2006年12月02日(土)  マタニティオレンジ35 飲茶再発見

7月に二人目の女の子が生まれた友人のY一家とわが家の親子三人で、新宿・東京大飯店にてランチ。出産前に同じ店で食事したとき、「ここなら赤ちゃん連れで来れそうね」と話していた。トイレにはおむつ替え台があり、お店の人もベビーカーに慣れている様子。湯気の立つ蒸籠を満載したワゴンが行き交う中、赤ちゃん二人はベビーカーですやすや。子どもが生まれてビュッフェ外食が増えたという友人が多いが、適度なガヤガヤワサワサ感があるほうが赤ちゃんは安心して眠れるようだ。ぐずっても、これまたざわめきに紛れて目立たない。

赤ちゃん同士を並べると、信号でも発信しあっているかのように、寝起きや空腹を訴えるタイミングがシンクロする。両家の赤ちゃんがほぼ同時に目を覚ましたので、わたしとY夫人は、おそろいの授乳ケープをかぶって席で授乳。だっこで片手がふさがっていても、飲茶ならパクパクつまめる。モチモチした食感の団子や海の幸たっぷりの餃子も母乳に良さそう。小学一年生のY家の長女ちゃんは、「東京大飯店」の判を押した特大あんまんを注文。「今日はね、赤ちゃんが二人いておめでたいから、これを頼んでみたの」とかわいいことを言う。

食事の後、セレブな品揃えのベビー用品売場と設備の充実したキッズルームと芝生の屋上が評判の伊勢丹新宿店へ。デパートを選ぶ基準も出産を境にがらりと変わってしまっているのが面白い。

2005年12月02日(金)  第12回函館港イルミナシオン映画祭 参加1日目
2001年12月02日(日)  函館映画祭3 キーワード:Enjoy

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加