予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
東京メトロ表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.

 

 

★予防と審美専門★【小林歯科クリニック】

2006年03月31日(金) 新社会人の「理想の上司像」

明日から新年度ですね。
さて、明治安田生命保険が発表した今春就職する新社会人の意識調査によると・・・

「理想の上司像」として、男性はプロ野球・東京ヤクルトスワローズの古田敦也・選手兼任監督が、女性はいずれも女優の黒木瞳さんと山口智子さんがトップとなったそうだ。

今季からプレーイングマネジャーを務める古田さんはプロ野球選手会長時代の活躍や、今季は監督も兼ねる話題性から、チームを引っ張る指導力や知性的な雰囲気が評価され、昨年まで2年連続トップだった星野仙一・阪神タイガース前監督を2倍以上も上回る人気となったそうだ。
2位は阪神タイガースなどの監督を務めた昨年トップの星野仙一さんで、古田さんと順位が入れ替わったとのこと。
3位はタレントの所ジョージさんで、4位はタレントの明石家さんまさんと昨年、ロッテを日本一に導いたボビー・バレンタイン監督が並んだらしい。

女性上司では、黒木さんは知性的でスマートなイメージが、ということで4年連続トップに、また、昨年11位だった山口さんは、明るくて親しみやすいイメージが、それぞれ評価され、同率のトップだったとのこと。
3位には昨年2位のタレントの久本雅美さん、4位にはニュースキャスターの安藤優子さん、5位にはエッセイストの阿川佐和子さん、6位は女優の松下由樹さんがそれぞれ上位に入ったらしい。

同社によると「今年の新社会人は、天才肌や熱血漢よりも、一緒に働きながら自分を成長させてくれるような上司を理想としている」と分析しているそうだ。



2006年03月29日(水) お花見・・・第二弾

東京の桜・・・どうみても昨日・今日が満開ですね。
診療後、居ても立ってもいられずに、都内のいくつかの桜の名所(といわれている場所だけでなく、私@小林が勝手にそう思っている場所も含めて)に出没してしまいました。
平日の遅い時間なのに、あちらこちらで宴会をやっていましたよ。
夜桜も“オツ”なものです。

     とある公園の、なんと「滑り台」の上で〜す→






2006年03月28日(火) ブログをやって欲しい有名人

昨日のブログ(↓の方にあるでしょう?)に続き、という訳ではないのだが“ブログ”関連ネタを・・・

オリコンが運営するポータル「ORICON STYLE」は、「ブログをやって欲しいと思う有名人」のアンケート結果を公開した。
このアンケートは、同社のアンケート・パネル「オリコン・モニターリサーチ」の会員を対象に行なわれたもので、年齢・性別構成は中高生、専・大学生、20代社会人、30代、40代の男女各100人。
また、アンケート結果にはすでにブログを始めている、もしくは始める予定の有名人も含まれているという。



一般の方が匿名で自由に書くブログと違い、書き手の素性が判っている状態で書くブログって、誰も傷つけないように書かなくっちゃいけないところが難しいですよね。
皆さま、本音を吐露しちゃう、いわゆる“裏ブログ”を持っているんじゃないでしょうかねぇ。
えっ? 私@小林ですか?
ヒ・ミ・ツです!



2006年03月27日(月) 06年の新入社員のタイプ

民間の研究機関、社会経済生産性本部、恒例の新入社員の特徴を表すキーワードを「ブログ型」と命名し、発表した。
ブログとはインターネット上の日記で、誰でも気軽に自己表現し、読んだ人と交流できることから利用者が増えている・・・今、皆さまが目にしているコレです。

生産性本部によると新入社員の「表面は従順だが、さまざまな思いを内に秘め、時にインターネット上の日記を通じ大胆な自己主張する」という特徴がブログに通じるとしている。

毎日新聞が企業や大学の採用、就職担当者ら約40人から新入社員の特徴を聞いたところ、会社の枠にとどまらず同世代と連絡を取り合う「ネットワーク力」をブログになぞらえて評価する一方「厳しい就職戦線に勝ち抜いてきただけに、上司や先輩のあしらい方にたけているが、目立たず無関心に見える」「さびしがり屋で、自分を認めてもらいたい強い欲求を持つ」「認められると思いがけない力を発揮する一方、本人の気分や他人の評価ひとつですぐなえてしまう」「パソコンに打ち込むだけの傾向も」と、力強さや実行力に欠けるなどの意見が出たそうだ。

「温かいまなざしと共感が、育成のカギ」でしょうかねぇ?



