HOME


Nekomar's Diary

2006年08月15日(火) 3人で留守番〜実家3日目

14日、0時近くに帰宅したじいちゃんとばあちゃん。
いろいろ話をして、
結局私たち3人は最初の予定通り16日まで滞在することに。

ただ、15日の午前中は、葬儀などの手伝いをする為に
じいちゃん、ばあちゃんは外出。

いろいろ、大変だ。


残された私たち3人。
のんには説明をして、わかったようなわからないような・・・なのだが、
むつに理解は難しすぎる。

「ひいおばあちゃんがぐあいがわるい」
と言うことは理解できたらしく、
「がんばれ、っていいにいったの?」とニコニコする。
ふふふ。


3人で閉じこもっていても仕方ない。
近くの図書館に歩いていく。
雨が降ったり止んだりの天気。

じいちゃん、ばあちゃんの傘を貸してもらったが、
やみ間を選んで、ささずに歩いていく。

紙芝居を読んだり、本を読んだり。
のんびりと過ごし、スーパーで昼食を買って、家に戻る。

「ばあちゃんと一緒に食べたいのに…」などとワガママを言う、のん。
いや、とりあえず言ってみる、と言う感じなのだが。

14時頃にばあちゃん帰宅。

一息ついてから、
雨が上がっているのを見計らい、自転車を出してもらって近くの広場で乗り回す。

じいちゃんがリサイクルセンターから
もらってきて、磨いてくれた自転車。
のんは補助無し、むつは補助つき。

我が家の近辺と違って、実家は団地群なので
広い道路でも車も入ってこないし、歩いている人もまばら。
子どもの自転車にはもってこいだ。

蚊に刺される時間になったので、終了、家に戻る。
なんだかんだと言いながら、
「やりたい」と言って計画していたことは順調にこなしている。
ありがたいこと。


 < 過去  INDEX  未来 >


まー [MAIL] [HOMEPAGE]