江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2012年01月31日(火) この子どもたちはどうすれば救えたのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 たとえ統合失調症で行動がむちゃくちゃであっても、子どもたちにとっては唯一の母である。2010年8月に自転車で九州に向かおうとしていた一家が保護され、子どもたち3人は施設に預けられ、その後母親の状態が落ち着いたからと子どもたちは家に戻されたわけだが、まさかこのような悲劇が待っていたとは誰が予想できたであろうか。

 またその母親にも「自分はこの子たちを育てられない」という自覚もあった。子どもたちを児童福祉施設に預けようとして市役所に出向いているのだが、結局預かってもらうのは中止して帰っているのだ。窓口でどのような応対だったのかはわからない。しかし、お役所が母親から投げかけられたサインにちゃんと気付かなかった可能性もある。

 殺された長女は、母親代わりに一家の家事をしていたという。子どもたちはみなやせていて、冬でも薄着だったということで「ネグレクト」が疑われているが、この母親は統合失調症で育児不能というか、社会生活を営む能力が欠けていたのだとオレは想像する。子どもたちはその母親と一緒に暮らしつつ、どのような日々を送っていたのだろうか。

 朝日新聞の記事を引用しよう。

小6長女を殺害容疑 37歳母を逮捕 東大阪 容疑否認
 30日午前0時50分ごろ、大阪府東大阪市布市町で「子どもが救急車を呼んでほしいと言っている。母親が刃物を持ってうろついている」と、近所の住民から119番通報があった。救急隊が駆けつけたところ、この母親(37)宅の玄関先で小学6年生の長女(12)が血を流して倒れており、病院に運ばれたが約2時間後に死亡した。府警は殺人容疑で無職の母親を逮捕した。
 府警枚岡署によると、母親は「娘が自分で刺した」と、容疑を否認しているという。
 母親は30日午前0時50分ごろ、自宅で長女の腹部を包丁で刺し、殺害した疑いがある。包丁を持ったまま外をうろついている母親を近所の人が見かけた。署員が駆けつけた際には、自宅に止めてあった自転車の前かごに血のついた刃渡り約16センチの包丁が置かれていたという。
 一家は長男(13)と次男(7)の4人暮らし。長男と次男にはけがはなかった。次男は府警に対し、「母親が一緒に死のうと言って長女を刺した」と説明しているという。母親は精神的に不安定で入院歴があったといい、府警は刑事責任能力の有無を慎重に調べる。


 もちろん、世間の反応は「早く母親を病院に収容すればよかった」「子どもたちを施設から帰らせなかったらよかった」ということになる。しかし、子どもたちにとってはそのむちゃくちゃな親であっても、やはりそれは母親なのである。虐待を受けている子どもが必死で親をかばうことがあるように、どんなにひどい親であっても子どもたちにとっては絶対に失いたくない唯一無二の存在なのだ。この家庭で子どもたちが母親のことをどのように考えていたのかを、世間のモノサシで勝手に推測するわけにはいかないのだ。

 それならば、どうすればこの悲劇を食い止めることができたのか。その答えも出ないのである。子どもたち3人の父親はどうなったのか。ただ、妻が統合失調症だと知ったときに、それでも子どもたちのために家庭に踏みとどまって家を守ろうとする男性もいるかも知れないが、もちろん子どもたちを残してその妻を捨てて出て行ってしまう男性がいてもそれもおかしくない。

 子どもを家に泊まらせたり、ごはんを食べさせたりという形で時々子どもたちの世話をしてくれた近所の方がいたという。ただ、その方も今回のような悲劇は全く予想外だっただろう。こうした事件の報道を目にするたびに、オレはただ言葉を失うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月30日(月) 公費で塾代一万円支給?ふざけるな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは塾が嫌いだと公言する。塾は言ってみれば教育の「ノミ行為」みたいなものであり、本来学校がすべてのニーズを満たしていれば不要なものである。ただ、現実問題として現行の学校教育にはさまざまな不備があり、受験に対応していないとかいう理由から親たちはその「ノミ行為」に頼らざるを得ないという現実があるのだ。小学校でも中学校でも高校でも塾や予備校に一度も通ったことのないオレにとって、塾は受験勉強には不要な存在だった。

 今、大阪府では教員の給与がどんどん削減されている。もちろん仕事が減ったわけではないので、どんどん時間あたり賃金が下がってるのと同じである。そうして削った財源をこんな形で塾支援に回すのだとすればひどい話である。まずやるべきことは公教育の建て直しではないのか。大阪の教育状況を憂うならば、それを改善させるための長期計画をすすめるならばまずは公教育を改革することから手を付けるべきである。それが、どちらかというと公教育のライバルである塾の側を支援するとはいったい何事か。それではますまず公教育は崩壊するだけである。

 朝日新聞の記事を引用しよう。

大阪市の塾代1万円支給 まず西成区で7月
 橋下徹大阪市長は29日、低所得者層向けに学習塾や習い事の費用を助成する全国初の「教育バウチャー制度」について、同市西成区内で就学援助を受ける中学生約950人を対象に7月から先行実施することを決めた。支給額は月1万円で、2013年度からは市全域で中学生の7割程度を対象に実施する。
 橋下氏は生活保護率が高いなど西成区の課題解決に向け特区化する構想を示しており、他の地域に先んじてバウチャー制度を実施することで特区構想を先取りする狙いがある。
 バウチャー制度の対象は、同区内の公立中6校で就学援助を受ける生徒。学習塾や習い事、スポーツ教室などで使用できるクーポン券を毎月1万円分配布する。市の新年度予算を検討する会議で29日、事業費8800万円の計上を決めた。橋下氏は「13年度から全市で実施するためのモデル事業。文化やスポーツ活動などにも使えるようにして、塾以外にもいろんな事業が生まれることを期待している」と語った。


 学力の低い生徒を塾に通わせるとどんな現象が起きるだろうか。ますます学校で集中できなくなるのである。一日に2時間しか集中できない生徒が、その2時間の能力をすべて塾で使い果たし、学校ではただぼーっとしているか、あるいは遊んでいるかという状況が生まれるのだ。「学校での勉強+塾の勉強」という形で相乗効果につながるのはごく一部の優秀な生徒だけである。多くの親たちは子どもを塾に通わせるだけで安心しているわけだが、個々の子どもが持っている基本集中能力を塾で使い果たしているだけだということに気が付いていないのである。

 これまで塾に通っていなかった、つまり学校だけで勉強していた層まで塾に通うようになればどうなるか。子どもたちは塾を「勉強するところ」と考え、一方学校は「友人とくつろいだりして過ごす場所」ととらえるようになるのである。だからオレは塾が嫌いなのだ。塾があることでどれだけ学校教育が脅かされていることか。

 こんなことを書くと必ず「それは学校の授業が面白くないからだ。塾の方が面白いから子どもはそちらで勉強するようになる。学校を面白くすればいい」と反論する人がいる。しかし、そもそも勉強ってそんなに面白いのか?面白くなくてもがんばって身につけなければならない部分の方が多いのじゃないか。因数分解や微積分をしていると面白くてゾクゾクするような人たちは一部の異常な方々だけで、多くの一般人にとって勉強とはつらくて苦しいががんばって克服すべきものなのである。

 学校では教員たちががんばって、その面白くない勉強を必死で子どもたちにさせているのである。そうした努力を吹き飛ばすこの政策にオレは反対の立場を表明したい。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月29日(日) 誰が韓国の回し者だったのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 「日本海」は「日本海」である。自分の国の東にあるからそこは「東海」だとほざいてるどこかの国があるようだが、それはちょうど田舎のオッサンが自分の家の前を流れている「利根川」を「この川はオレの家の前を流れているから前川だ!」とほざいていて、しかもその「前川」というのを近所中に触れまわり、わざわざ宣伝して回ってるようなもので、見苦しいというかなんというか、田舎者の自己主張は実に情けないというか、ケツの穴が小さすぎて毎日大変だろうと思うのである。

 JTBの子会社であるJTBパブリッシングは時刻表の出版とか、人気旅行雑誌「るるぶ」の発行などでかなり多くの出版物を出している大手だが、そこが発行している地図になんと「日本海」のことを「東海」と記載してたという。田舎のオッサンの希望通りに「前川」と書いたようなものである。産経新聞の記事を引用しよう。

「JTBキャンブックス 韓国鉄道の旅」が日本海を「東海」と表記 絶版へ 2012.1.28 11:20 [領土・領有権]
 JTBパブリッシング(東京都新宿区)が発行する書籍「JTBキャンブックス 韓国鉄道の旅」に掲載された地図に、日本海が「東海(日本海)」と表記されていたことが28日、分かった。同社は同書を今月26日付で絶版とすることを決め、書店からの回収を始める。
 同書は平成17年1月から今月まで約7000部を発行。韓国の鉄道を160ページにわたって、写真や地図付きで紹介している。
 問題の表記は、韓国の周辺海域を紹介する地図で記載。同社は「韓国鉄道庁の資料を多く参考としており、格別の意図なく記載してしまった」と説明している。今月23日から、電話やメールで約20件の苦情、指摘が寄せられたという。
 同社は「旅行関連書籍を扱う出版業者として、地名の呼称については改めて、万全の配慮を行うよう徹底していきたい」としている。


 さて、今回の間違いだが、オレは「誰かが意図して行ったもの」であると憶測している。JTBパブリッシングの社内に誰か韓国政府の回し者、あるいは韓国よりの立場の人間がいて、そして故意に今回のミスを起こしたのであるというふうに考えているのだ。

 なぜそのようなことをするのかというと、「こうして日本の出版物も東海と書いている」という事実を作ることで、自国の主張に正当性を持たせたいのである。どこかで読んだのだが、韓国政府は世界中の学校に地球儀を無償で配布し、その地球儀には「日本海」ではなくて「東海」と記載してあるという。なんとも姑息と言うかせこいというか、あまりに馬鹿馬鹿しくて涙が出そうである。田舎のオッサンが「前川」と書いた地図を日本中で配り歩いているような愚かさであり、しかも大まじめなのである。

 今回のJTBパブリッシングのミスプリ事件だが、その悪意に関与した人間をきちっと特定して、そいつから出版・回収にかかった費用を全額賠償させるとともに、その人間を北朝鮮にでも追放処分にすべきである。そんな人間には日本の国土を踏ませたくないのである。日本国内で「東海」と記載せよ主張しているヤツも同様に追放せよ。ついでに日本国内にある朝鮮高級学校などの民族学校での授業内容を精査し、もしも地理の試験で「東海」と書かせる問題を出題していることが判明すれば即座にその学校を廃校にするなどのきびしい処置で臨むべきである。

 「日本を舐めるなよ!」オレが言いたいのはそれだけだ。日本という国家がそこに存在し、その内海を世界中の国が「日本海」と呼んでいる、これはまぎれもない事実である。利根川の前の掘っ立て小屋に住むのオッサンが「前川」と呼んでることなどどうでもいいのである。

 韓国のこんな動きを日本政府は放置するなよ。もしもこんな法案を通過させれば報復措置を取るとオバマにでも通告しておけよ。

日本海呼称問題:「東海」併記法案…米議会1票差で否決=韓国
2012年1月29日(日)12時55分配信 サーチナ
 米バージニア州議会で、公立学校の教科書に日本海(Sea of Japan)と東海(East Sea)を併記するよう求める法案の採択が行われ、1票差で否決された。複数の韓国メディアが報じた。
 26日(現地時間)、州上院教育厚生委員会で同州のデイブ・マースデン議員が提出した東海併記法案に対する採決が行われ、賛成7票、反対8票で否決された。
 同法案は16日に開かれた教育委小委員会で、保留意思を表明した議員1人を除く、議員3人が賛成意思を示し通過した。しかし、この日の採決では、7票対7票になった後、共和党のスティーブ・マーチン委員長が反対票を投じ否決した。
 韓国メディアは、韓国人団体の積極的な支援があったことなどから、法案が通過する可能性は高いとの見方を示していたが、共和党を中心に反対票が集まり否決されたと伝えた。
 バージニア州の韓国人会は、2015年の教科書改編に合わせた「東海併記立法化」を今後も目指していく方針という。(編集担当:新川悠)



↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月28日(土) 日本はこんなに治安が悪いのか・・・        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 ゼニが欲しかったら働けばいい。アルバイトを募集している外食産業やコンビニはいくらでもある。介護の現場のように慢性的に人手不足の世界もある。それなのに世の中には「働かないで」ゼニを手に入れようとする人間が多すぎる。そのあげくのはてに路上強盗である。しかもそれを行ったのが17歳と18歳の女子高校生だ。なんてひどい国になったんだとオレは呆れてしまうのである。この二人のカスは少年法のおかげで名前も顔も明かされないわけだが、少なくともやってることは大人の凶悪犯と同じである。しかも目に強いアルカリ性の薬品をかけて・・・とあるから被害者は失明する可能性もあったのである。この二人は檻に入れて大阪駅のコンコースにでもさらし者にしてやるべきではないのか。ここまでの馬鹿をどうやって矯正可能なのか。産経新聞の記事を引用しよう。

落とした携帯が決め手! ペットボトルで女子大生に液体 強盗致傷容疑で17歳と18歳の少女逮捕 2012.1.28 01:05
 女子大学生の顔に液体をかけて目に重傷を負わせ、かばんを奪おうとしたとして、兵庫県警少年捜査課と西宮署は27日、強盗致傷容疑で、大阪府豊中市の通信制高校3年の少女(18)と、箕面市の通信制高校3年の少女(17)を逮捕した。逃げた際に少女の1人が落とした携帯電話から2人が浮上。県警によると箕面市の少女は容疑を認め、豊中市の少女は「いたずらでやった。強盗目的ではなかった」と、一部否認しているという。
 逮捕容疑は、21日午後9時45分ごろ、兵庫県西宮市上大市の市道で、歩いて帰宅していた同市の女子大学生(23)に背後から徒歩で接近。ペットボトルに入ったアルカリ性の液体を顔にかけて両目に約1カ月の重傷を負わせ、手提げかばんを奪おうとしたとしている。
 県警によると、少女2人は別々の学校に通うバイト仲間。女子大学生に「道を教えて」と声をかけ、振り向いたところに液体をかけたが、大声を出され、何も取らずに逃げた。その際、豊中市の少女が携帯を現場付近に落としていた。


 このペットボトルに入ったアルカリ性の液体とはいったい何だったのだろうか。おそらくホームセンターなどで簡単に入手できる住居用洗剤の類だと思うのだが、具体的に書かないのはもしかしたら類似犯を防ぐためかも知れない。

 大声を出されたために驚いてその場に携帯電話を落としていったとは実にマヌケな話だが、もしもそうした遺留品がなかったら捜査は難航していたかも知れない。そしてこの二人のコンビが起こした犯罪は果たしてこれだけなんだろうかということもオレは思うのである。

 女二人組で仕掛ける犯罪といえば、たとえば出会い系サイトで男性を誘い、女二人で同時に相手をすると誘ってホテルに一緒に入って、睡眠薬などで眠らせてそのスキに金品を奪うという昏睡強盗が考えられる。男性が目覚めた時にはもう女たちの影も形もないわけだが、女子高生とホテルに入ったという破廉恥行為をすでに行っている男性は、おそらくその被害を警察に届けることはないだろう。そういう余罪はないのだろうかとオレは想像するのである。

 ただ、今回の事件で被害者は目に重傷を負ったのである。まだ回復するかどうかはわからないのだ。もしかしたら視力は戻らないかも知れない。どんな金額になってもその賠償をきちっとこの二人にはさせたいのである。その賠償のために何十年も重労働することになったとしても、それが犯罪の報いというものである。少年法なんてもので救済する必要はない。きちっと行為の責任をとらせて罰を与えないといけない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館



2012年01月27日(金) 500円玉貯金を盗んだ男        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 大きなガラス瓶の中に500円玉がたくさん入っている・・・たまに見かける500円玉貯金の光景である。しかし、たかが500円玉と侮っていてはいけない。それが数千枚ともなればけっこうな大金となるのである。そしてそれを盗もうとする馬鹿も出現するのだ。居候させてもらっているだけでも迷惑をかけているのに、その上大切な500円玉貯金をガラス瓶を破壊して持ち去った人間のクズのニュースである。スポーツ報知の記事を引用しよう。

500円硬貨5800枚盗んだ容疑で逮捕
 知人の家から約5800枚の500円硬貨を盗んだとして、高知県警中村署は25日、窃盗の疑いで愛媛県宇和島市、介護福祉士・山本教介容疑者(33)を逮捕した。山本容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している。
 中村署によると、山本容疑者が、宇和島市の銀行で500円硬貨1000枚を1万円札に両替したことから、足取りが判明したという。
 逮捕容疑は昨年12月18日、高知県四万十市、運送会社経営の男性(59)の家から、計約290万円を盗んだ疑い。
 山本容疑者は「実家にいづらくなった」と、昨年10月から専門学校時代の同級生の実家である男性宅に居候していた。同年12月18日、突然いなくなった山本容疑者を男性が不審に思い、500円硬貨などを貯金していた高さ約45センチ、直径約35センチのガラス瓶を部屋に見に行くと、ガラスの破片と残りの約380万円分の小銭が散乱していた。


 500円玉一枚は約7グラムである。5800枚ということは、40キロ以上の重さになる。盗むにしてもなかなかの重労働だ。残り380万円分の小銭が散乱していたということは、重すぎて残りはあきらめたということなのだろう。

 それにしてもこの33歳ヘタレ、宇和島市で盗んで、そのまま宇和島市の銀行で換金(両替)しようとしてるわけで、もうバレバレなのである。もっともそのまま500円玉のままで持っていたとして、状況から考えてこの居候が盗んだのは明白なわけである。百歩ゆずってこの男以外の第三者が侵入してその500円玉入りのガラス瓶を破壊したのだとしても、こうして銀行に両替に来ればやはりその言い訳は通用せずに犯行はバレバレなのである。なんとも情けない話である。

 今回の事件、居候は目の前の小銭貯金をみていて出来心が起きたわけだが、オレはそういう小銭貯金に対して批判的である。小銭が貯まるのはちゃんとその小銭を使わないからだ。それを家で貯金箱に入れてしまえば利息も付かずに放置されてしまうのである。実にばかばかしい話だ。しかもその金額が数百万・・・確かに普通は重くて盗まれないだろうが、重くても盗むこういう馬鹿もきっと泥棒の中にいるわけだ。

 コンビニにはたいてい募金箱が置いてある。財布の中に1円玉や5円玉などが貯まってきてじゃまになった場合はオレはそこに投入することにしている。10円以上の小銭は積極的に使う。500円玉は貴重な大金である。そういうわけでオレは財布に小銭を貯めないのである。小銭でパンパンに膨らんだ財布は見苦しいし、財布そのものの寿命も短くなる。おっと話がそれてしまった。

 居候先の500円玉貯金を盗んでしまうこの馬鹿、日本の刑法ではたいした罰は科せられないし、この金額を賠償すれば不起訴の可能性もある。もっともこのヘタレも33歳なんだから親を頼って賠償してもらうわけにもいかないだろうし、自分で働いたゼニで賠償させるべきだろう。情けない事件だが、こんなどうでもいいような事件が新聞で報道され、オレの日記で取り上げられる日本はまことに平和な国であるということだ。いくら風邪とはいえ、くだらない話を書いてしまったものである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月26日(木) 風邪じゃ風邪じゃ風邪じゃ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 そいつは突然にやってきたのである。まずオレを襲ったのは突然の咳だった。激しい咳が出る。立っていられないほどである。なんなんだこの激しさは・・・ オレはさっそく咳止めトローチを舐めた。しかし止まらないのである。しかも咳以外の症状が出てきたのだ。おかん・・・・じゃなかった悪寒である。妙に寒いのである。ガタガタと震えてしまうのだ。これは絶対にインフルエンザに違いないとオレは体温計を挿してみた。なんと36.6度の平熱である。うーん、なぜこんなに寒いのか。

 「そうだ、中から暖めよう!」と思ったオレは「ふうふう亭」に出かけて釜揚げうどんを食べた。すりおおろしたショウガを大量につゆのなかに入れて、芯から暖まる作戦に出たのである。入れ放題のネギを食いまくり、ショウガもたっぷり入れた。ちょっと元気が出たような気がした。しかし咳は止まらない。突然にオレを襲うのだ。

 オレは帰宅してから思いっきり暖かくして、そして熱々のショウガ湯を飲んでみた。とろーりしたショウガ湯はなんだか効果がありそうだ。さらにチオビタを飲んで、ビタミンCの粉薬を飲んで、咳止めトローチを舐めたのでなんとか激しい咳は収まった。あとはしっかりと眠るだけである。

 オレは風邪を引くといつも長引くのである。長期間まともに声が出せない状態が続くのでオレのような商売はまことに困るのである。それで早く治したいのだが、いちおう家にあった市販の風邪薬を飲んでいる。どうせ医者に言ってもそんなに効くのは出ないとこれまでの経験で思うのだ。もちろんインフルエンザならそれ相応の薬を飲む必要があるが、今の症状ではインフルエンザではないだろう。

 オレの風邪を警戒して、家族はみんなオレから離れている。オレは危険物のような扱いである。「子どもにうつさんとってな!」と妻から言われた。そんなことわかってるが、うつるときはうつるし、うつらないときはうつらない。風邪とはそういうものである。

 そういうわけで、今日は夜更かししないで早く眠ることにしたのである。なんだおまえの日記はこれで終わりなのかと抗議されそうだが、こういう日もあるのである。オレも決して不死身ではないのである。十二指腸潰瘍で入院したときもベッドの上で日記を書いたのだが、さすがに最近めっきりと体力も落ちてきて、夜もすぐに眠くなる。そういうわけであんまり夜更かしもできないのであった。みなさんおやすみなさい。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月25日(水) この3人のクズにはどんな罰がいいのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 女性を監禁して暴力で服従させ、わいせつな行為に及ぶ男というのは人間のクズである。そういうことをするヤツは常習性が高く、たとえ刑務所に服役してもまた同様の行為を繰り返すことが多い。矯正不能の外道なのである。札幌にいたこの3人組みもその類である。読売新聞の記事を引用しよう。

家出した障害ある女生徒に、男3人わいせつ行為
 発達障害があり特別支援学校に通う女子生徒(17)にわいせつ行為をしたとして、北海道警札幌西署は24日、札幌市西区二十四軒3の5、無職高橋光男容疑者(27)ら男3人を、道青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕した。
 女子生徒には、たばこの火を押しつけられたり、骨折したりした痕があった。アパートでの宿泊代も要求されたという。同署は傷害や脅迫の疑いもあるとみて調べている。
 発表によると、高橋容疑者らは昨年11月2〜6日、西区内のアパートで、女子生徒が18歳未満であることを知りながら、わいせつ行為をした疑い。
 女子生徒は昨年10月に家出し、通院先の病院で知り合った高橋容疑者らのアパートを転々としながら生活していた。高橋容疑者らはパチンコやマージャンで負けると女子生徒を殴り、女子生徒が帰ると言っても「泊めているんだから食事代を払え。出来なければ殺されても仕方がない」などと脅し、「警察には言うな」と、口止めをしていたという。
 女子生徒が昨年11月、同署に「保護してください」と被害を届け出て、事件が発覚した。
(2012年1月24日22時42分 読売新聞)


 特別支援学校に通う17歳の少女を家出させるのに、この外道どもがどのように誘ったのだろうか。最初からわいせつ行為の対象にする目的で言葉巧みにだまし、家出させたのではないかとオレは想像するのである。そして、いったん男たちのところに来てしまったらそこは暴力と恐怖が支配する世界だったわけだ。「警察には言うな」と口止めしていたところからこの3人組は自分たちの行為の悪質さを自覚していたわけで、もしかしたらこの少女は口封じのために殺されていたかも知れないのである。逃げ出して警察に駆け込むことができて本当によかったとオレは感じるのだ。

 この3人のクズどもにはどんな罰がふさわしいのか。裁判の時にこいつらはいったいどんな態度を取るのだろうか。オレはそれが気になるのだ。日本の法律ではこの外道どもに軽い罰しか与えられない。しかし、もしも女性が逃げ出さなかったらどんな結末を迎えていたかと思うと、やはりこの3人にはかなり重い罰を与えて欲しいとオレは思うのである。

 さすがに死刑とまではいかなくても、懲役20年は喰らわせて欲しいと思うのだ。名前の出ている主犯格の男27歳も、無職でパチンコや麻雀しかしていないわけで、社会に何の貢献もしていない人間のクズである。とりあえずこのクソ野郎を裸にして檻に入れて、雪祭りを見学に来た観光客に「人間の皮をかぶった珍獣です」とさらし者にしてやることから罰をスタートさせて欲しいのである。それから裁判でゆっくりと本当の罰を決めてやればいいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月24日(火) 凶悪犯の射殺は正当な職務行為である        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 暴走車を制止するとき、日本の警察はどんな手段が使えるのだろうか。よく逃走中の車両が事故を起こして容疑者が死んだりした場合、必ず「追跡は適正だった」などのコメントが書いてある。そんなことをどうして気にするのか。悪いのは逃走してるヤツであり、そいつが逃げてる途中に勝手に電柱にぶつかって死亡してもそれは自業自得というものである。全力で防がないと行けないのは、その逃げているクソ野郎が一般市民を巻き込んでしまうことではないのか。容疑者が歩行者をはねて逃走して死者が出た場合、悪いのはその容疑者なんだがまるで警察の追跡のやり方が悪かったかのように報道されるのが日本のマスコミの風潮である。オレは警察を擁護したい。そして、そうした悲劇を防ぐために「クルマやバイクで逃げたら射殺」というルールを定着させて欲しいのである。

 奈良県で車上荒らしの容疑者がパトカーに体当たりして逃走しようとした事件があった。もしもそのまま逃走させれば市民にどんな被害がもたらされるかわからない。発砲してでもその容疑者を制止しようとした警官の行動にはなんの落ち度もない。ところがその逃走車の助手席に乗っていて死亡した男の母親が、1億8000万の賠償を求めて訴訟を起こした。もちろんその訴えは却下された。しかし、付審判決定を受けて裁判員裁判で争われることになったのである。読売新聞の記事を引用しよう。

逃走車に発砲、殺人罪に問われた2警官無罪主張
 奈良県大和郡山市で2003年9月、警察官が逃走中の車に発砲し、助手席の男性が死亡した事件で、殺人、特別公務員暴行陵虐致死の両罪で付審判決定を受けた警察官2人の裁判員裁判の初公判が23日午前、奈良地裁(橋本一裁判長)で始まった。
 罪状認否で東(ひがし)芳弘巡査部長(35)(当時・巡査長)と萩原基文警部補(35)(同・巡査部長)は「逃走した車両を停止させるために運転する男性の腕を狙った正当な発砲だった」と述べ、無罪を主張した。
 付審判での裁判員裁判は例がなく、殺人罪の審理も初めて。発砲の正当性と殺意の有無が争点になる。判決は2月28日。
 付審判決定では、03年9月10日午後6時45分頃、大和郡山市の国道24号で、車上荒らし事件の手配車両がパトカーや一般車両に衝突しながら逃走したため、東、萩原両被告ら警察官3人が計8発を発砲。両被告が助手席側の約1メートルの至近距離から撃った計2発が高壮日(こうそうじつ)さん(当時28歳)の首と左頭部、東被告の1発が運転席の男性の頭に命中。高さんは翌10月に死亡、窃盗などの容疑で書類送検されたが容疑者死亡で不起訴。男性は窃盗罪などで懲役6年の実刑判決を受けた。
(2012年1月23日13時53分 読売新聞)


 この懲役6年の実刑を喰らった男は、なんと「(死亡した)高壮日は車上荒らしとは関係ない」と主張してるのである。パチンコ屋の駐車場で車上荒らしを二人組で行ってるわけで、一方が見張り役兼逃走幇助の役割を果たしてるというのは明らかだ。そんな見え透いたウソの主張をしている時点で反省の色がないわけで、それこそ死刑にしてもかまわないとオレは思うのである。

 たとえこの警官に殺意があったとしても、オレはその殺意を正当なものだと思うのだ。この凶悪犯の命と、危険な逃走によって失われるかもしれない市民の命を比較した場合どちらが重いか。そこで「射殺」という判断を下すのが、市民を守る義務を負う警察のつとめだと思うのである。車上荒らしを見つかって逃亡し、逃げる途中に他のクルマにもぶつけ、警察車両にも体当たりした男が「懲役6年」という罰は軽すぎないか。そんな軽い罰しか与えないから死亡した男の母親が「息子をなぜ殺したのか」といちゃもんをつけてくるのだ。ちゃんと死刑にしておけば射殺したことも正当な判断だったということになるのである。

 車上荒らしなどする人間ははっきり言ってクソである。最低のカスである。オレは以前にその被害に遭ったことがあるからなおさらそう思うのである。見つかって逃げているヤツはその場で撃ち殺して、盗まれたものを被害者のために取り戻して欲しいと思う。オレのクルマのガラスをブチ割ってかばんを盗んだヤツは死刑にして欲しい。ところが残念なことにもう時効なのである。

 この事件が裁判員裁判となったということで、馬鹿裁判官ではなくて市民がちゃんと判断して警官を無罪にしてくれることをオレは信じている。そして1億8000万円の損害賠償の訴訟を起こしたこの男の母親に言いたい。「先に車上荒らしの被害者、クルマをぶちあてられた被害者、これまでに息子が犯罪で迷惑をかけたすべての人々にお詫びをしてから改めて訴えるべきがどうか考え直せ」と。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月23日(月) 大阪モーターショー私感        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 大阪モーターショーに行ってきた。ものすごく人が多かったのである。どうしてこんなに人が多いのか。それにはちゃんと理由がある。まず開催期間が短すぎだ。だからそのわずかな期間に行かないといけないわけで、人が集中するのである。せめて今の2倍の期間やってくれればと思うのだが、主催者側にも事情があるのだろう。それともう一つ人の多い理由は、クルマを目当てに来ているのではなくて、美人コンパニオンというか、クルマのそばでポーズをとってるきれいな女性目当てにきているオタク野郎が多すぎるのである。見るからにモテなさそうなオタク野郎たちがデジカメを構えてせっせとクルマの前に立つ女の写真を撮っている。そんなところに立たないで欲しいのである。おまえがじゃまで後ろのクルマが見えないのである。はっきり言ってオレはねーちゃんたちなんかどうでもいいのである。クルマさえ観られればいいのだ。展示するのはクルマだけでいいのである。そのねーちゃんたちを雇って、それを目当てに来る連中のせいで大混雑してしまうのである。本当に迷惑だ。来場者が真のクルマ好きだけでは儲からないと思ってるのだろうか。

 他にもオタク野郎だけではなくスケベなオッサンどもも目立ったのである。超望遠ズームレンズを装着した高級デジカメで至近距離から女の子を撮影している。おいおい、おまえたち毛穴のアップが撮りたいのかよと思うほどであった。こういう連中まで殺到しているから来場者が増えるのである。迷惑な話である。オッサンどもが美女を撮影するのは別の日程でやって欲しいのである。

 今日のお目当てはトヨタ「86」とスバルの「BRZ」である。とりあえず観ることはできたのだが、あまりにも人が多くてじっくり観ているどころではなかったのである。写真を撮るにも、上空に手を差し出して高い位置から狙うしかなかったのである。




 たしかに86はなかなか車高も低く、オレの好みの感じになっていた。インテリアに一部赤を使っているのもいい。いっぽうBRZの方の純正のホイールのデザインはNGだ。そういうわけで実際に買うなら86の方かなと思いつつ、たぶん今から注文しても半年待ちだろうなと思ったのであった。

 その一方で、すぐに市販はされそうもないけど、かなり斬新なデザインのコンセプトカーもあれこれ眺めた。ハンドルのところにスマホを挿して使うようになってるのが多かった。でもスマホの方の規格は統一できるのだろうか。




 ゆっくりとひとつひとつ確かめるにはあまりにも人が多い。クルマの近くまで近づくこともできないのである。人気のあるクルマの場合は特に近づけないのである。これを避けるには平日の昼間に来るしかない。しかし、そのためには仕事を休まないといけない。モーターショーに行きたいなどという不純な動機で仕事を休んだことがバレれば生徒たちに笑われるのである。そういうわけでオレは今後も当分の間は混雑に耐えて観るしかないのである。  

 そうそう、アメリカからはどこのメーカーも参加していなかったが、これでますますアメリカが日本市場を軽視してることがわかる。売りこみたいという努力もしないで政府に文句ばかりつけてくるアメリカの自動車メーカーはみんなクソだ。

 オレとしては韓国や中国のメーカーがもっと積極的に日本市場に参入して欲しいのだが、勝てないからと最初から勝負しないつもりなのかも知れない。今回もやはり韓国や中国のメーカーは参加ゼロである。日本のメーカーでも不参加のところがあって、前回のモーターショーに比べてかなり小粒になったような印象だった。

 今度来るときはもっと空いてる時にしたいなあと思いつつ、オレは疲れて会場を後にしたのであった。とにかく人が多すぎて、酸欠で窒息しそうなほどであった。 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


2012年01月22日(日) 映画『サラの鍵』〜 ヴェル・ディヴのこと        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 歴史上の事件はたいていウィキペディアにありそうなんだが、なぜか1942年7月16日のパリで起きた「ヴェル・ディヴ事件」に関する項目はない。そしてオレがこの事件について知ることになったのも、今回この映画を観ることになったからである。ヒトラーはフランスを支配下においていた1942年7月、パリに住むユダヤ人を一斉検挙して収容することを命令し、フランス警察はその命令を忠実に実行して約1万3000人のユダヤ人が検挙・拘束されたという。このヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件(ヴェル・ディヴ事件)(en:Vel' d'Hiv Roundup)の悲劇に関して、フランス人はほとんど知らなかった。そうした自分たちの負の歴史は政治的に封印されてきたからである。

 多くのフランス人たちにとって、隣人であったユダヤ人が連行されることなどただの他人事であり、彼らがいなくなって無人になった住居はフランス人のものとなった。ユダヤ人たちは水も食糧もなく、トイレもない「ヴェル・ディヴ」に6日間非人道的な処遇で閉じこめられた後に別の収容所に送られ、最終的にはアウシュビッツに送られたのである。映画『サラの鍵』はその「ヴェル・ディヴ事件」に遭遇した少女サラがとっさの機転で幼い弟を納戸の中に隠して鍵をかける。「すぐに帰ってくるから」と約束して。ところが彼女は収容所に入れられてしまいなかなか帰れない。「このままでは弟が死んでしまう・・・」サラは弟を救いたいという必死の思いから収容所を脱走する。

 歴史の真実を知ることにはどんな意味があるのだろうか。封印されたその国家の負の歴史を知ること、自分たちの同朋の行った悪を暴き立てることに何の理由があるのだろうか。パリに住むアメリカ人ジャーナリストのジュリアは「ヴェル・ディヴ事件」を調べるうちに、それが実は自分と深く関わっていたことに気付くのである。そして彼女はサラの足跡をたどる旅に出る。

 この映画は悲しい。描かれる場面の風景が美しければ美しいほどその悲しみは増す。事実が明らかになればなるほど、その悲劇の大きさに打ちのめされてしまうのである。でもオレは敢えてこの映画をみなさんにお勧めする。だからこそ知るべきなのだと。現代を生きる我々にとっての義務は、過去にこの世界にどのような歴史が存在したかを正しく理解することであり、失われた多くの命に思いを馳せることなのだ。

 大都市には多数のシネコンがあり、どこでも商業主義的成功を狙った多くの娯楽映画が同じように上映されている。どのシネコンでも同じ映画を観ることができる。しかし、この『サラの鍵』を上映してるのは大阪では梅田スカイビル3Fの「シネ・リーブル」だけである。そして上映されている期間もほんのわずかである。だからこそオレはこの日記を読んだみなさんに映画館に出かけて欲しいのである。そして、映画館のスクリーンでこの作品を鑑賞して欲しいのだ。それがオレの願いである。一度でも観てもらえれば、オレがなぜこの映画を一人でも多くの方に観てもらいたいと思ったのか、その理由がわかるはずだ。

映画『サラの鍵』公式サイト


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月21日(土) 区長になりたい人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 大阪市が全国公募した区長に大量の応募が集まった。選考に時間が掛かるので4月からの着任は困難になってしまったのである。読売新聞の記事を引用しよう。

大阪市の区長に1460人応募…着任時期未定に
 大阪市は20日、全国公募した24区長ポストの応募者が、最終的に1460人に上ったと発表した。
 応募者数が多いため、1月中旬〜2月上旬に予定していた選考日程は2月末以降にずれ込む。4月1日の予定だった着任時期も未定という。
 内訳は、最多は淀川区の110人で、北区109人、中央区106人。西成区は90人で4番目。最少は東住吉区の28人だった。
 市職員の応募は30人で、うち現職区長は19人。中国や米国など海外の在住者も9人が応募した。
(2012年1月21日09時00分 読売新聞)


 どうしてこんなに応募が集まったかというと、その待遇のよさである。少し前にはこういう記事が出ている。

橋下新市長が全国公募の区長、最上級の待遇に
 大阪市の橋下徹新市長が全国公募する24行政区長の給与について、市は、一般職トップの局長級より高額にするための給与条例改正案を来年2月市議会に提案する方針を固めた。
 支払い基準となる給料表(1〜8級)に9級(特級)を新設し、最上級の待遇で幅広く人材を集める。予算編成や人事に関する権限を与える一方、高報酬で責任も負ってもらうのが狙いで、橋下氏が就任する19日からの募集スタートを目指す。
 橋下氏は区長について、「局長よりも給与を上げる。それだけの責任を負ってもらう以上、権限も与える」と明言。24区長は現在、税収規模などから北、中央、西成の3区は局長級、それ以外は部長級だが、橋下氏は区長を局長の上に置き、権限も大幅に強化し、来年4月に任命する方針だ。
 市は、こうした橋下氏の意向を受け、給与体系の見直しに着手。区長の待遇アップ策として、基本給を局長級と同じ8級としたうえで管理職手当を手厚くする方法も検討したが、橋下氏の「区長を局長より上に位置づける」との考え方を明確にするため、新たな級を設けることにした。
 市の給料表によると、8級(局長級)の月額基本給は59万7900円〜48万1200円で、手当などを含めた平均年収は約1270万円。現行の給与水準なら、新区長の月額基本給は60万円以上となりそうだ。
(2011年12月9日 読売新聞)


 平均年収1270万円という高給取りになるのである。今リストラされて苦しんでる方や、企業内で自分の能力が十分に評価されてないと不満を抱いている方、あるいは選挙に落ちて浪人している政治家の方など、応募者の動機にはさまざまなものがあるだろう。オレは健康面の不安があってそんな激務には耐えられないので区長に応募する気はないが、どんな方たちが選ばれて手腕を発揮するのかということには大いに興味が湧く。

 福祉マネーがどんどん暴力団に流れ込む「ヤクザ天国」の西成をどうするのか。下手に改革しようとすると暴力団のヒットマンに暗殺されそうで、命の惜しいオレにはそんな西成区の区長のなり手がいること自体想像もつかないのだが、もしかしたら暴力団関係者が利権を守るために身内を区長として送り込もうとしてるのかも知れない。とにかく区長になりたい人の身辺調査はきっちりとやってもらいたいものである。選ばれてすぐに飲酒運転で逮捕とか覚醒剤使用がバレたとかでは困るのである。

 勤務する職場でオレは何人かの同僚から「区長に立候補しませんか?」と声を掛けられた。今自分がやっている仕事と区長の仕事を比較して、どちらが大切でどちらが自分を必要としてるかというのあまりにも内容がかけ離れていて比較の対象にならないのである。オレの持ってるアイデアを出して改革を進めればそれは大阪を劇的に変えられる可能性がある。しかしオレには今与えられた使命があるのだ。今預かってる生徒たちをしっかりと勉強させて、志望校に一人でも多く合格させるという大事な使命が。それは決して小さなことなんかではない。こちらもそれぞれの生徒の人生がかかっているのである。決しておろそかになんかできない大切な仕事なのだ。それにオレは学校の仕事がけっこう好きである。そういうわけでオレは現時点では区長になる気はない。

 公募して任命された区長、そしてそのあとにやってくる区長公選制、橋下氏は大阪で民主政治の実験をしつつ、将来の国政を考えているのだろう。民主党が増税策で国民に見放されていて、自民党がもともとダメで、今総選挙が行われるとしたらどの党も決め手に欠ける。そんな時に「維新の会」の候補を一挙に200人くらい当選させて第一党になって一挙に政権奪取なんてシナリオを描いてるのじゃないだろうか。公明党との接近はその布石のように思えてならないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月20日(金) ブタがいた高速        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 

 ブタがいた教室 (通常版) [DVD]という映画があった。学校でブタを飼っていて、最後は食べてしまうという話だった。教室にブタがいるというのは映画になるようなできごとだが、高速道路にブタがいるのはどうだろうか。それはそれで映画になりそうな気もするのである。読売新聞の記事を引用しよう。

阪神高速「大きな豚が歩いている」渋滞10キロ
 19日午前10時頃、大阪市西区西本町の阪神高速大阪港線下り線で、通行中の男性から「大きな豚が歩いている」と110番があった。
 大阪府警高速隊のパトカーなど8台が駆け付けると、道路上で豚1頭が歩き回っており、隊員ら約30人が約20分後に捕獲した。同隊によると、体長約160センチ、体重約300キロだった。
 また、神戸市東灘区の有料道路ハーバーハイウエーでも同25分頃、体長約150センチの豚が見つかり、捕獲された。府警によると、三重県内の牧場から約80頭を、10トントラックで香川県に運ぶ途中、2頭が逃げ出したという。
 捕獲作業の影響などで、大阪港線につながる東大阪線や、池田線などで一時、約10〜8キロの渋滞となった。
(2012年1月19日12時20分 読売新聞)


