Allyssa
Dad
人気ブログランキングへ



 被害恐怖の正体

すいません、ご心配かけて。>読者様各位
本稿を読めば御心配も和らぐでしょう。誠に申し訳ありません。


んでだ、
先週の土曜日の夜、前の会社の最後の社長と品川港南口で飲んでいた時に、ゴルフの話になった。いわゆる最近、オーダーメイドでクラブセットを70万円で作ってもらったら(この世代は金持ちが多くて羨ましい(涙))飛距離がすごく伸びたと聞いたら、


「もしも、どっかのオヤジがゴルフのスイングの練習で飛んだボールが娘さんに当たったらどうしよう」と突然、何年かぶりにバクバクと動悸が始まり、「あ、やべー。ひさしぶりー」と症状が始まった。

そして、追い打ちをかけるようにニュースで猛犬五匹に被害に遭われ噛まれまくって重体になった大学生のニュース。大学生には気の毒ですが、あれが子供だったら、と思うと、再び発症(っつか、昨年、子供が巻き込まれた事件もあった。っつか、そんな猛犬、放し飼いする飼い主は死刑もんだぜ?っつか、犬も全部死刑な(猫派の暴言)))


んでだ、主治医に行ったわけよ

この強迫性障害にはエクスポージャーという治療法がある。被害恐怖の場合、その被害の実体験に身を曝すことによって改善させてゆくやり方である。

確かにその通りだ。幼少のころに「他人の蹴った激しいサッカーボールが娘さんに当たったらどうしよう」と想像するだけで動悸がばっくんばっくんしていたのに2011年11月21日(月) 娘さん、大怪我という事があってから無事だったということもありますが、そういう「サッカーボール系」のことは許容できるようになった。

んでだ、話しててわかったことがある。強迫性障害の被害恐怖は自分自身の被害に対してであり、厳密にいうと他者ではないようだ(よく分からないが)






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加






まあ、それでも症状的には同じわけで薬で治すか、否かということですので、薬の量を少し多め(一日3錠)にすることに相成ったわけでして。

つまり、自分自身の考え方の問題である。

俺は弱い人間である。しかし、そう自覚していることが強い人間の証拠でもあるのだな、と自分自身を棚に上げて(笑)思った。


っつか、今度出張に行く国がエチゾラム持ち込み禁制品の国なんだよおおお
















2013年01月31日(木)



 ベンゾジアゼピン離脱症候群、その最悪の症例





↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



もともと心配性して。「ドアに鍵をかけたっけ?」とか車のリモートキーを何回も閉じるボタンを押してしまう性格は軽い「強迫性障害」「確認行為」に該当することは自覚していた。しかし、動悸や心拍の上昇、不安感の高まりなどの実際の症状は全くなかった。

しかも、その割には忘れ物、失くしものが多いという本当に強迫性障害なのかどうか分からない性格であるため俺自身は「病でもなんでもなくただ単純に俺はアホなんだな」と思ってた。


しかし、状況が変わったのが数年前、実父が亡くなり家計が癌、糖尿系統というより心臓疾患のほうが多いというどんでん返しなことが明るみになって、そのころから動悸がひどくなり不安感も高まることも多くなった。

しかし、実は他にも理由があり、むしろ、そっちのほうが症状的には確実なものであったことは自覚していた。


健康な一般市民から見れば「精神病は甘え」などと言われるが、なぜ頑なに「精神病は病です」と言われるかというと、実際に症状が出て自覚をしているが、治そうと思っても治らないという事実があるからだ。それは俺も実際に経験しているのよ。マジで。それを今から書くからさ。


娘さんが産まれたあと、とにかく娘さんに何かの危機があってはいけないと我が子を守るのに必死に毎日毎時間毎秒考えていた。娘さんのことを考えてないときなんて一瞬もなかったと思う。


ある日、小さい娘さんがヘリウムなしの風船を何処かで貰って喜んで歩いていた。最近の無料配布風船は浮かばないからという理由のせいか持つところがプラスチックの棒になっている。なかには先端が尖っているものがある。


「強迫性障害」で、斯様な刃物先端恐怖症のように「もし、自分にコレが刺さったら怖いのではないか?」という「被害恐怖」というのがある。そのような状況や物体から避けたり遠ざけたりする症状である(逆に「これで誰かを刺してしまったらどうしよう?」というキケンな症状は「加害恐怖」である)


そのプラスチックの棒を持った娘さんを見たり、想像するだけで、それらが刺さったり怪我をさせたりする状況を想像してしまい、その思考が頭の中を全てぐるぐると支配していしまい、何も考えられなくなってしまい、動悸が激しくなり、運転中でも視野狭窄になってしまうのだ。そんなことを考えるのはいけない、忘れよう、考えないようにしよう、としても、長い間、その「被害妄想」に囚われてしまうのだ。


他にも「もしも、大きい子供の蹴ったサッカーボール、野球のボールが当たったら?」「もしも、車のタイヤがはじいた小石が飛んできたら」ということを想像だけで考えただけで一定時間、その考えから頭が離れなくなり軽い離人症のような感じになる。



そんな症状を何度か経験しながら実父の亡くなった一年後に仕事のプレッシャーなどもあり、デパス(エチゾラム)を服用し続けた。多いときにはリミットの一日8錠呑んでいた(その時期が一番長かった)

とても、この薬は合った。
しかし、マイ・エクスタシーと引き換えにな(笑)

思えば、この間、そういう被害妄想的な症状はなかったのだ。なぜならデパスがもたらす「どうでもいいや」という気分が和らげていたのだろう。

現在、一日2錠にまで減り、最近は売り上げが悪いので(他の部署がな)1錠増えている状況まで減薬できた。むしろ、2錠飲んでも睡魔が襲うくらい丁度いい服用量である。

絶対に断薬せずに少しづつ長期に減薬を。とは以前から言われていた。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加
























2013年01月30日(水)



 強迫性障害ふたたび

うーん。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加
























2013年01月29日(火)



 実は薬が増えてたりする

ここんとこ毎週土曜日会議で出勤。火曜日はウェッブカム会議で疲労困憊中です。疲れました。

すごく疲れています。

が、自分の仕事を完全に全うさせなければいけません。





↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加
























2013年01月24日(木)



 子供は大人よりも頭が良い




幼稚園のころから娘さんの好きなテレビ番組というとディズニーチャンネルであったが保育園のころに観ていたアニメやミッキーマウスの番組はほとんど観ないで「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」や「グッドラック・チャーリー」などの海外ドラマにハマって観ていて英語の主題歌などを一生懸命覚えていたりして、いま現在、娘さんの好きな洋楽はUK発USAでも人気の
ONE DIRECTION
である。
延々といっつも聞いているのである。

パパ、ママは動いている画像だとザインがお気に入り。スチールだとハリー。しかし、娘さんはナイル。うーん。恐るべきパパから受け継いだ男性への審美眼遺伝子。

ちなみにワン・ディレクションでなくワン・ダイレクションな。クィーンズ・イングリッシュだから。パパの役職の発音が「Channel Director チャネル・ダイレクター」の発音の違いも今更ながらにして皇帝も納得習得。皇帝、俺の日記を読め。



パパも洋楽に目覚めたのは小学校三年か四年なので、それよりも早く洋楽に目覚めるというのは、とてもよいことだと思う。娘さんの名前は将来的に海外に通用するために付けた名前。将来的に海外のお友達や知人が増えたときに共通の話題で「音楽、その歴史と経緯」というのは話のとっかかりなどで重要なエッセンスであることはパパも体感している。日本で売れている洋楽を知っているだけではあかんのである。あっちの一発屋なども知っている洋楽通でないと話は進まない。


そうだね。数学も世界の共通言語だけど音楽もそうですね。


娘さんが産まれたとき、パパは「こんな小さく脆弱な生命はパパが全力をもって守る」と心に誓って早七年。とても優しく、女の子なので頑強に育ち、もはや英語の発音、アクセントは(それ以前に文法も)パパを完全に超えているなか(号泣)実感したのは大人が思っているより子供というのは頭が良いんだな、と思った。


