江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2003年01月25日(土) 漁師なのかタカリなのかどっちだ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 関西空港の埋め立て工事をしていた時に支払われた莫大な漁業補償金をもらうために、地元に大量のにわか漁民が発生したのは有名な話である。そこに丼勘定で億単位のカネがドバドバ支払われたらしい。そのカネでパチンコ屋や風俗店がずいぶん賑わっていたそうだ。関空会社の背負っている巨額の借金の一部は、そんな情けない原因で発生してるのである。

 豊かな海洋資源は乱獲して枯渇させない限りいつまでも多くの恵みを与えてくれるわけだが、将来の子孫たちが受け取る大きな自然の恵みよりも、今自分が受け取るわずかのゼニの方がはるかに価値があるように感じるのは馬鹿大衆の常である。かくして豊かな海は埋め立てられ、コンクリートで固められてしまう。海を守ってきたはずの漁師たちは、今度は土木作業員となって海を壊す側に回る。まことに皮肉なことである。

 滋賀県漁業共同組合連合会長の川森芳一の主な仕事は恐喝であった。漁場周辺で工事を行った業者に因縁を付けてカネを支払わせるのである。年間の漁業収入が200万円しかないのに補償費が800万円だったりする。正業の収入の4倍の強請りタカリの収入があるわけだ。これでは漁民ではなくてただの街のチンピラだ。そんな人間が滋賀県漁業協同組合の会長なのである。琵琶湖で魚が捕れなくなった原因は、ブラックバスやブルーギルが増えて在来魚を食べてしまったからだと従来言われてきた。しかし、どうやらそれは考え違いだったようだ。おそらくこの川森のような連中が、漁に出ないでせっせと恐喝に精を出していて、本業をおろそかにしてきたからだろう。

 今の日本でもっとも忘れられているのは「自分の仕事をきっちりやる」ということの価値である。どの職業もプロ意識の欠如が甚だしい。魚を捕らずに恐喝にいそしむ漁民は言うに及ばず、米を作らず減反のカネを受け取る農民。覚醒剤を打ってバスを運転する馬鹿運転手。育児をせずに保険金を掛けて我が子を殺す母親。預かった子供を虐待して死なせる保母。治安を守るのではなくて率先して盗みをする警官。FA移籍して年俸2億ももらいながら一試合も登板しない川崎憲二郎。そうした無責任野郎たちを横行させた原因はやはり「恥」の概念が薄れたせいだろうか。「お天道様に恥ずかしい」というセリフは寅さん映画の終焉と共に死語になっちまったんだろうか。全く嘆かわしいぜ。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン