Movin'on without you
mako



 おおみそか。

今年一年を振り返ってみて。
やっぱり、すべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。


あたしの生きてくる場所。
あたしが過ごしてきた時間。
あたしが出会った人。

すべてを今は、愛しいと思えます。



ゆーすけに会えて
ゆーすけと時間を過ごせて。
そのことに感謝しています。

かけがえのない思い出をくれた人だと
今は心から、素直にそう言える、
そんな自分のことも好きです。




あたしは来年も
また「あたし」として生きていきます。



ありがとう。




















2001年12月31日(月)



 メリークリスマス☆





すべての人に
幸せが降ってきますように。

メリークリスマス。








2001年12月25日(火)



 あたしの心の中。

あたしがあたしのことを、
きちんと考えたい。そう思ったきっかけ。

とある飲み会での他愛もない出来事なんだけど。


クラスのまあそれなりに仲のいい男の子がさ、
酒が入っていい気分になって愚痴りだしたわけよ。
「女にだまされた」とか言って、すっごい怒ってて。

どうやらこの夏に、後輩といい感じになって
Hとかもしちゃってたらしくて。
その女の子もなかなか悪女で、好きとか言ってたらしく。

なのに。
つきあってると思ってたのは男のほうだけで
「付き合おう?」
って言ったらごめんって拒否られたらしい。

まあよくある話といえばよくある話だよね。

で、あたしもそれなりにお酒入ってたし、
いっかなー、と思って、
自分の話もちょこっとしたわけです。

「あたしも、そういう関係になったけど、
 でも付き合えないって言われた人がいたよ」

そう、ゆーすけの話を、ほんのちょこっと触りだけ。

そしたらね、彼が言ったんだ。
「じゃあ俺らだまされた同士じゃん?」って。





家に帰ってきてからも
その台詞がずっと頭から離れなくって。


――――それは違う。




他人から見たら同じでも、
少なくともあたしは、その彼とは違うと思ってる。

騙された、って言葉は好きじゃない。


だって、お互い楽しい時間もあったんでしょう?



あたしね、
恋愛って、お互いに楽しい時間もあれば
苦しい時間もあって当然だと思う。

恋愛は、2人でしかできないものだから
だから片方に責任を押し付けるのは、フェアじゃない。



ゆーすけに好かれているかどうかわからないけど
それでもゆーすけといるのを望んだのはあたしだ。

確かな言葉なんてひとつももらわなかったけど
それでも一緒にいる時間が楽しくて幸せだった―――。

そのことだけは、確かな事実。


そして、恋愛において大切なのは、言葉や約束ではなく

そんな確かな事実の積み重ねや
もっと感覚的な何かや、思い出や、時間の流れや

そういうものなんじゃないかと、思う。




あたしは、ゆーすけに抱かれた事を悔いてない。
あたしが、あたしの意思で選んだことだから。

愛されたから、あたしは抱かれたんじゃない。

あたしが愛したから、抱かれたの。






いつかその男の子に言ってあげたい。
「あたしは、騙されてたわけじゃない。
 騙されてあげたんだよ」って。

昔好きだった人のことを愚痴るような
恋愛の責任を相手に押し付けるような
幸せだった思い出や、一緒に過ごした時間や、
何より、自分自身までもを否定するような
そんな、子供みたいなことあたしはしたくない。



そしてゆーすけにも言ってあげたい。
「愛してたよ」って。




忘れられない気持ちを、無理に忘れるなんて
あたしにはきっとできないから。

いつの日か、ゆーすけのことが思い出になりますように。




ゆーすけに、感謝してる。
あたしの知らない世界を、教えてくれたから。

ゆーすけからもらった何かを、
そして、一緒に過ごした思い出を、
あたしはきっと、これからも大切にしてく。



―――――それくらい、好きだった。










前に、進もう。
今すぐには無理でも、ちょっとずつでも。







2001年12月20日(木)



 自分を好きになりたい。

昨夜。
突如、心に湧き上がった想いがある。


――――変わろう。



ゆーすけに想いが届かなかった夜から、
あたしは自分が嫌いになった。
自分で自分を、認めてあげられなくなった。

あたしなんて。
そんな言葉が口をついて出てくるようになったのも
その頃から。

自分を嫌いになればなるほど
自分を信じられなくなればなるほど、
他人も嫌いになって
誰も信じられなくなって。

ありがとうの気持ちも
ごめんなさいの気持ちも忘れた。


あたしは今もやっぱり、
自分のことを「大好き」とは言えない。

それはゆーすけの影響なのも確かだし
ゆーすけに好きになってもらえなかったことに
傷ついたあたしの精一杯の防衛本能。

もう傷つきたくない――――
そんな気持ちの、表れだってことはわかってる。





だけどね。

あたしはやっぱり人を信じて生きていきたい。




今でもゆーすけを憎めない。
それは好きだから。

ゆーすけを好きなまま
ゆーすけに好かれなかった自分を好きになる。



それができたら
あたしはいい女になれますか?






2001年12月19日(水)



 11月の恋。

そういえば・・・。
あたしがこないだ告白された男友達。


11月始めの日記に書いた、
「『スウィートノベンバー』を一緒に見に行った友達」です。


今日書きたかったことはそれだけなんだけど・・。

「11月の恋人にならない?」なんて言ったわけじゃないのに、
彼の中では恋が始まってたなんて、
なんとなくその事実が素敵で。嬉しくて。
ごめんなさい。
ちょっと書きたくなってしまいました。

それだけです。



2001年12月18日(火)



 高校生。

バイト先によく来る高校生が、

・・・これが、ゆーすけに似てるんだ。



今までそんな風に思ったことなかったんだけど、
つい最近、ふと顔をちゃんと見てみて、思った。

それに気づいたときは、
思わず顔をじーっと見てしまって
ちょっと不審がられてしまいました(笑)


ゆーすけって、かっこいいタイプじゃないけど
どこにでもいる顔だと思うんだけど

あたしも別に、顔にほれたわけじゃあ全然ないんだけど



でもその高校生にはまいった。
何がまいったって、
彼を見るたびゆーすけを思い出さなきゃいけなくなったこと。
全然似てないと思えば似てないけど
でも似てるといえば似てるんだよー。

一度だけ、ゆーすけのうちで見た、
ゆーすけが高校生だった時の写真。
野球少年だった頃の写真。

それに、似てるんです。高校生の彼は。




ゆーすけに会えなくて切ない。

そんなあたしの気持ちが、
彼がゆーすけに似て見える、いちばんの理由だと思うけど。





2001年12月17日(月)



 会うたびに。

最近、夢見が悪い。
とても悪い。
しかも寝つきまで悪い。
寝れないーって苦悩して、時計見たら5時とか。

今朝はとうとう、胃が痛くて起きられなかった。
体調サイアク。





最近、あたしとゆーすけは会うたびに、
どんどん距離が遠くなってく。

昔は、
あたしは言葉を探さなかったし
お互い一緒にいてもものすごく自由だったし



会うたびにゆーすけに嫌われてく気がする。


自分のことが、好きになれない。
ゆーすけに好かれてない自分なんて、好きになれないよ。

どんどん、間違った方向に歩いてく自分。
どんどん、自分を見失ってく自分。


誰か、止めてください。






2001年12月16日(日)



 白黒はっきり。

させたい性格が、災いすることもある。
普段の生活では、優柔不断なんだけどね、あたし。


どうしてそんなことを考えたかというと、
昨日の日記に書いた男友達から、
「きちんと」告白されたから。

「電話していい?」って聞かれて
「いいよ」って言うまでに、断り文句を考えた。

でも実際、彼自身の言葉で語られると、
かなりぐらぐらきて、今ちょこっと寂しくなってる。


「気持ちは嬉しかったけど今は考えられない」
いちばんずるい断り方かもしれない。


あたしが3ヶ月前、ゆーすけに言われたこと。
「今は考えられない」

これが、白黒つけたい自分の性格を恨んだ理由。





あたしね、つきあったら幸せになれたのかなあ?
すごいいい人だし、一緒にいるのは楽しいし。
まさか告白されると思わなかったから
正直びっくりして、でもほんとに嬉しかった。

弱ってた時期だけに
「あたしのことを好きでいてくれる」
それだけで充分嬉しかった。

けど、それだけじゃ恋人にはなれなかった。
今のあたしは、ね。



ゆーすけと出会う前なら、
それだけでつきあえたのかもしれないけど。





断って、辛いのは彼のほうなのに、
なんでかあたしまで胸が痛い。

ずっと、好きでいてほしかった。
白黒なんて、つけないでいてほしかったのにな。






2001年12月15日(土)



 困惑。

この1週間、いろんなことがあった。



その壱。

男友達に、メールで告白された。
しかも冗談か本気かすらわからない。

メールって、顔も見えないし声も聞こえない。
しかも、誰が打ってるかも確信が持てないから嫌い。


突然夜中に入ってきた
「実は好きなんだけど」ってメール。
送り主は、仲のよい男友達。

最初は、酔ってて悪ふざけかと思った。
よくそういうことする奴だし。
だから冗談かと思って
「そういうことばっかしてると知らんよー」って返した。

そしたら次の日の夜のメール。
「気持ちは本気なんだけど」って。


正直困り果てて。
もー混乱して。「困惑」の一言。

その言葉を信じていいのかさえわからずに。
きちんと彼自身の言葉で言ってくれたら、
あたしだってきちんと誠意を持って答えた。

でも、彼の本当の気持ちすら
わかんなくてうやむやにするしかなくて、
何もなかったかのように過ごしてる。


ほんとは白黒はっきりさせたい。
こーゆーのを曖昧なままにしとくのは
あんまし好きじゃないから。

だけど今のあたしは、
彼からもし「きちんと」告白を受けてしまって
返事が必ず必要な状況になってしまったら

・・・断るしかないじゃん?


彼とはつきあえない。
どっちかというと、いい友達でいたい。
気まずくなるのも嫌だし、今のままがいちばん楽でいい。


そう思って逃げた、あたしはずるいのかも。







その弐。

ゆーすけに会った。
だけど全然話をしててもかみ合わなくて、
あたしばっかりがゆーすけのことを気にしてて、
なのに。
ゆーすけはあたしの友達を気に入ってるみたいで

あたしは話したくて気になってしかたないのに。
すっごいすっごい空回り。

もう辛くて辛くてしかたない。


ゆーすけに会えても、こんなんは嫌。
でも、会えないのはもっともっと嫌。






今、あたしを悩ませてるのはもちろんこっちの方。






2001年12月14日(金)



 全人格を否定された気持ち。

好かれてないとわかる言動が
ゆーすけに増えるたびに

あたしは、全人格を否定された気分になってく。

どんどんどんどん
自分自身を否定してく。



あたしは
つまらない人間なんだと思う。

もう誰からも好かれないかもしれない。








2001年12月07日(金)



 後悔。

こないだの、

「ゆーすけはへこむと甘えられる対象を探す」

っていう男友達の一言を、
あたしはずっと忘れられないまま、
いろんなことを思い出してた。


あたしはゆーすけにとって
そんな対象にすらなれなかった。
そう思ってた。


でもいろいろ思い返すうちに、
あたしにも甘えられてた頃があったのかもしれない。

それに・・・気付いた。






風邪をひいたゆーすけが、
電話をかけてきたことがある。
・・・夜中の1時だった。

「どしたの?」
あたしが聞くと、ゆーすけは、
「声聞いてから寝ようと思っただけ」
って言った。

あたしは怒って
「早く寝なさい!」って言ったんだけど(笑)



あとね。
「昼寝するから起こして」
って言われたこともある。

・・・告白してフラレる、3日前。







あの頃はたしかに甘えられてた、あたし。
今になってそんなことに気付く。



どうしてあたしは想いを伝えたんだろう。
どうしてあのままの関係でいられなかったんだろう。

何も不満はなかったのに。
凄く幸せだったはずなのに。




どうして先に進みたがったんだろう。
どうして確かなものを欲しがったりしたんだろう。








2001年12月05日(水)



 友達の話。

昨日の話の続き。

ちーちゃんとごはん食べた時に、
まあ当然というか2人きりなわけなくて
(てか、今ちーちゃんと2人きりになるのは無理・・。
 あたしの身が持たない・・・。)
まあゆーすけの友達もいたわけよ。何人かの男友達。

その中の1人は、あたしの友達でもある人で
ずっとまあ、「最近どう?」とか話してたんだけど、
そのうち話がゆーすけの話になってって。
まあ奴はあたしとゆーすけの間に起こった一連のことは
何も知らないんだけどね・・・。


奴がそこで言いました。
「ゆーすけは、へこむと甘えられる対象を探す」


うーん・・・。
なんか複雑だった。
知ってたけど、改めて知りたいことではなかったし、
次から次へとその対象が変わってくのも知ってる。

そして。
その甘えられる対象にすらなれなかったあたし。





ちーちゃんを目の前にして
あたしはやっぱりゆーすけがひどい男なことを
嫌というほど友達から聞かされて思い知ったけど。

本能に従って生きてる人だ、ってことも
酒飲むとすぐ女の子口説いて手出しちゃうことも
みんなみんなあたし、知ってたけど。



それでも、嫌いになれない。









「あたしじゃなんでだめだったの?」
もの凄く聞いてみたかった。
一度、ゆーすけに。
あたしを利用したいだけ利用して、
ぼろぼろにして次にいってくれた方がまだよかったのに。


こんな宙ぶらりんで置いていかないで。


恋人じゃなくてもいい。
都合のいい女で全然かまわない。




だから会いに来て。
あたしが望むのはそれだけなの。

ただ会って、
一緒に時を過ごしたいだけなんだよ。







2001年12月04日(火)



 元彼女。

こないだ。
ゆーすけと喋った後。
彼の学校の方々とごはんを食べに行った。

そこにはゆーすけの元彼女である
ちーちゃんもいたわけで。

ゆーすけはいなかったけど・・・。


しばらくぶりにちーちゃんに会ったけど
やっぱり彼女は可愛い。
人気があるのも肯ける。
ちっこくて愛らしくて目がくりくりで。
ぎゅーってしたくなる女の子だと思う。

でも性格は強いんだけどね。
あのゆーすけと付き合える女だもん。
強くないとやってけんってば。

驚いた事は、
ちーちゃんが煙草を吸っていたこと。

きっかけはもちろんゆーすけ。
奴とつきあってた時代に吸い始めたらしいけど、
高校時代は煙を吸うだけでも辛かったらしいのに。
男は女を変えるもんだなあ・・。と。

まあ実は言うほど驚かなかったけども(笑)


ゆーすけと彼女が「つきあっていた」って事実は
事実として消えることはなくて
あたしはそれがとてもうらやましくて

あのゆーすけが3回も選んだ女だから、
やっぱり彼はちーちゃんのことを好きなんだろうし
あたしはこの先ももう一度くらい復縁がある気がする。

彼女は、ゆーすけの選んだ人。
ゆーすけに選ばれた人。
ゆーすけの「特別」な人。「特別」だった人。


そう考えながら彼女を見ていたら
たまらなく苦しい気持ちになって、

2人のつきあっていた頃の生活を思い浮かべてみたりして。

あの助手席に彼女はいつも座っていたんだろうし
あの台所で料理もしたはずだ。


そんなことを考えてたらやっぱし胃が痛くて
笑えなくなっていたたまれなくて。








しんどいです。
でもなによりしんどいのは、あえないこと。
会いたくてしかたない。



2001年12月03日(月)



 いっぱいいっぱい。


ものすごくしんどい。
苦しい。


昨日、ゆーすけとしゃべった。
あたしはもう随分前からものすごくどきどきして、
顔を見てちゃんと話ができるかものすごく心配で、
もうとにかく緊張しまくってた。


そこに現われたのは
あたしの知ってるいつものゆーすけだった。
3ヶ月前と何も変わらない。

そしていつものように。
昔と同じように。
ほんとにごく普通にあたしたちは会話をした。
「ひさしぶり」とも言わずに。
まるで毎日会うクラスメイトとの会話の如く。


あー、そうだ。これがゆーすけって男だ。


あたしに圧迫感や緊張感を感じさせない、
一緒にいても沈黙を気にしなくて済む人だった。
だからあたしは彼と一緒に過ごす時間が好きだった。

隣りに座って、彼の横顔を見てるだけで、
別に何を話すわけでもないのに幸せで。

彼が煙草を吸っている間の、そんな時間が好きだった。




ひさびさに蘇ってきたあの甘い感覚が、
思い出があたしをものすごく苦しくさせてく。


わかってたけど、
あたしはまだ「全然」が百回つくくらいゆーすけが好きで、
忘れることなんてまったくもって不可能で、








だから苦しくてしかたない。
どうしていいのかわかんない。

もういっぱいいっぱいだよ。あたし。






届かない思いを抱えているのは、つらい。






2001年12月02日(日)



 あたしが彼を好きな理由。

あたしね。

ものすごくものすごく緊張して
胃が痛くてお昼ごはんが食べられなくて。


永遠に夕方が来てほしくないような気がして。




3ヶ月ぶりにゆーすけを見た。
それはこの日記をつけはじめたきっかけともなった
ゆーすけへの失恋以来で。

ずっと会いたかった。
でも会えなかった。



ゆーすけは、女に不自由しない人だし
あたしがいなくたって彼の日常が変わったりしない。
はっきり言えば、彼にあたしは必要ない人間で。


それを知るのが怖くて「会いたい」なんて言えなかったし
だからといって自然に会う機会があるわけでもない。








あたしが今日見たゆーすけは
あまりにかっこよくて、あたしは泣いた。


それは、あたしが届かないことを知った瞬間。





あたしはゆーすけにはかなわない。
かっこよさも、自分勝手さも、全部。
ゆーすけは、誰より自分に自信を持ってて
その自信が彼を支えてる。

ゆーすけが誰よりかっこよく見えるのは
その、自信のせいなんだと思う。


そしてそれが、あたしが彼を好きな理由。








ゆーすけ。
会ったらぜったい今以上に苦しくなるから、
せっかく閉じ込めてた気持ちの蓋を開けるようなこと
ほんとはしたくなかった。

だけどどうしてこんなに会いたくて
会えた今、泣きたい気持ちになるんだろう。



2001年12月01日(土)
初日 最新 目次 てがみ 掲示板


↑エンピツ投票ボタン

↑「my追加」ボタン