江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2006年04月30日(日) それは「万引き」とは呼ばない        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 特定のコンビニを狙って集中的に万引きを繰り返し、ついには閉店に追い込んだ少年グループがいた。東京都豊島区の同じコンビニだけを狙って万引きを繰り返していたとして、警視庁少年事件課は4月28日、都立高校定時制1年の少年(16歳)ら15〜16歳の少年グループ9人を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。

 このクソガキどもは昨年8月から2〜3人のグループで少なくとも50回以上の万引きを続けていたと見られている。このコンビニは度重なる万引き被害の影響で経営不振に陥り、今年の3月に閉店した。昨年の11月11日には、この9人のクソガキどもはこのコンビニに押し入り、男性店員(27歳)を取り囲んで注意をそらしてるすきに店内事務所の金庫から17万2500円、店外の自動販売機から4万円とたばこ218箱(6万2500円相当)を盗み出したという。

 それって万引きじゃなくて「強盗」じゃないのか。同じ行為でも大人がやれば強盗でガキなら「万引き」なのか。その行為の悪質さに怒りを感じると同時に、言葉を置き換えることによってまるでたいした悪事ではないかのように思わせる報道姿勢にもオレは激しい怒りを感じたのである。「路上強盗」を「オヤジ狩り」、「売春」を「援助交際」と言うのと同じである。

 さて、このクソガキどもにはいったいどんな罰が下されるのだろうか。こいつらもこれまでの少年事件同様に名前も顔も明かされないわけだが、行為の悪質さから考えれば少年法で保護してやる必要など全くないように思える。オレが最も心配するのは、コンビニを閉店に追い込まれるほどの経済的損失を被ったこの店主に対して、正当な賠償がこのクソガキどもの親によって行われるかどうかなのだ。

 こういうクソガキの親はたいていクソ親である。自分の息子は誘われたからしただけで積極的には関与していないとか、あれこれ理由をつけては賠償金の支払いを拒もうとするのである。この場合の賠償とは盗んだ商品の金額分だけで済む問題ではない。万引きという行為によって受けた精神的ダメージや不快感すべてに対して賠償を行わせるべきだ。9人のクソガキの親はそれぞれ1000万円ずつくらい包んで、迷惑をかけた店主のところに謝罪しに行くのが当然だろう。もちろんクソガキどもにもやったことの罪を償わせないといけない。

 オレはこういう連中を強制労働させるような場所をどこかに作ることを提案する。佐渡金山を復活させて金を掘らせるとか、筑豊や夕張の炭坑を復活させて石炭を掘らせるとかいうふうに。採算が合わないのでやめてしまったものであっても、人件費がタダになりさえすれば引き合うかも知れないのである。

 それにしてもコンビニ経営ってかなり大変だと思う。もはや乱立してしまって共倒れ状態だし、万引き被害はどこも多そうだし、24時間営業だから人件費がかかるし、それでも次々と新規開店していくわけで、親会社はそれぞれのコンビニが経営不振になろうとつぶれようと知ったことではないのである。開店さえさせれば親会社には巨額の収入が転がり込み、店が倒産しても借金はそのコンビニを経営する個人が被るようになっていて、親会社の腹は少しも痛まないのである。我が家の近くにもファミリーマートが立て続けに2軒できたが、駐車場にはクルマなんか全然駐まっていないぜ。これではつぶれる日もさほど遠くなさそうである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた転落しました・・・m(_ _)m 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月29日(土) 芦原病院という名の公金詐取装置        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 激安パソコン専門ショップ、パソコンヲタクでは商品情報の更新を随時行ってます。最近覗いていない方は一度ごらんになってください。



 大阪市が同和対策の一環として手厚く支援していた浪速区の芦原病院には、大阪府・大阪市によって190億円が補助され、それとは別に総額130億円の無担保、無利子の貸し付けが行われていた。合計320億円の支出である。ところが芦原病院は2005年12月に民事再生法の適用を申請しており、融資した分の130億円はそっくり踏み倒された形になってしまった。現在の芦原病院は2005年4月に営業譲渡されて大阪府内の別の医療法人が経営している。

 この事件は経営不振の病院に補助金をつぎ込み続けたという形で説明されているが、それは間違った解釈である。オレはこの一件は明らかに病院の幹部と大阪市職員がグルになった公金詐取事件であると見ている。そして関淳一大阪市長は、この公金詐取事件に関わった(もしかして甘い汁を吸ったのかも?)一人である。市長を一旦辞任することで禊ぎを済ませて、この事件に関与した罪をうやむやにしてしまったが、オレにはとうてい納得がいかない決着であった。またそんな胡散臭い市長にまた投票した大阪市民の行動もオレには理解不能だ。

 大阪市の調査委員会が4月28日に出した報告書によれば、芦原病院に対して2002〜2004年に大阪市から支出された補助金4億9000万円はそのほぼ全額が申請通りの使われ方をしていなかった。そのうちなんと3億2000万円が使途不明金になってしまっているのである。芦原病院側は「医療機器を購入する」「病棟の改修工事を行う」という名目で市から補助金を支出させているのだが、実際にそれらは購入されず、改修工事も一部しか行われず、ゼニだけが病院に支払われてるのである。そのゼニはいったい誰のフトコロに入ったのだろうか。

 病院経営そのものが赤字になっているとして、その経理の実態はどうだったのか。これだけの補助金をつぎ込んでいる以上、ガラス張りにして市民に公開すべきだ。医師やスタッフにどれだけの報酬が支払われ、医療費を踏み倒した患者がどれほどいたかなどの実態が明らかにされないといけない。病院の理事として名前だけを貸してるのに報酬をたんまりもらってるようなヤツラがもしも存在するのなら、断じて放置してはならない。支払われた報酬の全額を回収すべきである。

 このような補助金詐欺の場合、受け取った側だけではなくて補助金を支払った側である大阪市側にもなんらかのキャッシュバックが存在したと考えるのはゲスの勘ぐりだろうか?市の職員はそのゼニの使途がまともじゃないことをある程度理解して出していたような気がするのである。あるいは接待を受けて、高級料亭で公金で飲み食いしていたのかも知れないのである。

 今回の調査に関わった委員会のメンバーの一人は「詐欺や背任の可能性もゼロとは言えない」と語ったという。こういう言い方をするということは、限りなくこいつらはクロだという意味である。この病院が大掛かりな公金詐取装置であったその全容を解明して、甘い汁を吸った連中を詐欺容疑で一刻も早く全員逮捕してもらいたいものである。その逮捕者の中には絶対に関淳一大阪市長も含めてくれ。こいつが何らかのカギを握ってることだけは間違いない。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた転落しました・・・m(_ _)m 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月28日(金) 大阪地裁はやっぱり悪人の味方!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 毎度毎度の馬鹿判決で市民を失望させてくれるネタには事欠かない大阪地裁が、またまた馬鹿判決を出してくれたのである。今回、馬鹿判決を出した裁判官は朝山芳史裁判長で、実は4月1日付で異動になっている。異動先でも馬鹿判決を出してくれるのだろうか。その馬鹿判決というのは、昨年8月に豊中市内の駐車場でミニバイクの鍵穴を壊していた無職、岡功被告(54歳)の裁判で出たのである。

 岡被告はその犯罪行為の実行中に豊中南署員の職務質問を受け、そのときに半ズボンの右ポケット(深さ28センチ)に入れていたたばこ2箱のうちの1箱から覚せい剤が見つかって現行犯逮捕された。

 さて、この覚せい剤について、岡被告の弁護士は「令状なしの違法な捜査で発見された」と主張。また署員は正直にポケットの中から強引にもぎ取ったと言えばいいのに、「ポケットを下から触った際、被告が身をよじり一歩後退したため、はずみで落ちた」とどうもウソを言ったようのである。ただオレが不思議に思ったのは、目の前で犯罪行為を行ってるクソ野郎のポケットの中を調べるのにも令状が必要だという形式主義である。そんな犯罪者なんかその場で身ぐるみハダカにしてもいいじゃないか。

 このオレも以前に駐車場荒らしの被害にあったことがある。オレの貴重な財産を奪った憎むべき犯人は死刑にしてくれと思っている。もしも犯人が逃げれば後ろから射殺してもいいと思うし、そんな外道はそこで逃げおおせてもまた別の犯罪を犯すだけのことである。

 ところがなんと大阪地裁では職員を被告に見立て、ズボンの上に半ズボンをはかせて検証して、箱が落ちないことを確かめたのである。その上で、無理やりにポケットの中のものを引っ張り出すという違法な捜査があったと認定し、「任意の所持品検査の限界を超えており違法である」として、この覚せい剤の証拠請求を却下していたことがわかった。明らかに覚せい剤を使用しているのに、覚せい剤取締法違反で罰することが出来ないことになったのである。

 オレのような法律のど素人には全くこの裁判官の論理がわからない。「犯罪者には人権などない」というのがオレの持論だ。人殺しが死刑反対を叫んだり生存権を訴えたりするのはそいつの殺した被害者に対する冒涜だと思うし、単なる窃盗であっても場合によっては射殺してもいいと思っている。窃盗をする外道は次には強盗をするだろうし、強盗の次は強盗殺人も平気になるだろう。犯罪というのは徐々にエスカレートしていくものである。だったらその萌芽の段階できちっと消去しておくのが望ましいのであって、そんな外道どもに変に情けを掛ける必要はないのである。

 オレが作って欲しいのは、車上荒らしがドアをこじ開けようとした時に爆発するカンシャク玉装置である。そんなものを仕掛けてあればびっくりして泡を食って逃げるだろう。それで盗っ人が目や顔にケガをしても自業自得なのである。

 それにしても覚せい剤を使用してる54歳無職、いったいそれまでどんな人生を送って世間に迷惑をかけてきたのだろうか。こんな外道でも日本が歪んだ社会福祉大国であるおかげで生活保護が受けられ、そのゼニでパチンコに行ったり覚せい剤を買えたりするのである。とんだ福祉国家である。オレのようなまっとうに税を納めてる人間が、その外道どもの生活の面倒を見ているようなものである。株式投資の利益まできちっと納税してるオレはいったい何人の外道を生活の面倒を見てることになるのだろうか。そしてこの覚せい剤野郎の擁護をする大阪地裁もまた困った存在だ。きっと日本中の外道どもが「犯罪するなら大阪地裁の管区内で」と大挙して集まってくるのだろう。大阪に住むオレにとってはものすごい迷惑である。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた転落しました・・・m(_ _)m 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月27日(木) トルコ建国の英雄を侮辱した人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 トルコ国民でトルコ共和国初代大統領ケマル・アタチュルクを知らない者はない。彼はトルコ建国の英雄である。もしも彼がいなかったら、今のトルコ共和国は存在しなかったに違いないからだ。第一次大戦でオスマン・トルコ帝国が敗北して連合軍とギリシアによってその国土が分割されそうになったとき、有能な軍人だった彼は祖国の独立を守るために戦いを開始したのだ。連合軍が決して一枚岩ではないことを見抜き、トルコ国民軍を結成してオスマン帝国政府と連合軍を敵に回してトルコ独立戦争に勝利したのである。共和国の初代大統領に選ばれてからは法律を整備し、トルコ語をアラビア文字からローマ字表記改める言語の改革、男女平等の思想に基づいた女性の地位の改革、教育の改革、そして政教分離を推し進めてトルコを文明国家にしたのである。

 1996年、新潟県柏崎市にオープンしたテーマパーク「柏崎トルコ文化村」の開園時には、トルコ政府からこの「建国の父」ケマル・アタチュルク初代大統領(1881〜1938)の銅像(高さ5メートル)が贈られた。この柏崎トルコ文化村、開園当初はかなりの観光客を集めて賑わったそうである。トルコのお姉さんが腰やオッパイをウニュウニョ揺らせながら踊るベリーダンスが怪しくてとっても人気があったそうだ。トルコから派遣された軍楽隊の演奏があったり、バイキング形式のトルコ料理のレストランがあったりしてなかなか内容も充実していたらしい。

 しかし、いつのまにか経営不振に陥り、メインバンクの新潟中央銀行の破たんで2001年に倒産してしまう。約5万2000平方メートルの敷地と建物は2002年に柏崎市が整理回収機構(RCC)から取得した。その後運営を引き継いでいた地元企業も、新潟県中越地震の影響で2005年3月には解散したのである。柏崎市は今年一月に施設をすべて売却することを決定し、このケマル・アタチュルクの銅像も売却対象に入れたのである。トルコ建国の英雄の銅像が売り飛ばされると知ったトルコ大使館は1月31日、ソルマズ・ユナイドゥン大使の名で 「およそ(友好関係が深い)日本人らしからぬ慎重さに欠ける行為」と再考を求める文書を柏崎市に送ったという。

 実はこのトルコ文化村が経営危機に陥ってから、トルコ政府は何度も公式に支援を申し出ていて、経営を引き継ぎたいという意志表明もしていたらしい。ところが会田柏崎市長はあれこれ理由を付けてそれらの訴えを聞き入れなかったのである。トルコは日本の大切な友好国である。トルコ国民には親日的な人も多い。和歌山県の串本沖で遭難したトルコ軍艦の乗員を村人が救助した話はトルコの教科書に載っていて、トルコ国民はその恩を忘れていないという。そのトルコの偉大な人物を侮辱するこの「銅像売り飛ばし」に対して、トルコ政府が不快感を抱くのは当然である。こんな恥ずかしいことが平気で出来る柏崎市にはもう地方交付税交付金などやらなくていい。とっとと見捨ててしまえ。日本の至る所にこのようにバブルの不良債権となったテーマパークの廃墟が存在するのである。オレはこのことで日本とトルコの親善関係にひびが入らないかということを心配するのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月26日(水) 春よ、早く来い!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 我が家ではまだ石油ストーブをつけている。北海道に住んでるのなら話は分かるが、オレは大阪の人間なのである。ゴールデンウィークを前にして、かなり暖かくなっていて当然だし、桜はもう散ってしまったし、いつ強烈な暑さが襲ってきてもおかしくないのに、暑さどころかオレは毎朝ぶるぶる震えているのである。なんでこんなことになってしまったのだ。

 四季どころか今の日本には二季しかないように思える。冬と夏だけだ。かろうじて花という物的証拠のおかげで瞬間的に通過する春や秋の存在を知ることは出来るが、四季がきれいに四等分されてそれぞれの季節が三ヶ月ずつあるという理想的な状態からはほど遠いのである。この状況がさらに加速すれば、夏らか冬、冬から夏という変化が常に一瞬にして完了という事態になってしまうぜ。

