初日 最新 目次 MAIL HOME


I'LL BE COMIN' BACK FOR MORE
kai
MAIL
HOME

2021年09月18日(土)
『International Choreography × Japanese Dancers 〜舞踊の情熱〜』

『International Choreography × Japanese Dancers 〜舞踊の情熱〜』@神奈川県民ホール 大ホール



2012年より三年に一度開催されている『Dance Dance Dance @ YOKOHAMA』、今年のディレクターは小林十市さん。魅力的なプログラムが数々企画されており、しばらく横浜通いが続きます。まずは今作から。「時代を変えた天才振付家たちの傑作に、日本のダンサーが挑む」という惹句、池本祥真が『M』を踊る(!)。勢い込んでチケットをとりました。ガラ形式、構成・演出はディレクター補佐の山本康介さん。『M』以外は初見。といってもこの『M』は、本編とは違った構成なので全部初見といってよい。ところがフィナーレで思わぬサプライズが。ここで、このメンバーであの作品を観られようとは……!

13名のトップダンサーが揃いました。当初予定されていた8作品のうち、ウヴェ・ショルツ振付、セルゲイ・ラフマニノフ音楽、中村祥子、ヴィスラフ・デュデック出演の『ソナタ』はキャンセルに。振付指導や権利所有者とのやりとりをリモートで行ったものもあり、不安もあったようです。お互いの信頼関係がなければ実現しなかった公演です。

-----

■『ステップテクスト』
振付・舞台装置・照明・衣裳:ウィリアム・フォーサイス
演出・振付指導:アントニー・リッツィー
音楽:J.S. バッハ
出演:スターダンサーズ・バレエ団(渡辺恭子、池田武志、関口啓、林田翔平)

当初発表されていた石川聖人さんが怪我のため、関口さんに変更。
装置、照明、衣裳もフォーサイスが手がけたというクレジットがある通り、総合芸術としての一本芯の通った舞台作品。客電がついたままのオープニング、カットアップされ刺激的に響く音楽。フラッシュバックするような照明、そして暗転のなか感じとるダンサーたちの気配。彼らは暗闇のなかでも踊っている。
キレのあるエネルギッシュなダンス、疾走とストップモーション、白一色の男性ダンサー、紅一色の女性ダンサーの衣裳が照明の変化で明滅するよう。コンビネーションも素晴らしい、なんて格好いい。
ちょっとアクシデントがありました(怒)。開演前から諸注意のアナウンスに「そんなこといわれなくてもわかってるよー」等と大きな声でしゃべっているおっさんがいたのですが、そいつが開演数分して「なんでこっち(客席側)の電気つけっぱなしなんだよ?」と大声でいい放ちよった。アホ…アホか……出演者に聴こえていないことを祈る! 注意されたのかその後は静かになったのでよかった。ブラボーおやじもいなくならんし(そう、またいたのだ。というか、いないときってなくないか?)、どうにかならんか……。

ここから、転換中に降ろされるスクリーンで出演者や指導者のインタヴュー映像が流れるように。故人の思い出、作品が生まれた背景等、興味深い話が沢山聴けました。

■『二羽の鳩』よりパ・ド・ドゥ
振付:フレデリック・アシュトン
音楽:アンドレ・メサジェ
編曲:ジョン・ランチベリー
出演:島添亮子(小林紀子バレエシアター)× 厚地康雄(バーミンガム・ロイヤルバレエ団)

短い時間でもふたりの関係性、物語が見えてくる。別れ、帰還、悲しみと喜び。儚く美しい。作品紹介の映像では本物の鳩を抱いていました。全編上演だとそうなのかな?

■『A Picture of You Falling』より
振付・テキスト:クリスタル・パイト
作品指導:ピーター・チュー
音楽:オーエン・ベルトン
出演:鳴海令那(Kidd Pivot)× 小尻健太

ナレーションというか台詞の音声が流れる演出。訳文は上演前の映像で流れたので、それを思い出し乍ら観る。ネザーランド・ダンス・シアター(NDT)出身のおふたり。映像でしか知らなかった小尻さんの踊りを、初めてライヴで観られてうれしかったです。迫力があると同時に優雅。

■マ・パヴロワより『タイスの瞑想曲』
振付:ローラン・プティ
音楽:ジュール・マスネ
出演:上野水香(東京バレエ団)× 柄本弾(東京バレエ団)

映像コメントで「観ればわかると思いますが、男性ダンサーは女性ダンサーをずっと持ち上げているので体力的にもハードな踊りです」といわれていました。まさにその通り、リフトが何回あったか……リフトしたまま上下、左右に動かすところも多数。こりゃ大変だ。しかし上野さんは羽根のように軽く見え、柄本さんは軽々とリフトしているように見える。共演も多いふたりなので、安心して観られます。とても華やか。
以前柄本さんがインタヴューで、リフトした女性ダンサーを落としてしまったときの話をされていたのを思い出しました。『ボレロ』初舞台で、直前に雨が降った野外ステージが滑って満足いく踊りが出来ず、終演後突っ伏して泣いたという話もしていたなあ。どちらも共演者に助けられたと感謝を口にしていた。こういうことって忘れてしまいたい、隠しておきたいものでしょうに、それを話して強くなっていく柄本さんは、とても正直で素直な方なのだなあと思います。

■『スパルタカス』よりパ・ド・ドゥ【日本初演】
振付:デヴィッド・ビントレー
音楽:アラム・ハチャトリアン
出演:佐久間奈緒 × 厚地康雄(バーミンガム・ロイヤルバレエ団)

ハチャトリアンといえば『剣の舞』。『THE BEE』の再演が発表されたばかりということもあり、尾藤イサオのカヴァーver.が脳内で鳴り響きましたが、この曲は美しく不穏な空気もなくホッとしました(?)。
再び登場、厚地さん。公私にわたるパートナーである佐久間さんとの、ドラマが感じられる踊りでした。

ここからフィナーレ迄ベジャール作品。クレジットはありませんが、ベジャール作品は十市さんが振付指導をしています(後述の作品紹介頁に記述あり)。書かれていなくても当然、という感じですね。

■『椿姫のためのエチュード』
振付:モーリス・ベジャール
音楽:フレデリック・ショパン、フランチェスコ・チレア
編曲:フランツ・リスト
出演:中村祥子

初演を踊ったのは、クリスティーナ・ブランとのこと。ベジャール・バレエ・ローザンヌの中核メンバーで、十市さんのパートナーでもあります。
登場した途端に客席がキリリとした空気になった。椅子を使い、ダイナミックでエモーショナル、同時に繊細なダンス。格好よかった!

そしてトリ、1999年に十市さんが一度踊って以来、21年ぶりの復活となる『M』。ビデオで自習し、ベジャールのチェックは出発前の一度だけだったと話す十市さんのコメントと、そのときの映像が流れました。貴重!

■『M』
振付:モーリス・ベジャール
音楽:黛敏郎
出演:池本祥真(東京バレエ団)

そもそもこれを観たくて足を運んだのですが、当日パンフレットを見てトリだったので面喰らう。すごいな!『M』検愁掘併燹砲龍盂媚のソロと、『ザ・カブキ』由良之助のソロで構成。ブリッジに登場した黒子役は東京バレエ団の山下湧吾さんだったそうです。和楽器のリズムと謡で進む曲に乗せ、機敏でしなやかな踊り。滞空時間の長いジャンプ、足音が聴こえない軽やかな着地。
昨年以来の『M』、そして初めて観る『ザ・カブキ』。思えば『ザ・カブキ』は本編も未見なのだった。
ベジャール作品を踊る池本さんはこれからもいろいろ観ていきたいなあ。11月の『中国の不思議な役人』では娘を踊る予定とのこと、今から待ち遠しいです。

さて、ここで終わりかと思いきや、カーテンコールを終えた池本さんが再び踊り出す。あれっ、この曲……。『M』(本編の方)幕切れの少年のように、舞台に横たわる。舞台奥から現れる、一列に並んだダンサーたちのシルエット……『火の鳥』! ストラヴィンスキーの『火の鳥』だ!

柄本さんがフェニックス、池本さんが火の鳥。今日の出演者が勢ぞろいしての群舞、このスペシャル感といったら。ベジャール作品は東京バレエ団で観ることが殆どなので(ライセンス的にも)、このメンバーで『火の鳥』が観られるなんて後にも先にもないのではなかろうか。お年玉? お年玉ですか? ニューイヤーガラのような豪華さでした。震える。最後は十市さんと山本さんも登場し、皆笑顔で終幕です。いやー、規制退場の待ち時間があったとはいえ、しばらく放心して席を立てませんでしたわ。もうドキドキしちゃって。

「演劇とは風に記された文字である」というピーター・ブルックの言葉を思い出しました。文字で伝えられないダンスは、それを踊り継いでいくダンサーたちと、それを目撃する観客たちにより何度でも甦る。そうして作品も、振付家も永遠の命を持つのだという思いを強くしました。これからも数々の名作を目撃していきたいです。

-----

・Juichi_kobayashi(@monsieur_11)┃instagram
『火の鳥』の「不死鳥の蘇り」は今の状況下希望になるかなという判断だったとのこと。リハは数時間やっただけだった(!)そうです。おおお(感嘆)

・世界的振付家のマスターピースを日本のダンサーたちが披露「舞踊の情熱」閉幕(公演レポート)┃ステージナタリー
舞台画像沢山載っててうれしい

・『International Choreography × Japanese Dancers 〜舞踊の情熱〜』インタビュー・見どころ・作品紹介┃Dance Dance Dance at YOKOHAMA
池本さんのインタヴュー、「しんどいです(笑)。」「純粋にしんどいです(笑)。」「僕が1人で出て大丈夫なのかなと思いました。」謙虚な……

・小林十市 連載エッセイ「南仏の街で、僕はバレエのことを考えた。」【第18回】英国ロイヤル・オペラハウスで踊った思い出など。┃バレエチャンネル
今回の『M』がつくられた経緯が書かれています。『A Celebration of International Choreography』は今回の企画の発想に影響を与えているような気がします。
「『「向こうにも日本人ダンサーはいるだろう? 黒子の役を頼んでやってもらいなさい」と。しかし、そんなことをまさか「熊川哲也氏」にお願いできるわけがない(笑)。』」ウケる……。
「東京バレエ団が去年上演した『M』で令和2年度の文化庁芸術祭賞舞踊部門の優秀賞を受賞した記念に、このソロを復活させたらどうだろう? って何となく思いました。日本のファンのみなさんなら『ザ・カブキ』と『M』の両方を知っているわけだから、それをベジャールさんがどうミックスしたのか? ご覧になりたくないですか? 衣裳は「シ=死」と同じでした。池本祥真くんに踊ってもらえたら嬉しいなあ。
もしかしたらそんな日が来るかもです(わからないけれど)。」
そんな日が来たよ! 有難う有難う!!! また観たいです!!!!!


おまけ。いやあ…似てたんだよ、シチュエーション的にも……。ゼットンと闘い力尽きたウルトラマンを、ゾフィーが迎えに来るのよ。「私は命をふたつ持ってきた」……カー!(悶絶)