江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2005年04月28日(木) 人の生涯は草のよう、野の花のように咲く        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 4月25日朝、JR福知山線で快速列車が脱線して起きた事故は106人の死者を出すという近年例を見ない大惨事となった。犠牲者のほとんどは無惨に押しつぶされた車体に挟まれ、何が起きたかもわからないままに一瞬にその生命を奪われたのである。亡くなった人たちにはみなそれぞれの人生があり、家族との貴重な時間が存在した。これからもずっと続くと思っていた自分の人生が、まさかそんなところでいきなり断ち切られるなんて誰が想像できただろうか。

 クルマを運転していたり自転車に乗っていたりして事故に遭うのは自己責任の部分が大きい。しかし、安全なはずの公共交通機関に乗っていて事故で死ぬなんてことを誰が考えるだろうか。それは道を歩いていて頭上から隕石に直撃されて死ぬことと同じくらいの「想定外の事態」なのだ。

 人の生涯は草のよう、野の花のように咲く。風がその上に吹けばすべて消え失せ、生えていた場所を知る人は誰もない・・・と聖書は語る。本当に何もかもなくなってしまうのだろうか。たとえ命はここで途絶えても、その想いはいつまでもこの世に存在し続け、誰かの心の中に永遠に生きると思いたい。少なくとも誰かの記憶の中にある限りいつまでも想いは消えないのだと。

 亡くなった方々が最後に見たこの世の風景はいったい何だったのだろうか。最後に交わしたのはどんな言葉だったのだろう。最後に聴いていた音楽は何だろう。最後に打ったメールはどんなフレーズだったのだろう。その一瞬後に列車が線路を外れ、時速100キロ近い速度でマンションに激突し、車体がくの字に折れ曲がって押しつぶされることなど誰に想像できただろう。

 たった一人の死でさえも、その人を知る多くの人は涙を流す。この事故で一瞬に失われた多くの命は、その周りのどれほど多くの人の心に悲しみと痛みを与えたことか。両親を一度に失ってまだ大学生の身でありながら喪主として葬儀を執り行う息子がいる。この春から大学に通い始めた娘をいきなり奪われた親たちがいる。母親の死を理解できずに安置された棺の前でただ泣きじゃくる幼子がいる。その数多くの悲劇を前にして、私はただやりきれない思いに包まれる。なぜこんなに多くの人がこんな理不尽な形で人生をいきなり断ち切られてしまったのか。戦争でもなく地震のような災害でもなく、日常の世界の中の出来事で。

 私は自分が生きていることの意味を考える。どこで断ち切られても「悔いなく生きた」といえるだろうかと自問自答する。やり残したことの多さを思う。まだ十分に生ききっていないことを実感する。よりよく生きなきゃと思う。生者がよりよく生きることだけが死者への供養である。自分のような取るに足りない暴言野郎にも、そんな存在の意味があるのならきちっとその意味を受け止めてよりよく生きたいと思う。この世に生を受けたことを感謝しながら・・・


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン