2004年05月03日(月)  渋谷川ルネッサンス

■渋谷区の恵比寿東公園(大きなたこのすべり台があるので、通称『たこ公園』)で開かれたイベントに行ってきた。公園の脇を流れる渋谷川の再生を願って地元の町内会が企画したこのイベントとわたしの関係はというと、「渋谷川の歌」。渋谷川は有名な唱歌『春の小川』で「♪春の小川はさらさら行くよ〜」と歌われているモデルなのだが、今ではすっかり汚れ、昔の面影はない。この川を蘇らせる「渋谷川ルネッサンス」という活動の一環で歌を募っていたのだった。最近知り合った作曲家のUZ氏から歌詞を書きませんかと言われて、「きれいな川を未来に残してやるんじゃなくて、未来にお返しする」という歌にしたいと思った。わたしの書いた歌詞が、UZ氏のあたためていたメロディにはまり、『春の小川2004』という歌が生まれた。
■応募した歌がイベントでどう扱われるかは行ってみないとわからないというわけで会場に乗り込むと、ミニライブの準備中。○○○○○(メンバーの名前を&で結んだ名前だった)というバンドが自作の歌を披露するために音響設備と楽器を持ち込んだという。『世界にたったひとつの花』など数曲の後に、オリジナルの『渋谷川』を発表。明るいノリで会場を大いにわかせた。小さな女の子たちが思わず踊りだしたのが微笑ましかった。
■ミニライブが終了すると、にわかに空模様が怪しくなり、観客がばらけだした。「もう一曲ありますー」とスタッフの男性がマイクで引き止め、いよいよわが『春の小川2004』の番。バンドさん持参の譜面台と音響設備をお借りし、テープに吹き込んだ伴奏をバックにUZ氏が独唱すると、温かい拍手が起こった。地元の人、何より渋谷川自身に聴いてもらえて、よかった。河川浄化は国際的な活動になっているらしく、「英語の歌詞があれば広がるのでは」というアドバイスをスタッフの方からいただいた。
『春の小川2004』 作詞・いまいまさこ 作曲・UZ

(一番)
お父さんもお母さんも おじいさんもおばあさんも
あゆと泳ぎ 鳥と歌い 花摘んだ この川べ

いつからだろう 子どもらの 声が消えたのは

ひとりぼっちの 涙をためて それでも川は ながれゆく 
今日から明日へ ながれゆく

(二番)
未来の子らに遺すのか 未来にお返しするのか
彼らと僕ら つなぐ手紙 何描く この川に

いつの日かまた 子どもらの 笑顔映そうよ

きれいなことも 醜いことも 運んで川は ながれゆく
今日から明日へ ながれゆく

(Dメロ)
ときどき川は夢を見る さらさら流れた遠い春

(サビ繰り返し)
きれいなことも 醜いことも 運んで川は ながれゆく
今日から明日へ 今日から明日へ

2004年10月26日 ジュアールティー1年分

2002年05月03日(金)  スペクタクル・ガーデン「レジェンド・オブ・ポリゴン・ハーツ」

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加