再生するタワゴトver.5
りばいぶ



 安らかに。

訃報届く。
B学座の研修科の同期で、同年で、
その後暫くR-viveも一緒にやって、
というより、最高の呑み仲間で、
数少ない、わたしが「こいつにこれやらせたらオモロイかも」
という勝手な見地でホンを書かせてもらった奴で、
つまりはR-viveの作品の幾つかは、彼女の為書かれたわけで。

以倉いずみが亡くなりました。
闘病の末、享年35歳。

奴出演の、作品を見てくださった方も多くいらっしゃるでしょう。

R-vive離れた後も、本人はマネージャー業とかもしながら、
今、わたしが色んな現場に顔を出しているウチの幾つかは、最初、彼女の口聞きから始まったものだ。
いわば、戦友。
勝負(最初、よくそういう言葉を使っていた)に勝って(いい仕事をするということ)、呑む酒がこれまた格別に美味かったよな。
地元関西に戻ってからも、取材や稽古で私が向うに行っている時にはやっぱり、呑んだくれた。
奴と呑んでいると、そこが大阪だろうがどこだろうが「高円寺のガード下」になるから不思議だった。
最高に不器用で、気を遣いすぎる、でも他人のためにガムシャラになる奴で、自分は二の次にして、
人と人を繋ぐことに粉骨砕身していた。

目指す世界は途中から変わったけど、

お互いに「期待してるから!」

とのたまいながら、そんな風に、いつ会っても、悪態もつきながら、まだ時は過ぎていくと思っていた。
突然に、時はとまってしまった。
実感は…わくはずもない。
ただ、先週、見舞いで病院に送ったものが、「届け先人不明」で手元に戻ってきたという事実。

悔しいと言ったところで、そんなもの本人が一番なのだろうから、
ただ、今は冥福を祈ることしかできない、
でも、あなたが繋げていった色んな人たちはきっと、あなたに感謝しています。
今までありがとう。
わたしからも感謝。

安らかに。

そのうち、高円寺の安い中華屋で、180円の水餃子をあてに、紹興酒でも呑みましょう。


2009年08月31日(月)



 美味。

朝、足利に行くなら、やっぱ蕎麦でしょ。
とか思いながら、
高速値段の割引が始まってから、土日に高速に乗って…
というのを避けてきたので一体どれくらいの時間がかかるのかわからず、
とりあえず、三時間の時間を見て出発。
…なんのことはない、一時間四十五分で到着。
なんだかんだ、今までの最速かも(って、別にぶっとばしていたわけではありません)
お昼前に到着、
明治庵に並び(営業時間が十二時から十四時半←いつも並んでいる)、途中現地待ち合わせの憲さんを待って入店。
おしんこ、大盛せいろ、そしてなんのことやら「からあげ」(これが名物)
…美味。美味過ぎる…

そして…

演劇大学スーパーユニット公演
「見よ、飛行機の高く飛べるを」
を観る。

ちなみにこの本、わたしはとても好きなホン。
で、三時間近くという大作でもある。
途中休憩十五分ばかりを挟んで、三時間強…(笑)
難しいものに、自分達の力で挑んでいて、
その辺りとてもシンプルで好感。
みな、とても上手くなっている(上手いって、技術じゃなくてね)
心を動かすこと=舞台上で
そこにいること=舞台上
をシンプルに、エネルギーの渡し合いをしっかりと。

もちろん、まだまだこれからの部分もあるけど、
純粋にこっちがパワーをもらう。
「しんどいけど、大好き」
ということかな。
ラスト辺りも手心加えず、○

終演後、楽屋に伺い挨拶
みな一様に良い顔。大変なよい時間を過ごしたのね。
もっともっと精進してください。

帰りは、佐野によって、
美味い!と聞いていたラーメン屋を探していく。(流石に三時間も芝居を観ると、すぐには帰れない。が、酒も車ゆえ呑めないので)
「宝来軒」
こちらもシンプル。
…美味。美味い。
憲さんとはここで別れ、
帰りは、土砂降りの中、
タイミングよく渋滞明けの模様。
これまた予定よりスムーズに。

途中、選挙速報を聞きながら…

で、家に着いて、憲さんから電話。
時間がとまる…

2009年08月30日(日)



 戻りました。

漸く帰京。
昨日はPCを開いて、呆然。
良いことなのだけど、体内時計も元に戻さないと…

本日は
マチネをプークさん。
ソワレを今度ご一緒する、劇作家の方の作品。
と駆け足で。

さて、この一週間でやることはいっぱい。。。
の前に、明日は足利へ、
嘗てわたしが担当させてもらった演劇大学の面々が、
その後も続けている演劇大学スーパーユニットの公演。
もう三回目だが、なかなか伺えず、今回はなんとか行こうと思っている。
蕎麦も食べにね。

この一週間、車移動距離、1000繊


2009年08月29日(土)



 奥深い。。。

夏休み。

いろいろあきらめきれずに、PC持って、台本持って、しかし、行った先がこれが…

一帯圏外の場所。
これはもう、どっかで仕事病なわたしとしてはとてもいいのかもしれない山の中。
メール…、とか
電話が…、とか
連絡…、とか
思いつつ、
到着時から暫くはかなり焦る。
聞こえるのは、川の音ばかり、、、
上流まで昇っていきつつ、なんだかんだ携帯をチェックする自分が恐ろしい…
これはもうつながらないんだからしょうがない。
これはこれでいいことじゃないか。人間らしい生活。
星が…、
温泉が…、
ご飯が…、
と、わりきった所へ、
朝、例の
「緊急地震速報」
である。(雷が落ちて民放は映らず、BSだけ見れる)
私はお陰さまで関東圏にいないので、「あら、そう」
なわけだが、速報を目にしてしまったので
今月初旬に、「速報」からすぐに揺れた地震のこともあり、
さあ、連絡しなくちゃ、と、携帯に手を伸ばすが、、、
仕方ない、
部屋電を使う。
誤報でまあ、よかった、てのもなんだけど。
いやぁ、慣れって恐ろしい…
この短い間に、良い面と悪い面両方を経験してしまった。

さて、宿を替え、
やっとPCを…
相変わらず回りには何もない。
今度は、波音ばかりかな…
なんちゅう風情だ…
そんなところなので、
部屋からネットを繋ぐこともできず、
かつ、常設のPCもなく、
これはもう、泣く泣くである。

予定をメールしてくれた方、ごめんなさい、確認の術もありませんでした(笑)
でも、これを休み、というんじゃなかろうか、とか思ったりする。
街中に戻って、うわぁと思うだろうことはオイテオイテ

日本て、奥深い…

2009年08月25日(火)



 あらためて。

夏スポーツ全開!
毎夜世界陸上で一喜一憂し、
甲子園にまた魅せられ、
プロ野球も楽天が楽しくて、セも中日―巨人のデッドヒート、
イチローももうすぐ記録二つ…
これはもうビールがかかせないわけですな、普通に考えて。
で、その為に足しげくプールに通う。
という、これはも「鶏が先か、卵が先か」を完全に実行中。
←そんなことで「先を争う」ものだから他のことは「後に廻し」ている(汗)?
水曜日に野田地図を、
木曜日はプークの「怪談牡丹灯篭」を
見せてもらい。
身体性と「人だからこそ」というのと「人形なればこそ」というもの、
実のところ、「人の業」だったり、背負うものだったり、扱うテーマはおんなじかな(実際とても重いわけです)と思いつつ、出方がこれだけ違うのも面白い。

木曜日はその後、初アサヒビールのお店で、
噺家さんを交えての顔合せ。=なぜかそういうことになった…
かなり楽しくなりそうな予感。←なにが?
ようやくと、わたしも自分のモチベーションをしっかりと感じなおす日。



2009年08月21日(金)



 いらいらする。

このご時勢、基本的に「知らない番号」からかかってくる電話は、
面倒なことが多いので出ないことにしている。
何か重要な用件があれば、その後留守電に、はいるし、大概その「知らない番号」からの電話は留守電に用件を残すことはないからだ。

なのだが、ある日の電話。
着信はフリーダイヤルから(0120というやつ)だったので、
ものめずらしさも手伝って、出る。

「あ、藤井さんですね」
…いや、わかってかけてんだろう。。。
調子のいい、男性の声。
で、よくよく聞くと、前にひかり通信の契約をしていたのをやめたので、「その理由をお聞きしたかったんですよぉ」とのこと。
とりあえず
「それっていつのこと?」
と聞くと
「2006年です」
って、どう考えたって、今更理由を聞くという歳月のたち方ではない。
「あんま使わないのに、高い金払ってるのがばかばかしくなった」と答えてやった。
と、「そうなんですかぁ…」
と言った後、今のネット環境や、地デジ対策、家庭電話など根堀葉堀、
そして勝手に「試算」を始め、「それだとネットも入れると、都合一万円以上になりますねぇ、月」
もう、なんとなく相手の狙いが見えてしまって、なんだか面倒くさくなっているわたしである。
細かいことは知らん。←これはこれで問題だが
「いやぁ、よかったぁ!」
めちゃくちゃ違和感のある言葉である。
…なにが?
「今だと、うち一つにまとめていただけたら、八千円以下になりますよぉ」
…だから?
「工事代金も今なら全て無料になりますし」

まてまて、お前は「三年以上前の解約の理由を知りたかった」はずでは?

なによりも「いやぁ、よかったぁ」である。
この場合、明らかにその人物は、「私に対して」「私の状況を鑑みて」発信しているのであるが、私的に、つい電話に出る前まで、まったく「わるかったぁ」とは思っていないわけである。かつ、多分とても営業成績優秀な彼だとは思うのだが(油断していると「ありがとう」とでも言いそうになる手合い)マニュアルにも「相手の為を如何に表現するか」とか書かれていそうなもんだが、←あなたの為だから、である。
そのつつがなさ過ぎる話しぶりが胡散臭くて仕方のない私。だからお前には解約の理由は言ったから。「よかったぁ」と言われても、何に対してだか、本当のところよくわからないのだ。実際、営業電話をさんざんしていて、「あ、まだ一つにまとめてない家発見、いやぁ、よかったぁ」
なら話はよーくわかるのだが。わたしが自ら歩いて探しにいって、見つけた「よかった」ではないのだから。
図式を言えば―
「解約した人」←きっと、何かしら不備なり今ほど値段が安くなっていなかったから高いと思ったりしたはず←そうですよねぇ(同調し、弁解)で、現在のネット環境について質問し、J−comなどでまとめていなければチャンス(ターゲットが絞られる)←だから、今回はお安くしたんですよ←高い(解約理由が)と理由を言った人はこれ以降、譲歩されているので反発できない←「でも、よかったです」←よかったのかなぁ…←と思っているところに、お得な特典についての説明→そっか、よかったんだ。→契約
である。

とはいえ、じっくり聞いた上で「めんどくさいいからいいや」(きっとこの手の提供への答えは三つしかない「よくわからないから」「めんどくさいから」「じゃあ、おねがいします」)
への答えは
「お客様は何もしなくていいんです、今なら工事代金も無料ですし」
ここでも思う。
わたしが仮に望んでいた場合、工事が無料はとても魅力的なものなのかもしれないが、全く望んでいないので、押しの一手にもなりきれないのだ。
「だから、いいです」
「え、だって、お安くなるんですよ?」
「安くなるかもしれないけど、頼んでないんだよ。また何かあったら、こっちから頼むから、じゃ」
切る。

実際のところ、ほんとはお徳なのかもしれないが、
その話にのらなかった私は大いなる損をしているのかもしれないが、
そりゃ、最初から、「これ買ってください」だと今のご時勢絶対に電話を切られるから、入り口を工夫するのもわかるが、
彼は「三年前の解約の理由をしりたい」と言っていたわけで、
「前のお客様に、お得な新サービスができましたので、お知らせです」
とは一切言っていないのだ。そして興味を持ったところで、
「いやぁ、よかったです、お安くなりますし」
これが人間の会話ではないか。
後者なら、わたしみたいな人間でも素直に聞いたかもしれないが…
軽妙すぎて、逆にひく。だから胡散臭いのだ。←わたしに言われたくはなかろが。

「え、だって、お安くなるんですよ?」
しらないっての、君に聞くまで、気にしてなかったんだから。いらいらする(笑)
こうして、また、「知らない番号」からかかってくる電話には受話器をとらなくなる。




2009年08月18日(火)



 しかし…

打ち合わせとPC前生活の夏…
世界陸上がはじまって、
なんだか今年の織田裕二はいつものハイテンションがないな…
と、どうでもいいことを思ってみて、
しかし、去年の今頃は在大阪で、
北京オリンピックを稽古後に大阪のお母さんの店で見てたのが、
つい先日のことのようで、
今週は行こうとする店がことごとく「お盆」でお休み。
…なんだかなぁ
現場に出ていないと、曜日感覚まったくなくなるわたしである。
木曜日に修学旅行秋旅の稽古の進め方と日程の確認をした後、
桟敷童子の番外公演を観て、
土曜日に先月準備稿をあげた本の次の稿
↑じゃあそれはなんと命名するのだ
をあげ、これを元に話が進められれば…という希望的観測。
本日はプークさんの「しりたがりやのぞう」を新宿で。
終演後、出演の門田君(昨年の新劇人会議で一緒)の案内で、
人形と、劇場機構を見せてもらう。
しればしるほど、奥行きのある世界で楽しい。
しかし先の話ばかりにやや食傷気味、
来月になれば、この時の過ごし方というものを殊更に思うのだろうが…


2009年08月16日(日)



 違和感の番組

「夢、…」
ずっと気になっていて見てしまう番組がある。
テレビ東京。
一般人に焦点をあてた、(大概お店をやっている人たちが出てくる)ドキュメント風。
本当の素人さんなので、これがまた結構いいのだ。
番組としては三十分。
その中に波乱万丈が溢れている。(ま、もちろんそういう人をピックアップしているのだろうが)
父が死んで…
とか
旦那が倒れてから…
とか
天国の母に…
とか
具体的には―
女性が経営している、昭和59年創業のもんじゃ焼き店。
病気で倒れ現在入院中のご主人の分まで働いているという。
創業時から変わらぬ鰹だしベースを使った秘伝のタネを使い、具は築地直送の海の幸や、新鮮な肉を使用。ご主人が店に出ていた頃に夫婦で考えたオリジナルメニュー「親子もんじゃ」は、バジルソースや生のイクラが使われているという。
こんな…
わかっているのに見てしまう二十分。
その人間のドラマにすっかりつきあってしまい、
あー、とか、うー、とか、他人ごとながら、頑張れとか、すっかり感情移入する頃…

「そしてこの忙しさの中で、どうしても店屋物など栄養バランスのとれない食事生活。」

これがこの番組の本当のスタートである。
その主人公は、徐に緑の液体の入ったペットボトルを持ち出す。
コップに注ぐ、直接飲む。
「うん、美味しい」

つまるところ、この番組は「青汁」のCMなわけである。
「栄養バランスも簡単にとれて、しかも美味しくて、家族みな健康になって、万歳」
…これが言いたかったのか…
ここまで来て、とても違和感を覚えるのだ。
先ほどの具体的物語の女性の前に「―青汁を愛飲している」という枕が入るのだ。←メーカー名削除
ちょっと前に、似たような感じで「セサミン」のCM番組もあったが、それは最初から前面に「セサミン」を出してくるのだが、この番組は違う。
上にも書いたが、その人物に感情移入が始まったところで、
「ほら、健康は一番大事でしょ、だから、青汁はいいのだ」
と、唐突に入れ込んでくる。
だから、最初二三回この番組を見てしまった時は、「なんだよCMかよ!」と、してやられた感たっぷりだったのだが、
これがとてもくせになる。
別にその青汁を頼んだことなどないが、
今回は、どうやって「唐突に青汁がはいってくるか?」
そんなことに興味の質が変わる。
そうすると見えてくるのだ、番組の前半戦から、実はちょっとずつ、画面の端に「青汁」の姿が。
その人物の人生に隠された青汁の姿が。
これはもう、隠しの美学である。

先日、旧友と久しぶりに卓を囲んだ時も、この手法に騙された奴が七十五パーセントいて、(って、四人のうち三人というだけだが)思わず盛り上がる。
こういう場合、真剣に見てしまうのは、男性のようで、
女性はどちらかというと
「それ、青汁のCMだよ、なに真剣に見てるの?」とのたまうらしい。
経験をした上での、対処の違い。
ちがうのだ、そんなこと、わかっているのだ。
ということは、これは男の美学だと言うことか…
そして恐ろしいのは、そうやって気になる番組は、ある日ふとテレビをつけるとやっているのである。
この偶然、ただの偶然とは思えない。
なんだ、青汁を飲め、ということか?

というか、青汁をわたし、宣伝しちゃってるじゃないか…
番組名「夢、叶えるために…」
青汁、呑むか
酒、呑むか
健康にいいのはどちらだろう…

2009年08月13日(木)



 まあ、そんなもんで

雨とか台風とか地震とか、
これでもかの夏休み…

日曜日は荒井くん出演の青☆組を小竹向原で観る。
なんだか結局休みに入っても、小竹向原好いているわたし。
ちょうど先週手にしたマンガがもろに話の肝に被っていて笑う。
く、熊が来た…。

月曜日は書かなきゃいけないこと、をちょっと横において(汗)
ダスの所長らと、中間発表のお疲れ様会、+後半について談義。
途中から「健康談義」に花が咲く。(なんのこっちゃ)
心地よく帰る。両日とも、雨、だが、直接あたることはなく。

なんだか家が思い切り資料とかなんやらで散乱状態。
部屋は精神状態を表すなんて、嘘か誠か言われているが、
なるほどぉ、とか、うそぉ、とか思いながら、「綺麗だと落ち着かない」という特性も持ち合わせているせいか、整理整頓にはなかなか向かわないのだが、年に数回の、「このままじゃいかん」気分になる。
この機を逸してはいけないのだ。
わかっている。
この機を逸しては…

機で思う。十月、友人が機が熟し二組成婚なのだが、
送付された招待状を見て、
「い、いけない…」
だからなぜに、こう、大事なことは被るのだろうか…

2009年08月10日(月)



 顔合せ。

十月の七日から十一日まである、劇団劇作家さんの「劇読みVOL.3」の顔寄せ。
なにせリーディングの形態を取りつつも、その短い時間の中で、作品数八本(とはいえ、一本は中に短編三本であり、都合十本)に、演出家三名(山本健翔氏、関根信一氏、わたし)で、勿論、色んな作品にまたがり出演する俳優さんたちもいるが、当然、一本、という方もいらっしゃって、で、劇作家さんに十数人の劇団員(作家)がいる。
総勢…何人だろう。
用意された和室には、カラオケを歌うかのようなステージがあり、そこに向かって、二列のテーブル座布団セットがずらっと。
「…何の会だ?」である(笑)
で、それぞれ自己紹介などあって、
オンステージで(!)三者三様の演出プランを述べ(汗)
タイムスケジュールなどの説明あって、一次会は閉会。
(無論、二次会?があるわけだが)
わたしは初絡みながら、山本氏、関根氏とも三度目。
関根さん、舞監さんと暫し舞台機構について談義。
作品が「台本を読んでいる」体だが、一番「魅力的」に「見える」ように。


俳優さんも初絡みの方が殆どだが。お願いした人、念願の人もいて、楽しい。
二次会は、私がやらない作品にも知り合いが何人かいて、不思議な会。
久方に旧交を温めたりする。
舞監さんからは
「演出家同士でお話されると、アイディアが広がって止め処ないので、是非、辞めて頂きたい(笑)」とのお言葉を頂、
「はい、わかりますよぉ」とか言いながら(なにせ、一週間で八本違うことをやるのは尋常でなし)
会(二階お座敷)散会後、
関根氏と一階に下りて(笑)乾杯。←なにせ前回観て、一緒に呑みたかった(笑)
同席してくれた阪上氏(わたしの受け持つ二本共、ト書きを読んでもらう)と共にちょっと一時間。

暦は秋だが、
夏が始まったような、気がする。

2009年08月08日(土)



 シックハック

九月以降のスケジュールつくりにシックハックしている。
今なら随分と余裕をもっていけるのになぁ…
などと思いながら、
ちょっと立て込む十月初旬あたりを思うと、
思い切り冷や汗がにじむのである。

一現場のスケジュールをきって提出し、更にその返答を待ちつつ、自分のスケジュールを確認する。。。
ま、なんとかなるんでしょうが。
結局のところ、そういうスケジュールを招いているのも自分だということで…

今週はその初旬にある(笑)
劇団劇作家さんのホンのレジと、打合せと、それを基にして、
さて、どーするのが、リーディングとして一番「ホンの面白さ」を伝えることができるだろうか、といところで、脳内遊びを繰り返している。
リーディングって、ルールがあるようでないし。
リーディングに向くホンもあるし、ただ読んだだけでは絶対に伝わらないホンもある。
「立ち」になれるほどの「時間的猶予」はないのが通例で、
でもなんだか思いっきりレジにつきあっているので、こちらも必然にアツくなっているわけで、逡巡しまくるのである。

さて今日は吉牟田さん(The Shampoo Hat所属←嘗てよくウチに出て貰っていた後輩)出演&主宰で「燕のいる駅」をOFFOFFシアターに。
非常に好きなホンなんだけど…
んー、ま、
でも、みなとても精力的に活動している。。。
わたしも冷や汗かきかき…


2009年08月06日(木)



 暑気払い

大学の同期4人で暑気払い。
とはいえ、わたしを除くお三方はまっとうな人生を歩んでいる(笑)
これが不思議な縁で、
学部は一緒だが、ゼミでもサークルでも部活でもなく、
ただ、一年次に同じクラスだった、というだけ。
その何人かで飲んだりしているうちに、
いつのまにか、三十越えた辺りで、四人で一年に一辺だかの会である。
それぞれ家族を持って、
大先輩の一人は二度目の結婚をこの十月にするらしい(笑)

スーツ姿のサラリーマンに囲まれる、アロハシャツのひげ坊主。
という、端から見ると、もうなんのこっちゃやらよくわからない集まりである。
で、今回の店はわたしがよく行くお店に、さらに、滅多にしない予約なんかをしていったものだから、で、自分で誘ったくせに、挙句遅刻する体たらく。
お店のお母さん曰く。
「いやぁ、先に来た皆さん普通の方だから、違う藤井さんかと思いました」
…どういう事態だ…
というか、この場合、わたしだけでなく、
普段わたしと一緒に行っている人たちみんなに関わってくる話だ(爆)

美味しいアテに舌鼓をうちつつ、
近況やら、昔やら、あーでもないこーでもないする。
分野は違えど、刺激されることお互いに。
よし、明日からもしっかりやろうっと。

いいパワーをもらいました。

2009年08月04日(火)



 酔うなら。

夏本番、
なんか涼しいのだか、アツいのだか、むさ苦しいだか、よくわからない夏。

昨日は中谷さん(企画其の十に出演してくれた)出演の天然工房を観に中野MOMOへ。
ばったり、たろうくん(修学旅行、R−viveと出演している)と出会う。
彼も次は九月頭に下北で本番だそうで、
終演後、そんな話を聞きながら乾杯。

本日は昼から
安保体制打破新劇人会議の
反核フェス。
芝居と講演のセット公演である。
わたしも以前、「タバスコホステル」を演出させてもらっている。

芝居、講演ともとてもよかった。
全体の企画としても、一本筋の通った感じがして、

こういうものを「情に」訴えるのではなく、正しく「伝える」こと、考えて貰うこと。そういう意味で、以前わたしが演出させて貰ったときも、とてもこだわった部分(なかなかうまくいかなかったが)だったので、非常に興味深く観た。

で、知り合いもお世話になった方も大勢の集団。
バラシを待って(?)
打ち上げまで参加させてもらう。
演出の福山さん(青年劇場)とあーでもないこーでもない話しながら…

夏本番、そこかしこで「戦争反対」をうたった企画があがるが、是非にも、そういう活動をしていることに「酔う人たち」でないことを望む。
酔うのは「その後飲み屋でね」

…これである。

なんだかこの日記を読んで
「あんたは呑んでばかりいる」
と言われたりするが、これは、フィクションですから(笑)

2009年08月02日(日)
初日 最新 目次 HOME