Allyssa
Dad
人気ブログランキングへ



 ☆友達だけど抱きたくなるときがあるから、そのときは拒んで、■娘さんと台風デート

「このドラマ知ってる?」
「セックス・アンド・ザ・シティ?
興味はあったんだけど、まだ観てない」

 DVDを持ちながらしゃがみこむ彼女の
問い掛けに俺はそう答えた。長い髪の毛で
見え隠れする彼女の表情を上から見つめていた。
靴の妖精かと思うほどのブーツのヴァリエイション
を持つ彼女の爪先から頭までのラインに少し目を
奪われていた。

「こういうドラマものってシーズン分の本数
借りなきゃいけないから金かかるよね」

 俺がそう言うと彼女は手の中でジャケットの中の
サラ・ジェシカ・パーカーを躍らせながら、

「じゃあ、一週間レンタルで初めは私が
観終わったら26に渡して返却ってのはどう?」

 彼女の名案に俺は笑いながらConfirmした。
ビデオ・レンタル店を出ると西口の喧騒のなか、
彼女をタクシーに乗せた。ドアが閉じる直前、
彼女は言った

「私も新しい世界に飛び込んでみようかな」

 突然のその台詞は一時間前に喫茶店で
話をした話題の続きだった。それは複雑な恋に
揺れている彼女の一時の気の迷い、惑乱かも
知れなかった。

 タクシーを見送って俺は家まで歩いた。
近道である地下商店街を通りながら先ほどの
彼女の台詞のときの表情を思い浮かべていた。
照れ笑いの表情のなかで目が迷っていたことは
容易に見てとれた。



--------------------




 数ヵ月後、一週間に何回かの習慣になった
XX回目かの晩餐。あのときの表情を思い浮かべた
地下道のライトに揺らいだ光が彼女の肢体のラインを
泳がせる。彼女の双丘の膨らみ。そして、パルファム
のボトルの様なウェストの双曲線。エッジが無いのに
触れたらどんな男も傷つけてしまう。俺は傷ついても
いいと諦めにも似た感情に支配され彼女を抱きしめていた。

「ちょっと・・・だめ・・・だめです」

 俺は彼女が欲しかった。俺は彼女の肩に顔を埋めた。
愛おしさが膨れ上がって俺は抱きしめるというより
束縛するように彼女の肩に顔を埋めた。そうするしか
なかった。他に選択肢は無かった。

 彼女の耳元で、

「友達だけど抱きたくなるときが
あるからそん時は拒んで。」

 と、懇願した。彼女はその言葉に、

「分かった。」

 この瞬間、俺の心に彼女の長い黒髪が絡みついた。
だが、彼女を得ることが出来なかった。たった数秒の
抱擁。彼女の肢体のラインに触れた一瞬のハッピーエンド
でも構わなかった。



彼女には婚約者がいたからだ



「ごめんなさい」

 俺はそう言いながら彼女から身を離した。彼女は
呆然とした表情で俺を見ていた。ジェリコの壁を崩す
喇叭さえも、カシウス・ロンギヌスの槍さえも砕く
ことが出来ない関係の中で彼女とのそれまでの時間が
心の中でゆっくりと再生されていった。



--------------------------------


 彼女とは同じ部署で何ヶ月か一緒に
働いていたが、プライベートの会話は
ほとんど無かった。


 婚約者と同棲中という女性に興味は
無かったことと、その頃は幾つかの
恋愛が終わり四ヶ月ほどの休息時間を
得ていた頃だったからだ。
また、少し女性不信になりかけていた
時期だった。

 仕事も出来、気を強い彼女と当時の
上司と些細な喧嘩が起きた。当時の
社長の特命で板ばさみの俺が互いの
仲裁と説得と仲直りをすることになった。
任務を完遂して二人を仲直りさせたこと
で社長、上司、彼女、俺で食事会を
催すことになった。社長曰く「中間管理
職に必要なスキルなんだよ」と。



 時に一月十三日。食事会の後、二人で
某店にスイーツを食べに行き、初めて
プライベートな話をした。彼女の違う
側面を見た。婚約者との話を聞いたが、
やはり男女二人というものは色々ある
ようだ。その頃の俺はツゥアラトゥストラ
のように二元論者だった。無駄な恋愛を
している女性には「そりゃムリなんじゃね?」
とハッキリ言うことにしていた。
うだうだやっている女性は見ていて気の毒なので
健康的にそうすることにしていた。

 昔、ビルの地下の商社の経理の女友達
J子と花の名前でメールのやりとりをして
花言葉で意味を伝えることにハマっていた(笑)
例えば二人でTDRに行くときは「マダガスカル
ジャスミン」花言葉は「二人で東の方へ旅をしよう」
ディナー、ランチお誘いお断りは「アザミ」
花言葉は「触らないで」(爆笑)

 一月十三日の花は「キンセンカ」皮肉にも
花言葉は「恋に落ちたプレイボーイ」(笑)
彼女をタクシーに押し込んで見送った後、
「キンセンカ」のもうひとつの花言葉が自然に
浮かんだ「報われぬ恋」、彼女の乗り際の
台詞がシンクロニシティしたような感じだった。


 家の方向が同じだったのでそれから何回か
ディナーを一緒にするようになっていた。
(この頃は定時で帰れてたんだなあ(涙))
一見、派手に見えるが、実は身持ちも堅く
聡明な女性だということも知った。


 二月八日。彼女からピエール・マルコリーニの
早めのバレンタインチョコを貰った。勿論、本命
チョコでは無いが素直に嬉しかった。楽しい食事
になった。けど、いつもディナーは彼氏の「帰る」
メール、コールで終焉を迎える。この日は早めの
時間に帰らなければならなくなった。俺は少し
不機嫌な気持ちが生まれていた。彼女も気遣っている
表情を浮かべたので俺はいつものポーカーフィスに
戻って彼女の後姿を見送った。二月八日の花は
「パンジー」花言葉は「勇気をください」・・・


 この頃にはお互いに砕けた会話も出来るように
なり、俺も「人生で三人だけ」という話を既に
していた。彼女もそういう人がいるの?と驚いていた。



 三月九日。意図的かどうかは今では忘れたが
少し離れた区の店でディナーを食べた。そのときに
自分の趣味関係の話題になったので彼女はそれを
知りたがっていた。けど、俺はあまり、この件は
秘密にしておきたかったので言わなかった。
それでも彼女が聞くので一つ条件を出した。

 教える代わりに、「駅まで腕を組んで歩きたい」と。


 彼女は少し悩んで間を置いて、頷いた。


 三月九日の花は「アセビ」花言葉は「身も心も
あなたと一緒」「二人で旅に出よう」

 俺達は短い時間の間だけ、腕を組んで
歩いた。とても短い時間だったけど、
最初でもなく最後でもなく最高の繋がった
二人の時間だった。


 別れ際、彼女を抱きしめた。


「友達だけど抱きたくなるときが
あるからそん時は拒んで。」

 と、懇願した。彼女はその言葉に、

「分かった。」


 意外な返事に少し戸惑いながら彼女の
スーツの後姿をずっと見ていた。




 二週間が過ぎた三月二十六日、彼女と
ダーツバーでダーツを楽しんでいた。その頃、
会社連中の間でダーツが何故か流行っていた。
そこで賭けをした。彼女が勝ったらTDRに
連れて行くことを。






↑(押すと文章の続きが見られます)
My追加


 三月二十六日の花は「ケマンソウ」
花言葉は「あなたに従う」


人気ブログランキングへ


---------------------------------------------------




『娘さんと台風デート』


サマースクール節約の関係でパパ休暇です。一応、定期健診ということで。携帯電話を完全に切りました。もう、パパの仕事に対する考え方は変わりました。

昨日、BDDVDプレイヤー購入のため、実質的にケーブルテレビが要らなくなったので月末解約が出来るというので、機械を娘さんと返しに行きました。郵送だと4500円もかかるというので、持ち込みで。しかし、台風の豪雨。結局行き帰りタクシーだったので超意味無かったかな。けど、解約も八月末になるので、そこんとこも節約されます。

娘さんとお買い物して家に帰り、のんのん呑気に遊びました。携帯電話を切ってるとはいえ、同僚にはどうしようもない案件はメールでと言ってるので時々、メールチェック。やはりトラブルの連続のようなので、それなりに対応。

奥さんが夕食の買い物をして帰って来ました。炊飯の用意はしていたので食事をして今日は娘さん、昼寝無しで頑張りました。明日から娘さんも幼稚園というおつとめです。お互い頑張ろうね。

人気ブログランキングへ

2009年08月31日(月)



 浮気の境界線/ダッチワイフは浮気ですか?■地デジ対応ブルーレイDVDプレーヤー購入

或る女性は、
「キスしたら浮気。」と言う。
つまり、手を握るとか触るとかはいいけど、
「唇は最後の砦」(←名言だね、コレ)と
ソルティードッグの縁の塩を細い指で撫でながら
遠い瞳で呟いた。



或る女性は、
「手を繋いだら浮気。」と言う。
他の女が触った身体なんか触りたくもない、
と罵詈雑言混じりに呟いていた。
ボトルキープの「それから」が目の前で涙の数だけ
減っていった(当事者、俺じゃないお)



或る女性は、
「2人きりで酒を呑みに行ったら浮気。」と言う。
やはり、有事の際を怪訝しての一言。
遠い目をしながらスプモーニに唇のルージュが残った。
唇の皺が向こう側を透かし艶やかな色を零していた。



マリリン・マンソンは、
「相手の名前を知らなければ浮気ではない」
と言う。勿論、俺はマリリン・マンソンに
会ったことはない。



或る女性は、
「風俗は浮気じゃない。」と言う。
心が入ってなければOKだそうだ。
「自分の金で勝手にヤってくんだから楽でいいわ。」
たんたんぱくぱくの女性らしい果敢な台詞があとに続く。
強がりなのか分からなくなるほどカシスで割ったソーダの
泡が幾つも生まれ刹那く消えていった。



で、一人めの妻は、
「女と電話とかで会話したら浮気。」
「女と2人でどっか行っても浮気。」
「女とメールしたら浮気。」
「会社の女でも2人きりで出かけたら浮気。」
と、真面目な顔で言い続けていた(汗)
で、「風俗は心が入っていようがいまいが浮気。」
とも言っていた。


で、俺はそのとき、彼女へ、




↑実話です(笑)



さすがに「右手は?」とか聞くのを躊躇った。











浮気というのは当人の意思が決めるものではなく
ルール、常識、モラル等を超越した領域で、
相手の意思で決定されそれが正しいものとなると
いうことだ。


相手というのは自分にとっての絶対の審判者にも
裁判官にもなる。


我々、男は愛情というアンティを賭けてその裁決を
受けてその罰を甘んじて受けなければいけないのだ。









ところで、俺的我侭浮気境界線度。


「俺の知らない男と2人きりで会ったら即醒める。」

「俺に言えないような男友達がいると即醒める。」

「時間的優先度が俺より高い(親兄弟、親戚除く)者が
いると即醒める。」

「俺に見せられない男とのメールは即醒める。」




この「即醒める」っていうのはイコール「好きじゃなくなる。」
ということ。

この状態になると100からゼロにクールダウン。






俺って厳しいかな(みんなより厳しいんだろうな。。。。)


------------------------------------

ところで、皆さん的にはダッチワイフって浮気ですか?



俺、使ったことも買ったことも触ったことも見たことも
ねえから分からないけど・・・・あれって人じゃないよね?


------------------------------------


『地デジ対応ブルーレイDVDプレーヤー購入』


DVDプレイヤーの修理見積もりが三万円!!しょうがないから新しいの買ったほうがいいんじゃない?ってことで、家族三人でお買い物。

世の中、不景気だってえのに買ってしまいました。二十万円近い買い物。けど、地デジチューナーもついているというので買ってしまいました。地デジは米国みたいに延期すると思うんだけどなあ。だって、テレビ局はCMの金で食ってるわけで視聴者が居なければスポンサーが居なくなるわけで、地デジの普及率次第では延期になると思う。実際、米国のオバマ大統領は米国の地デジ延期したし。

しかし、ブルーレイはドキドキでした(過去形)後日、わかるのですが、テレビ自身もハイビジョン、ブルーレイ、デジタル対応でないと何も変わらない画質ということが判ってショックを受けた。なんなんだ、その汚い抱き合わせ商売は。家電不況も本格的ですね。
夜中、派遣のI嬢からメールが来て、正規雇用形態での再就職先が決まったとのこと。この不況の時勢のなか、良かった、良かった。本当に良かった。

ゴーヤ収穫2個(累計19個)

人気ブログランキングへ


2009年08月30日(日)



 獅子丸かよっ■アマルフィ女神の報酬』を観て

この前、会社の同僚♀三人と話を
している最中にツボに嵌った話。


なんでもIさんが以前、勤めていた
会社の上司のオジサン(性格は直ぐ
怒鳴る短気らしい)の奥さんが
ひどい人らしくて帰ってきても
夕食を用意していないことが
多いらしく、ある日、食卓の上に
乗っていたのは「ちくわ」だった
と言う。


その話でそのときのIさんの同僚が
「獅子丸かよっ」とツッコミを入れた
旨の思い出話を聞いて、その「獅子丸」
がいきなり出てくるセンスがツボに
ハマって泣くほど笑った。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



----------------------------------------------------


『『アマルフィ女神の報酬』を観て』



さて、パパ、ママ、娘さんが産まれてから初めての二人きりの外出です(とはいえ、何時間という世界ですが)

一緒にパパ、ママで置いてくると娘さん、何かを察すると思い、まず、実家に娘さんとパパで自転車で何事もなかったかのように送り、自転車を置いてバスで待ち合わせ場所へ向かいました。

「96時間」で娘溺愛パパが娘誘拐により、単身、渡仏して元政府工作員という肩書きがありながらも、ほぼ一人で組織を追い詰め(笑)全編、爽快感ありまくりで突っ走るパパに拍手もので、娘さん持ちのパパとして09年のベスト作になりつつありますが、

今回も娘誘拐ものの邦画「アマルフィ女神の報酬」をママと二人で観に行きました。娘さんはパパ一人で実家に置いてきて時間差でママと待ち合わせしました。

初めての二人のお出掛けかも知れません。

で、本作は捜査権限の無い外交官の織田裕二が犯人との電話で思わず「父親だ」と答えてしまって事件に関わらざるを得なくなってしまって絶望的に無力なイタリア警察と別に独自の捜査で核心に向かってゆく織田裕二。

全編カッコいいと奥さん絶賛でしたが、パパとしては何か物足りない所もありました。ただ、織田裕二が何故にそう捜査能力があるのか、色々とラストで明かされる点や、「邦人を守るのが外交官の務めですから」という言葉全てが織田裕二の全ての行動の原理であるとこの描写がなかなか良かった。

「96時間」と比べても仕方のないことなのだが、邦画としては頑張った作品だと思います。ただ、両者、国外で子供を一人でトイレに行かせる日本人の危機管理の無さ、かたや17歳で先進国に行くとはいえ、慎重な危機管理を持つ米国人という対照的な文化の違いを見て感心した。

しかし、織田裕二、警察官、県庁職員外交官と、国家公務員やらせたらハマリ役なんだなあ、と思った。

個人的に織田裕二は演技の幅も広いし、(ドラマ「お金がない!」「振り向けば奴がいる」は神ドラマだと思う)何でもやれて、ネームブランドで観客を俳優も日本には稀有だと思います。


まあ、今回の邦画はタダ券だったので良かったです(笑)






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加


↑なんか全然気付かずに話が進んで、どうなってたんだろう・・・



ゴーヤ収穫4個(累計17個)
ミニトマト収穫3個(累計87個)
ゴーヤを食うのがママだけなので追いつかないので人にあげてるらしい。


人気ブログランキングへ



2009年08月29日(土)



 「娘を助けるためならエッフェル塔もぶっ壊してやる」(同意!)『96時間』を観て




『「娘を助けるためならエッフェル塔もぶっ壊してやる」(同意!)『96時間』を観て』

なんでも奥さんと娘さんが友人とディズニーランドに行くという朝のラッシュ時、娘さんを心配したがグリーン車に乗ったとのこと(安心)

仕事で色々と「弁明」の連続で疲れた。というか、ジャパンはシンガポールのサービスを要らないという。で、俺をジャパンに戻すなんて言ってるが、ここまでされて俺に戻る気はさらさらない。そんときは会社都合で辞める(笑)そう簡単に罠に嵌るかってんだ。

夕刻の奥さんと娘さんの帰り、なんだかんだ言ってTDRは疲れるからタクシーで帰りな、と指示。

ふと、ネットで「96時間」のあらすじを見たら、とても見たくなり、レイトショーで観に行くことにした。

友人と二人でパリ旅行に行った娘が人身売買組織に誘拐され、パパが単身、フランスに助けに行く!タイムリミットは96時間!

もしも、娘さんが危機的状況になったら!?俺は常日頃、そんなことを考えて心配しているので後学と参考のためにママに内緒で観に行った。

当りでした。

2009年ベスト1かも。マジで。

93分間の中にこれほどまでに濃厚な内容を詰めながらサスペンスなのに100%の爽快感を与える近年稀に見る傑作でした。子持ちのパパは絶対に観るべき!




主役のリーアム・ニーソンは俳優やる前に北アイルランドのアマチュアボクサーのチャンピオンだったかでアクションの素養があるのですが、それ以前に演技が上手いので名作出演が多く、今回のキャスティングは一般的には「おや?」と思われるかも知れないが、とにかく演技のメリハリが凄かったです。

冒頭でのしょぼいパパの寂しく悲しい表情。娘が海外旅行に行くとお願いしたら「パパも行く」なんて、まるで俺のような性格の心配性のパパ。警護のアルバイト辺りから雰囲気の流れが変わってきて娘誘拐から完全にトーンが違うものに流れるシーケンスはとにかく見事だった(まるで「フェイス・オフ」のトラボルタの善悪使い分けた演技のように)

とにかく、「カジノ・ロワイヤル」のダニエル・クレイグのように、殴る、蹴る、折る、殺すの連続で組織を追いつめるパパ。

観てて「こいつ、ムカつくなあ」と思う悪役は数秒、数分後に主役にぶっ殺される
清清しい勧善懲悪ぶり(まるでパム・グリア全盛期の「フォクシー・ブラウン」の
キング・ジョージのようだ(笑)「♪彼はキング・ジョージ、ワーオ!男の中の男!」とキング・ジョージのテーマ曲と共に現れておきながらすぐ死ぬ(爆笑)曲まで作られてるのにすぐ死ぬ(笑))

とにかく娘のためなら何でもしてやるという親心を清清しいほどに具現化している希な作品である。

後半、敵に捕まってしまうときに若干、漫画的な状況が発生するが、それすら爽快感(笑)

で、思わず泣いたもの。最後は。本当に泣いた。「長い散歩」以来、泣きました。

とにかく伏線の回収が素晴らしい。「グッドラック」の下りで一部屋の中で敵五人の中で「え、ミルズ、この状況で喧嘩売るの!?」と、こちらも息を呑む緊迫した
場面の敵の表情(笑)そして、転がった死体に紛れて増援の敵を殲滅する冷静さ。特に娘誘拐時の対応の冷静さは見習うべきものがあった。

台詞のセンスも非常に良く、

「これはビジネスだ。個人的な恨みはない」
「俺には個人的な恨みがある」
銃殺。

まるで「ダイ・ハード」の故アレクサンダー・ゴドノフの
「お互いよく戦ったがこちらには私怨がある」
みたいで何かぞくぞくした。


「お前は捕まる(娘に向かって)」

「お前を命がけで守る(娘に向かって)」

「二日前に話したな?覚えてるか?
(敵に向かって)」

あと、敵のオキマリの決め台詞を言わせる前に即、銃殺、敵がドア開けたら即、銃殺。敵が角を曲がったら即、銃殺と今までにない新鮮な観たことのない感覚を覚えました。


何気にファムケ・ヤンセン、ホーリー・バランスと俺好みの配役でよかった(っつか、ホーリー出るとは知らなかった)ザンダー・バークレーも出てたし、あのリーランド・オーサーも!!個人的には何気に神キャスティングだったっス。

製作・脚本リュック・ベッソンものでは久しぶりの快挙作品ではないだろうか?米国で9週連続でTOP10入りを記録し、ロングランをおさめ、制作費の五倍を回収しながらDVDセールス一位と大ヒットしている。これはサスペンス映画なのに、全編爽快感が突っ走り、且つ、親子愛の深さを残す稀有な作品だったからだと思います(トランスフォーマー・リベンジは心の中に何も残らんかったしな)

続編制作も決定したようなので今から楽しみです。誘拐された娘を助ける「コマンドー」と何が違うかというと、やはりリーアム・ニーソンの演技の上手さですね。娘の前での慈愛に満ちた優しい表情と敵と戦っているときの迫力と威圧感(身長195だってよ)の使い分け!!凄いです!




なんかパパ個人的にはDVD買いそうな勢いの傑作でした。とにかく主人公の全て
の行動が「同意」の一言。俺もそんな状況になったら敵ぶっ殺すもの。(けど、友人の刑事の奥さんがあまりにも気の毒)






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



最近、F22の造形美、もの作りの凄さを見て悟り、「96時間」を観て娘さんを守りきるという色々な禅問答を与えた何気に濃い一週間だったなあ。


人気ブログランキングへ


2009年08月28日(金)



 路上で●●ポを欲しがる女■インタビュー・ウィズ・おっさん

 夜の繁華街。少し裏道に行けば
「休憩」と「宿泊」の看板が立ち並ぶ
明と暗の二つの通り。その境界線で
行き交う人の数が少なくなっている、
夜の世界の隙間の一角で、

「●●ポ出して」

 と、彼女の艶やかな唇が開いた。

「え。ここで?」

「うん」

 彼女は少しだけ罪悪感を目に
浮かべながら頷いた。


 俺は言われるがままに●●ポを
出した。彼女がそれに触れた後の
行動に俺は改めて問いた。


「ここで入れるの?」

「・・・うん」




 彼女は慣れた手つきで・・・
入れ始めた。

 そのとき、二、三人のサラリーマン
が歩いてきた。並んだ自動販売機の
近くにいたせいか、こちらに気付かず、
そのまま通り過ぎていった。




「出てきた?」

「・・・うん、出た」

 身体をくの字に曲げた彼女が更に、
身体を低くして手を延ばしていた。







↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



「吸っていい?」

 俺は断ることが出来なかった。

「いいよ」

 彼女はそれに唇を近づけ咥えた。



































---------------------------------------

『インタビュー・ウィズ・おっさん』


先日からシンガポールからの依頼でジャパンへ派遣社員が派遣された。ちなみに派遣元は去年の監査のときも来た、ほぼ全員プロ集団というところから来た人。ディヴィジョンとフロアーが違うので、あまり話す機会がなかったのですが、喫煙室で話すことに。そしたら、意外と気さくな人だということがわかりビックリしました。何か奥の深い不思議な人です。年齢聞いたら五十代だっていうし。監査報告上、(この人は在庫、資産関係で来てるので二ヶ月短期派遣だが、収拾つかない場合は延期とのこと)俺にインタビューしたいとのこと。五時過ぎにということにしたが、忙しくて延期に。

ま、俺もおっさんなんだけどさ(爆笑)

