江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2004年04月14日(水) 西から昇ったお日様が、東へ沈むのだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 小学生は地球や天体の動きについてどの程度正しい知識を持ってるのか。国立天文台の縣秀彦助教授らが行った調査の結果、子供たちのすさまじいまでの理解の乏しさが浮き彫りになったのである。

 今年2月、長野市と北海道上富良野町の公立小学校の4、5年生計116人を対象に行なわれた調査で、

「地球は太陽のまわりを回っている」
「太陽は地球のまわりを回っている」

という2つの文章から正しいものを選ばせたところ、41%が“天動説”を選んだという。また、長野市・上富良野町・広島市・東京都三鷹市の小学校4―6年生の約500人に対する調査も実施。

「日が沈む方角はどこか」
「月の形が毎日変わるのはなぜか」


という質問の答えを4つの選択肢から選ばせたところ、日没の方角を西と答えたのはわずか71%だったのである。3割の小学生は、太陽が北や南や東に沈むと答えていたのである。

 月の形が変わる理由を「地球から見て月と太陽の位置関係が変わるから」と正しく答えた子供は49%に過ぎず、「月が地球のかげに入るから」(それは月食やろ!)という誤答が多く、少数だが「いろいろな形の月があるから」という解答を選んだ救いようのないアホ、いや児童もいたという。

 さて、このような結果になった理由として、調査が実施された長野市や上富良野町の小学生の学力レベルが全国平均に比べて極端に低いからだということは考えられない。おそらく日本中の小学生の平均レベルがこの状況なのだろう。

 調査を実施した縣助教授は「現在の学習指導要領が、目で見える事象の観察や実験を強調し、なぜそういう現象が起きるのかを考えさせる仕組みになっていないため」とわざわざ分析しているが、そんなまどろっこしい説明はいらない。なぜ「アホが増えた」とはっきり言わないのか。そして、このようなアホの増加、つまり身の回りの現象に関する理科の知識の不足は怖ろしい事故を引き起こすのである。

 「まぜるな危険」と書かれた漂白剤やトイレ用洗剤で塩素中毒になるのはまだマシな方だ。酸素吸入中にタバコに火を付けて顔中火に包まれるアホや、タバコを吸いながらシンナー遊びをするアホ、「快速」と間違えて「新快速」に乗ってしまい、走行中のトイレの窓から飛び降りてホームに激突するアホ、新月の晩で月が見えないだけなのに「どうしよう、月が消えちゃった。地球滅亡の日が来たんだ。」と大騒ぎして変なカルト宗教に洗脳されてしまうアホなんてもはや処置なしである。勝手に滅亡してくれ。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン