初日 最新 目次 MAIL HOME


I'LL BE COMIN' BACK FOR MORE
kai
MAIL
HOME

2021年11月07日(日)
東京バレエ団『かぐや姫』『中国の不思議な役人』『ドリーム・タイム』

東京バレエ団『かぐや姫』第1幕 世界初演、『中国の不思議な役人』『ドリーム・タイム』@東京文化会館 大ホール


モーリス・ベジャール、イリ・キリアン、金森穣のトリプルビル。『かぐや姫』初演にあたり、金森さんのルーツであるベジャールとキリアンとのプログラムになったとのことです。

『中国の不思議な役人』
振付:モーリス・ベジャール
音楽:ベラ・バルトーク

前回観たのはベジャール没後5年記念公演で、フランスに移住する直前の小林十市が役人役を踊ったのでした。ちなみに十市さんはアンサンブル、役人、娘を踊った唯一のダンサーとのこと。
煤けた装置、照明、スラムを歩きまわるスーツ姿の盗賊たち。そこへ首領である無頼漢が現れ、机をバン! と叩く、と同時に弾ける群舞、バルトークの曲! スピード感もすごくて、ほぼ全員出ずっぱりの踊りっぱなし。シビれる!
無頼漢の首領役、柄本弾のルックスがとてもよい。第二の無頼漢に娘としての仕事を強要し、役人を煽る。表情、スーツの着こなし、仕草に爆発的な迫力がある。かなり重いであろうアコーディオン(あれ、本物の楽器だったと思う…中身を抜いた小道具とかじゃないと思うんだよな……)を操り乍らあれだけ動けるのも凄い。
池本祥真もいい表情。首領との確執、役人への困惑、恐怖。いつもの池本さんならピタリととまるであろうポーズが時折ぐらつく。やはりヒールで踊るのはたいへんそうだ。しかしそのハンデがあっても、キレのある踊りに目を瞠る。露わになった立派な腿には、失礼乍ら『動物のお医者さん』の「ぶっとい脚は大きくなるしるし」を思い出してしまいニコニコしてしまった。この腿があの踊りを生むのだよ。
「強要されて女装し、男たちを誘惑している」というやけのやんぱちっぷりがヘルシーにも感じられ、しかしセクシュアルな趣は薄れないというなんとも独特な娘だった。そんな娘が、役人の思いの強さを前にして変わっていく。キスシーンの表情も素晴らしかった。
そもそも原作ではまんま「娘」の役をベジャール版では「女装した男性」にしており、その捻れを観ることの面白さに改めて気付いた次第。若い男役を踊った二瓶加奈子も、かわいらしいウブな青年像だった。
さて、タイトルロールの役人(Mandarin)を踊ったのは、入団二年目の大塚卓。めちゃよかった! 不思議で不気味で魅力的。腕と脚が長く、登場シーンの痙攣のような手の動きや、印を結ぶような左右対称の型が美しくキマる。硬軟両極の動き、人工的にも見える強い眼差しで、生身の人間に見えない……アンドロイドのような雰囲気をまとう。いや、アンドロイドというより……交通事故の実験用ダミー人形のよう。重力や衝撃にそのまま身を任せているように見える箇所すらあった。つまり恐怖心を持っていないようにみえる。反面蛇のようにフロアを這う場面では身体の柔らかさが全開。不気味で怖い(褒めてる)。死に際のニジンスキー『牧神の午後』の引用も見事。
大好きな作品なんだけど、そんなに頻繁には上演されないのよね。まあ、この内容なのでな…わかる……。役人は宦官か否か、何故「中国人」なのか、何故なかなか死なない非人間的な存在なのか。いつかは上演禁止になってしまうかもしれないなんて思うこともある。それはある意味怖い世界でもある。ただ、今回のような解釈によって、印象が変わることも確かなのだ。ベジャールが今回の上演を観てどう思うか、とても知りたい。でもそれは叶わない。

『ドリーム・タイム』
振付:イリ・キリアン
音楽:武満徹

タイトル通り夢のような美しさ。装置(幕)、照明、衣裳(ロングドレス!)、武満徹の金属的な音楽と、夜空に瞬く星のような作品。自分の席からは、上がっていく幕の奥に舞台機構の金属部分が反射して見え、それがまさに星のようだった。
で、睡魔が忍び寄ってくる訳です。あのーあるじゃないですか、あまりに心地よくて眠くなるという……観客を眠らせるのが今作の本望ではないのかと都合よく考えてしまうくらいなんですが、で、寝てしまうというのも贅沢極まりない鑑賞法なのではないかと思うのですが、いやいや負けたらあかんとなんとか踏ん張りました。
着地の音が聴こえないくらい静か。リフトも軽々(、のように見える)。羽根が空中を舞うように踊るダンサーたちの存在すらも夢のように映る。カーテンコールで彼らの笑顔を見て、やっと現実に戻ることが出来ました。