人気ブログランキングへ

2009年08月27日(木)



 「触ってもいいの?」「・・・いいよ」&五年前の会話■ゾンビ友人と先々代社長

 7月2日の同僚の子とのランチの馬鹿話。
某有名フリーペーパーの発信地でもある
お店の中で俺は愚痴った。


「もー会社辞めたいなー」

「あたしも辞めたいよー。けど、いま再就職
厳しいしさー」

「そっかあ?けど、そのとおりかもなあ」

「最近さー、駅でさー、キャバクラとか
クラブとかのスカウトの勧誘がすごくてさー。」

「あー。分かる分かる。色気出てきたもん」

「考えたらさー、そういう仕事のほう向いてる
のかも知れないかなーって思ってさ。楽しく、
手っ取り早く稼げるしさ」


 彼女も一人っ娘。一人娘を持つ俺の中で生まれる
勝手な親心。


「いや、いかん。そういう業界行っちゃいかん。」

「じゃあさ、会社のみんなで毎日指名してよ。
そしたら変な客の相手とかしなくていいじゃん?」

「俺達がかよ!?」

「そうそう。そしたら危なくないじゃん?」

「ちょっと待て。」


 俺は間を置いて「父親の親心」から「男の下心」に
変わった。AB型特有のデュアルシンキングである。


「ん?」

「そしたらさー、Aのこと触っていいの?」


 ここから風俗童貞の俺にAのレクチャーが始まる。
クラブは接触はダメとのこと。話すだけとのこと。
キャバクラでも接触がダメなとことかも聞いた。
すごくタメになった(まる)


「なーんだ、じゃあ、メリットないじゃん。そんじゃ
行かないよお」

「なんでなんで?(爆笑)分かった・・・触ってもいい!」

「え、本当に触ってもいいの?」

「・・・いいよ」

「じゃあさ、そういう店で働くんじゃなくて、俺と
サシ呑みんとき、金払うから触らせてよ。」

「いくら?」

「二千円。」

「千円単位かよ!(爆笑)」



---------------------------------------------------

この子とは2004年03月27日(土)に
こんな会話を交わしている。
よく読むと話しているレベルはあんまり
変わってない(爆笑)





「じゃあさ、こっち向いて。」

「やーだー!(照)」


彼氏と別れた直後の彼女の顔は
それまでの愛らしさと可愛さのほかに
凛とした大人の女のエッセンスを
残り香と共に漂わせていた。









「ってなわけでさ、姐御、先輩超復帰。」

「なにそれ?19ってどーなったの?」

「見事に振られた。」

「きゃははははははは(爆笑)」

「でさ、次のは32(爆笑)」

「さんにー?(爆笑)」

「TDL行くんだって。」

「マジ?マジ?さんにーだからどうでもいいんだけど、
なんかムカつくー。」

「ボコる?」

「ボコる(笑)」

「ってかさ、俺もさん●●なんだけど(涙)」

「あはははははははは(笑)」

「ところでさ、姐御、どんなのタイプ?」

「あたし、面食いだよ。」

「あ。俺も面食い。ブス喰うとロクなことないからね。」

「あんた、何様なんだ!」

「いや、マジマジ。」

「ところでさ、あたし何系?」

「猫系?芸能人で言うと?」

「よっすぃー。」

「よっすぃー?」

「吉澤ひとみ。」

「あーそれそれ。言われたことある!」

「他に誰かな・・・・・じゃあさ、こっち向いて。」

「やーだー!(照)」




「しかし、先輩ムカつくね。」

「惚れやすいよね。」

「それって好きってことじゃないよね?」

「そそ。俺もそう思う。」

「ボコる。」

「ボコるのか。」



あー。楽しい仕事だった(笑)


2004年03月27日(土)


----------------------------------







↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



------------------------------------------

『ゾンビ友人と先々代社長』


午前の仕事中、突然、例のゾンビ友人(元同僚)からゾンビ映画最新作の情報が。調べてみるとセガール主演の映画。何やら、以前、銀座でパパが爆睡した「デイ・オブ・ザ・デッド」の劣化リメイクのような地雷臭が・・・これはパスだな。という意見で。それで、ついでにこのゾンビ友人の家パソのデスクップにエロサイトのバナーが出てくるウィルスが入って除去依頼が。パパ、ヒマねーぞー。けど、それは絶対Stingerで処理できるやつだな。

午後、某センターのA嬢から先々代社長と飲むよ、元同僚のKも来るよ、とのことで誘われたが、戦争準備の書類書き中なので、行けなかった。けど、行けばよかったかなあ。参加者の目的は再就職の件なんだと思うんだけど、先々代社長も転職先で閑職に追いやられたからなあ。ちなみに、この先々代社長、弊社も含めて行くとこ、行くとこ、経営が傾いている。いま、勤めているのは大きい企業だが、あの会社潰したら本物だなあ(笑)

ミニトマト収穫3個(累計84個)
元はとれたんじゃないかなあ、これで(笑)けど、前にネットで一株で200個以上取れた(10月まで)っていうからなあ。けど、今年の夏は寒くないですかね?冷夏というか。もう秋のような天気になっている。


人気ブログランキングへ

2009年08月26日(水)



 チエ 26才 OL ■怒りのメール

「チエちゃんっていう子でさ、これが
可愛いんだ。ミクシィで知り合ったんだけどさ」

「会ったの?」

「まだ」

「写メは?」

「見せないよお!26には見せられないなあ!」

「何才?」

「26才だよ、26才、OL!(笑顔で)」

「若いねえ・・・」

「毎日、おはよう、ごくろうさん、おやすみ
なさいメールをしてるんだ。そろそろ実際に
会えないかなあ・・・」

「どれどれ、どんなメールやりとりしてるの?」

「しょうがないなあ・・・」

彼は銀蝿色をした携帯電話を慣れた手つきで
さっと開いて親指を激しく動かしたあと、
見せてくれた。

『ではぁ(絵文字)おやすみなさぁい(絵文字)』

俺の嫌いな絵文字系メールである。
互いのメールのやりとりを進めていく。
文字の羅列の行進の中で俺は一通のメールに
目を奪われた。



『やだぁ(絵文字)ひろきにそんなこと言われるとぉ
(絵文字)女冥利に尽きるわぁ(絵文字)』



「ひろき?」

「ん?」

「チエちゃんって何才だっけ?」

「26才。OL!(満面の笑顔で)」

「続きを」

俺は彼の親指を促がした。
二日ほど進んだメールで俺は激しい
眩暈に襲われた。


『ひろきってそうなんだあ(絵文字)
お里が知れるねー(絵文字)チエも
人のこと言えないけどぉ(舌を出した絵文字)』


「ちょっ・・・まっ・・・ひろき?」

俺の激しい眩暈は幻覚さえ残した。
ひろきと俺の間にあるテーブルの上で
小さい江原啓之が廻りながら踊っている
のを視界の隅で見た。

「ん?」

「この子の写真は見たのか?」

「・・・実はまだ貰ってないんだけどね」

「彼女は何才なんだ?」

「26才、OL!」


まるで壊れた腹話術の玩具のように
「26才!OL!」を繰り返す彼。

目の前の純真無垢な瞳を見て、俺は真実を
告げようか告げまいか、迷った。
まるでネウストリス派、後に景教として
過酷な信仰を貫いた伝道師のような
信じる者の目の前で言うべきか迷った。

だが、迷おうと考える前に心の中の
詩は詞となって先に口から出ていた。


「ひろき、お前、この女ババアだろ」

「え?」

「お前さあ、26才の女が「女冥利に尽きる
とか「お里が知れるね」なんて言葉
使うか、ふつー、使わねーだろー。三十代でも
使わねーぞ!」

「えー」

「えー、じゃねーよ、お前、騙されてんだよ、
こいつに」

「そんなことはないよ!チエちゃんが騙すわけが
ない!」


俺とひろきは気まずい雰囲気でその夜は別れた。
彼との連絡はあまりとっていなかった。



数ヵ月後、


ひろきから電話があった。

「26?」

「ひろき?どうした?」

「チエちゃんと会った」

俺は間髪入れずに国分太一のように聞いた。






↑(押すと文章の続きが見られます)
俺の想像を越えた意外な展開だった。
それを目にしていたというのに・・・
俺の不覚だった。

My追加



「ひろき」

「ん?」

「今度、メシでも食うか」

「うん」


------------------------------------------




『怒りのメール』


サマースクールなので娘さんを実家へ。帰りは奥さんが早く迎えにいかないと義母さんの用事があるというのでバタバタしそうです。チャリは使わないとのこと。

出勤です。毎日毎日よく出勤するなあ、と自分でも感心します。二十代に頃や奥さんと結婚する前はこんな優良会社員じゃなかったのになあ・・・




さて、最近、憩いの会社の近くに忽然と出来た庭園が朝のオアシスとなっております。出勤前にそこの岩に座ってぼーっと陽だまりや木漏れ日を見るのが朝の日課になりつつあります。また、アメンボや亀や鯉まで投入されてらしく正にオフィス街のど真ん中に現れたオウェイシスです。

午前十一時よりシンガポールとTC(テレフォン・カンファレンス:電話会議)昨日の顧客のクレームとジャパンからのクレーム。パパも説明とともにエビデンスをつけて上司にメールで状況を説明した。商流上、商法上の違反が成されていることや、売上予算達成のために締めの週に売りが拡大するセールス・ラッシュの件でシンガポールも更に問題点を出してくれとの依頼。やりますよ、パパは。戦争ですもの。

ところで、横田基地のF22がまだ帰ってないとのこと。どうしたんだろう?売り込みかなあ。マジで日本に配備されないかな。ところで、横田基地は米軍基地内でも滑走路が短く、空軍機系の飛行機の離着陸は難しいと聞いてたので、F22すげえなあ、と思ったがF22もSTOL(短距離離着陸機)なんだと。やはり最高の戦闘機だ。

ゴーヤ収穫1個(累計13個)
地味にゴーヤの赤ちゃんがたくさん出来てます。すごいね!ゴーヤの繁殖力。



人気ブログランキングへ


2009年08月25日(火)



 「面倒だからゴム付けなくてもいいよ。」と彼女は云った■でぶ戦争

面倒だから付けなくてもいいよ。」

艶のある唇から吐息とともに零れた言葉。

唇の持ち主は愛する人では、なかった。






先週某曜日。



彼女と横浜を歩いていた。


彼女とその場所へ行くのは久し振り。
去年の末からだから半年ぶりになる。
半年前、いや今年の初めに彼女自身の世界で
様々なことが起こり俺達はこの日のような
接触を控えていた。


彼女がいきなり俺のほうを向いて呟く。



「・・・・ゴム忘れた。」

「え。じゃあ、コンビニで買ってく?
売ってるかな?」

「・・・ううん・・・・いいや。」


若い女性は時々、無謀な英断をしがちである。
時折、欲求や感情が理性を邪魔をして自暴自棄に
なってしまう。


「本当に・・・・大丈夫?」

「・・・・・・うん。」

「俺が買ってきてやるよ。」

「・・・・・いいです、いいです。」


拒む彼女。

その目は迷いが生じているのが俺という男の目
から見ても明らかだった。

麻痺した大脳皮質が求める純粋なエゴイズム。
しかし、これから起こり得ることへ対する、
生命として純粋な防衛本能の正と負の葛藤。




「駄目だって。ゴム買ってくるから待ってて。」

「いいですよ。面倒だし。早く行きましょう。」


その「面倒」という言葉は俺にとって重く感じた。
若さゆえの過ちというものは時に過ちでは無く
自ら求めてしまった結果であることも少なくない。

俺もそれは分かっていた。



「本当に・・・・いいの?」

「・・・・うん。」

「いいの?」

「・・・・うん。」


ここで俺の頭の中に余計な男のプライドが
騒ぎ出し唇から露骨な台詞が飛び出す。


「本当にゴム使わないでいい?」

「うん。いいって、いいって。」

「ゴム無いとまずいんじゃない?」

「こういうこと知ってたらゴム持ってきて
たんだけどなあ・・・・・」



周りの歩行者、サラリーマンが俺達の会話を
聞いて振り向く。

場所も場所。

俺達は慌てて小走りで目的地へ向かった。


人は欲望を満たすものを目の前にすると
大事なこと、大切なことを忘れてしまう。



OK。
もう何も聞かないし、言わなくてもいい。

君がそう望むなら。











↑(押すと文章の続きが見られます)悪いことしたなあ・・・・
若い頃は常備してて「気が利く男」だったのに。


My追加











「ココかたいから・・・・好き。」

「そう?」

「太めだよね?」

「そう?」


002年06月02日(日)


