力に自信のない人には勧められない。また京都はやたら坂や石段が多いのである。せっかく自転車に乗っても坂を押すのは大変だし石段はアウトだ。じゃあ徒歩ではというと、あまりにも時間が掛かりすぎる。金持ちならタクシーで回るという方法もあるが、オレの日記を読む人の中でそんな方はおそらく全体の1%くらいだろう。そういうわけで現実的な手段というのはやはり京都市交通局の市バスである。この市バスだが、市内の均一運賃区間は220円となっている。この220円はどんなに短い距離を乗っても220円なのである。そんな時は馬鹿馬鹿しくてついつい歩いてしまうのである。しかし、短い距離でもじゃんじゃん乗りまくる方法があったのだ。それは500円で一日乗車券を購入するという方法である。3回乗ればもうそれでもとがとれてしまうのだ。一日乗車券は京都駅などではバスターミナルに自動販売機が置かれていて簡単に買えるし、もちろんバスの車内で直接運転士から買うこともできる。

 観光客に便利な路線として、京都の著名な観光地を結ぶ 洛バスというのが3系統運行されている。急行バスなのでかなり速い。下にその路線図を示す。


洛バス系統図
100系統(京都駅→博物館・三十三間堂→清水寺→祇園→平安神宮→銀閣寺)
101系統(北大路→大徳寺→金閣寺→北野天満宮→御所→二条城→京都駅)
102系統(銀閣寺→百万遍→出町柳→烏丸今出川→北野天満宮→金閣寺→北大路)





 この3つの系統は他のバスとはボディカラーが少し違っていて、大きく「洛バス」と記されているのでわかりやすい。休日の昼間は10分おきくらいにじゃんじゃん来るのであまり待たなくてもいい。この3つの路線をうまく使うことで、修学旅行生などが訪れる京都の定番の3大観光名所である「清水寺、金閣寺、二条城」を押さえることができるのである。このコース上の有名観光地を回るとき、バスに乗降するたびに220円支払っていたらかなりの金額になってしまう。しかも短い距離を乗る時に「もったいない」と思ってしまって乗らずに我慢するかも知れない。ところが一日乗車券なら逆に「乗らないと損」という行動になるのである。

 もちろん京都の市バスは上に上げた観光用の路線だけではない。市民が日常的に使用する足となるべき路線が無数に市内を走っている。大きな通りを循環する系統もたくさんあるし、同じ目的地でも経由するコースをいろいろと選ぶことができる。四条河原町の交差点に立つと、それこそバスは一分おきくらいにじゃんじゃん来る。通常のバスの乗り方なら、自分の目指す目的地に行くバスが来るまで待たないといけないのだが、一日乗車券があればその必要はない。目的地には着かなくても、その方向に少しでも近づけるバスが来ればとりあえず乗ってしまえるのである。そして適当な場所で降りて、また他のバスを拾えばいいのである。何度でも短い距離でもじゃんじゃん乗り降りできるというのは本当に便利なのである。

 レンタサイクルを借りたら自分の足でこがないといけないし夏は暑い。徒歩ならあまりにも時間が掛かる。ところがバスなら冷房が効いた車内で涼んで休憩できるのだ。猛暑の時期はそれこそ冷房の効いたバスの中が天国である。バスの路線図をしっかりと持って、自分の目的地に向かうのはどのバスか、目的地の方向にはどう行けばいいのか。地図を見ながら確かめ、バスをうまく乗り換えて素早く移動できるようになればもうあなたは京都のバスの達人である。

 よく観光客は「京都のバスはわかりにくい」と嘆く。確かに同じ行き先でもいろんな経由地があるし、京都の地理に詳しくないと側面に表示された経由地を見てもさっぱりわからないということになる。しかし、バスの路線図さえ手元にあれば、これほど便利なものはないのだ。バス停にはQRコードが表示されていて、それを携帯電話のカメラで撮影すれば、瞬時に目的の位置情報ページにたどり着くことが出来る。 主要バス停にはバスの位置情報を提供しているバスロケーションシステムが設置されていて、待つときの目安になる。このように市バスはかなりハイテク化が進んでいるのである。

 あなたが京都を回るなら、京都駅でまず一日乗車券を滞在日数分買おう。そしてその日に泊まるホテルのところに荷物を持って移動しよう。低料金でしかも便利なのはバスが全方向に使える四条大宮のアークホテル京都である。他にも安くて便利なホテルは多いので、 京都お勧めホテルのページで確かめるといい。楽天トラベルで予約すると通常料金よりも割引があってかなり安く泊まれることもある。ホテルに荷物を預けて身軽になったらさあバスに乗ろう。

 ただこの一日乗車券にはひとつだけ弱点がある。それは嵯峨野や嵐山、大原、鞍馬寺といった地域が220円均一料金の区間からはみ出してることだ。もちろん嵯峨野には四条大宮から嵐電で簡単に行けるし、均一区間から外に出たらその分の料金を払えば済むだけのことなんだが。それは事前に確かめればいい。ただ均一区間の中だけでも十分にメジャーな見所があるわけだが。

 市バスに乗ると、乗客に敬老乗車証を提示して乗り降りしているお年寄りが多いことに気がつくはずだ。そう、市バスはお年寄りの貴重な足なのである。そして、この敬老乗車証があることが、老人たちの外出意欲を促進し、それは彼らの健康増進に役立ってるという側面も見逃してはならない。ただ、いくら元気そうに見えても車内ではしっかりと席を譲ろう。もちろん優先席も設けられているが、いつもそこが空席とは限らない。揺れる車内で立つことはお年寄りにはなかなか厳しいものである。観光客であるあなたがそうしたお年寄りと隣り合わせに座ることがあれば、もしかしたらいいお話が聞けるかも知れない。さあ、秋の京都に行こう。そして市バスでGO!

秘密の京都(京都裏デートマニュアル・工事中)
江草作成の名所案内地図


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン