HOME


Nekomar's Diary

2006年08月14日(月) プールへ〜実家2日目

じいちゃん、しばらく前から
「近くの綺麗な区営プールに、のんとむつを連れて行きたい」
と言っていた。

一昨年連れて行った区営プールもあるのだけれど、
そこよりもずっとキレイで整っていて、泳がせてやりたい、と。
前回はむつがまだ3才だった為に、
2人そろってと言うわけにいかなかったのだが
今年はバッチリ大丈夫!
ばあちゃんは留守番、私たち3人とじいちゃんの4人で行くことに。

朝9時半前に家を出て、バスに乗り、到着。
ああ、確かに。110cm深いプールと、60cmの浅いプールが
並ぶようになっていて、見晴らしも良いしとてもきれい。

子どもたち大喜び。
じいちゃんも大喜び。良かった、良かった。

時間帯の問題か、日程的に空いていたのか、他に幼児の利用者がいなくて、
水深60cmプールはほとんど私たちの貸切状態に。

のんは伏浮きの練習…というか、なんども浮いてみたり、
バタ足もどきをしたり。
むつは浮き輪でゆらゆら、そしてくるくる。
水深60cmだと、浮き輪をしてもすぐに足が届くので安心できるらしい。

しばらくすると2人でプールの縁にそって歩き出したので、
「なに?」と聞くと、
「2人で流れるプールにするの!」

えっと・・・。15m×6mはあるように見えますが・・・。
流れますでしょうか。2人で。しかも、のん、むつの力で。

でも2人、追いかけっこのようにぐるぐると大きく回って、とても楽しそう。
たっぷり1時間半遊んで、プールを後にする。


子どもたちは昼寝をするだろう、と言う予測の元、
昼食を済ませてから私は、用事があって自宅に戻る。
一人で帰ってきた、シーンとした自宅。

ついでに掃除をして、洗濯物をして、朝顔に水をあげて。

2時間くらい滞在して、のんびりして、
もしかしたら夕飯も一人で食べてから帰るか…などと考えていたら、
1時間過ぎたあたりから、ばあちゃんから連続でメール。

「いまどこ?」
「何時頃帰るの?」
「まだ??」

……後で聞いた話によると、
どうやらのんもむつもすっかり大人しくなってしまって、
むつなどは特に、駅からの道が見える部屋の網戸に張り付きっぱなしで
私の帰るのを待ってくれていたらしい。

終いにはばあちゃんに向かって、
「ようちえんが はじまるまえまでに おうちにおくっていってね」
などと頼んだらしい。

「(幼稚園に持っていく)はんかちのばしょ、ばあちゃんわかる?」
などと心配もしたらしい。

ちなみに、のんはそれほどでもなく、じいちゃんと近くの公園に
トンボを捕りに行ったりしたらしい。
その時むつも誘われたのだが、
「○○公園じゃないなら行かない」と、我が家の近くの公園の名前を挙げて
おいてきぼりになったらしい。

たった4時間の外出だったのだけど・・・。たはは。


そして、夜。
祖母の訃報が入り、じいちゃんとばあちゃんは
急遽ばあちゃんの実家へ。

子どもたちと私、3人残されて、
私は叔父や叔母からはいる電話の取り次ぎをしつつ、
もしもの場合、今夜自宅に帰るための準備を。

子どもたち、不安げな表情をしながらも、
それでも午前中のプールの疲れが出たか、あっさり寝てしまう。


 < 過去  INDEX  未来 >


まー [MAIL] [HOMEPAGE]