------------------------------------------------


どうしても「ゴムの話」がまた読みたいという
リクエストが多かったので再録。


-------------------------------------------------






『でぶ戦争』


再び勤労です。朝、奥さんがパパにも弁当を作ってくれたのですが、忘れてましてゴミ捨て場で気付いて部屋に戻ったのですが、なんでも窓から叫んでいて怒りのメールがすれ違いに(怖)

何やら仕事の関係でジャパンのでぶ達と戦争状態になる予感。その都度、シンガポールに前情報を送ってはいましたが。あと、顧客が大騒ぎして現場と市場を知らない上層の無謀な判断のとばっちりも・・・

最近、相撲部屋が全員でぶ化してて派遣のI嬢も「私も感染・・・」と恐れています。話を聞けば、それだけ間食とか何やら午後にかなり食うらしいのです。そりゃデブるよ。マジで。マジメな話、会社内のデブの人口比率がハンパじゃなくなっている(笑)

帰りが遅くなりましたが作り置きの夕飯を食べました。

ゴーヤ収穫2個(累計12個)
ミニトマトが枯れ気味というか限界か?8株以上の育成はかなり難しいと書いてあったがその通りみたい。確かに無限に伸びで無限に取り放題ってわけにはいかないわな。けど、最初から支枝で二又状態だったのも大収穫未満の大きな原因かも。

人気ブログランキングへ

2009年08月24日(月)



 F22を見て、悟る

『F22を見て、悟る』




横田米軍基地にて毎年恒例の友好祭があり、二年前は会社の同僚と行き、昨年は忙しくて行けなかったのですが、今回は家族をだまくらかして行きました。米国在住経験のある奥さんには「基地の中はアメリカだよお」と子供だましのような台詞で福生へドライブ。途中、めちゃくちゃ混んでまして駐車をどうするか考えましたが、前回、基地周辺の裏通りの民家が自分の庭を一時的な駐車場として貸しているのを見ていたので、上手く、そこへ止めることが出来ました。

すごい人だかりの更新のなか、基地に入りました。すごく長く広い滑走路なので奥さんは嫌気を差してましたが、F22がなかなか見えない。思わずA−10のパイロットに「Where raptor?」と聞いて教えてもらって家族でそこへ向かう。娘さんはあまり飛行機に関心は無いようだ。




まさか生涯、見れることのないF22を目に出来るとは思いませんでした。キャノピーが金色なのは驚きました。なんでも風防も酸化イリジウムコートと金でステルス対策されているとのこと。すげえ。娘さんとママをF22をバックに記念撮影。超ベストショットが撮れました。

いささか右寄りのコメントかも知れませんが、人名優先、国土防衛に特化しなければいけない日本にこれほど適した戦闘機はないと思います。日本の予算で医療関係や教育関係も大事だと思いますが、現在の日本の主力は旧式のF15、F4の魔改造(笑)F22があれば鬼に金棒です。なんせ、「目視は出来るがミサイルが当たらない」「アフターバーナー無しでマッハ1.72が出せる」「アウトレンジキル特化戦闘機」ですもの。

「目視は出来ているのに(F-15の)レーダーに映らない」ことさえあるというステルス性により、1機でF-15を5機同時に相手にできる」と言われており、訓練中の模擬戦闘で「F-15を相手として100戦以上行われた模擬戦闘で無敗」「アグレッサー部隊のF-16が300回もの模擬戦闘出撃を行って一度もミサイルの射程内に捉えられなかった」「F-22のパイロット4人をF-15に乗せて1対4の模擬格闘戦を行い4機を全滅させた」等の逸話がある。(アメリカ空軍で行われた戦闘機を使った模擬格闘戦で、EA-18GやT-38に「撃墜」されたことがあり、F/A-18Fに機関砲で撃墜された可能性もある)

んで、騙し騙し(笑)家族をC−17やC−130の中に入れたりしてブラックホークはずらっと行列が並んでて乗れませんでした。毎年恒例の空挺落下でC−130が飛んできたので娘さんに「飛行機だよ、飛行機!」と言っても無関心です。ま、女の子ですから(汗)で、お腹が空いたということで、滑走路の上で座りながらハンバーガーと毒々しいゲーターレードを食べました。買ってる際に顔は不細工だが、子供のベビーカーにしゃがんでいた女性の生乳(乳首まで)が見えた。




奥さんの疲労が目に見えたので早々に帰りましたが、帰り道、F2のアクロバット飛行が見れて良かったです。しかも我々、頭上を爆音立てて飛びました。その振動で誰かの車の東南警報装置が鳴るほどの衝撃波。娘さんも泣いちゃいました。

帰りは疲労か、気だるい感覚で帰りました。
さて、今回、念願のF−22を見たわけですが、あまりの美しさに驚きました。人間が作ったものなのか?と信じられませんでした。まあ、米国の技術の最先端の凝縮された形ですから驚嘆必至です。リベットもナットもない機体に神々しさすら感じました。キャノピーが金色というのも驚きでしたし。

なにか、パパの中で「モノ作り」という感覚に揺らぎが出ました。こういう仕事も存在するのか、と思い、悟りました。マジメに悟りました。転職を。






ミリタリー関係 駄文
2006年 横田基地友好祭 A−10 ブラックホーク 画像
2006年08月20日(日) A−10
2009年 横田基地友好祭 F−22 ラプター本州初披露 画像
2009年08月23日(日) F22を見て、悟る
2013年 軍事都市紀行
2013年02月03日(日) いま米国はスーパーボウルで仕事どころではない。

2008年09月19日(金) ミリオタが綺麗事を言わせてもらうと
2009年10月09日(金) 愛は愛でも大塚愛か飯島愛/結婚する男と交際する男は違うっていうのは理解できない■趣味の功名


人気ブログランキングへ

2009年08月23日(日)



 今だから書ける某エンピツ作家さん達のこと□寿司を食いにいって、ドライブ

ぁ,箸△觸子高生

あの頃の読者層は上は48歳(笑)下は16歳と
すげえ幅のある人達が読んでいた。で、この16歳
の子。何故か仲良くなった。ちょっとメンヘラっぽ
かったかな。けど、バレンタインチョコを貰ったり
と、結構尽くしてくれた(お前、そんとき何才なんだよ!
と俺にツッコんで(涙))

けど、ちょっと情緒不安定なところがあって、
こちらから連絡をとるのをやめた。

ちなみにヤってません(爆笑)当時でも犯罪ですから。

ただ、その子がエンピツで知り合った男性作家に初めて
会ったその日にヤられて大事なものあげてしまい、
その後連絡なしということで憤慨しているのを聞いて
可哀相だなあと思った。

そして、いま娘を持つ身としてはネットをやらせない
ようにしようと画策している(親バカ)



ァ.優奪肇淵鵐冀翔任涼棒日記書きさん

もういないよな(汗)成人限定ジャンルにも、もう
いないよな。とにかく、この人からのメールがうざかった(笑)
「どんな女の子からメール来るんですか?」「読者さん
達の女の子の写真、交換しません?」「エンピツ作家さん
同士、合コンしません?」としつこい、しつこい。

で、マゾはSにもなれるわけで、
「いやー。もうegg系からマジ美人まで本当に俺の周りの
読者は美女ばっかりだよ」と煽るような返事ばかりで無視。

大体、本人の同意なしで他人の写真を交換しようなんて
ふざけた野郎だった。しかも、「僕から送りますから」
なんて送ってきた写真なんかカリメロみたいな妊婦体型の
オバハンだったし。

まあ、リアルでもこういう馬鹿野郎はいるから
しょーがねーんすけどねえ。










ところで、閑話休題。

当時、2ちゃんねるのネットwatch板でも俺は吊るし
上げられたり、話題になっていたが、そんとき、
馬鹿馬鹿しい内容の論争がスレッドで話し合われていた。

投票ボタンの件である。

つまり、「文字換え投票ボタンで得票するのは卑怯だ!」
という、いわゆる正統派得票ボタンで勝負している日記作家
さん達でしょうが、かなり論争になった。

ある日、一つのレスがこの論争に終止符を打った。

「お前らさあ、エンピツ管理人さんが基本で用意している
方法を選択しないで、文字換えは卑怯だと言っているのは、
「もし、僕があの大学だったら・・・」「僕は今頃・・・・」
みたいな負け犬特有の吼えと同じなんだよ!
「ああすれば、今頃の僕はトップランキングだ!」って
高らかに言ってて恥ずかしくないか?今のお前が現実なんだよ?
そんなんじゃ、文字換えボタンにしても、ランクは同じだと
思うけど(藁)」

その後、文字換え批判は一切なくなって論争は終止符を
打った。






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加


----------------------------------------------


『寿司を食いにいって、ドライブ』


とりあえず、家族サービスせんとあかんな、と言うこともあり、俺も出不精とはいえ、何処か行きたいなということになり、ドライブ。あてもなく予定も無く、とりあえず、娘さんがお腹空いたというので、お寿司屋さんに。娘さんはマグロが大好きです。いくらも大好きです。これは彼氏や旦那が苦労しそうです。パパはいつも通り、えんがわがあれば幸せです。

娘さんは最近、口も達者になって大人びた台詞を喋ります。こちらの言うこともちゃんと聞いていて覚えているので滅多なことは言えません。

壊れたDVDレコーダーを修理屋に持っていきました。最低でも二万円くらいかかるというので、これでは買った方がいいのかな?と思いつつ、修理見積もりを頼みました。

で、奥さん運転手でふらふらとドライブをして、ただ帰りました。

ミニトマト収穫1個(累計81個)
81個、一気にごわっと皿で盛られたのが見てみたかったなあ。



人気ブログランキングへ




2009年08月22日(土)



 今だから書ける某エンピツ作家さん達のこと、DVDレコーダー壊れた

ぶっちゃけ、ここまでエンピツ、過疎るとは思って
いなかったので・・・今だから書けるか(笑)



ceciさんのこと

2005年から放置されてるが、ランキングには
文字換えクリックボタンの得票のため、本人の
本位か不本意か知らないけど、未だに名前が
恋愛ランキングに残っているceciさん。

かなり前ですが8年くらい前かな。恐らく本人
曰く、メールの関係で写真交換した唯一の相手が
私だったらしい(身体の一部でしたが(汗))
(彼女の日記の2003年8月5日にネタにされてるが・・・・)


なんか、職業の関係でなかなかいい人が
見つからず、マジで苦労してたし、会話の内容も
シビアだった(恋愛関係がね)

ボサノバ聴けるバーにデートに誘われたのだが、
俺はボサノバ聴くと眠くなる体質なので(笑)
断った覚えがある(笑)

いま、どうしてるんだろう・・・さすがに結婚した
だろうなあ。っつか、当時の時点で「ギリギリ」を
超してたのは内緒だ(爆笑)




■毀郛遒気鵑里海

数年前、恋愛ランキングの上位に君臨していたT野嬢。
とにかく、文章の構成、書き方がとても上手く、まるで
恋愛小説のように読むことが出来て驚いた(俺は文章の
上手い人が好き)

おたよりメールを貰ったことがきっかけで交流を。
その後、素晴らしい御写真をたくさん、もーたくさん
送っていただき、心の糧となってくれた大事な人です。

忘れられないのが会う約束をしていたのですが、
俺の携帯電話の電池切れにて会えなくて、それでも
優しい、本当の大人の女の対応をしてくれて、心の
底からイイ女だと思った。

恐らく当時、他の読者で俺とT野嬢が水面下で繋がって
いたとは誰も想像だにしなかったであろう。



A躪腑薀鵐ング上位だった某彼女のこと

当時は絶対にありえない関係だと、二人で盛り上がり
日記で暴露るか、どうか迷ったけど、俺と繋がって
いたというのは彼女の地位を一気に落してしまう(爆笑)
怖れがあったので永遠の秘密とした。

ファンだったので、まさか、メールが来るとは思わず
とにかく最初は驚いたが話してみると、あまりにも
普通で、逆にソレが良く、トんでるとこも、メンヘラって
ることも無い真人間だったので驚いた、驚いた。

今はもう日記を書いておらず、別のとこで書いてるけど
相変わらずルックスと伴なった美しい文章と面白いノリで
言の葉を書き綴っている。


以上、三人のほかの人達、後日へ続く・・・・






↑(押すと文章の続きが見られます)昔から皆が知りたがっていたことだったと思いますが(2ちゃんでも妬まれて足し)

My追加


----------------------------------------------------



『DVDレコーダー壊れた』


辛苦の労働が続き、残務のなか、奥さんからの悲痛のメールが。

なんかDVDレコーダーが壊れて中身が完全に消えてしまったらしい。修理に出すか、新しいのを買うか。結構、気に入ってたんだけどね、このDVDレコーダー。

しかし、被害は大きい。娘さんに見せていた英語教材の番組などが、ごっそり消えてしまった。しかも、パパお気に入りの映画なども消えた。しかも、秘蔵の青木裕子のビデオ(現在入手困難)をダビったのも消えた。あーあ、ディスクに落としておけば良かった。

四年で壊れるかな?普通。けど、毎日毎日録画録画再生消去録画の重労働で24時間絶え間なしに稼動してたからなあ。DVDレコも消耗品の部類のようだ。

奥さんと娘さんは寝ていたのですが、焼肉弁当を買って来てくれたらしく、夜中に貪り食いました(笑)

人気ブログランキングへ

2009年08月21日(金)



 不倫のフローチャート(恐らく史上初)■戦争状態

2001年1月、長期に渡るセックスレスのため、浮気しよっかなー、どうすっかなーと悩んで書いてた日記。そこから読者さんから色々とご意見メールをもらいまして、不倫経験者(現役も含め)当時100人以上から(全て女性、独身も人妻も)様々な話を読んだり聞いたりしていた俺(正確な人数は134人)中には男なら誰でもいいというレベルなインフォマニアな女性が17人。そのうち、俺に性交渉を求めてきた女性5人(爆笑、本当)そういうワンナイトスタンドは興味ないとお断りした女性5人(本当。5人の人達、すまんね。っつか、無理系だった(毒))


リアルな現実世界でも不倫の話を聞くこと十数人(正確には14人)


合計148人という少ない数字ですが、人生統計上、この148人のうちに不倫の末、ちゃんと離婚して正式に結婚(略奪愛だが)したカップルは2人だけ。つまり1.35%しか成就していない(26統計算式だが)うち一夫婦は義母さんさえも「胡散臭い」と言うほどの相手なので、これからどうなるか分からないのだが。

しかも、二組とも女性が初婚。既婚者同士で不倫して離婚して結婚したなんて聞いたことがない。これは何故かというと俺の実体験(笑)上、離婚して独身になると他の女性へ、とマーケティングが広がるからである(笑)一方、女性のバツイチは一時期、人気があったが成就はなかなか難しい。



ずっと前の日記にも書いたが「100%割り切りの男女関係など存在しない」というのが俺の持論である。必ずどちらか、若しくは互いに恋愛感情が生まれ、割り切れなくなる。不倫というのは素数のように人を(数学的にも計算できない)惑わす厄介なものだ。


俺が言うから説得力あることはみんな、分かってると思うけど「男はヤりたいだけ」(逆に「ヤりたいだけの女」というのも居るんですが)「年上の男が女の扱いが上手いのは当たり前」です。


さて、そんな統計経験を得た俺がマーケティング理論と法的経験に習ってフローチャートを作成してみた(ヒマじゃないんだけどな(汗))




”堽僂悗料綾猗

 辞
配偶者への不満を相手に伝える。簡単なのは「セックスレス」セックスしてても「セックスレス」(笑)それ関係で相談に乗ってもらったり、コンフィデンシャルな内容的な面で二人きりで夕食や飲み会などのセッティングもしやすい。そして、互いに秘密を共有しあう関係になる。
(男性の交遊費が増えるのがこの時点。奥さん方は要注意)

 辞
「ほんと、●●さんって優しいね。」「あーあ、数年前に●●さんと会ってりゃなー」と褒め殺し。そして、メール攻撃。夜中でもメールをしあったり、大胆にも電話をしあう関係に(旦那の電話代、家に帰った後の夜中に不審な外出など(これは妻のほうも注意))いわゆる脈アリ状態まで発展させる。


一線越え

◆辞
脈アリなので互いに何の躊躇もなく一線を越えらる。女性のほうが躊躇している場合、「君だって悲しんでるだろう?」「君の力になりたい」とか何とか訳の判らんことを言って抱きしめホテルへ。

何故、こうも上手く発展するかと言うと女のプライドっつーものがある。例えばモテ系サイトの管理人と女性読者が面接(あーこーいう言葉嫌いなんだよね)した場合、抱かれなかった場合、自分が低いレベルだと判定されてしまうことを拒否るからだ。この状態になった場合、無理してでも抱かれてしまうのが女の悲しい性である。後で日記になんて書かれるのかしら?と考えれば、そうなるのは必然である(いわゆるネットナンパ系の甘い罠というやつで「恋に落ちやすい」ということではなく、女性の「目立ちたい」「ネタになりたい」という自己主張である)

リアル系でも同じことである。常に女性は「自分を魅力的に」と意識する。そのプライドは逆説的に自分を汚す結果となる。

◆辞
身体の相性が良く、またヤりたいな、と思えば引き続きメール攻撃。時間を作って逢瀬を重ねる。身体の相性が悪く、別に一回でいいかって場合はソコで終了(爆笑)この時点で男側に経済力が無い場合、無条件に女性の方が出費するようになるので旦那は勝手に家の財産を隠れて食いつぶされることになる。ちなみにこれは専業主婦でも働いている場合でも違法となる。なら、男性は?という論法になるが、男性が不倫のために浪費した案件で男性が不利になった判例は今まで無い。また子供が居る場合、育児放棄(ネグレクト)となり、色々と複雑な親権問題に発展する(特に女性は不利)

◆辞
これは一線越えではない。プラトニックな関係を続けるという意味である。肉体関係は無いが精神的結婚というやつである。これはかなりの割合で居る(148人中34人)しかし、後日の日記で書くが、とある知人女性の台詞を書こう「26さん、プラトニックな恋愛感情こそ大罪なのよ」と(汗)本日記の過去に登場している人物の言葉だ(汗)



I堽僂諒岐点
不倫中の選択肢には以下の分岐が存在する。

ー‘奴隷化(笑)
女性は男の単純な性処理役になるが、女性は気付かない。行為中の写真撮影や、子供が居ても宿泊など、奴隷化となる。この場合、男には恋愛感情が無いので離婚→結婚には発展しない。女性のほうは抜け出せない快楽に不安と不満と歓喜の入り混じった感覚で継続を続ける。

ー⊆然的な破綻、その回避
冷静になり、過ちだということで一方が別れを決める。女性が別れたいという感じを醸し出したとき、男は「実は妻と離婚することになった」等のニッチ(隙間商売)的な心の隙間発言を。独身女性の場合に結婚への糸口が見つかり「あたし、うれしーかもー」既婚女性の場合は夫との離婚前準備に移行する。しかし、この言葉を吐いてしっかりと通常の離婚した男など148人中、一人である(もう一人というのはバレのため、慰謝料を前奥に払っている)男性側から別れを切り出した場合、「妊娠した」や「もう引き返せない」と女性特有のヒス気味な台詞で泥沼に。

◆辞I堽僖丱
最悪の事態である。よく不倫は「喧嘩両成敗」で慰謝料が発生しないなどと言うが実際に発生する。特に女性は不利である。「喧嘩両成敗」というのは互いの夫婦が知っている場合である。男性側は妻に絶対的にそれを隠す。その場合、男性側夫婦の妻は相手の夫婦の夫を「所有財産の侵害」で訴訟が出来ない。つまり、寝取られた旦那が相手の男性を訴訟する一方通行の民訴となる。ちなみに慰謝料をゲットしたあと、相手の奥さんに事後にチクるのは合法である(本当)この結果、不倫相手夫婦に金を取られて妻にまで金を取られて離婚する悲惨な判例も少なくない。次に寝取られた男性は妻からも慰謝料を取れる。これは両親も絡めて話を進めると結構な金額をゲット出来る。もしも、相手男性が自分の妻に告白した場合、「喧嘩両成敗」にする妻など殆どいないだろう。寧ろ、夫の不貞を盾にして慰謝料を取ったほうが得だからだ(子供が居れば養育費も)

中には「あなたのせいで私は精神的に追いつめられて不倫をした」という言葉を吐く人も居るが、これは法的に通用しない。不倫する前に心療内科精神科へ行って治療費を払った経緯が無い限り、通用しない。不倫後に辻褄合わせのために通っても意図的に通った詐病と判断されて更に不利になる。

ちなみに慰謝料分割払い中の女性はあまりにも悲惨である。見ていて凄惨過ぎてコメントも出ない。


ど堽僂虜能点

ぁ辞ー然消滅
互いにもう終わりにしようや、とすっぱりキれる。統計上、148人中、綺麗に別れたのは10人。男が「別れたくない」と暴力沙汰になったのが3人。離婚したが男(女)のほうが離婚しないのでWAIT放置プレイの状態が7人。

ぁ辞意図的消滅
上記の◆辞のバレの後、夫、若しくは妻の懐のでかさによっては夫婦関係継続というのが意外に多い。しかし、その後の夫婦関係は皇帝と奴隷のような関係になるだろう。しかし、こういう部類の人間はまたやる。絶対やる。

ぁ辞終わりなき継続
今の日本のデフレスパイラルのように悪循環のように終わりなき関係を続ける。ちなみに俺の知っている女性で13年間不倫中の独身女性がいるが、年齢は47歳。もう目も当てられないほど哀れである。NO FUTURE。

ぁ辞し觝Г箸いΕ魯奪圈璽┘鵐
1.35%の確率を高いと見るか低いと見るか。ちなみに幸せにやってるみたいだけど、どうなんだろう?




