江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2003年01月26日(日) 究極の記録メディアはなんだ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレが初めて所有したパソコンはPC9801F2というマシンだ。もう18年も前になる。フロッピーディスクは5インチのペラペラしたもので、そのマシンには2DD(記憶容量720KB)しか使えなかった。記録コストは1MBあたり278円もしたことになる。その次に9801VXを買った。やっと2HDのフロッピーが使用可能になりそのころ3.5インチのFDも値下がりしてきた。しかしデータが巨大化してFDでは収まらなくなってきた。それで外付けのHDDを買うことにした。1GBのHDDを25000円で買った。記録容量あたりのコストは1MBあたり25円まで下がった。

 その後、HDDはどんどん値下がりした。しかし、持ち運びできない。衝撃にも弱いし、落下させれば確実に壊れる。それでMOドライブを買った。メディアの価格は640MB一枚が500円くらいだった。1MBあたり0.78円である。 ついに1円を切ったのだ。オレは狂喜し、せっせと手持ちのデータをMOディスクにバックアップした。当時、CDRはまだまだデリケートなメディアで、ドライブとの相性問題があったり、何枚かに一枚は書込失敗するという状況で信頼性は低かった。

 ところがCDRディスクの価格破壊は予想をはるかに超えていたのである。台湾製のCDRはいつのまにか一枚50円を切るようになり、ノーブランドのCDRは100枚入りで3000円を切った。700MBあたり30円ということは1MBあたり0.043円ということになる。さすがにそこまで安くなるともうフロッピーディスクの出番はない。あっというまにFDはCDRに販売枚数で追い越されてしまった。不安定な磁気データで保管するよりもCDRに焼いた方がバックアップも確実だ。

 昨日、オレは日本橋のJ&Pテクノランドの店頭で、ワゴンの上に平積みされているノーブランド10枚入りのDVD−R(4.7GB)の価格に仰天した。880円! なんと1MBあたり0.0187円である。5インチFDの時代に比べて15618分の1に下がったのだ。これをデフレと言わずになんと言おうか。もうDVDの時代だ。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン