2006年03月03日(金)  ちばっちと亀ちゃんの舞台『Soulmate』

STRAYDOGの森岡利行さんの紹介で知り合った数少ない脚本家の友人・ちばっち(千葉美鈴)とSTRAYDOGの公演後の飲み会で仲良くなったモデルで俳優のFRIDAYの亀ちゃん(亀蔦健一)が一昨日一緒に電話してきて、「突然ですけど今日から芝居やるんで観に来てください」と言う。この二人は出会った日からいきなり懐に入ってくる屈託のなさがかわいくて、若いけれどやる気にあふれていて、応援したくなるものを持っている。ちばっちが脚本を書き、亀ちゃんが出演している舞台とあれば、是が非でも見なくちゃ、と今日かけつける。

ちばっちとの出会いは、黒川芽以ちゃんの写真集『路地裏の優しい猫』の仕事をしたとき。森岡さんに頼まれてちばっちが書いたという「ヒロイン・治子の台詞」を読んで、「この人の言葉、とてもいいと思います」と森岡さんに伝えたら、シナリオ作家協会の忘年会で紹介してくれた。とてもみずみずしい台詞を書ける人。役者さんが演じた形で観るのは今日がはじめてだったけど、やっぱり台詞がいいなあと思った。登場人物一人ひとりのキャラクター付けと役割もしっかり練られていて、構成もとてもよくできている。演出のうまさもあって、ほとんど暗転なしにテンポよく物語が進み、最後まで飽きさせなかった。わたしより十才ほど若いはずだけど、この年でこれだけの力を持っていたら、これからが楽しみ。

亀ちゃんは「間」の取り方が課題だなあと思っていたのだけど、しばらく見ないうちに、その課題をクリアしていた。客席を引き付けて笑いを取るのが格段にうまくなっている。亀ちゃんが出てくるたびに観客が期待する、そんな空気が伝わってきて、うれしかった。劇中のコーラ一気飲みのせいか、横幅も成長したけど、役者としてもひとまわり大きくなっていた。

プロデュースはヒラタオフィスの松本さん。多部未華子さんが摩湖役で出演した『ブレスト』の記者発表のときに「今度、千葉さんと舞台やるんですよー」と話されていたのは、このことだった。原案・主役の川村早織梨さんと伊藤さやかさんはヒラタオフィス、大島信一さんはスリー・アローズ・エンターテイメントの所属。

スペースランド第1回公演  Soulmate
大塚・萬スタジオ
原案:川村早織梨
演出:IKKAN
脚本:千葉美鈴
出演:川村早織梨/大島信一/伊藤さやか/亀蔦健一/小池妙佳/加藤晃大/上杉晋平/滝澤翼

2005年03月03日(木)  南イタリア魚介料理『ラ・スコラーレ』
2002年03月03日(日)  文京区のスポーツクラブ

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加