以前にも日記で書いたが俺は不誠実な不倫と浮気の経験は一切ない。その理由は簡単である。本日記でも書いているが「自分を安売りしない」ことである。図に乗るわけではないが、「俺とヤりたきゃ金払え」と思うくらい、「自分を高く売る」ことに徹している。(オッサンなのに(爆笑))



一度目の離婚は誠実に生きたため故の離婚であった。不誠実に生きていたら続いていたと思う。ただ、自分の罪悪感という別な十字架を背負って生きていくことが怖かった。いつかは破綻していただろう。そんな関係だった。



相手の自分に対する恋愛感情を裏切るという行為は相手の思い、魂を殺すことに他ならない大罪である。


とはいえ、二度目は不誠実も夫婦生活を継続させる一つのエッセンスではないか?と思いながらも暮らしていた。ドイツでは離婚率減少のため、不倫を推奨している(同性愛は厳罰だが(笑))

しかし、俺は娘さんが生まれたことで全ての女性への思いの価値観が吹っ飛んだ。全ての女性にはお父さんが居る。なんであれ、正常な恋愛関係でない行為をすることは女性に対して失礼であり、その相手の父親の愛情を傷つけることになるからである。


また、FOXのドラマ「マイネームイズアール」ではないが、カルマが怖い(不誠実なパパの罪が娘さんに、なんて考えると怖くて怖くて)


俺は今でもそう思いながら生きている。
カッコつけるわけでないが、美学みたいなものである。





しかし、その俺の考えを根底から覆すような人間が昨年末、現れたのだ。







↑(押すと文章の続きが見られます)審美眼レベル高の俺も認める美人です

My追加


--------------------------------------------



『戦争状態』


いまうちの会社は分裂している。歯に衣着せぬように書けば「業界を知らない最近入ったばかりなのに牛耳る派」と「元々居る派」に分かれている。後者はやはり前者の暗躍ぶりに面白くない。そこへ私の属する海外部署が混ざって、もう混沌とした状態が続いている。

それで、もう我慢の限界なのか前者に属する大関と仲が良かった某支所のAちゃんが大激怒で、後者の中で愚痴のベクトルが一緒の人間が集まって飲むことになった。パパ以外、全員女性だが、仕事の愚痴を言うなんて皆、大人になったなあ、と感慨深く思った。パパはこんなにのんのん呑気なのになあ。

やはり、娘さんの成長を見て、常々思ったのだが、女性とは強い生物である。もしかすると、巷で言われている「未来には男性種が必要なくなる」というのは過言ではないのかも知れない。

来世は女性になってみたい。心の底からそう思います。


ゴーヤ収穫2個(累計10個)
スーパーで売ってるのが大体百円だから元は取れたかな・・・肥料と土代がかかってるからなあ。しかし、獲れたては美味いようだ。

人気ブログランキングへ



2009年08月20日(木)



 やっぱクロ■まあ、何気にPACKAGEは越えたかな

多数の情報メール本当に有難うございます。
参考になりました!

特別に全員に発信しました(爆笑)


やはり医療事務で出張や研修って基本的に
無いんですね・・・・


っつか、それじゃあ、クロじゃん(涙)


あー、参った。


なんて言おう。


独身の頃で数年前のバツ後の時の俺だったら
そういう女性に向かって






↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



と、言ってるんですが言えないな。


たぶん、やりかたが分からないのかな・・・
(ここらへん、子供が出来て丸くなって
アホになってる俺)


そういう人には見えないんだが・・・・
まあ、胸はあるからなあ。
オヤジのDNA引き継いで見事に兄弟揃って
美乳好きだからなあ(あれ、なんの話しだっけ)



困った、困った。

何も考えずにデパス呑んで眠ります・・・・


----------------------------------------------


『まあ、何気にPACKAGEは越えたかな』


もしも、四月で手を振り払ってパケもらってたときの金額と、IF,今辞めて貰う金額は大体、越えたかなって感じでパケ勿体無いという考えは少し和らいだかな。

実は、この日記に貼ってる広告の中で求人会社の宣伝バナーがあって再就職支援会社らしいんだが、軽い気持ちで申し込んでみたところ、求人が結構あるようで案件をたくさん連絡してくる。半分、困っているが、半分、必要としているところもあるんだなあ、と思った。今度、そのエージェントと面談することになった。昨年のリストラの時のパッケージのオプションに「再就職支援会社のサービス」があってレクチャーは二度ほど行ってみたが、やはり市況は厳しい。「七五三」というのは冗談ではないことが判った。

しかし、近未来の日本というのはどういう風になってしまうのだろう?スプロールのように選挙権を売却して悠々と富豪階級に養ってもらうのもひとつの手だよね。

人気ブログランキングへ

2009年08月19日(水)



 バレてた!?&私信集■シリル・ラファエリ

個人的には当初、育児日記を書いていた
ときに意図的に住んでる場所をまったく
無関係の神戸に変えたり、文章の作りを
変えていたのですが、皆さんにはバレてた
ようですね(汗)

さすが、エンピツ読者だ。

中には俺の心機一転ということで温かい
目で見ていた方や、敢えて読まないという
方向性で読まなかった方など多かったよう
です。

皆さんの優しさと愛に心から感謝します。


------------------------------------

私信


T野嬢へ

是非、撮影を(爆笑)



姫へ

やっぱバレてたのね(汗)けど、
お互いに幸せでよかいち、よかいちだ。
お祝いに再び素晴らしい写真を
(諦めねー)



夢の日記さんへ

いやはや、見破られるとは・・・
結構、別人っぽく書いたつもりが・・・



S嬢へ

懐かしーー。同窓会みたい、まるで。
是非、また素晴らしい写真を(笑)







↑(押すと文章の続きが見られます)

My追加



---------------------------------------------




『シリル・ラファエリ』


フランスと出すか、出さんか揉めていた貨物が、ようやくケリがついて安堵しました。

ところで、パルクールの名手でスタントマンでフランスの俳優の人なのですがフランス映画の「アルティメイト」の捜査官ダミアン、「ダイ・ハード4」でビルからビルへ飛び移って両手だけで非常階段の手すりを地上まで落ちたり、立体的な動きで人間業じゃねえ、みたいな感じの動きをする人です(CGではなく)驚いたのが「インクレディブル・ハルク」の強化したてのティム・ロスのダブルスタントだったんですね。道理で納得したわ。っつうか、あの強化したてのティム・ロスの動きってCGとかワイヤーアクションじゃないのか!と驚いた。

これから目が離せない俳優だ。しかし、「バンリュー13(フランスの原題)」を「アルティメイト」と邦題に変えたのに続編が「バンリュー13:アルティメイト」となってしまって、邦題どーすんのかな、と思ったら「アルティメイト2」かよっ(笑)

ゴーヤ収穫3個(累計8個)
しかし、パパ自身、ゴーヤ食べないのに、奴隷のように作らされてるなあ。

人気ブログランキングへ




2009年08月18日(火)



 *:..。o○☆嵐のように俺を変えてしまった女性*:..。o○☆■娘さんは自転車を漕がない

えーと、恐らく覚えていたり知っていたりする人はかなり少ないでしょうが、おひさしぶりです。

26です。

驚かれる人も多いかと思いますが、こういうことだったのです。
(初めは違う人に見せかけるために文章の書き方を変えたり、現住所を匂わす場所を全く関係の無い神戸にしたり(爆笑))


リルケが「血が流れて初めて詩は生まれる」と書いたように、あの頃は辛苦の詩と詞ばかりで楽しいことや嬉しいこともあったけど、結果的には面白かったかな?
というか、幸せなときというのは、あまり人を惹きつける文章が書けなくなったというか、書けないというか。



いま、私は幸せです。


私の人生を真に嵐のように変えてしまった女性が現れたからです。




それは娘さんです。




娘さんが生まれた瞬間、今までの全ての女性が消えました(妻さえも(笑))


初めは女の子が産まれるなんてバチが当ったなあ、と思っていましたが、と、同時に、

「全ての女性にはお父さんがいる」

ということに初めてこの年で気付きました(笑)


娘さんと遊んだり、喋ったり、歩いたり、デートしたりしている今の自分は本当に幸せなんだと思っています。


子供が欲しかった夢が叶ったせいか、娘さんが生まれて以来、眠っても夢を見なくなりました(本当)


私は本当に幸せになりました。
(仕事では地獄絵ですが(涙))








↑(押すと文章の続きが見られます)短期間だけど書こうかな

My追加



まあ、期間限定ですので、ある日を境に「育児」ジャンルに戻ります。
Confidentialの内容も本来の日記に書き換えます。

-----------------------------------------------

『娘さんは自転車を漕がない』


今日は奥さんが仕事で、娘さんもサマースクール(夏休み)なので二人きりでお留守番です。

娘さんが自転車に乗りたいというので乗せたのですが、案の定、漕ぎません。昔はパパが危ないからハンドルを持つと「Don't touch me!」と言わんばかりに「持たないで!」と怒るのですが今は全編「持ってて」と。そして、公園で遊んだのですが、いつもどおり、砂まみれになったので帰宅とともにお風呂へ。

もつもつと奥さんの帰りを待ってる間、絵を描いたりして遊びました。遊びはするんだけど、教育をしてないなあ、パパ(涙)けど、それが楽しんですけどね。

人気ブログランキングへ

2009年08月17日(月)



 草取り

今日は義弟さんと奥さんの実家の草取りの日です。肉体労働ですが土曜日に結構、草を刈ってもらったそうです。しかし、今回、アジサイというのは樹木なんだということを初めて知りました。二人でやったので早めに終わりました。しかし、生い茂る草の中で都会には珍しいハンミョウの大量の群れを見て驚きました。

肉体労働で締めくくる日曜日になりましたが、義弟さんと会話が出来て良かったです。

なんか太陽の下で汗をかく肉体労働の日でした。


人気ブログランキングへ



2009年08月16日(日)



 初プール(パパは)

朝から無茶言ってパパもプールで泳ぎたいと思い、海パンを朝から買いに行ってマンションのプールにパパは初めて行きました。

さすが、水泳。疲れました。マジで疲れた。ビーチのように椅子があったのでみんなでそこで眠ったりしました。ジャグジーなどがあったんですが熱いので外のテラスに涼みに行ったら、うちのマンションは高層なのでビル風が激しく、さすがの寒冷地仕様のパパも濡れた体で強風に当たると強烈に寒くなるということが判明し、怖くなって再び中に入りました。

その後はお買い物をしたりしました。

そんななか、実弟が支店長となって転勤の話が。しかも、単身赴任。激励したが奥さんへの監視は・・・などと言えず、出来れば片道120キロなんでなるべく頻繁に通えと指示(笑)


ゴーヤ収穫2個(累計5個)
今年は大成功のようです。けど、肥料が足りなくなってきているかな・・・けど、肥料代金を考えたら、もしかすると買った方が安いのかもな。奥さんは「ゴーヤを大量生産しろ」と言いながら追肥の投資はダメという、お前は米国の四半期短期利益株主優先主義のメーカーか?と思いました。


人気ブログランキングへ


2009年08月15日(土)



 家族日帰り箱根の旅路




とりあえず全くの予定も立てないで朝早く通常通りの時間に起きて取り合えず震源地の(笑)西へ。箱根あたりがいいんじゃないかと東名高速へ。渋滞もなくスイスイと行くんですが、娘さんと奥さんは早々に後部座席に寝ています(涙)一旦、足柄SAで降りるもトイレに行くこともなく二人は眠り続け、パパは一服、天気もいいし、緑も多い。やっぱ自然というか田舎は良い。

御殿場ICに着いたので降りると「富士サファリ」の看板が。パパが富士に向かおうとするとママが震源地に向かうからヤだと箱根方面にUターン(残念)久しぶりの箱根の自然道を走っていると心が和みます。で、適当になんか食うかということになり、ビジュアルで選んだ店でランチを食べました。観光地価格ではありましたが美味しかったです。

その後、芦ノ湖で脚こぎ白鳥ボートに三人で乗りました。意外と疲れました。真ん中で操舵する娘さんも楽しそうです。大きい遊覧船が通ると大波が来るので怖かったです。

その後、ロープウェイに乗って強羅へ行こうという話になり、湖沿いを歩いてロープウェイに乗りました。娘さんも喜んでいます。

強羅では真っ黒い卵を食べて(娘さんはあまり好きではないらしい)ゆずとブルーベリー(義母さんの御土産用)の蜂蜜を買いました。いい天気でしたがガスは四歳児に危険だと思われるので、登りませんでした。ひさびさの自然を満喫し、ロープウェイで降りて、御土産を買って家路に向かいました。帰りは箱根湯本に寄ろうということになり、そこから山道ドライブですが、渋滞になり、後ろの妻子は再び眠り、こっちも眠いのに辛かったです。




んで、やっと箱根湯本に来ましたが顧客から電話。で、仕事タイム。なんとか解決して、温泉を浴びようと温泉に行きました。パパは熱がりなのでお風呂に少し入って汗ばんだ身体を洗って待合室で待ってたら寝てました。上がってきた娘さんと珈琲牛乳を飲んで三人で御飯を食べに行きました。なんとまあ、本通りのお土産屋さんは五時かそこらでほとんど閉店で食い物屋もほとんど閉店で綺麗な蕎麦屋に滑り込み、御飯を食べました。

「泊まりたかったね」
「けど、猫の餌と水が・・・けど、泊まっても良かったね」

と、名残惜しみながら家路に向かいました。とても疲れた。


↓どうかクリック御協力お願いします!
人気ブログランキングへ



2009年08月14日(金)



 クロアチア

今日はお盆一斉有休充当日で同僚が休みで私が出勤して別な日に(翌週の月曜日)代休という形で仕事に出ました。

セクションは違うのですが、同じオフィスの同じシンガポールの駐在員の方と、ランチとお話をしました。

以前から、このセクションは船会社経験者で無いと出来ない仕事なので、この方も船乗りだったのですが、この方は船が大嫌いで大嫌いでどうしようも無かったようです。昔の華やかな船会社の世界は変わってビジネスライクになってしまったことは以前の担当者によく聞いていましたが、この方の経歴も凄かったです。

以前の担当者は第四次中東戦争で兵器史上初の対艦ミサイル、ガブリエルを自船に食らったという稀有な経験の持ち主でしたが、今の方はプライベートで、当時、戦乱うずまくクロアチアのザグレブにプライベートで行ったとのこと。しかも、奥さん連れて(汗)奥さん、怖がってなかったですか?と聞きましたが、全くとのことでした(すげえ)さすがに戦乱うずまく地域には結局、行けなかったとのことですが、ザグレブのコンチネンタル・ホテルは自分達以外、国連軍がホテルを借り切っていたなど、面白い話を多く聞けました。なんでも、かなり精神的に追いつめられたらしく、「自分の世界より、ひどい世界を見て見つめなおそう」と「どうして、白人種が狭い土地で戦争をしてるのか?」というために行ったとのこと。今は平和らしいですけどね、クロアチア。南極にも行ったことのある、元セイラー、元同僚のR嬢が「世界で最も美しかった所はクロアチア」と言っていたくらいだし。

世の中、色んな人がいるなあ、と思いました。結構、その話は自分にも当てはまり、現在、自分も精神的に色々と追いつめらているので少し、救いになりました。タメになった話でした。

自由な日ではありましたが、結構遅い時間まで働きました。



人気ブログランキングへ

2009年08月13日(木)



 ぎゅっぎゅっぎゅー

さてさて、娘さんのサマースクールなので朝、娘さんを実家に預けての朝の通勤です。最近のお気に入りは娘さんも大きくなって前カゴでは小さいので後部座席を取り付けました。ハンドルがついてるので、それを握って「ぎゅっぎゅっぎゅー」と言うとパパが自転車を加速させるというノリを楽しんでいます。あんまり速いと怖がるんですが。

実質的には本日から顧客の電話が来ない状態で、その間に溜まっているペーパーワークをやってしまおうかと企んでいたのですが、それでもアホな顧客からガンガン電話がかかってきてイヤになります。嫌がらせか。社内、社外ともアホばかりで(一部)本当にイヤになる。辞めたい。

大体、上層部の管理職が業界素人ばかりで会社が継続されるわけがない。根本的にそこから間違えていると思います。ストレスから解放されたい。革命的に。まるでチェ・ゲバラのように。けど、ゲバラも初めは大変だったからなあ。喘息で。



人気ブログランキングへ

2009年08月12日(水)



 静岡県で大地震

夜中、五時半頃、マンションがぐらぐらーっと揺れまくって、「とうとう来たか?」と思い、焦りましたが、倒れるものはなく、ただ、長い時間揺れは続いていました。テレビをつけてみると、なんとパパが昨日居た駿河湾を震源としてM6クラスの大地震でこちらも震度4だったようです。

というわけで、昨日お邪魔した取引先やらなにやらに人的な無事と物的な無事の確認を朝っぱらからずっとしてて疲れた。社長はもう盆休みで居ないのに。けど、東名が通行止めになっていて帰れないみたいです。しかも、外は台風で豪雨。

まあ、地震が起きても仕事はあるわけで(涙)奥さんが医療検診のため、娘さんと一緒に同じ方向へ行くというので三人で一緒に家を出ました。途中駅で降りて(どうせ定期なので)豪雨と強風なのでタクシーに乗っていくよう促しましたが乗り場まで雨の中、100mはあるし(涙)

とにかくてんやわんわの一日でした。けど、診療を終えた頃には凄く天気が良くなってランチを家族でとることに。娘さんとパクパク食べました。もはや、うちの奥さんが知っている人も、もう居ないので会社の綺麗なトイレを使ってもらいバイバイしました。

引き続き、労務ですが、疲れました。今夜は会社の飲み会の予定でしたが朝の台風の状況で延期しましたが、午後からは恐ろしく快晴になり、あれ?ってな感じです。

会社の同僚の辞職も思いとどまったようで、良いのか悪いのかは判断できませんが、この不景気のなかですから冒険は危険だと思います。


人気ブログランキングへ


2009年08月11日(火)



 お出掛け

お盆なので気が楽な一週間です。

奥さんが金曜日に突然休暇になったということでパパも金曜日休日設定にして家族でどこかへということが急遽決まりました。

朝、ゴーヤ二本収穫で累計三本です。今年は大成功のようです。

で、午後から外出です。台風が近づいているのに、西へ向かわなくてはなりません(涙)富士市です。田子の浦のある駿河湾です(伏線)今回は行きは会社の人の車で行くことに。気難しい人なので話題に気をつけなければいけませんが、基本的にはいい人です。お互い、すごく眠くて高速道路でも眠くなりそうでしたので、SAで休憩。「ソフトクリームが食べたい」というので(男ですが)ソフトクリームを食べたところ、意外と眠気を覚ますことに感動。しかも、社中で兵庫の大雨の濁流被害や山崩れの映像を見て更に一気に目が覚める。

現地で仕事を終えて不穏な色の空気の空を見て上司が「直ぐに帰りましょう」ということで定時前に帰れることに。早めのお帰りが出来ました。帰りの新幹線で日記を綴りながら帰りました。

本当は同じ年同僚が本社に来ていたのですが、一緒にランチできず。前回に引き続き、なかなか上手くタイミングが合いません。

そんなに早め早めに帰ることが出来ませんでしたが、新幹線のなかで大綱をまとめることが出来て良かったです。



↓どうかクリック御協力お願いします!
人気ブログランキングへ



2009年08月10日(月)



 試験二日目とノスタルジア2

試験二日目。だるだるの体で昨日の反省を元にぐだぐだに会場に向かう。時間的余裕もあったので歩いていこうかと思ったら駅前にバスが!違う風景が見れるか、と思い飛び乗りましたが混んでました。

会場に着いて席につき、第五科目の「経営法務」ですが、甘く見てました。なかなか引っ掛け問題が多くて後で答え合わせするのもいやになるくらい散々なものでした。

第六科目の「経営情報システム」はコレでメシを食ってきただけあって何の勉強もせずにいきましたが楽勝でしょう。

最後の第七科目「中小企業経営・中小企業政策」も甘く見すぎたが、自分ではいけたほうかなとも思いましたが、早々にマークシート塗りつぶして教室を一時間も早く後にして帰りました。

個人的に総括して「こんな試験なんだ」ということが分かっただけで良かったです(爆笑)たぶん、不合格でしょう。

まだ家には奥さんのママ友親子が居るようなので何処かで暇つぶしをと。

さて、漫喫で奥さんが見ないような映画でも観るかと思い、金払うほどでもないな、と食わず嫌いでしたジェイソン・ステイサムの「デス・レース」を観ました。予想を遙かに上回るほどの傑作でした(爆笑)昔のシルベスタ・スタローンの「デス・レース2000」のリメイクと聞いていたのですが内容は全く違いまして、とあるジャンル系オタには、ノスタルジックな内容です(以下、シミュレーションゲーム系統知らない方は呼んでも辛苦です(笑)

その昔、スティーブ・ジャクソンズゲームの「カー・ウォーズ(以下、CW)」というゲームでして、これはゲームの機械やPCを使用しないアンプラグドゲームで、いわゆる紙とサイコロと鉛筆でやるゲームです。いわゆる昔のウォーゲーム(今はPCが席巻してますが)系統のゲームです。戦闘ヘリを扱ったサプリメントや「アルマジロ・アリーナ」などのシナリオ、マップなんてのもあって当時は淡々とそれをやってました。運転(マヌーバー)のルールや重火器搭載の車両作成ルールにワクワクしながら色々と遊んだものです。

この映画、設定が完全にCWじゃないですか(汗)ってかパクってる。さすがにCWには「剣」「盾」「髑髏」などのボタンみたいなゲーム的過ぎるルールはありませんでしたが、もはや内容はCWですね。そのため、すごく楽しめました。途中、ドレッドノート、戦艦が出てくるあたり、当時も巨大戦闘車両対複数の車での戦いをやったときの思い出が蘇ります(まるで「ORG」のように(これも紙のゲーム))

とはいえ、内容も良かったです。ステイサムはカッコいいな。ハゲなのに。しかし、最後の場面。娘について語る場面では不覚にも泣いてしまった。全くパパの考えていることそのまんまをカッコいい台詞で語っちゃう。めちゃくちゃいい映画だった。ただ残酷描写で家族向けじゃあないな。

しかし、特典映像見たらCG一切使ってなくて好感度アップ。すげー。ひさびさの硬派なカーアクション映画。もう一回見たいからDVDレンタルして見てみようっと。何気に法則発見。タイリース・ギブスン出演作ってハズレないね。とある一作除いて(笑)

ミニトマト収穫3個(累計80個)
こう、どばーっと群れて出来ないものですかね?


↓どうかクリック御協力お願いします!
人気ブログランキングへ

2009年08月09日(日)



 試験一日目とノスタルジア

全く勉強をしていない状態で挑む試験です(爆笑)はっきりいって無謀ですが、どんなもんかと思い、高年齢になっても受けられる試験なので、のんびり挑みたいと思います。

朝、電車に乗りながら受験票を見てると試験開始30分前には席に座っていることなんて書いてあるので間に合うか不安だったので現地駅からはタクシーで大学に向かいました。
この土日、炎天下とは聞いていて勿体無いな、娘さんと公園とか外にいけないな、と思っていましたが、曇り空。しかし、湿気は異常。千葉県の湿気は横浜と違った湿気。しかも、学校は坂の上。なんで、どこの学校って平地にないんだろう?

で、なんとか間に合って教室を探すと、凄い人数。東京ブロックでも会場が四箇所。受験番号表を見てると凄い人数受けてます。一次合格率15%・・・どきどきします。

まず、第一科目の「経済学・経済政策」これは結構、あとで答えなおし(問題用紙は持ち帰っていいので後で得点が分かる)してみたら、まあまあいった。ただ、IsLm曲線系の問題はうーん(爆笑)

第二科目は「財務・会計」これはボロボロでした。以前、会計システムを組んだこともあり、簿記も取ったのですがボロボロでやんした。

ここから少し諦念モードになり、受講開始40分くらいには全てマークシートが埋まる程度に(笑)さっさと教室を出て煙草ばくばくと吸う程度に。ついでにメシを食いに行くが、周りに食堂やレストラン、喫茶店が少ない。少なすぎる。なんなんだ、この町は。

同じ受講者から「すいません、ここらで食事が出来るとこ、ありませんか?」なんて学生に間違えられてよ、おい。しかし、若く見られるのもいつまでなんだか。
(会社の人からは「職員に間違えられたんだよ」のダメ押し)

第三科目の「企業経営理論」これは結構、いけた。

第四科目の「運営管理」は全く問題なし。なんと参考問題集と同じ問題が出てますが記憶全くなかったんですが、計算式を覚えていたので問題なし!

しかし、この試験、一科目でも40点以下あると、全部ダメになるので何気に「財務・会計」で失敗かな、と。

ほうほうの体で帰ってきて、帰りは京成線で帰ろうかと思い、乗ってみる。しょぼい駅で快速や特急が通り過ぎて失敗したかな、と。やっと電車が来て乗って帰ることに。

この京成上野駅とJR上野駅、繋がってないので少し歩くことに。そしたらアメ横が目についた。思わず懐かしくなって、アメ横、御徒町、秋葉原、そして岩本町とほうぼう歩いて昔の職場のビルに。昔、ビジネスホテルで二年間ほど住んでいた町。世話になった弁当を出してくれる居酒屋もなく、会社の向かいの立ち食いそば屋は残ってましたが、ビルを見ると感慨深いものを感じました。

正直言って初めて入った大企業はそのまま居れば今では高収入やステイタスもあったでしょうが、私の配属された職場は外の世界との接触のない社内SEの世界だったので、それに嫌気が差し、ソフトハウスの世界に飛び込みました。おかげで様々な外の世界を見ることが出来ました。そして、今に至ります(業種は変わりましたが)その始まりの場所が、ある意味ココでした。

ノスタルジアを感じながら疲れた足をひきずって家に帰りました。


↓どうかクリック御協力お願いします!
人気ブログランキングへ

2009年08月08日(土)



 明日、試験だっつうのに。』

夜遅くまで残務でした。疲れました。明日明後日と土日は試験で終日潰れるというので最悪です。

ゴーヤが初収穫一本目!嬉しい!
(後にけっこう小さかったことが判明!)
昨年は二本しか出来なくて、しかも熟れて失敗という状態でしたが、やはり肥料の力は大きい!肥料なんだな、作物は。けど、その肥料が少なくなってきている。まずし。行きつけの植木屋は二週間ごとに油粕を入れてるという。うーん。

家庭菜園がまずまずの成功で嬉しいです。バジルも取れ放題。来年は既に用意しているプランター一鉢を使って、さらに種類を広げようと思う。トマトの土は連作に適さないようなので違う土の入手だ。しかし、ここで気が付いた。伸びすぎたトマトは切って土にぶっさすと生えてくると聞いていたのですが、連作にむかないのか二毛作はことごとく全滅。やはり延ばしきるしかないのか・・・

試験前はよく寝ること。人生統計経験上、これが一番の必勝法である。だが、早くは寝れなかった(涙)

人気ブログランキングへ




2009年08月07日(金)



 懐かしい声

二年前に勇退を飾った人と久しぶりに電話で話をした。元気そうで何よりだった。勇退後はジャズバンドで活躍しているようで是非、演奏を聴きたいですね(今度、演奏会があるらしいので家族で行こうかと思っているが、奥さん、ジャズ好きかなー)

さて、近づきつつある、試験本番日ですが、独学で試験勉強やってる人のサイトの日記見てると一日三時間勉強してる!確かに受かるには2000時間必要。毎日3時間で一年で2000時間。みんな、偉いなあ、俺、こんなんでいいのかな、こういう状況で受けて・・・

本番には毎回強いといっても限度があるからなあ。これはダメかも知れないね。っつうか、ダメだわ(涙)

人気ブログランキングへ


2009年08月06日(木)



 久しぶりの川の字、それだけで幸せ

オッドジョブを終わらせて会社帰りに病院へ。ほぼぎりぎりのヤク切れでした。現在の状況を話して薬が減った旨を話すと院長先生が「良かったね、これはいいことだよ」と。念のため、再び30日分貰うことに。ほっとした。

直帰なので家に帰って久しぶりの家族三人の夕食を。かなり久しぶりですね。一緒にお風呂に入って家族三人一緒に眠りました。

最近は夜遅くまでネットのサブビジネスの仕込みや例の締め切りなどの時間で遅くまで起きていることを止めました。ライフスタイルを変えて家族と接する時間を多く取るように考え方を変えました。

やはり、肉体的にも精神的にも家族と身体と命が大事です。こう思えるようになったというのは成長というか、パパ進化したなあ、と思います。

人気ブログランキングへ




2009年08月05日(水)



 キャビン・マイルド・ロースト・ブレンド

仕事したくない病再発。同じ年同僚の退職決意も大きいかと思いますが、なにか考えるものがあります。妻子持ちですので、よく考えてとは言われますが・・・

ところで、うちの奥さんがサンプル品ということで職場から大量の煙草を。その中に私が愛煙しているキャビン・マイルドのコーヒー・ロースト・ブレンドがありました。

美味い!人生でこれほど美味い煙草も珍しい!同じ値段なんでコレに切り替えようかな?10mmのマイルドセブンライトは会社の人に持っていこう。5mmのフィリップモリスはいいとして3mmのモリスは軽すぎるから吸わないと思うし。うーん。

まあ、金と煙草はあればあるほどいいというのが私の持論ですので嬉しかったです。フランク・ザッパ曰く「煙草は食べ物だ」主義派なので。

人気ブログランキングへ


2009年08月04日(火)



 奥さん二勝

また労働の始まりですが、ここで問題が。デパスが無くなりかけている。病院に電話したところ、院長先生が居ないということと、仕事が忙しくなって病院に行けませんでした。なんだろ?やはり依存しているのかな?焦りと不安が生まれる。一日8錠としても残り少ない。

ちなみに土曜日に奥さんに貸した定期を返してもらってないことに気付き、出勤自腹(涙)

夕刻、急遽、外出となり、早く帰れれば娘さんを初めて幼稚園に迎えにいけるかな、と思いきや、仕事は無情にも我々親子の関係を遠ざける。やはり仕事は嫌いだ。こんなんだったらもうちっと二十代に頑張って金稼いで働かなくてもよいくらい仕込んでおけば娘さんと楽しく暮らせたのになあ。まあ、プーじゃあ、奥さんが許さないでしょうが。

本当は仕事バックれたくてバックれたくて、たまらないのですが、家族持ちでそんなバカみたいなことをするわけにもいかず(昨年、そんなバカみたいなことをやって辞めた男が二人、会社に居ましたが)非常に悩んでいます。その先の行く先がないこともないのが救いですが、賃金面でしょうね。あとモチベイション。難しい。

そんななか、奥さんがまたもや勝利を飾ったようです。以前、職場のムカつく派遣社員を派遣社員の身でありながらクビにした奥さんが最近、気にいらねーなーと思っていた、おばさんがクビになったそうです。怖ぇ(涙)前回同様、仕事が出来ない人らしく、何故にあの会社は人材運が無いのかと驚いたが、そういうことらしい。

人気ブログランキングへ


2009年08月03日(月)



 奥さん、救急車に乗る

朝、焼きたてのパンを皆で食べました。娘さんも焼きたてのパンが大好きです。パパも大好きです。

朝食を終えて洗い物をしているときにママが陶器のカップの柄の部分を割ってしまい指をかなりの深さで切ってしまいました。なんか呆然とした表情で止血せずに水で流しているので急いで止血しろよ、ということでFirst Aidを施しました。

そんで、出掛ける前にパソコンのyoutubeで娘さんと「プリキュア」を観ていたら(娘さんはもうマウスが使えて左クリックが出来る!)真っ白い顔をした奥さんが廊下にへたり込みました。なんだか気持ちが悪くてお腹が痛くて動けないと。さすがのママも動けないということで、こりゃ救急車を呼ぶかということになりました。そこでママの告白。

「パパから怒られるかと思って言わなかったけどさ、パン生地の中にシリカゲルの袋が入ってたみたいなの」

苦肉の告白でしょう。けど、診断のための情報として必要です。救急隊員が来る前に這いながら着替えや化粧をしようとしているので制止しました(笑)本当に立ち上がれないので結局は着替えも化粧も出来ない状態でしたが。

ほどなく救急車が来て救急隊員の方が担架に乗せました。娘さんはママの突然のことで泣きじゃくっています。一緒に家族三人、救急車に乗って病院に向かいました。

これで家族全員、救急車に乗ったことになります。

病院に着いて義母さんに連絡を入れるために外に出て電話をして娘さんにジュースを買うと泣き止み、ハイテンションになりました(笑)

奥さんは点滴を打ってもらっているようです。

で、なんとか救急病棟に入れてもらうと原因は指を切ったことでのショック状態によるもので貧血でもないとのこと。良かった良かったということで家路に帰りました。ママの状態に泣いていた娘さんの優しさが身にしみました。

これでまあ、家族全員、救急車に乗ったということで(笑)

人気ブログランキングへ



2009年08月02日(日)



 娘さんと南の島へ夜マック

とはいえ、バカンスやリゾート的な南の島ではないのですけれどね。単純に島に行くだけなんですが、炎天下で暑い中、奥さんは髪を切りに、娘さんと俺は自転車で南の島へ向かうことにしました。

しかし、2キロほど走ってるときは娘さんも「ゴーゴー!」とハイテンションだったんですが、3キロほど走ると眠ってます(爆笑)断念して家に戻ろうと思いましたが、家の目前で起きてしまい、なじみのパスタ屋でパスタを食べます。勿論、娘さんはいつものごとくカルボナーラです。迷うことなく選ぶ娘さんに店員も驚愕。

その後、メロンを取りに実家に。義母さんはこれから仕事で一緒に行けないけど大きいお祭りがあるよ、ということで娘さんとお祭りへ。ママから禁止されていた禁を破ってかき氷を買って娘さん御満悦。今はシロップは客がかけ放題なんですね。ところでお化け屋敷(名目上はお笑いお化け屋敷でしたが)があったんですが、娘さんが怖がってそこのルートを避けます。とうもろこしを買ったのですが、娘さん曰く「美味しくない」と(笑)確かに美味しくない(笑)

夜も遅くなったので帰ろうと思ったのですが、食べたのがカキ氷では食育上、良くないと思いましたが、結局、娘さんのリクエストでマックへ(笑)ポテトが食べたい、と。で、ポテトとコーンを「ここで食べたい」と二人で窓際のカウンターへ。なんか女の子とデートしてるような感じです。娘さんはぱくぱく食べています。

その後、帰り、お風呂でさっぱりして、ドキドキの寝かしつけですが、意外や意外、すーっと眠ってしまい、驚きました。素晴らしい!その後、奥さんもカラオケとか楽しんできたようで帰ってきて、明日の朝、パンを焼いたものを朝食にしようということでパンを仕込み、家族共々、眠りました(これが後々・・・)

トマト収穫5個(累計73個)
二毛作や水栽培で増やしつつありますが、なかなか難しいですね。大きくならないし、黒くなっちゃう。水栽培。バジルの水栽培は全然上手くいってるけど、ママがお友達に瓶ごとあげちゃった。

人気ブログランキングへ


2009年08月01日(土)
初日 最新 目次 MAIL


My追加

爽快ドラッグ

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

1,298円1,248円

(2011/09/13 02:08 時点の価格)

クリスタルガイザー(Crystal Geyser)の一覧はこちら

DMM.com DVD通販