 我が家の衣替えは一週間ほど前に完了したからオレのタンスの引き出しは夏用の半袖シャツばかりになったのだが、そんな時に限って強烈に寒い朝がやってきて、あわてて長袖のジジシャツを出してきてはワイシャツの下に着込むことになるのである。起きてから服を着る前に新聞のお天気の欄でその日の最高気温を確かめるのだが、そこが「17度」という温度にしかなっていないことを確かめるとオレはあきらめて冬物のスーツに長袖のジジシャツという組み合わせを選ぶことにしている。寒くて耐えられないからだ。いったいいつになったら春らしい温度に上昇してくれるのか。このままではあまりにも寒いのである。

 この異常な寒さでオレが心配しているのは、いわゆる「花の名所」がいつもの年と違って花が遅れてしまうことである。例えばゴールデンウイークの頃と言えばつつじや皐月がちょうど咲く時期である。京都の蹴上浄水場などが一般開放されて大勢の観光客で賑わうはずなんだが、今年のようにいつまでも寒い年はまだ花が咲いていないのではないだろうか。

 さて、ここまでこうして「いつまでも暖かくならない」ことがもたらすさまざまな弊害に対する懸念を述べてきたわけだが、別にそのことがオレに個人的に何かのデメリットをもたらすことは全くないのである。オレが個人的に被る被害は「灯油代の支出」だけである。「灯油切れてるから買ってきて!」とオレは昨日母から頼まれてしまった。もうすぐ五月というのになぜ灯油を買わないといけないのか。ここは北海道ではなくて大阪なのである。北海道なら5月でも石油ストーブが必要なのは当然だが、大阪で5月に石油ストーブなんて異常だ。

 オレはこの異常事態に納得がいかず、自分の部屋の石油ファンヒーターにはもう灯油を補充していないのである。「もうすぐ五月なんだ。もう少しの辛抱だ。すぐに暖かくなるから」と綿入りの半纏を着込んで寒さに耐えているのだが、自分で灯油代を払うこともなくただ使いまくるだけの家族は何のためらいもなくストーブをつける。いつになったら春がやってくるのだ。オレにとってこれは切実なゼニカネの問題なのである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた転落しました・・・m(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月25日(火) さよなら ふるさと銀河線        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 JR宝塚線の脱線事故から一年経ちました。一年前に書いた文章があります。もしまだご存じでなければぜひお読みになって下さい。人の生涯は草のよう、野の花のように咲くというタイトルです。


 北海道ちほく高原鉄道「ふるさと銀河線」は2006年4月20日をもってその運行を終了した。この線がまだ国鉄の池北線と呼ばれていた頃にオレは乗ったことがある。大学3回生の夏だ。

 サイクリング部に所属していたオレはその夏も北海道を走っていた。オンネトーから足寄まで走ってきて、普通ならそこから池田、帯広と走り続けるところだが、たまたまその旅の時のオレは東京農工大の女性と知り合っていて「自転車でガンガン走るよりも、自転車を分解して列車で移動しながら女の子と語り合って楽しく過ごす」という卑怯な選択をしてしまったのである。足寄から富良野まで国鉄で移動し、富良野のユースホステルに泊まったのだ。「一緒に富良野でラベンダーを見よう」という口実で。その時に乗った足寄−池田間はこの池北線(現・ふるさと銀河線)だったことになる。女の子の顔ばかり見ていたので景色などほとんど覚えていない。

お知らせ
北海道ちほく高原鉄道株式会社では、さきに急告でお伝えしました取締役会での鉄道事業廃止決議に基づき、4月17日午後、臨時株主総会を北見市内で開催し、鉄道事業法に基づく廃止届を国土交通大臣に提出することを提案、賛成多数で提案どおり決議されました。これを受け、4月21日午後、当社代表取締役社長神田孝次が北海道運輸局(札幌市中央区大通西10丁目)を訪れ、伊藤國男北海道運輸局長に対し、鉄道事業廃止届出書を提出いたしました。廃止届出書では、予定廃止日を平成18年4月21日としておりますので、鉄道事業法の規定に基づき原則として同年4月20日までふるさと銀河線は運行されます。


 3セクの中ではこのふるさと銀河線はなかなか経営努力をしていた方だと思う。JRの頃よりも本数を増やして利便性を高め、スピードアップも果たした。さまざまなイベントを行って集客にも務めた。それでも廃止という結果になってしまった。廃止の日、最終列車は満員の乗客を乗せていた。オレはテレビでそのニュースを見ながら複雑な気分だった。「みんなに愛された?」だと、そんなのウソに決まってるじゃないか。「そうやって最終列車に乗りに来ているあんたたちも、ふだんは便利なクルマにばかり乗ってるんじゃないのか。そんなの偽善だろ。」とオレはテレビの前で毒づいていたのである。

 そんなに大切なら、そんなに廃止して欲しくなかったのなら、がんばって黒字にすればよかったのである。赤字を解消することだけが目的なら、みんなでお金を出し合って穴埋めすればよかったのである。ゼニを出すこともせず、もちろん黒字になるくらいにみんなで利用すると言うこともせず、ふだんは見向きもしなかったからこそ今回の廃業に至ったのである。
あのさよなら列車に乗っていた人たちも、ふだんはクルマばかり使っているに決まってるのである。「えっ、銀河線? そんなのはんかくせぇー」と笑い飛ばしてるかも知れないのである。

 本当にふるさと銀河線を守りたかったのなら、乗客が何人以上なら黒字になるというぎりぎりのラインを算出して、地元自治体にノルマを課してその人数以上の乗車を義務づければよかったのだ。土地はいくらでも余ってるのだから駅前に駐車場を作らせて、パーク&ライドを推進したらよかったのだ。そんな強引なやり方で無理やりに黒字にするしかなかったのである。

 池田から北見まで全線140キロを乗車すれば3410円だ。この距離をクルマで移動すればかかるガソリン代はせいぜい2000円以下だろう。二人乗っても同じことである。しかもクルマなら目的地間をダイレクトに移動できるが、鉄道なら駅からまた別の交通機関を利用しなければいけないことになる。どう考えてもクルマの方が便利なのである。クルマを運転できない老人や通学の生徒たちのために残したいと言うのなら、そんなの無理だと答えたい。老人や学生しか乗らないような鉄道はもはや存在価値を失ってるのだ。こういうものは利用者がないことにはどうにもならないのである。

 田舎の鉄道を維持するためにどれほどの資金が必要なのかオレにはわからない。ただ、100億も200億も必要というものではないだろう。年にせいぜい数億程度の金額なら、沿線住民みんなで負担すればよかったのである。沿線の自治体が個別の世帯から「鉄道存続税」という名の税を徴収する仕組みにすればおそらく「うちはいつもクルマなので払いません」と拒否する人が大量に出るだろう。存続運動に熱心なのは地元のごく一部の人たちであり、大多数のクルマでいつも買い物をする人たちにとってはこの廃業も全く関係のないニュースである。

 かつて北海道には多くのローカル線があった。天北線、標津線、十勝線、興浜南線、それらを維持するための経費なんて、新幹線や高速道路の建設費に比べれば微々たるものだったはずだ。そんな死に金を回すだけでみんなつぶさずに救えたのである。地元にとって何が真に大切で何が不要なのか、そんなことがわかっていない馬鹿政治家しか出てこなかったことがもしかしたら北海道の最大の悲劇だったのかも知れない。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた転落しました・・・m(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月24日(月) 野良アクセスポイントで無銭LANだぜ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレは無線LAN内蔵のモバイル機、VAIO/Uを所有している。外出時にちょっとネットしたくなったときにいつでも使えるから便利である。通常はその内蔵無線LANではなくてエアエッジを使用してるのだが、上本町駅にfreespotがあって公衆無線LANとして利用できると知って試しにアクセスしてみたところ驚いたのである。なんとオレのVAIOの画面には20近いアクセスポイントが表示されたのだ。つまり、それだけの電波がそのあたりを飛び交ってるのである。

 もちろんそのほとんどはWEPで暗号化されているのだが、いくつか暗号化されていないものも存在した。いわゆる「野良アクセスポイント」である。人口密集地ではこの「野良アクセスポイント」がそこら中に存在するらしい。試しにヤフーで「野良アクセスポイント」「野良AP」で検索すると、多くのサイトやブログが見つかった。

 もしも隣家のインターネットが無線ルーターと無線LANの子機で構成されている場合、暗号化されていなければそのアクセスポイントに自分もアクセス可能になってしまう。この場合、勝手にそのアクセスポイントを使用するのは「不正アクセス禁止法」の対象となるのだろうか?例えば「月500円払いますから使わせてください」という形で相手の了解を得れば問題ないだろう。しかし、部屋数の多いマンションなどではアクセスポイントを設置してる相手が特定できない場合もある。わからないことをいいことに勝手に使い続ける者もいるだろう。現行法はそのような事態を想定してるのだろうか。また、パソコンに関して無知ゆえに間違ったアクセスポイントに接続していた場合も罪に問われるのだろうか?

 また逆に、自宅のアクセスポイントを暗号化せずにわざと公開して、近所の人が無料で使えるように開放してくれる善意の人もいるかも知れない。その場合は管理していないということで何らかの罪に問われるのだろうか。

 オレがこのような野良アクセスポイントの存在から心配するのは、それが犯罪に使用されるということである。つまり、電話なら逆探知されるのだが、野良アクセスポイントからのネット接続ならかなり捕捉が困難になってしまうということだ。2ちゃんねるに書き込んだ殺人予告で馬鹿高校生が逮捕されたりしてるが、あれは自宅のパソコンでそういうお馬鹿なことをしてるから見つかるのであって、もしもこのような野良アクセスポイントを使用してアクセスしていたならば、どこの誰だかわからないということになってしまう。もちろん暗号化の技術はこれからももっと進歩するだろうし、その設定も今よりも単純化して簡単になるだろうからオレの心配は杞憂に過ぎないのかも知れないが、少なくとも現時点においては無防備に無線LANでネット接続してる人がかなり多いのである。

 また、もしも自分の家がfreespotに近くて公衆無線LANにアクセス可能であった場合、別に自前でネット接続の環境を整えなくてもそのfreespotを使えばよいと言うことになる。ゼニがいらないのである。無線LANというよりも無銭LANである。もしかしたら将来、野良アクセスポイントを一種の公共財と見なして、街のどこでも無料でネットにアクセスできるように整備するという動きが起きるかも知れない。そうなるとプロバイダーはみんなつぶれてしまうだろう。とにかく、次に起きることは全く予想が付かないのである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた転落しました・・・m(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月23日(日) 阪神タイガースはダメ虎に戻ったのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 4月21日(金)、今シーズン最初の阪神巨人戦が東京ドームで行われた。通常、ホームチームの方を先に呼ぶ習慣があるので東京ドームなら「巨人阪神戦」と呼ぶべきなんだが、コテコテの阪神ファンであるオレは断じて「巨人阪神」と巨人の方を先に呼びたくはないのである。それで常に「阪神巨人戦」と呼んでいるのだ。

 その注目すべき第一戦は阪神がエースの井川、巨人が人身事故(二度目)の上原の一歩も譲らない投げ合いで1−1のまま延長戦に突入、延長11回表に決勝点をあげた阪神がそのまま勝つはずだった。しかし、試合途中に発生した思わぬアクシンデントがここで関係したのである。それは渡真利球審が試合途中に病院に運ばれたために、3塁塁審だった井野が球審に変更されたことだった。井野と言えば、渡田と共にジャンパイア(巨人に有利なように判定をねじまげる卑怯な審判のこと)で有名である。

 その威力は11回裏のイ・スンヨプの打席で見事に発揮された。ボールカウント2−1からの4球目、低めいっぱいのストライクに決まったかと思った一球はなぜかボールの判定、その瞬間久保田は天を仰ぎ、命拾いしたイ・スンヨプは安堵の表情を浮かべた。気を取り直して久保田が投げた次の一球を、イ・スンヨプはレフトスタンドにサヨナラホームランしたのである。この瞬間、オレは今シーズンの阪神タイガースの優勝の可能性が99%打ち砕かれたことを確信した。

 今年の阪神は弱い。広島、横浜、ヤクルトといった弱小チームにしか勝てないのである。巨人、中日にはまだ一つも勝ててないのだ。ウィリアムスが故障のせいで来日が遅れており、その代役の能見は投げるたびに打たれてすでに3敗もしている。金本、今岡は極度の打撃不振に陥っているが主力選手だけにスタメン落ちさせるわけにもいかない。鳥谷は入団一年目の全然打てなかった頃に戻ったような状態である。こんなことではとうてい優勝できないのである。優勝どころかAクラスも危ういのである。セリーグははっきりと2強4弱の様相を呈してきたのだ。

 このままでは阪神が日本一になれる可能性は限りなくゼロに近い。悪いのは選手だけではない。監督もまた敗戦には大いに責任がある。巨人など勝つためにはとことんどん欲で、4番のイ・スンヨプにまでバントをさせるのである。せっかく走者が居ても阪神の打者はたいてい併殺打ばかりであることと比較すれば、いかに巨人軍が効率よくここまでの試合を勝ち抜いてきたかがわかるだろう。オレは今シーズンの阪神に期待するのはやめた。もう今季はあきらめて来季を期待しようと思っているんだぜ。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた転落しました・・・m(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月22日(土) 絶景だぜ!仁徳天皇陵を見下ろすマンション        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 この春から政令指定都市となった大阪府堺市、そのシンボルといえばやはり、クフ王のピラミッド、秦の始皇帝陵と並ぶ世界3大陵墓の1つである仁徳天皇陵である。全長約485m、前方部の高さ約35m、後円部の高さ約33m、外周約2.7キロ及ぶ日本最大の前方後円墳である。建造されたのは5世紀中ごろと見られ、現在は宮内庁に仁徳天皇の陵墓として管理されている。世界遺産に登録されていないのが不思議なくらいである。周辺には大阪府立大学の大仙キャンパスと閑静な住宅街があり、北西側にラブホテル街があることを除けばきわめて良好な住環境と言えるだろう。

 その仁徳天皇陵の北西1キロのところにある南海堺東駅東側の車庫跡地1.4ヘクタールの土地に、高さ148m、42階建てと15階建ての2棟で500戸の高層マンションが南海電鉄によって計画されてるという。わずか1キロの距離なのでマンションの最上階からは仁徳天皇陵の全景が見下ろせるのである。これはマンションを販売する側にとって最大の売りである。東京で「皇居を見下ろす畏れ多いマンション」「双眼鏡で覗けば皇室一家の私生活もバッチリ」を売りにしてるマンションがあるのかどうかは寡聞にして知らないが、少なくとも眺めというのはマンションの価値にとって重要な要素であることは間違いない。もしも窓から女子校のプールが丸見えのマンションが有れば変態さんでいっぱいになるだろう。

