大楽

たまきさんが、最後までさくらに一言も「ありがとう」と言わなくて引いた…。
挨拶ではお互いのことにまったく触れず。
模様はあんまり書かないけれど、感想だけは書く。
すみませんが何度でも言うわ。たまきには愛が無い。
退団するその日に最後の舞台挨拶で相手役に感謝を伝えられないって、そんなトップのどこから大きな器を感じられるのか不思議でならない。
大劇場の時も書いたけれど、この人にとって相手役って対等なポジションで舞台を務めてきた戦友でなければ、自分に必死について来てくれた下級生でもないんだな。

これは主観だけれど、オーストリアはたまきに対してさくらがいなかったら成功してなかったでしょ。
その他の公演も、相手役としてヒロインとして不足があったことは無いよ。見てる身としてはそう思った。
内部事情は知らんけど。
組が推して支えて養成してきたってのは、たまきさんもさくらも同じ条件やん。
加えて学年が5個も下なのに。下級生としてすら愛していないし、求めるものが厳しすぎると言うべきか。

同期とゆりさんの為には流す涙があるのに。
退団発表して以降、あの人の言う「お客様やファンの皆様」に自分が含まれていない意識があった。
お客様ではあるけれどファンじゃないし、あの人は客にしろ組子にしろ自分のやり方を認めて励ましてくれる人の言うことしか聞かないんだろうなって。

まぁ私も贔屓目はなくはないし、このくらいにしときますわ。
同じ生え抜きでも各組みんな違いますなぁ。

作品がすごく良い分、挨拶で破茶滅茶にテンション下げられるーーと本気で参っていたのですが、ツイッタではたまさく塩対応って話題になってるらしい。(母がすぐパブサする。自分で見たわけではない)
やっぱりね。思うよね。ひどいよね。
一般的にはせいぜい、最後まで塩対応wって感じかな。私はドン引きだよ。草も生えない。

作品は本当に良い。ありがたかった。

明日からは、れこうみがトップコンビ。
気持ち切り替えられるかなーー。あーあ。
早くトップコンビとして露出して欲しい!早く!!

たんちゃん、インスタ始めてくれないかなぁ。
あの笑顔を毎日供給して欲しい…。いやしてもらえれば儲けなので、無理強いはしないからもしよかったら…みたいな。

2021年08月15日(日)

≪BACK TITLE LIST NEXT≫

 

My追加メールホーム

enpitu skin:[e;skn]

 



 

Copyright (C) 本堂咲, All rights reserved.


My追加