つれづれ日記。
つれづれ日記。

2016年10月30日(日) 明日は退院。

長いようで短かった出産、入院生活も明日で終わりです。明日は退院時診察と支払いくらいだから実質今日で終わりと言えば終わりなんですけど。


出産時の痛みは麻酔聞いてたから大丈夫だったけど、その後の痛みがひどくてひどくて。でも今日は最低限の痛み止めですんだから人間って強いのかなんなのか。自然分娩の人もとっても苦しそうなんですけどね。
昨日はお祝い御膳なるごちそうが振る舞われ。同じ時期に出産された人たちのお話を聞くことができました。経産婦だったり初めての人だったり。自分と同じ帝王切開だったり病院についたとたんすぐに生まれたという人だったり。本当に人さまざまですね。

ちなみに今回は授乳うんぬんは自分でやったけど、そうじゃないところは病院側にまかせてました。退院したら嫌でもかかりっきりだし、まず眠れないだろうし。ずっと同室だったおかあさんはほんとすごいです。
あと加えれば、上の子どもは思ったより元気でした。もともとおばあちゃん子だったのでそれが幸いしたのかな。かえったら赤ちゃん返りがどうなるかはやってみないとわからないけど。
生まれたばかりの下の子は元気ではあるものの、おちちをあげようとするとすぐに眠ってしまいます。体重が少ないと疲れやすいのか眠りがちなんだそうです。だから前回に引き続き、今回も母乳とミルクの混合。ちゃんと育ってくれればそれでよしと自分に言い聞かせています。


出産での入院もおそらくこれで最後。本当にあっという間だったなあ。
もうちょっとしたら明日にそなえて寝ます。ある意味明日からが本番です。






過去日記
2012年10月30日(火) 「アール・エドレッドの場合」その1UP。
2004年10月30日(土) 真面目に考えてみた
2003年10月30日(木) 世の中って不条理だ(涙)。

2016年10月29日(土) 入院時につかったもの。

はおりもの  ◎
季節の変わり目だったのでブランケットタイプのものとカーディガン一枚ずつ。寒かったり暑かったりと重宝しました。

蒸気のアイマスク  ×
不眠時用にと。一度は使ってみたものの自分には余計暑くて使いませんでした。

母乳パッド  ◎
搾乳とかで漏れたとき用にと最低限準備。授乳ブラにつけてはいたんですが授乳初期にもかかわらず、母乳がそのままたれることが多い。とっても助かりました。

弾性ストッキング  ◎
前回の帝王切開時に両足がぱんぱんにむくんでしまったので。病院でも一足分準備はしてあったんですが、あると助かります。退院したらそのままよるように使えるし

パジャマ  ○
入院時の必需品。ネグリジェタイプ×1 前開きパジャマ×3
わからなくて半袖と長袖両方もっていったんですが、少なめにして毎回洗濯でもよかったかも?

洗面用具  ○
具体的にはコンタクト用品、洗顔料、歯ブラシセット
使い慣れた物を。その代わり使わなくなったものは早めに持ち帰りました。

赤ちゃん用手、口ふき  ◎
上の子どもが何かあったとき用のぬれティッシュ代わり。頻回に利用。いざというときはおしりふき代わりになります。

タオル  ○
多めにもってはいったものの、こっちも少なめ洗濯持ち帰りでよかったかも。施設によってはシャワー用タオルをかしてくれるところも。

育児書類  ○
こういうときしか読まないので。「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」
だったんですが、実践できるかなあ。

曲がるストロー  ◎
ペットボトルに曲げて入れておけるもの数本。術後で寝たきりの状態でも飲み物がのめて便利です。

携帯、充電器、パソコン/i>  ◎
これないと大変だし。パソコンもこうして記入することができたから結果オーライかな。デジカメは携帯あるからそこまで必要なかったかも。



思いつくのはこれくらい。また思いついたら書いていきます。






過去日記
2005年10月29日(土) 100000
2004年10月29日(金) 「SkyHigh,FlyHigh!」Part,28UP

2016年10月28日(金) 今日もきょうとて授乳の日々。

術後の管類もぬけ、後陣痛や術後の痛みも少しずつ落ち着いてきています。

そうなると始まるのは授乳づけの日々。
今回は二回目だからか比較的母乳は出やすいのかな。昨日が痛みで授乳できてなかったのもあるけどちょっとしたことですぐにお乳がはる。今日で術後だからそこそこでるほうなのかなあ。
小さく産まれたからか本来のものなのか、飲んではくれるもののすぐに眠っちゃう。元気は元気なんですけどね。そうなると搾乳。それを数時間おきに繰り返す。入院中は預けていても泣けば教えてくれるから本当に助かります。退院したらほぼ自分でやらなきゃいけない、かつ保育園の送り迎えもあるだろうし。

左胸は乳癌の手術と放射線療法でこれ以上大きくならないため反対側の右胸のみでの授乳です。一人目は半年ほど母乳とミルクの半々で大きくなりました。三ヶ月あげられれば免疫がつくから充分と言われていたし。思えば当時はすごく心配していたなあ。「他の人より少ししかあげられなくてかわいそう」って。今となっては「今のミルクはちゃんと栄養とか考えてあるし、免疫分あげて栄養が足りてれば充分」なんですけどね。

昨日は11時に搾乳して休んでいたんですが起きるとまた胸がはって。なにげなく触っていると脇のつけね付近に1〜2儷瓩のしこり発見。

授乳中、しかも母乳あげてる側の胸だからとは思いつつも気になってちょっと調べてみて。100パーセント腫瘍じゃないとはいいきれないものの、この時期は特に触るだけ時間の無駄だから脇をぐりぐりさわるのだけはやめとけとのことでした。
確かに授乳中だし当たり前と言えば当たり前のことだし、余計な心配するだけだもんなあ。おそらくは妊娠、授乳期に生じる副乳なんでしょう。そうは思っていても何気なく触っていてとのことだったので正直どきっとしてしまいました。


授乳がおちつきそうな来年の8月に定期検診と検査があるので頃合いをみて行ってこようと思います。とりあえずは目の前の子育てに専念しなきゃ。






過去日記
2006年10月28日(土) 「EVER GREEN」10−10UP
2005年10月28日(金) 「SkyHigh,FlyHigh!」Part,79UP
2004年10月28日(木) こたつ
2003年10月28日(火) 昇について

2016年10月27日(木) 入院しています。その2

昨日の日記を読み返して思ったこと。
「相当病んでるんだなあ……」

眠れていないときってほんと怖いですね。あんまりひどいならもう一度薬もらえばいい話だし、この時期はありえる話だったのに。
おかげさまで今日は支えなしに歩けるようになりました。咳すると傷にひびくので飲み薬の痛み止めはもらっているんですけど。

ちなみに家ではだんなさんが風邪でダウンしております。出産と上の子の保育園もろもろで疲れているからなあ。


自分の方は痛み以外はどうにかなっているので適度に動きつつ、適度に羽をのばそうと思います。
せめて明日はみんな落ち着いていますように。






過去日記
2004年10月27日(水) 「家族写真」第五話UP
2003年10月27日(月) ネタばっかり

2016年10月26日(水) 入院しています。

10月25日に帝王切開にて女児を出産。ただいま術後の傷と後陣痛の痛みに耐えつつ授乳にいそしんでいます。

前回と違って予定入院だったので術時の痛みは思ったより少ないかも……?


と思ったのが甘かった。


背中に硬膜外麻酔を入れているのでひどい痛みはなかったんですが、時間がたつにつれて痛みがひどいことひどいこと。
正確には後陣痛なる、赤ちゃんを産んでからの子宮が元に戻ろうとする際に生じる痛みらしいです。初産婦よりも経産婦のほうに生じやすいとか。+術後の傷が動こうとするたびにひきつって痛いのなんのって。我慢はしていたんですが無理を言って痛み止めを注入してもらって。多少収まったかと思いきや今度はなかなか眠れず。

ようやくうとうとできたのが今朝の4時30分くらいじゃなかったかと。

日中うとうとしていたからもあるんでしょうね。後からだんなやお姑さん、上の子どもも来てくれたし。

産後の入院生活も数日なのでできるだけのんびりすごそうと思います。まずは痛みがおちつくといいなあ。






過去日記
2004年10月26日(火) 普通に
2003年10月26日(日) グチモード全快

2016年10月25日(火) うまれました。

帝王切開にて女の子がうまれました。今のところ、母子ともに健康です。



とりあえずご報告まで。






過去日記
2003年10月25日(土) 「夢の続き」UP

2016年10月24日(月) 病院に来てます。

 体調不良ではなく、明日の出産にむけてです。
 朝一の帝王切開。現時点ではおなかのはりや出血等はありません。

 こっちはこっちでそれなりに大変だろうけど、大変なのはだんなさんのほうかも。なにせ2歳の子どもの世話があるからなあ。同居しているお姑さんがいるので食事面では安心ですが、保育園に通っているとはいえそれでもいやいや期が少し残っているもので。
 風邪気味だったので早めに病院で薬もらって飲ませてはいたものの、どうかなあ。うーむ。


 とにかく無事にのりきってくれることを願いつつ、こちらも無事に出産できるようがんばります。






過去日記
2012年10月24日(水) てぃるのぐ建国祭(仮)・その18
2003年10月24日(金) 「EVER GREEN」4−1UP
 < 過去  INDEX  



香澄かざな 

Web拍手。お気軽にどーぞ。


My追加