2005年03月12日(土)  しみじみ映画『きみに読む物語』

■『きみに読む物語』を新宿ピカデリーでようやく観る。チラシに一目惚れして「絶対観る!」と決めていたのだが、混雑がちょっと治まるまで先延ばしにしていた。2月5日の公開からひと月以上経つが、予告が始まったときには満席。若い頃の二人がキラキラしていて、惹きつけられる。とくに彼女アリーの表情はずっと観ていたいぐらい魅力的。着ている服と靴(足首でリボンを結ぶハイヒール)を観ているのも楽しくて、着替えるたびに、素敵だなあとため息がこぼれた。景色も音楽も台詞も美しいわたし好みのラブストーリーだったけれど、なぜだろう、泣ける映画にならなかった。老いてからの二人にあまり感情移入できなかったせいだろうか。たった一人を愛し抜く素晴らしさよりも、どんなに理想的なカップルもいつかは老いを迎えるという哀しさを受け止めてしまったのかもしれない。小説で読んでいれば、自分に都合のいい美しい老夫婦を思い描くのだろうけれど、スクリーンではそうはいかない。「あなたの大切な人と観て下さい」のキャッチコピーに乗せられてダンナを連れて行ったが、観終わったダンナとはラブラブではなくしみじみとしてしまった。

2004年03月12日(金)  『ジェニファ』マスコミ試写開始
2002年03月12日(火)  FOODEX

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加