2006年03月26日(日) お花見・・・第一弾













今年のお花見・・・第一弾(第二以下があるかどうかは現在のところ未定ですが)ということで
井の頭恩賜公園に行きました。
全体としては、まだまだ2〜3部咲きといった感じでしたが、中には右側の写真のように6〜7部咲きの樹も見られました。

ところで、今日の新聞の広告ご覧になりましたか?
千代田区が広告主で・・・
「皇居のお濠 千鳥ヶ淵の桜が咲きはじめました」とのことです。



2006年03月25日(土) たばこの火の不始末ネタ(海外編)

昨日の国内の続き今日は海外から

カリブ海を航行中の米大型客船「スター・プリンセス」(乗客2690人、乗組員1123人)で23日未明、火災が発生し、米国人乗客1人が死亡、11人が煙を吸い込むなどして船内で治療を受けた、というもの。
米沿岸警備隊などが原因究明に当たる予定だが、AP通信によると、たばこの火が原因とみられるという。
乗組員らが消火作業に当たったが、約150の船室が損壊したらしい。
客船を所有している米遊覧船・ホテル大手カーニバルの関連会社プリンセス・クルージズの声明によると、火災は客室内で発生し燃え広がったという。

やはり世界中の公共・または公的機関はJR北海道を見習って完全に禁煙化しなけりゃダメですよねぇ!



2006年03月24日(金) たばこの火の不始末ネタ(国内編)

今日は国内から

昨日午前、神奈川県川崎市のとある小学校の校長室のごみ袋から出火、火災報知機で駆け付けた教職員が消火器で消火したが、近くにあった机の一部を焦がした、というもの。
同校の敷地内は全面禁煙となっており、なんと校長の隠れタバコと吸ったタバコの不始末が原因とみられるらしい。
その校長によると「疲れなどもあって、ついつい吸ってしまった」そうだが、そんな職員がいる学校に通う子供たちが可哀想でなりません。
市教委はその校長@犯人から詳しく事情を聴く方針だそうで、処分を検討しているそうだが、やはり江戸時代と同じく火あぶりの刑が妥当かと思うのは私@小林だけではないはず。

明日は海外から



2006年03月23日(木) 渋谷区議会に歩行喫煙禁止を請願−1

読売新聞によると・・・
渋谷の街からたばこのポイ捨てを一掃しようと、清掃や署名活動を続けてきた首都圏の高校生グループ「高校生環境連盟」は昨日、歩きたばこやポイ捨てを禁止する条例制定を求める請願を渋谷区議会に提出したという。

請願では、歩きたばこやポイ捨てで、やけどや引火を引き起こす恐れがあるうえ、街の美化を損ねる点などを指摘。
条例の違反者には、過料を課す罰則を盛り込んだ「渋谷区歩行喫煙禁止条例」の制定を訴えているらしい。
請願には、区内のPTAや、先月下旬に代々木公園などで行ったゴミ拾いに参加した高校生ら計409人分の署名も添えたという。
区議会常任委員会での協議後、早ければ31日の本会議で採択の可否が決まるそう。

渋谷区には「分煙ルール」といったザル条例が以前からあった。
今回の条例こそそうならないことを心から願いたい。



2006年03月22日(水) <桜開花>予想対決、気象庁に軍配

桜の開花時期を巡っては、気象庁と民間気象情報会社「ウェザーニューズ」の予想が大幅に食い違い注目を集めていたが、気象庁に軍配が上がる格好となった。

当初の予想は、同庁が25日、ウェザーニューズが30日。
それを、今月中旬にそれぞれ22日と24日に修正していた。

同庁は今年から開花予想日を算出するため新たな数式を導入し、予想の精度向上を狙ったそう。
ウェザーニューズは約5000人の利用者からの情報を基に、独自の計算方法で予想日をはじき出したという。

同庁の担当者は「東京の開花日については反響が大きく、ホッとしているが、大阪や名古屋など、まだ開花していない地域もあり、新数式が正しかどうかは予断を許さない」と慎重に話す。
一方、ウェザーニューズは「気象庁は1本の標本木だけで判断しているが、こちらは都内355本を見て判定。現段階で23本しか咲いておらず、気象庁の開花宣言は早過ぎる」としている。

・・・そう言われると、どれが本当の開花宣言なのでしょうかねぇ?



2006年03月21日(火) いちご狩りに行きました














季節の風物詩という訳でもないのだが・・・大手町では最高気温が16.7℃を記録するなど、4月上旬並みの陽気になった今日、いちご狩りに出掛けた。
訪れたのは、三浦半島にある観光農園
汗ばむ位のハウスの中では、章姫(あきひめ)という品種が栽培されていた。

以前にも、静岡や千葉でいちご狩りをしたことがあったのだが、実は神奈川では初めて!
ハーベストという意味では去年の12月11日のみかん狩り以来。
今度は、何処へ何を求めて出掛けようかなぁ。

ちなみに、気象庁は今日、東京の桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より7日、去年より10日それぞれ早いのだそう。



2006年03月19日(日) 交通博物館に行きました

朝方まで雨が降っていて、そろそろ上がるかな?と思ったら、風がビュー!
こんな日は花粉だけでなく黄砂もスゴイぞぉ。
ということで屋内型のテーマパークへ。
さて、訪れたのは交通博物館

去年の9月25日にも書きましたが、いよいよ今年5月14日で閉館となります。
閉館までにもう一度くらい行ってみたいなぁ!と思った私@小林なのでしたぁ。

←館内の照明は元々暗めなのですが
 去年の9月25日の撮影で暗い!と
 ご指摘があり、同じスタディグループの
 デジタルオタクI先生のアドバイスにより
 補助ストロボと併用での
 撮影(PCでの明るさ調節等一切無し)です
 随分改善したと思いませんか?
 後は・・・



2006年03月18日(土) 請福ファンシー報告−1

花粉症のシーズンが終わってから、実感を総括して載せようかと思っていましたが、意外に反響&お問い合わせが多いので、中間!?報告など・・・。

タイトルだけ読むと、なんちゃ、それっ!となりますが、経緯は下の方3月14日付けのブログをお読みくださいね。

さて、酒として飲むのか、薬として用いるのかは個人の主観によるところが大きいのですが・・・ちなみに私@小林は、表向き後者として殆ど毎日服用中ですぅ。

そもそも、近年、国民病ともなりつつある花粉症の症状を軽減(←治すわけではありませんよぉ!あくまで軽減ですぅ)する事が呉羽化学工業蠅亮8格鷙(残念ながら花粉症症状軽減の有効成分が特定できず特許取得までには至りませんでしたね)により明らかになった泡盛『請福ファンシー!』ですが、もちろん、蔵元さんでは花粉症状軽減を目的に造ったわけでもなくただ、純粋に美味しい泡盛を醸しているのだそうです。

治験では毎朝夕に15mlずつ飲むのが効果的だということですが、休日ならともかく、平日の朝から・・・ともいきませんので、「請福ファンシー」が手許に届いた9日から毎晩(ただし、外で飲んできた日を除く←以外に多いかも?)30ml飲んでます。
もちろん、きちんとメスシリンダーで軽量していますよ。
飲み方として、いや服用法として、日本酒や焼酎とは度数が明らかに違いますから、そこのところが肝ですね。

原則として、メーカーのHPに書いてある泡盛3:水7の“黄金比”を守るということと、多くの方がおっしゃる苦手の原因、独特の香りを押さえるために冷え冷えのグラスに氷をたくさん・・・というのが良いようです。
個人的にはお湯割りは止めた方が良いかも・・・焼酎とは違いますから。
それでも苦手とおっしゃる方には、料理への使い方もいろいろあるようですよ。

花粉症の症状を軽減したいのだが、どうしても飲めない・・・例えば、朝とか、出先とかですと、コットンロールやティッシュに少し含ませて鼻に当ててゆっくり呼吸するとか、目に入らないように注意してまぶたに当てるとか、といった応用法があるようです。

<続く>



2006年03月16日(木) 特例制度で創業した企業が上場

最低資本金1000万円に満たなくても株式会社が設立できる特例制度で創業した総合比較サイト運営会社「比較.com」が昨日、東証マザーズ市場に上場した。
しかも、上場初日の取引は差し引きの買い注文が約1万6000株上回り、公募売り出し価格の45万円の2倍にあたる91万円の買い気配のまま初値がつかなかったというからスゴ〜イ!・・・の一言。
規制緩和の一環で、03年2月に導入された特例制度で創業された企業の上場は初めてだそう。
同社は、引っ越しや自動車、学習塾など44分野で価格や性能などの比較検索を、インターネット上でできるサイトを運営している会社。

さて、上記のように、例えば、家電品など、メーカー&型番が決まっていれば、どの販売店で購入しようが、保障などのサービスの点で大差のないと思われ、消費者の為のサイトと思われる。
しかしながら、世の中には、歯科の治療代金を内容(レベル)を反映しないで、ただ金額だけを比較するサイトが存在しているらしいから困ったものだ。
また、ある種の女性誌の後ろの方には、イメージだけを先行させたクリニックの広告が目白押しだ。
それらを鵜呑みに信じて、通院する歯科医院を選んてしまった方は、きっと不幸なのだろうなぁ。



2006年03月15日(水) 桜が開花

・・・とはいっても、高知市のこと。
沖縄県と鹿児島県の奄美諸島を除くと、全国で最も早い開花だそう。
平年より8日早く、昨年より16日早い開花で、1954年に統計を開始して以来2番目に早いという。

ちなみに気象庁は今日、東北から九州の桜(ソメイヨシノ)の3回目の開花予想日を発表した。
「先週の平均気温が平年より高く、開花時期はさらに早まると考えられる」と修正し、東京の開花予想を前回より3日早い“22日!”と予想するなど、大部分の地点を数日程度前倒しした。

ということは、『お花見』は26日でおよろしいでしょうかねぇ?

            高知城三の丸にあるソメイヨシノ→
                    時事通信社より転載



2006年03月14日(火) 花粉症に酒が効く・・・かも?

2005年4月23日に花粉症に酒が効く!?と一度書いて以来、今シーズンの花粉症の到来をず〜っと待っていた(←なんちゃ、それっ!)。

私@小林自身、医療機関の人間でありながら、民間療法?に走るとは・・・とも考えたが、去年、処方していただいたお薬・・・確かに、目の痒みと鼻水の抑制に効果抜群だったのだが・・・いかんせん、頭の中に霞がかかったような感じで、それもチョッと辛かった。
そこで、今シーズン、試せるものは何でもやってみようと思い立った次第だ。

メーカーのHPからだと、殆ど●天経由での購入となるが、ここはあえて、●フオクで落札。
さて、出品者の酒屋に「1本でも○本でも送料が一緒」・・・と言われ、「MAXくださ〜い!」 と、ちょっと悪い癖。

いよいよ、お試しだ!
効果の程の報告は・・・今しばらくお待ちいただきたい。

※今年の私からのホワイトデーのお返しの品はこれで〜す・・・該当者の方、待っててね!



2006年03月12日(日) あるセミナーにて

今日は少し風があったけれど概ね良い天気。
最高気温も19.0℃まで上昇したとのこと。

なのに、朝8時半には、新宿区内某ビルの地下に潜り込み、一日を過ごしてしまった。
でも、「しまった」ではないかな。
今日は、なんと、演者でもあった訳だから・・・

懇親会(と称するタダの飲み会)にも参加。
・・・とりあえず、午前様になるのからはセーフ!

でも、意外とタダでもない。
他院の本音トークが聞けちゃうことも、結構多いのだから・・・







2006年03月10日(金) 酒量多いと自殺リスク倍増

共同通信によると・・・
週1回以上飲酒し1日当たりの飲酒量が日本酒3合以上に相当する男性は、時々(月に1〜3回))飲酒する程度という男性に比べ自殺の危険性が2.3倍!
とした大規模疫学調査の結果を、厚生労働省研究班が英医学誌に発表したそうだ。

日本酒3合はアルコールに換算すると59gで、ビールなら大瓶3本、ウイスキーならダブル3杯に相当。
自殺リスクは飲酒量が多いほど高まる傾向がある一方、「全く飲まない」男性のリスクも2.3倍だった。

研究班は「飲まない人で高い理由は不明だが、酒量を適度に減らすことが自殺防止に役立つということは言えそうだ」としている。

消費者●融ではないけれど、ご利用は計画的に!!

P.S.喫煙量が多いほど自殺の危険度が増す・・・ことは皆さまご存知ですよね!?



2006年03月08日(水) 早咲きで変更なし!?

気象庁は今日、第2回開花予想を発表した。
前回(1日)と比べ水戸で1日遅くなっただけで、他の57地点では変更なし(東京は25日)とのこと。

桜は気温が高いと開花が早まるが、2月の平均気温は、西日本で平年より1.0℃、東日本で0.9℃高く、3月もこれまでは、ほぼ平年並みに推移しているということで、同庁は「今のところ、開花を遅らせる状況は見当たらない」と説明、平年より早い開花の地点が多い見込みという。

・・・ということは、ウェザーニューズ社による開花予想29日と、差が開いたまま。
スギの雄花は予想以上に早く目覚めたと報道されているが、一方で梅や椿は各地で記録的に遅くなったのも事実。
つまり、まさに植物によって寒さのとらえ方がバラバラ状態!といった感じ。

私@小林(←もちろん気象予報士の資格は持っていないが)、桜は杉と梅では、梅に近い品種のように思えるのですが・・・今のところ29日説を信じている。
                                  ↑千鳥ケ淵の桜(毎日新聞より)



2006年03月07日(火) 親知らずから骨や肝臓組織

抜歯した人の親知らずから取り出したたった一つの幹細胞を増殖させ、ラットの骨や肝臓組織を再生させる実験に、産業技術総合研究所と大阪大が成功したと発表した。

産総研はすでに、人の骨髄から幹細胞を取って骨や心筋に再生させる技術の臨床応用に入っているが、この手法では患者の負担が大きいことが課題。
親知らずならばこの問題はクリアーできる。

例えば、親知らずの細胞を凍結保存しておき、将来、自分自身が肝硬変などになった際に移植すれば、免疫拒絶反応が起きない再生医療を比較的容易に実現できると期待される。

同研究所の再生工学研究グループ長は「今まで捨てられていた組織から再生医療に有効な細胞が得られた。数年以内に『親知らずバンク』をつくりたい」と話しているという。

ただし、今のところ、使える親知らずは、まだ生える前(歯胚(しはい)」の段階にある10〜16歳まで)のモノ!
成人になった方は、ほとんどの場合、通常の歯を守るために早期に抜きませう。



2006年03月06日(月) 関東地方で春一番

啓蟄の今日、気象庁は関東地方で「春一番」が吹いたと発表した。
昨年より11日遅いのだそう。

同庁によると、サハリン付近にある低気圧に向かって風が吹き込んだ影響で、関東は南部を中心に南寄りの風が強まり、気温が上がったという。
今日、東京の午後零時半までの最大瞬間風速は、21.3m。
気温は正午前に4月中旬並みの17.6℃まで気温が上昇したそうだ。

「啓蟄」とは、暦の二十四節気のひとつで、“啓”は『ひらく』、“蟄”は『土中で冬ごもりしている虫』の意で、文字通り地中で冬ごもりしていた虫が春の到来を感じ、草木が芽吹く と同時に地上へ這い出してくるという意味なのだそう。

「春一番」とは、北海道や東北・沖縄以外の地域で、立春から春分までに吹く強い南寄りの風のことだそう。



2006年03月05日(日) 梅が一番の見ごろです


代々木公園に行きました。
本来なら、2月が見ごろのハズなのですが・・・
この冬の大寒波で開花が遅れたのでしょうね。
風もほとんど感じられず、穏やかな日曜日でした。

きっと、来週も大丈夫ですよ!



2006年03月04日(土) 緑茶飲んで認知症防げ!

1日2杯の緑茶で認知症予防を−。
記憶力などの著しい低下を招く認知症について、緑茶に多く含まれるカテキンが高い予防効果を持つ可能性があることが、東北大大学院医学系研究科のK先生(公衆衛生学)の研究チームの調査で分かった。

記憶力が衰えるなどの認知障害は、脳の神経細胞が活性酸素などで傷つくことが原因の一つと考えられている。
緑茶に含まれるカテキンに、活性酸素の働きを抑えたり、神経細胞が傷つくのを防いだりする働きのあることはマウスなど動物実験などで確認されているが、人間を対象に効果が裏付けられたのは初めてという。

K先生らは02年7〜8月、仙台市内の70〜96歳の男女1003人を対象に、緑茶を飲む頻度などの食生活を調べたうえで、記憶力や図形を描く力など認知機能についての面接調査テストを行った。

緑茶の摂取量を基に全体を「週3杯以下」(16.9%)、「週4〜6杯または1日1杯」(10.8%)、「1日2杯以上」(72.3%)の3グループに分類した。

認知障害の度合いに関しては、簡単な図形を描かせたり、単語を覚えてもらうテストの成績を基に判定。
緑茶摂取量との関連を調べる際には、糖尿病や高血圧、飲酒、喫煙などの要因が反映しないように調整したらしい。

その結果、「週3杯以下」のグループが認知障害に陥っていた比率を「1.0」とした場合、「週4〜6杯」は0.62で、「1日2杯以上」は0.46と半分以下だった。
さらに「1日2杯以上」を「1日2、3杯」「同4杯以上」に分けて比較したが、目立った差はなかった。

つまり、緑茶を1日2杯以上飲む人は、週3杯以下の人に比べて認知障害になりにくい傾向にある!!!ことがわかったということだ。

K先生は「今後、海外などで緑茶を飲まない人を集め、半数の人に緑茶を飲んでもらう調査を継続して行いたい」と話しているそうだ。

緑茶・・・ペットボトルのお茶ではどうなのだろうか?
その辺りを伺ってみたいものだ。



2006年03月03日(金) 雛祭り

今日は「耳の日」でもありますが、その前に桃の節句です。

最近では、雛飾りも核家族化や住宅事情に影響され、様々な種類が販売されています。
どのタイプがいいかは、個々の好みによると思いますが、七段飾りは華やかで豪華なものの場所をとるというので、三段飾りやお殿様とお姫様だけのセット=親王飾り(平飾り)にして、大きさより質という意見も多いようです。

でもやはり「♪明かりを付けましょぼんぼりに〜♪♪」の唄の通りに15人揃っている雛飾りは、女の子の感受性を育てるのには、最適だと個人的には思うのですが・・・

←渋谷区内のある施設で









2006年03月02日(木) 「駅メロ」で目覚めオーライ

日本車両製造(名古屋市)は、JR山手線の駅の発車メロディー(通称駅メロ)をアラーム音にした目覚まし時計を昨日発売した。
文字盤に山手線すべての駅名をぐるっと並べるなどデザインもこだわったとのこと。

収録した駅メロは東京・有楽町(五反田内回り)と、品川・渋谷・新宿・池袋各駅外回りの6曲と上野(新大久保内回り)で流れる通常の発車ベルを含む7種類からアラーム音を選べるという。

時計の色は、山手線カラーの黄緑色と白を基調としたそうだ。
約60分で一周する山手線の駅名を、実際の電車の所要時間に合わせた間隔で文字盤に配置。電車が走るように長針が駅を“通過”していく。
同社では「見ているだけで山手線を旅している気分が味わえます」と話しているそうだ。

同社は、環状の路線が時計のイメージにぴったりなのと駅メロの豊富さから、山手線を商品化第1弾に選んだ。
評判が良ければ他路線でも商品化を検討するそうだ。

これなら、朝寝坊の防止、間違い無し!?



2006年03月01日(水) 今春の桜、早咲きに

気象庁は今日、九州から関東甲信・北陸にかけての桜(ソメイヨシノ)開花予想を発表した。
2月の気温が高く、3月も平年並みか高い予想のため、2年ぶりに各地で早い開花となる見込みとのこと。

桜は夏ごろ、翌春咲く花のもととなる花芽を形成し休眠する。
花芽は冬の低温に一定期間さらされると休眠から覚める。これは休眠打破と呼ばれ、花芽は休眠打破の後、温度の上昇とともに成長し開花する。
同庁によると、今冬は昨年12月から1月初めの気温が低く休眠打破が順調に進んだ上、2月の気温は東日本、西日本ともに平年より高く推移。
3月の気温も平年並みか平年より高い見通しで、開花が早くなるという。
 
さて、肝心の東京の開花予想日は3月25日とのこと。
2月27日のウェザーニューズ社による3月29日と、はたしてどちらが当たりますでしょうか・・・楽しみです。


 < 過去  INDEX  未来 >


[MAIL] [HOMEPAGE]