ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ







プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2007年05月23日(水) 死刑廃止のイデオロギーで集まった弁護士たち

光母子殺人の差し戻し控訴審、24日から注目の審理開始

山口県光市で1999年に起きた母子殺人事件で、
殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた元会社員(26)の
差し戻し控訴審の初公判が24日午後、広島高裁で開かれる。
最高裁は昨年6月、2審・広島高裁の無期懲役判決を
「量刑は不当」と破棄して差し戻しており、
今回の裁判では死刑判決が言い渡される可能性が高い。
18歳1か月で犯行に及んだ被告に死刑を回避すべき事情があるのかが焦点で、
少年の凶悪事件に対する厳罰化を求める世論の高まりのなか、注目の審理が始まる。

 「計画性のなさや少年だったことを理由にした死刑回避は不当で、
破棄しなければ著しく正義に反する」

 最高裁判決は裁判官4人の全員一致の意見だった。

 最高裁は83年、4人を射殺した永山則夫元死刑囚(犯行当時19歳)の
第1次上告審判決で、死刑選択に考慮すべき基準として9項目(永山基準)を挙げた。
これ以降、被害者の数と、被告が少年かどうかが重視され、
少年事件での死刑確定は永山事件と同様、
被害者4人の市川一家殺人事件(92年)などわずかだ。

 最高裁が戦後に2審の無期懲役判決を破棄し、
差し戻したのは永山事件など2件しかなく、いずれも死刑が確定している。

 差し戻し審について、土本武司・白鴎大法科大学院長(刑事法)は
「1、2審で更生の可能性があるとした被告に死刑が言い渡されれば、
厳罰化の流れが加速する」と話す。

 弁護団は今年2月の記者会見で「殺意はなく、犯行様態も違う」と、
最高裁が認めた事実に反論する姿勢を示した。
独自に実施した「精神鑑定」など三つの鑑定の証拠採用を求める。
被告人質問で反省の深さや矯正教育による更生の可能性を立証する。
検察側は事実関係での立証はなく、弁護側の主張に反論する構え。
死刑の相当性を述べ、遺族の証人尋問をして情状面を訴えるという。

 裁判は6月に被告人質問が行われる予定で、早ければ年内にも結審する見通しだ。

(読売新聞 07.05.20)


「裁判の早期終結を」 遺族の本村さん心境語る

広島高裁での差し戻し審初公判を前に、妻とまな娘を奪われた
遺族の本村洋さん(31)=光市=が二十二日夜、
光市虹ケ浜のホテルで記者会見に応じた。
広島高裁に審理差し戻しを命じた最高裁判決から十一カ月。
「弁護側は死刑を回避するためだけに動いている。これ以上何を争うのか。
一時も早く裁判を終わらせてもらいたい」と今の心境を語った。

 こげ茶色の半袖シャツ姿で会見に臨んだ本村さんは
「最高裁の弁論開始までは事実関係を争ってこなかった。
それなのに死刑の可能性が出てきて以降は弁護人も変わり、
(被告も)弁護人の方針で動いている」などと指摘。
「更生の可能性をいうのなら、再犯の可能性もある。
どうすれば更生するのか理論的、科学的に確証が無い中で、
犯罪者を安易に社会に返すのは反対だ」と話し、
「被告の更生に弁護人が責任を持てるのか」と語気を強めた。

 少年犯罪に対する厳罰化が進む中、今回の判決が今後、
少年の量刑基準を大きく左右することも予想される。
更生の見地から極刑に慎重な意見も根強いが、
「少年だから死刑にならないという安易な考えで殺人という卑劣な行為をしたと思う。
命をもって罪を償うのは当然だ」。事件から八年余り。
遺族として死刑を求めてきた信条を淡々と話した。

 また、遺族や犯罪被害者が司法に直接参加できる刑事訴訟法改正案が
国会で審議されていることについては「被害者の経済的補償や法廷内で
自由な発言ができないなど、拡充すべき点が多い」。
司法参加へ向けて積極的に取り組んでいく意向を示した。

( 中国新聞 '07/5/23)



山口県光市母子殺人事件

福田孝行(当時18歳)は1999年4月14日、光市内のアパートで、
主婦、本村弥生さん(当時23歳)を暴行目的で襲って殺害。
遺体を陵辱(つまり遺体を強姦した)後、
近くで泣き続ける長女夕夏ちゃん(同11カ月)も
床に何度も叩きつけた後、絞殺。さらに弥生さんの財布を盗み出した。

山口地裁は(1)犯行時は18歳と30日で発育途上
(2)法廷で被害者らに思いを致し涙を浮かべた様子から更生可能性がある
(3)生育環境に同情すべき点がある、などから無期懲役を言い渡した。

控訴審で検察側は、福田孝行が拘置所内から知人2人に出した
手紙計27通を証拠提出。

「無期はほぼキマリでして、7年をそこそこに地上にひょこり芽を出す」

「五年プラス仮で八年はいくよ。どっちにしてもオレ自身、
 刑務所のげんじょーにきょうみもあるし、早く外に出たくもない。
 キタナイ外に出るときは、完全究極体で出たい。
 じゃないと第二のぎせい者がでるかも。」

「犬がある日かわいい犬と出合った…そのまま『やっちゃった』…これは罪でしょうか」


また遺族に対しても中傷する内容を知人に宛てた手紙に書いていた。

「ま、しゃーないですね今更。被害者さんのことですやろ?知ってます。
 ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました。・・・でも記事にして、
ちーとでも、気分が晴れてくれるんなら好きにしてやりたいし」

「知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出過ぎてしまった。
私よりかしこい。だが、もう勝った。
終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ、
馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君」


などの文面から「更正の可能性も到底認めることはできない」と改めて死刑を求めている。

安田好弘弁護士の主張

・騒ぐ弥生さんを黙らせようと口を
 押さえたつもりの右手がたまたま喉にいった殺意はなかった

・性行為も弥生さんが死んだ後に行われたため
 強姦には当たらない
 
・赤ん坊については泣き止ますために首を
 紐で蝶々結びしようとしただけ

・「(検察は)被告を極悪非道の殺人者に仕立て上げ、死刑にしようとしている」

・よって1審、2審の無期懲役は厳しすぎる減刑すべき


2006年06月20日(火) 本村洋さんの戦いはもうしばらく続く。
2006年04月18日(火) 安田好弘弁護士の主張に吐き気をおぼえる。
2006年03月15日(水) てめーの職業は弁護士だろう、最低限のことはしろ!
-----------------------------(引用終了)----------------------------

遺族である本村さんのいつも理路整然としている主張には、

一語一句同意してしまいます。

 この記事には書いてありませんが、

被告の元少年には21人の弁護団がついているそうです。

代表である安田好弘弁護士が死刑廃止論者のリーダー的存在なので、

残りの弁護士連中も死刑廃止論者の集まりだと思われますが、

自分達のイデオロギーを押し通そうとしたり広めたりするために

集団になって司法の場を利用するべきではないと感じます。

 昨年の安田弁護士の弁護の言葉は、

どんな犯罪者でも弁護しなければいけない仕事だというのは理解できますが、

同じ弁護をするにしても、安田弁護士が弁護を引き受ける以前には無かった

「首をちょうちょ結びしただけ」などのとってつけたような、

かなり苦しい無理のある発言を連発して弁護するのは、

本当に被告の元少年の死刑を阻止したいのかどうか疑問に感じますし、

亡くなった被害者を侮辱しているかのような、

当事者でなくとも不快に感じてしまう発言の数々であり、

ある意味で、これも遺族を苦しめる暴力(セカンドレイプ)に変わりないと思います。

差し戻しということもあり、死刑は確実だと予想されていますが、

もし、万が一にも、この先、何も新たな事実は出てこずに、

こんなデタラメな弁護だけによって、

死刑が避けられてしまうのであれば、

この国の正義は無いと言わざるを得ません。

 常々疑問に感じるのは、日本の死刑廃止論者は、

死刑廃止を声高に訴えるのであれば、

それに変る終身刑の導入も一緒に訴えないのかということです。

いつも死刑廃止のみを訴えているから、

いつまで経っても彼らの主張は受け入れられず、

死刑存続支持のほうが大きいのは当然なのではないでしょうか。

 ひょっとしたら、死刑廃止論者も本音は死刑廃止を

望んではいないのではないかと思う時があります。

死刑が廃止されれば、これまでのように講演活動で講演料を得るなどの

いくつもの飯の種がなくなってしまいますから、

だからこそ、変りに終身刑を導入しろと言わなかったり、

本気で国民の支持を得ようと努力をしていない中途半端な

いつも同じメンバーの賛同者しか集まらないという、

まるでネットのオフ会のような運動ばかりに終始しているだけなのかもしれません。

↓エンピツ投票ボタンです。
 押してくださると日記を書く励みになります。


エンピツ時事/社会ランキング エンピツ総合投票ランキング
Myエンピツ追加

最近は、散歩のときに見つけた松ぼっくりを拾うのがマイブームだワン。



 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )







名塚元哉 |←ホームページ