江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2009年05月25日(月) みなさん、こんな政府を支持しますか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 

はじめてお越しになった方はぜひ暴言セレクションをごらんください。



 オレはオバマ大統領の政策の中で、核軍縮という方向性を打ち出したことを高く評価している。これまで軍事力で世界を支配しようとしてきたアメリカのあり方を根本から変えることだからである。ベトナム戦争を主導し、湾岸戦争やイラク戦争の黒幕としてこれまでアメリカを陰で支配してきた軍産複合体にとってこれは困った事態である。さっそく連中は自民党政府に対して何らかのアクションを起こしたようである。そうでなかったらこんなことを政府の連中が言い出すわけないだろう。

政府・与党、武器輸出三原則の緩和検討 共同開発・生産を容認
 政府・与党は23日、武器や武器技術の輸出を禁止する武器輸出三原則の緩和を検討する方針を固めた。年末に改定する予定の防衛計画の大綱に、他国との武器の共同開発・生産の容認や、共同開発国への輸出の解禁を盛り込む。欧米諸国が進めている次世代戦闘機など主要装備の共同開発・生産への参加の道を開き、調達コストの抑制と、国内の防衛産業の活性化につなげる狙いだ。
 武器輸出三原則は1967年に佐藤栄作首相が表明した共産国や国際紛争の当事国などへの武器禁輸方針だった。76年に三木武夫首相が事実上の「全面輸出禁止」に転換。現在も米国とのミサイル防衛(MD)システムの共同開発などを除き、禁輸が続いている。(14:57)


 世界で唯一の被爆国としての非戦の誓い、そして稀有の存在である平和憲法を持つ国家としての誇りを忘れてしまったようなこの方針に対してオレは強い怒りを覚えたのである。武器とはまぎれもなく人を殺す道具である。そんなものの開発に手を貸すことが世界に平和をもたらすとでも思ってるのだろうか。

 他国と武器を共同開発し、武器輸出を解禁しようとすることで誰が得をするのか。我が国の科学技術は人類を豊かにするためにこそ用いられるべき尊いものではないのか。人殺しの道具を開発するためにせっかくの技術を提供するのか。これは日本の持つ技術をタダで利用したいだけの欧米の戦略に乗せられただけじゃないか。ブルーレイも有機ELも太陽光発電もリチウムイオン電池も、我々は人類の生活を豊かにするために研究してきたのだ。くだらない軍備にゼニを使わなかったから戦後の日本は高度成長を遂げ、豊かになることができたのだ。それこそ我々が子孫に誇るべきことではないのか。我々日本人が世界に誇れるは任天堂でありトヨタでありホンダであって、決して武器を製造する企業なんかではない。

 「国内の防衛産業の活性化」に対しても「ふざけるな!」とオレは言いたいのである。景気が悪かったら兵器を作って儲ければいいのか。このやり方は国内の不景気を打開するために海外に市場を求めて満州事変を起こしたことと本質的には同じである。

兵器の開発にはコストがかかる。しかし、コストを掛けて兵器を開発するということ自体、今の時代にとって必要なことか。人類はいつまでそのような愚行を続けるのか。オバマ大統領が出した「核軍縮」というメッセージはその愚行にブレーキをかけるためのものである。それと同時に、インドや中国という軍備拡張に邁進する勘違いした馬鹿どもに対するメッセージでもある。「おまえら何血迷ってるんだ。世界はもはやそんな方向には進まないんだよ」とわからせてやらないとダメだ。

 日本が連帯する相手は諸外国の政府ではない。人民である。中国政府はクソだが、軍備を拡張して南沙諸島を制圧し、将来の台湾侵略やアジアでの覇権を本気で狙ってるのは頭のおかしい共産党の幹部だけである。10億の中国人民が全員その考え方に洗脳されているわけではない。それは欧米も同様だろう。

 2003年に出版された日本国大統領桜坂満太郎 1 (BUNCH COMICS)というマンガがある。中国が世界の覇権を握るために日本に侵攻してくるというストーリーである。親中派のサヨクの人たちが占領軍である中国軍の走狗になるくだりは妙に説得力がある。そのような有事に役に立つのは国民の強い意志と自前の軍事力である。日本の技術をパクられるだけの共同開発には意味はない。武器を作るのなら最高のものを自国の防衛のためだけに作ることである。そんなものを外国に分け与えても馬鹿どもはろくな事に使わないだろう。軍備とは使わないからこそ価値があるのだ。戦争をやりたくてやりたくて仕方のない中国や北朝鮮や韓国やロシアの連中の誘いに乗せられたらダメだ。

 そして、軍備よりももっと日本政府に必要なのは外交力である。あのならず者国家の北朝鮮がアメリカと対等の駆け引きを堂々としているのに、日本は竹島や尖閣諸島の問題で韓国や中国に舐められっぱなしである。北方領土の問題だってそうだ。8月15日を過ぎてから侵攻してきたソ連軍に樺太や千島で非戦闘員を大量に虐殺された事実を日本政府は一度だって公式に抗議したことがあったのか。その賠償と謝罪を求めたことが一度でもあったのか。たとえ敗戦国であっても主張すべき事はしっかりと言うべきだろう。たとえ麻生太郎の失言であってもプーチンに何か言って欲しいのである。世界に向かって報道されればそれはそれで強烈なアピールとなるだろう。

 世界に武器を輸出してもいいと公言する政府与党をあなたは支持するのか。今、世界の紛争地で武器を回収する活動をしている 瀬谷ルミ子さんという方がいる。1977年生まれの若さで、日本紛争予防センター(JCCP)の事務局長をしておられる。今までの勤務地は、ルワンダ、アフガニスタン、シエラレオネ、コートジボワールなど。専門は、紛争後の復興、平和構築、治安改善、兵士の武装解除・動員解除などである。こんな立派な活動をする日本人がいる一方で、こんなクソみたいな政府がある。その現実をあなたはどう考えるのか。

推薦図書:
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
地球を救う仕事〈1〉平和な世界をつくりたい―14歳になったら考える (14歳になったら考える地球を救う仕事 1)
武装解除 -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)

きっこさま、リンクありがとうございました。おかげさまでこの日記を大勢の方に読んでもらえたことを深く感謝致します。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン