江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2007年06月30日(土) おきざりにされた悲しみ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 学校に通わせてもらえない子どもの疎外感をあなたは想像できるか。この世にはさまざまな親がいて、自分の子どもが学齢期になっても学校に通わせずに放置するような親もいる。そのことによってその子どもが将来どんな不利益を被り、どんなに将来の可能性を奪われるかを考えたことがあるのか。世の中にはいろんな救いようのない親がいる。子どもを虐待して殺してしまう親さえいるのだ。バイクのヘルメット入れに子どもを入れて窒息死させるクソ親もいれば、ろくに食事を与えずに餓死させる親もいる。そうした子どもたちと比べれば、まだ命があるだけマシなのかも知れないが、それにしてもなぜこんな不幸な子どもが放置されていたのかとオレは驚いてしまうのだ。そこにそんな年齢の子どもがいることを周囲も行政も児童相談所も把握していなかったのかと。以下の記事は産経新聞のWEBサイトからの引用である。

ミイラ化の女性遺体発見 同居家族が2月から放置
29日午前7時10分ごろ、愛知県岡崎市稲熊町、人材派遣会社社員、大前清克さん(36)方のアパート一室を訪れた同社社長の男性(44)が、室内で大前さんの姉で無職、恵美さん(42)の遺体を発見、110番通報した。
 岡崎署の調べでは、遺体はミイラ化しており、大前さんは「姉は2月ごろに死んだ」と話しているという。司法解剖の結果、遺体に目立った外傷はなく死因は不明。
 岡崎署は、死亡を届けなかった軽犯罪法違反の疑いで大前さんと母親(70)から事情を聴いている。
 調べでは、大前さん宅は大前さんと母親と恵美さん、恵美さんの長男(12)の4人暮らし。恵美さんは6畳一間の布団の中で死んでいた。
 長男は中学1年生に相当する年齢だが、学校には通っておらず、岡崎市もそのことを把握していなかったという。県西三河児童・障害者相談センターは同日、長男を保護した。(2007/06/29 23:40)


 12歳と言えば中学生の年齢だ。彼は自分の母親が死んだまま布団の中に放置されてミイラ化しているのを見ながらいったい何を考えていたのだろうか。70歳の母親とその娘と息子、そして娘の長男という4人家族がアパートで暮らしていた。彼らがいったいどんな生活をしていて、どんな毎日を送っていたのかこの記事は詳細を伝えていない。少年の父親はなぜいないのか。恵美さんは結婚していたけど離婚して子どもを連れて帰ってきたのか。そうした事情もわからない。ただ明らかなのは、恵美さんは亡くなってもそのまま放置されるような冷たい家族の中で暮らしていたという事実だけなのである。

 学校に通わずに家に引きこもって不登校になる子どもが大勢いる。小学生の1%、中学生になるともっと増えるという。学校に通いたくない彼らなりの理由は存在するのだろう。しかし、この世には初めから通わせてもらえない子どもたちだっているということを知って欲しい。あなたには行くか行かないかという選択肢が用意されている。しかし最初から「行く」という選択肢を持たない子どもだっているのだと。地域紛争で国土が荒廃してる国の中には、いくら通いたくても学校そのものが存在しないところだってあるのだと。

 死んだ恵美さんを4ヶ月も放置したこの家族の罪は「軽犯罪法違反」だという。そこまで人間としての尊厳を踏みにじるような行為が立ち小便程度の罪にしか問われないのか。オレはそうした扱いにも納得ができないのである。子どもを学校に通わせないことに対する怒り、死者を冒涜することへの怒り、おまえたちいったい何なんだよという怒りである。ただ明らかなのは世の中にはこのような救いようのない連中が確かにいるということなのだ。オレにできることはそうした連中とはできるだけ関わり合わないように平穏無事に生きることだけなのだろうか。

 オレはまっとうな両親の庇護を受け、ちゃんとした教育を受けることができたことの幸福を改めて思う。そしてこのような悲劇をどうすればなくすことができるのかと考える。一人でも多くの人にオレの暴言コラムを読んでもらって、一人でも多くの方にきちっと目を開いて世の中を見つめてもらうことでしか、何一つ変わらないし動きやしないとオレは思っている。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に前進、応援感謝です! m(_ _)m 

2007年06月29日(金) 大阪市の赤バスの悲劇        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 大阪市内を赤バスと呼ばれるコミュニティバスが走っている。赤い塗装はくすんでいていかにも造りの悪さを感じさせるのだが、この車体は国産ではない。ボルボ関連会社でスウェーデンのオムニノーバ・テクノロジー社製造のマルチライダーというバスである。もう少しまともな塗装にしてくれよと思うのだが、きっと安物なんだろう。(といっても一台2000万円するらしいが)ちなみにこのオムニノーバ社は倒産してしまい、マルチライダーの製造は終了している。とにかく故障が多くて維持費が高く、なんでこんなクソバスを買わされたのかというようなひどいシロモノらしい。オレは一度しか乗ったことはないが、ひどい塗装を見ればクソということはよくわかる。

 運賃は100円均一で、運行しているのは大阪市交通局ではなくて大阪運輸振興となっている。2000年5月20日に試験的に5路線での運行を開始。2002年1月27日に21路線で本格的な運行を開始している。オレはこのバスがいつも乗客ゼロで走ってるのによく遭遇する。はっきり言ってほとんど利用されていないのである。じゃあなんのために走らせているのか。それは定年退職後の市交通局職員の雇用確保である。給料の安い大阪運輸新興という別会社を作って、そこで給料はかなり減るがとりあえず退職後も働けるようにしたわけだ。自分たちの福利厚生が目的だったわけである。

 オレが「誰も乗っていない」と思ったとおり、ほとんど誰も乗っていない。2002年7月における全路線の1便あたり乗客数は16.1人/便となっている。運賃が100円だから1便で1600円しか稼げないのである。どう考えても赤字である。なんでそんな意味のないものを走らせてるのかとオレは思ってしまう。まあ「雇用対策」という理由でこんなもんを走らせてるのならば、客がなくてもかまわないわけだが。

 この存在価値のない赤バスに関して、大阪市は、乗客数、営業キロ、走行キロ、在籍車両数、料金収入、補助金額、委託先の社長名、事業内容、従業員数、など一切のデータの公表をしていないらしい。いったいどれほどの赤字を垂れ流し、どれほどの補助金がつぎ込まれ、どれだけの客が実際に利用してるのか全く公表されていないのだ。その理由は自治体側には公表の義務がないかららしい。(乗客に関しては7000人/日という推計もあるが)。

 誰も客を乗せずに赤バスは市内をドライブして回る。客がないとは全く気楽なものである。それでも運転手は給料がもらえる。赤字は大阪市が補填する・・・というか大阪市の補填がないとこんなものやっていけないに決まってるじゃないか。いったいどれだけ税金が無駄に費やされてるか、オレはそれが不思議でならないのである。

 JRの赤字ローカル線を第三セクター化したり、バス転換したりして維持しようとするのはその路線が地域社会にとって必要だからである。さて、赤バスはこれまで市バスの路線のなかったところを中心に走っている。大型バスではカバーしきれない公共施設や病院と駅などを結んでいるのである。しかし、路線がなかったということはそもそも需要がほとんど存在しなかったからではないのか。その需要がないところにバスを走らせれば需要が生まれるかというと、やはり需要は存在しないわけで空っぽのバスが空気を運んで走るだけのことなのである。なんでそんなものを走らせるのかとオレは不思議なのだ。そこでこのバスが「定年後の雇用確保」という役割も果たしていることにオレは思い至るのである。そんなことのために大阪市はまた借金を増やしていたのかと。

 オレがよく帰りに寄り道する地下鉄田辺駅近くのたこ焼き屋のそばにこの赤バスは時々駐まっている。時間調整のためかかなり長時間駐まっている。乗客はいない。そして誰も乗らないままに発進していく。塗装のくすんだその後ろ姿を見送りながら「無駄だなあ」とオレはあきれる。

 赤バスの実態はいずれ明らかになってマスコミから叩かれることになるだろう。このままならこれからどれだけ赤字を重ねるのかわからない。確かなことは数年先か十数年先にこのコミュニティバス事業は巨額の借金のために崩壊するだろうということだけである。大阪市民ではないオレには無関係な話で、そんな借金は大阪市民が頭割りで負担すればいいかと思うのだが、それにしても大阪市は借金を増やすことの天才である。破産するのはいつだろうか。近々そういう運命が待っていそうでオレは少なからず期待してしまうのである。どんなときもオレは単なる野次馬だからだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に前進、応援感謝です! m(_ _)m 

2007年06月28日(木) オレはメリケン野郎が大嫌いだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはこのニュースを聞いて非常に腹が立っている。今これを米議会で決議することの理由がどこにあるのか。日本の過去の何人かの首相は慰安婦問題に関して真摯な立場で反省や謝罪の意思を表明してきた。いったい何度謝らせるつもりなんだ。それでいったい何を求めてるんだ。どうせこんなことの背後では韓国系や中国系の団体がゼニをばらまいてロビー活動してるに決まってるんだが。そしてそんなゼニに動かされる腐れ外道ばかりがアメリカの議会の多数派なんだ。反対票を投じた良識派の議員はたった2名しかいなかったのだ。

慰安婦決議案、米下院委が可決 下院議長が支持表明
2007年06月27日10時38分 米下院外交委員会は26日午後(日本時間27日未明)、従軍慰安婦問題に関する決議案を一部修正のうえ、賛成39、反対2の大差で可決した。
ソウルの日本大使館前で27日、記者会見する元慰安婦の女性たち
 決議案の可決を受け、民主党のペロシ下院議長は同日、「下院がこの決議案を採択し、慰安婦が受けた恐怖を我々は忘れないという強いメッセージを送ることを期待している」との声明を発表。7月にも本会議が開かれ、決議案が採択される可能性が強まった。
 民主党のラントス委員長らがこの日提出した修正案は、日米同盟の重要性を確認する文言を追加。首相に謝罪の声明を求めた部分について「首相が公式の謝罪声明を出せば、日本の誠意と、従来の声明の位置づけに対する一向にやまない疑いを晴らすのに役立つ」との文言も盛り込んだ。
 ラントス氏は「日本政府が公式で明確な謝罪をいやがるのは、今日の世界での日本の役割と明確に相反する。日本は誇り高い世界のリーダーであり、貴重な米国の同盟国だ。それだけに、誠意を持って過去を説明しようとしないことには困惑させられる」と語った。また、共和党のロイス議員は「昨日のことに誤って対処すれば、正しい明日を得ることも難しくなる」と述べ、今回の決議案は過去の話ではなく、現在も重要な意義があると強調した。 一方、米国務省のケーシー副報道官は同日、記者団に「安倍首相の訪米時にブッシュ大統領が(謝罪の受け入れに)言及しており、政権に関する限り、付け加えることはない」と述べ、政府間では解決済みとの姿勢を示した。


 この決議案に先立って、6月14日に日本の国会議員有志や言論人らは米紙ワシントン・ポストに慰安婦の強制性を示す文書はないとする全面広告を出したという。その広告の中には「1945年に占領軍当局は、米兵による強姦(ごうかん)を予防するため慰安所の設置を日本政府に要請した」とあり、これが米議会の反発を招いた可能性もあるというのだ。オレもそう思う。それはアメリカ合衆国というクソ国家の本質がまさにそこにあるからだ。ジャップごときに自分たちの強姦を指摘されて気分が悪いのだ。自分たちアメリカ人がジャップの女を強姦するのは罪でもなんでもないが、ジャップが同様のことをするのは究極の悪だというのがアメリカの普通の人々の価値観である。

 彼らの基準は究極のダブルスタンダードなのである。自分たちの強姦はOKだが他国はダメ。自分たちの虐殺はOKだが他国の行為は人道に関する犯罪。それがアメリカ合衆国の常にとり続けてきた基準なのだ。ヒロシマ・ナガサキの原爆投下は人類の歴史史上許し難い戦争犯罪だとオレは思ってるが、アメリカ人の感覚から見ればジャップなんか何十万人死のうとOKなのである。終戦直後に日本に進駐した米軍によって大量の強姦事件が発生し、被害を食い止めるために慰安所を設置したが、そんな事実は宣伝して欲しくないのである。イラクでは米兵によるイラク人女性への強姦事件が頻発しているが、そんなことは全く報道されないのである。60年以上昔の日本の歴史を断罪しようとしてるアメリカ議会は、今自分たちの国の兵士がイラクで行ってる破廉恥行為に関しては全く知ろうともしないのだ。自分たちの悪はOKだと思ってるからである。

 オレが安倍晋三の立場ならすぐにアメリカに対して宣戦布告だ。「コラ、メリケン野郎。日本を舐めンなよ!」と啖呵を切るのもいいが、もっと静かにオレは攻撃する。それは軍事力を用いた戦争ではなく経済戦争だ。日本が保有するすべての米国債を売って売って売りまくるんだ。ドルはたちまち暴落して1ドル=80円くらいになるだろう。債券市場で米国債が投げ売りされればドルは対ユーロでも暴落するはずだ。そうやってNY市場を大恐慌に陥れてやるのだ。アメリカ人の半分は株式投資をやってるそうだ。株価暴落で彼らが資産を失って阿鼻叫喚するさまを高笑いして見物してやれ。文句を言うならそんなことを決議した議会に対して文句を言え。大恐慌でアメリカ国民の資産を半分に減らしてやるのだ。右往左往するメリケン野郎を尻目にざまあみろとオレは高笑いだ。

 ついでに日本の国会でどんどん決議案を出してやれ。ヒロシマ・ナガサキの原爆投下を非難する決議案。ベトナム戦争での住民虐殺を非難する決議案。ハワイ沖で実習船愛媛丸に原潜が体当たりして多くの若者が殺されたことに対する非難決議案。沖縄で多発する米兵の犯罪防止のためにいますぐ沖縄の米軍基地をすべて廃止させる決議案。アメリカが黒人奴隷をアフリカから大量に拉致して、アフリカの地域社会を崩壊させたことに対する非難決議案。そういうのをどんどん出してやるんだ。そして「過去の歴史」に対してブッシュ大統領の謝罪を要求するんだ。もちろんブッシュは謝ることなどないだろう。それと同じである。戦前の日本政府が行った行為に対する判断はすでにサンフランシスコ講和条約で決着済みである。そのことを今更蒸し返すことにいったい何の正義があるのか。

 従軍慰安婦=日本軍というくくられ方をするとまるでそれが日本だけのことであるかのように誤解されるが、例えばドイツ軍はポーランド人やフランス人女性を集めて慰安所を設置していた。ドイツ軍が撤退していった後、そうした慰安所にいた女性の多くは裏切り者として頭を丸坊主にされ、リンチに遭ったり自殺したりしたという。喜んで慰安所に行ったわけでもなく、生きるためにそうすることを余儀なくされた女性たちが、なぜ「裏切り者」なのか。オレが毛唐どもの正義なんて信じていないのは、そんな事実を知っているからである。

戦争というのは究極の悪だ。いくら国際法で軍事力の行使が規定されているとしてもそれは市民に対する無差別の暴力だ。そして今の国際社会の中で、その暴力を行使しているクソ国家はアメリカ合衆国一国だけである。こいつらが世界の癌細胞みたいなものであることはいうまでもない。こんな国には経済戦争を仕掛けてガタガタにして謙虚さを学ばせるしかないだろう。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に前進、ありがとうございます! m(_ _)m 

2007年06月27日(水) 理科のお勉強の足りない人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 無知とは怖ろしいものである。たとえば呼吸器系の病気で入院していて酸素吸入を受けてる人が、そのままの状態でふとタバコを一服しようとしたらどうなるか。一瞬のうちに顔は炎に包まれるだろう。シンナー遊びをしてる馬鹿中学生がタバコを吸おうとしたらどいうなるか。シンナーの入った袋が爆発するかも知れない。まあシンナー遊びをしてる時点でそんなクソガキは別にどうなってもオレは同情などしないが。どうしてそんな馬鹿の心配までしてやらないといけないのか。シンナー遊びをすると歯が溶けるだけではなくてきっと脳みそまで溶けてしまうのだろう。

 オレがそんなことをあれこれと思ったのは、中学生がたむろしていた一室で起きたこの爆発事故である。

爆発事故:マンション1室で 男女中学生6人重軽傷 仙台
26日午後6時半ごろ、仙台市宮城野区平成2の3階建てマンションの3階の1室で爆発があり、中にいた同区内のいずれも14歳の市立中学3年生の男子生徒4人と女子生徒2人がやけどなどを負った。このうち男子生徒1人がのどのやけどで重体、別の男子生徒1人が顔や両足やけどなどで重傷、男女各1人は軽傷で、残る2人も治療を受けている。
 宮城県警仙台東署の調べでは、現場の1室は女子生徒の自宅で、子供部屋や寝室の壁が崩れ、窓ガラスが吹き飛んだ状態。携帯ガスボンベやスプレーのような缶類が10個以上散乱していたほか、ライターやたばこも残っていた。同署は、生徒の回復を待って、激発物破裂容疑で事情を聴く。
 マンション東隣の住民男性(66)は「テレビを見ていたら『ボーン』という大きな爆発音がしてあわてて外に飛び出した」。近くに住む男性会社員(30)は「ガラスやサッシ戸が落ちてくる『ガシャン』という音がすごくて、交通事故が起きたようだった。中学生が次々と自力で外に出てきたが、全員、髪の毛がチリチリだった」などと驚いた様子だった。【伊藤絵理子、比嘉洋、鈴木一也】毎日新聞 2007年6月26日 20時54分 (最終更新時間 6月27日 0時17分)


 不幸中の幸いは重体や重傷であっても死者が出なかったことだが、壁が崩れるような衝撃だったのに命が助かったことはある意味奇跡に近い。ただわからないのは、室内に携帯ガスボンベやスプレーのような缶類が10個以上散乱していたということである。このボンベやスプレーの使用目的はいったい何だったのだろうか。そして何のスプレーだったのだろうか。ラッカーを薄めるための溶剤としてシンナーを含むスプレーだったとすれば、それを吸飲用に部屋で噴射していたということの説明がつく。現時点の報道では詳しいことはわからないのだが、10個以上ということでそれらがなんらかの意図を持って集められたことは想像に難くない。こいつらは部屋でいったいどんなパーティーを行っていたのだろうか。カセットコンロのボンベということはもしかして鍋パーティーでもしていたのだろうか。

 この記事を書いた後で知ったのだが、カセットコンロの燃料などに使われるブタンガスを吸入して遊ぶ「ガスパン遊び」ということが少年たちに流行ってるらしい。大都市周辺ではシンナー遊びよりも多いとも言われる。ブタンガスは幻覚作用が弱くて法律の規制もないので誰でも安価に手に入れられる。ただ、吸引すると脳のマヒから酩酊状態になり幻覚や幻聴を引き起こすとか。またブタンガスは肺に貯まるので肺の換気量が減少してガス交換不全となり、酸素欠乏を引き起こす。そのまま窒息死に至ることもあるという。

 中学生の身でありながらライターやタバコが散乱していたというこの状況でオレがもう一つ思うのは、この女子中学生の家がたまり場として利用されてそこでどんなことが起きているかをその女子中学生の親が知っていたかということである。たとえ親の留守中であっても部屋で喫煙が行われていたのならば、帰宅してから親はそれを知ることができるはずだ。そこでまともな親ならば子どもに絶対に吸わせないという指導ができるわけである。ところが困ったちゃんの親の場合は、「学校の先生には見つからないようにしましょうね」「タバコ代は自分でバイトで稼いでね」などと言って懐柔する場合が多いのである。そうして子どもは喫煙の習慣から抜けられなくなる。喫煙は非行の第一歩である。

 喫煙→万引き→売春→覚せい剤

 非行行動はそこからどんどんエスカーレートしていくのだが、最初の喫煙のところで食い止めればその後はない。しかし、最初の部分で止められないからどんどん坂道を転がり落ちていくように問題行動は加速するのだ。タバコを吸ってる中学生にろくなヤツは居ないとオレは断言する。タバコを吸わない人間にとってあんなに迷惑な行為を中学生のうちから平気でしてるようなクソガキは社会の迷惑以外の何ものでもない。(もっとも大人でもマナーを守って吸ってる人は少数派なんだが)

 大爆発の中で九死に一生を得たこの中学生たちは、自分たちがいかに危険なことをしていたかを高い代償を払って知ることになったのである。この世にはこんな馬鹿が他にも大勢いる。オレが日本の将来を憂うのは日本がこういう馬鹿に席巻されることを怖れるからである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に前進、ありがとうございます。 m(_ _)m 

2007年06月26日(火) 自転車で日本一周するということ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 かつてオレは自転車少年だった。日曜日になると朝早くから家を出て200匐瓩さ離を走って帰ってきたものである。そんな高校生の頃、長期の休みには九州や信州を旅したものである。大学生になってもサイクリング部に入って自転車で旅をするという日常は変わらなかった。オレがまだ小学生くらいの頃だったか、少年キングに「サイクル野郎」」という漫画が連載されていたことを覚えている。旅へのあこがれはそういうところから始まっていたのかも知れない。本質的には定住民族ではなく一介の放浪者である自分を自覚することもまた同様にそのころからなんだろう。

 大学生の頃に乗っていた数台の自転車は今オレの部屋に吊してあるがもう長いこと乗っていない。一台は輪行袋に収納されたまま朽ち果てている。今のオレはサイクリストを完全に引退してしまったからである。ただ、カラフルなウェアに身を包んで街をロードレーサーで走ってる人を見るとなんとも言えないなつかしい気分になる。かつての自分を見ているようだからだ。

 大学生の頃の自分が下関から京都までを23時間で走ったり、京都大学サイクリング部の第一回耐久レースの覇者であったり、ただジンギスカンとフォークダンスのために襟裳岬から支笏湖まで200を爆走したことなどもうはるか昔の話である。そうした速さや持久力というのは不断の努力によって維持されるのであり、自転車を降りてクルマばかり運転するようになった自分はもう二度とそんな頃に戻ることは出来ないからだ。肉体はどんどん衰えていき、いずれ余命幾ばくもなくなるのだろう。そんなオレにとって胸の痛むニュースがあった。

自転車で日本一周の80歳、自宅目前ダンプにはねられ死亡
25日午後1時50分ごろ、長野県小谷(おたり)村北小谷の国道148号外沢トンネル内で、自転車で走っていた同県小川村瀬戸川、無職原野亀三郎さん(80)が、小谷村中土、運転手田原登さん(22)のダンプカーに追突され、全身を強く打って間もなく死亡した。
 大町署などによると、原野さんは自転車での日本一周旅行から戻り、自宅まであと30キロ余りというところだった。
 原野さんが旅行の途中で立ち寄った福島県新地町の旅館のおかみ村上美保子さん(58)によると、原野さんは昨年4月に長野を出発した。日本海沿いを北上し、北海道を一周した後、太平洋沿いに本州を南下する途中の同7月に、村上さんの旅館に泊まった。
 原野さんは「鎮魂」と書かれた紺色のTシャツを着ていて、「多くの友人が戦死した。残された私が青春を楽しまないと、彼らに合わせる顔がないんです」と村上さんに語ったという。自宅の近所の人によると、原野さんは、約5年前に東京から長野に移住し、独り暮らしだった。ヨーロッパを自転車で回ったこともあったという。(2007年6月25日23時58分 読売新聞)


 80歳というとオレの父よりも一つ上だ。その年齢で、自転車で日本一周する体力があるということにオレは敬意を表したい。「鎮魂」と書かれたTシャツを着て、戦死した友人たちの分まで楽しむために・・・というくだりは涙を誘う。そして長い旅が終わるその寸前に交通事故に遭ったことで、その旅は未完となってしまったのである。

 この事故が起きた場所をオレも走ったことがある。その風景が目に浮かぶだけになんともいえないやりきれなさがこみあげてくる。

 もう一つ、オレがこの事故を他人事と思えないのは、それは将来悠々自適の生活になったとき、もう一度自分が自転車に乗って旅をすることを想像するからだ。その時に日本の道路は果たして自動車と自転車、歩行者の分離がちゃんと進んでるだろうか。自転車で快適に旅できるような道路が日本中に整備されているだろうか。旅をする自分が交通事故に遭って命を落とすようなそんな危険はないだろうかと。

 原野亀三郎さん、オレは旅を終えたあなたと語り合いたかった。その年齢になって鎮魂の旅をするあなたがどんな青春を過ごし、あの高度成長の日本を支えた一人として今何を考えているのか、それを聞きたかった。これからの日本がどうあるべきか、日本中を旅しながらあなたが感じたことをオレは教えて欲しかったのだ。その機会は永遠に失われてしまった。

 徒然草には「命は人を待つものかは」(寿命は人を待ってくれるだろうか、いや待ってはくれない。)ということばがある。人が死ぬことは突然であっけない。その日が来たときにオレは「よりよく生きた」と言える自分でありたいと思う。少なくともまだオレにはそんなことを言う資格はないということを自覚しながら。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に前進、なんてことだ! m(_ _)m 

2007年06月25日(月) またまた手抜き工事マンション発見!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 建築費を安く上げるためにひどいマンションを作っていたヒューザーアパマンションの悪事が報道されたが、他にもまだ摘発されていない悪質な業者はいくらでもあるとオレは思っている。ミートホープ社の肉の豚ミンチを牛ミンチと偽装した事件も「たまたまバレたから摘発された」のだとオレは思っている。どちらも問題の本質は同じなのである。ゼニが儲かるのならわからないようにごまかしてしまえ!という論理なのだ。オレはよくこの日記で中国や韓国のそうしたビジネスを痛烈に批判してきた。しかし、日本でのこのような報道を見ると同じようなことが日本国内でも存在することに対して大いに恥ずかしさを覚える次第である。ただオレとしては同じようなスタンスで悪を斬ることで自分の主張を語るしかない。

天井に多数の亀裂、三重・桑名市のマンションで20戸転居
三重県桑名市の分譲マンションで、天井に多数の亀裂が生じ、住人の依頼で調査した検査機関も構造上の欠陥を指摘したため、全59戸のうち約20戸の住人が転居したことが24日、わかった。
 分譲した三交不動産(津市)は住人に文書で謝罪し、退去する場合、部屋を販売価格の90%で買い取ることを提示するとともに、原因を調査している。
 欠陥が見つかったのは、桑名市明正町の鉄筋鉄骨造り15階建て「サンマンションアトレ益生(ますお)駅西」。準大手ゼネコンの鴻池組(大阪市)が施工し、2004年1月に完成した。3LDK〜4LDKで、1戸約1750万〜3360万円で分譲された。
 天井の亀裂は05年3月ごろに見つかった後、多数の部屋で発生していることがわかり、住人らは昨年9月、第三者機関「日本建築検査研究所」(東京)に調査を依頼した。
 同研究所の1級建築士らがまとめた報告書では、亀裂が生じている状況が「ほぼすべての住戸で確認された」としている。原因については「天井内部の補強用鋼材の配置に不備がある」と分析した。
 三交不動産経営管理本部の坂井義行総務部長は、「設計に問題はなかったが、建築に何らかのミスがあった」としたうえで、「原因や耐震強度については、第三者機関の日本建築構造技術者協会に依頼して調査中で、7月中旬には結果を報告したい」と話した。(2007年6月24日21時56分 読売新聞)


 オレはこの三交不動産という企業のとったいいかげんな態度がまず許せない。「三交」とつくからにはここはあの三重交通の関連会社なんだろうか。三重交通といえば運転手に過労運転をさせてスキーバスがダム湖に転落して大勢の死者を出したあの事件を思い出す。両者はここでは全然関係ないわけだが。欠陥マンションを作ってそれを売ってしまった場合は、施工元である鴻池組と販売元である三交不動産が全額弁償するだけではなく、引っ越しの費用や払ってしまった住宅ローンの金利、そして迷惑料としての金銭まで支払うべきだろう。それが90%とは客を愚弄するような金額である。おまえらはそんなクソみたいなマンションを売りつけて、その上10%のゼニを取るつもりなのか。ふざけるなと言いたい。オレがマンションを買った客なら絶対に許さない。謝罪交渉に来たヤツをその場で縛り上げて、三交不動産と鴻池組の社長がマンション代金+払った金利分+迷惑料を耳を揃えて全額持参するまで帰さないだろう。

 これからもこうした手抜きマンションはまだまだ出てくるだろう。しかしその建物に何千万というゼニを払う側からすれば、そんな資産価値にならない危険なものに対してゼニを払わされたことは詐欺以外の何ものでもない。全額弁償させるだけではなく、その詐欺行為を働いた連中をすべて刑務所にぶち込んでやることで一罰百戒、建設業界の手抜き工事が好きなクソ野郎どもを恐怖のどん底にたたき込まないとだめだ。

「設計に問題はなかったが、建築に何らかのミスがあった」という言い訳は、現場の工事で手抜きが行われたのであり、構造計算書には問題がなかったということを主張したいのだろうか。そうやって施工主の鴻池組に責任をなすりつけるのか。工事費を値切ってるのは三交不動産の方じゃないのか。どうせおまえら両方ともぐるなんだろう。もしも相手に裏切られたと思うのなら社長同士の殴り合いで決着をつければどうだ。オレから見ればてめえら両方とも狐と狸だ。そんな連中とまともに関わりたくねえぜ。

 そしてこの欠陥マンションにそのまま住み続ける場合はゼニは返してもらえないのか。「90%返却」の条件が「退去する場合」となっている。じゃあそのままこの欠陥建築を使い続けるつもりなのか。ふざけるのもいいかげんにしろと言いたい。ゼニを返さなくてもいい方法は一つだけだ。まともなゼネコンに依頼して、その近くに同程度の広さで耐震強度もちゃんと満たしているまともなマンションをそっくり建て直して、無条件にその新しい住戸を提供するという方法である。そんな経費を掛けるなら客にゼニを返した方がマシだということがよくわかるだろう。

参考図書
月に響く笛耐震偽装 完全版
亡国マンション The Truth of Defective Condominiums
マンションは何千万円もして人生最大の買い物なのに耐震偽装か、手抜き工事か、わからないしどうやって選んだらよいかわからない人が読む本 (2006〓2007)
マンションの管理革命―良いマンション・悪いマンション
危ないマンションの見抜き方―恐るべき“手抜き”の手口を暴く


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に前進、なんてことだ! m(_ _)m 

2007年06月24日(日) 政治家にとって公約とは何か?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 暴言日記セレクションを更新いたしました。また、江草のお勧めのモバイル用パソコンをこちらのページで紹介しています。2台目を考えてる方はぜひごらんになってみてください。

 政治家にとって選挙の時に主張する「公約」っていったいなんだろう。有権者をつなぎ止めるための膏薬(こうやく)みたいなものだろうか。オレはこの公約というものをあまり信じていないのである。政治家というのは基本的にウソツキだと思ってるし、どんな公約があったかなんて有権者は選挙が終わるとすぐに忘れてしまうものだからだ。選挙というその非日常を戦い抜くための気の利いたスパイス(別に果たされなくてもいい)みたいなものだと思うからだ。たまに小泉純一郎みたいに公約をしゃにむに実行しようとする政治家がいると周りの人間はかなり困るのである。選挙の時にぶち上げた主張が実際は達成不可能な場合だってあるからだ。ここに公約が守れないからと給与を返上する市長がいた。公約なんか守らなくても平気な議員たちが多数いる中で、オレはこの伊藤文郎市長の決着のつけ方を評価したい。

「公約果たせず」3カ月分給与ゼロ 愛知・津島市長
 愛知県津島市の伊藤文郎市長(53)が、子供の医療費を無料化するとの公約を果たせそうにないとして、7月から3カ月分の自分の給与を全額カットすることが23日、分かった。
 関係者によると、伊藤市長は4月の市長選で、未就学児の医療費の10月からの無料化を公約に掲げて初当選したが、市民病院が本年度だけで24億円の赤字を抱える見通しが判明し、無料化は困難と判断した。
 市長は「市民の期待を裏切ったことに対する責任を取る」として、給与カットの条例改正案を市議会に提出し、22日の本会議で賛成多数で可決された。
 市議からは「10月まで時間はまだある。実現に向け努力すべきだ」「給与カットで責任を逃れるのは非常識」などと反対の声が相次いだが、市長の決意は固く、最終的に大半が賛成したという。(2007/06/23 18:44)


 公約を実行するのにゼニが掛かる。ところが市の財政状況は大変苦しい。市民病院は単年度で24億円の赤字を抱えるという。病院はそんなに儲からないものなのか。どうもオレには解せないのだ。そこまでひどい赤字になるということはどこかそのシステムの中に重大な欠陥があるのかも知れない。いずれにしてもオレが評価したいのは市長の決断だ。自らが給与カットという罰を受けることで公約を守れなかったことの責任を取ったのである。
 市長の次に責任を取るのはこの市民病院の院長だ。そんなに赤字が出る原因をちゃんと明らかにし、必要なら第三者機関に監査させて経費の無駄をなくすとともに、何らかの不正会計が存在するのなら調査の上で処罰するべきだろう。伊藤市長も自分が給与カットを受けたことの報復にしっかりと調べさせるべきである。

一週間延期されて地方の選管が大混乱に陥った参議院選挙だが、そこでもさまざまな公約という名の空手形が飛び交う可能性は高い。どうせなら議員どもに「○○ができなかったら給与を返上します。」とか「○○を阻止できなかったら腹を切って死んでお詫びします。」などという公約を語らせるんだ。そして選挙ごとに公約一覧表を作成し、任期切れの時は一人一人の議員について「公約破り」の罪を断固として糾弾すべきである。そうすれば議員どもは本当に可能性のあることしか公約に持ち込めないことになり、それだけ政策立案に慎重になると考えられるからだ。

 それにしても会場の手配などがすでに済んでしまってるこの時期になって投票日の変更とはひどい話である。いったいどんな選挙になってしまうのだろうか。 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に前進、ありがとうございます。 m(_ _)m 

2007年06月23日(土) この肉の正体は秘密です!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 北海道のミートホープ社が、牛ミンチに豚肉を使っていた問題で食品業界は大揺れである。そこから肉を仕入れていた加ト吉が製造したコロッケを検査したところ、30品目のうち23品目から豚肉が検出され、中には牛肉も豚肉も入っていなかったコロッケもあってもうむちゃくちゃである。腐った肉を殺菌処理して使っていたり、血液を混ぜて赤くしてごまかしていたりとやりたい放題である。ここまでされると、いったい我々が安心して喰えるものなどあるのかということになるわけである。

 ただ今回の場合、DNA鑑定してみたら偽装が次々と発覚したわけで、ちゃんと調べる手段があるわけだ。これからは店頭に置かれた商品を抜き打ち検査して不正があれば即通報されるという仕組みを作ればいいわけである。

 さて、ミートホープ社から肉を仕入れていた大手スーパーや食品加工業界には罪はないのだろうか。オレはこいつらも限りなくクロに近いと睨んでいる。少なくともプロならそういう偽装は見抜かないとだめだし、コロッケにしても喰ってみてその味からミンチの種類を判別できる程度の能力は必要だろう。オレがあきれるのは食品業界にいるはずの人間がプロとしての能力が乏しかったことである。どうしててめえらはその肉がイカサマであると気づかなかったのか。

 ここで考えられる理由は二つである。一つは本当に偽装に気づかないくらいに能なしだったということである。今はプロといえどもどんどんレベルが下がる一方なので、肉の種類も見分けられないような程度の人間しか現場にいないということが考えられる。もう一つの理由は、見抜いていたがなんらかの意図があって黙認していたということである。オレはやはり業界の方々の名誉のためにも「能なし」説を取りたくはない。だったらやはり「黙認」説をとらざるを得ないのである。

 おそらく加ト吉の側もその肉がニセモノであることにはうすうす気づいていたのだろう。しかしそれを指摘するよりも、それがニセモノゆえに安く仕入れられるという実利を選んだのではないだろうか。バレたとしてもリスクを背負うのは納入するミートホープ社の方であり。自分のところは「気づかなかった」「巧妙に偽装されていたのでわからなかった」と答えればいいわけである。

 JT子会社のジェイティフーズニチロもミートホープが納入していた牛ミンチを原料にしていた冷凍食品の自主回収を決めたという。たぶんここにも豚肉が大量に混入されてるのだろう。おそらくその心中は「今回はばれたから仕方ないぜ」だったりして。かなり笑わせてくれるぜ。いくら冷凍食品といえども食べればわかるだろう。おまえたちは自分の舌で確かめられないような食品を客に売ってるのか。

 オレは食い物を扱ってる業界の人間は常にプロ意識を持たないといけないと思ってるし、商品の質を落として客をだまして金儲けをしようとするような姑息なヤツは淘汰されるべきだと思っている。大阪ではまずい食い物屋は確実につぶれる。それだけ客の評価がシビアだからである。オレは加ト吉の冷凍食品は麺類以外喰わないが、偽装コロッケはきっと食べればすぐに見抜けただろうと思う。「この味変じゃないか!」「調べてみろよ!」という声が購入した客の方から出なかったことが不思議なのである。

 オレはよくこの日記で中国や韓国の批判を行う。その中には日本向けの食品の杜撰な管理に関する内容のものもあった。今回、日本国内で起きたこのような事件を知ると、一方的に韓国や中国の食品衛生上の問題を指摘したことを少なからず後悔する気持ちになる。日本国内でこのようなことが起きてる以上、オレの批判はかなり的はずれなものになってしまうからだ。今回のオレの日記はそのことに対する戒めの気持ちも含まれている。他国のことを批判する以上に自国のことに関してはより激しく批判すべきではないかと。

 社長の指示でやっていたとミートホープ社の社員は語ったという。また勇気を持って内部告発のために出向いたこともあったという。もしも本当に偽装が社長の指示であったのだとしたら、罪はすべて社長にあり社員はただ業務命令としてその偽装を粛々と行ったに過ぎないのである。何年にも渡って消費者を欺き続けたこの犯罪、日本の法律ではただの罰金刑で終わるのだろうか。食品衛生法違反の罰則は2年以下の懲役又は200万円以下の罰金に処するとあって、こんなに短い懲役なら執行猶予もつきやすいし、こんなに安い罰金なら偽装して儲けた方がマシということになる。国民の食を危機に陥れた連中には10年以上は刑務所に入ってもらうべきだというオレの主張は厳しすぎるだろうか。その刑務所ではミートホープ自慢の腐った肉から再生した肉をじゃんじゃん食わせてやれ!


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に復帰です。応援ありがとうございます m(_ _)m 

2007年06月22日(金) 株主総会で何が起きるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 株式会社三條機械製作所(6437)は東証2部に上場しているが、一日の出来高もせいぜい2万株程度であり、さほど投資家の注目を集める存在ではなかった。事業内容はたばこ製造用機械器具ならびに同装置の製作・設置工事および販売がメインだったが、最近では自動車業界向け主体のダイカスト金型の製作、および販売に徐々にシフトしてきており、今ではそちらが売り上げの過半を占めるようになってきている。どちらかというと地味な事業内容であり、堅実ではあるがさほど投資家の興味や関心の対象とはなっていなかったのだ。

 5月15日に発表された2008年3月期の連結業績予想は売上高が2%増の184億2000万円、純利益が13%増の10億2000万円であり、予想1株利益は68.1円、そこから計算されるPERは9.9倍と市場平均を大きく下回っていた。かなり安値のまま放置されていたのである。一株あたりの配当金は年間8円という少なさで、それもまた株価を上昇させない要因だった。ところがこの三條機械製作所の株をひそかに買い集めている投資ファンドが存在したのである。

 2006年12月、英領西インド諸島のケイマン諸島を所在地とする投資ファンド「ザ・エスエフピー・バリュー・リアライゼイション・マスター・ファンド」(以下SFPと省略して表記する)が突如この三條機械製作所の株を5%以上取得したという大量保有報告書を提出した。保有の目的は純投資となっていた。株価は急上昇し、それまで480円くらいだったのがたちまち100円以上上昇した。その後もSFPは少しずつこの三條機械製作所の株を買い集めていったのである。3月28日には144万3,000株(9.58%)、5月9日には160万株(10.63%)、5月29日には178万3,000株(11.84%)となった。6月にはいるとさらに買いのスピードを速め6月7日には202万4000株(13.44%)、6月19日には218万株(14.48%)まで買い進んだのである。ここまでくるといったいどこまで買い占めるのだろうかと興味が湧く。株価もそれにつれてゆるやかに上昇し、12月には500円台だったのが、6月21日には736円まで上昇したのである。

 外資による株買い占めとして有名なのはブルドックソースである。スティールパートナーズはブルドック株を600円台から買い集め、株価はついに1700円台まで上昇したのである。実に3倍近い上昇だ。時間を掛けて大資金で介入する以上、それくらい上昇させてはじめて投資が成功と言えるのである。この三條機械製作所の場合はまだ500→736と50%も上昇していない。まだまだ外資の目標価格には到達していないことと思われる。500円から3倍となると1500円である。

 この大量の株取得の動きに対して、三條機械製作所の側からは全く何のアクションもなかった。まさか過半数の株を取得されて、会社を乗っ取られるところまでは行かないだろうと安易に考えていたのかも知れない。ところがこの大量保有の主であるSFPは、投資の世界では有名な「物言う株主様」なのである。この大量保有の発言権を武器にして、間近に迫った株主総会で何らかのアクションを起こす可能性がきわめて高いのだ。

 これまでにSFPが大量保有を報告した企業としては、東洋テック(9686)、ティムコ(7501)、松屋(8237)、セントラルユニ(7706)、ニレコ(6863)、松風(7979)などがあげられる。これらに共通するのは、どれも一日の出来高がさほど多くなく、投資家の注目をあまり集めてこなかったものばかりである。現在に至るまで保有を続けてるところがほとんどであり、やれTOBだと大騒ぎして少しでも利益を抜いてすぐに撤退する投資ファンドとは全く違うのである。基本的に長期保有しつつ株価上昇を狙うという投資スタイルなのだ。

 2005年5月、SFPの大量保有に対してニレコは新株予約権を発行するという対抗措置を発表した。敵対的買収を防ぐ毒薬条項(ポイズンピル)を導入してきたのだ。3月末の株主に対して、敵対的買収者が現れた時に取締役会の決議により1株に対して2株の新株を1円で取得できる新株予約権を6月16日に発行するというむちゃくちゃな内容だった。既存株主は株数がいきなり3倍になるわけで、FSPの買い集めた株の価値が1/3になってしまうのを同じである。SFPはそのむちゃくちゃな防衛策に対して訴訟を起こし、東京地裁が「商法が禁じる著しく不公正な発行に当たる」として発行を差し止めた仮処分決定を出したことがあった。SFPは今に至るもニレコの大株主である。あれから2年後の現在のニレコの株価は1200円程度、買収騒動の後でなんと50%も値上がりしたのである。

 6月28日に予定された三條機械製作所の株主総会ではSFPはいったいどんなパフォーマンスを演じてくれるのだろうか。オレはそれが大いに楽しみなのである。考えられるのは配当金の増額要求だろう。現在の8円というのは余りにも少ない。これが20円くらいに増配されるならばたぶんそれに見合った株価になるだろう。株価を上昇させるためには何をすればよいのか。それをよく理解したSFPがこの相場を仕掛けてきたのである。会社側が要求を拒否してくるなら、そのときはTOBを宣言して過半数の株を押さえようとするかも知れない。そうなってしまったら株価はたちまち上昇して1000円をすぐに超えていくだろう。安いうちに仕込むなら来週前半くらいまでしかチャンスはないが、ある程度上昇していてもそこからの値幅は確実に取れるはずだ。

 EDINETに掲載される膨大な量の大量保有報告書に毎晩目を通すオレは、この状況も今年初めからずっと監視してきたのである。総会を前にしての思惑買いがもう入り始めている。株主総会でSFPはどんな暴れっぷりを見せてくれるのか。オレは密かに期待しているのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←6位に後退、なんてことだ! m(_ _)m 

2007年06月21日(木) ありがとう日記才人        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレが大変お世話になった日記のリンク集、日記才人が2007年7月をもって閉鎖されることとなった。この暴言コラムをさるさる日記で書いていた最初の頃は、一日の読者が10人前後だったことを思い出す。なんとか多くの方に読んでもらいたくて、友人に手当たり次第メールを出して、年賀状にも日記のURLを記して、とにかく宣伝に努めたのだが、一番大きかったことは日記才人に登録したことだった。

 2002年の11月にこの暴言コラムを書き始めて、その年の暮れに日記才人に登録した。登録して一年後の2003年12月にはその日記才人の月間アクセスランキングで1位になり、日記才人サイトがリニューアルして使い勝手が悪くなって利用者が激減するまでずっとランキング1位を走り続けたことが、この日記の認知度を大いに高める結果になり、読者を増やすことに貢献したことは間違いない。また、日記才人を通じて多くの日記書き仲間ができた。知り合った方々とオフ会をしたりして交流することもできた。それもまた自分にとっては大きな宝物である。私のサイトのリンク集「お勧めリンク」ではちゃんと「日記才人関係のお友達」という分類項目を作ってあるし、そこが出会いの原点だった以上、その項目を削除するつもりはない。かつてその場所があって、そこで自分が多くのものを得たことへの感謝の気持ちを込めていつまでもそのまま残しておきたい。

 もしも日記才人が存在しなかったら・・・おそらく自分は今に至るまで日記を続けていることはなかっただろう。読者が今のように増えることもなく、日記を書くことから得られる喜びもそれほど大きくなかったような気がするからだ。今、自分はブログランキングというところに登録していて、そのランキングから自分の日記を読みに来てくれる方が一日に1000人くらいは存在する。過去の日記才人からのアクセス数よりも多いくらいである。

 日記才人ではアクセス数の多い順にランキングが表示されていて、そのランキング上位者の中からあれこれピックアップして読んでいるうちに自分のお気に入りの日記に出会うというパターンが多いのか、とにかく上位になることが認知度を高める手段だった。どうすればそのランキングを上昇させられるのかにオレは悩んだものである。つまり、自分の日記を毎日読む方の中にはIEのお気に入りの中にオレの日記をブックマークしてしまう方も多く、その場合は日記才人経由にならないのでアクセスランキングには反映されないのである。それでオレは読者の方々に「ブックマークしないで日記才人から読んでくださいm(_ _)mと姑息なお願いをしていたくらいである。日記才人が終焉を迎える今だからこうして書くのだが。

 日記才人の代わりになるリンク集はどこだろう。オレの日記の更新報告は日記才人とテキスト庵の二箇所である。日記才人がなくなれば現在の登録者の一部はテキスト庵にも流れてくるのだろうかと思う。しかし、テキスト庵も規模はかなり小さい。もっと多くの方が登録している日記のリンク集はないものだろうか。
 
 今ネットで一番よく読まれている個人日記やブログはやはり「きっこの日記」である。だからきっこさんの登録されている同じランキングに登録することは、そこからのおこぼれを期待できるわけで、自分のような姑息な日記書きにとっては最高の集客手段である。しかし、固定客の読者を増やすためにはやはりリピーターをいかにして増やすかであり、そのためにはできるだけ質の高い日記を維持し続けなければならないのだ。(誰だ、今モニターの前で笑ったのは!)自分の日記の質が高いかどうかは評価の分かれるところだと思うが、少なくとも毎日カウンターが7000くらい回ってることを思えばそれだけ多くの方が認めてくれたのだという証拠であり、自分が日記を開いてやはり最初に確認するのはカウンターがどれだけ回っているかなのである。

 日記を書き始めた頃のオレに「読者が増えていく」という楽しみを与えてくれた日記才人というWEBサイトのの存在に感謝を込めて、オレは改めてこの場でお礼を述べたい。そして、そこで出会えた多くの人々と、いつか会える日を楽しみにしている。日記才人同窓会オフである。今夜は感傷的な気分になってしまったぜ。いつもの罵倒口調はどこにいったんだ!


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←ぐわっ!6位に後退したじゃないか m(_ _)m 

2007年06月20日(水) 脱税議員は市中引回しの刑にしろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 国会議員とは国民の選良であるはずである。だから国会議員が万引きすることなどあってはならないし、覚せい剤を使用することなど断じて許されないのである。以前に民主党に覚せい剤常習者の議員がいたが、そんなヤツを選んだ党首にも大いに責任はある。談合のとりまとめ役なんかになっている議員がいれば、税金を無駄にさせた罪で死刑にすべきだと思うし、環境破壊型の公共事業を強く推進するクソ議員は国賊として死刑にし、資産没収の上そのクソ施設にその国賊の銅像でも建てて泥団子をぶつけさせればいい。とにかく「選良」なのだからそのモラルの基準は通常の国民とは桁違いに高いところに置かれているのである。許される行為はせいぜい山本モナとの不倫関係くらいであり、それくらいならかろうじて死刑どころか議員辞職さえもしなくてすむのである。

 さて、そんな国民の選良であらせられる国会議員様の中に、固定資産税を17年間踏み倒していた強者がいたのだ。それは中川泰宏衆院議員である。税金を堂々と17年間踏み倒しづけたその強靭な悪意はまさに驚嘆に値する。こんなクソ野郎が国会議員であるということはそいつを選んだ地域だけではなく日本という国家の恥である。以下、アサヒコムの記事を引用しよう。

中川泰宏衆院議員、自宅17年未登記 固定資産税未払い2007年06月19日21時41分
自民党の中川泰宏衆院議員(55)=京都4区=が京都府南丹市八木町に所有している住宅の登記が、新築時の88年から17年間されないままになっており、その間、固定資産税が支払われていなかったことがわかった。不動産登記法では、新築した建物を1カ月以内に登記申請するよう所有者に義務づけ、違反した場合は10万円以下の過料を科すとしている。
 南丹市などによると、敷地内には6棟あり、うち木造2階建て延べ390平方メートルの居宅は05年12月に登記された。登記簿には「昭和63年月日不詳新築」とされており、17年間未登記だった。同市はこの登記を受け、昨年12月に現地調査。把握済みだった3棟のほかに、住宅と未登記のコンクリート造り事務所など計3棟を確認し、評価額を算定した。市は今月15日、中川氏に固定資産税を納めるよう通知したが、課税額については明らかにしていない。
 中川氏は昨年1月に合併した旧八木町長を92年から10年間務めた。
 中川氏は19日、衆議院の記者クラブで会見し、05、06年度の固定資産税の納税証明書を配ったうえで「納税はきちんとしている。これからもやる」と主張した。
 中川氏によると、06年度までの固定資産税対象の建物は木造2階建ての自宅だけで、課税額は約60万円。敷地内にはコンクリートの建物もあり、「20歳の頃に建て始め、今も完成していない」としているが、事務所として6、7年前から使い始めたという。


 記事からわかることは、どうやら自宅敷地内の建物が完成したのに未登記のまま放置していて、その結果その場所に建物が存在することが登記上はないものとされていたために課税の対象からはずれていたということである。昭和63年に新築してから17年間その状態が続いていたのだ。その未登記の理由が「今も完成していない」だったら、脱税を意図してわざと完成させない状態に放置したということである。しかもこの期間、このオッサン、いや中川議員はなんと八木町長だったのである。町長自らが自分の使っている事務所のある建物の固定資産税を払っていなかったわけで、これは町民に対する重大な裏切りだ。トップに立つ者の行為としては言語道断である。江戸時代なら切腹して詫びるところだろう。もっとも記者クラブではわざわざ納税証明書を配って「納税はきちんとしている」とい弁明したそうだから、責任を取るつもりはないのだろう。

 安倍政権を支える政権与党の中から政治資金の疑惑やこうした脱税などの問題が次々と発生するのはどうしてだろうか。これはライバルである民主党の陰謀なのか。あるいは自民党というのはもともと選良どころかその程度のクソ野郎の集合体だったということなのか。

 町長や議員の報酬から見れば、こんな田舎屋敷の固定資産税なんてハナクソみたいな金額のはずである。もしかしたら都会にあるオレの家の固定資産税の方が高いかも知れない。それなのに払わないというのは悪意があってわざと払わないか、あるいは市の固定資産税担当の職員とグルになっていて、手心を加えさせていたかのどちらかである。いずれにしてもこの税金が放置されていたことの背景には何かウラがあるはずだ。そうでなければ説明がつかないのである。

 町長のくせに脱税していたこのクソ野郎に対して、町民はその罪を許さず、町長として受け取った報酬と退職金の全額を返還させるべきだろう。そして衆議院議員としても不適確だからもちろんそっちもクビになるのは当然として、市中引き回しの上さらし者にして、出身地の八木町の元の役場の前に檻でも設置して「固定資産税を踏み倒した町長はこの男です」と立て看板で表示してやればいい。それにしてもなんて恥ずかしい男なんだ。こうなったらもう潔く腹を切るしかないじゃないか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に後退、1位まであと4人です。m(_ _)m 

2007年06月19日(火) こんな国にオリンピックをやる資格がありますか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 子どもを誘拐してきて働かせたり、仕事があるとだまして睡眠薬を飲ませて拉致してきた人たちをれんが工場で強制労働させていた・・・ということが中世の出来事ならそれほど驚かない。南北戦争以前のアメリカでは奴隷制度が残っていたし、帝政ロシアにも農奴制があった。100年以上前の世界では人身売買なんてどこにでもある当たり前のことだったからだ。しかし、現代にそんなことが発生してるならこれはもう許せない。そのようなことを野放しにしてる国が存在するなら、そんな人権抑圧国家は世界から抹殺すべきである。もはや国としての体をなしていないからだ。以下、アサヒコムの記事を引用する。

拉致された子、強制労働 中国当局600人保護2007年06月18日17時29分
中国各地で拉致された子供たちがれんが工場などで過酷な労働を強いられていた実態が判明し、山西、河南両省の公安当局は省内にあるれんが工場など1万カ所以上の一斉捜索を開始した。18日までに子供や知的障害者を含む約600人を保護、工場経営者や拉致実行者ら約170人を拘束した。同様に拉致された被害者は1000人を超えるとみられており、公安当局はさらに捜索を進めている。
 国営新華社通信などによると、拉致グループは、鄭州市など大都市のターミナル駅周辺で未成年や職を探す労働者らに「仕事がある」などと誘い、拉致していた。被害者は400元(約6000円)〜500元で工場に売り渡されていた。
 被害者はわずかな食事を与えられただけで、厳重な監視下で早朝から深夜まで15時間以上も無償で働かされていた。12歳の少年や70歳の高齢者も含まれていた。全身にやけどを負っている被害者も多い。
 親たちが自力で我が子を工場から救出した様子を地元テレビ局が放映したり、子供が失跡した父母約400人がネットを通じて救出を呼びかけたりしたことで問題が顕在化。長期間事態を見過ごしていた当局の姿勢に批判も出ている。


 このひどい実態が隠蔽されていた理由として、れんが工場の経営者が村の共産党書記の息子だったという情報も流れている。オレが不思議なのは「もしもそれがバレた場合どんなに大事件になるか」ということに関する意識の希薄さである。そしてこの民度の低い国では未だに奴隷制度同様の実態が存在するということだ。中国は歴史から何も学べてない愚かな国であるということである。現代に於いても相変わらずこんな人権抑圧の実態が野放しになっている国に、どうして60年以上も前の日本の「強制連行」の問題を責める資格があるのか。オレが首相なら「おまえのとこは今でもやってるやんけ!」と徹底的に叩くだろう。そんな無法国家になんでいちゃもんをつけられないといけないのかという気持ちである。さらに記事後半を引用しよう。

「仕事遅い」殴打、体中やけど
 「現代の奴隷工場」――。一斉摘発の端緒となった洪洞県広勝寺のれんが工場を、内情を知る関係者はこう形容していた。ここで3カ月近く働かされていた河南省の男性(20)とその父親(43)が、朝日新聞記者に拉致や過酷な労働の実態を語った。
 調理学校を卒業した男性は3月7日深夜、鄭州市で料理店の面接を終え、駅付近の長距離電話がかけられる店で休んでいた。見知らぬ男3人が近づき、「何の仕事ができる」と聞いてきた。男性が「調理師の資格がある」と言うと、男たちは「ちょうどいい。レストランを経営しているから働かないか」と誘った。
 男性は誘いに応じ、ワゴン車に乗った。勧められた飲料水を飲むと、強い眠気に襲われた。睡眠薬が入っていたらしい。翌日午後に目をさますと、れんが工場にいた。
 山に囲まれ、れんがの搬出に使われる細い道が唯一の出入り口。経営者宅があり、出入りを監視していた。経営者は村の共産党書記の息子だった。12〜60歳の約30人が働かされていた。男6人と犬6匹が常時監視していた。
 朝5時から深夜1時まで平均16時間以上働かされた。100度以上もあるかまどの内部に入り、焼き上がった高温のれんがを薄い手袋をはめただけで運び出した。仕事が遅いと棒で殴られ、体中にやけどを負った。
 食事は塩をふっただけの葉物野菜とおかゆ。就寝時間になると、窓がふさがれた粗末な小屋に押し込まれて施錠され、薄い布団にくるまって床に寝た。風呂はなかった。
 3月8日夜、父親は公安局に捜索願を出した。テレビや新聞に尋ね人の広告も出した。広告を見た男性から「息子が誘拐されて山西省の工場で働かされたが、自力で逃げ帰った」と連絡を受けた。父親は5回にわたり同省を訪れ、買い付け業者を装って200以上のれんが工場を訪れたが、消息はつかめなかった。
 不安が募る中、5月29日、突然息子から電話があった。公安当局の摘発で救出され、病院にいた。父親は全身の力が抜け、泣いた。久しぶりに会った息子はげっそりとやせ、全身やけどやあざだらけ。感情が抜けたように無表情だった。
 拉致された男性は「なぜ簡単にだまされたのか。両親に迷惑をかけてしまった」と自分を責める。父親は「救出が遅れたら息子は死んでいたかもしれない。こんなことは絶対に許されない」。


 これが現代中国の実態である。共産党幹部が警察や行政機関を私物化していて、蓄財のためには人身売買を行い、奴隷のような状況で人を働かせ、ろくに食事も与えずに搾取していたのだ。こんな苛酷な状況下ではおそらく死者もかなり出ていることと思われる。もちろんきちっと埋葬されることなどなく、死者が出たという事実は闇に葬られているのだろう。

 こんな無法国家に果たしてオリンピックがやれるのか。奴隷制度が今も残存するような状況を世界はどう捉えているのか。今からでも遅くない。中国は北京五輪の開催権をいったん返上し、改めて国家としての体裁が整うまでは当分の間精進していてもらいたいぜ。それにしてもひどい国があったものだとオレはつくづく思ったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に後退、1位まであと4人です。m(_ _)m 

2007年06月18日(月) 世界の中心で投票を叫ぶ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 6月13日の日記、クリック募金は世界を救うの募金先を追加しましたのでよろしくお願いします。募金用のブログパーツは江草ファンのお約束のページに置いておきますので、毎日お立ち寄りになってくだされば嬉しいです。なお延べ何人の方がそこで募金されたかがわかるように表示されます。なお、募金クリック数のランキングもあります。やはり私のところから募金する人が一番多い・・・となって欲しいです。よろしくお願いします。


 参議院選挙が近づいてきた。比例区の票集めのために自民党が丸川珠代アナを起用すれば、民主党は横峰さくらのパパを出すという具合でもう破れかぶれの仁義なき戦いである。比例区は個人名の得票がそのまんま党の得票になるので、たくさん得票してくれる人気者のおかげで多数の陣笠議員が誕生するわけだ。そのせいで前回は杉村大蔵みたいなヤツまで当選していたじゃないか。当選直後のヤツの発言の見識のなさには大笑いしたが、そんな変なのまで名簿に載せている自民党はよほど人材不足なんだろう。そのくせオレみたいな「見識も知識も行動力も政策もある」オッサンのところには声を掛けないのだからもうむちゃくちゃだぜ。

 しかし、選挙というのは勝たないと意味がない。いくら高邁な理想を掲げていてもやはり共産党は選挙には勝てない。だから国会での発言力がないのである。志位和夫がどんなに立派なことを主張してもほとんど黙殺されてるのである。だから人気投票にもそれなりの理由があるわけだ。しかし、この人気投票をもっと過激にしたらどんなことが起きるだろうか。

 オレは選挙権を18歳まで引き下げて若者の政治参加を促すことに賛成だ。しかし本当に若者を政治参加させようと思えばいっそのこと被選挙権も今の25歳から18歳に引き下げるべきではないのか。18歳から立候補できるというのは怖ろしいことである。というのは多くの世代の人気を無条件に勝ち取ることのできる人はそのくらいの年齢に多いからだ。

 一昔前の絶頂期の浜崎あゆみを立候補させれば、ケバい姉ちゃんたちやガングロの姉ちゃんたちの票を根こそぎかっさらっていった可能性が高い。今ならさしずめハンカチ王子こと早稲田の斎藤佑樹くんを出せばどうだ。若者の票だけではなくておばはんの票もみんな分捕れるだろう。男の票を取りたいのなら卓球の福原愛ちゃんも票を集めるかも知れないぞ。いや、やっぱり隠れ巨乳キャラの長澤まさみだ。ポスターに「世界の中心で投票を叫ぶ!」と書いてあちこちに貼ればいい。絶対に効果があがるはずだ。もちろん水着ポスターだ。

 関西で人気があるのはやはり藤原紀香だ。神戸市長選挙や兵庫知事選に出れば文句なく当選するだろう。大阪府知事選挙に出てくれるならオレも入れる。太田房江よりもずっと藤原紀香の方がいい。これはもう単なる比較の問題なんだが。藤原紀香は芸能界での仕事が減っていた時期に海外でボランティア活動したりと社会貢献に関する分野の実績を積んできている。案外政界進出の野心は持ってるかも知れない。その夫が芸人というのも関西では却ってプラスの評価につながるだろう。もしも比例区の候補になっていればかなりの票を集めるだろう。民主党が今度の選挙を本気で勝ちたいなら、迷わずに藤原紀香に声を
掛けるべきである。

 阪神ファンの票を集めるというのもいい。一番票が取れるのはやはり星野仙一氏だろう。彼なら大阪だけではなくて愛知でも勝てるはずだ。大阪や神戸なら阪神タイガースの元選手を立候補させるのはかなり有効な戦術である。真弓明信、川藤幸三、ランディ・バースあたりはどうだ。バースを日本に帰化させて選挙に担ぎ出せば絶対に面白いぜ。

 しかしこういう票集めのための候補者を使って当選したとして、排除されてしまう立場にあるのは実は地道に政治活動を続けた実直な人だったりするわけだ。そういう有能な人を排除してしまって、かわりに変なタレント議員とその票のおこぼれで当選させてもらった変な兄ちゃんたちが国会を埋めるという光景もまた無様なものでしかないのだが。まあタレント議員の存在はその昔の宮田輝の時にまで遡るわけで今に始まったわけでもない。いつまでもこんな恥ずかしいことが続いているというただそれだけのことなんだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に後退、1位まであと4人です。m(_ _)m 

2007年06月17日(日) 日本企業はガイジンに買い占められるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 投資家たちが参考にするその日の相場を占う尺度として、寄り付き前の外資の動向がある。その動向で売りが多いか買いが多いかでその日の相場の上げ下げを予想するわけだ。しかしこの指標は案外あてにならない。というのは寄り付き前には売りであってもザラ場では大量に買っていたりするからである。また株数では売り越しであっても金額ベースでは買い越しの場合もある。ただ、ここしばらくは外人はかなり日本株を買い越してきた。その結果、なんと28%がすでに外資によって買い占められていたのである。この事態を我々はどう考えればいいのか。

国内5証券取引所の上場株、28%が外国人株主保有に
東京証券取引所など国内5証券取引所(ジャスダック市場を除く)に上場する株式の外国人株主の保有比率が時価総額ベースで28・0%と4年連続で上昇し、過去最高になった。
 東証がまとめた2006年度末時点の「株式分布状況調査」でわかった。
 今年3月末時点で5市場に上場していた普通株式2937銘柄の時価総額は約568兆円で、このうち外国人株主の保有額は約159兆円で、時価総額ベースの保有割合は1・3ポイント上昇して28・0%となった。
 ただ、各銘柄の株主数を単純合算した延べ人数を見ると、外国人株主は前年度末比10・4%増の27万人で、株主数ベースの割合は0・7%にとどまっている。
 個人株主の人数は3928万人と、前年度末比3・2%増加し、4000万人に迫った。株式分割や投資単位の引き下げを行った銘柄が多く、少額投資が可能になったためだ。時価総額ベースの個人株主の保有比率は18・1%(102兆円)と1・0ポイント低下した。(2007年6月16日19時20分 読売新聞)


 個人株主の数は増加しているのだが、まだまだ一人あたりの金額が少ない。個人金融資産1500兆円のうち、株はたったの102兆円しかないのである。後は国債や定期預金などの形になっているのだ。そのおかげで守られてるとも言える。少なくとも日本の個人の持つ金融資産の大部分はリスクのある状況ではない。定期預金や国債なら元本はいちおう保証されている。(もっとも日本政府の破綻なんてことになれば話は別だが)

 オレが気になるのはすでに個人よりも外資の保有比率の方が高いということである。たとえば大株主として外資が介入してきて、経営権を握ればすぐに会社の大切な資産をどんどん売却して抜け殻みたいな状態にしておいて計画倒産させることだって可能なのだ。ゼニさえもうかればルールの範囲内で何をやってもかまわないというアメリカ流のやり方を、油断してると一方的に押しつけられてしまうのである。

4000万人の個人投資家の合計が102兆円ということは一人あたり255万円である。もちろんこれは単純平均であり、個人投資家の中には資産200億のジェイコム男や資産50億のcisなども含まれるので、実際は100万円程度の株を持つ弱小零細投資家が多いということなのだろう。そういう投資家にとって自分たちの持ち株をどんどん買い占めて値をつり上げてくれる外国人投資家の存在は喜ばしいことかも知れない。ただ、外資は日本株を値上がりさせて日本人株主を儲けさせてやろうなんて慈善事業をやってるのではない。彼らはなんとかして自分たちの持ち株を、日本人の馬鹿な個人投資家にはめ込んでやろうと常に狙ってるのだ。一番高いところで売り抜けた後はしっかりと空売りを入れて往復で稼いでくるに決まってるのだ。オレのような個人零細投資家は、この上昇相場の頂点がいつ来るのかと戦々恐々としてるのである。

 団塊の世代の退職を迎え、果たして個人金融資産のうち株式市場に回ってくるゼニはどれくらいあるのだろうか。彼らは貴重なそのゼニを投資というバクチに積極的に使うだろうか。もっともはめ込みのためには使わせないといけないわけで、おそらくこれから年末に掛けても個人投資家を呼び込むためのイカサマ相場が仕掛けられそうな気がしてならないのである。そうしてどんどん株価を吊り上げておいて、政府保有株をその高値の中で売り抜けることを政権与党の連中は画策してるのである。やられてたまるかだ。オレは絶対にその裏をかいててめえらよりも早く空売りしてやるぜ。そのために週末になるとこうしてさまざまな経済指標や一週間の株価の動きを見ながらこれから起きるだろうことを予測しているのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に後退、1位まであと4人です。m(_ _)m 

2007年06月16日(土) オレは八王子の黒須市長を支持する!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 そろそろ公務員の方はボーナスの支給ですね。ビスタ搭載のパソコンの新規購入を考えておられる方は一度☆ドスパラWeb通販プログラム☆をごらんになってみればと思います。コジマやヨドバシと言った家電大手で買うよりも高性能のパソコンが激安価格で買えます。私はパソコンを新規に買う方にはいつもここを勧めていますよ!


 日本の高速道路料金は高すぎる。あまりにもぼったくりすぎである。オレは阪神高速を仕方なく利用しているが、回数券が廃止されてしまったために700円もぼったくられるのである。まるでアダルトサイト利用料並の高さである。ETC割引はいちおうあるもののほんのわずかである。なんでこんなに高いのかといつも憤っているのだ。そんなオレと意見を同じくしてくれる八王子市の黒須市長にオレは最大限の敬意を払いたい。そして、この気骨ある市長を広く紹介するために産経新聞のWEBサイトから引用して取り上げたい。

「通行料高すぎる」市長が八王子JCT開通プレイベントをボイコット
八王子市の黒須隆一市長は13日、自らが実行委員長を務め、17日開催される圏央道あきる野インターチェンジ(IC)−八王子ジャンクション(JCT)開通プレイベント「未来の火フェスティバル」に、通行料が高すぎるなどとして出席しない意向を表明した。
 黒須市長によると、これまで国土交通省相武国道事務所との懇談会などで、繰り返し通行料金の設定を下げるよう要望してきた。しかし、これまでに十分な回答を得られなかったため、17日に開催されるイベントを欠席することにしたという。同様に値下げを唱えてきた近隣の首長や市議らには「欠席の同調は求めない」としている。
 出席しない意向は13日、市の担当者が相武国道事務所に電話で連絡。市役所を訪れた河南正幸事務所長に黒須市長が直接、伝えたという。
 あきる野IC−八王子JCTは23日に開通するが、黒須市長は「何事もスタートが肝心。利用者が、こんな高い料金なのか、と思ったら利用しないだろう。使われないなら交通混雑の緩和という本来の目的にそぐわない」と、開通までに通行料金を下げるよう訴えている。
 現在の料金設定は、八王子ICから西八王子ICまで利用すると普通車は600円だが、黒須市長は「300円ぐらいにしてほしい。日本の高速料金は極めて高い。このままだと、アジアの中でも国際競争力が衰えてゆく」と話している。
 23日には開通式典が八王子西ICで予定されているが、黒須市長は同日までに国交省から料金設定に関する回答が得られなければ、式典も欠席する意向だという。(2007/06/14 03:48)


 「料金を値下げしないと開通式典に出ない!」と主張する黒須市長にオレは拍手を送りたい。モノの値段にはそれなりの妥当な価格というものが存在する。ぼったくりの料金設定をしている圏央道に対して「高すぎる!」と誰もが感じている怒りを、市長という立場にあるお方が言ってくださったことに対してオレは嬉しく思っている。圏央道の八王子JCTからあきるのICまでの距離は地図で確かめるとせいぜい10キロほどだ。そこに設定する料金はせいぜい300円が妥当だろう。ところが実際は600円もぼったくられるらしい。これはあまりにも高すぎる料金である。

 高速道路は利用してもらってこそ値打ちがある。高すぎて利用者がなくてガラガラの高速道路の脇に渋滞している一般道路があるというのは全国各地でよく見られる状況だ。北海道には鈴木宗男が造らせたというほとんどクルマが走らない通称「ムネオロード」と呼ばれる高速道路があり、それに並行して高規格の農道もあってみんな無料の農道を走るという。
 
 大阪と奈良の間には混雑緩和のために第二阪奈道路が開通したが、料金が高すぎるので奈良から大阪に向かう多くの人が混雑を我慢して古くからある阪奈道路を利用している。これでは何のために新しい道路を建設したのかわからない。適正な料金を設定しさえすれば通行量も増えて料金収入も上がるのだ。ところがJHの馬鹿どもはそんな自明のことも理解せずに建設に掛かったコストをそのまま通行料金に反映させてくるのである。

 東京を通過するクルマを都心部に近づけずにその外周を通過させるという圏央道建設のの発想自体は正しいとオレは思っている。ただその建設コストに莫大なものがかかってるのでそれを通行料金に反映させるということらしい。JHが私企業であることを思えばそれもある程度仕方ないことだろう。しかし道路は同時に公共性を持つモノであり、それを思えばコストをそのまま料金に反映するのもどうかと思うのだ。ガソリン税というのはこういうところでこそ活用すべきじゃないのか。東京都民からぼったくった税金を島根や鳥取のクルマがろくに走らないような土地の道路建設に使うのではなく、通行量が多すぎてドライバーが悲鳴をあげているような道路の混雑緩和のために使えとオレは言いたいのである。

 黒須市長はどうかその決心を変えずに「開通式ボイコット」を貫いて欲しい。そしてこの抗議が全国の高速道路料金の見直しにつながることをオレは願っている。

 追記
 読者の方からのメール情報でわかったのだが、長崎港口に最近完成した女神大橋の通行料は当初600円に設定されていたそうである。あまりにもひどいぼったくりである。ところが住民が伊藤前市長などに強力に陳情した結果、なんと100円に落ち着いたという。その結果予想以上の通行量で予測以上の利用料金収入が上がってるという。道路は走ってもらってナンボである。そんなこともわかっていない馬鹿に公共工事はまかせられないぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に後退、1位まであと4人です。m(_ _)m 

2007年06月15日(金) 駅前留学でぼったくられるな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 TOPページへのリンクでおいでになった方は、過去日記のある目次ページから目的の日記をお読みになってください。

 駅前留学のNOVAが叩かれている。誇大広告とかぼったくりの受講料とか予約がなかなかとれないとかその実態が次々と明らかになってきているのだが、オレが不思議なのはたかが英語になぜそんな大金をみんな払うかということなのだ。そんなにゼニを使わなくても聴いたり話したり絶対に出来るようになるのだ。現にこのオレがそうだからだ。オレほどゼニを使わずに英語の勉強をした人間もないだろうと思う。

 オレは1988年の夏、単身ヨーロッパ放浪旅行(←白夜特急編)をした。日本人の全くいないような辺境の地まで旅することを決めていたので旅立つ前に必死で英語とドイツ語を勉強した。もっともその二つは大学で習っていたのでそれを復習しただけなんだが。英語の集中学習にあてた時間は約半年である。受験勉強からもう10年も経っていて、その時に身につけたはずの英語力は完全に錆びついていた。オレはNHKラジオの英語会話やビジネス英語を録音してクルマの中でのべつまくなしに聴いていた。早起きして聴き、録音しておいたのをクルマの中で聴き、学校で授業の空き時間に聴き、クルマの中で大声で発音練習をし、英語漬けの日々を過ごした。

 そのうちオレは不思議な変化に気がついた。自分のリスニング能力が劇的に向上していったのである。ラジオで流れてくる音楽の歌詞の英語が聴き取れるようになったのだ。手元にあったビートルズのテープを掛けてみると確かにそれまでは連続する音のカタマリだったのが、単語として理解できるようになっていた。半年の間集中して頭の中に文字を思い浮かべながら聴き続けた結果、ちゃんと聴いた内容を理解する能力が育っていたのである。

 1ヶ月の放浪旅行の間、オレは語学力不足で苦しむことはほとんど無かった。列車のコンパートメントで乗り合わせた異国の方とはいつも饒舌におしゃべりした。筆談や絵文字に頼ったのはフィンランドやポーランドで相手が英語やドイツ語を理解しない時だけだった。オレが半年の勉強に費やした金額はNHKのテキスト代とカセットテープ代くらいだからせいぜい1万円もいかないだろう。その程度の出費で十分なのである。

 自分で必死で勉強する気があれば、方法はどうにでもなる。努力せずに短時間で最大限の効果を上げようとしてゼニを使ったところで、学習の蓄積がないことには何の意味もないし。オレの場合も現地でいろんな会話をするときに役立ったのは受験勉強で学んだ英語の蓄積だった。どんな単語が相手の口から出てきてもオレはたいてい理解する自信があった。ウィーンに向かう車中で乗り合わせたコンパートメントで年配のご婦人の口からdisarmament(軍備縮小)という語が出てきてもへっちゃらだった。そんなのは受験の時に覚えていたぜ。受験勉強というのは怖ろしいもので、今でもオレは高校生の生徒たちが受けている単語テストをほとんど正解できる。参考書片手に必死で生徒が覚えてる内容を、オレはもう20年以上も前に覚えてそのまま忘れていないのだ。