『かぐや姫』第1幕
演出振付:金森穣
音楽:クロード・ドビュッシー

竹(の精)の美しい群舞、照明、映像含む演出も華やかでスピード感がある。ドビュッシーの『海』で何故竹取物語? と思ってたけどそうか、海〜月〜月の光か! とようやく合点がいった(遅い)。音のハマりも絶妙で、選曲の妙に唸る。
波が竹林に変わっていく群舞のフォーメーションが非常に面白く、ポワントで踊っているのに音が涼やかというか、うるさく感じないのも新鮮。笹がそよいでいるようにも聴こえる。かぐやの成長を影絵で表現するシーンでは小さなため息のようなどよめきがあちこちから起こる。
ため息といえば「月の光」パ・ド・ドゥでも漏れていた。この日のかぐや=足立真里亜、道児=秋元康臣のコンビネーションもバッチリ。愛らしくてやんちゃなかぐやと、童と大人の狭間で哀愁を滲ませる道児。ふたりの孤独を月が照らす、優しさに溢れたパ・ド・ドゥ。ダンサーの力量が発揮されるリフトも見応えあった。
好みが分かれそうなところも結構あった。衣裳はものすごく竹竹していてぬぬーとは思った。ひと目でそうと分かるといえばそうなのだが、うーん。髪型からしてかわいらしい童たちの、仕草と体型のギャップは楽しんで観られた。ホントかわいかったな〜。
翁が欲に目が眩んでというふうに見えなかったのは、私が舞台に立つ飯田宗孝御大を観るのが初めてだったからかもしれないな……恐れ多くも、や〜かわいらしいとか思ってしまった。最初は嫗の位牌(と解釈した)を拝んだりして健気な感じだったのだが。今後黒衣がどう使われていくか興味がある。翁を乗っ取ってしまうのかな。
2幕、3幕の披露は再来年とのこと。楽しみです。

-----

・プレス向け公開リハーサル&記者会見レポート ー金森穣振付「かぐや姫」第1幕 世界初演┃NBS
「超常的な存在である緑の精がポワントで踊るのは必然ですし、振付家としてトライしたかった。ポワントなしでもできたかと思いますが、東京バレエ団の委嘱ですから、女性のポワントの群舞と男性の群舞は、絶対にやりたいと思った。これはNoismではできないので!」

・【特集:金森穣×東京バレエ団「かぐや姫」◆杪立真里亜インタビュー〜かぐや姫として舞台に生まれて、1幕分の人生を生きる。その姿をお客様に楽しんでいただきたいです┃バレエチャンネル
「かぐやと童たちはトウシューズを履きません。少なくとも今回上演する第1幕はずっとバレエシューズです。穣さんから理由を聞いているわけではありませんが、もしかすると、それがかぐやのあどけなさや童心を表現しているのかもしれません」

・自身の中に言葉をもってないと動きに現れない 小林十市の語る「中国の不思議な役人」の世界┃東京バレエ団
振付に忠実に踊るだけでは表現出来ないものがあるが、「ベジャールさんの動きは音にぴったりとはまっているのですから、あとは、音楽通りに動けば客席に伝わる」。「芝居」についての言及もとても興味深い

・役の内面を理解し、動きを台詞のように 池本祥真、「娘」役に初挑戦!┃東京バレエ団
「彼は自分の中に葛藤をかかえていて、女を演じる振りの中に時折、自分に嫌気がさしているような部分があるんです。彼の内面が振りのはしばしににじみ出ることで作品に深み、面白さが出る」

・【インタビュー】東京バレエ団「中国の不思議な役人」主演!大塚卓〜ベジャールの振付は、動きに終わりがない。踊っていて「自由」を感じます┃バレエチャンネル
「この作品は登場人物どうしの『関係性』が重要で、娘がこう動くから役人はこう反応するというふうに、舞台上で起こるすべての動きがアクション−リアクションの関係で成り立っています。ところが最初に振付を覚えてしまっているぶん、つい相手のアクションを受けることなしに、自分の段取りだけで動いてしまいそうになる。そうすると作品が成立しなくなってしまう」