HOME


Nekomar's Diary

2006年08月13日(日) じいちゃんのお家へ〜実家1日目

今日から私の実家へ!!

朝は9時に出発予定。
それまでの間に、私はできる限りの家事を片づけて、
留守にする間のことも考えて、準備、準備!!

子どもたちも「ばあちゃんちに行く!」となると、とても協力的に準備する。
すんなり、予定時刻に出発。
ああ、出かけるのも本当に楽になった。


さて、ばあちゃんの家に行くには途中JRを経由する。
せっかくだから、例のスタンプラリー、スタンプ帳を持っていって
押しながら行く?と、かなり前に提案した。
のんは「するするーー!!」と元気に賛成。
むつは「えーー。ばあちゃんちにいくほうがいいー」

あらら、そうですか。
それならば、と、ばあちゃんに頼んで、JRの駅まで迎えに出てもらい、
むつだけを先に家に連れて行ってもらって
のんと私はスタンプラリーをしながら一回りして、
それから実家に向かう計画を立てた。

そしたら、昼ご飯の時間をはさむから、
のんはお母ちゃんと2人で何処か店でも入ってランチしようよ、などと
のんと2人でコッソリ計画も立てた。

・・・なのに。
JRの改札を出る直前に、のんが言い出す。
「やっぱり・・・スタンプラリーやらないで、ばあちゃんちに行きたい」
げぇーーー!!
だって!ラリーの為に1日乗車券も買ったのに!
ランチするって約束したのに!!
のんも決まり悪そう。
「うん・・・。じゃあ、(スタンプラリーに)いく・・・」
なんとも歯切れの悪い。

でも、改札の外にいるばあちゃんの顔を見ると、のんの気持ちはさらに落ちる。
元気のなさそうなのんを見て、ばあちゃんが理由を聞く。

・・・。

結果。あっさり、私はふられました。
「やっぱり、ばあちゃんちで、ばあちゃんと一緒にご飯食べるー!」
と元気に言い放つ、のん。
えーーーー。

「じゃあ私一人でスタンプラリーやるから」と強がりを言ってみたのだが
ばあちゃんに却下される。ちっ。

そのまま4人で実家へ。
あー、1日券がもったいない、もったいない。

のん、むつ、ばあちゃんちで昼ご飯をいただいて満足。
午後はバスでいつものショッピングセンターに行って、
のん&むつ、それぞれの靴を買ってもらう。

帰りのバス停は図書館の前。
いつもショッピングセンター帰りはくたびれていて、
歩くのもやっとだったむつが元気に
「としょかんにいきたいー!」

体力ついたねぇ。

1日目、無事に終了。


 < 過去  INDEX  未来 >


まー [MAIL] [HOMEPAGE]