周りのオールドパパ友さんからのアドバイスで「いずれ大人になる、離れる、遠くに行く。そのフィジカル、ロジカルな力を持っている。それが子供」という言葉をかみしめるように思いました。


とはいえ、年頃の子供を教育していくのも親の運命。油断はできません。とはいえ、娘さんとの会話がだんだん、レディーとの会話になってゆき、時折、無邪気な子供になる彼女の存在はパパにとって考え方をいろいろと変えてくれる不思議な存在であり、パパの頭のロジカル・シンキング、クリティカル・シンキングを養ってくれていることに気づき、娘さんが産まれてくれたことにパパは五体没地で感謝せざるを得ない状況です。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加
























2013年01月23日(水)



 アメリカ人の営業スタイル




言いたくもないが、それはトチモチの営業失策によって成ってしまった状況でもある。もしも、トチモチがまっとうな営業戦略を組み立てていれば、このようなことにはならなかった気がします。

ことの成り行きはこうだ。営業本部長格で招いたトチモチの営業成績が非常に悪かった。そこで営業能力の高いと思われる人間を招聘した。優れたピュアな営業能力を持つ人間(面接同席)と例の得体のしれない海兵隊員だ。


かくもアメリカンドリームと言えば昔は途方もない夢を持っていても自由の国なら願いが叶うというものだったが、





↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



日本の企業も一時期そうであったが能力の無い者は出世のために他人を蹴落とし陰口をたたき貶めることも多々あり、有能な人間でも理不尽なことで左遷させらりたりする。現在の米国の就職後の会社の中でもこういう状態であることが多いらしい。

そりゃそうだ。米国のホームレス者5000万人。失業率10%OVER。発展途上国並みの明日食っていけるかどうか・・・という社会の中で自己中心的な生き方になるのはわからないでもない。

また、組織の中に競争原理を発生させ相乗効果を得るというやり方だ。


ただし、個人的にはこういうやり方は好きじゃない。


俺はこういう人間環境悪化の状況が嫌いで前の会社を辞めたんだが・・・


再び俺のバトリング・スイッチがONになっちまうってことですかい?






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加




悪は決して続かない



















2013年01月22日(火)



 打って変わって米軍と全面対決

まあ、この日は出張で仙台に行ったわけよ。ひさしぶりの宮城県。あの津波があった多賀城や松島が完全に綺麗になっていて驚いた。そして、やはり東北人のお客さんは損得なしの一本気。

けどな、一緒にいった関東人が「今まで長い付き合いの方ですが訛っていてほとんど分からなくて相槌を打っていて」と言っていたのだが実際は完全に東北人に言わせると標準語じゃあねえかあ!!!馬鹿にするなああ!!!と思ったりもした(けど、実際のアクセントの訛りレベルで聞きづらいらしいな(涙))

んでだ、先日入った元米兵に日本人社員勢がクレーム、コンプレイン爆発。一緒にやってらんねえとのこと。

うーむ。この人事の采配、いかにするか?????

いろいろな意味でセールス・ストラテジー・レベルでモノを考えないというか、日本市場をわかっていないというか、セールス・アクション・レベルなんだよね・・・

っつか、レジュメ(履歴書)なしってどういうことよ?社長(涙)






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加
























2013年01月21日(月)



 米軍全面協力。俺に




新入社員が入りました。

突然。

あまりにも突然なことなので社長に「え?え?」とおののいていたら、

米国人社長「マリーン(海兵隊)はいつでもどこでも上陸します!!(爆笑)」



彼も米国人

元海兵隊

上半身マリーンタトゥー

彼を怒らせた場合、2秒で殺されます(汗)

いや、とてもいい人なんですけどね。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加
























2013年01月17日(木)



 晴男がひきこもるとこうなる

色々と激務多忙の毎日ではあるがちゃんと時系列を追って書いていこう。

無理矢理な鎌倉旅行から帰った翌日。さすがに疲れたので晴れ男のパパは今日は流石にひきこもることにした。

朝は雨だったのに娘さんとお勉強をしていると窓の雨が固形物に変わる。

「雪だ!」

東京で夜に雪が降るのはあれど朝から雪に変わるのは珍しいと思った。

さっそく娘さんと雪だるまを作りにいく。



もう完全に東北レベルの雪遊びで互いにずぶ濡れです。っつか、雪降ってるなか、傘を差して遊ぶ都会人の神経がよくわからない。



けっこうマジにでっかく作るつもりです



よいしょ、よいしょ



ミッキー雪だるまの完成!!

小声ながら家に帰り熱いシャワーを浴びると娘さんは

「冷たいのに熱くて冷たい」

と心から冷えた身体でシャワーを浴びる不思議さを体験してました。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加
























2013年01月14日(月)



 気儘な予約なし旅行を家族でやってみた

若い頃は全くの宿泊予約なしの気儘な旅行をやっていたもんだが家族が出来ると、そうもいかない。

が、今回やってみた(忙しくて予約が出来ないというのもありましたが)

いちおう目的地は伊豆。娘さんも何度も行っているので、また行ってみたいとの意向もあり高速を飛ばす。

しかし、途中、娘さんがパパの遺伝子(今でも電車、バス、他人の運転する車に酔う)を完全に受け継いでるがごとく車酔いに苦しむ。場所は厚木(涙)あまりにも苦しそうでゲッソリしているので「帰るか」と。神奈川県から脱出することなく「帰り、また吐きそうになったらすぐに車を止められるように下の道路をゆっくり帰って家路に向かおう」ということになり市街地を通るのも危険だったので厚木からまっすぐ平塚、茅ケ崎に向かう。そして、右手に江の島を見ながら鎌倉へ。




海沿いを走っていると娘さんも回復をしてきたので「お腹空いた」と。では、鎌倉でご飯を食べようかということになり鎌倉へ。しかし、駐車場も空いてなく時間も時間だし豪気に「鎌倉で泊まるか?」ということになりホテルに電話をして宿泊。

娘さんの好きな美味しい海の幸のお料理を食べて、ホテルで後で食べるデザートを買っていたら、珍しく寺院に興味のない皇帝が「鶴岡八幡宮へ行って初詣をしよう」と。珍しい。




そして、またもや珍しく「御神籤を引こう」と皇帝。パパはとある理由で占いなどを信じないことにしたので「俺は要らない」と、くじ運のない自分自身に神のアドヴァイスがあったのか回避

縁起の悪いものはとことん回避する保守的な思考になったのは娘さんが生まれて以来。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加





自分自身でもこの回避術の精度は恐ろしいなと畏怖。うろたえる皇帝(ちなみに娘さんは「末吉」)

ちなみにこれらの籤を引いた場合、返納箱に入れれば回避できると張り紙があるが見つからない。同じように返納箱を探すアベックがほかに2組。なに、この一晩で三組も引く統計率(汗)なんでも上にあるというので再び会談を登る。

というか、自分自身への火の粉を伴侶である妻に押し付ける恐ろしい回避術。もう笑うしかありません。















2013年01月13日(日)



 反論覚悟 親の介護って義務なんですかね?

実は昨年の後半は転職したばかりで仕事も忙しく娘さんにあまり構ってやれない時間が多かったので何気に反省をし娘さんとの時間を精一杯多くしている。

とある家族を見た。父親は土方の格好をし母親は髪の毛が錆びていた。いわゆるガラの悪い夫婦だが一緒にいた子供二人は元気いっぱいで笑顔で騒いでいた。とても良い家族に見えた。そして上から目線で見てしまった自分に気づいた。

職業に貴賤は無いが人間に貴賤はある(事実)しかし、心に貴賤はない

とは、俺が思いついた言葉だが過去日記にも書いているがホリエモンの「金で買えないものはない」という有名な言葉の後に実際に続く「金で買えないものはない。買えないものがあるならそれは差別になるからだ」という言葉どうり、どうしようもなく育ち、血筋などそれぞれの人間の出自に貴賤はある。しかし、その素養をどうこうするのは心次第であると常々思っている。

いくら暮らしを豊かにしたって家族の関係や絆が貧しければ意味はない。非常に生きるのが難しい世の中になっていることに改めて気づく。


娘さんとの時間を多くして互いに笑顔の時間を増やしたい(今年の抱負)


パパは老後、一人娘である娘さんの厄介にならないように身体を鍛えている。しかし、どうしても動けない場合、娘さんの厄介になるくらいなら何処か海外で特別養護老人ホームに入ろうと真面目に考えている。これはどういう状態になっても曲げない人生のベクトルである。

子供の人生の足枷になる親など親ではないと常々、自分の親を見た反面教師でそう思い続けている。

さて、私の実母は子供のころから「あたしは子供の世話や厄介になる前に自殺する」と最近まで言っておきながら結局は有言実行を果たせないダメ人間である。

残酷に聞こえるでしょうが俺は平気で母親に「早く死んでくれない?お願いだから俺の人生の邪魔しないで」と言っている。まあ、我が実家の特殊な個人関係上、言える言葉ではあるんだが(他の家だったら大問題だろうな(笑))

世の中にはそれでも親に対する愛情のため献身的に自分の人生を削っている人がいる。俺は気の毒でしょうがない。心の底から思ってるのならいい。中には洗脳に近い状態の人もいる。

TVで母子家庭で重病になった母親と献身的に働いている長女が出てて母親がのうのうとテレビの前で「●●●ちゃんがいてくれないと家はダメになっちゃうから、これからずっと頑張ってね。よろしく頼むね」と言う母親に複雑な表情をした長女の女性の姿を見たときにぞっとした。この母親は少なくとも明るく輝く自分の子供、女性の人生を貪り尽くそうとしているのだ。完全に意図的に。

同じように中年の独身男性が親の介護を強いられたため結婚ができないという状況を見て「この親は何を考えているんだ?」とぞっとした。完全に意図的に。

斯様な異常な親が多いことに気づく。自分の身内の子供の人生をぶち壊し貪り食うアノ世代の日本人。はっきり言って尼崎の角田被疑者と大差はない。

私にとって、彼ら彼女らの親はまるでゴヤの絵の「わが子を喰うサトゥルヌス」に完全に一致して見えた


親の介護は義務ですか?

いいえ。義務ではありません。

介護する、しないは子供の自由選択です。
決して義務ではありません。

愛してくれた親なら愛を返すように子供は介護するでしょう。

その逆も然り。

それで困る親は因果応報、自業自得なのです。

子供は一切悪くありません。

親に対してはっきりと言いましょう。

馬鹿は言わなきゃわかりませんし、理解しようとしませんが、
こちらの意志をはっきりと伝えるのが最も大事です(今の日本政府の外交状況と同じ)



以上。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加























2013年01月12日(土)



 破格の報酬が許される

娘さんがまたもや試験を突破したというのでお土産を奮発することにした。

ROYCE’(ロイズ)のチョコレートを大人買い。聞けばロイズのチョコの子供向けレーベルの店舗は千歳空港内にしかないため、道内の人も空港に買いにいくとのこと。

っつか、千歳空港パワーアップしてて驚いたぜ。







娘さんも大好きなチョコレートで大喜びです。

まあ、ほとんど親が食ってるんですが(笑)






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加























2013年01月11日(金)



 北海道とあてくしのカンケイ




北海道とあてくしの関係は今までの人生でも色々ある。まず、実父の出身が北海道。高校の修学旅行んときに京都でナンパして引っかかったのが北海道の修学旅行生(爆笑)その後、皆さんなら周知ですが北海道ではいろいろなお付き合いがありまして一時期はプチ道民だったときもありんす。




首都圏でスキーをしようと思ったら新潟、東北に行くより北海道に飛行機に乗ってパックでスキーに行ったほうが安いので毎年のように行ってたんですがね(雪質は流石に新潟、東北に慣れているので申し訳ないが新潟、東北の雪質があてくしには超合うのですが)娘さんもスキーができる年齢になったと思うので今度、スキー場に連れていってみたいと思います。

実はあてくし、魚介系のラーメンはどうも苦手だったんですが会社の元道民の方に「一幻のえびそば」を勧められたので早速食す。いちおう失敗しないために「とんこつ」との合わせに。



これやばい!
魚介系ダメな俺がお代わりを考えたほどヤバイ!
つまり、美味い!!


☆絶品、塩ラーメン
2011年03月29日(火) Treatment
☆博多ラーメン
2012年08月16日(木) 罪悪の街  ー蠅蠅紊γ

北海道は本当に最高のロケイションであることを実感(いろいろな意味で)






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加























2013年01月10日(木)



 北の国から ’13 出張 (楽屋ネタfor昔からの読者(汗))

Dadが北海道に来たんですよ?

分かりますよね!?(謎)

事前情報
 [稠にない大雪。正月から吹雪続き。
◆〆Gの雪はやばい。車で来るな。

とはいっても、北海道の電車とかって異常に暑いので車で移動。ひさびさの完全豪雪道路を走れるかと思いきや・・・・




道央道を北上。雪ねえなあ、楽だなあと思ってたが・・・幹線道路は問題ないが他の脇道は、まーやばい状況でしたよん。




けど、やはり雪は心が落ち着くというかキンと冷えた寒さも寧ろ心地よくコートなしのスーツ姿で移動をしておりました。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加























2013年01月09日(水)



 おデートでありんす




ふっ。

最近、あまり遊んであげてないから久しぶりに二人きりでドライブ&おデートだぜ(なんかスギちゃん風)

っつか、俺も昨年は転職以来、毎日忙しくて悪い悪いと思ってたから何とか疲れた身体に鞭打って、

頑張ったぜぇ(もはや、どう書いてもスギちゃん風)






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加














娘さんは自転車は持ってるけど流石にゴーカートみたいな自転車は持ってないのでココがお気に入り。車でわざわざ行って駐車代払って自転車に乗る。うーん(汗)














↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加
















2013年01月06日(日)



 接待でありんす




義弟家族と動物園へ行く。義弟親子は大の電車好きなので正に休む暇なし。車のほうが楽な距離なんですけど・・・正直、パパは電車酔いがひどく、勤務先は職住近接が基本で仕事を選ぶくらいの人間なんですが・・・

けどまあ、初めて行ったところなので新鮮でした。娘さんも大喜びで何よりですが甥っ子は、まーやんちゃさんでだーって走りまくるので追いかけるのに困っています。

思えば娘さんはそういう何処かへ走って迷子になるなんてことは無かったなあ。けど、デパートや屋内だとかくれんぼでだーっといなくなることはあっても必ず視界内という娘さんルールがあったので、そこまで疲れはしませんでしたが。

そう思うと、つくづく思うのは幼少のころから落ち着いた(?)聡明な娘さんで本当に良かったと娘さんに感謝する次第でありんす。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加

















2013年01月05日(土)



 あちきは苦しいんでありんす

マジで年賀状も書けなかったほど多忙。もうしょうがないので来た順に書いてる始末なんですが返信ままならぬ状態の方も居て・・・会社の皆には手渡しで渡しておいて良かったぼん、という状態でありんす。

んで、あちきは三日の通勤の日に驚いたでありんす(正月に何故か「JIN」のドラマ再放送やってたよな?)品川駅に着いたら人混みラッシュ。おいおい。なんだこりゃ?帰省?二日はそうでもなかったのに何?と思ったら、駅伝だったでありんす。

んで四日は朝八時から米国と電話会議。なんか前の会社の仕事とあまり変わってないが・・・外資はやっぱこうなのか(汗)日本国内在住の日本人で海外のことがわからない人でも誰でもバカでも知ってる●●●●の方と誰でもバカでも知ってる●●●のHQ●●●●●の方との何回かの電話会議。いや、レベル高すぎてパパ、ついていけないでありんす。

年初早々、疲れましたが仕事にまい進しなきゃいけんのでありんす。


けど、娘さんが仕事に行くパパに「行っちゃだめー」と言ってくれます。けれども、娘さんに諭します。

パパ「パパのお仕事が上手くいかないとご飯食べれなくなるし、洋服も買えなくなっちゃうよ?」
娘さん「靴下も?靴下は買ってほしいなあ」

だもんで、もうちょっと待ってくれでありんす(謎)






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



ちなみに知られていることとは思うが「あちきは」「ありんす」というのは女郎の生まれた故郷を秘密にするための吉原独自の言葉遣いである。また、イくときに「死にんす、死にんす」と表現するのもココで日本独特の情死文学の源泉という説もある。
↑また下ネタかよ!!(汗(















2013年01月04日(金)



 文武両道、文理両道



↑勤務初日は毎年恒例の紅白(ピンク)のワイシャツで。


娘さんが幼稚園に入るとき、両親が子供に求める記載欄に「文武両道」と書きましたが今のトレンドは「文理両道」のようです。

娘さんが生まれた当初の年から「娘さんの時代には何が求められるのか?」を考えて自分なりにようやく見つけました。

現在の必須スキルは、
 .僖愁灰鵐好ル、
◆ ̄儻賣
パパは上記に加えて専門的な職業知識と読んでいたんですが・・・






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加


確かに今まで働いていて、それは実感しております。こういうこと、子供んときにだれか教えてくれりゃーねー(涙)






んでだ、
実質31日、元日以外、完全に出勤日と化してした弊社ですが仕方ないでしょう。プライベートと家族サービスを犠牲にしてしまうが三月より反映される2013年新年棒には流石の皇帝も今までとは違う威圧感でスターリンの命令のように働けと(涙)

まあ、作らなければいけない書類もあるし色々と大変です。

まあ、それくらい働かないと(号泣)













2013年01月03日(木)



 川越シェフのおせち



↑なんでもやりたいものをやらせればよい、ということで先月より娘さんはスケートを習っております。フィギュアスケーター目指すとのことで頑張ってほしい。

毎年恒例の大晦日から元日までは皇帝の実家に泊まるのが習慣になっているので来年はそれができなくなってしまう可能性がありますので慣習を曲げなければいけないような気もしております。

今年のおせちは俺が大嫌いな(なんかキャラクターがムカつく、という実もない第一印象悪派)川越シェフのおせちだそうです。




全部カタカナの洋風おせちだけど見た目、和風になっていて感心した。しかし、おせちにアールグレイのショコラケーキが入ってるという違和感があったが、食ってみるとこれが意外と一番美味かった。まあ、よくホテルのオードブルなんかで出てくる俺にとっては得体のしれない食い物が「テリーヌ」というのを初めて知って勉強になった(爆笑)

娘さんのお年玉が十万円を軽く越しているということで完全にパパより金持ちです(号泣)絶対に親が手をつけるな!!という命令を皇帝にしているので、どんどんばんばん増えていくでしょうがパパの手持ちの金は娘さんに追いつけないでしょう(号泣)それでも娘さんにお小遣いをあげなけりゃいけない状況に「富める者が貧しい者より搾取する」という資本主義の現実を突き付けられたような状況にパパはただただ心で泣く(爆笑)

ああ。お年玉、欲しいなあ。ぽち袋に入ったお年玉が欲しいわ。サラリーマンになって銀行振り込みになってバイトんときみたいな封筒に入ったお金ってのを経験してないなあ、長年。





↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



↑正月早々下ネタかよ!!



















2013年01月02日(水)



 あけましておめでとうございます




2日から仕事です(爆笑)

けれども、今年はいろいろ忙しいので頑張ります。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



この場所で書き連ねてゆくことができるかどうかわかりませんが難しい場合はアメブロとかのブログにうつりたいと思います(なんでだ)





















2013年01月01日(火)
初日 最新 目次 MAIL


My追加

爽快ドラッグ

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

1,298円1,248円

(2011/09/13 02:08 時点の価格)

クリスタルガイザー(Crystal Geyser)の一覧はこちら

DMM.com DVD通販