 さて、この南海電鉄のマンション計画は堺市も承認している。市にしてみれば固定資産税も入って来るし、そんなマンションを購入して移住してくるのはたぶん収入の多い人たちで、地方税の増収にもつながるというわけである。人口が増えれば街の活性化にもつながる。ところが周辺住民は猛反発である。そんなマンションがあれば世界遺産登録に支障が出るという理由である。

 地元住民で建設に反対する上村雄彦・大阪府立大名誉教授は「明らかに景観を破壊しており、建設を中止しなければ世界遺産登録はありえない」と指摘しているそうである。ドイツでは世界文化遺産のケルン大聖堂の周辺で高層ビル開発の計画が持ち上がった際、大聖堂を危機遺産に登録し、計画をストップさせたという実例があるらしい。一部の住民からは「堺市のシンボルを見下ろす人たちがいるのはいい気分ではない」という声もあがっている。20年前に堺商工会議所が、天皇陵近くに展望タワーの建設を提案して猛反対にあって立ち消えになったという事件もあったらしい。

 周辺住民らは建設中止を求める要望書を市に提出する予定だが、市建築都市局は「古墳の周囲には低いながらもすでに家やマンションが建っている。現場に高さ制限はなく、建築基準法をクリアしていれば問題ない。」とコメントしている。

 オレは周辺住民のこの訴えに大きな違和感を感じている。それは、仁徳天皇陵の北西側に接した地域にあるラブホテル街の存在である。1キロ離れた場所の高層マンションと、隣接するホテル街、どちらが畏れ多いかと言われれば明らかに後者だろう。それには何も抗議しないで、というかホテル街はもう30年以上も前からそこに存在するのである。オレが小学生の頃にその前をクルマで通過したとき、すでにそのホテル街は存在したのである。天皇陵のすぐお隣という畏れ多い場所で、真っ昼間から不埒な行為に耽る男女が存在することは全くもって許せないのである。戦前なら不敬罪で死刑になったかも知れないのである。

 そんな大きな問題には目をつぶって、はるか1キロ先から見下されることを問題視する周辺住民の感覚はオレには全く理解できないのである。オレが周辺住民なら真っ先にラブホテル排除運動をしただろう。そんな矛盾を感じてしまうこのマンション計画、いったいどうなるのだろうか。そしてオレの記憶では仁徳天皇陵の北北東1.5キロのところにはベルマージュ堺という駅前再開発で建った42階建ての高層マンションがすでにあったと思うのだ。そっちはどうだったんだ?すでにマンションはしっかり建っているじゃないか。なんでそのときに絶対阻止しなかったんだとオレは不思議に思うのである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた転落しました・・・m(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月21日(金) 小学校での英語教育は不要である        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはこの日記で教育については語らないことをひとつのルールにしてきた。それはオレの職業が教師だからだ。少なくともここではただの暴言野郎としてのスタンスを貫き、教師としての立場で語らないというルールを自分に課していた。だから教育ネタは封印していたのだ。(もっとも、書こうと思えば教育ネタはいくらでも書けるのだが、その内容は現在の教育システムについての批判めいたものになってしまうのだが)

 しかし、小学校での英語教育を必修化しようという動きだけは断じて阻止しないといけない。だからあえてここで触れることにしたい。そんな馬鹿なことはやめてくれと。そんなことをすれば、今でも十分にお馬鹿な小学生が多いのに、さらに馬鹿を増やすことになってしまうじゃないかと。

 今、日本では中学・高校と6年間英語を学ぶことになっている。6年間も勉強するのである。かなり十分な量である。それだけ勉強したから、オレはハリー・ポッターもディケンズも翻訳なしで読めるし、もちろん英字新聞も読めるし、洋画を字幕なしで理解できる。ヨーロッパを丸一ヶ月間も一人旅したが全然問題なかった。もちろんオレの場合は学校での英語学習以外に受験勉強という名の過酷な英語学習を高校2年から3年にかけての2年間、ほぼ毎日2〜3時間やった。一人旅の直前は半年くらいNHKのラジオやテレビの英会話の講座を録音や録画してのべつまくなしに聴きまくった。旅を終え、丸一ヶ月日本語を使わない生活から帰国したオレは、妹の話では寝言も英語だったそうである。とにかく、それくらい時間をかけて本気でやればちゃんとできるようになるのである。

 英語が出来ないのを学校のせいにしたり教師のせいにしたり日本の教育システムのせいにしたりするのは、たいていろくに勉強もしなかったくせに英語が出来ないとほざいている馬鹿どもである。そういう馬鹿に限って「どうやったら英単語をたくさん覚えられるのですか?」と質問してくる。「おまえのような馬鹿には無理だ」と言いたいところだが、とりあえず「そんなくだらないことを問うヒマが有れば一個でも余分に覚えろ」と言いたい。とにかく、現行制度でも十分に英語を学ぶ仕組みは用意されてるのに、それを活かせていないだけなのだ。そういう馬鹿に合わせる必要はないのである。

 小学生の頃というのは、母語である日本語の知識がまだ不十分だ。そんな大切な時期に国語教育に悪影響の出るような英会話学習など全く不要である。もっと国語や算数の時間を増やすべきである。ろくに字も知らないし書けない若者が増えてることの方が問題だ。母語というのは思考のベースになることばである。いくら英語に堪能な学者であっても日本に生まれた日本人ならおそらく日本語で考えてるはずだ。ところがその思考のベースとなる言語の理解が不十分なままだったらどうするのだ。

 英語教育の専門でもない小学校の教員に中途半端なまま英語の授業を担当させるのもむちゃだ。オレは中学の時におかしな英語教師に習ってひどい目にあったことを思い出す。「英単語は手で覚えるんです!」と言って新しく出てきた単語をノートに20回ずつ書かせるのである。「map」という単語をオレは一回しか書かなかった。そんなやさしい単語、一目で覚えられるのである。ところがオレは、ちゃんと宿題をやらなかったからと罰を与えられたのである。「なんで20回も書かないといけないのですか?時間と労力の無駄です。たいていの単語は一回見ただけで覚えます!」と文句を言うと「単語は手で覚えるんです!」と言われた。おまえの脳は手に付いてるのかとそのときオレは思ったぜ。

 中高6年間も英語の勉強をしているのに。ほとんどの者がそれだけかけた時間に見合った成果をあげていないのは事実だ。それを3年早めて9年間にしたことで劇的に変わるとはオレには思えない。むしろ英語嫌いを増やすだけだろう。日本人の英語力の向上は現行の6年間の英語教育の質を高めることで対処可能なはずである。もしもこれまでの英語教育が間違っていたのなら、日本人のビジネスマンが世界で活躍することなど不可能だったはずである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた転落しました・・・m(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月20日(木) 「toto」ってまだあったのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 こだわりの店のページに食いしん坊BBSを設置しました。実際に行った人の報告をお待ちしています。 



数年前に鳴り物入りで始まった、スポーツ振興くじ(サッカーくじ、toto)、その後あまりウワサを聴かなかったのだが、まだしぶとく存在していたのである。オレはスポーツといえば野球にしか興味がないので、知らなかったのはオレだけかも知れないのだが。そのtotoだが、年間2000億円の売り上げを目論んで始めたのに年々売り上げは減少していき、2005年度の売上高も149億円しかなかったのだ。もう完全に多くの人々から忘れ去られていたのである。

 売り上げが減少した結果、さまざまなところに破綻が生じてきたのだが、その最たる部分がりそな銀行に払わないといけない販売委託手数料だったのである。なんとこのうち144億円分が未払いとなっていて、りそな銀行側はその支払いを求める最終督促状を送付したらしい。そんな大金、はっきり言って払えないのである。というか、販売手数料にそんなにぼったくるのなら、払戻金なんてほとんど残らないのである。なんて期待値の低いギャンブルなんだ。

 オレは株式投資以外のギャンブルはやらないのだが、それはバクチの胴元がピンハネする金額が大きいからである。このサッカーくじもどう考えても中間搾取がひどすぎる。人気が無くなった原因はそこにあるのではないか。ギャンブルのテラ銭は最低限に抑えるべきであり、その率が高ければ高いほどギャンブルというものは魅力を無くすのである。その上当たる確率は宝くじ並みに低いわけで、そんなものに魅力を感じないのが普通のギャンブラーである。投票金額を100円単位にまで下げたのに、小中学生には買えないというのも矛盾する。そこまで下げるのなら少年ファンの拡大のためにも子供にも小遣いで投票できるチャンスを与えるべきだし、宝くじ自体が子供の購入を規制しているわけでもないだろう。

 さて、144億円を踏み倒されたことになっているりそな銀行は、5月中旬までに具体的な返済計画が示されなければ提訴に踏み切る方針だという。2001年3月に販売が始まったtotoは、くじの販売や払い戻し業務を昨年度まではりそな銀行が一括して受託してきた。契約では、振興センターは販売のためのコンピューターシステムの整備費や業務委託手数料として、毎年約180億円をりそな銀行に支払うことになっていた。年間2000億円の売り上げが達成できていれば何にも問題なかったのである。ところが売り上げは目標到達どころか激減していった。この委託手数料の金額は、totoの売り上げに応じて変化するという契約にはなっていなかったようだ。そのため売り上げが落ち込んでも同じように委託手数料を支払うことになり、ついには全く払えなくなったのである。

 2003〜2004年分の未払い金は224億円だが、りそな側は一部の支払いを免除した上でそのうちの144億円の返済を求めてきたのである。どう考えてもこの手数料、ぼったくりすぎじゃないのか?委託手数料を年間180億円払わないといけないのに売り上げが149億円!これじゃあ払い戻すための金額が残っていないじゃないか。そんなひどい契約を結んだ馬鹿はいったい誰なのか、オレはそれが気になるのである。この金額の穴埋めにはいったいどのゼニを使うのか。国が税金で補填するのか。サッカーファンがみんなで寄付して補填するのか。

 サッカーに全く興味がないオレにとってはどうでもいいことだが、こんなに多くの試合の結果を予想して的中しないと払戻金がもらえないという仕組みの複雑さがこのような事態を招いたのである。この際投票は一試合ごとにして、投票券はその試合を開催してるスタジアムで売ればいい。たらどうだ。そうすればスタンドに陣取った観客は「ひいきチームに対する声援+ゼニをもうけたいという欲望」から必死で応援するだろう。もはや建て直しが不可能になってしまったtotoだが、オレにすべて任せてくれればいつでもギャンブルの王様にしてやるのだがなあ。どうせ馬鹿どもがいつまでたっても解決できないまま事態をどんどん悪化させていくのだろう。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた転落しました・・・m(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月19日(水) アイフルよ、あんたは悪くない!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 金貸しが借金を取り立ててどこが悪いのか。貸した金を取り立てなければ戻って来ないじゃないか。乱暴な言葉で違法な取り立てをしていたということでアイフルは全国で営業停止などの処分を受けたのだが、オレはどうも納得がいかないのである。確かにアイフルの企業活動の中には多少の脱法行為も存在しただろう。しかし、金貸しとはもともとそういうものではないのか。それがチワワのCMとかで間違ったイメージが先行し、その実態が隠蔽されていただけではないのか。

 サラ金でゼニを借りる人間の大部分はどうせろくでもない連中なのである。まっとうに働いて、自分の収入に見合った生活をしていれば生涯無縁の場所である。そんなところで借りることになるのはパチンコでボロ負けして生活費がなくなったり、借金をして分不相応な高価な買い物をしてしまったりするからだ。高齢者や生活保護を受けている人がサラ金を利用するのもオレには納得がいかない。働けないような年齢になったときにゼニがないというのは、自分のそれまでの人生設計の失敗ではないのか。若いときにしっかりとゼニを貯めて年金を掛けて、老人になって働けなくなったときに困らないようにするのがまっとうな人間の最低限の義務である。そんな最低限の義務も果たさずに老人になってしまったのは自己責任である。

 しかも、そういう人間の家族はたいてい親の面倒も見てくれないろくでなしの場合が多い。年金も払わないヤツの息子や娘はたいていろくでもないヤツである。親がろくでなしだから子もろくでなしになるのであって、ただの順送りの現象である。認知症の老人にまでゼニを貸したと問題視されてるが、実際は家族が借りたパチンコ代を、認知症の親の借金として押しつけたのかも知れないのである。借りてる方がすべて本当のことを語ってるとは限らないのである。借りる時点ですでにまっとうな生活から足を踏み外してるのだ。

 60になったとき、70になったときの自分のことを考えて人は若いときから人生設計をしておかないといけないのである。ゼニを貯め、子供を作り、友人を増やし、いざというときに頼りになるご近所さんを築くこと。そんな普段からの努力が老いてからの生活を豊かにするのである。いざという時に黙ってゼニをぽんと出してくれる親兄弟や知人がいれば、わざわざサラ金で借りる必要はないのだ。そういう努力のできなかった人間というのはおそらくどこかに欠陥のある人間である。そんな困ったチャンを差別せずに高利だがゼニを貸してくれる有りがたい存在が消費者金融サマなのである。

 金利が高いのは、踏み倒されるリスクが通常の融資と比べて高いからである。サラ金でゼニを借りるヤツの中にはすでに多重債務に陥っていて破産寸前の者も多い。破産してしまえばもう取り立てることが出来なくなる。もう怖い者なしだ。無計画にじゃんじゃん買いまくって、借金しまくって、払えなくなったら弁護士を頼んで「すいません、破産お願いします!」という計画的犯行のヤツもいるんだ。そんなクソ野郎にも貸してくれるのである。こんなにリスクを背負いながらも大切なゼニを貸してくれるわけで、少なくとも消費者金融はもっと感謝されてもいいはずで、ここまで一方的な批判を受けるのはどこかまちがってるような気がするのだ。

 もちろん、サラ金を利用する人のすべてがろくでなしだとは思わない。突然の病気とかリストラとか、止むに止まれぬ事情で借りてその結果返せなくなった人も存在するだろう。そして、きちっと返そうとする善良な市民だからこそさまざまな卑怯な方法で彼らを陥穽に落とし込もうとする悪質なサラ金業者もいる。そんな連中が処罰されることにオレは異論はない。しかし、サラ金利用者全体の中ではそうした善良な市民よりも、ちゃんと返さない悪質な債務者の割合の方が圧倒的に多いような気がするのだ。「サラ金=悪」という決めつけに対してオレは疑問を感じるのである。

 もしもそんなクソ野郎、いや悪質債務者に対して「恐れ入りますが、ほんの少しでよろしいので返済していただけないでしょうか」なんて懇願しても「じゃかましい、無いモノは無いんじゃ!」と開き直られるだけである「てめえ、払わねえとただじゃおかねえぞ」くらいの過激なセリフは必要悪なのである。最近の消費者金融はロードサイド型の駐車場付きの無人店舗が増えた。オレの通勤する経路上にも多数存在する。そんなにたくさんあるということは、利用者がそれだけ多いと言うことだ。しかし、オレの回りにはそんなところを利用してる人は誰もいない。いったい誰が利用してるのだろう。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた転落しました・・・m(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月18日(火) こらサイバラ、大阪を馬鹿にするな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

「大阪ってさあ、水と空気が日本一まずいじゃないですか」
「体壊さないようにね、水道水、飲んじゃだめよ」


 これは漫画家の西原理恵子が2月4日放送のNHKの番組内で語った言葉だそうだ。その水道水を毎日腹もこわさずに飲んでるオレは、大阪のことをとことん馬鹿にしたこの発言に対してとても腹が立ったのである。きわめて不愉快である。オレは自分が受けた精神的ダメージ、それによって発生したPTSDに対する損害賠償をこの漫画家から請求したいくらいだ。

 オレと同じように怒った一部の大阪府会議員は、大阪府水道部の協力を得て、高度処理水を詰めたアルミボトル24本を西原理恵子のところにわざわざ送り付けたのだという。「どうだ、これでもまだ不味いというのか!」という抗議の意思表示である。オレは大阪府民としてそんな馬鹿馬鹿しい税金の使い方の方にも腹が立つのだが。

 さて、西原理恵子本人は3月、「本当に水がおいしくなったのかどうか」を確かめるためにわざわざNHKの取材陣と一緒に守口市の庭窪浄水場を訪れたという。そこで市販のミネラルウォーターと大阪府の高度処理水を飲み比べて、処理水の方をミネラルウォーターと勘違いしたそうである。「すいません」と彼女は潔く完敗を認めたとか。

 水道局の職員に対する謝罪は確かにそれで終了したかも知れない。しかし、大阪に住む人間の一人として少なくともオレはまだ気持ちがおさまったわけではない。確かに大阪の水は昔は不味かった。1989年頃がもっとも大阪の水がまずかった時代だ。まともな家庭はみんな蛇口に浄水器をつけていたような気がする。この恥ずかしい評判を払拭すべく、大阪府は1994年、大阪市1998年から高度浄水処理を開始したのである。それに掛かった費用は大阪市が750億円、大阪府が990億円だという。今は大阪府下の家庭に供給されている水はすべてオゾンや活性炭で処理された高度処理水なのである。その水でオレは紅茶やコーヒーを入れ、うどんを作り、飯を炊いているのだ。ただその美味しい水も、マンションや学校の場合はいったん貯水槽に入れられるため、そこで汚れたりする可能性がある。

 それにしても水の味というのは不思議だ。そのままストレートで飲んでも分からない違いが、お茶にしたり紅茶をわかしたりするとはっきりと現れるのだ。平安時代の貴族は、「利き酒」ではなく、お茶を飲みながらその水がどこの川の水なのか、どのわき水のものなのかを的中させる「利き水」をしたという。もしも単純に水だけを比較するのならそんな微妙な違いを判断するのはかなり困難だったはずだ。そう考えると人間の味覚や嗅覚は本当に不思議なのである。ちなみにオレの一番好きな水は、大学サイクリング部時代によく飲んだ琵琶湖の白髪神社の境内にあった冷たい湧き水だ。夏のクソ暑いときにそこでありついたあの水の冷たさは今でも忘れないぜ。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10ありがとうございますm(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月17日(月) ホテル・ルワンダ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 初めてお読みになる方は、言いたい放題ベストのところから題名を見て過去日記をお選びください。


 WEB上ではかなり話題になっていた映画だったが、なかなか見に行く機会がなかった。たまたま日曜日に用事が入っていなかったので見に行くことにしたのである。大阪でまだ上映していたのは高槻松竹セントラル、高槻センター街という商店街の中の小さな劇場である。はじめて出かけた映画館だった。

 多くの方がこの映画についてブログで取り上げたりしているので、観たことのない人でもどんな作品なのかは聞いたことがある人が多いと思う。1994年にルワンダで発生した民族間の諍いに端を発した大量虐殺を描いている。ネタバレになるから映画そのものの内容やストーリーについて触れることは避けるが、映画を観たオレの印象としては、なぜこれだけのすぐれた作品が日本ではもともと公開予定がなかったのかという謎である。署名運動の結果やっと上映されることとなり、やがて少しずつ話題となって上映館が増えたのだが。アメリカでは2300館で拡大公開されたという。それを思えば日本での取り上げられ方はあまりにも小さかったような気がする。

 最初から最後まで息詰まる展開で時間の経つのがとても早く感じられ、見終わった時、不覚にもオレは安堵の涙がこぼれた。そこまで深くこの作品の主人公に感情移入していたからだろう。わずか100日間で100万人の人が殺された事件、しかもその殺され方は大量破壊兵器によるものではなく、ナタのような刃物で一人一人惨殺されたというこの怖ろしい状況を思うとき、人間のちっぽけな理性なんてものがいかに不安定で信頼できないものであるかがよくわかる。その虐殺行為に加担したのは昨日までの隣人なのだから。たった一つこの作品の中で救いがあるとしたら、それは子供たちがむじゃきに遊ぶその姿だったかも知れない。

 ルワンダの悲劇は本来その地で平和を監視しないといけないはずの国連や各国の軍隊が撤退した後に拡大した。オレは自衛隊の海外派兵には反対の立場なんだが、あの悲劇的状況にあったルワンダに派遣するということなら迷わず賛成しただろう。まさに「人道的援助」の名にふさわしいからだ。その危険たるやイラクの比ではないのだが。

 「ホテル・ルワンダ」の公式サイトには歴史的背景について簡潔にまとめられたページもあり、民族対立が植民地支配の中で人為的に作り出されたものであることがわかる。この作品は恋人同士で見に行くには全くふさわしくない映画である。見終わった後で映画の感想を話す気になんかなれないだろう。そのあまりの悲劇が実話であったという衝撃に言葉を失うからだ。だから見るときは一人で見て欲しい。狭いテレビの画面で鑑賞するのではなく、まだ上映が続いている間に映画館でしっかり観て欲しい。(ちなみにオレが観た高槻松竹セントラルでは5/5まで上映するようである。)ここで描かれた事実について知ることは、21世紀を生きるすべての人々にとっての義務であるような気がしてならないのである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10ありがとうございますm(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月16日(日) 恩師の思い出(S先生に捧ぐ〜)        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 大阪市内に宰相山公園というところがあって、その西に軍人墓地と呼ばれる一角が広がっている。小さな墓石が一面に広がっていて、桜がたくさん植えてある。奥まったところに一本の桜の古木があって、満開の頃には近所の人がその下にゴザをひいてお花見をしていたりする。「この雨でもう散ってしまうかな・・・」とオレは帰り道にクルマを石段の下に駐めて、傘を差して誰もいない墓地の中を歩いてみた。

 地面には花びらがびっしりと敷き詰められたように落ちていて、その上を歩くのが少しためらわれた。自分が踏むと花びらが泥まみれになってしまうからだ。しばらくその景色の中でぼんやりと突っ立っていて、それからなんとなくオレは30年近く前のことを思い出していた。なぜ自分はここにいるのか。自分はどうして教師という職業になったのか。そんなことをぼんやりと考えていたのだ。

 オレは高校1年生の時、英語が全く出来なかった。正確には英語だけではなくて数学もできなかったし生物も苦手だった。かろうじて地理と漢文だけができた。英語の劣等生ぶりはすさまじくて、クラス最低点だったこともある。なぜそんなことになったのかというと全然予習しなかったからで、中学までの自分が全然予習なしで授業についていけたからとたかをくくっていたのである。教科書を2学期の半ばに終わってしまうような超ハイスピードの進学校の英語の授業についていくということの意味がわかってなかったのだ。

 結局オレは一年間を劣等生のままで終えた。本好きのオレは図書館に入り浸って小説ばかり読み、さまざまな特権を享受すべく図書委員となっていたのだが、もちろんそれは他の図書委員の女の子がかわいかったことも不純な一つの理由であり、結果として図書館長だったS先生のお世話になることとなった。S先生はオレが全然英語ができないことを伝え聞いていたのか、なんと春休みに英語の補習をしてくださることとなった。やる気のある図書委員のメンバーを集めて、英文解釈の問題を毎日解かせるのである。劣等生の私にとって毎日かなりの予習をしないといけないのは大変なことだった。その補習はほとんど春休みの間中、ずっと続いた。

 今思えばどうしてS先生はそこまで自分の休みをつぶして付き合ってくださったのだろうかと思う。ちなみにS先生は国語教師である。「ちゃんと予習して来ないと英語の授業を受けていても意味がない」そんな当たり前のことをオレはそこで知った。それ以降、オレは徹底的に予習するようになった。最初はたった50分のための予習に3時間も4時間も掛かった。一日の勉強時間は6時間くらいになった。夏が過ぎ、いつのまにかオレは、自分が劣等生じゃなくなってることに気が付いた。一年後のオレは胸を張って「京大を受験する」と言えるような成績になった。

 京都大学に合格したオレは母校に報告の電話を入れた時、担任ではなくS先生を呼んでもらって「合格しました」と報告した。大学生になってからもオレは何度か母校を訪問してはS先生に会いに行った。そのたびにS先生は学校の食堂でオレに昼飯を食わせてくれたのである。どういう理由からかはわからないが、S先生はオレに「おまえは教師になどなるつもりはないと思うが、なるんだったら国語教師になれ。」と言ってくださった。日本史を専攻していたオレが、母校で国語の教育実習をしたのはそういう理由からである。もちろん指導してくださったのはS先生だった。

 大阪府の教員採用試験を受け、合格したオレは大学卒業と同時にある府立高校の教壇に立つこととなった。そうしていつかは母校の教壇に立つ日を夢見ていたのだが、オレが教師になって10年目の秋、S先生は突然お亡くなりになった。ガンの手術をして入院した後、一度は教壇に復帰したのだが、それも束の間のことだったという。退院と聞いてオレは安心していたのだが、予想以上に悪かったのだった。

「やりたいことがあったらどんどんやらないと、いつのまにか老いさらばえて余命幾ばくもなくなってしまうんですよ」

 オレにそう言ったS先生は、若い時にはどんな夢を持っていたのだろうか。オレはS先生が亡くなってからいくつもの長い文章を書いた。小説も書いた。しかしオレがこうして書くことの楽しみを知っているのは、あの劣等生時代にS先生に出会えたからではないのか。当時英語も数学も全然出来なかったオレが、中国の歴史オタクだったので漢文だけは完璧だったことにS先生はちゃんと気づいていたはずだ。だからこそS先生はオレに国語教師を薦めたのじゃないのか。

 オレは自分が受けた数々の恩を少しも返せなかったことをとても残念に思っている。人生にはいろんな出会いがある。「もしもこの人に出会わなかったら今の自分は存在しない」という出会いがあるとしたら、それはオレにとってこのS先生との出会いである。春はいろんなことを思い出させてくれる。S先生、あなたはオレにとって最高の師でした。オレにこんなすばらしい職業を与えてくれてありがとうございました。あなたがどんなにすばらしい教師であったか、オレはずっと忘れません。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10ありがとうございますm(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月15日(土) 牛乳かかった詐欺にご注意!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 近畿や関東地方の運送会社に対し、タクシー運転手を名乗る男から電話がかかってきて「おたくの配送トラックが落ちていた牛乳パックを踏み、中身が客の服にかかった。客の携帯に電話してほしい」と要求し、その番号に連絡すると別の男が弁償金を銀行口座に振り込むよう請求する事件が、今年に入ってなんと70件も相次い発生していることがわかった。明らかな新種の振り込め詐欺である。

 そして、こんな怪しい電話に対して、ちゃんとゼニを振り込む人間が多いことにもオレはあきれるのである。このほとんどはタクシー運転手の名前が同じということから、大阪府警や警視庁などは、同一グループによる新手の「振り込め詐欺」事件とみて捜査している。日本もいつの間にかこんなに国際化が進んでいたのだ。ぶつかってきた後で、割れたワインのボトルを見せてゼニを騙し取ろうとする当たり屋と同じことを、「振り込め詐欺」という日本特有の犯罪の手法で成功させてきたのである。なんてお見事なヤツらなんだ。オレはこのアイデアの巧みさにまず驚いてしまうのである。

 配送トラックが牛乳パックを踏んだかどうかまでこまかく管理している運送会社は存在しない。だからその言いがかりが真実かどうかを検証するのはきわめて困難なのだ。そこにうまくつけこんで、運送会社側の「たぶん日本のどこかで迷惑行為はしてるのだろう」「できれば客とはトラブルを起こしたくない」といういう意識も利用して、たぶん訴えられないと思われる上限のゼニを要求したのである。

 運送会社が被害にあったと主張する客の携帯にかけてみると、暴力団組員を名乗る男から「名古屋へ組の葬儀に行く途中だった。代わりの礼服を借りたのでリース代金を払え」と、6万3000円を要求された。同社は「大した額ではないし、トラブルは避けたい」と、指定された都銀の口座に振り込んだという。

 その詐欺専用口座はまだ生きてるのだろうか。口座が凍結されるのが遅ければ、その資産の大部分はすでに引き出された後だろう。「全国トラック交通共済協同組合連合会」(東京)によると、この詐欺電話は1月以降になってからかかり始め、3月末で東京、神奈川、京都、大阪など8都府県に広がっているらしい。また、これまでに関東の11社が「被害」の有無を確認しないまま計約70万円を振り込んでしまった。電話をかけてきた男は「タクシー運転手のヤマモト」と名乗っていたという。振り込み詐欺(当時はオレオレ詐欺)という事件が登場したとき、オレは「息子や娘のためなら簡単にゼニを振り込む」親の愚かさを嘆いたのだが、日本のどこにいるかも知れない牛乳をかけられた被害者のためにゼニを支払う運送会社もまたアホ、いやご立派なのである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10ありがとうございますm(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月14日(金) ぐわっ!阪急タイガースにされるのか        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 村上ファンドが約45%保有する阪神電気鉄道株の引受先として、新たに阪急ホールディングス(HD)が浮上しているらしい。なんということだ。もしも買収されれば阪神電鉄は阪急に吸収されてしまい、わが阪神タイガースは阪急タイガースということになってしまうではないか。なんということだ。阪神ファンとしてこの動きは断じて阻止しないといけない。しかし、阪急にとってこれはなかなか美味しい話である。

 阪神電鉄の資産は5314億円(簿価)ということになってるが、この中身は甲子園や阪神百貨店のある梅田の土地をかなり昔の取得価額で計算しているはずである。それをきちっと見積もればおそらく資産は7000億円以上だろう。阪神電鉄株の時価総額は約4200億円だから、この価格で阪神株をすべて買い占めたとしても3000億円近くもうかることになる。村上ファンドが阪神株を大量取得したのもそのことに目を付けたからだ。

 しかし、村上ファンド側の短期間でこの株をゼニに換えるという目論見は外れてしまい、事態は完全に膠着してしまったのである。ここまで巨額となるとどこも阪神株を買うだけの余力はない。そこで浮上してきたのが阪急HDである。関西の私鉄の中では近鉄に次いで大手の阪急だが、その内情は決して安泰ではない。有利子負債は8344億円もあり、これはキャッシュフローからみれば瀕死の状態である。1兆5700億の資産は阪神の3倍だが、株式の時価総額が7446億円と1.8倍しかないのはこの有利子負債の多さを嫌ってのことなのだ。

 阪急HDがもしも阪神電鉄を吸収してしまえば、優良資産が大幅に増えることで財務体質をかなり改善できるのである。村上ファンドから阪神電鉄株を譲り受けるのに必要な金額を、4月13日付朝日新聞の夕刊では2000億円以上と報じていた。通常、株式を取得するためのTOBの価格は時価(4月13日時点で996円)よりも高くする必要があるからだ。しかし、これは間違いである。もしも村上ファンドが阪神株を市場で売却することを発表すれば、おそらく株価は短期間に300円台まで暴落するすだろう。45%もの株を市場で売却することは無理だ。だから阪急は思い切り値切ればいいのである。「だったら市場で売ってください。それを我々は買いますから」と応じればいいのである。市場で売却されて暴落した株を拾えば、2000億どころか700〜800億で買うことができるだろう。

 もちろん村上氏もそんな損はしたくない。値引きのための話し合いに応じるに決まってる。あくまで村上氏が時価を譲らなかったら、空売りを仕掛けて値下がりさせればいいのである。村上氏の阪神株購入平均単価は700円程度と推測される。村上氏は絶対にそれを割って売るわけにはいかないのだが、それよりもほんの少しでも上回るのなら交渉の余地が十分に残っている。それを見越した上で駆け引きすればいいのである。

 阪急と阪神が合併すれば、株式の時価総額1兆円、会社の総資産が2兆円を超える企業が誕生することになる。吸収合併されることで阪神の名は消滅し、存続企業である阪急はチーム名に自社名を冠することになる。球団をオリックスに売却してから10年以上の月日を経て、ついに阪急は球団をその手に取り戻したのである。それもオリックスというお荷物ではなく、日本一の人気球団タイガースをだ。全く気分悪いことだ。そうなるとオレは阪神ファンをやめるしかないのである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10に返り咲きです 投票感謝! m(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月13日(木) NHKをいますぐ解散させよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 4月11日付「レンタカーを返さない人たち」に事実関係の間違いがありましたので、一部を訂正して書き直しました。ごらんになってください。


 NHKとは「日本放送協会」の略である。しかし、昔はこれを「日本白痴化協会」とよく呼んだものである。あまりにも情けないお馬鹿な番組ばかりやっていたからである。今はことばの意味を知らない人が増えてこの略称も通じない。言葉狩りの結果、「白痴」ということばが追放されたからだ。オレが使ってる一太郎のATOKでも「貴社の記者が汽車で帰社した」というどうでもいい文章は一発で変換できるくせに、「はくち」を「白痴」に変換できないので、この言葉を入力するためには「しろ」→「白」と入れた後で「ちじん」→「痴人」と入れて、最後の人をBSキーで消して「白痴」にしないといけないのでむちゃくちゃ面倒なのである。番組に出演してももらえる出演料が安いので「日本薄謝協会」とも呼ばれていたらしい。

 そのNHKが増え続ける受信料不払いに対してついに「支払いの義務化」で対抗しようとしてるらしい。待ってくれ。何か勘違いしていないのか。そもそもあのような偏向した内容のものに対してテレビを持つ者すべてがゼニを払わないといけないなんてむちゃくちゃだろ。

 例えば野球中継だ。松井秀喜がヤンキース入りした時、高いゼニを支払ってなんとヤンキースの試合をNHK総合で放映していたことをオレは覚えている。オレは大リーグには全く興味がない。どこが勝ってどこが負けようがオレにはどうでもいい。ところがオレの払ったゼニがそういうことのために使われるのである。まったくこれは理不尽なことである。

 あの馬鹿馬鹿しい大河ドラマもやめてくれ。むちゃくちゃな時代考証と史実を無視したストーリー展開、人気俳優を長期間拘束するために支払われる高額のギャラ、そんなものは民放に作らせればいいだろう。別にNHKだけがやらなければならないようなものでもない。予算を切りつめて、他局のやらないような教育番組だけにすればいい。いやその教育番組も考えればスカパーやケーブルテレビなどの有料放送でカバーされている。もはやNHKが存在しなければならない」積極的理由などどこにもないのである。

 受信料の徴収も不公平だ。今はクルマにテレビを積んでいて運転しながら見ている困ったドライバーが増えているが、あの車載テレビからはちゃんと受信料は取ってるのか?そこからとらないのは不公平じゃないか。クルマの中にあるテレビからは取らないというルールならば、たとえば家に車輪を付けて移動式住居にしたら払わなくてもいいのか。そのあたりをはっきりさせてもらいたいのである。

 ワンセグとかいう仕組みの携帯電話で見られるテレビも同じだ。あいつらからは徴収しないのか。携帯電話料金に上乗せしたら簡単じゃないか。それとも携帯からは徴収しないというルールがあるのか。だったら26インチの液晶画面を搭載した巨大な携帯電話を作れば、受信料を払わなくてもいいのか。テレビ本体に小さな携帯電話をくっつけて、「これはテレビのように見えますが携帯だから受信料は無料です」という抜け道ができそうだぜ。

 どうしてもゼニを取りたいというのなら、従量制にしてくれ。一日中NHKの番組を見ている年寄りどもと、年に一回紅白だけしかNHKを見ないオレが同じ料金を支払うということはどう考えても不公平だ。見た分だけゼニを払うという仕組みにしてくれ。もしもみんなからどうしても広くゼニを集めるのなら、もっと公平に番組を作ってくれ。受信料を支払うすべての人の希望を満たすような番組作りにしてくれ。今のままならあまりにも偏りすぎだ。

 受信料を負担する人の中にはエッチな人も多い。そういうエッチなおっさん、おばはん、お姉ちゃんたちの希望に応えてアダルト番組も配信しないと不公平じゃないか。レンタルビデオ屋の貸し出し比率に占めるアダルトビデオの割合は30%近くあると聞いたことがある。だったらNHKが放送する映画もその比率に近づけるべきだ。それが「公平な番組作り」ということではないのか。

 そんな努力もせず、一方的に「ゼニを払え」と主張するこの迷惑な組織、もはや百害あって一利なしである。いますぐに解散させて、この理不尽な受信料の徴収システムを廃止すべきである。あるいは民営化して民放にしてしまうのである。CMが入るようになるが、受信料はいらなくなるということだ。視聴率を稼げる番組もあるから番組スポンサーには困らないだろう。従量制か廃止・解散か、そのどちらかでないとオレは納得しないのである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10もう少しで復帰ですm(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月12日(水) くら寿司のネタは偽物か?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはくら寿司がかなり好きである。家の近所の便利なところにあるので月に2、3回は行く。がんがん喰ってもさほど財布が軽くなるわけでもない。オレの好きなオニオンサーモンも喰いまくれるのである。ただ、最近不愉快なのはそのオニオンの切り方がものすごく雑になったことである。いつも客が多くてバイトがてんやわんやしてるので、丁寧に切ってるヒマがないのかも知れないが、そんな細かいところもちゃんとして欲しいのである。オレはくら寿司を応援しているのだ。マグロが凍ったまま出てきても「これだけ混んでいたらしゃあないなあ」とそのシャリシャリした食感をむしろ楽しんでいるのである。

 そのくら寿司をはじめとする100円寿司の店に対して、「週刊女性」が「一皿100円といった回転ずしはすべて高級ネタではなく安い魚を使っている」という衝撃の記事を掲載したことがあった。この記事内容を自分たちの店に対する重大な名誉毀損だととらえた「くらコーポレーション」(堺市)が、その「週刊女性」を発行する「主婦と生活社」を相手取り300万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が4月11日、毎度毎度の馬鹿判決で有名な日本一低レベルの裁判所、大阪地裁であった。

 あいにくその日は馬鹿判決のエース、西川知一郎氏の出番はなかったが、代わりに森宏司裁判長が馬鹿判決を見せてくれたのである。「記事は業者を特定しておらず、原告が代替ネタを使っているとの印象も与えない」(よーするに、100円寿司いうてもぎょうさんおますからあんさんとことは限りまへん。その記事読んだかって別にあんさんとこの店がニセモンのネタつこうてるやなんて誰も思わしまへんやろ。)として請求を棄却したのである。

 オレは、代替ネタ自体は事実だと思っている。関西で他の100円寿司大手と言えば「かっぱ寿司」「あきんど・スシロー」である。今回訴えたのが「くら寿司」だけであったことから考えて、他の2店のどちらかが週刊女性に書いてるようなニセモノを出している可能性が高まったわけだ。

 今回の馬鹿判決の要点は、「例え悪口であっても相手を特定しないで言えばOK」ということである。「すべて高級ネタではなく安い魚を使っている」という「週刊女性」の表現の中の「すべて」という語は全部という意味であり、そういう言い方をされればもちろんその中に「くら寿司」も含まれるというのは、本職が国語教師のオレが断言する。自社を中傷されたとして「くら寿司」が名誉毀損で訴えたのは当然だ。ただ、かっぱ寿司やスシローは何のアクションも示さなかったこともまた事実なのである。おそらく裁判で勝つ自信がなかったのか、その記事を事実と見たからなのだろう。オレのような常識人は他の2社はわざとニセモノを使ってごまかしていた卑怯な連中なのだと考える。

 そして、今回の判決を出した森宏司裁判長は、おそらく比較のために100円寿司チェーン店を食べ比べるなどの「自分の舌で確かめる」ような行動をとったとは考えられない。自分の非常識な狭い考えの中で下した判決だったわけだ。

 オレのこの日記は、大阪地裁の裁判官の皆様にとってはきわめて不愉快な内容である。しかし、少なくとも今回、森宏司裁判長は「例え悪口であっても相手を特定しないで言えばOK」という素晴らしい見解を示しておられる。仮に大阪地裁100円寿司みたいなものだとしよう。「100円寿司はすべて安い魚を使っている」という言い方と「大阪地裁の裁判官はすべて馬鹿」という言い方はどちらも全否定の言い方である。しかしこんな悪口でさえも大阪地裁の森宏司氏は「相手を特定しないで言えばOK」と許してくださるのである。なんで特定したことにならないのか、オレのまともな思考回路では到底理解できないのである。

 数百人のならず者たちに向かって「おまえらみんな馬鹿じゃ」と叫んだ後で、そのうちの一人が「どこが馬鹿やねん?」と食って掛かってきた時に「あんたを特定したわけじゃないんだ」と答える馬鹿が裁判官をしているところ、それが大阪地裁である。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10もう少しで復帰ですm(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月11日(火) レンタカーを返さない人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 DVDを借りたらちゃんと期日までに返しに行くとか、レンタカーを借りたら返すとか、ゼニを借りたら返すとか、そんなことは当たり前だと思っていたがそうでもない人たちがこの世には存在するのである。札幌北署は4月10日、借りたレンタカーを返さずに5か月間にわたってマイカー代わりに使っていた札幌市の無職山本義幸(23歳)、妻の有美(27歳)の二人を横領の疑いで逮捕した。またしても無職の犯罪である。働いていないヤツはろくなもんじゃねえということがまたしても証明されたのである。

 この2人は昨年5月20日、レンタカー会社で乗用車を4日間の契約で借りたまま返却せず、その後も約5か月間にわたって使い続けていたのである。通常の延長料金を払うなら100万円程度の金額になるという。このレンタカーは昨年10月にホテルの駐車場に放置されていて、中にあったカーナビは売り飛ばされてなくなっていた。レンタカー会社は再三返却を求めたが、二人はそれを無視して乗り回していたという。こんな時、警察はお得意の「民事不介入」を主張して「そっちで解決してください」となる。免許証の住所にはもう住んでいないことも多いし、クルマがどこにあるかを突き止めるのさえ一苦労なのである。それにしてもこの借り倒し夫婦は全く救いようのない連中である。ただ、こういう情けない連中は刑務所に入れても意味がない。「タダで飯が食える」と錯覚するだけである。罰の与えようがないのである。

 一方静岡では、レンタカーを家のかわりにしていた男が捕まった。4月7日、富士署は清水町出身の住所不定無職、北村治朗容疑者(43歳)を横領容疑で逮捕した。2月27日に御殿場で乗用車1台を4日間借りる契約を結んだ後、期限が来ても返さずにそのまま1ヶ月以上、代金を払わないまま乗り続けたのである。レンタカー会社の側は必死で回収するための努力をしていた。実家を突き止め家出人として捜索願を出してくれと頼み、寸前まで勤めていた会社を訪問したりしていたのだ。そんな状況でも警察はなかなか動いてくれない。そのクルマの中で生活していて返す意志が全くないこの男が一ヶ月も車中生活を続けられたのはそんな警察の怠慢のせいでもある。

 なぜ、借りたレンタカーを返さなかったのか。「帰る家がないのでクルマで寝ていた」というのがその理由だったらしい。43歳にもなって住所不定無職、いったいこれまでの人生で何をしていたのかと思うが、まっとうな生き方をしてこなかったことは容易に想像がつく。多額の借金があってしかも家がないため、レンタカーで県内各地を巡りながら暮らしていたというのだ。

 一日一日を生き延びるにもゼニがいるはずである。そのゼニをこの男はどうやっていたのだろうかとオレは不思議になる。そしてこういう情けないヤツらが、「生活していけません」と申請すれば簡単に生活保護を受けられる仕組みの存在もオレには納得がいかない。何のために学校に行くのか、何のために高校や大学、専門学校に進み、何のために就職するのか。就職したら自分の人生をどのように設計するのか。そんなことをちゃんと考えずに毎日を無為に過ごしては時間を浪費する。そういう馬鹿が世の中には多すぎて困るのだ。馬鹿が増えると世の中はますます過ごしにくくなる。オレのようなまっとうな人間がどんどん少数派になっていき、世の中が馬鹿天国になってしまうことがオレはたまらなく不愉快である。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10もう少しで復帰ですm(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月10日(月) トッピーにぶつかったのは誰だ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 4月10日夜に一部加筆しています。


 4月9日午後6時頃、屋久島から種子島を経由して鹿児島港に向かう途中の高速船トッピー4が、海面にあった謎の物体に衝突して大破した。この衝撃で乗客103人中93人が負傷しており、重傷者は救助されて巡視艇で病院へ運ばれた。ぶつかった時は高速走行中ではなかったという。80キロで航行中に衝突したと報じてる新聞もある。80キロが高速ではないのならこの船はいったい何キロだせるのだろうか。

 衝撃に驚いた乗客は「座礁した」と110番通報(おそらく携帯からかけたのだろう。海の上で通じるのだろうか)したのだが、現場付近にはそのような浅瀬はない。いったい何にぶつかったのか。オレはいくつかの新聞社のサイトを回ってみたが、アサヒコムだけは「海中生物」という見出しになっていて、他は「クジラ」「クジラのような」という書き方になっていた。オレもたぶんクジラだろうと思うのだが、アサヒコムの見出しの「海中生物」という書き方が妙に気になるのである。もっとも朝刊に掲載されるときには「クジラ」になってるのかも知れないが。

 「海中生物」という書き方をされると、オレは20mくらいのダイオウイカとか、体長10mくらいの巨大マンボウとか、米軍の戦闘機くらいの巨大エイとかを想像してしまうのだ。少なくともエンジンがひとつ使えなくなるほどの衝撃があったわけで、ぶつかったその海中生物の方も無傷とは考えられない。何らかのダメージを被っているはずで、そのダメージで死んでるかも知れないのである。その死体が海に浮かんでいれば、その迷惑な当たり屋の正体がわかることになる。

 海の生き物の側にしてみればその高速船の方がよほどむちゃな存在だろう。何しろそれまで平和でのんびりしていられた海を、騒音と衝撃をまき散らしながら100キロ近い速度で暴走されるのである。迷惑この上ないのである。その迷惑な相手に対して、捨て身の抗議をするために体当たりしてきたということも考えられないこともない。何しろイルカやクジラは殺すのが可哀想なくらいに知能が高いと捕鯨に反対する方々は常々主張しているじゃないか。自己犠牲の特攻精神でぶつかってきた可能性も100%否定することはできないのである。

 しかし、人間の側にも言い分はある。それはクジラが増えすぎてるということだ。どこかの国の捕鯨反対運動の連中のせいで、日本近海のクジラはやたら増えていて、イワシなどの魚を食いまくってるのである。ある程度クジラを捕って調整しないとこのままでは魚が食い尽くされてしまうのである。増えすぎたクジラも十分悪いのである。

 この海中生物がもしも最大のクジラであるシロナガスクジラであった場合、体長30mなら体重はおよそ200トン、いっぽうトッピー4は284トンである。相手がクジラだと仮定すれば小さくても50トンくらい、そんな巨大なものに時速90キロでぶつかってしまえば乗客はそれこそたまったもんじゃない。乗客の半数が負傷したのも納得がいく。考えたらまだまだ海にはどんな危険があるかわからないのである。クジラを見るためにわざわざ小笠原に観光旅行する人もいるわけだが、船が体当たりされたらひとたまりもないということを考えたことはないのだろうか。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10もう少しで復帰ですm(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月09日(日) そんな馬鹿は海に捨ててください        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 春になると馬鹿が増えるのだろうか。コンビニで立ち読みをとがめられたことに腹を立ててチェーンソー片手に店員に襲いかかった70歳のクソジジイが出たというニュースをテレビで見ていたのだが、近所の人が「春になるとよくああやって暴れるんですよ」と語っていたのが印象的だった。春という季節のせいにするのは無責任だが、とにかく事実として「春=変なヤツが暴れる」という図式が成り立つのである。

 とりあえずそんな変なヤツにも人権というものがあるわけで、変と言うだけでいきなり死刑にするわけにもいかない。ただ一般市民の生命財産に著しい迷惑を掛ける変なヤツは、はっきり言って死刑の適用を積極的に行ってもいいとオレは考えている。人権というのはまっとうな市民のためにあると常々思ってるからだ。

 2004年4月28日の深夜、羽田空港にクルマで侵入して滑走路を横切った馬鹿がいた。考えたらそれも春だ。同じことをした馬鹿が今度は神戸空港に出たのである。4月8日午前9時半ごろ、四輪駆動車が旅客ターミナル西側のフェンス2カ所を突き破って空港の敷地内に侵入した。車は駐機用のエプロン内を数分間、スピンターンを繰り返して約200m暴走してから空港管理事務所近くで停車。駆け付けた空港職員が運転していた馬鹿をすぐに取り押さえ、その馬鹿は神戸水上署員によって現行犯逮捕されたのである。空港職員に向かってこの馬鹿は「どう帰ったらええんや」などと話したという。

 この影響で着陸便が上空で一時待機し後続の3便が15分前後遅れた。貧乏性で申し訳ないのだが、オレはついついその一時待機中に消費されたジェット燃料の金額を想像してしまうのである。この馬鹿の名前は吉田善彦(28歳)という。もちろん無職である。

 殺人事件やこういう馬鹿の事件の報道を聞いていつも思うのは、そういう事件を起こした馬鹿がたいてい無職ということである。ニートを差別する気はないが、オレの頭の中には「無職=犯罪者」という図式ができあがっているのである。逆に言えば、犯罪を起こすようなろくでなしであっても、とりあえず何かの仕事を与えておけばいちおう社会に迷惑を掛けずにすむということなのだろうか。江戸時代には無宿者を集めて職業訓練を与えるという仕組みが存在した。社会福祉を充実させるということは、働かないヤツにゼニをただばらまくという意味ではないのだ。ちゃんとニートどもやリストラ中年が働ける仕組みを作らないとダメだ。

 ただ、今回の空港に侵入した馬鹿、もしも滑走路で離着陸中の飛行機に接触でもされたら大惨事になってしまう。そんな危険を考えた時、こんな馬鹿はやっぱり存在そのものが危険なのである。その乗ってきたクルマごと、海中に投げ捨ててくれと思うのである。この馬鹿に対して裁判官はどんな判決をくだすのか。オレが裁判官なら「殺人未遂」を適用して10年くらいは刑務所にぶち込み、ついでに空港や航空会社への賠償を10億円くらい命じてやるぜ。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10もう少しで復帰ですm(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月08日(土) 一澤帆布、お家騒動の結末        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレは2005年12月19日に「キミは一澤帆布のかばんを知ってるか?」という日記を書いた。それから4ヶ月、ついにこの老舗のカバン屋のお家騒動は一つの決着を見ることになったのである。

 新社長に就任した長男・信太郎氏(60歳)によって追い出される形で同社を後にした三男・信三郎氏(57歳)は、元の職人全員を引き連れて新会社「信三郎帆布」を設立した。新ブランドを販売する店舗は4月6日、一澤帆布の斜め向かいにオープンしたのである。一方、職人が一人もいない状況で会社が休業状態となった信太郎氏は、法的手段を検討するとともに、職人を新たに募集するという。一澤帆布が休業状態となってから長きにわたって復活を待ち望んでいた客たちは「信三郎帆布」に殺到した。整理券は3時間待ちとなり、一澤帆布時代の繁忙期の2倍にあたる約3000人が来店したのである。商品がなくて店が開けられない「一澤帆布」の方は入り口が閉まったままの休業状態だった。この日ついに一澤帆布はその歴史を終え、新たな歴史を信三郎帆布が築いていくことが確認されたのである。

 このお家騒動の原因は、突如出現した「第2の遺言状」である。もともと長男の信太郎氏は京都大学を卒業後東海銀行に勤務していて、経営には関心がなかったはずだった。2001年に二人の父である信夫氏が死去。死後4ヶ月経ってから信太郎氏は自分が全株式を相続する内容の「第2の遺言状」を持ってきて会社の継承を主張したのである。信夫氏は1997年12月12日に「第1の遺言状」を作成しており、そこには実質的経営者の信三郎氏と恵美夫人が株式の大半を相続するとある。2通の遺言状の中身が全く相違するわけで、常識で考えれば後から出てきた方がガセである。ところが裁判官にはバカが多く常識がないので、2004年12月最高裁はその第2の遺言状を「偽物とは言いきれない」と認めたのだった。

 兄弟の叔父に当たり、現役職人の恒三郎氏は第2の遺言状に3つの疑問をぶつける。作成日にはすでに要介護状態だったこと。無造作にも便せんにボールペンで書かれてること。名字が「一澤」ではなく「一沢」になっていたことである。オレが裁判官ならそれを聞いて即座に「ガセ!」と判定するだろう。いったいどんなボンクラ裁判官だったのだろうか。頭の中身が見てみたいものである。

 昨年12月の臨時株主総会で信三郎氏が信太郎氏によって社長職を解任されたことに対して、約70の職人やスタッフ全員が反発して出奔した。信太郎氏はなぜこんなことをしたのだろうか。ゼニが欲しかったのならもっと上手に権利の一部を譲渡するように希望すればよかったのである。全部独り占めしようとするからこんなことになるのだ。つまり、全株式を信三郎氏が相続する代わりに信太郎氏には相続遺留分に相当する現金を相続できるとかの形で決着をつければよかったのである。ちゃんと話し合えばよかったのだ。京都大学を出て銀行に勤めながらその程度の知恵もなかったのか。

 オレとしては別に「一澤帆布」が「信三郎帆布」になっても、同じモノを作ってくれているのならそれでいい。大切なのは老舗のブランドの実質が継承されることであり、その名前などは二次的な問題である。職人を失った「一澤帆布」は再起することはおそらく不可能であろうし、食うに困って店を売り飛ばすならそれを買うのは信三郎氏しかいないだろう。それにしても情けない結末である。なまじ財産があるばかりに兄弟がこうやって骨肉の争いをしないといけないのはなんとも恥ずかしいことだ。オレのような庶民には想像もつかないぜ。オレの財産?そんなもの、死ぬまでに全部使い切ってやるぜ。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10もう少しで復帰ですm(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月07日(金) これからのマンガはケータイで読め!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはまだ一度も利用したことがないのだが、携帯電話で漫画を読む「コミックサイト」が人気を集めているらしい。雑誌連載の1話分を読むのにかかる料金が平均40円程度ということや、「店頭では恥ずかしくて少女漫画が買えない」という男や、「好きなマンガだけ読むから雑誌一冊分よりも安い」という人たちに支持されているという。確かに納得できる理由である。

 マンガ雑誌を読んでいてもつまらないものが増えた。「スペリオール」の中で読みたくなるマンガは今は「あずみ」しかない。「モーニング」では島耕作しか読まない。ほとんどの作品がはっきり言って面白くないのだ。雑誌に掲載されているマンガの質は確実に低下している。読まずにとばしてしまう大量のマンガに対してゼニを払うよりも、自分の読みたいものだけにその分のゼニを払う方がいいのは当たり前のことである。

 とあるコミックサイトでは「北斗の拳」が2005年8月から毎週5話ずつ更新中で、1話分の料金は60円、ボタンを使ってコマ送りし、横長のコマは自動的に左右に動き、「あたたたた−−っ!!」のセリフと共に携帯のバイブレーターが振動するらしい。

 ためしに業界最大手のNTTソルマーレの主催するサイトに行ってみた。ちゃんと無料で読めるサンプルがあったので開いてみたが、大きなコマはゆっくり動いて全部が表示されるし、かなり読みやすいのである。一ページに複数のコマがある時に比べて、一コマ一コマをかえって丹念に味わって読むことができるという点でじっくり読めるのかも知れない。

 このサイトを開始した2004年は利用者の80%が男だったのが、現在は男女半々だという。配信形式から考えて通勤時の電車の中とかで読まれてるのかと思うとそうではなく、ダウンロードは深夜に集中しているという。家にいるときにわざわざ携帯で読むのである。全くもって不思議なのである。そんなときは別に携帯で読まなくてもいいだろう。

 携帯電話の通話料は各社激しい値下げ競争の中で頭打ちだ。ここから下げることはあっても上がることは絶対にない。そうなると新たな収益源というのは「おさいふケータイ」といったクレジットカード代わりの機能であったり、こうしたコミック配信のような付加料金を必要とするサービスであったりするわけだ。出版者側の関心は最初は低かったそうだが、音楽業界が「着うたフル」などで配信する形でアルバムの中の楽曲の単体売りという生き残りを計ったように、これからのマンガもまたこうしたバラ売りによって生き延びようとするわけである。

 先に紹介した携帯のコミックサイトに並んでいた作品はどれも有名なものばかりだった。一度読んだことがあっても、その話を完全に覚えてるわけではない。もう一度新鮮な気持ちで読みたくなるものもあってオレも会員登録したくなったくらいだぜ。登録されてる作品の中には「サラリーマン金太郎」(本宮ひろ志)、「東京ラブストーリー」(柴門ふみ)、「東京大学物語」(江川達也)などもあった。

 出版社の中には自前でサイトをオープンして顧客の囲い込みをはかるところも出始めている。おそらくこれからは、最初から携帯向けで書かれたマンガが登場するだろう。このような配信方法では1ページの中のコマ割りというものが全く不要になるからである。そうやって新たな文化が創造されるのは面白いかも知れない。ただ、いずれ配信されるマンガの中にはいわゆる「エロマンガ」というものも登場するはずだ。ネットで顧客を増やしているアダルトビデオの宅配業者や、有料で無修正画像を閲覧させてくれるサービスが存在するわけだから、有料でエロマンガを携帯に配信するサービスも当然登場するだろう。

 今でも存在するのかどうかわからないが、オレが学生の時は「エロジュニカ」とか「エロトピア」という粗悪な紙に印刷されたエロマンガ雑誌があって、たまたまオレのアパートの真下にエロマンガの自動販売機があって深夜によく売れていた。そういう猥褻なものも配信されるのだろうか。あるいは一つのコマがやたらでかい「聖マッスル」(ふくしま政美)のようなマニアなものをどうやって携帯で配信するのか。そんなことをオレは考えてしまうのである。そんなこと、オレがいちいち心配するまでもなく、業界の方々はちゃんと名案を出してくるんだろう。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10もう少しで復帰ですm(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月06日(木) 取り返しのつくこと、つかないこと        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 ヤフーで、「通販」「マウス専門店」というキーワードで検索すると、なんと私のマウスヲタクが一番上に表示されることがわかりました。ネットで広く認知されたということでかなり嬉しく受け止めております。新しく発売されたマウスを登録するためにしょっちゅう更新しておりますので、以前にごらんになった方も冷やかしにおいでになってください。他のヲタクSHOP各店にはこの上のアニメジフを利用したリンクから直接行くことができます。なおマウスに関してのこんな記事もあります。




 一昨日、置き引きにあってバッグをなくした。中には預金通帳、メガネケース(空)、古典の参考書、公立学校共済組合の通知書、常備薬などが入っていた。他にも何か入っていたかも知れないが、思い出せないくらいだからどうせたいしたものじゃないはずだ。預金通帳はすぐに銀行に電話してストップしてもらい、再発行の手続きを取った。公立学校共済組合には翌日電話した。生年月日、名前と勤務校を告げると、待機者組合員番号を教えてくれた。まだ20年も先のことだけど、そのときにその番号を共済組合の本部に通知すれば年金は受給できるから、なくした書類を再発行する必要はないとのことだった。メガネケースは安物だし、参考書はまた買えばいい。預金通帳の再発行に1050円とられるのはなんだかもったいなかったが、不注意は自分にあったのだから仕方がない。

 男性のセカンドバッグということで中には現金やクレジットカード類などの金目のものがたんまり詰まっていると思って盗ったヤツにしてみたら実にショボイ成果だったわけだ。どれもゴミにしかならないだろう。その中に二度と手に入れられないような貴重なものが一つもなくてよかったとオレは安堵した。

 人が必然的に手に入れるさまざまな失敗の中には、「取り返しのつくこと」」と「取り返しのつかないこと」がある。カッとなって人を殴り殺してしまったとか、飲酒運転で人をはねてしまったとかは「取り返しのつかないこと」である。それに比べて、株式投資で大損するというのは「取り返しのつくこと」の一つだ。カネなんかまた稼げばいいわけで、その失敗を教訓にして、同じ過ちを繰り返さないように慎重に投資をやればいいだけのことである。

 取り返しのつかないことというのは、復元不可能なことである。様々な罪の中で殺人が最も重い罪であるのは、その被害が回復不能だからである。それ以外のたいていの罪は完全とはいえないがある程度までは回復可能だ。中学や高校の時にろくに勉強しなかったから大学に入れなかったということは、取り返しのつかないことの一つであるとオレは思う。もちろん何歳でも大学受験は可能だ。しかし、きちっとした高校生活を送ってその結果として18歳の時に大学に入学するということを取り戻すことはできない。同じ時間は二度とは体験できないからだ。高校生や中学生の学力低下が甚だしいという。貴重な時間を無為に過ごす連中があまりにも多いからだが、彼らはその失敗が「取り返しのつかないこと」であることに気づいていない。もっとも馬鹿だから気づいていないわけで、その馬鹿という部分は今更どうしようもないわけだが。

 オレは自分の人生の中で「取り返しのつかないこと」は何だろうかと考える。好きだった女にふられたことは決して「取り返しのつかないこと」ではない。ふられるということはやっぱり自分とは縁がなかったということであり、それは自分の失敗ではなくて人生の必然なのである。もしも取り返しのつかないことというのが存在するとしたら、人生の中で出会えた最高の女になんと自分が好かれていたことに気づかずにその女を無視してしまったという状況であり、そんなことはもしかしたらあったのかも知れないが、気づいていないのだからオレにはわからない。

 32歳の時にオレは公務員を辞めた。一般企業の転職と違って、これは後戻りの利かない選択だった。再度公務員に戻ることはかなり困難だから決心が必要だった。そこでオレが手に入れたものと失ったものを比べてみる。手に入れたのはちょっとよくなった待遇と、長い通勤時間。優秀な男子生徒たちとの出会い。なくしたものは女子高生に囲まれた至福の時間。どう考えてもなくしたものの方がはるかに貴重である。オレは人生最高の幸福をそのときに失ったのである。もしオレが死ぬときに「取り返しのつかないこと」をひとつだけ挙げろと言われたら迷わずそのことを答えるだろう。

 数百人の女子高生が存在するということは、いろんな男性の好みが存在するということであり、その中には一人くらいは熱烈な江草ファンとなってバレンタインデーにチョコをくれたり、ラブレターをくれたりする子がいたのである。もちろん聖職者たるもの、道を踏み外すわけにはいかない。しかし、「センセー」とかわいい声で話しかけられると嬉しくてそれだけで「ぐへへへへ」という声が漏れてしまうのである。まだ32歳の若さでその幸せをオレは永遠に失ったのだ。今考えるとこれは取り返しのつかないことであった。

 最初の置き引きの話題に戻るが、オレは3年前に車上荒らしの被害に遭っている。そのときも今回と同じく、預金通帳や参考書、メガネケース(その時は中身が入っていた)などを失った。しかし、不幸中の幸いはそのカバンの中にいつも入れていたパソコンをその日は入れていなかったことだった。もしもパソコンを失ったら、被害の大きさは計り知れない。今回だって、仕事用のカバンじゃなくて遊び用のバッグだった。もしもなくしたのが仕事用のカバンで、その中に試験問題データの入ったUSBフラッシュメモリーなんかが入っていたら、試験問題を一から作り直さないといけないわけでその被害は計り知れない。

 もしもクレジットカードをなくしていたらそれぞれのカード会社に電話しないといけないのだが、そもそもオレは自分の持っているカードの枚数など覚えてない。全部思い出したつもりでも何か忘れてるのがあるかも知れない。買い物をして、会費無料だからと店の人の勧めるままに入会して、送られてきたが一度も使わずにどこかにしまったままというクレジットカードもある。もしも空き巣に入られてそういうものまで盗まれたとしても、実際に被害が出てからでないとわからないのである。もちろん「その使用履歴は身に覚えがない」と主張すれば支払いを免れられるのかも知れないが。

 携帯電話をなくせば、その内部メモリーに記録された多くの人の携帯番号やメルアドをなくすことになる。それを一つづつ復旧しようとしても、相手のメルアドがわからないので連絡の取りようがない。紙の手帖に書くという習慣はもう完全に失われているからである。だからクレジットカードや携帯電話だけは絶対になくしてはならないといつも思っている。病気になっても、ケガをしても、それが回復可能な病気やケガならまだいい。エイズに感染することが「取り返しのつかないこと」であるのは、一度感染したら二度と元には戻れないからだ。それなのに無防備にもコンドームなしで無軌道な性行為を繰り返す馬鹿が多いことにオレは唖然とする。おそらく日本のHIV感染者は公表されている数字の10倍はあるはずだ。中国でも300万人はいるそうだから、日本に30万人いたって不思議ではない。これから更に増えるだろう。

 人生に於いて、取り返しのつくこととつかないこと。この両者の違いをよくわきまえて、例え失敗するにしても回復可能な程度にとどめつつ、できるだけ失敗をしないように賢く生きていくこと。それがよりよく生きるということである。警察で調書を作ってもらいながらそんなことをオレは思ったのである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10をなかなか維持できません(T_T)    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月05日(水) 駐禁取り締まり、民営化にNO!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 6月1日からの駐車違反取り締まりの民間委託に関する問題点が朝日新聞の一面で報道された日、東証一部では駐車場大手のパーク24日本駐車場開発の株が暴騰した。どちらも大きく収益が増加すると見られているからである。実はオレはその両社の株主でもあるのだが、かなり前に安く仕込んで上がるのを待っていたのである。投資はやはり時代の一歩先を読まないと勝てないのである。

 もちろん6月までには時間があるし、実際の収益UPが発表されるのは秋以降だと思うから今からこの両社を買いに入っても十分に間に合うだろう。日本駐車場開発は株主重視策を打ち出しており、利益の8割を株主還元することを発表している。そういう企業の株こそ長期保有して資産株として持ち続ければいいのである。

改正された道路交通法では、駐車監視員が「違法駐車状態の確認作業」にあたる。監視員は駐められた車をデジカメで撮影、端末機で警察に送るとともに、車に違反のステッカー(標章)をはる。その認定は従来と違って、運転手が車を離れていれば、駐車時間の長短にかかわらず「違反」とされるのだ。「監視員によって不公平が生じないようにするため」(警察庁)という。極端な話、コンビニに入るためにクルマを降りれば即違反になるのだ。

 新たに反則金の未払い対策も盛り込まれており、未納が続くと、車検拒否や財産差し押さえもできるという。また駐車監視員は「みなし公務員」で守秘義務を負い、違反を見逃す見返りにわいろを受け取れば収賄罪が適用される。一方、違反者が暴れたりすれば、公務執行妨害に問われることもある。取り締まりが本当に厳しくなることは確実なのである。

 さて、朝日で報道された問題点というのは宅配業者やコンビニの配送車に関して駐車違反の適用の除外規定がないということである。これまで、短時間の駐車を検挙するかどうかは現場の警察官の裁量に任されてきた。ところが民間委託によって現場には警察官がいなくなるのである。「何時何分から何時何分に駐車していました」という民間業者のデジカメで撮影されたデータをもとに警察官が実際の違反の検挙を行うことになる。そうなると日常的に短時間の駐車を繰り返す宅配業者やコンビニの配送車が検挙の対象になってしまうのである。

 いくら警察の取り締まりが理不尽であっても、そんなものまで取り締まることはなかった。しかし、民間委託ならどんなに些細な駐車違反でもガンガン取り締まられる可能性が高い。オレのように日常的にクルマを使ってる人間はちょっとした駐車はよく行っている。コンビニに寄るためであったりたこ焼きを買うためであったり、電話が掛かってきたのでそれに出るためにわざわざクルマを路肩に寄せて駐めてから話したりである。

 ところがこの改正道路交通法が施行された後は、コンビニにも寄れないしたこ焼きも喰えない。どうしても寄りたかったらちゃんと広い駐車場のあるコンビニやタコヤキ屋に行けと言うことになり、かなり立ち寄ることができる店が限定されてしまうのだ。なんとも困った事態である。でもまあオレの場合なら自分の工夫である程度はその危険を回避できるからいい。仕事で毎日駐車しないといけない人たちの場合、それを違反として一律に処理されたらどうなるんだ。政府はそんなこと何も考えていないのである。

 今回の改正では「所有者責任」も強く求められることになっている。レンタカーの場合はレンタカー会社が所有者なのである。そのクルマが駐車違反を起こした場合、反則金の請求は所有者であるレンタカー会社に行くことになる。現在のレンタカー会社には客の反則金を支払う義務はない。ところが「所有者責任」となった場合、レンタカー会社に後日請求が来るのである。いったいどうすればいいのだ。今からでも遅くない。駐車違反の除外規定対象車を厳密な審査で決定し、宅配業者やコンビニ配送を駐車違反取り締まりの対象から除外することを発表して欲しい。これらの業者は6月1日に向けて、自社用に大量の駐車場を確保したりして備えている。さて、あと2ヶ月もないのにどんな決着をつけるのか。オレは興味津々なのである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10ぎりぎりのラインです m(_ _)m    株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月04日(火) 勝手に作るぞ!ETC関所        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレのクルマにETCが装備されてから二ヶ月になる。このおかげでなんて便利になったのかとわざわざ高速道路を選んで走りたくなるほどである。いちいち財布をケツのポケットから取り出してそこから小銭を数えて払わないといけないのは本当に面倒だったのである。クレジットカードを使えるところならいいが、阪神高速では使えなかったので小銭を出すのが面倒だったのだ。

 このETCの料金収受システムがなんと一般に公開されるらしい。つまり、時間貸し駐車場の経営者が料金をETCで徴収するようにできるのだ。システムの導入に掛かる経費が駐車場の利益に比べて大きすぎれば普及はなかなか進まないと思うが、どうせこんなものはどんどん安くなるはずである。そこでオレが心配してしまうのが、関係ない個人が勝手にこのシステムを道路に設置することである。

 例えば私道である自分の家の前に勝手にETCゲートを設置して、そこを通過する車輛から有無を言わせずに料金をぼったくるという方法である。関所みたいなもんだ。もちろんこのような固定式のものならすぐに通過するクルマは気づくだろう。だったら移動式にして走行中のクルマを勝手に通過したことにして料金を奪取するならどうだ。もっと怖ろしいことは、そうして作られた不正なETCゲートが、100万円とかいうとてつもない金額をぼったくるように設定されている場合である。かなり多くのクルマがETCを装備してるわけで、ひっかける獲物には事欠かないのである。絶対にこのような不正を行うヤツが日本のどこかに出るはずだとオレは断言する。どんな精巧な仕組みも、悪意を持って利用しようとする連中の犯罪を100%防ぐことは無理だ。その仕組みの抜け穴を必ず見つけるに決まってるからだ。

 ただこのぼったくり、現行のシステムを運用している側の公団がすでに企んでいるというウワサもある。それは首都高速や阪神高速といった均一料金の高速道路で、距離による加算形式の料金を設定することである。阪神高速の場合、これまで松原JCTから大阪空港までという長い距離でも同じ700円で走れていたのを、距離に比例した料金にして一挙に1800円に値上げしようという陰謀だ。もちろん短い区間も値下げされるわけだが、もともと短い区間なんかみんな利用していなかったのである。阪神高速の場合オレは三宅入り口から平野出口というたった2キロほどで出たことがあるが、それは入った瞬間に大渋滞を知ってあわてて次で降りたという情けない経験の時だけで、普通は「700円もゼニを払うんやからしっかり長い区間乗ってモトを取ろう」と考えるものだ。それが関西人というものである。

 距離に比例する料金にされたらばかばかしく感じてみんな高速道路の使用をやめるだろう。そうなると周辺道路では大変な交通渋滞が間違いなく発生するのである。そのようなぼったくりは断じてやらせてはいけない。今でも十分高い阪神高速の料金をこれ以上上げさせてはならないのである。ETCの便利さの背後に忍び寄るこのような極悪非道の値上げを我々は断じて阻止しないといけない。もちろん卑怯な方法でぼったくりに立ち向かうヤツらも登場するだろう。例えばETCに登録する車検証のデータの改竄である。大型車なのに軽自動車としてデータ入力するヤツが絶対に日本のどこかにいるはずだ。そうして料金を大幅に浮かそうとする卑怯者が絶対に居るはずなのである。ぼったくり対卑怯者の対決。どっちもどっちである。納得して払う気になるようなまともな料金にしてくれ。阪神高速の700円はどう考えても高すぎるのである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10からまたまた落下です(T_T)     株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月03日(月) 国を売った総理、国を守った外交官        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 2004年5月に自殺した在上海日本総領事館の館員(当時46歳)は、中国の情報当局から外交機密などの提供を強要されていたことがその遺書からわかった。中国政府はいつものように「館員自殺と中国当局者はいかなる関係もない」と否定しているが、カラオケ店員として女性を接近させ、籠絡してから情報を聞き出すなど卑怯なことこの上ないやり方である。自殺した館員は、総領事館と外務省本省との間でやり取りされる機密性の高い文書の通信を担当する電信官だった。

