★神主の遠吠え日記☆

2007年03月31日(土) 得意のパターンですねぇ

《朝日新聞社説引用》
集団自決―軍は無関係というのか
 高校生が使う日本史教科書の検定で、沖縄戦の「集団自決」が軒並み修正を求められた。
 「日本軍に強いられた」という趣旨の記述に対し、文部科学省が「軍が命令したかどうかは、明らかとは言えない」と待ったをかけたのだ。
 教科書の内容は次のように変わった。
 日本軍に「集団自決」を強いられた→追いつめられて「集団自決」した
 日本軍に集団自決を強制された人もいた→集団自決に追い込まれた人々もいた
 肉親が殺し合う集団自決が主に起きたのは、米軍が最初に上陸した慶良間諸島だ。犠牲者は数百人にのぼる。
 軍の関与が削られた結果、住民にも捕虜になることを許さず、自決を強いた軍国主義の異常さが消えてしまう。それは歴史をゆがめることにならないか
 この検定には大きな疑問がある。
 ひとつは、なぜ、今になって日本軍の関与を削らせたのか、ということだ。前回の05年度検定までは、同じような表現があったのに問題にしてこなかった。
 文科省は検定基準を変えた理由として「状況の変化」を挙げる。だが、具体的な変化で目立つのは、自決を命じたとされてきた元守備隊長らが05年、命令していないとして起こした訴訟ぐらいだ。
 その程度の変化をよりどころに、教科書を書きかえさせたとすれば、あまりにも乱暴ではないか
 そもそも教科書の執筆者らは「集団自決はすべて軍に強いられた」と言っているわけではない。そうした事例もある、と書いているにすぎない。
 「沖縄県史」や「渡嘉敷村史」をひもとけば、自決用の手投げ弾を渡されるなど、自決を強いられたとしか読めない数々の住民の体験が紹介されている。その生々しい体験を文科省は否定するのか。それが二つ目の疑問だ。
 当時、渡嘉敷村役場で兵事主任を務めていた富山真順さん(故人)は88年、朝日新聞に対し、自決命令の実態を次のように語っている。
 富山さんは軍の命令で、非戦闘員の少年と役場職員の20人余りを集めた。下士官が1人に2個ずつ手投げ弾を配り、「敵に遭遇したら、1個で攻撃せよ。捕虜となる恐れがあるときは、残る1個で自決せよ」と命じた。集団自決が起きたのは、その1週間後だった。
 沖縄キリスト教短大の学長を務めた金城重明さん(78)は生き証人だ。手投げ弾が配られる現場に居合わせた。金城さんまで手投げ弾は回ってこず、母と妹、弟に手をかけて命を奪った。「軍隊が非戦闘員に武器を手渡すのは、自決命令を現実化したものだ」と語る。
 旧日本軍の慰安婦について、安倍政権には、軍とのかかわりを極力少なく見せようという動きがある。今回の文科省の検定方針も軌を一にしていないか。
 国民にとってつらい歴史でも、目をそむけない。将来を担う子どもたちにきちんと教えるのが教育である
《引用修了》

よく言えたもんだ!
慰安婦問題にしても南京大虐殺問題にしても、きちんと検証せずに問題化したのはどこのどいつだ!
重箱の隅をつっついて何でも軍の関与ですか!
その軍に同調して戦争を煽ってたのはどこの新聞でしたっけ?
これは「状況の変化」ですか?
ペンの圧力?で教科書記述を変えさせたのは一体誰でしたっけ?



2007年03月30日(金) 桜も泣いてるよ

こんなのは前から分かってたこと。
だから何なんだ!と思う。
どいつもこいつも政府が悪い、国が悪い、日本が悪い、って。
日本古来の美風まで否定しようと・・・
いつからこんなになってしまったんだ・・・
編△撚颪う、と散っていった方々の気持ちはどうなるんだ!
編△麻られると信じて戦ったのに、敗戦そして厳格な政教分離でそれはダメって、申し訳ないとは思わないのかなぁ。
だれでもがわだかまりなく追悼できる施設って何だ!?
それこそ、わだかまり一杯の施設じゃないか!
桜が咲くこの季節に何やってんだ!

産経新聞主張
靖国新資料 民意踏まえて読み解こう

朝日新聞社説
戦犯合祀−政府の主導だったのか

毎日新聞社説
A級戦犯合祀 政府も積極的だったとは

読売新聞社説
やはり新たな戦没者追悼施設を



2007年03月26日(月) お見舞

昨日の能登での地震で被災された皆様に衷心よりお見舞申し上げます。
私も京都在住のおり阪神淡路大震災を体験しましたが、予告なしの揺れですから驚きと恐怖、不安で一杯のことでしょう。
余震も続いているようですが、くれぐれも注意されご無事をお祈りする次第であります。



2007年03月18日(日) サクラサク

私事ながら、娘が高校に合格しました。
すべり止め(今でもこう言うんでしょうか?)は合格してましたが。
とにかくほっとしました。親としてはこの段階から挫折を味あわせたくないもので・・・

《産経Web引用開始》
日米同盟を一層強化 首相が防大卒業式で訓示
 安倍晋三首相は18日午前、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示し「国民の生命、身体、財産を守るためには、わが国の安全保障基盤の着実な整備を図るとともに、日米同盟を一層強化していく必要がある」と述べ、日米両国の安全保障協力を拡充する考えを強調した。
 首相はアジア太平洋地域の情勢について「北朝鮮の拉致問題、核開発、弾道ミサイルの発射をはじめ、複雑で多様な要因を背景とした地域紛争、大量破壊兵器の拡散など困難な諸課題が存在している」との認識を表明。今年1月に防衛庁から防衛省に昇格したことを挙げ「国防と国際社会の平和に取り組むわが国の姿勢を明確にすることができた」と指摘した。
 久間章生防衛相は「日米安保体制を発展させていくため、昨年5月の在日米軍再編に関する日米合意の実現に向けて最大限の努力をしている」と述べた。
 卒業生は421人で、うち女性は30人。インドネシア、モンゴル、タイ、ベトナムからの留学生が10人。任官辞退者は10人だった。
《引用終了》

参考までに
『ウィキペディア(Wikipedia)』より
防衛大学校(ぼうえいだいがっこう、National Defense Academy of Japan、NDA)は、日本国の幹部自衛官となるべき者を教育訓練する防衛省の施設等機関
防衛大学校本科の学生は防衛庁職員として国家公務員の身分であり、学費は無料である。また、給与や被服も支給される(2005年時点で月額106,700円。年2回の期末手当が年額約380,000円)。このように給与のある学校は他に防衛医科大学校、気象大学校、海上保安大学校などがある


国防等のための幹部自衛官となるべき防衛大学校の卒業生。立派な志の上に入学し修了されたのであろう。心から敬意を表する。
がしかし、任官辞退者?が10人いるとな。
心変わり?それともいいとこ取り?
上記のように学費は無料の上、給与や被服も支給される。それも国民の税金で。それはいい、自衛官になるためのものであるから。
問題は辞退者。国のために働いてくれるであろうから国民は支援しているのであって、その職につかないのであれば学費等を返してもらいたい。
任官拒否するくらいだったら、中退すればいい、卒業までする必要なし。
受験資格に日本国籍が必要だから、外つ国のひとではないだろうが・・・
留学生も10人いるとか、日本の防衛大学で何学ぶんだろう?(純粋な疑問)



2007年03月14日(水) 実は今日は

ご無沙汰してしまいました
8〜10日に大分に行って、帰ってきたら家内がダウンしてて、やっと落ち着いたところでした。
大分には恒例の神道青年全国協議会の中央研修会に併せての有志OB会で、30名程の参加。大分の地鶏やふぐを堪能しながら歓談しました。各地の様子も聞けて大変有意義な集まりでした。
中にはこの日記も読んでくれている同志もいて、ジェンダーフリーなんかも取り上げてとの依頼?もありましたが、とても今の私のレベルではかけないと逃げ?ました(^^)。

さてこの間もいわゆる慰安婦問題は相変わらずですが、国の大事な予算を協議する予算委員会では打ち合わせしたかのような質問と答弁。質問したのが白真勲なら答弁したのは公明党の国土交通相。
こんなもんが通ったらすぐ属国ですわ。

《産経引用開始》
外国人参政権付与法案、冬柴氏「1日も早く成立を」
 冬柴鉄三国土交通相は13日の参院予算委員会で、公明党が提出し、継続審議となっている永住外国人参政権付与法案について、「相当程度に採決に熟した状況にある。1日も早く成立させるべきだ」と述べた。民主党の白真勲氏への答弁。法案は平成17年秋の特別国会に提出されたが、自民党側に抵抗感があり、現在も審議の見通しは立っていない。


【コラム・断】福島サンは弁護士ですよね?
 恥ずかしながら法学部卒、である。六法全書も持っていた。だが、胸張れるほどの勉強は申し訳ない、全くしていない。法曹方面に進むなど夢のまた夢、考えたことすらない。 
 だが、そんななんちゃって法学士のあたしでも、おい、弁護士って一体なんなのよ、と言いたくなる御仁がいる。テレビでチャラチャラしている手合い? 違う。いまどきのご時世、あれもまた営業の一環、もの書きが講演料つり上げる方便でコメンテーター業に邁進(まいしん)するのと同じこと。まして芸能プロに属する弁護士芸人輩、見逃していい。
 それどころじゃないトンデモ弁護士が白昼堂々、跋扈(ばっこ)している。
 ほかでもない、かの参議院議員にして社民党党首の福島瑞穂センセである。民事が専門だったそうだが、国会でのやりとりを聞いていても、この人、本当に弁護士なのか、と耳を疑うこともしばしば。
 今回の「従軍慰安婦」問題でも“面目躍如”。珍しく首相も閣僚も毅然(きぜん)とした対応をしているのに、いまだに「証言者がいるんだから事実なんですう」の一点張りとは。こういう弁護士にとって「証拠」とはそもそもどういうものか、いや、考えるだに空恐ろしい。
 思えば、そもそもテレビと提携、元「従軍慰安婦」を「発見」し、海外まで持ち回って煽(あお)った張本人のひとり。引っ込みがつかないのはわからぬでもないが、このままだと弁護士業界に対する永久自爆テロ。ひまわりバッジが泣く、ってもんです。
(民俗学者・大月隆寛)
《引用終了》

こっちも笑えるでしょ。あのしゃべりかたを聞いてると、ホントこの人知識・知能あるの?って感じですよね。
証言者がいれば事実なんだったら、世の中エライことになりまっせ!
上の記事、下の記事、こんなのを選ぶ人の気が知れない。


実は今日は息子の誕生日。
それに娘の入試合格発表日。
笑顔でお祝いできたら幸せです。



2007年03月07日(水) 正しいのはオレ様たちだ!って感じ

《産経Web引用開始》
慰安婦問題 米紙、米中韓の“反日連帯”主張
 【ワシントン=山本秀也】いわゆる慰安婦問題に関する米下院での対日非難決議案について、米紙ニューヨーク・タイムズは6日の社説で、「日本に全面的な責任受諾を迫る国は米国にとどまらない。韓国、中国も日本のあいまいな姿勢に長年憤っているのだ」と主張した。慰安婦に関して、ここまで明確に米中韓の“反日連帯”を主張したケースはリベラル系メディアでもまれだ。
 「慰安ではない」と題した社説は、書き出しで慰安婦問題を「日本軍の性的奴隷」と言い換え、日本統治下の朝鮮半島で兵士との性行為を提供するよう求められていたと断言。こうした性行為は「売春ではなく、連続レイプだった」と指摘した。
 そのうえで、慰安婦問題で強制性を裏付ける証拠はなかったとした安倍晋三首相の発言については、「首相は傷ついた日本の国際的な声望を修復するよりも、あの恥ずべき行為が民間の営利活動だったとする自民党内右派にすり寄っているようだ」と激しく非難する社説を掲載した。
 社説は「恥ずべき過去を乗り越える最初の一歩」として、(1)日本の国会による公式謝罪(2)生存者に対する公的な賠償金支払い−を要求している。
《引用終了》

