One day more

明日は、れこうみのプレお披露目公演初日。
どうか無事に幕が開き、無事に私たちの身体が博多座まで運ばれますように……!!!!


うみちゃんを好きになったのは2015年。
かわいい。きれい。上手い。かっこいい。
いろんなスターと組める実力とビジュアル。どんな役も外さない実力と娘役らしさ。
目と瞳の使い方、瞬きと睫毛の先にまでに込められた女子力。女役としての美しさ。
それは全てが持ち前の美貌なのではなくて、舞台人として作ったもの。もちろん娘役は作り物として輝いている。
その輝く為の努力、センス、セルフプロデュース力、伸び代が本当にすごい人。
もう全部好き。本当にスター。本当に😭😭😭😭😭

ちゃぴの後任がさくらだった時。
wkbさんと並び立った後に追い抜いて、いい時期だったのにその時はトップにはならなかった。
別に、その時も私は恨み言は言わなかった。(さくらはトップにならない方がおもしろそうなのにとは言った)
それから、小劇場のヒロインをたくさんやった。
みやちゃん、れいこ、ちなっちゃんの相手役。気付けば、ヒロインはずっとうみちゃんだった。
出島ぐらいから、またうみちゃんでええんか?と思いましたよ私も。見た感想としても。
そしてダルレークがうみちゃんだった時に、いよいよおかしいやないか!本気なんか!と立ち上がったわけです。

それまで私は、うみちゃんはトップに相応しいけれど、絶対トップになって欲しいのに!とは思っていなかった。
今はトップにならない生き方があるから。うみちゃんは、もうそこまで登りつめてたし。
トップ娘役って、なったら損みたいな部分もあるし。
トップの相手役になって、トップに付き合わされて添え物みたいな役を与えられるよりは、小劇場でいろんな人と組んだり、実力でオンリーワンの役を貰う方が絶対おいしいもん。

とは言っても、娘役ってトップになるかならないかで、100か0程の違いがあるのよ。
仕事量、グッズの量、認知度、露出頻度、トップになると桁が二つぐらい違ってくる。
それにうみちゃんには、うみちゃんには(強調)、今更叩かれる要素なんて全くない。既に実力も名前も認められている。
だからこそ、どんどんトップからは遠のいていっていた。
トップ娘役になれない条件とは。それは上手い、きれい、名前が売れている、経験豊富であること。
全てを兼ね備えてしまった娘役は、トップにはなれない。
何故って、詳しくはまた別の機会に話したい。

トップ娘役なんて、誰でもなれる。
実力も美貌も経験も不要。
誰がなっても、ファンもだいたい興味ないし。
それはもともと娘役への関心が薄いのもあるし、結局は常に歌劇団のよくわからん人事で選出された人を強制されてきたからってのもある。
娘役トップは、トップの邪魔をしないことしか求められていない。他は何もできなくてもいい。明らかに他に上手くて顔きれいな子おるやん、とかでもいい。
なるだけならね。
だから、うみちゃんほど既に実力や名前も知られたベテランになったら、もうトップになっても旨味があんまりないもん。と思っていた。

ところが。
いろいろあって、半年間も毎日悩みまくったけれど、どう考えても、れいこが相手役として選べるのはうみちゃん以外選択肢がなくね?という状況になっていった。
他の人を選ぶ理由がなさすぎる。てゆーか他の人って誰?
むしろ次のトップがれいこじゃない説?とまで考えた。
本当に無駄に苦悩した半年間だった。私の場合はダルレークヒロイン決定以降だったので半年間だよ。

で、4月の発表で。
うみちゃんは、れいこの相手役としてトップになった。
最高か????考えた人、天才やん????
うみちゃんを娶れる実力と判断力のあるれいこって最高の男役じゃないです???
最高のカップルが産まれたやん???えっ歌劇団、やればそんなこともできるんや???
うみちゃんがトップになる未来はあったんや…!!!!

というのが今日までの私。

明日、トップとしてのうみちゃんが舞台に誕生して、その姿を目にしたら、きっとまた価値観やら基準が一新されるだろうから、今日たくさん書いてみた。

正直、れこうみはもう何度も見てきたし、ショーもリメイクだから、そんなに目新しいものとして自分の中に飛び込んでくるものではないような気がしている。
いやでもトップコンビなわけだから…!?やばい本当に想像つかん…!!威力倍増してそう…!?
二人とも真面目に全力を出してきそうだし、もうたまきさんの月組じゃないから、新鮮なものが見られたら嬉しいな。
作品も劇場も博多も楽しみだし、純粋に何もかも楽しみたい。会社の人からの通知は全て切る。


どうかどうか。
2021年10月10日(日)

≪BACK TITLE LIST NEXT≫

 

My追加メールホーム

enpitu skin:[e;skn]

 



 

Copyright (C) 本堂咲, All rights reserved.


My追加