つれづれ日記。
つれづれ日記。

2004年09月30日(木) 主婦業

いつも昇がやってることです。



……違いますね。いえ、半分くらいはあってるけど。

洗濯して干して、病院行って荷物取ってきて帰ったらまた洗濯してたたんで。
その頃には皆帰ってくるので夕飯作って、お風呂入れて終わったら洗い物。


これ、考えてみたら今までずっと母がしてくれていたんですよね。私は時々しか料理してなかったし。
兼業主夫でこれだけのことやってた(毎朝五人分のお弁当も作ってた)母ってすごい、と今になって思うきょうこのごろ。


これって前にも思った。……あ、一人暮らしした時だ。
一日で新品の鍋を黒焦げにした時に母の偉大さを感じました(それもどうかと)。




すでにご存知かもしれませんが、私は思いっきり叫びまくるタイプですね。ちょっとしたことでも溜め込むことができないといいますか。ある意味開き直ってる奴。周りはさぞかしはた迷惑と思われます。



でも掃除と朝食はいつもIさん(ひさびさだなぁ、この呼び方)がやってくれてます。もうかれこれ5年くらいたつのでは。
休日の日とか率先して掃除機かけてます。おもいっきり頭が上がらない……。


とにもかくにも親は偉大だということを実感した一日でした。




え、今日の夕食? いつもどおり手抜きです。




PS.
ミドリさん、翔さん
コメントどうもありがとうございました。無事に済んだので家族全員ほっとしてます。これからが大変かもしれないけど頑張っていこうとおもいます。




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月30日(火) 我が家の料理

2004年09月29日(水) 当日

……なわけです。←最近この書き出しが多くなったなー。自分。



正確にはあと半日近くはあるわけですが。

まさにふたを開けてみないとわからない状況ですね。前の時も結局詳しい話は聞けずじまいだったですし。


今までそんな現場を経験しておきながら、いざ自分の時となると怖いわけです。
今日は父と二人で行くつもりです。行ったとしても何かできるというわけじゃないんですが、気持ち的に。


たぶん大丈夫だとは思うんですが、今まで最悪の事態を何度も聞いていたわけで、いざ当日となるとなんと言いますか。
余計知ってるだけにリアルに想像しちゃうのかな。そのへんはどうなんでしょう?


……って、普通はこんなこと日記に書くことじゃないんでしょうが。
私の場合、ここでいろいろ叫びまくっているようなものなので。



あと数時間後、無事に終わることを信じて父と病院に行ってきます。


――って、その時間帯って台風が直撃してるさなかなんじゃ(汗)。



↑Web拍手です。よかったらどーぞ。








で、続きです。




ただいま帰ってきました。
なんとか無事に終了。麻酔がきれるまで時間がかかるとかでかなり待ったには待ったのですが。


腫瘍も良性だったとかでほっとしました。まあもっと詳しく調べるにはもっと時間がかかるんですけど。


明日からは通い詰めです。寝坊しないようにしないと。



皆様どうもご足労おかけしました。






過去日記
2003年09月29日(月) 「強い」と「強さ」は違う

2004年09月28日(火) また台風

……が来るみたいです。



今年は本当に多いみたいですね。

例のごとく、雨戸閉めてきました。
でも今日は弟、父がいなかったので自分ひとりで全部です。正確にはばーちゃんも手伝ってくれたけど、さすがに力仕事させるわけにもいかないし。


あれってけっこう力いりますね。たてつけが悪いのか単にさびてるだけなのか。でも根性でなんとかなったのですごいです。



テレビでは早くて夜中、そうじゃなかったら9時〜12時にくると言ってました。しっかり暴風域入ってるみたいですし。
この前みたいに停電とかひどくなければいいんですけど。



そうでなくても明日は出歩かないといけない日なのでちょっと心配です。





↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月28日(日) とかげの一郎くん

2004年09月27日(月) 「家族写真」第三話UP

なんとかUPできました。


本編と違い、こっちはやたらシリアスです。
……普通逆なのでは。と思ったけど、まあよしとしましょう。


まりいも色々あるように、昇も色々と思い悩むことがあったわけです。だからこそ、まりいの発言は許せなかったわけで。それにしてもこいつ意外と短気ですね。何気に怒ってる、怒鳴ってるシーン多いですよ。



このあたりは第一部本編とみごとにクロスしてます。まりいと昇がケンカしてるときにむこうではああなってるわけで。
そこまでたどりつくまでは相当な時間もかかりそうですが。





今回の更新にあたり背景を統一してみました。
リニューアル……と言うには大げさかもしれませんが、それに近いものがあるかも。

見事に青一色ですね。これから秋も深まっていくというのに。
本当は緑にするはずだったんですが、いい壁紙が見つからなかったものでこれにしてしまえと。

更新してから気づいたんですが、なにげに背景がA&Cとかぶっているようなそうでもないような(汗)。
まあ中味は違う(と思う。個人サイトだし。そもそもむこうと比べたること自体、失礼だ。もちろんむこうにとって)し、よしとしよう。
ストライプ(横縞、青か緑だとなおよし)が好きなんです。



あとお絵かき掲示板は新しいものになりました。前の掲示板書き込むの忘れててみごとに取り上げられてしまったもので。
今度借りたのは大きなサイズも描けるみたいです。今度は取り上げられない程度にはかきこんでいこうと思います。
皆さんも気が向いたら落書きしてみてください。



↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月27日(土) 「EVER GREEN」3−10UP

2004年09月26日(日) 大掃除

……をしてきました。


自分の家じゃありません。ましてや部屋でもありません。

道場の掃除をしてきたわけです。



先日、台風でみごとにやられてしまいまして。その後片付けです。
今さらかもしれませんが、なかなか片付かない以上自分達の手でやるしかないわけで。



ひさびさに雑巾がけなるものをしました。
学校卒業して○○年。まさか小学生の掃除のようなことをやるとは思わなかった。
あれってけっこう体にくるんですね。明日筋肉痛になってなければいいんですけど。


午前中からはじまって夕方近くにやっと終わりました。

本当にすごかったんです。天井と白蟻が。得に白蟻。あのうじゃうじゃいるさまと言ったらもう(汗)。天災って本当に怖いですねー。


そういえば今日のとある会話で。

師匠(仮)
「そういえば道場の看板ってどこにいったんだろうね」
Aさん
「看板ってそこの?」
師匠
「そこの。『弓道場』って玄関のところにたてかけてあったでしょ」
椎名
「あれないんですか?」
師匠
「気づかなかった?」


……すみません。全く気づきませんでした。
でも気づいてないのは私だけじゃなかったし。ああ、でもその隣にあった『使用上の注意』の看板がなくなってたことはわかってたみたいですが。私それすら気づきませんでした。やっぱり幽霊部員だからなのか。



やっぱり波にさらわれていったのか。災害って怖いですね。



↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記

2004年09月25日(土) 僕が髪の毛を気にする理由(仮)・その2

「一体何言ってんだよ。オレがそんなに気にしてるように見える?」
『見える』
 そう言ったのは悲しいことに全員だった。一人を除いて。
「イッタイドノヘンガ」
「カタコトだし」
 うっ。
「鏡見てるし」
 ぐっ。
「ハゲ言ったら怒るし」
 普通は怒るだろ。
「ため息もついてますね。背中に哀愁が漂ってましたよ」
 誰のせいだ誰の。
「なあ、それくらいにしてやれば? 古傷をえぐるのってあまりにも痛々しいだろ」
 何気にひどいこといってないか、そこ。
「みんなひどいよ。昇くんのことそんな風に言うなんて。昇くん可愛そうだよ」 
 唯一反対してくれた椎名がオレと皆の前に立ちふさがる。嬉しいんだけど、悲しいのはなぜだろう。
「甘いですね。だからこそ徹底的に検証するんですよ」
 それはさっきも言った。
「こんなに面白い暇つぶしはありませんからね」
「てめー、それが本音か……!」
 そこから先は記憶がない。 






過去日記

2004年09月24日(金) 「SkyHigh,FlyHigh!」Part,23UP

こっちもここまできましたね。我ながらよく続いてるもんだ。



第二部ではシェリアの家庭事情とか書いてあげれなかったので今思う存分書いているというかんじです。

ショウが言ってるように、シェリアがシェリアであるのは確実に育ての親とその息子の影響です。
親だけならまだよかったんですが、息子が加わったためにぶっとんでしまいました。恐るべし、この親子。





話は変わりますが、私の作品(長編)のキャラは全てつながってます。

と言うのも、単に設定、舞台を考えるのが苦手だからです。でも長く書いてるとみごとに忘れてるものもあります。
ということでメモ書きがわりにちょっと。




まりい(登場作品:EG、SHFH)
第一部主人公。第二部ヒロイン。
全てはこの子からはじまった。書き始めたころは無謀にも一人称。三人称にしてよかった。性格は初期設定にもどしました。あまりにも無理があったもんなー。


ショウ(EG、SHFH)
第一部パートナー。第二部では昇の友人兼兄貴分?
こいつは性格10年前からまったく変わってません。甘党、カナヅチも初期設定のままだし。
第一部のラストで昇と同一人物だったというオチにするつもりだったが、あまりにも昇のキャラが変わってしまったため別々に。おいしいところをもっていく奴になったのはなぜだろう。


昇(EG、SHFH、?)
第二部主人公。まりいの義弟。
話の展開で作られたキャラにしてはえらい日の目を浴びている。同時に全作品の苦労をしょってるとも言う。話の展開次第ではまだまだお目見えしそうだ。
初期設定はクールで中味は静かな熱血漢だった。それがどこでどう間違ったかただのヘタレに。頑張ってるわりには報われない人。


シェリア(EG、SHFH)
第一部ヒロイン、第二部ヒロイン件?
この子も性格は昔のまま。作者が思うにこの子が一番等身大の女の子だと思うのだがどうだろう? まだまだ活躍させる予定。


シェーラ(EG)
第二部キャラ。断じてヒロインではない。
性格悪い奴書きたかったので書いてみた。ちなみに昔の下書きで一番話としてまとまっていたのもこいつの話の回だった。砂漠の皇女の替え玉という設定もそのまんま。


アルベルト(EG、SHFH、陽のあたる場所)
作者の作品で一番のびっくりキャラ。まさかただのお付の者その1が(その2は昇)ここまで目立つとは思わなかった。
壷設定は当初から。メガネもかけるつもりだったがあまりにもパターンだろうと却下。でも個人的にはやりたかったかもしれない。
23という年齢は当初(書き始めた頃)にしてはがんばったつもりだが、もう少し年齢引き上げてもよかったかと思う今日このごろ。


セイル(EG、SHFH)
主人公のライバルキャラということで出したものの、どう見ても主人公がまだ弱すぎる。
先日第一部に少しだけお目見え。この先どうなることやら。


諸羽(EG)
男ばかりでむさくるしい第二部に潤いを! ということでできたキャラ。当然深く考えていたわけでなく、プロフィール等まんま作者だったりする。
が、こういう奴に限って動いたり色々付け加えられたりする。第三のびっくりキャラ(二番目は昇)になるかもしれない。


幸一(EG、FT)
昇の友人だが意外とでしゃばってる。まさか別作品に登場するとは思わなかった。第二の昇にならないことを願うばかり。


春樹(佐藤家)
元々双子ものを書くつもりはあったのだが色々な要素が集まってできた。
諺マニアは昔から。理由:目の前に諺辞典があったから。
昇とは従弟。春樹の母親と昇の父親が兄弟になる。この双子は美形であることからひいては昇の父親も実は綺麗な顔をしていると思われる。
ちなみに昇がそうでないのは母親似のため。


夏樹(佐藤家)
同じく双子の一人。当初はこいつを男にするか女にするか迷ったが男に決定。結果、野郎率が一段と上がってしまった。
兄と違いめっさクール。もしかしたら昇の初期設定をこっちにもってきたのかも。口下手でも人間嫌いと言うわけでもないので聞かれたら普通に話す。一緒に住んでる奴がああなため、ツッコミにまわるしかなかったのだろう。


皐月(佐藤家)
諸羽と同じ理由でできたキャラ。はたしてうまく書けるのか? と思いつつ書くのが楽しみでもある。




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月24日(水) ギター

2004年09月23日(木) ゲーム事情

私は前からゲームを買っているには買ってるんですが、最近はほとんどクリアしてません。


ってことで、ネタもないので近況をば。




幻想水滸伝4

ようやく本拠地(だと思う)につきました。
ここまでの道のりが長かった。今回は舞台が海となるわけですが、船が使えない。
実際にはどうやって動かせばいいかわかってない。この前も2時間くらい動かしてたものの、目的地につかずレベルは上がっていく一方。

椎名
「おーい、頼むからこれやってくれ」

「自分でやれ」
椎名
「だって二時間やってもできないし」

弟、しぶしぶコントローラーを手にする。


「確かにこれは……あれ?」
椎名
「どした?」

「ついた」
椎名
「…………」

私の二時間を返せ。
その後は話はさくさく進み、本拠地までぶじたどり着きました。
個人的には島流し(違う)に付き合ってくれた二人に感謝。タルとポーラだったんですけど(本当は残り二人を選ぶはずだったが手違いでこっちになった。まあいいやと今に至る)こいつらホントにいい奴です。

スノウとはえらい違いだ。見ていて「うわー」とか思いました。個人的に2にはまっていたのでジョウイと比べてしまう自分。まあこのあとどうなるかが楽しみです。




テイルズオブシンフォニア



ゲームキューブ版見ていたので内容はわかってるんですけど。
「三人の中でこれクリアしてないのねーちゃんだけだから」ということで私がやることに……なるんだろーか? リバースは私が買えとのこと。まあやるとは思うけどさ。

曲が前回と変わってるということで皆で見てました。
「映像前と一緒じゃん?」「少しぐらい変わってるだろ」とどこからかゲームキューブ持ってきてOP見てたのは内緒。

そーいやファンタジアもクリアしてないや。あとちょっとなのに。




あ、ゲームのこと書いてたらだいぶうまった。
そのうちまたゲーム状況書くかもしれません。




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月23日(火) 疲れた

2004年09月22日(水) 手術モード

と書くと、なんだか自分が悪い病気みたいですね。



実際に受けるのは私じゃありません。
私は送り迎えと付き添う方です。詳しいことは何ヶ月か前の日記をご参照ください……って、誰もそんな暇なことはしないな。



でもこう書くとなんかいよいよなんだなという感じになります。いえ、実際はあと一週間くらいあるにはあるんですが。

検査の結果はいいとも悪いとも言えず。ふたをあけてみないとわからないというもの。しかもその日までは間があって。
「どうせその日までわからないなら好きなようにしとけ」と開き直っていたわけですが、いざ近づいてくるとなんとも言えず。


数ヶ月前はかなり本気で悩みました。そう言えば私自身もその可能性は否定できないから検診はうけとけ言われてたっけ。確かにこの系統の疾患(になるのかどうか)は遺伝とか生活習慣とか関係ありますし。



今年は色々ありました。←まだ一年たってない
今の時点でわかったことは、ストレスは体によくないと言うことですね。いえ、マジで。ダイレクトに見てきてますし。それが原因で今の病気が見つかったようなものですし。そう考えると自分の今の状況は果たして良かったのか悪かったのか。



来週の今頃どうなってるかわかりませんが、無事に過ぎ去ってくれることをねがうばかりです。




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月22日(月) お肌の曲がり角

2004年09月21日(火) スラムダンク

前にジャンプであってた有名なバスケ漫画ですね。

弟(葵)が最近そのDVDを借りてきまして。
PS2で見れないこともないんですが、ちゃんとしたDVDプレーヤーの方が見れるわけです。


それがおいてあるのは我が家じゃ洋間だけで。
その洋間は書斎とつながってるわけで。
その書斎では私が下書きをしていたわけで。




…………。



しっかり見入ってしまいました。

だって面白かったし。
テレビであってたのはずいぶん昔ですよね。リアルタイムだと自分が中学、高校生時代。
本もしっかり全巻そろってます。これだから男兄弟って便利。


小説の下書きをしていると隣から声が聞こえてくるわけです。「そこだ! ミッチー!」だとか「どあほう」だとか。

気になるなら扉しめときゃいーだろというもっともな意見もありますが、閉めたら暑いし。


ちなみに今日見た場面はインターハイ予選の海南(字、違った?)との最後の試合でした。
花道がパスしたボールをメガネ君(小暮さん)が受け取って。みごとに3Pシュート。入るまでにそれまでの3年間がフラッシュバックして。カッコよかったです。

私はスポーツ関係全くわかりませんが、ああいう動きのある漫画、アニメって面白いですね。見てるだけでもドキドキ、ゾクゾクするし。



え、下書きですか? 
いつもの3倍以上の時間ついやしました。やっぱりどちらか片方にしておくべきだったか。



追記。
海南戦じゃなくて陵南戦だった。感動したなー、あの試合。
感動と言えばウォーターボーイズも感動しました。その前の選手権とやらもしっかり見てしまいました。まんまとテレビ側の策略にはまっていく自分。



↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月21日(日) ひまわり

2004年09月20日(月) 僕が髪の毛を気にする理由(仮)

 それは、何気ない一言からはじまった。
「ねぇノボル。どーしてそんなに髪の毛気にしてるの?」
「うぐっ!」
 思わぬ不意打ちにジュースを喉に詰まらせる。
「ナ、ナニヲオッシャイマスヤラ」
「……二回目」
 ジト目のシェリアを黙殺し、後片付けにとりかかる。何の後片付けかって? ……昼食の。
「食べたら早く持ってこいよ。一気にかたづけるから」
 なんだかんだ言いつつも、いつもはこれで終わる。
 けど今回だけはそれで終わってくれなかった。
「ボクも気になってたんだよね。普通の男の子はそんなに気にしないもんでしょ」
「そいつが普通ではないからだろ」
「あ、なるほど」
 お嬢と諸羽の会話も無視。絶えろ。ここで絶えればこの話は無事に終わる。
 ところがそれも上手くいかなかった。
「そんなに気になるなら調べてみてはどうです?」
『は?』
「調べるんですよ。ノボルがどうしてそこまで髪の毛を気にするか。徹底的に検証するんです」 






過去日記

2004年09月19日(日) 「佐藤さん家の日常」学校編その1UP

略して佐藤家。←まんまだ


前回の予告どおり兄ちゃん視点で書いてみました。なお鈴鹿くんはひろちさんの作品のキャラです。あしからず。


学校卒業して10年、まではいかないけどそれくらいたつんですよね(遠い目)。学校行事なんてみごとに忘れてます。

弟と違い兄はかなりのバカです。表面上は。
周りのことなどお構いなし。どんどん突っ走ってます。弟の苦労が伺えるものです。

紹介のページも少し手を加えてみました。何気に新キャラ増えてます。
すみません。つなげるの好きなんです……。

最近キャラこれでもかってくらいに出しまくってます。そのうち中身もちゃんと埋めていかねば。



追記(と言いますか一言メモ)
「魔物相手だと勇者で人相手だと英雄」

『人物外』『動物』でも可。
発言者、翠。「人相手に『勇者』だったら『殺戮者』だよね。なんか」と。

なかなか奥が深いような一言。何を見てどんな場面で言ったかは謎です。



↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月19日(金) 「EVER GREEN」3−9UP

2004年09月18日(土) なんとか40000いきました。

って、今のメッセのメル欄と同じです。




……30000いったのいつでしたっけ。
6月の終わりでした。ということは、間が約三ヶ月なわけです。これは早いんですか、遅いんですか、普通なのか。どっちなんでしょう。


あいかわらず一日に何人来てるか把握できておりません。それでもここまでこれたのは皆さんのおかげ。嬉しいかぎりです。


って、どこかのセールスみたいだ。


次は50000ですか……って、いくのか?

何はともあれこれからもよろしくお願いします。




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月18日(木) 友達って

2004年09月17日(金) 「SkyHigh,FlyHigh!」Part,22UP

今回は大幅に加筆修正しています。

……と言ってもわかりにくいだろうなー。


三人称は視点が自由に切り替えできるけどあんまり切り替えすぎてもよくないのかも。
でもいいや、好き勝手やっちゃえ。ということで好き勝手やっております。



ミルドラッド組視点とまりい視点とその他視点。
特にその他にあたる方々は一番初めの下書き(要するに10年前)は登場どころか存在すらしてませんでした。

こうして日の目をみることになったのは第二部ができたからなんですけど。
普通、物語って第一部ができてから第二部だよな……って、前にも言ったような。

下書きもちゃんと書いておかないとなー。気を抜くとすぐ忘れちゃうんです。
EGも本編やらなきゃ。佐藤家も。
やりたいことはたくさんあるのに全然書いてません。時間はそれなりにあるのに。

ここは逃避パワーがないからかなぁ。






話は変わって。

もうすぐ40000いきそうです。


うわー、すごい。もうここまできましたか。早いのか遅いのか、一日どれくらいの人が来てくださってるのか全然わかってないけど。←ダメだろそれは


おそらく明日か明後日くらいだとは思いますが。
キリ番もあるにはあります。本人も忘れがちだけど。


これからもマイペースで頑張っていこうと思うのでよろしくお願いします。



↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月17日(水) 健康食ブーム

2004年09月16日(木) 言葉にまつわるエトセトラ

私は日本語が苦手です。
いや、なら英語ができるのかと言うとそうでもなく。

尊敬語とか謙譲語とか、そう言った類の言葉遣いが苦手なわけです。
にもかかわらず丁寧語キャラとか出してますね。しかもなんか言葉遣い変だったりしますし。


アルベルト
「ということはこれまでの私の言葉遣いも全てあなたが悪いということになりますね」


……やっぱり何か変だし。


アルベルト
「今のはわざと言ったんですよ? まあ気長に頑張ってください。どなたにもスランプはありますから(にっこり)」

おや、珍しく優しいお言葉。


アルベルト
「ちなみに、今のは抜け出す糸口がみつからず落ち込んでいる人に苦しみを乗り越えたあとの明るい未来の話をする時の声かけだそうです。早く糸口を見つけてくださいね」



……鬼。

と言うわけでまた本借りてきました。今回は川崎キヌ子氏の「気の効いた『ちょっとした一言』」より一部引用。十年前からこんな本が出ていたのか。


別名、『師匠の言葉遣いはこれであっているのか』のコーナーの気もしますが。









自己紹介する時

「お初にお目にかかります。○○と申します」
あ、あってた。適当に言ってただけなのに。「以後お見知りおきを」は面白いからそのままつけとこう。


「お名前はかねがねうかがっておりました」
相手のことを上司等から聞いていた場合。「お名前」じゃなくて「お噂」でも可。


「大変失礼ですが、お名前はなんとお呼びすればよろしいのでしょうか」
名刺をもらった時など相手の読み方がわからない時。


「お目にかかれて光栄です」
「お会いできまして光栄です」

紹介者がいなければ会えないような人に改めて紹介されたあとの挨拶。またはどうしても会いたいと思っていた人に会えた時の言葉。


出会いの挨拶

「ごぶさたしてます」
しばらく顔をあわせていなかったり電話等でも近況を知りえていなかった時に使うあいさつ。


「おや、珍しい」
「これはお見かぎりで」
親しい間柄の友人と久しぶりに顔を合わせた時。ちなみに後者は常連客が店に出向いた時に店主やママが口にする一言。……ママって何。


謝辞のきっかけ


「そろそろ〜」
用件がすんでなお話し込んでしまった時
「そろそろ失礼しないと」「そろそろ時間ですので」「そろそろおいとまいたします」


「すっかり長居をしてしまいまして」
予定時間をすぎた時に相手にお詫びの気持ちをこめて言う言葉。


「もうこんな時間ですか」
時計をみながら言う時に。


「せっかくなんですが、このあと予定があるものですから」
「申しわけありません。あした、早いものですから」
用件がすみ相手に引き止められそうになった時。この際に仕事のことを持ち出すのは弁解しているようであまりよくないみたいです。



別れ際


「ごきげんよう」
「では、また」
「失礼いたします」


遅刻、早退時

「ご迷惑をおかけして申しわけございません」
「今日は早めに失礼させていただきたいのですが」
「申しわけありませんが、明日は休ませていただきます」
 早退するときはお願いする気持ちを忘れるに理由も告げること


外出時
「ちょっと、席をはずします」
「ただいま帰りました(もどりました)」


お客がきた時
「いつもお世話になっております」
「恐れ入ります。どちらさまでいらっしゃいますか」
「差し支えなければご用件をうかがえますでしょうか」
 相手が名乗らない時に使う。
「わざわざご足労いただきましてありがとうございました」
 来社してもらったり呼びたてたことを気遣う時に使う。


相槌をうつ時


前面的な同意(=はい)
「そうですね」「まったくです」「同感です」「なるほど」「ありそうな話ですね」「その通りですね」「おっしゃるとおりです」


同情
「お気の毒に」「それはずいぶんな話ですね」「大変でしたね」「かわいそうに」「ひどいことですね」「それはやりきれませんね」


喜びをわかちあう
「よかったですね」「それはなによりです」「いいお話ですね」


話の続きを促す、二の句を引き出す
「それでどうなさいましたか」「と、おっしゃいますと」


相手の意をくんで予想外の驚きを見せる
「それは、それは」「たいしたものですね」


驚嘆、感嘆
「そんなことがあったのですか」「面白いお話ですね」「あきれた話ですね」「素晴らしいですね」「大変なことでしたね」


話の内容に疑念を抱く
「信じられませんね」「それはおかしいですね」


予想つかない、判断しかねる時
「どうでしょうね」「さあ、どうですかねぇ」







椎名
「…………」
アルベルト
「どうしました?」
椎名
「師匠。この口調やめません? どうせ地じゃないだろーし……」
アルベルト
「何か言いましたか(笑顔で)? ああ、この場合は『おっしゃる』になるんでしょうか」
椎名
「…………」
アルベルト
「それで何か?」
椎名
「いいえ」




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月16日(火) 言うのはただ。EG編

2004年09月15日(水) EGはこうして作られる・その2

戦闘シーンについて。


椎名
「(絵を描いてて)これって長剣にしたがいい? それとも名前からして日本刀とか。二刀流ってのもあり?」

「たいした力もないのに二刀流はどうかと思う」
椎名
「…………」

「あとこう言っちゃなんだけど昇ってほとんど活躍してないよね。戦闘でも負けてはいないけど勝ってもいないよね」
椎名
「まあ確かに。ほとんどが不意打ちのあたってくだけろだし。おいしいところは全部ショウに持っていかれてるような気がする」

「ねーちゃんがちゃんと書こうとしてないからじゃん」
椎名
「…………」

「武器としてはオレはこんなのがいいかと。これだと片手でもいいし、いざとなったら両手で持てる――(以下云々)」




だから、なんであんたは私以上にキャラのことを知ってるんだ。
しかも当たっているだけに妙に凹みます。戦闘シーン下手なんです。主人公弱いのは自分の力量不足さ。これでも少しは強くなって――ないかもしれないけど。

いつかこいつにEGキャラを使った(じゃなくてもいいけど)何か書かせたい、っつーか絶対書かせてやるという野望を抱きつつ、細々と下書きを書いてます。





↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記

2004年09月14日(火) 「家族写真」第二話UP

ひさびさの番外編第二話です。本当は日記のネタがなかったから続きを慌てて書いた……のもあるにはありますが。



この二人。とんとん拍子で話が進んだかと思いきやそれなりに色々ありました。
この場面はまんまSHFHの裏側です。いずれ書くには書くんですけど。

「綺麗なお姉さんは好きですか?」

このCMあったのいつでしたっけ?
妙に印象に残ってたもので。まりいのイメージがこれです。ちなみにイラストを書いてもらった朔也恭里(さくやきょうり)さんとイメージがぴったし。嬉しいかぎりです。

私ですか? もちろん好きです。





ああ、余白がこんなにある。

ネタがない。


ということでさっき見たテレビをちょっと。


「お嬢さんを僕にください」って言うの本当はよくない言い方みたいですね。←どんなネタなんだ

どうもお嬢さん(娘さん)を物扱いしているということになるらしくて。

正確には「お嬢さんと結婚することを許してください」みたいな?

うろ覚えだ。

あと相手の両親を『御父さん』『御母さん』呼ぶのはまだ早いとかで正確には『○○さんのお父さん』『○○さんのお母さん』だとか。
ご両親を待っている時も来られた時とちゃんと挨拶する時は席(座布団)から床に移動してました。借りに了解してもらってもすぐになれなれしくしてはいけない。



なぜか食いいるように見てました。




全然、まったく、これっぽっちも、すがすがしいくらいにそんな予定ないのに。



話の中で王族とか偉い人は出てくるのに言葉とかマナーとか全然知らないで書いてるんですよね。

そのうちそういった関係の本でも借りてこようかなー。








↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記

2004年09月13日(月) EGはこうして作られる

……ってものでもないですが。



自分の作品の小ネタは日常の会話からうまれます。

普通そうですね。

いや、ネタになるかわからないけど忘れないようにメモしとこうかと。




「ねーちゃんの作品(EG)ってさ、背景が足りなさ過ぎるよね」
椎名
「そう?←すでにこの時点で精神的ダメージを受けています」

「ここはさ、異文化交流を前に出していくべきだと思う」
椎名
「たとえば?」

「食文化」
椎名
「たとえば?」

「納豆」




……なぜ。





「昇は好き嫌いあるの?」
椎名
「ない。っつーか、出されたものは食べる。もったいないから(自分がそうだから)」

「シェーラはダメだろ」
椎名
「ダメだな。『こんなもの食えるか!』って怒りそう」

「シェリアは興味本位で食べそうだよな」
椎名
「だな。あと師匠は普通に食べそう。あと余計なうんちくとか語ってそう」

「はしの使い方上手そうだよなー。あとショウはダメだろ」
椎名
「なんで?」

「なんとなく。シェーラとショウで妙なところで気があってそうな気がする。まあその辺をうまく書いてみれば?」




……納豆で異文化交流ができるのか。すごいな、異世界召喚もの。

何よりも、自分以上にキャラクター、世界観を熟知している弟が怖い。




はたしてこのネタを本当に本編で書くかは別として、日記を確実にうめることができたという事実に感謝するべきなのか。



PS.
顔文字教えてくださった方へ
どうもありがとうございました。悩みの種が一つ解消されました。そうか、それであんな文字。

たぶんひとりごと
今日郵便屋さんに行きました。これで任務完了です(謎)。




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月13日(土) ありがとう

2004年09月12日(日) 顔文字について考えてみた

チャットとか掲示板等で使われてる文字ですよね。



パソコンはじめて2年くらいたちますが、いまだにわかってないです。
それで、勝手に意味を考えてみました。






|д゚)

のぞき見?
ドアもしくは木の陰から気づかれぬようじっと見る。 




|ミ

隠れてる、もしくは隠れる。のぞき見と同じような気もしますが。
人もしくはそれ以外の何かを察知して隠れる。




(・A・;) 

左になにかある。……って、まんまじゃん。




orz

確か前に教えてもらった! でも忘れた!←ダメだよ、それ
落ち込んでる時に使うんでしたっけ?




((((((;゚Д゚))))))!!!!!

驚き。右に何かある? 




Σ(゚Д゚; !!

驚きその2。↑のものより驚き度は少ない? 『!』が多いほど驚き度は大きいんでしょーか。




_| ̄|○

……わからない。
ボールが飛んでる。




======○

ドラえもんのびた。正確にはドラえもんののびた手?
チャットではじめてお邪魔した時に『ドラえもん、のび太の日本誕生』と打とうとしたのが途中で切れて、ミドリさんが打ってくれた。
ものすごく笑って「あんたどうしたの」と母と弟につっこまれた。



他にも色々あるんでしょうが全く見当つきません。
誰かこれであってるのか、もしくは知ってる顔文字あったら教えてください。





……すみません。変な日記で。いや、いつものことですけど。



↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月12日(金) 今だけ

2004年09月11日(土) 正しいはがきの書き方?

1、本を買います

これしないとはじまらない。
堂々と嘘をついてしまった(いや、実際は嘘じゃなかったんですけど)うさぎ犬さんごめんなさい。 



2、本編をざっと読む

これは人それぞれですね。
どうも私はじめからさいごまで一気に読むタイプではないもので。




3、じっくり読む

読んでなかったところとか、とにかく丁寧にじっくりよむ。



4、はがきとボールペンを取り出す

珍しく捨てませんでした。
そういえばここに書いてある「オリジナルグッズ」ってどんなものなんでしょう?



5、おもむろに書く

丁寧に書く。達筆だといいけどそうでもないのでとりあえず気合いを入れて書く。
一瞬、年齢を偽ろうかと思ったけど事実を書く。感想もしっかり書く。
人間、正直が一番ですから。



6、秘密の呪文を書く

ある意味最も重要なところかもしれません。
「やっぱり嫌がらせ?」とも思いつつ、色々な方のところまわったり、先日いただいたありがたい(?)声援もあったので書かせてもらいました。



「カーマリーも待ってます」と。




7、切手をはってポストへゴー。

ここで問題発生。
書いた時間は午後の二時。今日は土曜日。郵便屋さんもしまってます。
我が家に切手があるはずもなく。切手って他にどこかで売ってありましたっけ?

出すのは月曜日になりそうです。




で、感想です。

「オーバー・ザ・ホライズン〜僕は猫と空を行く(橘早月氏、著)」



好きです。このお話。

空を飛びたいっていう主人公の想いと言いますか。いくらつまれても譲れないものといいますか。こういうのに弱いです、自分。
預かり物で自分の夢を買おうとは思わない。自分的に主人公のこの台詞と前後のやりとりが印象的でした。

ヒロインの女の子が少しずつだけど心を開いていって、最後のあたりの必死になって設計図を取り戻そうというところもよかったし。


ラストの二人と一匹(三人?)で空に飛び立つところが好きです。イワノフ可愛いし面白い。
なんだか爽やかでいいなー。




イラストもわりと好きです。
絵のことはあまり知らないけど、これから頑張って上達していくのかな?

お二人とも頑張ってください!





もう少しちゃんとした文章が書けるといいんですけどね。すみません。私が書くと小学生の読書感想文(いや、それだと小学生に失礼かも)になってしまうんです。


ああ、でもこの行為自体、新手の嫌がらせですか(汗)?




PS(と言うより独り言です).
たぶん某所の四人組になってるんでしょーか。
いいなー、オフ会行きたかったです。←こればっかりだ
皆楽しんできてくださいね。




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月11日(木) 病院に行く

2004年09月10日(金) 「SkyHigh,FlyHigh!」Part,21UP

めずらしく順調にUPしています。



いえ、単に下書きでこつこつ書き溜めていたものを加筆修正してUPしているだけだからそんなに手間はかからないんですけど。


これは、大げさに言えば日記連載なるものになるんでしょうか?
でも内容大幅に違うことあるし文章めちゃくちゃだし量が少ないからなー。



……地道にやっていこう。



今回の文章も十年前に書いていたものとは大幅に違います。


まず三人称だし(いや、それは前からだ)。
あと回想シーンや会話の中でお付のものその1の影がちらほらとだし。
そこまで出たいのか師匠。


入れ替わりネタは一番初めから決まってました。二人が似ているのにもちゃんと理由はあるんですが、それが明かされるのは一部のラスト、もしくは第二部になります。






さて。


ようやく買えました。昨日言っていた本。
よくよく考えてみれば熊本って確か本って三日遅れで入荷されるんでしたっけ?

昨日一人「うわー、勘違いしてたーーー!!」と叫んでいた私は一体。


ただいま最初と最後と中間を3〜4割くらい読みました(注意:椎名は文庫本の場合一回流し読みしてその後何回かにわけてじっくりよむタイプです)。

なんかいいなー。こういう話好きです。って、少し読んだだけで何故言える、自分。

いや、ちゃんと読んでます。読んでますよ?
その証拠にいつもならすぐ捨ててるアンケート用のはがきちゃんととってますし。



アンケートはがきにはやっぱり呪文は書いた方がいいんでしょうか?



↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記

2004年09月09日(木) 「佐藤さん家の日常」その2UP

えらい早めに更新してしまいました。
いえ、なぜか思い浮かんだので。





……と、いいますか、これほとんど実話じゃん。
しかも、ガムテープはずしてないじゃん。家。



椎名です。みなさんいかがお過ごしでしょうか。



これ、本当にノンジャンルです。ただとある家の日常を思いついた時に適当に書いているだけと言いますか。






……双子である意味はあったのか(ぼそ)。



作者の趣味です。気にしないでください(開き直り)。

相方がほしかったんです。ボケとツッコミといいますか。それに色々な諸事情、作者の趣味が入りまくっただけです。



私は確実にとある方の影響を受けまくってると思われます(笑)。
すすめてもらった漫画面白かったです(もし違っていたらごめんなさい。ちなみに一日で全巻そろえました。無意味な即行性に幸あれ)
あと、やっぱり双子は腹黒兄さんですよね。


冷静に考えてみよう。私は7つ(もしかしたら8)も年上。それでいいのかオバサン……というどこかのささやき声は遠くに放りやることにします。



その1、その2と夏視点で書いたので次くらいは春視点で書ければいいと思います。

……兄ちゃん視点ってどうなんだろう。









今日は友達と一緒に福岡まで行ってきました。



ひさびさの都会! ビバ都会!
と言うわけで本屋さんと服見てきました。


小説欄のところ一通り見て。



椎名
「もうすぐ知りあいの方の本が発売されるよ」
うさぎ犬さん
「すごいねー。知ってる人の本がでるって嬉しいよね」
椎名
「だよねー。なんかすごいよね」
うさぎ犬さん
「いつ発売されるの?」
椎名
明日♪(しかも笑顔で)





さっき人様の日記(数名分)を見て。




椎名
「…………」


今日は9日ですね。





ごめんなさい。間違えました(土下座)。



すみません。素で間違えました。10日だと勝手に勘違いしてました。
そういえば昔免許とる時に『免許センター』を素で間違えて『交通センター』に行って普通に怒られた(笑われまくった)からな。



せっかくあれだけ本屋にいたのに。私は何をしてるんだろう。これじゃ例の呪文も書けません。






PS.
うさぎ犬さん
今日はありがとー。楽しかったです。裁縫がんばってね。
あと素で堂々と大嘘ついてごめんなさい。


……本当に明日だとおもってました。





PS.追記
――と思ったら、10日であってたみたいです。よかった。教えてくれてありがとうございます。翔さん。
ちゃんともう一回本屋で確かめてみます。

……私は天然ではない、はず(本当に誰に言っているんだろう)。




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。










過去日記
2003年09月09日(火) 救急の日

2004年09月08日(水) 中間報告 ・ 五回目

またコメントがたまったので中間報告。


一位昇

二位アルベルト

三位まりい(シーナ)

の順となっております。



では恒例の最新のコメントをば。



アルベルト-->性格が良い!
 
これはどーいう意味でなんでしょう。
素直に受け取っていいものなんでしょうか。それとも……。
これでも昔は素直ないい奴……いや、あのままだろう。きっと。



リザ-->いろんな意味で強い人だと思います

鋭い。
彼は全シリーズのキーパーソンですので。って言ったらネタばれか。いえ、あの三人はすべてネタばれなんですが。




アルベルト-->あの得体の知れなさが・・・

めちゃくちゃ得体しれませんね。
だって『私は黒です』って人がまんま歩いてるようなものですし。




諸羽-->ちょっとした優しさに感動。

わりと正統派。見かけによらず現実主義です。
この子ももうちょっと活躍させてあげなければ。



昇-->苦労人

ごめんなさい。笑いました。
あまりにもまんまだったもので。
がんばれ。雨にも負けず風にも負けず。ついでに苦労と○○にも負けるな!





総数のべ76票。みなさんありがとうございます。







PS(と言うほどでもないですけど)
今日は予告通りシチューと牛乳プリンでした。
停電の時にクーラーボックスには入れていたものの、怖かったのでしっかり使いました。わりと好評だったので一安心。


明日は豆腐料理作ってくれだそーです。
たくさん買い占めてたからな……。




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記

2004年09月07日(火) 台風 その二

台風なんとかすぎました。
でもしっかり停電してます。かれこれ六時間たってます。復旧は今日は無理かも。

今は携帯から日記書いてます。親が言うには近所のお店は全部しまってたそうです。

今度のはこの前よりすごかったです。自然の力ってすごいですね。

明日は大丈夫だといいんですけどね。








――で、さっきようやくつながりました。


災害って怖いですね。ニュース見たらもう次の台風が迫ってきているとか。
友達にもメール送ったらむこうでは七時間くらい停電してたそうです。


懐中電灯探したり牛乳買ってきたりとか。
冷蔵庫の電気切れて中身どうするとか慌てたり。



電気のありがたさを痛感した一日でした。




PS.
しゃーこさん
資料教えてもらってありがとうございました。さっそく読んでます。
11兄さんいいよなー。腹黒兄さんって素敵です。←もういいよ、自分



ひのさん
……やはり。いや、私も主人公をまともに書いてあげないといけないとは思ってるんですけどここまでくると『カッコいい(へたれてない)昇なんて昇じゃない!』という気がして。←だからってむこうを巻き込んではいけません。
Hさんの『あの部分』で上手ってフレーズが妙に気になるのはなぜでしょう。うーむ(笑)。



昨日拍手を下さった方へ
コメントが妙に気になります(笑)。あの時、彼の行く末に幾分かの不安を感じました。
……大丈夫か、あいつ。



↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月07日(日) 「桜の下で」UP

2004年09月06日(月) ゲーム状況

幻水



やろうと思ったのに全然終わってないしやってないし。
全然進んでません。レベル上げの一つくらいすりゃいいのに。
いや、だってめんどくさいし……。

ああ、でもテッドくんの声(あるかわからないけど)?聞いてみたいかも。
とりあえずもう少し進めよう。


そーいや一番初めの主人公とスノウの協力攻撃見て『このどこが協力?』とか突っ込んでたなー。





某アクションゲーム


せっかくだったので買ってきてもらいました。
私にしては珍しくアクション。これまでのアクションでそれなりにやったものと言えばこれとドラキュラくらいです。


……いや、一番初めで死んでたけど。



アクション苦手なんですよ。
すぐ針とか出てくるし高いところから落ちて死んでるし。そのたびに主人公の『これは違う』とか『私はまだ死んでない』とかの声が出てきて。はじめはその淡々とした喋り方に笑ってたけど後から密かに殺意を覚えただとかなんとか。とりあえず二回目くらいのところでセーブできたんですけどね。
砂(時?)のダガー取るまでが難しかったよほんと。





さて、また台風が近づいてるみたいです。
雨戸しめたのはいいけど熱い。


今年って本当に災害が多い年ですね。




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月06日(土) SHFH8−1

2004年09月05日(日) 少女漫画について

最近どんな漫画を買ったかと言う話になり、




椎名
「そーいや今日ひさびさに少女漫画なるものを買ってみた」

「へー。珍しいな。ちなみにどんな本買ってきたの?」
椎名
「えーと。
ホストがたくさん出てくる話

「…………」
椎名
「あ、でも主人公女の子だから。舞台も学校だし。どちらかと言うとギャグみたいなかんじだし。たぶんアンタが想像してるのとは違う」

「………………ねーちゃんもだいぶ免疫ついたよな(遠い目)」
椎名
「ちなみにさっき買ったので今日6冊目の漫画本になる(別の本も買ってた)」

「……なぜ」
椎名
「いや。人にすすめられて。聞いて驚け。すすめられてからまだ24時間たってないのに全部そろえたぞ」←威張ることじゃないよ、自分



自分で言っててなんですが、この無意味な即行性に泣けてきました。




「オレ、なんか漫画には現実にはありえないこと求めるんだよな。ほら、少女漫画ってどちらかっつーと、現実っぽいっつーかリアルじゃん?」
椎名
「まあ言われてみればそーかも」

「ほら、
漫画の中でくらい夢みてたいじゃん?
椎名
「……まあ、確かに」



どーも、この前の発言はここからきてるらしいです。

何か嫌なことでもあったのか。あんた。





↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月05日(金) 「EVER GREEN」3−7UP 

2004年09月04日(土) 「佐藤さん家の日常」その1UP

とりあえずこんな感じになりました。




…………。





……えーと。





ごめんなさい(特に約二名)。






いえ、なんとなく。
某企画に提出した二人のプレ編みたいなものです。だいたいこんな感じになるかなと。


今のところ、


元気、明るい、ボケ、諺マニア


真面目、無愛想、ツッコミ、動物好き(特に小動物)


となっております。詳しいことはプロフィールがありますのでそちらからどうぞ。



仲いいんだか悪いんだかな二人です。いや、上はおもいっきりかまってると思います。下がそれを時々うざくてキレかかってもいますが(笑)。


今回悩んだこと。



二人を美形にするかどうか(いや、それも充分悩んだけどさ。裏が免疫ないもので)。


じゃなくて、



双子ってどんなもんよ(これは意見を聞きたいところだ)?


でもなく、ましてや



昇とキャラかぶってないか(……かぶってる。怖い。そのうちちゃんと書いてあげるから)?
でもなく、




男兄弟ってどんなふうに書けばいいんだ? です。

いえ、男兄弟なら弟達見てりゃわかるにはわかるけど。なんでも私が学生時代一人暮らししてて家にいなかった2、3年は(やけに細かいな)なんか荒れてたとかお母さんが言ってたけど。
……家に帰って見るかぎり普通だとは思うのだが。



あと、



卒業して○○年。高校生活のことなんかほとんど記憶にないよ。




…………こっちの方が重大だ。


いえ、なんか面白そうだったし。無謀だということはわかっていたんです。はい。



でも本当に、高校生活ってどんなかんじでした?
誰か時期ごとの行事とかなんとか知ってたら教えてください(切実)。


何はともあれ、これから少しずつ書いていければいいと思います。どっちにしても私が書くからかなり好き勝手になるし、どたばたものになりそうですが。



さて、もうちょっとしたらすすめてもらったとある本探しに本屋さんまで行ってきます。



追記。
ただいま某書店にておすすめのマンガをさっそく買ってきました。
で、感想。

面白かったです。一瞬タイトルにドキドキものでしたが(何を期待していたんだ)なんだか話全体が面白いと言うかどたばたしてるというか笑えるというかよかった。
あと勉強になりました(謎)。にーちゃんをあんなふうにかけたら面白そうだ(もっと謎)。



PS.
しゃーこさん
どうもありがとうございます。また色々試してわからなかったら聞くかもしれませんが(特に○○の方?)よろしくおねがいします。


真名さん(名前呼びですか)
わざわざ連絡ありがとうございます。楽しみにしてます♪ こういうふうに書いていただけると素直に嬉しいです。しかし、私もいい加減後半書き始めなければ……。





今回はやたら(かっこ)や伏字が多いな、自分。




↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月04日(木) 衝動書き

2004年09月03日(金) 「SkyHigh,FlyHigh!」Part,20UP

今回はこっちもですが、トップページの変更に苦労しました。




……ほとんと代わりばえしないけど。



HTMLってまだわかってないんです(涙)。
スタイルシートだって結局人様のテンプレートを利用させてもらってるし。いえ、本当にお世話になってます。はい。



視点は再び公女様です。
なんか、まりいもですがこの子も第二部と比べるとえらい違いです。
ただいま下書きの段階ではショウのこともちょこっと出てきてます。三人ともなんだかんだ言って子供ですから。
ついでに言うとこの時点で昇も色々悩んでますし(ジャンルは違うけど)。



思春期って本当に難しい年頃ですね。あ、私はそんなものとっくの昔に通りこしてますが。



↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月03日(水) 髪を切ったら

2004年09月02日(木) 最近読んだ本

そういえば今日はまったく日記を書いてませんでした。



と言うわけで、最近読んだ本をば。



紅茶王子 ・ 24巻 


山田南平氏著。
私にしては珍しく買い続けてる少女漫画。
クライマックス間近だけあってラブラブだ。本人達もですが、親たちの腹黒さがいいです。

個人的に番外編のお話が好き。
『努力してかなわないことはない』
『「こうありたい」と望んで一歩も近づけないことなんてこの世には何もないんだ』

この台詞がものすごくよかったです。





しゃににむにGO

羅川まりも(漢字忘れました)氏著。何巻かは忘れました。
テニスマンガです。面白いです。ただいま準決勝戦。テニスシーンもだけど、ちょっとしたギャグが好きです。
オペラグラスに対抗して双眼鏡が今回のツボ。
それにしても佐瀬古(字、違ってたらすみません)くん、強いなー。あんな高校生身近にいたらすごいかも。





瀬戸の花嫁 ・ 五巻

木村太彦氏著。
人魚+極道+ラブコメな話。
女の子達可愛いです。刀振り回したりとか銃とか出てくるし。
個人的には若頭のマサさんが好き。主人公のファーストキスの相手。しかも強いし。素敵なアフロだし(謎)。藤代さんもいいが、彼はサメだ。

彼の描くマンガは『ARTIFACT;RED』から読み始めました。
ちょうど雑誌で『ハーメルンのバイオリン弾き』のラストあたりで連載が始まって。まんまツボだったのでしっかり読んでました。






どうも私はギャグとシリアス、もしくはコメディが入れ混じった作品が好きらしいです。
片方だけだったら疲れるし、ドシリアスと言うのもちょっと(と言うわりには読み漁ってるけど)。

自分でもこんな話が書けたらいいんですけどね。


SHFHはシリアス……になるのかなぁ。
EGは『正統派異世界召喚ファンタジーです』とか言ったらどれだけ苦情がくるだろうか。いや、そこまで知名度はないと思いますけど。




皆さん自分の小説のジャンルの位置づけってどうしてるんだろう。うーん。






↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記

2004年09月01日(水) とある姉弟の会話(6回目くらいにしておこう)

その1



今週分の下書きをしていて。

椎名
「私ってどーしても恋愛もの書けないよなー。気がついたらギャグになってるし」

「友情? は書いてるだろ。シェーラとか」
椎名
「だな。しかもなぜか男キャラばっかりだよ」

「そっちが書きやすいんだろ。そもそもねーちゃんって1:7くらいの割合で少年漫画見てたし」
椎名
「知り合いにさ。恋愛もの上手な人がいるんだよね。うらやましいよ(注意:私の知りあいは大抵そうだと思われる)」

「それって刃物とか出てくる?」
椎名
「は? 出てこないけど。なんで?」

「だってさ。

恋愛ものとか少女漫画って血みどろの争いが繰り広げられるんだろ? しまいには刃物取り出してきて誰か刺されるんだろ? 」

椎名
「…………」

あんたはいったい少女漫画、恋愛ものの小説に何を求めてるんだ。





その2


「あー、蚊が飛んできた!」
椎名
「え、どこ?」

「そっち。姉ちゃんのいる部屋」

よし閉めて

「わかった」

ガラガラガラ。←書斎と洋間の間の扉が閉まる音。

(注意:我が家のパソコンは書斎にある。洋間とスライド式の扉でつながってはいるものの大抵開いてる。家の住人もかならずここにくる。よーするにやることなすことつつぬけ)



「蚊たおすまで出てこないで」
椎名
開けんかっっっ!!!



以上、やはりノンフィクションでお送りしました。


……小説書くよりこっちの方がネタになってる気がするのはなぜでしょう。



↑Web拍手です。よかったらどーぞ。






過去日記
2003年09月01日(月) 「桜」
 < 過去  INDEX  未来 >



香澄かざな 

Web拍手。お気軽にどーぞ。


My追加