 中国情報当局は、まず2003年6月に館員と交際していたカラオケ店の女性を売春容疑で拘束。処罰をせずに釈放し、館員への連絡役に仕立てた。館員は2003年12月以降、女性関係の負い目から当局者との接触を余儀なくされた。接触してきたのは「公安の隊長」を名乗る男性と、通訳の女性の2人だったという。最初は警戒して差し障りのない話しかしなかったのだが、2004年2月20日、自宅に「国家安全省の者」を名乗り、「あなたか総領事、首席領事のいずれかと連絡を取りたい」と要求。携帯電話番号を記し、「〈1〉必ず公衆電話を使う〈2〉金曜か日曜の19時―20時の間に連絡せよ」と指定した文書が届いた。

 国家安全省というのはスパイの監視に当たる部局である。驚いて館員はこの「隊長」に相談。すると約2週間後、「犯人を逮捕した」と返事がきた。実はこの文書自体がでっち上げで、彼を取り込んで強力させるためのワナだったのである。態度を急変させて恫喝に転じた「隊長」は最後には、「今度会うとき持ってこられるものはなんだ」と尋ね、「私たちが興味あるものだ。分かるだろう」と迫った。彼らが要求するもの、それは暗号電文の情報をやりとりする「通信システム」のことである。国を売ることはできないと彼は2004年5月6日未明、総領事館内で自殺した。遺書には「日本を売らない限り私は出国できそうにありませんので、この道を選びました」とあったという。

 一方、橋本龍太郎と言えばスパイだった中国人女性との密会が週刊誌などでも報道されて話題になったが、その女性の出身地である中国の村にODAで20億を超える援助が行われたことをどれほどの人が知ってるのか。女の問題をネタにしてODAをゆすり取る姿勢はヤクザが美人局をやってることと全く変わりない。そして、一国の総理を務めた人間がそれに簡単に屈服してゼニを払って済ませている姿を思うとき、まるで幕末のようじゃないかとオレは感じるのである。あのとき、武士がもはや武士とは言えなくなった時代に最後までサムライらしく戦ったのは、新撰組のようにもともとサムライではなかった人たちだった。

 もっとも下級の身分の武士たちが、鳥羽伏見で己の武士としての誇りと意地をかけて命を捨てて戦ったとき、将軍であった徳川慶喜は船でさっさと江戸へ逃げる準備をしていた。太平洋戦争で多くの若者が特攻隊として国を守るために散華した時、真に戦争責任を背負わないといけない連中の多くは自分の身を守ることしか考えていなかった。一億玉砕なんて馬鹿なことを本気で主張しているクソ野郎もいた。命を賭して国家を守ろうとした一人の領事館員と、中国にゼニをばらまき歯科医師会から1億の賄賂を受け取り、その賄賂の罪を村岡元官房長官になすりつけて平然としている売国奴、橋本龍太郎の両者を比べたとき、オレは何とも言えないやりきれない気分になるのである。

 中国という国家の本質は、1950年代にチベットを武力で侵略し数百万のチベット人を虐殺して寺院を破壊した時と本質的に変わっていない。その国家的犯罪はどこからも裁かれていないのだ。事実を事実として認めないこの国家の体質はあの犯罪国家の北朝鮮と同じレベルなのである。そんな国に対してたった一人で防波堤になろうとした男がいた。自らの過ちから陥った陥穽とはいえ、自分の命で決着をつけた彼はサムライである。一方これからも中国に日本国民のゼニを貢ぎ続ける可能性のクソ野郎、橋本龍太郎がいる。売国奴とはまぎれもなくお前のことである。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10復帰までもう少しです。投票お願いm(_ _)mします。   株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月02日(日) インターネットのせいにするんじゃねえ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 昨日の日記を大幅に修正加筆していますので、まだ確認されていない方はごらんになってください。


 内閣府は4月1日、覚醒剤や麻薬の青少年への影響などに関する「薬物乱用対策に関する世論調査」の結果を発表した。4月1日に発表されるとなんだかウソっぽく感じてしまうのでできれば一日だけでいいから前後にずらして欲しいところである。この調査は今年1月、全国の15歳以上の男女5000人を対象に面接で行われたという。回答率は52・5%ということなので半分しか答えていないわけだ。こんな杜撰な調査では実態と比べてかなりの誤差がある可能性が高いので、話半分に受け取っておけばいい。

 この種の調査は7回目で、今回からインターネット関連の項目を増やしたという。青少年の薬物乱用が増えている理由を複数回答で聞いたところ、「インターネットや携帯電話による密売により入手しやすくなっている」が72%で最も多く、「インターネットなどで簡単に有害情報を入手できる」も47・2%に達し、インターネットの影響を懸念する回答が目立ったという。ちなみに他の増加原因は「繁華街などで薬物が密売されるなど入手しやすい」が69%、「青少年の薬物乱用への認識不足」が53・5%で2番目、3番目に多かったらしい。

 オレはこの結果が全く納得いかないのである。いったいどんな項目があって、その中でこの答えが選ばれたのかわからないのである。もしオレがそのアンケートを作成するならば必ずこんな項目を入れるだろう。

「北朝鮮から大量の薬物が入ってくるから」
「暴力団と警察がなれ合いで本気で取り締まる気がないから」
「芸能人が捕まっても軽い罰で済んでるから」


 おそらく内閣府が作ったアンケートにはそのような項目はなかったはずである。本当にインターネットによる密売で入手しやすいのかどうか、ためしにオレは「覚醒剤 激安 通販」といいうキーワードでヤフーで検索をかけてみたのだが全然見つからないのである。探し方が悪いのだろうか。かといってオレの周りに薬物乱用の人もいないので教えてもらうわけにもいかないのである。どうもオレはこういう「インターネットが悪い」「携帯電話が悪い」という発言は無責任に思えて仕方がない。「どうして人を殺したんだ」=「太陽が黄色かったからです」くらいにしか受け取れないのだ。

 悪いのはそうした道具ではなく、それを悪用する人間の存在である。密売してる連中や覚醒剤を北朝鮮から運び込んでるヤツらが悪いのである。そういえば以前に北朝鮮の工作船を巡視艇が撃沈した事件の時に、その工作船の連中と携帯電話で通話した記録が残っていた日本人の暴力団関係者はその後捕まったのか?大がかりな密輸ルートが存在し、大阪の盛り場では現実に路上で覚醒剤が売られてるにもかかわらず警察はそれを一網打尽にはしない。それを黙認するというなんらかの取引が警察と暴力団の間でなされてるとしかオレには思えないのである。

 薬物乱用を防ぐキャンペーンをやっておきながら「捕まってもこんなに軽い処分で済みますよ!」という現実では話にならない。やはりもっと罰を重くして、芸能人の場合は特に見せしめの意味で処分を重くしてやればどうか。初犯の場合は必ず執行猶予になるのではっきり言って甘すぎる。一度でも捕まれば二度とテレビ番組に出演できないとか、CDを販売できないとか、罰金を10億円払わないとそれらの処分が解除されないとか、地雷の撤去作業に参加したら罪が許されるとか、そんな具体的でわかりやすい罰を与えて欲しいのである。

 軽い気持ちで覚醒剤を試そうとする馬鹿も大勢いるから言っておくが、あんなものに手を出したから人格が破壊されて、無差別大量殺人を行ったりあちらの世界に行ってしまった外道はいくらでもいるんだ。まっとうな人間が絶対に超えてはいけないラインというものがあるのだとオレは言いたいのである。そして、ニセ札造りや覚醒剤の製造を国益にしてるお隣のあの犯罪国家の存在を激しく憎む。それらの犯罪のすべての統括責任者として、あのデブはいますぐ逮捕されるべきだと思っている。何度でも言う。悪いのはインターネットではなく金正日である。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10復帰まであと少しです。投票お願い m(_ _)m !!   株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。

2006年04月01日(土) 作品をテストに使ってどこが悪い!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 内容に不備な点があって誤解を招きましたので、修正加筆して再掲示しています。一度読まれた方も再度読んでくださるようお願い申し上げます。


 児童文学者あまんきみこさんや翻訳家ら計23人がいずれも教材出版社6社を相手取り、「小学校の国語のテストに無断で作品を使われ、著作権を侵害された」として賠償を求めた訴訟で、東京地裁は3月31日、全員の主張を認め、6社に支払いを命じる判決を言い渡した。高部真規子裁判長は「出版社は許諾なく作品を使い、複製権を侵害した」と認定。あまんさんのケースでは約1000万円の賠償が命じられた。

 説明が不十分なので補っておくと、ここでの訴えはたぶん「入試問題」「試験問題」として一度使われた作品が、問題集の中で二次使用されてることに関してだと思われる。オレは問題に切り取った断片など「作品」とは思っていないし、そうやって断片を読んでもらうことで、その作品に興味を持って新たな読者になってくれるのだと思ってるからこういう訴えに対しては「この、わからずや!」と思うだけだ。

 テストの問題に勝手に使われたからと言って文句を言う作家たちがいるとしたらオレは言いたい。「おまえはなんてケツの穴の小さいヤツだ」と。オレは教師として国語の試験問題を作成する立場にある。試験問題を作るときにいちいち作家先生に、「すみません、使わせてもらってよろしいでしょうか?」などお伺いをたてたことは一度もない。村上春樹のファンなので使わせてもらいたいのだが、ほとんど外国で暮らすという村上春樹氏にどうやってコンタクトを取ればいいのか。メアドでも知っていれば別だが。

 国語の試験問題に使うのは少なくともその文章が国語的に何ら問題なく、設問を作るに十分な表現の正確さを持っているからである。実際のところ使えない作家の方がはるかに多い。粗製濫造された若い作家の中には恐ろしい悪文を書くヤツや、国語的に正確でない言い回しを多用する日本語知らずも多いのである。使ってもらえるのは却って名誉なことなのである。オレは自分の書いている暴言コラムの著作権は放棄していないが、国語の試験問題に使ってもらえるのなら喜んで提供するだろう。そんな酔狂な国語教師はどこにもいないと思うが。

 いくら格調高い文章を書いていても、川上宗薫宇能鴻一郎蘭光生などの官能小説家たちの場合は絶対に国語の試験に登場することはない。団鬼六も、SM小説というジャンルのためにまず出ることはない。これが古典文学なら源氏物語のようにきわめて猥褻で風紀を乱すような作品が教科書にも大学入試にも頻出してるわけでオレには全く納得がいかないのである。光源氏は自分の継母と関係を結んでしまうのである。想像するだけでも頭の中がぐちゃぐちゃになってしまうほどインパクトのあるストーリーなのである。なぜ古典ならOKで現代の小説ならダメなのか。

 作品というのは読んでもらってナンボだ。その上でゼニを払うだけの価値があるかどうかを読者が決めるのである。ところが読んでから「はずれだったぜ、ゼニ返せ!」と言いたくなるようなものがかなり多いのである。あまり本を読まない中学生や高校生にとって、文学作品に触れる貴重な場が国語の授業であり、その教材として認知されると言うことはすなわち多くの人に無条件に作品を知ってもらえるという光栄なことなのだ。たとえば中学生のほとんどが「走れメロス」の著者が太宰治であることを知ってるが、これは中学生のほとんどの教科書に「走れメロス」が掲載されているからである。

 もっともその「走れメロス」が果たして団鬼六の作品と比較して、教科書に掲載するのにふさわしいかと訊かれるとオレは肯定する自信がない。それは最後の場面で実はメロスが真っ裸であることが暴露されるからだ。群衆の前に真っ裸で立っている青年の姿を想像することは、多くの女子生徒にとって恥ずかしさの極致である。思わず顔を手で覆って指の間から見てしまう光景なのである。

 教材出版社が作品を使用することで「著作権が侵害された」という訴えを起こした作家たちが得たモノは「使うな」という禁止命令ではなく、使ったことに対する代価だった。オレはそれを聞いて「なんだ、やっぱりゼニが欲しかったのか」とゲスの勘ぐりをしてしまうのである。学校のテストに無断に使うことは著作権法の規定の上でいちおう認められてるので「問題を秘密にする」という最低限のルールは守られてるし、個別の教師に対してゼニを要求するのは困難だからと、とれそうな相手である教材出版会社に対してゼニを要求したのである。あんたたち作家先生方が一部を除いてさほど儲かっていないように、教材出版会社もそんなにもうかっていないんだ。法外な金額の要求にオレはかなりあきれている。

 訴えを起こした馬鹿作家たちはわかっていないと思うが、教材に使われてるということは宣伝してもらってるのと同じことである。宣伝してもらわなかったら知ってもらう機会がない。無料で宣伝してもらって読者を増やす助けをしてくれてるのに、その親切な出版社サマに対して、「ゼニを払え」と理不尽な要求をしてるのである。全くもって無礼な連中である。恩知らずとはこのことである。

 1000万も賠償を分捕ることになったあまんきみこ氏がどんな作品を書いてるのか検索してみると一つ見つかった。読んだ後でオレは激しく脱力した。その理由は言わないが、あまりのすばらしさに感動して力が抜けたとだけ答えておこう。さすが1000万円をもぎとるだけのことはあるぜ。

 こういう不毛の訴訟を起こされないようにするためにも、教科書やテストに使われたくない作家ははっきりと「使うな」と宣言し、逆に使ってもよいと思ってる人は「OK」と宣言してそこで線引きをすればいいじゃないか。そんな単純な方法で一発解決できるのに、この問題は文部科学省の怠慢で放置されていただけのことである。ただ、ろくに言葉も知らない駆け出しの作家が「使うな」と宣言して、現場の教師から「あんたの作品なんか使えないよ」と笑われることとほど滑稽なことはない。

 それにしてもこの教材訴訟、最初に起こしたメンバーの中にはあの谷川俊太郎氏が入っていたんだなあ。かなり複雑な気分だったぜ。オレは高校生の時、教科書に載っていた谷川氏の「かなしみ」や「二十億光年の孤独」そして先生がプリントにして配ってくれた「男の子のマーチ」を読んでかなり気に入って、わざわざ文庫本で詩集を買ったくらいだ。教科書で知ってから本を買いたくなった・・・そんな人間もいたことを忘れないでくれ。訴訟の話を聞いたオレは、残念ながら手元にあった谷川氏の本を全部処分した。「この守銭奴め」という気持ちからだった。ファンだったからこそその行為は許せなかったのだ。その詩の魅力を生徒に語った教師だったからこそオレは憤慨したのだ。

押してチョ!←人気blogランキング投票←ベスト10復帰まであと少しです   株式銘柄情報掲示板


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン