江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2013年05月04日(土) 韓国は文化財を盗んで集める国ですか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 もしもエジプト人が大英博物館に盗みに入ってツタンカーメン王の秘宝とかを盗み出しした上で「これは我が国の宝である」と主張したらどうだろうか。そうしたお宝が現在ちゃんと伝わってるのはそれがイギリスにあったからである。「文化財を保護する」「歴史的に価値あるものを大切にする」というのは文化的先進国だったから可能なことであり、そのままエジプトに存在すれば価値は失われていたかも知れないのである。墓は必ず盗掘に遭うもので、金製品などは鋳つぶされてしまうのである。

 それと同じことを堂々とやろうとしているのが韓国である。仏教が排斥されて寺院の多くが破壊された歴史を持つ韓国で、中世にその仏像が国外流出したのは当然の成り行きである。「我が国では無価値でも日本に持っていけばゼニになる」そう考えた者がいたとしてもおかしくない。あるいはうち捨てられていた仏像を「恐れ多いことだ」と日本人が集めたのかも知れない。大切なのはそれらの文化財が「当時の韓国人には無価値」だったことである。

 ところが最近になって、韓国では「文化財窃盗」が大流行してるのである。日本の寺院は警備が緩い。地方に行けば特にそうである。それを狙って韓国人の窃盗団が地方にあるお寺を襲っては仏像などを略奪してるのである。この窃盗行為はまぎれもない犯罪である。世界のどの国がこうした窃盗行為を肯定するだろうか。ところが韓国の裁判所はなんとこの泥棒たちの行為を肯定してるのである。さすが豊かになればなるほど性犯罪の増える国だけのことはある。モラルなんて感覚がはじめから壊れているのである。

読売新聞の記事を引用しよう。

「盗品返して」「日本が略奪」仏像巡り日韓対立
 長崎県対馬市の寺から盗まれた県指定文化財の仏像が、韓国で見つかりながら対馬に返還されないでいる。
 「仏像はもともと日本に略奪されたもの」という韓国の寺の訴えを受けた裁判所が、日本への返還を差し止める仮処分決定を出したためだ。返還運動は日韓双方で高まっている。近年、日本で盗まれた朝鮮半島由来の文化財が韓国で出てきても返還されないケースが相次いでいる。
 この仏像は、対馬の観音寺が所蔵していた「観世音菩薩坐像(ぼさつざぞう)」(高さ50・5センチ)。像内の文書から、14世紀に朝鮮半島で作られたことがわかっている。昨年10月に観音寺から盗まれたが、今年1月に韓国の警察が韓国人窃盗団7人を摘発し、確保していた。
 窃盗団は韓国の大田(テジョン)地裁で公判中。坐像は韓国文化財庁が鑑定のため保管しているが、同地裁は2月末、日本側が正当な手段で入手した経緯が証明されるまで返還を禁じる仮処分決定を出した。
 菩薩坐像の本来の所有を主張する韓国中部・瑞山(ソサン)市の浮石寺の信徒らは返還推進委員会を旗揚げ。仮処分を求めた同寺の僧侶は3月に対馬市へ対話に訪れたが、対馬側は面会を断った。
 対馬市でも4月中旬、財部(たからべ)能成市長が発起人となって早期返還を求める署名活動をスタート。1日には財部市長らが外務省に韓国政府との交渉を要望した。
 こんな対立から、対馬市では8月の朝鮮通信使行列が中止に。九州国立博物館(福岡県太宰府市)も来年予定していた「百済展(仮称)」の延期を決めた。
 「文化財は本来の場所にあってこそ価値がある」。浮石寺の円牛僧侶(45)は4月、取材にそう強調した。
 円牛僧侶は窃盗団の新聞記事で菩薩坐像に気づき、2月に文化財庁へ信徒数十人と足を運んだ。しかし、坐像と対面できたのは5人だけ。「政府は日本側の論理で事を進め、返還するかもしれないと感じ、仮処分を申し立てた」という。
 3月の対馬訪問の目的は「観音寺側に坐像が盗まれたことへの『慰め』を伝えることと、坐像の管理状態を調べるためだった」。
 円牛僧侶は、観音寺側の管理状態を批判し、「14世紀に略奪されて対馬に渡った菩薩坐像の文化財登録は1973年。これを見ても、重要視されてこなかったことがわかる」と述べた。
 韓国側の主張に対し、観音寺前住職の田中節孝さん(66)は「いつ文化財に指定されたかで価値が決まるのではなく、長年にわたって地域住民が敬い、守ってきたことにこそ価値がある」と反発する。
 「略奪」の指摘には、「渡来の経緯は不明だが、李氏朝鮮時代に仏教は排斥されていたので、日本人がもらい受けたのではないか」と反論。「先進国では盗品はすぐ返すのが常識」と語るが、由来を踏まえ、「まず返してくれれば、その後の協議には応じる」と柔軟姿勢も見せる。
(2013年5月3日12時12分 読売新聞)


 もしもその仏像がそのまま韓国にあればどうなっていただろうか。現在まで伝わることはおそらくなかっただろう。仏教の精神や伝統は唐から日本に韓国を素通りして伝わったのである。

 その仏像が14世紀に韓国で作られたものである以上、韓国政府が正式に返還交渉を行っていれば日本側は受け入れの余地があっただろう。しかし、「窃盗団が盗み出す」という行為のどこに正当性があるだろうか。むしろそんな不法行為を行う国には絶対に引き渡せないというのがオレの主張である。交渉する前にその泥棒どもを全員死刑にしておけと言いたい。

 靖国神社に放火し、韓国の日本大使館にテロを行ったたクソ野郎を韓国政府は日本に引き渡さずに中国政府に帰還させ、中国でそのテロリストは英雄として称賛されている。これが大昔ならばそういうことがあっても納得できるが、現代の話なのである。法の精神なんてものは全く踏みにじられているのである。日本政府はここまで舐められているのである。この放火犯を引き渡さなかった時点で、日本政府は韓国の日本大使館から館員を引き揚げさせて国交断絶を通告すべきじゃなかったのか。「こんな連中とはつきあいきれない!」となぜきちっと表明しないのか。報復措置として日本で起きた韓国籍の犯罪者を今すぐに全員無期限の釈放停止にしないのか。

 文化財窃盗問題で、安倍晋三総理は断固として譲らない態度を主張すべきである。「おまえらの国は文化財を盗んで集めるですか?」と皮肉を言ってやれよ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン