HOME


Nekomar's Diary

2004年08月19日(木) 興奮するむつ〜2日目

のん、前回のお泊まりの時には
「寝る時がいや」などと言っていた。
今回は特にそういうことは言わなかったのだが、どうだろう・・・
などと、思う間もなく、寝てしまった。

「はい、寝なさーい、電気消すよーー」→ぷすーーーっ(寝息)
                 (↑この間、約2秒)

そんな感じ。

困ったのは、むつ。
前日はスーパーからの帰りのバスで寝てしまったので、
昼寝というより夕寝になってしまったのも原因なのだが、
とにかく楽しくて、興奮して眠れないらしい。

横になり、とりあえず私に「寝なさい」と言われるので目をつぶるのだが、
口が笑っている。
目を開けて、「ばあちゃんは?」「じいちゃんは?」
寝ているよ、と返事すると、「みにいく。」
でも部屋を出て、真っ暗なところを歩く時は不安なのか、
私の指をぎゅーっと掴む。

ひとしきりそんなことをした挙げ句、結局寝たのはのんより2時間遅くて11時。

そして今朝は6時に起きる。
元気に起きる。
「あさよーー!!ばあちゃんは?」

のんはぐっすり、しっかり眠れたらしい。これも成長。

さて、今日はプールに行こう!
だが、実家の周辺にある区民プールは、「4歳以下は入れません」という
プールしかない。
最初、むつはばあちゃんと観覧室で待つ、という計画を
じいちゃんとばあちゃんで考えていたらしいのだが、
むつがあまりによくわかっていて、「ぷーるはいる!!」と言い出すのは
必須だと言うことで、断念。

結局、私がのんを連れてプールに行き、
むつはじいちゃん、ばあちゃんと一緒に図書館に行くことになった。
「プール」というと行きたがるだろうと、
「ちょっとお買い物があるから行ってくるね」ということに。
(それに関しても私と母の見解の相違で揉めたが、割愛。)

のん、水深80センチの子ども用プールで、
「あっぷっぷ!!」とやりまくる。
(先日の短期水泳教室で、潜る時の合図のことばだったらしい)

だるま浮きを教え、伏し浮きを教えるのだが、
やはり子どもに教えるのは難しい。
本人に猛烈な「やる気」と「自信」があるのは嬉しいことなのだが。

午後は家でのんびり……したかったのだが、
のんが父ちゃんから借りてきた「UNO」を持ち出し、やろうやろうと迫る。
これはこの後3日間続き、
私とばあちゃんは合計で50回以上はUNOをやったと思われる。
子どもって、なんて極端なんだ。


 < 過去  INDEX  未来 >


まー [MAIL] [HOMEPAGE]