2005年05月05日(木)  店主も冷蔵庫も味な居酒屋『串駒』

昨日『アビエイター』を観に行った帰り、ご近所の会仲間と合流し、大塚の居酒屋『串駒』で飲んだ。畳となじむ木の戸棚は特注冷蔵庫。引き戸の中には、ラベルの筆文字に自信をたぎらせた、こだわりの日本酒がずらり。蔵元が作ったという「旨き水」の一升瓶も。お通しで出されたあたたかいもの(かす汁)と冷たいもの(揚げだし茄子)を皮切りに、自家製のさつま揚げ(他の練り物も自家製とか)、サラダ、串焼き……どこの居酒屋にもあるメニューが、どれもうならせる味。肴も進むが酒も進む。「日本一の居酒屋」と呼ぶ声もあり、知る人ぞ知るお店らしいが、ゴールデンウィーク真っ只中のせいか他の客はおらず、貸し切り状態。

と、ザガットサーベイに「くせのある店主」と紹介されていた店主が登場。どこが髭でどこが髪がわからない特長のある風貌。そっくりな似顔絵がkushikoma.comにある。「25年前に店開いてね、オヤジが49で死んだんだけど、ようやくオヤジを超えて、次どうしようかなって思ってる」。初対面とは思えないほど、いきなり語り出す人だが、わたしもご近所仲間も話好きなので、すぐに打ち解け、楽しくご一緒する。「向かいでおでん屋やってんだけど、それもうまいから食ってよ」とすすめられるまま取り寄せた『串駒房』のおでんをつまみ、「これはめったに飲めない、いい酒だよお」という山形の『十四代』などをくいくい飲み、すっかりごきげん。このまま泊まってしまいそうなほどくつろいでしまったが、二階も見せてもらうと、こちらはさらに昭和のお茶の間な雰囲気。美しい女性の写真が飾ってあったので、「誰ですか」と聞いたら、店主のお母様。タカラジェンヌだったそう。

2004年05月05日(水)  映画『チルソクの夏』
2003年05月05日(月)  日本橋三越に「風じゅー」現る!

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加