ニューヨークタイムズ紙が米国の代表発言ではないにしても、“何を言う!”ですなぁ!
前回書いたように、被害者とされる人の曖昧な発言と中韓のでたらめなやり方を鵜呑みにして事実も精査せずに議会で諮るという暴挙は米国のすべきことではない!
慰安の問題が戦争時の汚点として言われるなら、今でも戦争をしている米国はどうなんだと言いたくなる。我が国にも無差別な爆弾投下をしたり、原爆を落としたり、それこそ一般市民をも攻撃したではないか!
米国は公式謝罪をしたか?生存者に公的な賠償金を支払ったか?
どの面さげてこんなことが言えるのか?日本は敗戦国だから?すべて日本だけが悪いのか?米国には恥ずべき過去はないのか?
こんなことやってるようじゃ日米の関係も危ないよね。
つまりはまだあの戦争は終っていないってことかな。



2007年03月06日(火) 暖かくなったり寒くなったり

20℃ちかく上がったり、今日は県北では雪模様とか、皆さんお身体大丈夫ですか?
鞆では“町並みひなまつり”が開催中で多くの観光客で賑わっているようです。
当社にも時折足を運んで下さる方もいらっしゃいます。皆さんおいでになれば嬉しいんですが・・・

安倍首相がんばってますね。米議会でのいわゆる慰安婦決議について、決議されても謝罪はしない、って。

《朝日社説引用開始》
「慰安婦」発言 いらぬ誤解を招くまい
 旧日本軍による慰安婦問題をめぐって、安倍首相の発言が内外に波紋を広げている。
 首相は先週、記者団の質問に答えてこう述べた。「当初、定義されていた強制性を裏付ける証拠はなかった。定義が変わったことを前提に考えなければならない」
 これが米国などで「安倍首相、戦時中の日本による性奴隷を否定」「安倍首相、性奴隷に証拠なし」などと報じられた。韓国の宋旻淳外交通商相が不快感を示したりもした。
 だが、この解釈は行き過ぎていたようだ。きのうの参院予算委員会で民主党議員に真意をただされ、首相は何度も「政府の立場は河野談話に書いてある通りだ」と繰り返した。
 この問題についての日本政府の公式見解は、93年に出された河野官房長官談話である。旧日本軍が慰安所の設置などに関与し、「総じて本人たちの意思に反して行われた」と認めた。慰安所での生活について「強制的な状況の下での痛ましいものであった」としている。
 首相は就任直後に、この談話を受け継ぐと表明した。そのスタンスは何ら変わらない。誤解はやめてほしい。そう言いたいのだろう。
 首相には「強制性」について、こだわりがあるようだ。それが首相の発言をわかりにくくしている。
 女性を集めた業者らが事実上強制をするような「広義の強制性」はあったが、当局が人さらいのように連行するといった「狭義の強制性」はなかった。きのう、首相はそう説明した。
 だが、いわゆる従軍慰安婦の募集や移送、管理などを通じて、全体として強制性を認めるべき実態があったことは明らかだろう。河野談話もそうした認識に立っている。細かな定義や区別にことさらこだわるのは、日本を代表する立場の首相として潔い態度とは言えない
 首相の一言が大きな波紋を呼んだのは、首相自身がかつて河野談話を批判する議員グループの先頭に立ってきた過去があるからだ。
 このグループは、いまも河野談話の修正を求めようと議論を進めている。米国の下院に、慰安婦の問題をめぐって首相の公式謝罪を要求する決議案が出されたことに反発しているようだ。
 政府は河野談話に基づいてアジア女性基金を発足させ、元慰安婦への償いの事業に民間と協力して取り組んできた。自民党が連立する村山政権の時からだ。
 以後、橋本龍太郎氏から小泉純一郎氏まで4代の自民党首相が「おわびの手紙」に署名し、元慰安婦に送ってきた。戦争で蹂躙(じゅうりん)してしまったアジア諸国との和解のために、官民が連携して積み上げてきた努力なのだ。
 首相は政権として方針を決めた以上、要らぬ誤解を招く発言は避けるべきだ。日本の信用にかかわりかねない。米議会に対しては、こうした首相の手紙などの取り組みを説明すればいいことだ
《引用終了》

誤解を招くように報道しているのは誰?
というより特ア等の気に入るように捏造し協力しているのは誰?
信用をなくしてしまうようなことをしてきたのは誰?
強制性を言うが“従軍慰安婦”という言葉の問題があるだろう!
“従軍”はなかった、“国”の関与はなかった、が正解で、“慰安婦”だの“業者らの強制”というのは否定していないんじゃない?
大体が被害者と自認する方たちのあいまいな証言だけで、真実にしてしまうのは、日本のそれも大手のマスコミのすることじゃないと思いますがねぇ。
戦時中の性奴隷うんぬんを言いますが、まるで日本だけが悪かったみたいな・・
じゃあ、他の国には慰安所はなかったんですかね?慰安婦はいなかったんですかね?敗戦国の慰安には問題があって戦勝国等はおかまいなし、ってことですか?おかしいと思いませんか?!



2007年03月02日(金) やれやれ

気が付けば早や三月。早いもんです。いく・にげる・さる、なんて言ってましたね。
でもこちらは随分とかかったようで。
君が代伴奏拒否裁判の判決について朝日・毎日は随分と悔しそうですが・・
訴訟を起すときはマスコミも賑やかに報道するわりに、都合の悪い?判決が出ると、随分と静かなんですねぇ???
竹島問題だって、何で政府は積極的に動かないのか?何でマスコミはもっと報道しないのか?
外交というものは日本人の美徳だけでは国益は守れない、国土・国民は守れない。一皮も二皮もむけた日本人にならなければ・・・
↓一方的に言われっぱなしに、これでいいの?

《産経Web引用開始》
韓国大統領、また反日演説 最後の「3・1節」
 【ソウル=黒田勝弘】韓国の盧武鉉大統領は1日、抗日独立運動記念日の「3・1節」式典の演説で日本問題に触れ、歴史教科書、慰安婦、靖国神社、竹島(韓国名・独島)などあらためて“過去”がらみの問題を取り上げ日本を非難した。残る任期が1年となった盧大統領にとっては最後の「3・1節」演説だったが、今回も反日色が濃く、このままだと1965年の日韓国交正常化以降、歴代大統領の中では最も過去に執着した“反日大統領”ということになりそうだ。
 盧大統領はとくに、米議会で最近、旧日本軍関連の慰安婦問題に関し日本非難の決議案が準備されていることまで取り上げ「日本帝国主義の蛮行」を非難した。
 また島根県が先に「竹島の日」を制定したことに対しても「日本の一部自治体は日露戦争当時、武力で独島を強奪した日を記念している」と非難し、1905年の日本による竹島領有確定の歴史について「武力で独島を強奪」などとあらためて“独自解釈”を明らかにした。
 盧大統領は今回も日本に対し「間違った歴史を美化したり正当化するのではなく、良心と国際社会で認められている先例に従い誠意を尽くすべきだ」と注文を付けた。
 盧大統領は日本に対してはいつも過去問題を取り上げ“国際的普遍性”に従うよう強調しているが、その半面、現在進行中の北朝鮮の人権や自由、民主主義問題では”民族的特殊性”を理由に目をつぶるという矛盾した姿勢を見せている。
 演説は一方で「われわれは日本と仲のよい隣国になることを望んでおり、両国は経済、文化などですでに断絶しがたい関係になっている。今や両国関係を越えて東北アジアの平和と繁栄に共に貢献すべき時だ」としているものの、その前提として「過去史に対する日本の誠意ある姿勢と実践」を強調するなど、相変わらず日本に対する一方的要求に終始した。
 盧大統領はまた、この地域での韓国の主導的役割と「われわれの力量に対する自信感」を強調したが、日本へのコンプレックス(被害者意識)ともいえる日本批判と「自信感」はどう結びつくのだろうか
《引用終了》

過去に言及しないって言ってたのはどこのどなた?
それどころか歴代で最も過去に執着した反日大統領ですか。
まあ、負け犬の遠吠えみたいなもんで・・・
「間違った歴史を美化したり正当化するのではなく、良心と国際社会で認められている先例に従い誠意を尽くすべきだ」ってね、あ〜た。天に唾はくようで、鏡をご覧なさい。その言葉そのまんまお返ししますわ。
竹島は武力で強奪ですか。だから誠意をもって出るとこでましょ、って言ってるじゃない!
「断絶しがたい関係」って、そりゃ貴方の方だけでしょ!
「未来史に対する韓国の誠意ある姿勢と実践」を!!


 < 過去  INDEX  未来 >


鞆祇園 [HOMEPAGE]

お気に召したら押して下さい↓

My追加