 英語が出来るようになりたいならまず受験勉強をがんばってやれ。センター試験なんか楽勝で9割取れるくらいになれ。その上でラジオやNHK教育TVの英会話を聴きまくり、ついでにダイソーで売ってる5カ国語で聴ける世界の名作のDVD(1枚300円)でも買ってきてのべつまくなしそれを観て簡単な言い回しの聴き取りをどんどん蓄積することだ。くだらない単語集など覚えようとするな。単語力は膨大な英語シャワーを浴びた後で勝手についてくる。二流の英語教師ほどろくに英文も読んでいない馬鹿に単語をせっせと覚え込ませようとするものである。「構文と単語がわかれば英語は読める!」なんて豪語する輩もいそうだが、ことばは生き物であり論理ではない。オレはそう思っているからとにかく膨大な量に接することを心がけた。それがオレの受験勉強の時の英語への向き合い方だったのだ。

 高校生の頃を振り返れば、リーダーの教科書を予習段階で100%理解するために辞書を使って家で必死で訳したことを思い出す。速読力を身につけるために対訳形式になってる参考書を読みあさった。日本の小説をわざとペーパーバックの英語で読む。漱石や芥川を英語で読んでみる。ストーリーを知ってるから読みやすい。そうやって膨大な量の英語に接したオレは高校3年になってみんなが持っていた当時大人気の「試験に出る英単語」(通称シケタン)を買ってみた。しかしオレは深く失望したのである。そこに出てくるような単語は全部知ってる単語ばかりだったからだ。オレは膨大な英文を読みあさることで、シケタンに出てくるレベルの単語力をすでに身につけていたのである。オレはシケタンを全く使う必要がなかった。

 高校2年から3年にかけての2年間、オレはほぼ毎日英語の勉強を2〜3時間はしていたと思う。その受験勉強のベースがあったから、海外放浪旅行前の半年の集中リスニングで劇的な効果が上がったのだと思っている。ベースの部分がない人間にはオレと同じ方法はおそらく使えないだろう。

 最近オレは源氏物語の英訳と、ディケンズの「二都物語」のペーパーバックをよく読み返す。「二都物語」は翻訳で読んだときに「もとはどう書いてあるのだろう」と興味を持ったから買ったのである。源氏物語は古典の授業に役立つかと思って入手したがさほど役には立たずオレの趣味的な興味を満たすだけに終わっている。英語力は錆び付かせたくはない。また外国に長期旅行することもきっとあるだろう。そのときに楽しい旅が出来るように語学力はちゃんと磨いておきたいとオレは思っているからである。すべての受験生諸君、そしてすべてのこれから英語を学ぶ人たちよ、ぼったくりのNOVAなんかに頼らずに安価で手に入るものをフルに活かして、がんばって英語を身につけて欲しいとオレは思っているぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に上昇、1位まであと3人です。m(_ _)m 

2007年06月14日(木) チャットにゼニを払う人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 ライブチャットBBチャットTVというサービスが存在する。ここにアクセスすると在籍しているたくさんの女の子の顔写真が並んでいて、その女の子たちの映像はライブカメラで届けられる。一種のテレビ電話みたいなものである。そうしてお目当ての女の子とのチャットが楽しめるのである。その昔「テレホンクラブ」というものが存在し(今もまだあるのかも知れないが)、援助交際の温床となって問題視されたが、このBBチャットはそのネット版と考えてほぼ間違いないだろう。こんな怪しいものが堂々と大手のプロバイダによって運営されてるのだからひどい話である。@niftyも堂々とそのサービスを提供しているのだ。

 もちろんこのチャットはかなりゼニが掛かる。どの程度掛かるのかわからないのでとりあえず女の子に支払われる報酬を調べてみた。チャットレディー募集のところからたどっていくと、どうやら時給にして2400円くらい稼げるらしい。ということは男たちは最低でもその金額以上のゼニを払っているわけだ。実際はプロバイダーの取り分もあるから1時間あたりで3000円以上は払うことになるのだろう。しかしオレがもっと怪しいと思ったのは、チャットをしている男たちからチャットレディーの女の子にポイントをプレゼントする仕組みの存在である。そんな仕組みを作ったら変な形で利用するヤツが現れるに決まってるだろう。

 たとえば話をしている女の子の連絡先を直接聞き出したいとする。ライブカメラに学生証や免許証などの住所確認のできるものを映してくれたらポイントを1万円分あげるからと女の子を誘う怪しいオッサンが絶対にいるはずである。その程度ならまだいい。もっとえげつないことを要求する変態や、逆に男からゼニを巻き上げようとするアバズレ女が出現するに決まってるんだ。たとえば女の子がちょっと恥ずかしいスタイルを見せて「もっと見せて欲しかったらポイントをプレゼントしてね!」と微笑んだらどうするんだ。興奮して男たちは争ってゼニを使ってしまうじゃないか。絶対にそんなことが起きるに決まってるんだ。

 もちろんこういう行為は利用規約で禁じられてるのだろう。しかしすべての会話や映像を元締めのプロバイダがチェックしてるわけでもないだろうし、それは通信の傍受みたいな行為で違法である。そうなると個々のチャットの内容にまでは踏み込めないわけで、そこでどんな違法行為が行われていても取り締まれないのである。オレはそれを危惧するのだ。

 この世にはオレのようにモテてモテて困ってしまう男がいる一方で、全く女性に縁のない不幸な男たちも多数存在する。生まれてこの方母親や学校の担任の先生以外の女性と一度も話したことがないという男性も存在するのだ。彼女なんかできるわけがない。そんな哀れな男性が女性と話せる唯一の機会を求めてこういうBBチャットのような陥穽に引っかかって、ゼニをじゃかすかぼったくられてしまうのである。

 長く話せばそれだけゼニが稼げるのだから女性も巧みに話を引き延ばすのだろう。1時間話せば2400円、24時間ずっと不眠不休で頑張れば1日に57600円も稼げるのだ。それを365日続ければなんと2100万円も稼げるのである。電話で男性とおしゃべりするだけで年収2000万だ。なんといいバイトだろうか。しかも上手に男性からポイントをプレゼントさせることに成功すれば収入はさらに増える。だったら希望者の女性が殺到しそうである。しかし業者もきっと女性のレベルを一定以上に保つためにきっと申込者全員と契約するのではなく、何らかの選別をそこで行ってるはずである。あるいはここに登録してるのは一般の女性ではなくてすべてがサクラであるという可能性だってあるのだ。もっとも男たちはそんなこと百も承知でゼニを払ってるのかも知れないのだが。

 この一種の性風俗産業であるBBチャット、大手プロバイダは問題視された時にどんな言い訳を用意してるのかわからないが、少なくともまっとうな商売ではないことは明らかである。いずれ事件になったりする可能性は高そうだからオレがここで警告しておいてやるぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に上昇、1位まであと3人です。m(_ _)m 

2007年06月13日(水) クリック募金は世界を救う!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 この暴言日記の上に並べているバナーの中にというものがある。これはそのサイトの訪問者がクリックすることで当該事業にスポンサーの企業から寄付が行われるという仕組みになっていて、クリックする側は別に何も負担する必要はない。そうした活動の存在を知ったオレは、日頃暴言ばかりをここでぶちまけて世間様に迷惑を掛けていることの罪滅ぼしにそのバナーを貼って、一人でも多くの方が善意のクリックに目覚めてくださるようにと思ったのである。こういうブログパーツもある。




 リンク先を開いて説明を読んだ後に募金のクリックをすると、これまでの総クリック数(つまりはこれまでに集まった金額)と、その日一日のクリック数が示される。多いものでもせいぜい一日に1万回ほどである。日本中で一日のうちにインターネットに接続している人の数はおそらく1000万人は軽く超えるだろう。その中で1万人というのは1000人に一人である。この数字は多いのだろうか少ないのだろうか。もっと多くの人がこうした募金の存在を知って一日一回の善意のクリックをしていると思っていたオレはその少なさに驚いたのである。

 日記にクリック募金のバナーを貼ってから、オレも毎日そのリンク先のサイトを開いてはせっせとクリックして募金に励むことにした。全部の事業に募金してもせいぜい10円、一年間のトータルでも3650円にしかならない。そんなことならもっとまとまったゼニを送金してやる方がいいに決まっている。株式投資で稼いだあぶく銭を送ればいいわけだ。しかしこのクリック募金の長所はゼニのない人でも募金が出来るということにある。

 例えば学校で情報処理の授業の時に、みんなでこのクリック募金画面を開いて一斉にクリックすること呼びかけるのはどうだろう。もちろんゼニを負担させられる企業にしてみれば「あんまり押さないでくれ」と言いたくなるかも知れない。しかし学校の情報教育に於いて、クリック募金の仕組みとその効果について説明することは悪くないと思う。そしてじゃんじゃん押しまくって企業の利益を吐き出させ、「こんな企画に協力するんじゃなかった」と参加企業が思うくらいの莫大な金額を引き出させるんだ。そのためにはみんながせっせとクリックしないとだめだ。

 もしもあなたの家にパソコンを使う子どもがいれば、子どもも使うパソコンのお気に入りのところにこのクリック募金のサイトを登録しておいて、パソコンを起動させればまずクリック募金を済ませ、それから遊ぶというふうに習慣づけさせるという方法もある。その結果5歳の子どもでも毎日クリック募金することが可能になるわけだ。

 クリック募金をすると、これまでに自分がクリックした回数がわかるようになっている。そして一日に一回しか押せない。うっかり二回目を押してしまうと、「ご協力ありがとうございました。クリックは一日一回だけ有効です」などのメッセージが流れる。支援事業は何種類もあるので、自分がどれにクリック募金したかをついつい忘れてしまって何度も押してしまうことも時々ある。

 自分一人がクリック募金する金額はわずかである。しかし、オレがこうして日記で呼びかけることで一人でも多くの方がその仕組みの存在を知り、またそのバナーが貼り付けてあるオレの日記からクリック募金をしてくだされば、その効果はかなり大きなものになる。一日に多い日で1万人をこえる読者の皆様がこの企画に賛同してたとえ1クリックでもクリック募金に協力してくだされば、それだけで一日1万円、年間にして365万円というゼニがさまざまな活動に企業から寄付されるのである。その効果は計り知れない。

 日頃どちらかというと社会に迷惑を掛けてばかりのこのオレが、こうして少しは社会に貢献できる場合だってあるのだ。「余計なクリックさせやがって江草の馬鹿野郎!」と怒りたくなるかも知れないが、その前にまずはリンクを開いてクリック、クリック、クリックである。そのワンクリックの積み重ねが1本のワクチンになり、1本の苗木になるのだ。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に上昇、1位まであと3人です。m(_ _)m 

2007年06月12日(火) 免許試験に70回落ちた男        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレが自動車の運転免許を取ったのは大学の3回生になった春のことである。京都・山科にあった洛東自動車教習所に通い、京都府の運転免許試験場で学科試験を受けた。試験のために特に勉強をしたという記憶はない。そんなところで問われることはたいてい常識的なことであり、必死で勉強して覚えないといけないような性格のものではないはずだ。また、そうした常識のない輩はきっと自分本位の間違った運転をしそうだから公道には出てきて欲しくない。あの楽勝の免許試験に落ちるのはよほど常識がないか、あるいは問題に設けられた陥穽にあっさりとひっかかるお人好しのいずれかである。さて、この70回も不合格になった方というのはそのどちらだろうか。

掘り出しニュース:免許試験70回落ち「合格にしないと爆破」
【埼玉】県警本部に「(車の)普通免許の不合格者を合格にしないと免許センターを爆破する」とファクスしたとして、鴻巣署は8日、朝霞市本町1、無職、川島一容疑者(42)を職務強要容疑で逮捕した。川島容疑者は今年1月から、運転免許取得のための学科試験を受け、70回以上不合格になっていた。
 調べでは、川島容疑者は5月21日午後、自宅から県警本部の聴覚障害者用のファクス110番に「普通免許の合格者を不合格に、不合格者を合格にしなければ、免許センターを爆破する」と書いた文書を送信し、県警本部運転免許センター運転免許試験課を脅迫して強要した疑い。
 これ以外にも、本部には今月7日までに「免許センターで自爆テロを起こす」「合格点数を90点以上から80点以上に下げろ」などと書かれたファクスが3回届いている。「どうしても免許を取りたかった」と、いずれも容疑を認めている。【町田結子】2007年6月11日


 「自爆テロを起こす」などというFAXを送り付けたことから考えて、この川島容疑者はよほど常識のない輩だとオレは感じたのである。はっきり言ってこんな人間には免許を与えないでくれとオレは思う。その自己本位の破滅的行動が周囲の善良なドライバーをどれほど危険に巻き込むだろうか。しかもこの男の要求は無茶苦茶である。「合格者を不合格に、不合格を合格に」という要求にはこの男の願望が入ってるわけだが、レベルが幼稚園児並みである。どう考えても42歳とは思えない。

 また「42歳無職」でこの男はどうやって生活できていたのか。免許を取ってクルマを手に入れるだけの収入をどうやって得られるというのか。それもまた不思議で仕方がないのである。まっとうに世間で暮らしている人間ならば定職に就いていて当然であるし、犯罪者の多くが「無職」と報道されることでオレはついつい無職という肩書きに偏見を抱きがちなんだが、この川島容疑者の「無職」という部分には納得する。そんな常識の欠けたヤツが勤まるような職場はそれほどないだろう。

 「どうしても免許が取りたい」のならば、学科試験に合格できるようにちゃんと勉強すればいいだけのことである。今日本にいる免許取得者の人口を思えばさほど困難な試験ではないはずだ。運転適性のないヤツにもじゃんじゃん免許証を交付することでクルマを買わせ、ヘタクソ故の交通事故でクルマをスクラップにさせてまた新しいクルマを買わせるという風に回転させることで日本の自動車産業は成り立っているのである。川島容疑者など70回も受験の機会を与えてもらったことに対してむしろ感謝すべきだろう。それでも合格できなかったのは自己責任以外の何ものでもない。そこまで落ちるということはおそらく交通法規の理解よりも日本語の理解能力に重大な問題があって設問の意図が理解できないという可能性もある。それもまた常識力の問題ではないのか。

 ただ、70回は極端であるにしても免許試験を何度も落ちる人が居るのも事実なのだ。そういう人のために価格は高くてもいいからニンテンドウDSなどで「免許をGET!」などのゲームを作ってせっせと練習できるようにしてあげればどうだ。DSには日本史も英語も学習用ゲームソフトが揃っている。免許試験のゲームだって作れないはずはないだろう。そんなのを教習所の売店に置けばきっと飛ぶように売れるに違いない。

 試験に70回落ちた男、このまま逮捕・収監されればおそらく実技試験の有効期限が過ぎてしまい、また一から教習所に通い直すという羽目になるだろう。いくら免許が欲しかったとは言え、そんな馬鹿げたことをするから大きなペナルティを喰らうんだ。この70回不合格野郎が安全運転が出来るまともなドライバーになれるとは到底思えない。70回どころか5回でいい。連続5回落ちるような人は永久に免許が交付されないという「免許不交付制度」を導入してもらいたいぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に上昇、1位まであと3人です。m(_ _)m 

2007年06月11日(月) ハメこまれた人たち12(共栄タンカー)        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 過去のハメこまれた人たちシリーズを読む。

 2007年4月から6月にかけて、なぜか突然の海運株ブームが起きた。原油高で燃料費高騰は海運業界にとっては逆風のはずだった。ところが中国の経済発展による需要の増大や、用船料の値上げなどで燃料分を穴埋めできる見込みがたち、各社が好決算を次々と発表したことも重なったのである。3月19日に安値890円をつけた日本郵船(9101)は6月5日には1227円まで上昇したが、小型株の値上がりはもっと激しかったのである。乾汽船(9113)は4月6日には784円だったが、6月4日にはなんと1994円と2.5倍の値上がりを見せたのである。他にも川崎汽船(9107)、飯野海運(9119)、第一中央汽船(9132)などもそろって値上がりした。海運株のめぼしいところが値上がりしてしまって物色対象がなくなると今度は関西汽船(9152)のような好景気に関係ない内海航路中心のところや、佐渡汽船(9176)のように債務超過の会社まで暴騰した。とにかく海運株と言うだけで猫も杓子も上がる状況だったのである。

 さて、その海運株ブームに出遅れた銘柄が一つあった。それは共栄タンカー(9130)だ。過去に何度か大相場を作ったことのある往年の仕手株である。4月2日に295円だった共栄タンカーは5月9日にいったん407円まで上昇したがそこから失速し、5月21日にはなんと283円の安値を付けた。その407円までの上昇の原因は個人投資家に情報を無料メールで配って買い煽り、じわじわと値上がりさせて売り抜けたとある投資顧問の仕掛けだったのである。その投資顧問は売り抜けてから「今回の共栄タンカーはこれで終了」というメールを配布した。すると共栄タンカーを空売りしてそこからの値下がり益を確保しようとする個人投資家がどんどん増えて、その結果283円まで売られたのである。

 「空売り」というと昔は相場師や機関投資家しかやらなかったが、ネット取引で信用取引を利用する個人投資家が増えた結果、この空売りという危険な行為にもまた個人投資家が短期での大きな利益を求めて群がるようになったのである。共栄タンカーが407円から283円まで値下がりするのに要した日数わずか12日である。たとえば400円で1万株空売りするのに必要な委託保証金はマネックス証券の場合120万円である。それを300円で買い戻せば手数料を計算に入れなかった場合100万円の利益が出るわけだ。元金120万円が12日後に220万円になるという短期でのコストパフォーマンスの高さに個人投資家が群がるのも無理はない。しかし、この暴落と大量の空売り発生を見て一発仕掛けようとして虎視眈々と狙っていた誰かがいたのである。その誰かが個人なのか、機関投資家なのか、あるいは複数の名義に分散させて名前が出るのを隠した大物仕手筋なのかはわからない。もしかしたら選挙資金獲得用に政治家が暗躍したのかも知れない。

 5月28日298円(+3)、29日306円(+8)、30日315円(+9)と少しずつ共栄タンカーの株価は上昇し始めた。しかし出来高はわずか30万株程度でありさほど目立つ動きではなかった。突如仕掛けてきたのは5月31日である。その日325円(前日比+10)で寄りついた共栄タンカーはなんと395円(+80)のストップ高を演じたのだ。その日の出来高は657万8000株だった。しかし問題なのはこの日に100万株以上の新規の空売りが発生してしまい、かなり売られすぎて株不足の状態になってしまったことである。ここで空売りした個人投資家たちにしてみれば「前も407円から下げた。上がってもどうせ400円くらいだろう。ここは空売りで狙おう」と思っていたはずである。6月1日に発表された5月31日分の逆日歩は0.55(55銭)だった。この逆日歩というのは空売りしている人が払わされる品貸し料である。1万株の空売りをしていれば一日あたり5500円払うことになるわけだ。株不足が進めばさらに値上がりすることになるし、火曜日に空売りを持ち越した場合は逆日歩を3日分(週末を含むため)払うことになる。約定の日付と実際の受け渡しの日にズレがあるからこのようなことが起きるのである。

 さて、ストップ高の翌日、売り方は不安な一夜を過ごしたわけだが、翌金曜日、共栄タンカーは寄り付きこそ高かったもののそこから下げ、いったん前日比マイナスになって387円まで下げた。「やっぱり400円は越えない!」と安心した売り方はさらに新規の空売りを入れた。しかし11時に発表された逆日歩(5月31日持ち越し分)は1.5円に上昇していた。その日の引け値は402円とわずかに400円を越えた。引けに掛けて買われたからである。売り方の一部には警戒して返済する者も出てきた。その時に大事をとって返済買いして損切りしておけばその後全財産をなくすようなことはなかった者もいたかも知れない。悲劇はその後に起きたからだ。この日の出来高は1300万株を超えていた。その後の大相場を予感させる出来高だった。