 その時間、もしも阪神高速をオレが走っていれば、ブタを避けようとして大事故になったかも知れない。遭遇しなくてよかったのである。高速道路には最近いろんなものがまぎれこんでくる。近道をしようとして出口から入ってくる原付バイク、認知症の老人の逆走車、鹿や熊などの野生動物などである。しかしブタが歩いてるという場面はそうした想像を超えている。しかも大阪のど真ん中である。まさか野生のブタはいないだろう。

 ブタを避けようとして車同士が衝突するとかいう大惨事にならなかったことが不幸中の幸いである。そうなっていてもおかしくないからだ。もしもオレがそこを走っていて、冷静な判断をしてブタを避けつつ、他車との衝突も回避できたかどうかという自信はない。そう考えると事故にならなかった今回の事態は僥倖ともいうべきことだったのかも知れない。

 ブタは食肉として処理される途中だった。逃げ出したブタには「死にたくない」という願望はあったのだろうか。人間に喰われるために育てられたブタが必死で生への可能性を賭けて脱走したのなら、なんだかかわいそうな気もするのである。どこでぶつけたのか口元を血まみれにした状態で捕らえられたブタをテレビで見て、オレはなんだかかわいそうな気持ちになったのである。もっともあんな巨大なブタを飼うにはどれだけえさ代がかかるかわからないのだが。

 逃亡空しく捕獲され、やはり食肉処理されてしまうだろうブタのことを思いつつ、オレはお好み焼きのブタ玉や、トンカツを食うときにブタの冥福を祈ろうと思った次第である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月19日(木) センター試験のカンニングを許すな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは今までに試験時間中にトイレに行ったことはない。始まる前にきちっとトイレに行くが、試験中には行かなくてもいいように前日はむやみに水分を取りすぎないようにするとかは当たり前だと思っていたし、コンディションを整えるのも受験のひとつだという認識である。もちろん当日に下痢などで体調が最悪になってしまえばトイレに行かなければならなかっただろうが。幸いなことにそのようなアクシデントに見舞われたことは一度もない。

 しかし、最近の高校生は試験時間中とか授業中にトイレに立つことに対して平気なのである。校則のゆるい公立高校では出入りし放題でトイレでニコチン補給している馬鹿もいるという。そんなマナーのなっていないくそガキどもが「受験生でございます」とセンター試験の会場にやってくるのである。そしてこのザマである。朝日新聞の記事を引用しよう。

理科の途中、退出続々 「不正の温床に」 センター試験
 15日に行われた大学入試センター試験の「理科」で、第1科目と第2科目の試験時間の間に設けられた解答用紙の回収配布を行う10分間に、トイレなどに集団で退出する受験生が相次いでいたことがわかった。「カンニングの温床になる」という苦情も出ており、大学入試センターは「実態を把握し、試験方法も含め検討する」としている。
 「地理歴史・公民」と「理科」は今年から試験方法が変わり、それぞれ2科目を受ける場合は130分を一続きとし、最初の60分に第1科目を解き、10分間で解答用紙を回収・配布、続いて第2科目を解く方式が採られた。マニュアルでは、中の10分間は原則としてトイレに出ることは禁止されているが、一般的に受験生が手を挙げてトイレ退出を求めた時は、受験番号を控えたうえで試験監督が付き添ってトイレの前まで同行することになっていた。
 ところが想定以上にトイレ退出を希望する受験生が出て、付き添うことができないケースが相次いだ。


 おそらくこの連中は「同時に大勢トイレに立てば、いちいち付き添えない」というふうにその場でカンニング作戦を思いついたのだろう。オレは激しい怒りを覚えたのである。試験の公正を脅かすこうした連中には厳罰を与えて欲しい。こいつらがトイレで情報交換しているところを不意打ちで襲撃してその場で「はい、おまえたち全員失格!」と宣言してやってほしいのである。カンニングの罰はやはり、「受験した全科目0点」「受験資格の喪失」であるべきだ。その場ですべてを失わせるような罰でないといけないと思うのである。そうでないと試験の公正が保てないじゃないか。

 もしも監視員がトイレを襲撃や同行できないのなら、トイレに監視カメラと高感度の集音マイクを設置して、誰がどんな会話をしたかを盗撮可能にすればいい。もちろんそれを悪用したくなる変態もいるかも知れないが、変態が狙うのは下からのアングルである。こちらは上からである。変態が狙うのは股間だが、カンニング摘発に必要なのは股間を撮ることではなくて顔と会話を撮ることである。

 不正を行った受験生には後日「あなたは資格を喪失しました!」という真っ赤な封筒が届くという仕組みにすればいいのである。一罰百戒である。

 それ以外にもカンニング防止方法はある。たとえば一切の出入りを禁止する代わりに、受験生は大人用紙おむつを着用して試験に臨むとかである。紙おむつは宣伝用に業者に無料で提供させればいいのだ。 

 昨年は京都大学の入試で携帯電話を使って答えを教えてもらうというカンニング事件が発生した。世間では「たかがカンニング」を思うかも知れない。しかし、こうしたことが頻発すればは試験の公正が失われ、まじめに努力している受験生が不利益を被るようになるだけに断じて放置できないのである。

 今年の件に関しても、怪しい連中は受験番号を公表して出身校に厳重注意、そして来年以降は二度とこんなことの起きないように受験生全員の紙おむつをオレは主張したい。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月18日(水) 校長先生、その賄賂はいけません!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 学校関係でなんらかの利権が発生する場があるとすれば、それは修学旅行だと言われる。もちろんちゃんとしたところは不正防止のために業者を定期的に変更するとか、公正な入札制度にするとかしているわけだが、旅行業者の方も談合によって価格を高値安定させているわけで、公立高校の修学旅行がこの価格破壊の時代なのに国内旅行3泊4日で8万円とかになってしまうのである。

 さて、そんな問題のある修学旅行利権なんだが、なんと泉大津市の中学の修学旅行を一手に仕切ってる業者があった。南海国際旅行である。どうして一社独占になったかというと、ある校長が旅行会社とつるんでいたからである。その旅行会社の社員が業務上横領容疑で懲戒解雇され、捜査の過程でこの元校長に巨額の賄賂を渡していた実態が明らかになった。朝日新聞の記事を引用しよう。

修学旅行の業者選定で収賄容疑、前中学校長を逮捕 大阪
 修学旅行の業者選定に便宜を図った謝礼として、旅行会社から310万円相当の航空券の割引を受けたとして、大阪府警は16日、大阪府泉大津市の市立誠風中学校の前校長を収賄容疑で、大阪市浪速区の旅行会社の元社員を贈賄容疑でそれぞれ逮捕し、発表した。 逮捕されたのは前校長の相生年繁(あいおい・とししげ)容疑者(61)=大阪府岸和田市尾生町4丁目=と、「南海国際旅行」元社員の道本(どうもと)拓也容疑者(51)=同府貝塚市地蔵堂。
 捜査2課によると、相生容疑者は在職時の2010年6月にあった修学旅行で、南海国際旅行が選定されるように有利な取り計らいをしたとされる。その見返りに、同年8月に家族や親戚ら十数人とともに行ったハワイ旅行の航空券を、約310万円割り引いた価格で道本容疑者に手配してもらった疑いが持たれている。同課は、2人の認否を明らかにしていない。


 こちらは読売新聞の記事である。もらった航空券はビジネスクラスだったらしい。
 
賄賂の航空券はビジネスクラス…修学旅行汚職
 修学旅行の業者選定を巡る贈収賄事件で、大阪府泉大津市立誠風中学校元校長・相生年繁容疑者(61)(収賄容疑で逮捕)が、「南海国際旅行」元副課長・道本拓也容疑者(51)(贈賄容疑で逮捕)から賄賂として受け取ったハワイ往復航空券はビジネスクラスだったことがわかった。
 正規料金は家族ら計11人分で約500万円だったが、相生容疑者側が支払ったのは200万円足らずだったという。
 一方、府警は17日、泉大津市教委や誠風中などを捜索。両容疑者は調べに対し、容疑を認めているという。
 捜査関係者らによると、相生容疑者は2010年8月11〜16日、家族でハワイ旅行した。この際、道本容疑者から受け取ったビジネスクラスの航空券を使用したという。
(2012年1月18日07時55分 読売新聞)


 家族11人、ビジネスクラスという大名旅行である。ビジネスクラスがどれだけ快適なのか、エコノミークラスしか乗ったことのない貧乏人のオレには想像もつかないのである。

 ただ、このゼニはどこから出てるのかというと、生徒が支払ったゼニである。生徒たちから徴収された修学旅行代金から、JRやバス会社やホテルに支払った残りのゼニ、あるいは本来旅行会社に納入すべきゼニが横領されて、この元旅行会社社員と元校長のところに入ったのである。被害者は生徒たちである。

 支払ったゼニと旅行の中味が違うのである。そのゼニを浮かすためには旅行の質を落とさないといけない。おかずが一品減るとか、本来牛肉になるとことが鶏肉になるとか、そういった小さなコストダウンをしてホテルは値切られた金額に対処しないといけないのである。どんな実態だったのかは想像するしかないのだが、きっと泉大津市の中学生たちは等しく「どうしてオレたちの旅行はこんなに貧弱なんだろう」という憤りを感じていたのかも知れないのだ。たかだか一校あたりの旅行代金の売上高は1500万〜2000万円程度だという。300万円もの利益供与を行うということは、長年にわたって相当の金額をくすねていたからこそである。この実態に対して、泉大津市民は怒らないといけないのである。

 すでに退職した相生容疑者から退職金を取り戻し、その上で家を売却させて全財産を没収して市民に弁済させるべきである。くすねた金額だけ返せばいいなんて甘い処置なんかではだめだ。奪われたのは中学生たちの貴重な思い出であり、楽しい旅行の中味なのである。それは金銭ではとても弁済などできないものなのだ。だからこそ全財産を没収してペナルティにあてるともに、このクソ校長はこれから死ぬまでずっと、泉大津市内の各学校の清掃活動などの奉仕をやらせるべきである。そこで生徒たちの罵声を浴びながら、自分の犯した罪を反省させるべきである。

 それにしても総額500万円のハワイ旅行、庶民のオレには想像もつかない世界である。相生校長先生、あんたよほどふだんから贅沢な生活をしていたんだな。いやはや、なんと言えばいいのか。ため息しか出ないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年01月17日(火) あの震災から17年・・・・        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 日記を書いてUPするのはいつも深夜0時すぎなのだが、飲んでいる薬のせいで早く寝てしまったので今朝は早く目覚めた。目が覚めたときに思ったのは、今日があの震災から17年目の朝だったということである。あの朝、激しい揺れで目覚めたオレは、ふとんの中でその揺れを感じながら、それまでの生涯で一度も感じたことのない恐怖を覚えていた。「こんなに激しい揺れなら家がそのまま崩壊してぺっちゃんこになってもおかしくない」とまで思っていた。そして、いつまでも揺れが止まらないことも恐怖だった。それまでに体験した地震ならば揺れてもほんの数秒だ。ところがその時の揺れはいつまでも続いたように感じたのである。あの激しい揺れの中で、オレは「このまま世界が終わるのでは」という恐怖を味わっていたのである。実際に揺れたのは1分ほどだったそうだが。

 揺れが収まったときにオレが思ったのは「無事だった、生きていた」という単純な安堵だった。オレが寝ていた隣の部屋ではベビーベッドに長男を寝かせていた。そこに母が駆け込んできて、「あんたらなにボーッとしてるの!」とオレと妻に向かって怒鳴った。ベビーベッドの長男はその時泣いていたのかどうだったのか、今となるとはっきりとは覚えていない。ただ、オレの母が抱いてあやしていたのだから、もしかしたら揺れにびっくりして激しく泣いていたのかも知れない。

 あの震災から17年経った。住宅の耐震基準は大きく見直され、おかげで地震そのものでは家は壊れないようになった。昨年3月11日の東日本大震災でも地震の揺れで家が壊れてその下敷きにというケースは阪神大震災と比べてそれほど多くなかった。ただ、我々の予想もしなかった巨大な津波が押し寄せるということになり、巨大津波の圧倒的な暴力の前には耐震基準などなんの意味もなく、多くの沿岸部の住宅は土台だけを残して跡形もなく流されたのだった。

 関東大震災の時、犠牲者にもっとも多かった死因は「焼死」である。震災の後に起きた大火で多くの人が犠牲になったのだ。阪神大震災の時は「圧死」である。崩れた家の下敷きになって多くの人が亡くなった。しかし、東日本大震災ではもっとも多かった死因は「溺死」である。我々が経験した3つの震災は、それぞれに全く違った様相だったのだ。我々は災害の先例から学ばなければならないのだが、3つの大震災はそれぞれに違った状況だったわけである。

 我々はこうした災害の悲劇から何を学べばいいのだろうか。なぜこうした災厄は我々の日常を襲うのだろうか。もちろんそんな問いに答えは存在しない。大きな悲劇があっても、我々はいつまでもその場所に立ち止まって悲しんでいることはできない。月日はどんどん流れていく。今、オレが教えている生徒たちは阪神淡路大震災の記憶を持たない。その後に生まれた子どもたちだからだ。彼らは写真や映像でしかあの震災のことを知らない。しかし、彼らのほんの少し上の世代には、震災で親を亡くした震災遺児が大勢いる。そしてもしかしたら彼らの中には、まだ幼なかった兄や姉を震災で失った者がいるのかも知れない。その後に生まれてきた彼らは、自分にいたはずの兄や姉のことを教えられて、その写真を見せられてどんなふうに感じるのだろうか。

 震災後のこの17年の間にオレは何度か神戸に出かけたことがある。しっかり探さないと街からあの震災の痕跡を見つけるのは困難なほどに街は復興した。東日本大震災の津波で流された街が復興できるのはいつになるだろうか。かつて津波があったことを感じられなくなるまでにはどれほどの月日を必要とするのだろうか。少なくとも人々はかつての三陸大津波のことを忘れていたのだから。そして忘れていたからこそこの大きな悲劇が起きたのだから。どんなに時間が経っても、どんなに街が復興しても、我々は永遠に忘れてはならないのである。いつまでも語り継いで、そして人々に警鐘を語り継ぐ義務があるのである。 

2011年01月17日(月) 震災の記憶を永遠に忘れるな


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月16日(月) 軽自動車は日本の至宝である!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 税制上の特典を与える代わりに、外形寸法や排気量に一定の制限を加える・・・という制約のもとで日本の軽自動車は独自の進化を遂げてきた。その軽自動車が存在することが重くてばかでかいクソみたいなクルマしか作れないアメリカの自動車産業の連中からみれば許せないようである。それでこんな言いがかりをつけてきたのである。クルマそのものの性能で勝負できないからこんな卑怯な方法で攻めてきたのだ。読売新聞の記事を引用しよう。

日本の「軽」は不合理・廃止を…米自動車大手
 【ワシントン=岡田章裕】米通商代表部(USTR)は13日、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に日本が参加することに対する意見公募を締め切った。
 米自動車大手3社(ビッグスリー)で組織する米自動車政策会議(AAPC)は、日本の自動車市場の閉鎖性を理由に「現時点では反対」と表明し、参入障壁となっている軽自動車規格については、「廃止すべきだ」と主張した。
 今年秋の大統領選を控え、大きな雇用を生んでいるビッグスリーの政治に対する影響力は大きい。月内にも始まるとみられる日米の事前協議で自動車分野は大きな焦点で、交渉は難航が予想される。
 AAPCは、日本独自の軽自動車規格について、「市場の30%を占めているが、もはや合理的な政策ではない」と批判した。日本の技術基準や、認証制度などの規制も参入の障害になっており、透明性が必要としている。1990年代後半からの日本政府の円安誘導政策も、米国車に不利になっていると指摘した。
(2012年1月15日17時45分 読売新聞)


 クルマは趣味性の高い商品であると同時に高い実用性も持たないといけない。その上経済性も求められているわけだ。日本市場という購入者の目が肥えた市場でアメリカビッグ3のクルマが売れていないということは、すなわち日本に通用するいいクルマがないということである。日本が外国車を締め出してるわけではないということは、ベンツやBMWがよく売れていることからもあきらかだ。本当ならユーロ安でもっと下がってもいいはずなのに値下げもぜずに欧州車のディーラーは儲けまくってるわけである。高くても売れるようなクルマを作れば売れるのだ。

 その一方で、アメ車は実はかなり値下がりしている。人気がないから値段を下げるのである。カマロとかコルベットはとても安くなったのである。ドル安の効果が出ていてかなり安くなっているのだ。しかし、それでも売れないのである。そこにはオレの欲しいクルマがないのである。

 アメリカのクソみたいなクルマが日本で当然のように売れないことを反省もしないで、政治的な圧力で売ろうとするアメリカ・ビッグ3の連中の姑息さにはあきれかえる。どうしてGMという企業を地上から完全消滅させなかったのか。こんなもの3つくらいに解体して、トヨタやホンダ、そして中国のメーカーの傘下に吸収してやればよかったのである。残しても何もいいことはなかったのだ。

 日本の政治家はこんなくだらない圧力に屈することなく、日本の立場を堂々と主張してもらいたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月15日(日) 謎のブーツマニアにご注意!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 なぜ女性ではなくてその身につけているものにだけ興味がある変態さんが存在するのだろうか。正常な感覚の持ち主であるオレには、変態さんの考えてることは全くわからない。そうした謎について、オレは4年以上前にこの日記で取り上げたことがある。それは 「 下着泥棒はパンツの夢を見るか?」という題名だった。

 しかし、変態さんにもいろいろなのがいる。中には女性のブーツや靴にだけ興味を示す変態もいる。それがたとえばこの朝日新聞の記事に出ている変態だ。

若い女性のブーツ狙った強盗続発 足つかみ脱がす 大阪
 大阪府警高槻署管内(高槻市、島本町)で、若い女性がブーツや靴を奪われる事件が起きている。奪われた際に転んで負傷した女性もおり、同署は同一人物による強盗事件の可能性があるとみて捜査している。
 高槻署によると、13日午後11時半ごろに会社員の女性(27)から「路上で男にブーツを奪われた」と110番通報があった。男は帰宅中の女性に後ろから近づき、いきなり足をつかんでブーツを脱がせて奪い去ったという。男は身長165センチほどで、黒っぽい服に帽子をかぶっていた。女性は襲われた際に転倒して軽傷を負った。
 同署管内では昨夏以降、今回も含めて同様の事件が4件ほど確認されているという。(染田屋竜太)


 いきなり背後から襲ってきて、ブーツを奪って去るわけだが、もちろん強引に奪い取って脱がすので転倒した女性はケガをすることもある。どうすればこの犯人を逮捕できるのだろうか。やっぱりおとり捜査しかない。襲われた女性にはなんらかの共通点があるはずだ。それを参考にして、この犯人が襲いたくなるような場所や時間を選んで、ブーツをはいた女性(実は警官)を歩かせて襲わせるのである。あるいはブーツの中に発信器を仕込んでおいて、一度盗まれてから犯人の家を突き止めてもいい。

それにしてもブーツを盗まれた女性はその後どうしたのだろうか。そこから後は裸足で帰ったのだろうか。靴がないというのは実は由々しき問題なのである。寒いこの季節、裸足ではとても帰れないじゃないか。タクシーでもひろって帰るしかない。このブーツマニアに欠けてるのは盗まれた女性への思いやりの気持ちではないか。もしも代わりの履き物を用意して犯行に及んだならば少しは見直したのにと思うのである。

 足にピッタリしたブーツを脱がすのはなかなか困難だとオレは思うのである。その時にこの変態野郎には必ずスキができるはずだ。この変態野郎の顔面に、ブーツで強力な蹴りを入れてやって撃退してやればいいのである。ブーツのかかとで顔面を強打されれば普通の人間ならかなりのダメージを受けるはずである。もちろんその行為は正当防衛である。目を蹴られて失明したとしても、悪いのはその変態さんだ。蹴って蹴って蹴りまくってやればいいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月14日(土) 「刑務所へ帰る。疲れた・・・」        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 なぜ日本では脱獄事件がほとんど起きないのか。それは日本の刑務所の生活が快適だからという説がある。受刑者の生活は「懲罰」ではなくて、「矯正」を目的としているために、日常生活そのものが苦痛になるような状況ではないからだ。

 そんな快適な刑務所から、突発的に脱獄を試みた李国林受刑者は、結局仲間の支援も得られず、逃走中に捕まったのである。毎日新聞の記事を引用しよう。

広島刑務所脱走:李受刑者を逮捕「刑務所へ帰る。疲れた」
 広島刑務所(広島市中区吉島町)から中国籍の李国林受刑者(40)が脱走した事件で、広島県警は13日午後4時35分、同市西区天満町の歩道で李受刑者を発見、逃走容疑で逮捕した。刑務所周辺には学校やマンション、商業施設などがあり、児童たちが集団登下校するなど住民を不安に陥れてきたが、県警は13日早朝から約500人態勢で追跡し、脱走から約54時間ぶりに身柄を確保した。県警は詳しい逃走経路や動機などを追及する。
 逮捕容疑は、11日午前10時40分ごろ、刑務所東側の外壁を乗り越えて飛び降り、逃走したとされる。
 県警によると、李容疑者に似た服装の不審な男を私服警察官が発見し職務質問したところ、「李国林です」と日本語で答え、マスクを外して左ほおの傷を見せ、「刑務所へ帰る。疲れた。何も食べていない」と話したという。所持していた果物ナイフも手渡した。李容疑者は脱走時は受刑者用の白い肌着姿だったが、逮捕時は逃走中に盗んだとみられる青色のジャンパーやニット帽姿で、所持金はシャツの胸ポケットにあった10円硬貨1枚だけだった。「気持ちがとても疲れている。何も話したくない」と供述しているという。
 現場は同刑務所の北西約2キロでマンションや商店が建ち並び、同市立天満小学校に近い場所で、身柄が確保される際はパトカーや住民らで一時騒然とした。
 県警などによると、李容疑者は11日午前10時半ごろ、同刑務所運動場で確認されて以降行方不明になり、県警が全国に指名手配した。警察庁も、95年11月にオウム真理教元信者に指定して以来となる特別手配をして捜していた。
 李容疑者は刑務所の東約200メートルの公園に立ち寄ったことが確認され、西約1.5キロの民家では12日に空き巣に入って衣類などを盗み、食事も取っていた疑いがあることが遺留物のDNA型などから判明した。周辺では12日夜から13日朝に車上狙いや金庫破りなどの被害も3件あり、空き屋侵入の目撃情報もあった。県警は、窃盗と住居侵入の疑いでも李容疑者を逮捕した。【寺岡俊】
毎日新聞 2012年1月13日 16時51分(最終更新 1月13日 20時58分)


 空き巣に入った家にもしも住人がいれば、危害を加えられることになったかも知れない。そう思えば、逃走中に殺人や傷害などの犯罪を李国林受刑者が起こさなかったことは不幸中の幸いである。

 オレは今回の脱獄を「仲間と示し合わせて起こした計画的犯行」だと思っていた。そして迎えに来た仲間がちゃんと逃走経路を確保していて今頃はすでに偽造パスポートで密出国していてもはや手遅れだと思っていたわけで、まさか広島市内に潜伏中だったとは思わなかったのである。警察が広島で検問を行ってる報道を見て「もうとっくに逃げられてるよ」と思っていたのだが、実際は徒歩でしか移動できず、しかも人目につかないように行動するためにほとんど動けなかったということだったようだ。仲間との連絡が取れていなかったことは間違いない。組織のサポートはなかったということだろうか。

 今回はたまたま捕まえることができたのでよかったわけだが、日本の刑務所は都会のど真ん中にあることが多いために塀を越えさえすれば容易に逃亡可能なのである。着替えを手に入れればすぐに都会の人混みに紛れることができるからだ。少なくとも外国人の受刑者たちからますます舐められるようになったことだけは間違いない。逃亡されたことに気付くのも遅すぎたのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月13日(金) こたつをもっとハイテク化せよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 冬になると暖房器具の主役はこたつである。オレはこたつが好きだ。こたつは日本の冬の風物詩であり、こたつのない家などオレには考えらえないのである。しかし、こたつの機能は基本的にこの30年間ほとんど進化していない。確かにこたつ内の出っ張りは小さくなって、小型軽量化は進んだが、肝心の「快適さ」に関しては変化してないのである。オレはそれがとても不思議なのだ。

 なぜこたつの温度調節は「弱」「中」「強」の3段階くらいしかないのか。オレはそんなに熱くしたくないのでいつも「弱」にしているのだが、それでも妙に熱いときがある。温度調節の機能になんらかの故障や不具合があるのかも知れない。ただ、3段階しかない温度調節で、無限の好みがあるすべての人間に対応可能なのだろうか。そう考えるとこたつはもっときめ細やかな温度設定ができてもいいと思うのだ。

 温度調節をするときにはいちいちこたつの中に手を伸ばしたり、のぞき込んだりしないといけない。一人でこたつに入ってるときなら何も問題はない。しかし、複数の人間がひとつのこたつに入ってるとき、たとえばミニスカートの女性が一緒にはいってるこたつで、たとえよこしまな気持ちが全く、いや、少ししかなかったとしても、こたつの中をのぞき込むという行為がどれほど破廉恥な行為であるかは誰でもわかるだろう。こたつの中に見えるのはこたつの発熱部のメカだけではない。スカートの下の秘密の劇場もまた見えてしまうのである。しかし、のぞき込まないと温度調節はできないのだ。手探りで温度調節つまみをいじった場合、「弱」にしようとしてうっかり「強」にしてしまう可能性もある。温度調節つまみをいじるつもりが、全然別のものをいじってしまい、セクハラで訴えられてしまうこともある。そんなリスクを冒すくらいならあきらめて熱いのを我慢するのが普通の人間である。

 こたつの温度調節をテーブル上からできればかなり便利なはずである。それも「弱」「中」「強」の3段階なんてケチなものではなく、デジタル表示の温度計がついていて、希望の温度にピンポイントで合わせられるようにすればいいのである。タッチパネルでたとえば「28度」と設定すればそのままきっちりとこたつ内温度が28度になるようにしてくれる、そんなハイテクこたつが絶対に生産可能だと思うのだ。

 こたつテーブルに温度調節操作用のタッチパネルを内蔵してるだけでいい。何もオレはこたつの中央部がせり上がって中から液晶モニターが出現するとか、こたつにホットプレートが内蔵されていてお好み焼きやたこ焼きが調理できるとか、こたつに強力な消臭・脱臭機能がついていて、こたつの中で放屁しても大丈夫とか、そんな大層なものを望んでいるのではない。ただ単に温度調節機能をこたつテーブル上でできればと思っただけなのである。間にこたつふとんがあるからそんなの無理だ!と言う方もいるかも知れないが、そんなことは無線通信機能でどうにでもなる。

 テーブル上から温度調節可能なハイテクこたつ、きっと実用化はそれほど難しくないような気がするのである。どこかのメーカーが出してくれないだろうか。


 このような日記を書いた後で、今の高価なこたつがかなり進化しているという情報をメールでいただいた。古い安物しか知らずに失礼しました。



↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月12日(木) 日本はイランと仲良くしろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 こんなところまでアメリカの意向を伺っての外交しかできない日本政府の弱腰ぶりにはあきれるぜ。どうしてイランと仲良くしようとしないのか。イランは日本と仲良くしたがっていたし、原油の貿易決済を円建てでしようと提案してきたこともある。それを日本政府はアメリカの顔色をうかがって丁重に断った腰抜けぶりだったじゃないか。
 こんな動きを見るとなんだか脱力するぜ。

イラン原油、輸入大幅削減へ…米に制裁回避要請
 政府は11日、イランからの原油輸入量を大幅に減らす方向で、国内の石油業界と調整に入った。
 具体的な削減幅は、大幅削減を求めている米国と協議する。削減は、核開発を続けるイランを追加制裁する法律を米国が昨年末に成立させたことを受けたもので、政府はイラン産原油の代金決済などを行っている日本の金融機関を制裁対象から外すことを米国側に求める。
 野田首相は12日、来日するガイトナー米財務長官と会談し、イラン産原油の輸入削減と制裁からの除外について協議する見込みだ。
 イランは、日本にとって、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、カタールに次ぐ第4位の原油調達先だ。イランからの2010年度の輸入量は、日量約35万バレルで、全輸入量の9・8%を占めた。政府は国内の石油業界がイラン産原油を調達する長期の契約内容を精査し、サウジやUAEなどからの代替調達が可能かどうかを見極めた上で、具体的な削減幅を決める。
(2012年1月12日03時09分 読売新聞)


 イランがイスラム世界の精神的支柱であり、多くのイスラム系学生がイランに留学して学んでいるという現実や、かつてイランと敵対関係にあったイラクのフセインをアメリカが支援していたという事実を思えば、アメリカの外交戦略のおかしさをこそ日本は指摘して糾弾すべきであり、ここでアメリカに同調してイランへの貿易制裁を認めるというのはオレには納得いかないのである。

 日本のなすべきことは、世界核戦争に突入しかねないイランとアメリカの対立を回避することであり、今アメリカの戦略に組み込まれてイラン制裁に同調するのならばそれは世界核戦争に一歩近づくということである。

 北朝鮮のような吹けば飛ぶような小国ではない。イラクのように簡単に攻め落とせる国でもない。イランはイスラム世界の中でも経済、学術、文化の中枢であり、そんな国と戦争しようとしているアメリカの愚を日本はたしなめないといけないのである。「おまえはアホか!」と叱ってやらないといけないのである。もちろんそんな器の大きな政治家は日本には誰もいないわけだが。

 どうすればイランとアメリカの対立は解決できるのか。ローマ教皇がイランの宗教指導者と握手でもすればいいのか。もちろんオレにも具体案があるわけではない。ただ、イスラム世界の中でイランという国はかなり資本主義陣営に近い立場にあると思うのである。近代化という部分で西欧文化の影響を受けずにはいられないからだ。

 アメリカがどんな対応をしようと、日本はイランと勝手に仲良くすべきである。イランの原油を西欧諸国が買わないのならば、その分は日本が買ってやればいいのである。イランから日本へのタンカーがじゃんじゃん航行するということになれば、ホルムズ海峡封鎖なんてイラン政府は言い出さないだろう。

 イランが日本との結びつきを強めれば改めて日本政府は直接イランに対して「核廃棄」の働きかけを、唯一の被爆国として呼びかけることができるはずだ。オレは政府の腰抜けどもがこの機会をチャンスだとわかっていないことが悔しいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月11日(水) 京都に水族館はいらない        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは水族館が好きだ。海遊館も須磨水族館も好きだし、北海道では小樽の水族館にも行った。イルカのショーを見るのも楽しいし、ラッコが芸をする(?)のも微笑ましいと思う。しかし、だからといって日本中を水族館で埋め尽くす必要はないと思うのである。たとえば京都である。京都にはたくさんいいところがある。日本文化の伝統を感じさせてくれるのが京都のよさである。すでに多くの見所がある京都に、わざわざ水族館を作ることに何の意味があるのか。京都新聞の少し古い記事を引用しよう。

京都水族館、入館料大人2千円 来年3月14日オープン
 京都市下京区の梅小路公園内に京都水族館を建設しているオリックス不動産(東京都)が、水族館の開館日を来年3月14日に決めたことが13日、分かった。昨夏から始まった建設工事は大詰めを迎えており、今後は展示する動物や魚の搬入、スタッフ研修などが行われる。
 水族館は2008年7月に同社が市に設置を提案し、市から公園敷地の一部を借り受け昨年7月に着工した。地上3階建てで、延べ床面積は約1万1千平方メートル。使用水量約3千トンの水族館は内陸型では国内最大級となる。
 館内は、オオサンショウウオなどを展示する「京の川ゾーン」や「イルカスタジアム」、磯の生物とふれあえる「海洋ゾーン」など9エリアに分け、2時間程度で全ゾーンの見学が可能という。軽食や土産物の販売コーナーも整備する。
 開館日と合わせ、営業時間を午前9時〜午後5時で年中無休とし、入館料を大人2千円、高校生1500円、小中学生1千円、3歳以上600円とすることも正式に決めた。地元商店との回遊性を高めるため、一度退館後も再入場可能とし、入館料の倍額で購入できる年間パスも販売する。
 開館に先立ち、地元住民を対象に内覧会を催す予定で、同社は「環境や水の文化が学べ、地域に愛される水族館として歩みたい」としている。


 この水族館を企画したオリックス不動産は、借地という形でリスクを負わずにこの一等地に進出し、京都という地の利を生かして大勢の観光客を集めて、2000円の入場料でぼろ儲けを狙ってるのだろう。入場料2000円を払う観客が100万人いれば20億円の売り上げになる。他の記事では年間に200万人の来場者を見込んでいるとあったのでその場合は売り上げ40億円である。そこから水族館の維持費を引いた場合、ちゃんと黒字化可能だという目算があってオリックスはこの事業を考えたのだろう。

 オレはこんなものを作ることには反対だ。しかし、3月14日にオープン予定となってるので、もうほとんどできあがっていて、もうすぐ魚の搬入なども始まるのだろう。学芸員や飼育係という雇用も発生するわけで、公式HPに行くと求人情報がかなり掲載されていたのである。もう阻止することは不可能だ。

 嵐山に行くと「時雨殿」という「百人一首」のテーマパークがある。任天堂がその土地に「時雨殿」を建てたことはとても納得がいくのである。これ以上にふさわしい場所があっただろうかと。京都にふさわしいのは水族館などではなく、こうした施設なのだ。しかし「時雨殿」に興味を持つのはオレのようなマニアックなおっさんだけなのである。嵐山を訪れた多くの観光客はそのまま素通りしてしまうのだ。きっと観光客はこの水族館には大挙して押し寄せるのだろう。

 せっかく京都に来たのに、京都らしい場所にちっとも行かない罰当たりな観光客を増やすだけのこんな施設の建設にオレは反対だ。なぜ京都市はこんな計画を認可したのか。どんな裏工作があったのか。オリックスはどんな卑怯な手を使ったのか。オレはどうも気になるのである。過去にオリックスが関係した可能性のある「ジョイントコーポ」支援に関わる数十億円のインサイダー取引事件は報道も全くされずにそのまま闇に葬られている。ネット上でそれを告発したのはオレの日記くらいだ。今回の水族館建設工事にも何かウラがあるとオレはにらんでいる。もちろんすべてオレの単なる憶測なのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月10日(火) ポルシェやBMWを値下げせよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 円高ユーロ安である。ついに1ユーロは100円を切った。こんなにユーロは下がってるのだ。日本人がヨーロッパ旅行したら豪遊できるのである。ユーロ安のおかげで買い物しまくれるのである。朝日新聞の記事を引用しよう。

ユーロ、98円はさみ取引
 週明け9日のシドニー外国為替市場でユーロが売られ、一時、1ユーロ=97円28銭をつけ、約11年ぶりの安値となった。欧州の政府債務(借金)危機に対する不安が根強く、ユーロ売りが進んだ。
 政府債務危機については、米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、ドイツやフランスを含むユーロ圏各国の国債の格下げを検討すると表明するなど、投資家の不安が引き続き強い。
 ユーロは前週末6日のニューヨーク外国為替市場で、一時、1ユーロ=97円87銭まで値下がりし、2000年12月以来の安値をつけていた。9日のロンドン外国為替市場ではユーロはやや買い戻され、午前11時(日本時間午後8時)時点で1ユーロ=98円をはさんだ取引になっている。続くニューヨーク市場では1ユーロ=97円95銭前後での取引になっている。


 こんなにユーロが安いのに、なぜ輸入車の価格は下がらないのか。オレはそれが納得できないのだ。なんでなんだ。為替差益を利用して暴利をむさぼってる連中はいったい誰なんだ。1ユーロ170円の時に比べれば実に半値近いのである。それなら1200万円くらいしたスーパーカーも700万円くらいに下がらないとおかしいのである。210万円くらで買えたVWポロが130万円くらいになって日本車よりも安くなってもいいはずである。ところがちっとも値段は変わらない。

 小売業の中には「円高差益還元セール」なんてものをやるとこもある。それなのに外車ディーラーから「為替差益還元の大幅値下げ」なんて企画がないのかなぜなのか。おまえらいったいどんだけ儲けてるのだとオレは腹が立つのだ。今のぼったくり価格をなぜ是正しないのか。円安になればたちまち価格改定を行うくせに、円高の場合はちっとも値下げしない。それは卑怯じゃないか。

 もしも為替相場を適正に反映させていれば輸入車の価格は今のように高止まりしていないはずだ。オレはきっとこの価格の背後にはなんらかのカルテルが結ばれていて、値下げしないようにという密約があるのだと思ってる。高価格によってブランドイメージを守るといえば聞こえはいいが、実は自分たちのぼろ儲けを維持したいだけなのである。全くもって許しがたいのである。

 円高になればトヨタは利益が大幅に減少するという。だったらユーロ安で欧州メーカーは空前の利益を得ているのか。もしもBMWやダイムラーベンツに支払われる輸出代金が古いレートのままなら彼らは大もうけである。日本側が購入するクルマの代金が100億ユーロとして、そのために必要なゼニが1ユーロ170円の時は1兆7000億円必要だったわけだが、それが今の1ユーロ98円ならば9800億円で済むのである。それなのに購入する側の日本国民は今まで通りの1兆7000億円を支払わされてるのだとすれば、その差額の7200億円を誰がフトコロに入れてるのかということになる。その暴利に対してはきちっと課税すべきだろう。誰が儲けてるのか、そのゼニの流れをきちっと解明すべきであり、その利益が生産国にもたらされてるのならば、今のユーロ危機は実はまやかしであり、ユーロ圏の製造業者はどこも空前の利益をあげて潤っているということになる。オレはそのカラクリがどうなっているのかを知りたいのだ。

 もしも為替相場が適正に反映されれば、日本人はポルシェやBMWを買いやすくなる。オレも欲しいクルマがいくつもある。BMWのハイブリッドスポーツi8がいくらで輸入されるのかわからないが、ちゃんと為替相場を反映して安くしてもらいたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月09日(月) そいつらサル山に入れてやれよ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 抵抗できない弱者を一方的にいじめるようなヤツは人間のクズである。オレが「いじめ」を許せないのはそういう理由である。人間が他の動物に対して一方的に虐待行為を行うことも同様だとオレは思う。動物園のサルに対して花火を投げ込むという残虐な行為があったと聞いて、オレはあまりのことに呆れたのだが、朝日新聞の記事を引用しよう。

サル山に花火投げ込む やけどしたサルも 京都の動物園
 京都府福知山市の同市動物園で今月3日、ニホンザル26頭を飼育しているサル山に火のついた花火が大量に投げ込まれる被害があったことがわかった。鼻先をやけどし、毛が焼け焦げたサルもいた。府警は器物損壊などの疑いもあるとみて調べている。
 市動物園などによると、3日午前6時15分ごろ、若い男ら5人が約15分にわたり、大量の花火を投げ込んでいる様子がサル山に設置する防犯カメラに映っていた。逃げるサルを懐中電灯で照らし、花火を投げ入れる姿も映っていたという。
 サル山の中には、打ち上げ花火やロケット花火の燃えかす約30本が落ちていた。二本松俊邦園長が気づき、5日にビデオを確認して発覚した。周りには高さ約2メートルの柵があり、男らが乗り越えて侵入する姿も映像に残っていたという。二本松園長は「あまりに悪質。許されない」と話している。


 この犯人たちが逮捕されたとして、罪状はただの「器物損壊」なのである。法定刑は3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料となっているが、懲役刑が科されることはまずないので罰金刑で済まされるのが普通だ。しかし、行為の残虐さ、悪質さに対してあまりにもそれでは罰が軽すぎる。オレはサルたちがこのクソ野郎どもに復讐する権利を認めてやれと思うのだ。犯人たちを全員、全裸でサル山に放り込んで数日暮らさせるという罰がもっともふさわしいと思うのである。サルたちが集団で彼らに攻撃を仕掛けても完全放置だ。そうして自らの悪質な行為をしっかりと反省してもらうのがいいとオレは思うのだ。サル山の様子はライブカメラでいつでもみんなが視聴できるようにすればいい。世界中の人たちの好奇の視線にさらされつつ、サル山に花火を撃ち込むというクソ野郎どもがどんな顔をしてるのか、みんなのさらし者にしてやればいいと思うのである。

 動物を虐待しても「器物損壊」と呼ぶことに対して違和感を感じる方もあるだろう。動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)の第27条第1項には、愛護動物(牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる、もしくは、その他の哺乳類、鳥類又は爬虫類で、人が占有している動物 同条第4項)をみだりに殺し、又は傷つけた者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する旨の罰則を規定している。こちらは器物損壊と比較して「懲役」は短いが「罰金は」高いということになる。

 このクソ野郎たちの行為の中味を考えた場合、「器物損壊罪」よりも「動物愛護法違反」の方がより妥当な判断に思われるのだ。ただ、オレは法律に関しては専門家ではないので、この判断に関しては法律に詳しい方の意見を是非聞きたいところである。

 学校でいじめを行うことも、ホームレスへの暴力行為などで虐待を行うことも、今回のサル山への花火投下も、基本的にはすべて同じ種類の行為である。こうした行為を平気で行う人間が社会に存在することは時に教育の欠陥や親のしつけのせいにされるわけだが、学校は故意にこのような外道を養成しているわけではない。こんな連中がいたとしても学校にとっても迷惑である。どんな生命にも価値があると言いたいが、この外道どもははっきり言って生きてる価値のないクソである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月08日(日) 平田信容疑者はどこにいたのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 

 
 逃走17年の果てに自首してきたオウム真理教の平田信容疑者だが、彼は逃亡中のことについては一切話さない。そりゃそうだ。かくまってくれた方に迷惑がかかるからである。彼に支援者がいたことは確かだ。働かずに暮らしていたということは、誰かが喰わせてくれたということである。

 しかし、部屋の中に閉じこもってずっと外に出なかったら、基本的に見つけられないのである。もしも平田信容疑者を匿おうとする支援者がいて、自分の住む家に、彼を誰にも見つからないように隠したとしたらどうか。外に出なかったら何年でも何十年でも見つからないのである。すでに死んでいる老人たちの年金がずっと支給されていたように、家の中に立ち入り調査して探すことができない以上こうして出頭しなかったら永遠に見つからなかったのかも知れない。なにしろ目の前にいても警官にはわからなかったのだから。出頭してる本人を前にして、誰だかわかってなかっただなんて失態にもほどがある。こいつらはみんな処分モノだろう。

 たとえばある孤独なOLがいたとしよう。彼女は一流企業に勤めていて、かなりの収入を得ている。そんな彼女がたまたま知り合った男性と恋に落ちたとする。その男性が「実はぼくは全国指名手配犯の平田信です」と名乗ったとして、彼女は自分の恋人を警察に売り渡そうとするだろうか。そのまま自分の家でずっと匿い続けるという選択をしたとしてもおかしくない。だってその男性はかごの鳥なのだ。自分だけがその生殺与奪の権利を握っていて、ずっとペットとして自分の部屋に置いておけるのである。そしていつでも自分の話し相手になってくれるのだ。絶対に自分を裏切らない恋人として、いつまでも一緒にいることができるのだ。帰宅する自分をいつも待っててくれる男性がいるのである。それは幸福なことではないのか。

 オレは出かけるときはいつもハンチングをかぶり、サングラスを掛けていることが多い。秋葉原や日本橋で全然知らない人から「江草乗さんですか?」と訊かれたことがある。HPにその写真が掲載されているからだ。しかし、逆にオレが素顔をさらして旅行したとして、秋葉原や日本橋で知らない人に声を掛けられることはないだろう。平田信容疑者もきっと、ちょっと帽子をかぶったりサングラスを掛けているだけですれ違う人にも気付かれないように出かけることができたはずである。

 市橋達也容疑者は沖縄の無人島にいた。一人で逃亡する場合はそうして人との接触を断つというのも一つの方法である。市橋容疑者の場合は殺人犯としてあまりにも有名になってしまったために、支援者を得にくかったのかも知れない。しかし、逮捕されてから一部の馬鹿女たちが、「○○に似てる」などともてはやし、裁判を傍聴に行く「市橋追っかけギャル」が出現したことを思えば、上手に立ち回れば支援者の女性の家に転がり込めたかも知れないのだ。

 誰かが平田信容疑者を匿っていたことは確実だ。そして彼が何も話さないのは、長期間自分を匿ってくれた女性(いや、まだ女性と決まったわけじゃないけれど)への感謝の気持ちの表れである。いまさらその恩人を警察に売り渡すわけにはいかない。自分の受けた恩義をそんな形で裏切ることはできないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月07日(土) ギターを振り回した発狂男        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 ギターと言えば「人造人間キカイダー」である。そんな古い特撮ものを覚えてる人がどれだけいるかわからないが、ふっとオレはそう思ったのである。もっともキカイダーと違ってこっちはキ○ガイダーである。○の中に一文字、「チ」を入れないといけないのである。全くもって迷惑な話である。読売新聞の記事を引用しよう。

駆けつけた救急車強奪、逃走60キロ…男を逮捕
強奪された救急車。後部ガラスが割られている(7日午前0時55分、和歌山県の湯浅署で)


 6日午後10時25分頃、大阪府大阪狭山市消防本部に「別居している息子の様子がおかしい」と父親から通報があった。
 救急隊員3人が救急車で同市西山台の府営住宅に駆け付け、うち1人が部屋を訪ねたところ、住人の男(46)が突然、玄関先で隊員を蹴るなど暴れ出した。男はギターを振り回して路上まで隊員を追い掛け、救急車の後部ドアのガラスをギターでたたき割るなどし、隊員らが車を離れたすきに運転席に乗り込んで救急車を奪った。
 さらに、同市内で信号待ちをしていた乗用車に追突する事故を起こしながら、和歌山方面へ逃走。府警などのパトカーが追跡、約1時間20分後、約60キロ離れた和歌山県広川町内で停車させた。救急隊員2人が軽傷の模様。同県警は、男を強盗致傷容疑で緊急逮捕した。
(2012年1月7日03時04分 読売新聞)


 「息子の様子がおかしい」ということだが、この「おかしい」の中味は具体的にどんなふうに示されたのだろうか?オレはそのおかしいの意味が少し気になるのだ。つまり、その急病の通報の中味である。こういう「基地害」の場合も、それは救急車を呼ぶ対象になるのだろうか。救急車を呼ぶのは心筋梗塞とか脳卒中とか、一秒を争う場合だけじゃないのか。なんでこんなヤツのために呼ぶのか。とにかくオレはこの救急通報の中味がどんなものであったのかを知りたいのだ。

 ただ、統合失調症などの精神疾患の場合、タクシーでは乗車拒否に遭う可能性もある。そうなれば救急車を呼ぶしかないわけである。しかし救急隊員もまさか暴れて車を奪われるなんて事態は想像もしていなかっただろう。和歌山県まで60キロも運転を続けられたということは、果たしてこれを「心身喪失」や「心神耗弱」状態だったのかというと合理的な疑問が残る。長距離の運転は心身がかなり正常でないとできないと思うからだ。

 そして、救急車を強奪しての逃走なんだが、事故を起こしながらの逃走ということで、まずはその間に人をはねるなどの犠牲者が出ていないことにオレはほっとしている。しかしそれはあくまで結果論であり、危険であったことは間違いない。どうやって救急車を壊さずにこの男を捕らえるかというのはかなり困難であり、結果として60キロも逃走されたのも仕方ないかも知れない。

 それにしてもこの男、何がしたかったのだろう。ギターをぶっ壊してしまって、もう弾けないじゃないか。おかしな人間の衝動的な行動の意味は全くわからないのである。そして新聞報道が名前を出していないことから考えて、やっぱり人を殺しても日本の法律では罪にならないような類の人なんだと改めて思った次第である。

 病気であること自体は罪でもなんでもない。しかし、それが市民社会の秩序を乱すとき、他者の生命を危機にさらすとき、我々はどのような選択をしないといけないのか。この問題に関する答は出ないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月06日(金) この外道の画像をばらまいて死刑にせよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 性犯罪者は再犯性が高い。特に幼女を襲うロリコン野郎は病気みたいなもので再犯率が高いのである。そんなヤツは終身刑にして絶対に被害者が出ないようにするか、去勢してしまうしかないとオレは常々思ってるのだが、たとえばこの男である。読売新聞の記事を引用しよう。

「しゃべったら画像ばらまく」6歳女児を暴行
 神戸市内で6歳の女児を暴行するなどしたとして、兵庫県警は5日、塗装工大原高光被告(24)(強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴)を強姦と児童買春・児童ポルノ禁止法違反の両容疑で再逮捕した。
 捜査関係者によると、大原被告は2010年6月、同市内の高校敷地内に6歳の女児を誘い込んで暴行し、携帯電話のカメラで撮影した疑い。大原被告は「しゃべったら画像をばらまく」と脅していたという。県警は昨年10月に大原被告を5歳女児への強姦未遂容疑などで逮捕した際、自宅から携帯電話やデジタルカメラ計10台を押収。今回の女児を含む少なくとも7人の女児の画像などがあり、余罪を追及している。
(2012年1月5日17時39分 読売新聞)


 この男は「しゃべったら画像ばらまく」と脅していたということだから、手始めにまずこの外道の画像を神戸市の至る所に貼ろうじゃないか。

 これから多くの余罪が判明することは間違いないわけだが、日本の法律では残念ながらこんな危険な男を死刑にすることはできないのである。しかし、この外道に対して、死刑以外の有効な刑罰が果たして存在するのか。期限のある懲役刑ならば、出所して必ず同様の事件を起こすだろう。日本の刑務所に矯正機能を期待することはできない。だったらそういう懲役刑に果たして意味があるのかとオレは思うのだ。

 それならばさっさと死刑にしてやって、この外道を市民社会から排除することの方が少なくとも合理的な解決だとオレは思うのである。

 一人のどうしようもない犯罪者のために、社会はどれだけのコストを負担しないといけないのか。刑務所に収容しているだけでも食費もかかれば刑務官の人件費もかかるし、暖房光熱費もかかるのである。そのカスを生かしておくために納税者は負担しないといけないのである。それは間違ってるとオレは思う。

 性犯罪者たちをどうしても死刑にするのが不可能ならば、脱出不可能な絶海の孤島に島流しにして、そこで暮らさせるという案はどうか。北硫黄島のような島なら脱出不可能だと思うのだ。そこで自給自足させればいい。

 オレは今回の事件のニュースを読んでものすごく気分が悪くなったのである。こんなクソ野郎の存在そのものが許せないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月05日(木) 新春串カツ喰いまくり大会!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 長男と一緒に松原徳洲会病院に出かけた。長男は指の靱帯を痛めてるので、私は原因不明の頭痛があるのでそれぞれ検査を受けに・・・というわけで二人で出かけたのである。整形外科を受診する長男と、内科を受診するオレはメールで連絡を取りつつ別行動した。オレはMRI検査を受けて頭の中が騒音でおかしくなった。やっと検査を終え、二人合わせて1万3000円ほどのゼニを払った時にはもう昼近くになっていた。

「なんかメシ喰うか?」
「おとうの好きなものでいい」
「じゃあ串カツ行くか!」


 オレと長男は北花田のイオンモール内にある「串家物語」という串カツ食べ放題の店に出かけたのである。平日のランチタイムに行くとなんと1500円ほどで90分間揚げ放題、食べ放題なのだ。その食べ放題の中には串カツ以外のサラダやカレー、デザートなども含まれるのである。

 ちなみにこの「串家物語」というチェーン店を展開する株式会社フジオフードシステムはジャスダックに上場していて、オレが注目している企業でもある。「まいどおおきに食堂」というセルフサービス式の一膳飯屋の方もちょくちょく行っているからだ。

 お昼時ということもあり、店は混雑していて約1時間待ちだった。店の前の順番待ちの紙に名前を記して、オレと長男はそれぞれ別のことをしつつ時間をつぶすことにした。塾の用意をしてきた長男は勉強を、オレは本屋で本を見つつその時間を待った。そして自分たちの順番になった頃に店の前に戻ってきて、そこでタイミング良く名前を呼ばれたのである。

 さあ、串カツだ串カツだ。





 二人は黙々と自分の好きな材料を選び、じゃんじゃん揚げ始めた。長男は海老ばかり揚げている。オレは牛肉中心だ。串カツを揚げつつ、オレはサラダやコーンスープ、長男はカレーというふうに串カツ以外のものも少し喰いながら好きなものを食べまくる。オレは牛肉をある程度喰うと野菜路線に転換してポテトやブロッコリー、オクラへ(アスパラがないのがちょっと残念)、長男は黙々と海老海老海老という戦略で喰い続けたのである。

 隣のテーブルには体重100キロを超えてると思われる巨体の女性がいて喰いまくっていた。おそらく100本近い串が、食べ終わった串を挿す竹筒に入りきれないような状況になっていた。どうしてあんなに肥満なのにそれでもまだ喰うのだろうか。ダイエットしないといけないとは思わないのだろうか。それ以上喰うとさらに巨大化するじゃないかとオレは心の中で思ったが、もちろんそんなオレの心の声は届かないし、もしも届いたら「大きなお世話だバーカ!」と相手は怒るだろう。

 ただ、オレと長男があきれたのは、その巨体女性が喰い終わってテーブルから立ち去った後のテーブルの上の汚さだったのである。その上揚げたままで食べずに放置してある串が10本以上フライヤーの回りに散乱していた。「いくら食べ放題でも、食べ切れない分まで取ってくるのはマナー違反やな」とオレが言うと、長男は「あんな客からは罰金とればいいんや」と答えた。




 串カツを喰うのはもう限界に近づいたので、オレたちはデザート路線に転じた。長男はソフトクリーム喰いまくりである。オレが小さくそっと入れたのをあざ笑うかのように、長男は何巻きにもソフトクリームをコーンの上に載せ、傾くと倒れそうな状態でテーブルに帰ってくる。落としたらどうするんだ。オレはゼリー類をお皿にたっぷりよそって喰いまくる。そうして90分の制限時間いっぱいに喰って喰って喰いまくったのである。

 食べ放題の店は大阪ではたいていすぐにつぶれるという伝統がある。客が必ず「元をとる!」という意気込みで喰いまくるからである。オレの知っていたOCATのパスタ食い放題の店も、なんばのうどん食い放題の店もつぶれた。この串カツ食い放題という業態が今も健在なのはなぜだろうか。ランチタイムは赤字でもその倍近い値段になるディナータイムで取り戻せるからなのだろうか。

 また串カツが喰いたくなったら来ようと思って、オレと長男は店を後にしたのである。支払った金額は二人で合計3150円くらいだった。1499円×2+消費税分である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月04日(水) 年賀状に思う        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 今年もたくさんの年賀状が届いた。日頃オレの暴言日記を読んで下さってる読者のみなさまに対しても、改めてこの場で「あけましておめでとうございます」と申し上げてお礼のことばとしたい。ただ、昨年は東日本大震災という未曽有の大災害が起きた年なので、「あけましておめでとう」というフレーズを年賀状に入れることに対してためらいを感じる方も多かったのではないだろうか。今年受け取った賀状にもそうした傾向は出ていたと思う。

 さまざまなパターンの中でも家族全員の写真と近況報告が書かれている年賀状を見るのが何より嬉しい。遠く離れていて逢えない相手の様子が伝わってくるからだ。パソコンで印字されたものが多い中で、宛名だけは手書きのもの、ちょっとした手書きの一言が添えてあるものなどもなんだか嬉しくなる。

 年賀状の総数は減少傾向にあるのだという。オレは毎年200通以上の年賀状を出しているが、住所は「筆まめ」の住所データに登録されているものを打ち出している。また裏面は一太郎で作成している。そして、ちょっとしたメッセージや近況報告も一太郎で書いている。作業の手順は

 [¬未離妊競ぅ鵑鮃佑┐襦(写真+自分の住所・氏名・メアド)
◆[¬未世韻魄刷する。(プリンタが遅いので数時間かかる。)
 出す相手の一覧表を作成する。
ぁ^弧召魄刷する。(一覧表と一致してるかを確かめる)
ァ^貎涌貎佑離瓮奪察璽犬諒弧未魄刷する。
Α,任あがった年賀状を投函する。


という流れである。

 年賀状印刷の作業をしているとときどき印刷失敗が発生する。それはたとえば印刷途中でインクが切れてしまい、その色だけを補充するとなんだかしばらく写真の色調が変になって印刷されて、その上インクが漏れてるのかハガキのふちが汚れてしまい・・・という感じのトラブルである。純正ではない激安品のインクを使ってるからそういうことになるのかも知れないが、だからと言って3倍の価格の純正品を買う気はしない。もちろん印刷失敗の書き損じ年賀状は1枚5円の手数料を払って、新しいものと交換してもらうのである。

 もう逢わなくなって久しいのに、年に一度の年賀状だけでつながっている相手もある。また、年配の方でいつのまにか年賀状が途絶えてしまって、という場合もある。訃報だけがハガキで届く場合もある。一年に一度しか連絡がないわけだから、その間に何かがあってもわからないのである。音信不通になってしまって何年にもなる相手から突然忘れたことに年賀状が届くこともある。そんなときは妙に嬉しくなるものである。

 考えたら「手紙」という連絡手段を我々はほとんどとらなくなってしまった。メールで事足りるのにわざわざ手紙を書かないといけない場面などないのである。それは相手が携帯やパソコンを持っていなくてメールで連絡がとれない場合に今は限られるわけだ。書籍のデータがすべてデジタル化されてスマホやパソコンで読書できる時代である。手書き文字の手紙は昔と比べてどれだけ減ったのだろうか。今や「文通」なんて言葉はもう死語ではないのか。

 そんな時代にこうして「年賀状」というアナログなものが残存していることはなんだか不思議である。しかし、これもいずれ廃れていく文化なのかも知れない。届いた大量の年賀状のデータを一枚一枚筆まめに入力しながらこの作業をオレはいつまでやるのだろうかとふと思ったのである。

こんな年賀状はいやだ!


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月03日(火) 初詣に課税せよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 お正月である。日本中の神社は大勢の初詣客を迎えることとなり、中には300万人近い参拝者の押し寄せるところも出るわけだ。そんなに大勢の参拝者が来たらお賽銭の収入もかなり大きいはずである。しかも参拝者はいろんなものを買ってくれる。おみくじも売れるし、さまざまなお守りも売れる。絵馬を奉納する方もいるだろうし、ご祈祷を受ける方もいる。そうして多大な収入が神社には転がり込むのだ。しかしこの巨大収入は宗教法人ということで非課税なのである。

 これだけ大勢の参拝者がいるのだ。ところがそこから収入を得る神社の方は一年に一度のこの稼ぎ時にしっかりと稼ぎ、あとは一年間遊んでいても十分な収入をこの短期間で稼ぐのである。オレのような一年間がんばって働く人間から見れば羨ましいというか許せないというか、とにかく納得がいかないのである。不公平なのである。

 たとえば初詣の参拝者は一人あたり100円の税金を払わないといけないということにすれば、日本中で1億人の初詣の参拝者がいれば100億円の税収があるということになる。一人たった100円である。それほど大きな負担ではないはずだ。すべての神社の入り口で入場時に徴収するのである。ゼニを払わない者は参拝できないということにすればいい。

 もちろんその集金のためにはかなりの人件費がかかるだろう。100億円の収入を得るためには10%くらいは集金コストに費やされるかも知れない。しかし、それでも90億円は残ることになる。それで十分じゃないか。

 消費税を上げることに対しては国民の反発も強いだろう。しかし、初詣に税金を掛けたとしても、金額が少なかったらお賽銭代わりにみんな軽い気持ちで払ってくれるだろう。そんなゼニは払いたくないから今年は初詣しないぜ!などという非国民には神様がきっと罰を当ててくれるはずだ。オレは小心者で天罰が怖いので、もしもこういう税金が導入されればしっかりと払うだろう。税金の本質は広く浅く徴収することでみんなの負担を減らすということである。そのためにはさまざまな小さな税を設置することが望ましいのである。

 初詣税以外にもカラオケ税、牛丼税、風俗税、パチンコ税、たこ焼き税、ハンバーガー税、メイド喫茶税など特定の業種から徴収する仕組みをいくつも作って、そうして税収アップをはかればいいかも知れない。消費税の税率を上げれば国民には選択の余地がないわけだが、特定の業種にしぼって課税すれば選択の自由が生まれる。牛丼税が新設されれば、それを払いたくない人は牛丼を辞めてカレーやうどんを喰えばいいのである。ハンバーガー税を払いたくない方はマクドナルドではなくてミスタードーナツに行けばいいのである。

 ドイツでは売春が公認されていて、その代わりに街角で立って客を引く街娼たちまでちゃんと税金を払ってるという。一晩6ユーロのチケットを購入しないと客を取ってはいけないのである。性風俗産業に従事する女たちから税金を取れない日本とは大きな違いである。

 大きなゼニが動いてるのに、課税の網の目を逃れている御三家は宗教法人、性風俗産業、パチンコの3つだとオレは思っている。その手始めに初詣税(あるいは参拝税)を取ることからスタートしてはどうか。もちろん他の脱税産業もどんどんチェックしてその収入から税金を取り立てるべきだ。

 取るべき税金をちゃんと取ることで、国民には公平感が生まれ、税金を払うことが当たり前だとみんな思うようになるのである。100円くらいの初詣税ならばオレはよろこんで払ってやるぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月02日(月) 今年も餅の悲劇が・・・・・        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 お正月である。おせちである。餅である。オレは餅が大好きなのでさっそく元旦の朝から食べまくったのである。最初はオーブントースターで焼いて食べたが、電子レンジでチンすると全体がとても軟らかくなるので、そうして小倉あんと一緒に食べたりした。83歳の父も一緒に食べた。そして二人で「今年も餅をのどにつまらせて死ぬ老人が何人も出るのだろうか」などと話していたんだが、あとでニュースを確かめるとやはりそうだった。読売新聞の記事を引用しよう。

餅詰まらせ都内13人搬送…101歳ら2人死亡
 年末年始に餅を喉に詰まらせて救急搬送された人の数は1日午後3時現在、東京都内だけで13人に上り、うち2人が死亡した。
 東京消防庁によると、12月28日正午頃、練馬区の男性(82)が、草餅を詰まらせ死亡。30日昼にも、日野市の男性(101)が昼食の餅を詰まらせて窒息死した。
 このほか、12月26日以降、いずれも60歳代以上の男女計11人が救急搬送された。
 同庁は「餅は小さく切り、急いでのみ込まないでほしい」と呼びかけており、応急手当の方法についてもホームページ(http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/topics/201112/mochi.html)で紹介している。
(2012年1月1日18時39分 読売新聞)


 こんなに危険な食品がなぜ野放しになってるんだろうか。食中毒で死者を出したために日本中の焼き肉屋からユッケは姿を消した。しかし、毎年多くの死者を出しているのに餅を規制する動きは全くない。こんにゃくゼリーに対してはあれほど厳しい行政指導があったのに、サトウの切り餅は相変わらずどこのコンビニやスーパーでも買える。なんとも矛盾した話である。オレはこの差に納得できないのである。

 餅を野放しにするのなら、そして餅をのどにつまらせて死ぬといういたましい事故を「ただの偶然」「食べ方が下手くそ」で片づけるのならば、なぜこんにゃくゼリーは規制したのか。よもや野田聖子議員のお膝元のこんにゃくゼリー屋を儲けさせるためにマンナンライフに圧力を掛けたというような愚劣なことではないだろうな。オレは陰謀論の好きなオッサンなのでそんな憶測をしてしまうのである。

 餅は危険だ。特に咀嚼力の衰えた老人には危険だ。だから60歳以上は餅を食べることを禁止するとか、食べる前に「この餅が原因で死んでも誰も恨みません」という宣誓書にサインするとか、なんらかの対策が必要だとオレは思うのだ。また、昔から「餅」を凶器にした殺人事件はいくつも小説の題材にされている。松本清張の小説には、餅で殴り殺した後証拠隠滅のためにその餅を雑煮にして事情聴取に来た掲示に喰わせてしまう話が出てくる。きっと保険金殺人を目的とした餅作戦がどこかで起きているはずだ。

 今からでも遅くはない、政府は餅を食べることのできる年齢に制限を設けて、その制限を超えて勝手に食べた場合は死んでも自己責任(自殺)扱いとして保険会社が保険金を支払う義務がないようにすべきだとオレは思うのである。

 餅はうまい。こんにゃくゼリーとは比較にならないほどうまい。あわてて食べてのどにつまらせるのもわからないでもない。その悲劇を防ぐには強制的に禁止するしかないのだ。 一日も早く政府は「餅禁法」を制定して、餅を食べたことによって死亡するという悲劇の再発防止に力を入れて欲しいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2012年01月01日(日) よりよく学ぶということ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは学校の成績が悪い人間が苦手である。いや、もっと正確に言うと、成績の悪さを自己責任としてとらえられない人間が苦手なのだ。たとえばオレが教えている古典の授業で全く予習もせず、もちろん授業中も居眠りしたり隣とおしゃべりしたりして全く勉強しないでその結果試験も欠点をとるような生徒から「どうすれば古典の点数が上がりますか?」と質問されることがある。「おまえはアホか!」と思うだけである。

 しかし、今の日本の多くの学校は、オレから見れば「おまえはアホか?」と思うような生徒が普通の存在になってるのだ。全く努力しないか、努力の方向が全く間違ってるのに「世の中には勉強のコツというものがあって、それを知ればスイスイと成績が上がるし、それを教えてくれる神のような教師がいる」と信じ込んでいるのである。だから彼らは自分の成績の悪さをすべて教師の無能さのせいだと思っている。このような考えは学校現場をよく知らない政治家にも流行していて、学校選択制で競争させれば生徒の学力が伸びると思ってる連中にもその信奉者がいる。

 そうした成績の悪い生徒たちの特徴は、とにかく受け身であることである。ただ黒板に書いてあることをノートに写し、先生の話を漫然と聞いていればそれで勉強をしたつもりになっているのである。何十時間も、何百時間もそうやって過ごしているわけだが、そのほとんどすべてが時間の無駄遣いであることに気がついていない。日本の学校教育の決定的な誤りは、こういう愚衆をデフォルトにしてしまったことにあるのだ。

 浪人生が予備校に通うのに年間で何十万も支払うことや、子どもが塾に通うのに毎月何万も払うことも実に馬鹿馬鹿しいことである。勉強というのはすでに体系的にまとめてある教科書や参考書に書かれたことをちゃんと読めばそれで理解できるはずであり、理解できたかどうかは問題集を解けばすぐに確かめられるのである。その理解のしかたを聞くためにゼニを払うのは無駄そのものであって、参考書や問題集にかかる本代だけなら本当にわずかな出費で済むのである。

 ただ、学ぶというのは時間が掛かることだ。膨大な時間を掛けることを厭わずに取り組まないと成果は生まれないのである。人が5時間掛かって理解することを5分でできるような天才は滅多にいないし、そもそもそういう天才はより高度な学びの世界に入っていくだろうからやはり理解には多くの時間を費やすことになる。

 高校受験の時、オレは英語や数学の割と分厚い問題集に取り組んでいて、そこに出ている問題はすべて完璧に解けるようになろうとした。完璧を目指すというのは、その中にある「解けない問題」というのをつぶしていく作業だったのだ。それは大学受験でも同じだった。手持ちの問題集をやり尽くした後は書店で問題集を立ち読みして解けない問題を発見し、考えてそれが解けるようになる・・・ということの繰り返しだった。大学の赤本が出るようになると、今度はそこにある過去問をすべて解けるようになるまで取り組むだけである。もしも一問でも解けない問題が残ってるならば、自分の勉強がまだ足りないということだと思った。

 人はどこまで「受け身の勉強」でついていけるのだろうか。オレの場合は小学生の頃までだった。高校受験となると、授業で理解したことだけでは不十分で、自分で問題集や参考書をやり込まないと無理だった。大学受験となるとなおさらだ。特にオレは英語が苦手だった。授業中の50分間で習ったことをすべて理解してしまう自信がなくて、家でちゃんと辞書を使って予習してそこで完璧に訳せるようになってから授業を受けた。数学や理科も習う前に先に教科書の例題が解けるようになっておいて、その上で「ここを先生はどんなふうに説明するのだろう」というとらえ方で授業を聞いた。現代文や古典は得意だったし、漢文も母に買ってもらった中国の古典関係の本で先に知ってる知識が多かったので楽しんで授業を受けることができた。その時にわかったのだ。よりよく学ぶためには待っていてはいけない。こちらから対象を迎え撃たないといけないのだ。ちゃんと予習しないといけないのだ。先制攻撃が大事なのである。

 今年ももうすぐ大学入試センター試験がある。まだ高校1年生だと、センター試験が2年先だからまだ興味を持たなくてもいいし、自信を失いたくないから問題を見ないという生徒がいる。ただ問題が解けないくらいで失われるようなそんな脆弱な自信なんてものは逆に学びの障害である。くだらないプライドを捨てて、己の無知を悟らなければならない。2年先に受ける予定のセンター試験を今先取りして受けることで、自分の現在の実力と志望校に入るために必要な得点にどれだけのギャップがあるかを知ることができる。それを2年間で埋めればいいのである。

 ちまたには誰でも入学できるFランク大学が溢れ、そこにはおよそ受験勉強とは無縁のお気楽な大学生たちがいる。「愚衆」に迎合したそうした社会システムに対してオレはただ吐き気を催すだけだ。なぜ大学という場所をここまで陳腐化させてしまったのか。なぜ大学教育を「きちっと努力したものだけがアクセスする資格のある特別な世界」のままで残せなかったのか。

 よりよく学ぶということを実践し、その努力をきちっと積み重ねたものだけに得られる果実、それが大学教育であるとオレは思いたいのである。


2011年1月1日の日記
2010年1月1日の日記
2009年1月1日の日記
2008年1月1日の日記
2007年1月1日の日記
2006年1月1日の日記



↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン