初日 最新 目次 MAIL HOME


I'LL BE COMIN' BACK FOR MORE
kai
MAIL
HOME

2021年11月29日(月)
『はやし祭り 2021〜SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA番外編〜』Day 2 林正樹 × 徳澤青弦

『はやし祭り 2021〜SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA番外編〜』Day 2 林正樹 × 徳澤青弦@渋谷 公園通りクラシックス


前回来たときこの場所はジァン・ジァンでしたわ……21年ぶりに山手教会の地下へ降りた。入口変わっててあたふた、間取りが変わって視界が開けててどぎまぎ。

-----
pf:林正樹
vc:徳澤青弦
-----

『SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA』は、「ホームとして長い間出演している」公園通りクラシックを守りたい、と林さんが昨年7月から主催しているシリーズ公演。vol.1〜3は無観客のオンライン配信、vol.4は有観客ライヴで開催されました。

・vol.1
・vol.2
・vol.3
・vol.4 林正樹出突っ張りフェス

見ての通りすごいメンツで、林さんの人望と公園通りクラシックスの存続を願うひとたちの思いが窺えますね。今回は“番外編”、文化庁『ARTS for the future!』の採択公演とのこと。申請が通ってよかったよかった。


CM(?)かわいいので転載しちゃう。

この提灯は会場の入口にも灯され、あたたかい光で聴衆を迎えてくれました。入場してカルチャーショック、広ーい! あの柱がない! てか観やすい!(笑)客席と同じフロアにグランドピアノとチェロが置かれています。フロアの隅にもう一台グランドピアノが置かれている。広い(笑)。ドリンクやちょっとしたお菓子が買え、ワイン片手に演奏を楽しんでいるひともいました。いやー、配信で観ていたとはいえ、実際に足を踏み入れると雰囲気の違いにうろたえますね。ジァン・ジァン時代はアンダーグラウンドの香り漂う怪しさが魅力だったけど、公園通りクラシックスは暖色の照明が心地よい、そして地下なのに開放感あふれる空間でした。教会の地下にこんなところが、というギャップもいいですね。

Day 2のこの日は実質『Drift』リリースパーティ。昨年春にスタートした『Drift』ツアーはコロナの影響で二転三転、sonoriumで行われる予定だった東京公演は延期となり、そのままになっていた。徳澤さん曰く「すごくいいホール見つけたって、予約して……」「キャンセルしたときもすごく親身になって相談に乗ってくれた」。「いつかやりたいね」とふたり。ほんと、いつか実現してほしい。

『Drift』のナンバーを中心に、1st Setは林さんと徳澤さんの曲を1〜2曲ごと交互に。音源で何度も聴いていた曲が今ここで、といううれしさに加え、おお、この音初めて気づいた! このフレーズはこういうニュアンスで弾いていたのか! という発見がいくつも。ペダルを踏む音、指と手首の力で弾き出される和音、弓を縦に弾きおろす和音のトレモロ。アコースティックの楽器の生音を、その場にいるひと(聴き手)の気配ごと感じられることは格別の悦びです。そういう意味でも公園通りクラシックスは素晴らしい空間でした。

リラックスした(?)おふたりの会話も楽しかった。祭り、提灯から徳澤さんが「屋台は出ないの?」「焼きそばはないの?」。「神輿担ぐんでしょ」「ピアノを?」「そう、ピアノ神輿」「重いよ(笑)」。「出来るか不安だったんでいってなかったけど、実は五日間毎日新曲を発表するつもりなの」「でも明日の曲まだ出来てないの」という林さんに、「じゃあ5曲で組曲になるんだね」とにっこりの徳澤さん。ふたりで演奏するのは「今年初めてじゃない?」「前回って一年前の池袋(『Tokyo Music Evening Yube』)だよね」(こちらに映像アーカイヴ)「ちょっと寒かったよね」「ちょっと……? シビれましたよね……」「主催の豊島区はSDGsに力を入れていて、ステージでいわなきゃいけないメッセージがあったんです。豊島区はこういうことをしてSDGsに貢献していますよ的な。なれないMCを一所懸命して、ふと青弦さんを見たらニヤニヤしていて……」独特な間合いの会話でウケたウケた、和んだ。

けれど、ソワソワと時間を気にする徳澤さん。「換気しないと……」「身に沁みてるんでね」とポツリ。笑顔で穏やかにお話されていたけれど、昨年からのコロナ禍、そしてこの夏の仕事に対する過熱したSNS、それを煽ったマスコミによって受けた傷はこちらの想像も及ばぬ程大きいのだと感じました。林さんは静かにうん、うんと話を聞き、ときにはユーモアあふれる受け答えで場を和ませてくれました。

それにしてもこのふたり、真顔でおかしいことをいうので面白い。ときには互いに翻弄されてニヤニヤしていた。

2nd Setは現代音楽の楽曲やカヴァーを。「僕は専門的な教育を受けていないから、青弦さんが見つけてくる現代音楽を演奏出来るのが楽しい」と林さん、「最近誰も知らないような作曲家の作品を発掘するのが楽しくて」と徳澤さん。一曲目の作曲家は「知ってるひといますか?」とフロアに問うたら手を挙げた方がひとりいて、おふたりから驚かれていた。もう一曲はエストニアの作曲家で……というので今度はどんなのだろうと身構えていたら、おお、これ、知ってる! アルヴォ・ペルトの「Spiegel im Spiegel」でした。ピアノとチェロがまるで連弾しているかのようにフレーズをリレーする、あるいは同じフレーズを奏でる。アイコンタクトで発音タイミングだけでなく、タッチのニュアンスをも共有する。まさに鏡のよう。

『Drift』に興味を持ったきっかけというのが、林 × 徳澤の作品というだけでなくSquarepusher「Iambic 9 Poetry」のカヴァーが収録されていたからなのですが、同じく『Drift』収録のThe Velvet Underground「Venus in Furs」カヴァーも出色。謳うチェロとピアノ、ハコと楽器の残響が伝わる空間。妖艶で憂鬱で美しい。自宅のリスニング環境のショボさも思い知りましたわ……。

「Iambic 9 Poetry」はアンコール(オーラス)。ここ数年の定番のようです。演奏者の微笑とともにふわりとはじまり、線香花火のような激しさと儚さを数分で音にしてくれました。まるで命が生まれて消える迄のよう。一曲のなかに全てがある。矢野顕子の演奏する「いもむしごろごろ」や「ちいさい秋みつけた」を思い出しました。

最後の響きが消える。楽器からそっと手を離し、ふたりでにっこり。暖かい拍手とともにおひらきとなりました。


丁度譜面が見える位置だったのでした。林さんは紙、徳澤さんはiPadの楽譜を使っていて、その違いも楽しく拝見。

この夏は多くのひとが傷つけられた。傷はなくならないけど、少しずつ癒していくしかない。「前を向いていこうと思います」と徳澤さん。音楽はいつも傍にある。

-----

・小劇場 渋谷ジァン・ジァン
ジァン・ジァンについて振り返っていたらこんな素晴らしいサイトが! スケジュール表の画像がアップされていて、思わず声が出た。そう、これこれ!
ZAZOUS THEATERやミヤギサトシショー、山の手事情社を観に何度も足を運びました。美輪明宏や矢野顕子、イッセー尾形の公演は憧れだったなあ。最後に観たのは2000年3月の『授業』でした



2021年11月13日(土)
『パ・ラパパンパン』

『パ・ラパパンパン』@シアターコクーン


なんならもう年末年始の休みに入ってる気分で、来週仕事行かなくていいんじゃね? というくらいにはなった。何故今出社しているのだろう。

タイトルを見たとき、脳内で「パンパパン♪」という歌が聴こえてきた。あー松たか子主演だしパンの話かな、ヤマザキ春のパンまつりならぬ冬のパンまつりだわ。協賛山崎製パンで。そしてまた楽屋にはヤマザキパンの差し入れが、いやいや協賛でなくともお松はヤマザキパンを差し入れしてくれる。今回もどなたかが画像アップしてくれるかしら、平田敦子さんのツイートは壮観だったわね、でも今コロナ禍だから楽屋廊下でパンまつり開催出来るかしら。
(20211203追記:オクイさんのinstaにアップされてた、パン祭り開催されてました

とここ迄考えた。しかし落ち着いてみれば「パンパパン♪」は松下由樹のフジパン本仕込ではないか。そしてこの歌は「朝はパン」というタイトルだったのか。

前置きが長い。わかるひとにはタイトルの音節で即ピンとくるんだな、メロディ聴いて「あっ、この曲知ってる!」程度の認識でした。“パ・ラパパンパン”は「The Little Drummer Boy(Carol of the Drum)」のリリック。作家と編集者、クリスマスのお話です。パン関係なかった(…)。モチーフはディケンズの『クリスマス・キャロル』。脚本は藤本有紀、演出は松尾スズキ。『ちかえもん』で意気投合し実現したタッグとのこと。以下ネタバレあります。

一度文学賞(佳作)をとったあと鳴かず飛ばずの作家が一念発起、新作に取り掛かる。クリスマス前だから『クリスマス・キャロル』を下敷きにしよっかな〜。で、ミステリにしよう! 承認欲求の激しいこの作家、実のところ書くことに責任を持ったことがない、本気でのめり込んでモノを書いたことがない。今の話Wikipediaからの丸パクリじゃないですか! 何この時代考証めちゃくちゃ適当! 伴走する編集者のいうことはご尤も。しかしふたりの奮闘により、登場人物が動き出し……?

作家はやればできるもんの自己肯定感をガソリンに書き進める。書くことの苦しさと楽しさを知り、自分が生み出した登場人物に愛着を持ち、ストーリーを完成させようとする。編集者も、その前任だった編集長も、なんだかんだこの作家を見捨てず、尻を叩いて作品を完成させるべく奮闘する。キーパンチとともに、まずは鼻歌で奏でられる“パ・ラパパンパン”。書き手側と登場人物の世界が鮮やかに交錯し、彼らが謎と危機に立ち向かう間にもリフレインが続く。そして遂にクライマックス、本域で唄われる“パ・ラパパンパン”! 三人の幽霊と“東方”の三博士が絡み合い、『ブリキの太鼓』のエッセンスも。藤本さんの作劇の巧さに唸る。「役立たずの人間は死んでもいい」という考えへの落とし前。「死ななきゃなんとかなる」というエール。松尾さんだったら、恥ずかしがって書かないまっすぐな台詞だ。それをお松がまっすぐに言い放つ、そして唄う。これは強い。

そこへ松尾さんがノイズを加える。「雑な時代考証」のプロジェクションマッピングはツボに入ってしばらく笑いがとまらなかった。皆川猿時の独壇場では共演者の肩の震えがとまらない。仲睦まじい夫婦を演じつつ顔を伏せる大東駿介と早見あかりのさりげなさに感心、お互いを守るように抱き合って笑いをこらえる小松和重とオクイシュージが小動物のように可憐(笑)。そしてこんなときでもお松の牙城は崩れず。流石です。そうそう、お松だけでなく小日向文世の側転には度肝を抜かれた。演者を自由に遊ばせているようでいて、観客の視線を集中させるポイントはきっちり押さえる。編集者がベッドから現れるシーンは見事。松尾さんって、カタルシスへ向かう迄の助走の見せ方がホント巧い。

松尾さんには、恥じらうことに対しての矜持がある。「日常は続き、間抜けなことも起こる。とはいえ生きないといけない。そこに人間のおかしみと悲しみがある。僕が担当するのはそこしかない」といっていたのはどの記事だったか(これだった)。誰もが持っている臑の傷、見せつけたからってどうなるのよ。でも見せなかったらどうにもならんのよ。作家は成長する。それを編集者は待てるか。作品を生み出すことへの厳しさと、すぐに答えは求めない優しさと。藤本 × 松尾のタッグ、是非また観たいです。

お松と神木隆之介、絶妙のコンビネーション。小日向さんと片岡正二郎の共演にもにっこり、オンシアター組! 久しぶりに舞台で筒井真理子を観られたのもうれしかった。twitterのTLでも話題になっていたけど、第三舞台からの観客はフィナーレでダンスを観たかったかな。でもフルート担当だったから! あと寡聞にして存じ上げなかったのですが、川嶋由莉めちゃめちゃいいですね。あの声といいコメディセンスといい。今後注目したいです。大人計画常連組による、捻りの利いたリズム感も唯一無二。そして渡邊崇の音楽(アレンジも!)がとてもよかった。

それにしても、こんなふざけたギャグ満載の(褒めてる)ステージの幕を降ろすものかと、カンパニーは神経をすり減らして日々過ごしているのだ。楽屋訪問もNGなので舞台の感想を直に聞けない、打ち上げもおそらく大っぴらには出来ない。頭が下がる。同じく幕を降ろすものかと、観客も日々用心して日常を続けよう。また楽しい舞台を見せてもらうために。

おまけ。コクーンの前芸術監督の“幽霊”を呼んでくれたのは、藤本さんかな、松尾さんかな。うれしかった。蜷川さんは、その演出作品の思い出とともに、あらゆる劇場に棲んでいる。大東くんの「蜷川幸雄の秘蔵っ子」芸、素晴らしかったです。やべー本人に見せたい(笑)。



2021年11月07日(日)
東京バレエ団『かぐや姫』『中国の不思議な役人』『ドリーム・タイム』

東京バレエ団『かぐや姫』第1幕 世界初演、『中国の不思議な役人』『ドリーム・タイム』@東京文化会館 大ホール


モーリス・ベジャール、イリ・キリアン、金森穣のトリプルビル。『かぐや姫』初演にあたり、金森さんのルーツであるベジャールとキリアンとのプログラムになったとのことです。

『中国の不思議な役人』
振付:モーリス・ベジャール
音楽:ベラ・バルトーク

前回観たのはベジャール没後5年記念公演で、フランスに移住する直前の小林十市が役人役を踊ったのでした。ちなみに十市さんはアンサンブル、役人、娘を踊った唯一のダンサーとのこと。
煤けた装置、照明、スラムを歩きまわるスーツ姿の盗賊たち。そこへ首領である無頼漢が現れ、机をバン! と叩く、と同時に弾ける群舞、バルトークの曲! スピード感もすごくて、ほぼ全員出ずっぱりの踊りっぱなし。シビれる!
無頼漢の首領役、柄本弾のルックスがとてもよい。第二の無頼漢に娘としての仕事を強要し、役人を煽る。表情、スーツの着こなし、仕草に爆発的な迫力がある。かなり重いであろうアコーディオン(あれ、本物の楽器だったと思う…中身を抜いた小道具とかじゃないと思うんだよな……)を操り乍らあれだけ動けるのも凄い。
池本祥真もいい表情。首領との確執、役人への困惑、恐怖。いつもの池本さんならピタリととまるであろうポーズが時折ぐらつく。やはりヒールで踊るのはたいへんそうだ。しかしそのハンデがあっても、キレのある踊りに目を瞠る。露わになった立派な腿には、失礼乍ら『動物のお医者さん』の「ぶっとい脚は大きくなるしるし」を思い出してしまいニコニコしてしまった。この腿があの踊りを生むのだよ。
「強要されて女装し、男たちを誘惑している」というやけのやんぱちっぷりがヘルシーにも感じられ、しかしセクシュアルな趣は薄れないというなんとも独特な娘だった。そんな娘が、役人の思いの強さを前にして変わっていく。キスシーンの表情も素晴らしかった。
そもそも原作ではまんま「娘」の役をベジャール版では「女装した男性」にしており、その捻れを観ることの面白さに改めて気付いた次第。若い男役を踊った二瓶加奈子も、かわいらしいウブな青年像だった。
さて、タイトルロールの役人(Mandarin)を踊ったのは、入団二年目の大塚卓。めちゃよかった! 不思議で不気味で魅力的。腕と脚が長く、登場シーンの痙攣のような手の動きや、印を結ぶような左右対称の型が美しくキマる。硬軟両極の動き、人工的にも見える強い眼差しで、生身の人間に見えない……アンドロイドのような雰囲気をまとう。いや、アンドロイドというより……交通事故の実験用ダミー人形のよう。重力や衝撃にそのまま身を任せているように見える箇所すらあった。つまり恐怖心を持っていないようにみえる。反面蛇のようにフロアを這う場面では身体の柔らかさが全開。不気味で怖い(褒めてる)。死に際のニジンスキー『牧神の午後』の引用も見事。
大好きな作品なんだけど、そんなに頻繁には上演されないのよね。まあ、この内容なのでな…わかる……。役人は宦官か否か、何故「中国人」なのか、何故なかなか死なない非人間的な存在なのか。いつかは上演禁止になってしまうかもしれないなんて思うこともある。それはある意味怖い世界でもある。ただ、今回のような解釈によって、印象が変わることも確かなのだ。ベジャールが今回の上演を観てどう思うか、とても知りたい。でもそれは叶わない。

『ドリーム・タイム』
振付:イリ・キリアン
音楽:武満徹

タイトル通り夢のような美しさ。装置(幕)、照明、衣裳(ロングドレス!)、武満徹の金属的な音楽と、夜空に瞬く星のような作品。自分の席からは、上がっていく幕の奥に舞台機構の金属部分が反射して見え、それがまさに星のようだった。
で、睡魔が忍び寄ってくる訳です。あのーあるじゃないですか、あまりに心地よくて眠くなるという……観客を眠らせるのが今作の本望ではないのかと都合よく考えてしまうくらいなんですが、で、寝てしまうというのも贅沢極まりない鑑賞法なのではないかと思うのですが、いやいや負けたらあかんとなんとか踏ん張りました。
着地の音が聴こえないくらい静か。リフトも軽々(、のように見える)。羽根が空中を舞うように踊るダンサーたちの存在すらも夢のように映る。カーテンコールで彼らの笑顔を見て、やっと現実に戻ることが出来ました。

『かぐや姫』第1幕
演出振付:金森穣
音楽:クロード・ドビュッシー

竹(の精)の美しい群舞、照明、映像含む演出も華やかでスピード感がある。ドビュッシーの『海』で何故竹取物語? と思ってたけどそうか、海〜月〜月の光か! とようやく合点がいった(遅い)。音のハマりも絶妙で、選曲の妙に唸る。
波が竹林に変わっていく群舞のフォーメーションが非常に面白く、ポワントで踊っているのに音が涼やかというか、うるさく感じないのも新鮮。笹がそよいでいるようにも聴こえる。かぐやの成長を影絵で表現するシーンでは小さなため息のようなどよめきがあちこちから起こる。
ため息といえば「月の光」パ・ド・ドゥでも漏れていた。この日のかぐや=足立真里亜、道児=秋元康臣のコンビネーションもバッチリ。愛らしくてやんちゃなかぐやと、童と大人の狭間で哀愁を滲ませる道児。ふたりの孤独を月が照らす、優しさに溢れたパ・ド・ドゥ。ダンサーの力量が発揮されるリフトも見応えあった。
好みが分かれそうなところも結構あった。衣裳はものすごく竹竹していてぬぬーとは思った。ひと目でそうと分かるといえばそうなのだが、うーん。髪型からしてかわいらしい童たちの、仕草と体型のギャップは楽しんで観られた。ホントかわいかったな〜。
翁が欲に目が眩んでというふうに見えなかったのは、私が舞台に立つ飯田宗孝御大を観るのが初めてだったからかもしれないな……恐れ多くも、や〜かわいらしいとか思ってしまった。最初は嫗の位牌(と解釈した)を拝んだりして健気な感じだったのだが。今後黒衣がどう使われていくか興味がある。翁を乗っ取ってしまうのかな。
2幕、3幕の披露は再来年とのこと。楽しみです。

-----

・プレス向け公開リハーサル&記者会見レポート ー金森穣振付「かぐや姫」第1幕 世界初演┃NBS
「超常的な存在である緑の精がポワントで踊るのは必然ですし、振付家としてトライしたかった。ポワントなしでもできたかと思いますが、東京バレエ団の委嘱ですから、女性のポワントの群舞と男性の群舞は、絶対にやりたいと思った。これはNoismではできないので!」

・【特集:金森穣×東京バレエ団「かぐや姫」◆杪立真里亜インタビュー〜かぐや姫として舞台に生まれて、1幕分の人生を生きる。その姿をお客様に楽しんでいただきたいです┃バレエチャンネル
「かぐやと童たちはトウシューズを履きません。少なくとも今回上演する第1幕はずっとバレエシューズです。穣さんから理由を聞いているわけではありませんが、もしかすると、それがかぐやのあどけなさや童心を表現しているのかもしれません」

・自身の中に言葉をもってないと動きに現れない 小林十市の語る「中国の不思議な役人」の世界┃東京バレエ団
振付に忠実に踊るだけでは表現出来ないものがあるが、「ベジャールさんの動きは音にぴったりとはまっているのですから、あとは、音楽通りに動けば客席に伝わる」。「芝居」についての言及もとても興味深い

・役の内面を理解し、動きを台詞のように 池本祥真、「娘」役に初挑戦!┃東京バレエ団
「彼は自分の中に葛藤をかかえていて、女を演じる振りの中に時折、自分に嫌気がさしているような部分があるんです。彼の内面が振りのはしばしににじみ出ることで作品に深み、面白さが出る」

・【インタビュー】東京バレエ団「中国の不思議な役人」主演!大塚卓〜ベジャールの振付は、動きに終わりがない。踊っていて「自由」を感じます┃バレエチャンネル
「この作品は登場人物どうしの『関係性』が重要で、娘がこう動くから役人はこう反応するというふうに、舞台上で起こるすべての動きがアクション−リアクションの関係で成り立っています。ところが最初に振付を覚えてしまっているぶん、つい相手のアクションを受けることなしに、自分の段取りだけで動いてしまいそうになる。そうすると作品が成立しなくなってしまう」