 株を買うものは財産をなくすが、株を空売りする者は命をなくすというのは昔から相場の世界でよく言われることである。買いで入った場合、損失は買った金額以内で済むのだが、空売りの場合の損失は青天井だ。読みを誤れば無限に損失が拡大していくのである。だから命をなくす場合もあるのだ。大物仕手筋の中にはヤクザの資金運用に携わる者もいるという。もしも彼らが負ければどうなるか。失敗して大きな穴をあけたために大阪湾にコンクリ詰めにされた沈められた者や富士山麓の樹海で首を吊った者も過去にいたかも知れない。相場とはそんな生き馬の目を抜く世界なのだ。個人投資家が単なるお手軽な利殖
の感覚でこんな危険な仕手株に近づいてはならないのである。空売りした株がわずか30%値上がりするだけで保証金はすべて吹っ飛んでしまうのである。

 週明けの6月4日、共栄タンカーは427円(+25)で寄りついた。辺りをなぎ倒すような勢いの海運株ブームは物色対象を求めてこんな辺境の株にまでやってきたのだ。そして一気にストップ高まで押し上げられて482円(+80)で引けた。この日発表された逆日歩は1.5円(6月1日持ち越し分)である。株不足は一層進んでいる。下手をするとどんな高額の逆日歩になってしまうかわからない。売り方はどんどん追いつめられていったのである。しかし、かなり安い値段で空売りしてしまった人たちはあまり損切りして返済買いするような動きをしていなかった。まだ大丈夫だとたかをくくっていたのだろう。海運祭りはついにクライマックスを迎えていた。その掉尾を飾ったのがこの共栄タンカーの暴騰だったのである。

 6月5日、492円(+10)で寄りついた共栄タンカーはあろうことか寄り付き直後に459円(前日比−23)まで売られる。誰もが「もう相場は終わった」とここで思ったはずだ。売り方はここぞとばかりに新規の空売りを入れたし、買いでこの相場に参加していた投資家たちもそこであわてて利益確定の売りを入れた。上昇相場についていけずに見事に振り落とされてしまったのである。しかし、株価はそこから急反発してすぐに500円台に乗せた。14時近くまで何度も大きく下げながらもみ合ったために「やっぱりこのあたりが頂点」と思った人は新規の空売りを入れた。この日発表された逆日歩(6月4日持ち越し分)は3円に上昇した。6月5日に持ち越せば逆日歩は3日分である。空売りが返済されて減少していない限り売り方は3円×3=9円、もしくは4円×3=12円支払わされることになるのだ。上昇を阻止したかったのか売り方はそこで買い方に投げさせようと必死の空売りを入れた。この日発生した新規の空売りは300万株を越えていたわけでそれだけ売り方が真剣に売り崩そうとしていたことがわかる。しかしその努力も空しく14時台になんと成り行きで300万株の買い注文が入った。上昇を阻止しようとして並んだ売り板は鎧袖一触粉砕され、株価はたちまちストップ高の562円(+80)に張り付いたのである。そこからは大量の買い注文が膨らみストップ高比例配分となった。もう売り方に逃げ場はなかった。返済買いして損切りしようにもあまりに買い注文が多くてもう買えなくなってしまったのである。

 大量に発生した株不足のために東証は6月5日、共栄タンカー株の信用取引規制(新規の空売り禁止)を発表した。発行株数3800万株、浮動株せいぜい1300万株のこの小型株が一日に5853万株の出来高を記録し、600万株を超える株不足という状況になってしまったのである。

 新規空売り禁止になった6月6日、売り注文で出てくるのは買い方の利益確定の売りだけだった。この日も572(+10)で寄りついたのも一瞬ですぐに急上昇して株価は662円(+100)のストップ高に張り付いた。売り方の多くは突っ張って耐えることを止めてそこでついに力尽き、損切りすることを選んだからである。その日返済された空売りは380万株を超えた。その日の出来高1839万のうち20%近くが空売りした人の損切り返済買いだったのである。売り方はその日ほぼ壊滅した。6月6日に発表された逆日歩(6月5日持ち越し分)は12円だった。空売りした人は損切りさせられただけではなく、さらにこの逆日歩も支払わされたのである。

 6月7日、海運株相場は突如終わった。この日の寄り付きで海運株のいくつかはストップ安気配を示しているものもあったという。共栄タンカーも徐々に気配値を下げて結局寄りついたのは672円(+10)だった。しかしそこから最後のマネーゲームがはじまったのである。大きな単位の成り行き買い、売りが炸裂して株価は上下に激しく揺さぶられ、買った者は暴落に狼狽してすぐに投げ売りし、売って利益を確定したものはその後の暴騰に驚いて買い直した直後に暴落に見舞われ、なんと瞬間的にストップ高の762円(+100)までこのマネーゲームの中での上昇があったのである。それが最後の打ち上げ花火みたいなものであった。徐々にザラ場の参加者は敗者ばかりになっていった。どんどん値下がりするということはババを掴まされたものだけが賭場に残ってるという状況である。ついにはストップ安の1円手前の563円まで下がった。一日の値幅が上下で実に199円もあったのである。終値は587円(−75)、もはや完全に相場は終了した。その日、生き残っていたはずの売り方はさらに激減した。高値で泣く泣く返済させられて終値の安さに悔し涙を流した者も多かっただろう。6月8日には一度も前日比プラスになることもなく514円(−73)、もはや誰もそこから上昇するとは思わない無惨な状況となったのである。

 この共栄タンカーの場合、空売りでこの勝負に入ったものが壊滅しただけではなく、買った者も素直に儲かったものはいない。途中で何度も「相場終了」のだましサインを見せられてわずかな利益で満足して勝負を下りてしまったものが多かったからである。往年の仕手株は海運祭りの掉尾を飾るにふさわしい伝説となる3日連続ストップ高を見せてくれた。もちろん江草もこの勝負に買いで参加できた一人である。ただ度胸もなく逃げ遅れを怖れるあまりにわずかな利益に満足して勝負を下りた一人のチキンな投資家であったということもまた逃れようのない事実なのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に上昇、1位まであと3人です。m(_ _)m 

2007年06月10日(日) 殺人ドクター、狂気のメス!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 ヤクザが酔っぱらって暴れて人を刺すのならよくある話だが、お医者さんが白昼に人を刺したなんてのはひどすぎる冗談である。その殺人ドクターの名は尾曽越(おそごえ)俊彦容疑者(53歳)、なんでも白昼堂々タクシーの車内で首に斬りつけたのだから確定的な殺意があったとしてもおかしくはない。頸動脈を切断して絶命させようとしたのだろうか。それにしてもへたくそなメスさばきである。もしかしたら腕の悪いドクターなのかも知れない。

医師、タクシー運転手刺す 乗車拒否され 山口・下関2007年06月09日22時05分
タクシーの運転手を刃物で刺したとして、山口県警周南署は9日、同県下関市綾羅木本町8丁目、医師尾曽越(おそごえ)俊彦容疑者(53)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。「乗車を拒否され腹が立った」と容疑を認めているという。
 調べでは、尾曽越容疑者は同日午後0時45分ごろ、周南市御幸通2丁目のJR徳山駅前で、乗車したタクシーの運転手花岡頼孝さん(66)の首を持っていた小型ナイフで刺し、さらに左肩に切りつけた疑い。花岡さんは全治10日のけが。
 花岡さんは、乗ろうとした尾曽越容疑者に「前の車に乗って」と乗客待ちしていた車列の先頭車両の利用を求めたという。だが、断り切れずに同容疑者を乗せて車を発進させると、いきなり後ろから刺したという。
 尾曽越容疑者は同駅近くの民間病院に非常勤で勤務する内科医。8日夕方から10日朝までは、当直勤務をする時間帯だったという。
 110番通報で駆けつけた署員がさすまたや盾を使い、ナイフを振り回しながら逃げる尾曽越容疑者を取り押さえた。


 当直勤務の時間帯になぜ尾曽越医師がこんな場所にいたのだろうか。その理由はわからないが病院に戻らないといけないので急いでいたのだろうということは推理できる。それでついつい目の前のタクシーに乗り込んだ。ところがそのクルマは客待ちの列の3台目であり、ちゃんと先頭のクルマに乗るのが乗客のお約束だったのである。ただ、尾曽越医師はふだんからこの駅を利用しているわけで、だったらなおのことタクシー乗り場の客待ちのクルマの待機場所がどこであるかくらい知っていたはずだ。

「お客さん、すみませんがこのタクシーは順番待ちしてるところです。恐れ入りますが先頭のタクシーに移っていただけないでしょうか。」

とその運転手は伝えたのだろうか? それを自分への乗車拒否と判断した尾曽越医師は指示に従わずにクルマを降りなかった。根負けしたタクシードライバーはとりあえずそのお客のわがままにつきあってあげるような調子でクルマを発進させた。両手がハンドルに掛かっていて無防備になった直後、尾曽越医師はまるで暗殺者のように大胆不敵な凶行に及んだのである。後ろから首を刺したのだ。さらに左肩にも切りつけた。ただ「全治10日間のケガ」ということだから傷はたいしたことはなかった。

 尾曽越医師はそこから逃亡したもののすぐに通報して駆けつけた警察官によって緊急逮捕された。ナイフを振り回して暴れるのでさすまたで取り押さえたということである。このかっとなって人を刺す狂った医師が、日頃はどんな勤務状況だったのかオレは非常に興味が湧くのである。53歳という分別ある年齢の、しかも社会的地位も高いはずの医師がなぜこんなことを行ったのか。この凶行の背後にはいったい何があるのかと。

 日本の刑事罰というのは犯罪の結果によって決められる。高速道路に投石した少年に器物損壊罪という極めて軽い罪しか適用できないように、この人間凶器である狂気のタクシードライバーに対しても、ただの「傷害罪」でしょっぴくことしかできない。なんとも納得のいかない話である。これはどう考えても殺人未遂じゃないのか。

 それにしてもこのドクター尾曽越、何が目的でこんな事件を越したのだろうか。53歳にもなってタクシードライバーに腹を立ててナイフで刺すなんてオレには到底納得がいかない。自分の人生を自分からめちゃめちゃにしてしまいたかったのだろうか。売上金のゼニが欲しいというわけでもないだろうに。今回の事件。不幸中の幸いとも呼べるべき事実が一つだけある。それは尾曽越医師がかなりの藪医者であり、一発で被害者の急所をつくような攻撃を繰り出せなかったということである。もしもブラックジャックのような医師が同様の犯行に及んだらもう逃げ場がないからである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に上昇、1位まであと3人です。m(_ _)m 

2007年06月09日(土) 送料無料で買いホーダイなのだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレのこの暴言日記の下の方には



のバナーが貼られていて、そこからアマゾンの通販が利用できるようになっている。日記の読者の方がこのバナー経由でお買物をしてくださると、オレのところに取り次ぎ手数料が入るという仕組みになっていて、ときどきそこでお買いものをしてくださるありがたい読者さまのおかげで通勤の帰りにタコヤキを買って食べることができるくらいの手数料収入が発生するわけでオレは大いに感謝しているのである。ただ、オレが不思議なのはどう考えても引き合わない買い物の発生だった。

 アマゾンで買い物をした場合、1500円以上のお買物(マーケットプレイスを除く)をすれば送料が無料になるという特典がある。一冊あたりの単価が安いときもこれを利用するために複数の本を合わせて購入すればいいわけである。オレは一日に一回アマゾンアソシエイトの管理画面にアクセスして前日の売り上げを確認するわけだが、なぜかそこでコミックが1冊だけという形で売れている時がある。一冊550円に送料が340円かかるなら890円になってしまいかなり高くなる。どうしてそういうもったいない通販の利用法をするのかがオレには疑問だったのである。

 もちろん店まで買いに行く労力や交通費やめんどくささを思えばそのくらいの送料はなんでもないのかも知れないが、550円のものを890円で買うということが贅沢にオレは思っていたのである。書籍の価格が1500円未満なら送料が必要になるわけで、1冊だけ買うなら1300円の本の方が1500円の本を買うよりも高くなるという珍妙な現象が起きてしまうのである。通販利用者にすれば本の定価を1500円以上にしてくれてる方が実は助かるのだ。そういうわけでもしも本を出せるなら定価は1500円にしようとオレは思ったのである。

 さて、通販に掛かるこの最大コストである送料をなんとアマゾンは無料にする制度を打ち出したのである。以下に引用したのはアサヒコムの記事である。

アマゾン「使い放題」 年会費3900円で配送料無料に 2007年06月08日23時16分
インターネット通販世界最大手の米アマゾンは8日、年会費3900円(税込み)を払えば、商品の配送料が無料になる新サービスを日本で始めた。従来1500円以上の買い物が無料の条件だったが、少額の漫画本1冊でも配送料を気にせず何度でも購入できる「使い放題」だ。ネット通販の巨人の新サービスは、ライバルにとって新たな脅威となりそうだ。
 新サービスの名称は「アマゾン プライム」。対象商品は、アマゾンジャパンのサイトで扱う約1000万点のうち、家電、CD、書籍など100万点で、順次増やす。中古書籍のように、アマゾンの直販でない第三者が出品する商品は対象外となる。沖縄や一部離島を除き、注文した当日か翌日に時間を指定して商品を受け取れる速達サービスも無料になる。同様のサービスは米国に次ぎ、2カ国目だ。
 来日中の米アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は8日、朝日新聞の取材に対し「ネットインフラが充実し携帯電話での通信も充実した日本なら、確実に成功する」と自信を見せた。
 ネット通販では配送料や手数料が利用者の負担感につながっていた。
 楽天やヤフーのようにサイトへの出店者の商品を中心に扱うネット通販には月会費を払うと割安で購入できるサービスなどがあるが、配送料の設定は出店者に任されている。ネット通販関係者は「アマゾンの新サービスは利用者にお得感を与えられるインパクトあるサービス」と驚く。
 百貨店やカタログ通販のネットサイトの配送料無料サービスは、中元・歳暮の贈答品など一部に限られる。


 あらかじめ3900円の年会費を払い込めば送料が無料になるわけだ。そうすると一冊500円程度のコミックや文庫本でも一冊単位で気軽に注文が出せるようになる。まとめ買いするために無理やりに本を選ばなくてもよくなるのだ。 3900円といっても一ヶ月あたりにするとたったの325円である。それで月に3回も4回も少額の本を買えるのならかなりお得であると言えよう。BUFFALO ETP-C5E-2LG LANケーブルのようなたった280円のものを一個という注文も気軽に出せるのである。もっともっと極悪な客の中にはキャプテンスタッグ プリンクナイフにようにたった30円のものを一個だけ注文する人がいるかもしれないのである。(←おそらくアマゾンの全商品の中で一番安いはず)これは一種の通販革命である。通販の方が交通費や手間がかからない分だけ実は安いのだという状況が生まれるのだ。もしも30円の商品ばかり3日おきに注文されればアマゾンは大赤字である。

 オレの家は駅から遠い。書店に出向くためにはクルマやスクーター、自転車という交通機関を用いることになるし、ちょっと大きな書店に行くには時間も掛かる。そうした手間はオレみたいにまめな人間にとってはさほど面倒なことではないわけだが、世の中には家から一歩も出ずにすべてを済ませたいという真性引きこもりの人、そして動くのがおっくうになった高齢者の方々大勢いるわけである。おそらくそうした人はこれからどんどん増えていくはずだ。その増加する需要を満たすために通販が小売業の販売に占める比率は高まることはあっても縮小することは決してないだろう。

 この最大手アマゾンの戦略に対して同業他社はどのように対応するのか、それもまたオレの興味のわくところである。どんな競争が起きるのか。サービスがより充実するのなら利用者にとって無条件によいことである。しばらくはその動向を見守ってみたい。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に上昇、1位まであと3人です。m(_ _)m 

2007年06月08日(金) 上に立つモノの責任とは何か?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 江草ファンのお約束のページにクリック募金のコーナーを設けました。さまざまな活動に皆様からのご支援をお願いします。江草へのご支援もお願いします。

 軍艦が沈むとき、艦長は船と運命を共にするのが普通だ。太平洋戦争ではたいていそうだったらしい。城が落ちれば城主は切腹するが、足軽まで殺されることはなかった。責任というのはトップだけがとればいいのである。ところが現代日本では無責任なリーダーが多すぎる。歴代の内閣総理大臣もひどいヤツが多かったが、今話題の社会保険庁もひどいリーダーばかりだ。しかもそのリーダーたちはみんな高額の退職金をもらいまくっていたのである。盗っ人に追いゼニとはこのことである。こいつらみんな身ぐるみはいで破産させろとオレは言いたくなるぜ。

社保庁:長官経験者7人の天下り収入は9億3000万円
社会保険庁の年金記録不明問題で、85〜04年の社会保険庁長官経験者のうち、7人が天下り先の公益法人などから退職金や月額報酬を総額約9億3000万円得ていたとみられることが分かった。今回の問題は、85年に社保庁が自治体に年金記録台帳の廃棄通知を出したことや、80年前後の電子データ化の際の入力ミスなどが原因と指摘されている。政府・与党内からも、歴代の長官経験者に対する責任追及の声が上がっているだけに、組織トップの多くが退官後も厚遇され続けた実態に批判が集まりそうだ。【野倉恵】
 7日の参院厚生労働委員会で、福山哲郎議員(民主)らの質問に、厚生労働省が推計額を明らかにした。
 社保庁は40年以上前から100万件近くの厚生年金記録不明問題を把握していた。しかし、その後も有効な対策を取らず、不明記録は年々増加。自治体への台帳廃棄通知や、電子データ化のほか、97年の基礎年金番号付与の際などにもミスを重ね、現在、約5000万件の年金番号が宙に浮いた状態になっている。
 今回の7人は、いずれもこの期間に社保庁長官を務めた。厚労省の推計によると、4カ所の公益法人などに17年間所属し、退職金、月額報酬の総計約2億1100万円を得たとみられる長官経験者もいる。別の長官経験者は2カ所に天下り、総額約2億800万を受け取ったとみられる。7人の総額は約9億3000万円に上ることになる。
 今回の問題で、安倍首相は5月下旬、「歴代の社会保険庁長官の責任を明らかにする必要がある」との考えを示した。渡辺喜美行政改革担当相は、歴代長官の退職金の返還や、天下りのあっせん禁止などの対策に言及した。毎日新聞 2007年6月7日 23時03分 (最終更新時間 6月7日 23時12分)


 ずっと払ってきた掛け金の記録がてめえらのミスで存在しないこととされ、仮に記録が見つかったとしても「時効」という扱いで不当にゼニをピンハネされてきた国民の怒りをこの長官とやらはわかっているのか。ろくに仕事もしないどころか、逆に後々禍根を残すようなミスをやらかしながらしっかりと退職金だけはもらって出て行ったこのごくつぶしどもめとオレは罵倒したくなる。

 責任を明らかにするとはどういうことか、安倍晋三はわかってるのだろうか。退職金の没収だけでは済まない。オレは詐欺罪を適用してくれと願う。国民をだまして掛け金をだまし取り、その記録を消滅させた罪だ。これは「振り込み詐欺」みたいなものじゃないか。しかも金額が大きい。その金額の大きさを思えば、歴代長官はみんな懲役20年くらいはぶちこんでやれ。もっとも老人ばかりだから事実上の終身刑になるだろうが。

 天下り先の公益法人のうち、実際にその組織が必要であって民間に置き換えることのできないものがどれだけあるだろうか。公益法人の多くは税金を使って天下りの官僚どもを養うための養老施設なのだ。こういう仕組みを作った連中、そして今その仕組みの中で働いてる連中は全員解雇して人員を適正に配置しろ。役立たずの理事どもは炎天下で一日中草むしりでもさせてろ。

 歴代の長官だけではなくてそれを命令した厚生労働大臣も処分しろ。年金記録の自治体に於ける管理義務を無くしたのは坂口力である。こいつも一緒に詐欺の幇助で刑務所にぶちこんでくれ。これは国民に対する裏切りであり、国家に対する反逆なのだ。ただのこそ泥とはわけが違うということを示さないといつまでも腐った官僚は絶滅できないのだ。オレはそのようにいつも感じているのだぜ。

 上に立つヤツの頂点と言えばいちおう安倍晋三だ。てめえの配下の閣僚どもの不祥事の責任を取って代わりに潔く腹を切る覚悟はあるか。松岡利勝一人が秘密をあの世に持っていってくれたから助かったと思ってるんじゃないかなあ。てめえは総理として国民の期待に応えられなかったらそのときは切腹してお詫びするくらいの覚悟で政治に向き合ってるのか。やらせでゴミ拾いなんかしてる場合じゃないんだぜ。国家の一大事という時にのんびり馬券を買って楽しんでるような首相は百害あって一利なしだ。腹が切れないのならいますぐ辞表を出すべきだろう。それとも沈み行く日本丸の艦長として、国民をみんな国外に脱出させてから日本列島と一緒に沈んでいくのかい?

 この日記に対して、読者の猫車さんという方からメールで情報をいただきました。最高裁判事の中には元社会保険庁長官がいるそうです。厳しく処罰するどころか身内への極甘の判決しか下せないのは明らかです。あまりの事実に愕然としております。結局この詐欺師どもを裁く機関はどこにもないのか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に上昇、1位まであと3人です。m(_ _)m 

2007年06月07日(木) そんな税金踏み倒せ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 「税金を踏み倒せ」などというと「むちゃを言うな」と言われそうだが、むちゃな税金があるのだ。そもそも縦割り行政のせいでこういうことになるのだが、それは今社会保険庁が調査を進めてる宙に浮いた国民年金や厚生年金の掛け金の問題である。支給額が増えることになったらその分が過去にさかのぼって支給されるのだが、これまでは時効が適用されて5年分しかもらえなかった。ところがその時効も撤廃されると、トータルで数百万という年金を一度にまとめて支給される人が多数発生することになる。

 確か年金を年間に120万円以下しかもらっていない人は非課税、課税されるのはそれを超過した金額に関してだったと思うが、国民年金しか掛けてなかったり、厚生年金の受給年数の短い人はその120万という金額を下回るから問題なかったのである。ところが今回発生する追加受給分に関してはまとめて支給されることによって税金が掛かってくるのである。長期間に渡って薄く支給されていればずっと税金を払わずに済んだのに、まとめて支給されることでその超過分に対して一気に課税されるのである。本来この税金は払わなくてもよかったものであるのに、いきなりぼったくられてしまうのだ。ひどいじゃないか。元々社会保険庁の怠慢のせいで発生した一時支給なのに、そこから税金を分捕るつもりなのか。

 支給漏れが見つかって追加で受給した分を合わせてある年だけ300万円の支給を受けたとすると、翌年には300−120=180万円に関して所得税や住民税がかかってくるのである。これはかなりの額になる。そんなのはひどいじゃないか。いつ死ぬかわからない老人などは生きてるうちに贅沢しようと思って追加受給した分を盛大に使い切ってしまうわけだが、翌年の6月になってからいきなり「住民税を払え!」などという文書が市役所から届いてびっくりすることになるのだ。

 オレがもう一つ疑問に思うのはこの税金の支払い義務に関してなんだが、もしもその年金受給者が死亡した場合は払わずによいのかということである。前年度の収入に関して住民税が発生するのはわかるが、支払うべき年度になってすでに死亡していた場合はどうなるのかということだ。それは負債として遺族が引き継ぐべきものになるのか。あるいは死んだらもう新たに税金は発生しないのか。そのあたりがどうも謎なのである。

 雀の涙ほどのわずかな年金に頼って生活してきた人に突如支給される大金、もらった側はびっくりするだろうがいずれそのゼニは悪い子や孫にたかられるだろうし、振り込め詐欺でもっていかれるだろうし、老人を狙うマルチ商法や錯誤商法でかすめとられる可能性が高い。もっともそういうのは自己責任でもあるわけで、老人のゼニをかすめ取ろうとする子や孫の存在もまた自己責任の一種である。しかし突如役所から届く「住民税を払え!」という文書には多くの年金受給者が「なんでやねん!」と反発するはずだ。おそらく安倍晋三は性急にことを進めるあまり、それに付随して発生するさまざまなトラブルに関して何も考えていないのである。まあ考えられるだけの脳みそがありそうにも見えないが。

 オレは「踏み倒せ」と書いたが、それは脱税や不払いを奨励してるのではない。悪法も法である。それがルールなら払わなければならない。ただその税金を払わないといけない理由は社会保険庁の側に存在するのであり、その落ち度を年金受給者がかぶらないといけないことの理不尽さにオレは怒っているのである。もしもオレがその立場なら「踏み倒したくなる」はずだが、払う義務があるので株式投資で稼いだあぶく銭で「こんなゼニはらってやらあ!」と言って片づけると思うのだ。(そこで「結局払うじゃないか」と突っ込まないでくれ)さて、来年の6月頃にはこの税金を払わされる老人たちの怒りの声があがることは間違いない。必ずオレの予言通りになるぜ。

 追記 6月6日の読売にこのような記載があったことを見落としておりました。補足しておきます。やはり課税はおかしかったわけですよね。
年金時効分は非課税、社保庁ずさん入力認める
政府・与党は5日の参院厚生労働委員会で、年金記録漏れ問題の被害者救済法案「年金時効撤廃特例法案」により、年金請求権の時効(5年)のため受け取れなかった過去の不足分を一時金として支給する際に、所得税を課税しない考えを明らかにした。
 現行制度では納付記録の訂正により、年金の不足分がまとめて支給される際は、過去にさかのぼり所得があったとして所得税が源泉徴収される。
 同法案の提案者の一人である自民党の宮沢洋一衆院議員は、時効を適用せずに補償する不足分について、「申告所得には5年間の税の時効があり、6年以上たてば納税する必要がない。5年以内は源泉徴収するが、6年以上は源泉徴収しない」と述べた。
 また、社会保険庁は、年金記録漏れ問題に関し、1980年代に年金納付記録を紙の台帳から電磁データに移行した際、台帳に記された振り仮名なしの漢字の氏名を、本人に読み方を確認せずにカタカナでコンピューターに入力していたことを公式に認めた。
 社保庁の青柳親房運営部長は答弁で、「(記録は)紙の台帳で長く保存され、本人に確認のしようがなく、台帳の氏名に適宜振り仮名を振って入力したと承知している」と述べた。(2007年6月6日 読売新聞)


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に上昇、1位まであと3人です。m(_ _)m 

2007年06月06日(水) 中国はカンニング大国です!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 恋人にはマウスを贈ろうのページを更新して商品を一部入れ換えています。ぜひごらんになってください。


 カンニングと言えば小さな文字で書き込まれたカンニングペーパーを隠して持ち込み、試験中にそれを見ながら解答するという古典的なパターンを誰もが想像するわけだが、現代中国のカンニングはそんなないらしい。今や超ハイテク化の波がカンニングの世界にも押し寄せているのである。それにしてもカンニングの請負業者までいることには驚いた。本当にあの国は何でもありなんだとオレは呆れているのである。

中国の大学入試、カンニングめぐりハイテク“攻防戦”過熱
【瀋陽=末続哲也】中国で、7日から全国一斉に始まる大学入試を前に、受験生のカンニングをめぐる“攻防戦”が過熱している。
 不正受験の手口がハイテク装置の導入で年々巧妙化する中、当局も監視体制強化を図っている。
 中国の報道によると、遼寧省当局は入試当日、省内8000か所以上の入試会場に手持ち式の金属探知機を配り、所持品検査を行う。監視カメラなども配備。投入した経費は約1億元(約16億円)に上る。近年、中国各地で横行するハイテク機器を使ったカンニングを封じ込めるためだ。
 中国では昨年、3000人以上のカンニングへの関与が発覚。カンニング請負業者が、受験生に持たせた無線機付きの超小型カメラで問題用紙の映像を入手、超小型トランシーバーなどで受験生に正解を教えるのが、一般的な手口だ。ワイロをもらった当局者の出題漏えいも頻発する。当局側は、四川省が約100万元で無線機器の探索装置を配備し、北京市も監視カメラを導入するほか、内部の綱紀粛正を図るなど、防戦に躍起だ。
 業者側も対抗手段を練っている模様。遼寧省瀋陽で最近、無線機を隠した腕時計や靴などのカンニング用品が見つかった。瀋陽の電柱には「あなたの大学への夢をかなえます」と記されたカンニング業者のチラシも張り出され、“営業活動”も盛んなようだ。
 業者は数千元から数万元でカンニングを請け負っている模様だが、大金を払うのは受験生の親たち。カンニング横行の背景には、違法業者の暗躍に加え、所得格差が拡大する中、子供を「勝ち組」に押し上げたい切実な親心もありそうだ。(2007年6月5日18時35分 読売新聞)


 このカンニング請負業者というのは相当優秀なスタッフを揃えていないと大変だと思う。入試本番の問題を即座に解答しないといけないからである。もしかしたら教師が副業でやってるのかも知れないが。賄賂をもらって出題漏洩というのはいかにもありそうな話だと思う。それなら時間もたっぷりあるから試験までになんとかなるだろう。そしてオレはこのようなカンニングの仕組みがなぜ日本には登場しないのだろうかと考えるのである。入試の結果が人生を大きく左右するのは日本も中国も同じだろう。だったらなぜ日本にはこのようなカンニング請負業者が出現しないのか。

 日本ではカンニングに対する罰則はかなり厳しい。カンニングを行った科目だけではなく、それ以外の科目もすべて0点にされるような学校もあるらしい。場合によってはそのために留年に追い込まれることもある。カンニングペーパーを持ち込めたら高得点できるような単純な試験ではないことも多い。それによって得られる点数と見つかった場合の罰則の重さを比べるとどう考えても引き合わない行為なのである。もっとも引き合うからとやっていいものではないわけだが。

 そういえばお隣の韓国では携帯電話を用いた大規模なカンニング事件が発覚したことがあった。中国といい、韓国といい日本とは比べものにならないくらいの学歴社会らしい。入試に対してのこだわり方が違うということなのだろうか。まあ中国はその昔の科挙の時代からカンニングはあった。肌襦袢にびっしりと四書五経の文字が書いてある写真を世界史の資料集でご覧になった方も多いと思う。カンニングはむしろ中国二千年の文化そのものなのかも知れないが。

 中国当局が躍起になってカンニング取り締まりをしていることと比べて、日本の大学入試センターは実にのんびりしているなあと思う。もちろんここで問題の漏洩事件などが起きれば入試を根底から揺るがせる騒ぎになるだろうし、責任を取って自殺する人が出たりと大変な事態が予想される。歯科医師国家試験で問題が漏れたという事件はこれまでにも起きているが、これがセンター試験となると試験そのもののやり直しまで発展しそうである。現場で生徒を教えている身としてはそんな大混乱だけは絶対に避けて欲しいと思うのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に上昇、1位まであと3人です。m(_ _)m 

2007年06月05日(火) ドンキで2000万円万引きしたクソガキ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 「万引きの被害」と言えばたかだか数千円くらいを想像するのが普通だろう。ところが2000万円分も万引きしたクソガキどもがいたのである。盗んだモノは質屋で換金したという。オレは思うのだが、売りに来た相手を見ればその商品の素性は想像がつく。おそらくこの盗品の買い取りをした質屋はそれが盗品であるとうすうす感づいていただろう。その場合警察に通報すればたちどころにこの悪党どもは逮捕されていたはずなんだが、それがこれだけ被害が拡大したところを見ると、質屋もどうやらグルだったとしかオレには思えない。

万引き容疑:ドン・キ3店で2千万円分 少年ら4人逮捕
量販店の「ドン・キホーテ」で万引きを繰り返したとして、神奈川県警加賀町署は4日、川崎市川崎区台町、佐藤亮容疑者(20)ら18歳と19歳の少年を含む、いずれも川崎市内の無職の男4人を窃盗容疑で逮捕したと発表した。同署は、4人が昨年1月から今年3月末までに、横浜市、川崎市、同県相模原市内の3店で電化製品など約100件の万引きをし、被害額は約2000万円に上るとみて捜査している。
 調べでは、佐藤容疑者と19歳の少年は2月12日午前6時20分ごろ、川崎市幸区神明町1の「ドン・キホーテパウかわさき店」で鍋セットや体重計など(計4万9400円相当)を盗んだ疑い。20歳=事件当時19歳=の男と18歳の少年もそれぞれ同月、同店などで掃除機を盗むなどした疑い。19歳と18歳の少年2人は家裁送致され、当時19歳だった男は窃盗罪で起訴されている。
 4人は、2〜3人で万引きを繰り返し、盗んだ商品を質店で換金していたという。調べに対し、「遊びに使った。商品が山積みされていて盗みやすく、警備が手薄になる深夜から明け方を狙った」と容疑を認めている。【鈴木一生】毎日新聞 2007年6月4日 21時28分


 この4人の犯人グループの肩書きが「無職」となってるが、こいつらはそれで生計を立てていたのと同じである。だったら職業は「無職」ではなくて「泥棒」とすべきじゃないのかとオレはまず突っ込みたくなる。そして深夜や早朝の警備が手薄な店内に忍び込んで盗むという行為は少なくとも「万引き」の範疇ではなくてそれは「窃盗」(こそ泥)と呼ぶべきである。この毎日新聞の記事は日本語の誤用だらけだ。

 それにしても盗んだのが「鍋セット」「体重計」だから意味不明だ。なぜこんな重量の割に価格の安い品物を盗んだのか。それともドン・キホーテにはまともな高額商品がないのか。換金が目的ならばできるだけ小さくて値打ちのあるものを盗むのが普通じゃないのか。もしかしたらこの4人組は超弩級の馬鹿だったのかも知れないが。

 同じ行為を「万引き」と呼ぶのと「窃盗」と呼ぶのではかなりニュアンスが異なる。世の中には「万引きなんか誰でもやってる!」などとほざくクソ親も多い。「お宅のお子さんが万引きをしました」なら驚かない親も「お宅のクソガキは泥棒です」と言われればビビるかも知れない。そういう意味ではオレはこの「万引き」ということばをいっそ廃止して、「窃盗」ということばだけに統一してくれよと思うぜ。

 万引き100件で被害額2000万円とあるから一回あたり20万円ということになる。この推計はどうやって行ったのだろうか。こんなクソガキどもがまさか「万引き戦果ノート」という記録を残していたということはないだろう。だったらその金額も件数もおそらくは概算のはずである。もしかしたら何もウラを取らずに「一回20万円くらいで100回はしたと思います!」という談話をただかけ算しただけかも知れないぜ。店の方は被害金額をきちっと計算できてるのだろうか。そして今回の事件で重要な役割を果たしている質屋は別に検挙しないでもいいのか。どうもオレはそれが腑に落ちないのである。

 万引きをなくす方法について以前オレはこの日記で提案したことがある。どんなにわずかな金額の商品を万引きしたとしても、罰金を50万円くらいにしてそれを親に払わせるというシステムを作ることだ。そして罰金のうち10万は国庫へ、40万は被害を受けた店側に入るという仕組みにすればどうだ。コンビニは商品を販売するよりも万引きを摘発した方がはるかに儲かるということになり、あの手この手で客を監視する仕組みを開発するだろう。これまで数多くのコンビニが万引き被害で倒産したという。この罰金システムを導入すれば、多くの経営難のコンビニが息を吹き返すかも知れないのだ。もちろん罰金を払わない親もいるだろう。その場合はクソガキが警察の留置場から帰宅できないようにすればいい。(これではまるで罰金ではなく身代金みたいだが)ついでにその留置場は駅前の人通りの多いところに作ってガラス張りにしてやれ。罪を犯すということはそれくらい恥ずかしい行為であると認識させることは、この世から悪を追放するために必要なことである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に復帰、あと3人抜けば1位です。  。m(_ _)m 

2007年06月04日(月) もうこんな国はいやだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 脱北者の家族が北朝鮮・清津港から小舟で出航して日本海を横断、900キロの漂流の末に青森県・深浦港にたどり着いたという。そのニュースを知ってオレはなんともやりきれない気持ちになった。たまたま究極の馬鹿野郎が国家の指導者であったために喰うや喰わずで国民が喘いでいる国がお隣に存在する。生きていくために多くの住民が国外に逃亡しようとする。人権のない国で生きるよりも、危険を冒してでもよりよく生きることを求めて荒海に漕ぎ出したその勇気と生きるための意志にオレは深く敬意を表したい。そして、日本政府が彼らのために何ができるかを考えて欲しいのだ。

 かつてサイゴンが陥落してベトナム戦争が終結した頃、南ベトナム政府軍の関係者や一部の知識人、富裕階級が弾圧を逃れるためにボートピープル(難民)となって南シナ海にこぎ出し、その一部は日本にもやってきたことがある。今、大勢の元ベトナム難民の方が兵庫や大阪に居住しているのがその名残である。オレは一時期彼らに日本語を教える活動を手伝っていた。彼らの自由を求める逃避行の話を聞くと涙がこみ上げずにはいられなかった。その途上でどれほど多くの者が命を無くしたことだろうか。

 今回の脱北家族の語った内容を含む記事を読売新聞のWEBサイトから紹介する。

「食事は1日おきだった」脱北家族、切々と困窮ぶり訴える
「1日おきにパンを食べるのがやっとだった」。青森・深浦港で2日、保護された脱北者夫婦と息子2人の4人は、青森県警の事情聴取に、北朝鮮での生活の困窮ぶりを切々と訴えた。
 「タコ漁の収入で一家を細々と支えてきた」。4人は、そう話す弟の小さな漁船に乗って北朝鮮を脱出した。出航直後の4日間は波にもまれ、食事も会話もままならないなど厳しい航海を耐え、必死の思いでたどり着いた日本。一夜明けた3日、家族は警察の調べにも落ち着いた様子で、時折、笑みも見せているという。
 一家は4人暮らしで、かつて漁師だったという50代後半の夫も、60代前半の妻も無職。30代の兄は専門学校に通っていたといい、家族の生計を支えていたのは、20代後半の弟のタコ漁の収入だけだった。
 弟は、県警に対して「船の操縦資格を持っているので、苦労して船を購入した」と話しているという。
 しかし、その船も、船外機が老朽化し、塗装もされていない全長わずか7メートルの木製の小型船だった。深浦港で目撃した住民によると、船尾には穴が開き、浸水を防ぐために軍手を押し込んであった。
 「北朝鮮を出る前の生活は苦しかった」と話す4人が清津(チョンジン)を出発したのは、5月27日だった。
 「出航した時は濃い霧が出て、周りが見えないほどだった」。海上保安庁などによると、「この時期は一年で一番海が穏やかな時期」というが、小さな漁船で日本海の荒波に乗り出した家族にとっての航海はつらく、厳しいものだった。
 「出航後間もなく、海はしけ始めた。荒れた海は4日間収まらなかった」「船にしがみつく状態だった。船が大きく揺れるので、食事も、互いに話すこともできなかった」。4人は当時の様子を説明する。
 深浦港で発見される直前、4人の船は、約13キロ離れた別の漁港に近づいた。釣りをしていて目撃した男性(73)によると、息子の1人が櫓(ろ)をこぎ、1、2メートル手前まで近づくと、船の上から夫が「ニイガタ ニイガタ」と話しかけてきた。身ぶり手ぶりで必死に伝えようとしていたという。男性が「ここは違う。青森だ」と答えたが、理解できない様子だったという。
 4人は上陸後、警察官に「陸地が近づくにつれ、ほっとした」と話し、安堵(あんど)の表情を浮かべた。
 医師の診察の結果、4人の健康状態に問題はなく、県警の調べにも落ち着いて冷静に応じているという。
 食事も残さず、3日の夕食に出された幕の内弁当には、「おいしい」と笑顔を見せ合ったという。
 県警は、洗顔や洗濯の時間を設けるなど、長い航海を経験した4人の衛生面にも配慮しながら、五所川原署で事情聴取を続けている。(2007年6月4日0時0分 読売新聞)


 この脱北家族は北朝鮮当局に見つかった時のために自殺用の毒薬も持っていたという。自由を求めて、そして人間らしく生きることのために彼らは命をかけたわけだ。その勇気をオレは讃えたい。

 漁船と言うよりはただの小舟としか言えないちっぽけな船で、しかも船尾には穴が開いていて水をかき出しながら航行しなければならなかったという。そんな小さな船でよく外洋にこぎ出せたものである。そして、失敗すると死ぬかも知れない危険な脱出行を行わせるきっかけとなった北朝鮮国内の惨状を想像する。満足に食べるモノもなく、国民の多くは貧しさに喘いでいるのに軍事費は優先され、馬鹿国家主席は嬉々としてミサイル発射実験を行っているのだ。
 
 孔子は国家を成立させる3つの要素として兵・食・信を挙げた。他国からの侵略に対して自衛できるか。国民を食べさせることができるか。指導者が国民の信頼を得ているか。その3つの中でもっと不要なモノが「兵」であり、もっとも大切なモノは「信」であると説いた。今北朝鮮にはもっとも不要な「兵」のみが存在し、「食」も「信」も不足している。もはや国家の体を成していないのかも知れない。不幸にしてそのような国に生まれてくればどうすればいいのか。自分たちの国の運命を国民が選び取ることができないのは不幸なことだ。

 幸いなことに日本ではとりあえず選挙という仕組みが機能している。もちろん「なんでこんなアホが当選するんだ?」という場合もないとは言えないが、それでも我々は自分たちの国家の将来をある程度選択することが可能である。その選択権を行使せずにいる多くの政治に無関心な人々のせいで、いつまでたっても日本の政治家の基本姿勢はイナカモンドリームの実現でしかないわけだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に転落・・・ 応援をお願いします。m(_ _)m 

2007年06月03日(日) 高校生にも死刑が必要です!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレは愉快犯というものが許せない。それも一つ間違えば大勢の人が死ぬかも知れないような危険なことを軽々しくやれるようなクソ野郎の存在が断じて許せないのだ。そんなヤツは存在そのものが害毒である。年齢がたとえ未成年であっても死刑がふさわしいとオレは思っている。彼らの行為は社会に対するテロであり、一般大衆に無差別に危険を与えたという点で死刑以外考えられないとオレは思っている。高速道路を走る車に対して投石するなんて行為は断じて許せない。読売新聞では次のような情けない事件が報道されている。

高速道の車に投石、高1の3人逮捕「事故を見たかった」
岡山県和気町の山陽自動車道で5月、走行中の自動車などに投石して6台に被害を与えたとして、県警少年課と高速道路交通警察隊などは2日、同町の県立高1年の男子生徒3人(いずれも16歳)を器物損壊の疑いで逮捕した。
 3人は「車が事故を起こすところを見たかった」などと供述しているという。
 調べでは、3人は5月2日午後8時25分ごろ、同町福富の山陽自動車道上り線の側道から石や点火したロケット花火を投げ、走行中の乗用車など6台のボンネットをへこましたり、フロントガラスを割ったりした疑い。
 3人は約20本の花火と約40個の石を投げたといい、中には直径約40センチ、重さ約20キロの石もあった。(2007年6月2日23時53分 読売新聞)


 今回の事件では6台のクルマが被害にあったわけだが、罪状が「器物損壊」とあるように幸いなことにケガをしたドライバーはいなかったのである。しかし、それはあくまで僥倖であり、一つ間違えば大惨事になって大勢の死者を出したかも知れないのだ。そんな危険な行為に対して「器物損壊」などという軽い罪を適用するのは間違っている。こいつらにふさわしいのは「殺人未遂」である。高速走行中の自動車のフロントガラス部分に重さ20キロの石がぶつけられたらドライバーが即死する可能性もある。そのような危険行為に対して、ほとんど罰がないに等しい「器物損壊」のような軽い罪状を与えることの不合理さをオレは許せないのだ。

 被害にあったドライバーはどれだけショックを受けただろうか。中にはそのショックでPTSDになってしまいクルマのハンドルを握れなくなってしまった人がいるかも知れない。そんなことまで誰も考慮することはないだろう。しかしオレはその被害者たちに限りなく同情するとともに、その精神的ショックに対してきちっと賠償させることを主張する。この情けないイタズラを行った少年たち全員にその借金を背負わせるべきである。オレが被害者なら最低でも1億円は要求する。もしも直撃を喰らってオレが死んでいれば、その賠償は少なく見積もっても10億円は必要なのだ。オレが死ねばこの日記も更新されなくなる。これから数十年という長きにわたって、この暴言日記を読んでくださる方々の娯楽が失われるのである。それを金銭的な価値に換算すれば最低でもこれくらいの金額になるのである。それに比べれば1億円で済んだら御の字だろう。

 クソガキどもが投石を行った時間帯は午後8時25分となっている。暗闇から飛んでくる石や花火を避けることはドライバーにとっては困難であり、下手に避けて急なハンドル操作を行えば、他のクルマを巻き込んだ重大事故になってもおかしくはない。しかもこのクソガキどもは「事故を起こすところを見たかった」と言ってるわけだ。つまり避けようとしたクルマが他のクルマと激突して横転炎上するような場面を期待していたということである。それは「器物損壊」などではなくて明確な殺意を認定すべきである。ドライバーに対しての無差別な殺意が存在し、その結果このような危険な行動を行ったということでもう迷わず死刑だ。こいつらのやったことは無差別テロなのである。地下鉄にサリンを撒くこととその本質では差がないのだ。

 地下鉄サリン事件の犯人たちは教祖の命令でやってたわけだが、このクソガキどもはそのテロ行為を明確な自分の意志でやっている。そのことを忘れてはならない。少年だからといってこのクソガキどもに寛大な処分を与えるのではなく、その行為の危険さにふさわしい厳罰を与えることをオレは断固主張する。日本のどこかにこんなクソガキが存在する限り、オレは安心して車を運転することができないのだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に転落・・・ 応援をお願いします。m(_ _)m 

2007年06月02日(土) 下着泥棒はパンツの夢を見るか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレは女性の下着には興味がない。それが道に落ちていたとしても「なんだ、ただのパンツか!」で終わりである。そんなものはただの布きれであり、それ以上でも以下でもないと思っているからだ。オレの興味があるのはあくまでその下着に包まれた中味であり、それが美しい女性の肢体であるならばなおのこといいのである。下着+女体ではじめて価値があるのであり、もちろん女体だけでも十分価値があるのだが、下着だけでは価値があるとは言えないのである。必要なのは中味だ!少なくともオレはそう思っている。

 ところが世の中にはその中味よりも下着に異常な興味を持つ変態がいる。以前に「ブルセラショップ」という変態さんの集まる店が登場したが、そこでは女子高生や女子中生の使用済みパンティが本人の写真付きで今でも売られているらしい。そんなものを売りに出す側にも呆れるが、そんなものを買う変態さんにはもっともっと呆れてしまうのである。しかもその変態さんはその布きれにかなりの高額を支払うのである。たかがパンティでも1万円に化けたりするのだ。たかが布きれ、しかもそいつは汚れていたりするのだ。もしかしたらオシッコやウンチなんかも付着してるかも知れないのだ。そんなものにゼニを払う変態たちの思考回路はオレのような健全な性衝動を持つ人間には到底理解不能である。

 今回オレが産経新聞のWEBサイトから拾ってきたのはそういう変態さんの記事である。

6畳1間に8300点 盗んだ女性衣類に埋もれて生活
大阪府警此花署は1日までに、女性の着物を盗んだとして、窃盗容疑で大阪市此花区春日出南、無職、川村前安容疑者(60)を逮捕、自宅から女性用の下着や洋服約8300点を押収した。「女性の衣類のにおいに興奮する。全部盗んだ」と供述しており、裏付け捜査する。
 6畳1間の自宅には盗んだ衣類が天井近くまで積み上げられ、足の踏み場もない状態。寝る時は布団を敷かず、衣類に埋もれていたという。ウエディングドレスやチマ・チョゴリもあった。
 調べでは、川村容疑者は昨年11月から今年5月にかけ、知人女性(59)が経営する此花区のスナック兼自宅から、数回にわたって着物と帯計約20点(約500万円相当)を盗んだ疑い。大阪区検は1日、窃盗罪で川村容疑者を起訴した。


 この60歳の変態さんの行動で笑えるのは、布団の代わりに女性の衣類に埋もれて眠っていたということである。うーん、どんな衣類を選んだのだろうか。まさか革のコートなんかじゃないと思うのである。柔らかくて、肌触りが良くて、と考えてみるとやはり答えはパンティに行き着くのである。数千枚のパンティの山の中で眠るジジイ・・・想像するだけでもかなりの変態野郎だ。6畳1間で暮らしていたということだから、家財道具はあまりなく、ただ膨大な女性の衣類だけが存在したということになるのだろうか。その衣類は彼にとって寝具、つまり布団であったわけだ。

ただ、今回直接逮捕の容疑となった事件が、59歳の知人女性が経営するスナック兼自宅から数回にわたって着物と帯約20点を盗んだというのが釈然としない。衣類の中でもそういうモノってあまり匂いがしないんじゃないのか?こいつは女性の衣類の匂いが好きだったはずである。帯なんか盗んでどうするんだ。そして盗まれたものが3枚1000円のパンティとかならばかばかしくて警察には届けないかも知れないが、500万円相当の着物と帯なのである。もしかしたらこの変態さんはそのスナックの客であり、その59歳女性に恋愛感情を抱き、その代償行為として衣類を盗むということを行ったのではないだろうか。60歳のジジイのやることとはとても思えないのである。

 盗まれた衣類だが、普通は持ち主が判明すれば返すそうである。しかし、この変態野郎が布団代わりにしていた衣類を返して欲しいと思うだろうか?そんなものを身につけたくはないというのが本音だろう。哀れなことだが焼却処分となってしまうのだろう。実にもったいない話である。捨てるのならまだこの男の布団として活用してやった方がちゃんと世の中の役に立っているという気もするのだが、盗まれた女性の側としては気分が悪いだろう。自分の大切なパンティを布団代わりにしてほおずりしてる変態ジジイなんか空から隕石が落ちてきてぶち当たって死んでくれと思ってるかも知れない。その意見にはオレも強く賛成である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←5位に転落して悔しいです・・・m(_ _)m        引き続き個人的日記を読む

2007年06月01日(金) 応援するならゼニをくれ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 この日記の価値が右下に示されているのでごらんになってみてください。

 オレはゼニが好きだ。給料は少ないよりも多い方がいいに決まってるし、少ない給料でやりがいのある仕事と、高い給料でつまらない仕事のどちらを選ぶかといわれれば、もちろん高い給料の方を選ぶに決まっている。そういうことを言うと「なんだ、おまえはそんな守銭奴か!」と腹を立ててこの日記を読むのを明日からやめる方がいるかも知れないが、それがオレの本音なんだから仕方がない。生活して行くにはゼニが掛かる。オレの家族はなぜか電気ガス水道を豪快に使いまくる。毎月とてつもない金額が引き落とされていくのである。

 オレは一度電気代が8万円というのを経験したことがある。布団乾燥機をかなり頻繁に使っていたのだという。あほか! これから暑くなっていくとクーラーをがんがん使われるのでその電気代も心配だ。クーラーの効いている部屋に家族全員が集まれば安上がりなんだが、家族全員がばらばらに自室にこもり、それぞれの部屋でクーラーを使うという非効率なことが発生するのである。昨年は月の電気代が4万円くらいかかっていた。とにかく、家族の生活を支えるためにオレには一定の収入が必要なのだ。信念を守るためにはゼニなんかいらないとは断じて言えないのである。

 オレには大きな夢がある。それは投資やその他の副収入を合わせて一日も早く生涯賃金分を稼いでしまって引退することである。そうしたら一日のすべての時間を自分のために使えるようになる。労働するということはゼニのために自分の貴重な時間を提供することであり、ゼニの奴隷となることであり、ゼニさえあれば自分の自由を買い戻すことができるとオレは思っている。そのゼニとは生活に心配がなくなる程度の十分な金額が必要なのである。たとえば年間に500万円あればオレと家族が生活できるとして、年金が受給できるようになるまであと20年くらいあるから500万×20=1億円は最低必要だということになる。ただ、それだと余分な出費はほとんどできないことになってしまうのでその倍、2億円くらいはやはり必要である。さすがにそれはなかなか達成できない金額である。投資で失敗ばかりしてるオレには永遠に不可能な金額なのかも知れない。

 引退したら何がしたいのか。オレには書きたいことがたくさんある。そのための取材にいろんな土地に出かけたりいろんな人と会ったりしてみたい。とにかくオレの頭の中に詰まってる雑多なさまざまなことを書きまくること、そしていろんな体験を積んでそれを人に伝えること、株式投資の本を書いたり投資顧問業を開業して碁会所みたいな投資サロンを作ること、素敵な本や映画を多くの人に紹介するためにネットで文章を書き続けることなどやりたいことはいくらでもある。一日24時間のすべてをそうした活動のために使える生活が理想である。そしてオレが日頃ここで訴えている政策を実践できる場が欲しい。どんなふうにしたらもっと多くの人が幸せに暮らすことの出来る社会が実現するのだろうかとオレは日頃から考えているのだが、そのためにアクションを起こすにはまず自由な時間を必要とするからだ。政治家になるという野望を実現するためにもとりあえずはまず時間が必要だ。

そこでオレは収入を増やすために毎日書いてるこの日記を活用することを考えた。アマゾンのアフィリエイトをはじめたり、A8netのアフィリエイトを始めたりしたのである。ただ商品を並べるだけでは芸がないと思ったので「賢者のマウス選び」というお遊びのコーナーを設置したりして工夫した。そうした趣旨が少しずつ理解されたのかコンスタントに売り上げも発生して、タコヤキを月に数回食べるくらいの収入が発生するようになった。

たとえば日記にクリック1円の報酬の発生するバナーを設置しておくとする。日記のアクセス数が一日1万人あるとして、そのうち1%の方がそのバナーに表示された広告に興味を持ってそのサイトを見に行ってくれれば毎日100円の収入が発生することになる。バナーがクリックされる率というのはそんなものである。広告のほとんどは見向きもされない。だからオレは時にそうした広告にもっと人を引き寄せるためにENEOSカードのよさを紹介する日記を書いたり、楽天カードの便利な利用法について書いたりする。それらの日記記事は単体としては確かに日記なのだが、ぶっちゃけて言うと広告に読者を誘導する釣りなのである。ただオレが胸を張って言えるのは「申し込んだ人が得をすることだから勧めている」ということである。ヤマダ電機やコジマに並んでる旬の高いパソコンを、歩合給でじゃんじゃん稼ぐ店員に売りつけられるという初心者の悲劇を防ぎたいから、☆ドスパラWeb通販プログラム☆デジタルドラゴンの安い中古パソコンを紹介するのだ。言わば紹介ビジネスである。そしてネットの世界ではそれがゼニになることをオレは感じている。

 たとえばオレは自分のWEBサイト「教師EXAの秘密の部屋」「100万回生きたねこ」という絵本を紹介していて、それに関する長い評論を書いている。読んだ方が気に入ってその絵本を買ってくださることもあって過去にかなりの冊数が売れている。自分が読んで気に入った本を紹介する本の紹介に特化したサイトだけで収入を上げることはできないだろうかと夢想する。一日に10万人の人が訪れ、本が1万冊売れるようなそんなWEBサイトは作れないものだろうかと。

ここまで書くとまともな読者の多くは「けっ!なんでてめえの夢の実現なんかを手伝ってやらないといけないんだ。ゼニが欲しいのはこっちだ!」と思うに違いない。「じゃあどんどんお買物して協力しよう。とりあえず一番高いものを買おう。この30万のパソコンを!」なんて奇特な方はありえないのである。たいていの方は「あほか!」と苦笑してスルーするだけなのである。そんなこと百も承知でふざけてこのエントリーを書いているのである。まじめに受け取らないで欲しい。

 ただ、そうした夢の中ですでに叶っているものがひとつある。それは自分の書いているくだらなくて馬鹿馬鹿しい暴言をすでに多くの方が読んでくださるというありがたいことだ。オレは物書きになりたかった。毎日書き続けることによってその夢はかなり達成できたと思っている。今は一日平均7000〜10000人の方が日記を読んでくださっている。(今日のクソ日記のせいで明日から大幅減少かも知れないが)これを10倍、100倍と増やすのがオレの目標なのだ。アクセス厨と言われてもアクセス乞食と言われてもいい。より多くの人に読んでもらえるようになること、それがオレの現時点での目標だ。だからランキングボタンを押してもらえると嬉しいし、それは確実に新たな読者の獲得につながっている。日本中の人のパソコンのお気に入りに「江草乗の言いたい放題」が入っていて、新聞を読むことと「言いたい放題日記」を閲覧することが朝の習慣だと言われるようになりたいのである。そんな遠大な目標があるのならこんな下らないことを書かずにまともな日記を書けよと叱られそうなんだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←4位に上昇!応援ありがとうございます・・・m(_ _)m 


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン